園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2017.02.27.Mon

レタス初収穫

レタス2種類がもっさりと育ってます。(2/26)
2/26 レタス2種がもっさもさになりました

しかし、不穏な様相あり。葉の先が茶色になっていますのじゃ。

これです。濃い緑色のレタス(炒チャオ=チャオチャオ)。
ロマリアの葉先が茶色に痛んでいる

もう一丁の種類にもあるんです。黄緑色のレタス(ロマリア)。
炒チャオの葉先が茶色に痛んでる(チップバーンといらしい)

ミーママさんのブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」の記事を拝見してましたら、こういう症状をチップバーン(カルシウム欠乏)というんだそうです。
種のサイトさんには対策として「塩化カルシウムの葉面散布が効果的」とか書かれてましたけど、ま、とりあえず、液肥を全部取り替えました。

さあ、痛んでしまわぬうちに食べなくっちゃ。

いざ、収穫!
収穫した炒チャオとロマリア
炒チャオ27枚、ロマリア53枚。葉先がチップバーンしてるものがこれだけあったわけです。

生食用。
生でいただくレタス。
左下も炒チャオなんですが、1株だけ葉の雰囲気が異なっているので、別にして分けています。

・緑の濃いロマリア:歯ごたえあり。固いです。青臭い味もします。
・黄緑色の炒チャオ:ロマリアよりずっと柔らか。パリパリ感があんまりないんです。サラダ菜に近いかも。むむー、これが残念。
・炒チャオだけど、変わり者のやつ:パリパリを通り越して、すじすじにすじばってます。レタスにしては、なかなかの根性あり。

さ、お次は、炒め物にしました。
炒め物にしたレタス(炒チャオとロマリア)
左、ロマリア。右、炒チャオ。
どっちも同じような見え方かもしれんのですが、ロマリアはオリーブオイルと塩、炒チャオはごま油と塩です。

・炒めたロマリア:加熱したほうがうまみあり。青菜炒めの雰囲気です。
・炒めた炒チャオ:シャキシャキとお口触りがよろしいなあ。

…とまあ、そんな感じでした。食べたのは、外側の葉ばかりだったので、他の部位はわかりません。

葉の先の痛みがさらに深くならないようであれば、丸ごと収穫をやってみたいんだけど、どんなもんでしょうかねえ。

収穫後、風通しよくしたくて、株の間を少しあけて容器に並べました。
収穫後の株姿

ちょいとまあ、しばらく様子をみることにします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.02.24.Fri

ニンニク、ぐんぐん。

ニンニクですが、去年収穫して室内に吊しておいたら芽がでてしまったので土に埋めてみました。それが、2月11日頃。
暖かかったり寒かったりの日々ですが、はたしてうまく育つんでありましょうか。

約1週間後の2月18日。なんとかご無事なようで。
2/18 ニンニク

芽は、みょ~んと上に伸び上がってます。保存中のネットの中では折れ曲がってたので、ちょっと心配だったけど、ほっ、です。
2/18 ニンニク

2月20日 たったの2日後だから、さしたる変化がなかろうと思っておったんですが。
2/20 ニンニク
なんじゃなんじゃ、この前根元が露出していたので土を少しかぶせておいたのに、また白いところが顔をだしておる。根が球根を持ち上げてしまうらしい。

よっこらしょ! 
2/20 ニンニク
二つ折りになってるらしい。引っ張ってみたくなるんだが…。ちぎれても困るしなあ。


2月24日 ほぼ身長10センチほどになりました。
2/24 ニンニク
もう食べられたりして~。ガハハ。

それにしても、元気。この土なんて、冬のダイコンを抜いた後の使い回しなんだけど。石灰も混ぜとらんし。肥料は、ただただ液肥のぶっかけだし。
きっとお日様のおかげなんだと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

2017.02.22.Wed

種から水耕栽培のトマト:それぞれの成長

1月20日に種まきしたトマトとペッパーとナス。
2/12 トマト他の双葉・本葉がでたところです

トマトは翌々日には発根し、約30日ほどで本葉が2枚になりました。ゆっくりなんだなあ。(撮影:2/20)
培養土はバーミキュライト。ときどき水やりして、お日様がよくあたるガラスごしのところに置いてました。

本葉が4枚になったらポットが手狭な感じなので、大きい容器に植え替えました。ここから水耕栽培スタートです。

2月18日。こちらがその植え替えた3株で、みな中玉トマトになる「Mr.浅野のけっさく」です。
3株のトマト(Mr.浅野のけっさく)

そのうちの2株は、エアーなしのゴミ箱容器に植え替えました。培養土ごとの引っ越しなので簡単でした!
2/18 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱による水耕栽培)

1株だけ、エアー装置がついているホームハイポニカぷくぷくで栽培してみることにしました。
2/18 Mr.浅野のけっさく(ホームハイポニカぷくぷく使用の水耕栽培)
でも、このぷくぷくで栽培している株だけが、なんか弱々しい感じ。

これは思うに、ぷくぷくの装置に引っ越しする際、株の根についた培養土を水で洗い流してから設置したので、根が弱ったんじゃないかと思います。このぷくぷくの装置は、培養土なしの液肥だけで栽培するもののようなので、洗うしかなかったんですわ。
ま、しばらくは遅れをとるかもしれないけど、そのうち根が液肥だけの水耕栽培に慣れてきたら追い越すだろうと予想してるんですが、どんなもんでしょう。

ところで、なんかちょっとずつ暖かくなってきてるなあとか思ってたら、こんな気温の日もあるんですなあ。

ベランダの温度計が27度って…。(2/20)
2/20 ベランダの温度が30度に迫ろうとしておる
当方のマンションのベランダは南向きです。北風があっても建物にさえぎられているせいでしょう。

あれから4日後の2月22日。
そんなあったか気温のせいかトマトは、じわり、大きくなったような気がします。

エアーなしのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱栽培)

エアーありのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ぷくぷく栽培)
おやあ、エアーありのほうが葉の色が濃い緑色になってるみたい。色黒さんだあ。液肥の濃度が異なるのかもしれません。といっても、濃い方がいいのか、薄い方がいいのか、よくわかりません。大丈夫かいな。

ところで、その他にも上のトマトと同じ日に種まきした苗があるんですが、成長具合にだいぶ差ができているようです。

中央のミニトマト「ブラッディー・タイガー」(茶色と緑のしましま/糖度が9~11度だそうな)は、ようやくポットの直径6センチ幅くらいになったところだし、左側の「水ナス」と右側の「甘とう美人」(辛みのないトウガラシ)なんて、まだ双葉なんすよ。
2/22 ミニトマトのブラッディと水ナスと甘とう美人

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

 | HOME |  OLD »