FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

インゲンの水耕栽培終了

インゲンの「マンズナル」の収穫は、毎日だったのが、2日に一度、3日に一度と間隔が間遠うになりました。(撮影:10/10)
10/10 収穫したインゲンのマンズナル。

葉の茂りかたも、最初はてっぺんのあたりが密集していたけど、そのうち枯葉がではじめ、しだいに下の根本付近のほうが密集してきました。実のつきかたも、下のほうが多いようです。
10/10 インゲンのマンズナル。

…とまあ、日々観察をたのしんでおったのですが、台風が近づいているからベランダを片付けなくちゃという段になり、無念なれど撤収することに。なにせ全長2メートルもあるずうたいなんで、室内には運び込めんでしょう。

いざ作業開始。ネットにからんだツルを取り外すのってもうたいへん。どーすりゃいいんだ?ハサミ片手にチョキチョキするんだが、へたすりゃネット切っちゃうよ。いや、指切ってしまったし。いてっー!
だが、だんだんコツがつかめてきた。らせん状にからまっているのを引っ張ろうとしてはいけないのだ。どうせうまくするーっとなんか引っ張れないんだもん。
葉でもツルでも短い間隔でいいから手当たり次第チョキチョキ切り落とす。どんどん切って下に落とす。切る回数は増えるが、絡まりをほどく作業は少なくてすむのだ。

それでも、格闘終了まで30分以上はかかったような気がする。やれやれでした。

残るは、根の始末です。
インゲンの栽培容器は2種類あり、一つは箱形の容器で、もう一つは円柱型のゴミ箱。中の黒い鉢にはどれも苗が2本ずつ植わっています。(撮影:9/18)
インゲンの栽培容器2種類。


その蓋を持ち上げてみました。びっしり!!(撮影:10/10)
10/10インゲンのマンズナル。水耕栽培。

ワンルームに5鉢は多すぎましたかねえ。この方々、ほぼ毎日4リットルの液肥を飲み込んでいらっしゃいました。

そして、もう一つの栽培容器が円柱型のごみ箱で、2個使いました。

こちらも一鉢に2株植わっています。
ゴミ箱容器にインゲンが2株植わっている

それぞれの容器の根を並べてみました。
インゲンのマンズナル。水耕栽培の根。

右の2つ、ことのほかでかい。鉢の株の本数はどれも同じなのに。一軒家に住んでるとかくも伸び伸び育ちますか。

収穫量のほうはどうだったんでしょう。みんな一緒くたにネットに這わせてしまったのでわからずじまい。残念です。

ゴミ箱容器の液肥の補充ですが、箱形容器ほど頻繁に追加しなくてもすんだので、この容器なら2株が栽培しやすい分量なのかもしれません。次回も箱形で栽培するなら、鉢の数を少なくしたほうがよさそうです。

さて、最後の収穫。全部取ったから大小いろいろあり。
つつしんで、味わっていただきました。ちーとばかり固めだったけどね。(10/11)
10/11インゲンのマンズナル。最後の収穫。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元通りのベランダ

ベランダの温度計が30度を示し、日差しが厳しい日となりました。早朝から上空をヘリコプターがさかんに飛んで行ってます。救助なのか報道なのか。

今朝は、お借りしている近所の畑へ偵察に行きました。畑は山際にあり、そのすぐそばを通る道の上をあふれた水が流れていました。自転車で通れるくらいの水量でしたが、ご近所の方のお話によると夜中は濁流で恐くて外に出られなかったそうです。
道路にはところどころ木や葉っぱの混じった土砂がたまった小山ができています。お隣の畑をなさっている方々と一緒にかき出し作業となりました。

作業のあと、畑のお隣りさんが「側溝で農具を洗うといいよ」と教えてくださいました。見れば、勢いのある水が流れており、農具をつっこんでこするといい具合に泥が落ちていきます。天然の洗濯機状態って感じ。
ついでに長靴も洗ってごらんというので、入って歩いたら冷たくて気持ちいいのなんの。思わず何回も往復。まるでガキンチョですな。
おかげで泥もとれてさっぱりきれい。なにやらしあわせな気持ちでした。

さてさて、ベランダ。室内に取り込んでいた野菜苗を運びだして並べます。いやあ暑い、暑い。

キャベツとイチゴとネギをフェンスに取り付ける。
10/13台風後のベランダ

まあ、これはわりと簡単。問題は、トマトよのう。

途中、紐で仮に縛りつけてははずしをくり返しつつ、はい、無事おさまりましたぜ。
10/13台風後のベランダ

こちらも同じく。
10/13台風後のベランダ

水耕栽培なので、容器がごみ箱やスチロール箱という軽い材質なのがこういうときはありがたいなあと思う。
実は運ぶときに1個脱落しただけでセーフでした。

こちら、残った期待の一群。ほっ。
トマトの実。

あ、また救急車が通って行きました。

片付けが無事終わり、いつものベランダ風景に戻れたのだと、しみじみ思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 16:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ清掃日

ベランダすっからか~ん。
10/12片付けて掃除をしたベランダ

珍しく掃除をした。床にブラシをかけ、雑巾でふく。フェンスと横の壁もふく。窓掃除はさぼったが。
晴れてると階下に水滴が飛びそうで気が気ではないけど、今日は台風がくるとかで、土砂降りだ。まだ風が吹いていない今がチャンスとばかり、気兼ねなく作業。

なにしろ清掃前の当ベランダは、右方面にトマト、左方面にはインゲンが立ちはだかっておるという激混み状態。
10/10 ベランダの野菜

まずいでしょうな、これ。

すべての苗を室内に運び込む。
室内に取り込んだ野菜苗

トマト苗は、仕事で使っている「けこみ(蹴込み)」という鉄皿と角材でできた物干し竿のような道具に紐で吊る。
室内に取り込んだトマト苗

そうそう、物干し竿も取り込んでおこう。(上記写真足元の銀色の棒)

机の上にも苗軍団。
机の上に苗。

床にピクニックシートを敷き、その他の苗とベランダスリッパも収納。
室内に取り込んだ野菜苗

ひとつ残念なのは、インゲンをバッサリ撤収したこと。(撮影:10/10)
10/10 インゲンの苗

まだ収穫できていたんだけどなあ。
上のネットのツルがいっぱいのあたりはまあなんとか一人で運べそうだけど、足元の栽培容器が丸いごみ箱2個と四角い箱が1個あり、これを同時に移動させるのは困難である。はいっ、あきらめましょう。

ま、こんなところでベランダ片付け・清掃はひとまず終了いたしました。
なお、若干の反省あり。
掃除をする際、靴下がびしょびしょに。しまったあ、脱いでから作業するべきでしたわ。今度スリッパを買うときは、指先が隠れるタイプのにしようとぞ思う。
ベランダ掃除の履き物

ま、そんな微々たることですんでよかったわけで。
なにやら風もでてきたようです。
14時20分ごろ、携帯が鳴り、当市(東京都青梅)は【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】とのこと。「避難準備」だそうです。
どうか、いずこにもなにごとも無きよう願うばかり。(記:14時33分)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT