FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

≫ EDIT

ベランダでちょい花見のはじまり~

いいお天気続きのおかげか、けさ、トマトの「プチぷよ」に一番花が咲きました。(撮影:4/9)
ミニトマト「プチぷよ」の一番花

1月1日にタネまき。苗はまだ小さくて身長は30センチもないくらい。
ミニトマト「プチぷよ」3株

ペットボトルによる水耕栽培で、なかなか大きくならんのが気がかりですが、ま、花咲いたからこんなもんでいいのかな。

一方、同じ日にタネまきした中玉の「Mr.浅野のけっさく」の花は、もうあとちょいってところだろうか。
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」の花芽

今年のMr.浅野さんは、いつになく茎が太め。ガッチリ体型に育っているようです。
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」2株

そしてもう1種類、ミニトマトの「キャロルパッション」もわりとしっかり太め。
ミニトマトの「キャロルパッション」2株

暖冬のおかげでしょうかね。あ、キャロルパッションの花芽の写真とるの、忘れちまった。浅野さんと同じくらいでした。

あと数日たって桜も終わる頃。今度はこのトマト軍団でパーッと花見でもどうですかねえ。
トマト2種

だいぶ地味ですけど、ハハハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンのタネのまきかた

3月25日にインゲンの「ケンタッキー101」をまきました。けれどもなかなか発芽しないので、その隣りにもう一回タネをまきました。といっても、2回目はめんどくさいからタネを埋め込まず、用土(バーミキュライト)の上へちょこんとおきっぱなしにしちまった。

それがまあなんと、ニョキニョキ元気に伸びてまいりまして。(撮影:4/6)
発芽して本葉がでてきたインゲン(水耕栽培)

ところで、最初にまいたタネはどうなったんでしょう。掘り返してみたら、根はでかかったみたいなんだが、豆部分か茶色に変色。腐っとる。ゲゲッ
腐ってしまったインゲンのタネ

なんだよなんだよ、これ。
ということは、タネを埋めたら腐るってことかあ?!
タネは埋めずに「置いておく」のが発芽のコツってこと?!
そういえば、ピンクのコーティング剤がぬってあったよなあ。あれは、こんなふうに腐りやすいから塗ったってことかもよお。

よーし、ためしに水に浸したスポンジの上にタネを置いてみようじゃないの。
とはいえ、そのために新しくスポンジを切って作るのももったいない気がして、ちょうど発芽させているシソのタネの横に並べておいた。
発根するまでスポンジの上においているインゲンのタネ

そしたら、でたあ
スポンジの上で発根したインゲンのタネ

シソの横で間借りしちゃってる感じがなんともはやですが、たしかに発根しておりやす。しめしめ。

こうなってから、「バーミキュライトの上に埋め込まずに置いとけばうまく育っていく」。と考えていいかな?
インゲンの種をスポンジの上で発根させてから植えた

あ、根はバーミキュライトの中にしまっときます。さて、どうかしらん。乞うご期待。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 18:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタスとカラシ菜系ほぼ終了

1月9日に種まきしたレタスの「ハンサムグリーン」とカラシ菜系の「パーマグリーン」。初収穫は11月頃でしたか。外側の葉をすこしずつとって食べてます。

3月30日。1回の分量はだいたいこんな感じ。
3/30収穫したレタスとからし菜系、チコリなど。

4月2日の収穫。今頃の間隔は3日おきぐらいでしょうか。
4/2収穫したレタスとからし菜系、チコリなど。

4月3日。まだ花芽がでてきたわけではないけれど、すこしずつ茎が伸び上がってきてました。

同じく、レタスの「ハンサムグリーン」も、下の写真の右下のごとく、茎が伸びてきたようです。
レタスのハンサムグリーン。水耕栽培。

よしっ、カラシ菜系もレタスもここらでおひらきにしましょうかね。全部切り取って最後の収穫。
4/3収穫したからし菜とレタス。

カラシ菜系をとったあとは、棒だけになりました。
からし菜系のパーマグリーンを撤収。

ポットをはずすと、根がびっしり。ずいぶんと細かいんだなあ。
からし菜系のパーマグリーンの根。

ザルのほうに植えた根も、やっぱり細かい。アブラナ科って細かいのかも。
からし菜系のパーマグリーンの根。

はい、これにてからし菜系の「パーマグリーン」の終了。

と、思ったら、まだペットボトルの株が残ってました。花芽がつきそうな茎を折ってとってしまったのに、横から新しい葉がもじゃもじゃいっぱいでてきているのです。
からし菜系のパーマグリーン。茎を切り取ったら脇芽がたくさんでた。

かじると、柔らかくてピリリと辛みがあっておいしい。

こんなのがあと4株もありました。へえ~、カラシ菜タイプは脇芽も楽しめるとはねえ。知りませんでしたわ。
4/4 パーマグリーン。茎から脇芽がいっぱいでておる。

オホホ。せっかくだから、これは温存してちびちび頂くことにしましょう。わーい、もうけたあ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT