FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

トウガラシ類の花

なにやらむしむしいたします。窓をあけてみるのですが、あけた感じがしないんだなあ。かえってむおーっとした空気が漂う。季節が梅雨方面に一歩踏み出した感じ。

トウガラシの「甘とう美人」。12月30日に種まきしました。今年は小柄で、だいぶ背が低いです。甘とうって、こんなだったかしら。もっとひょろりと背高のっぽだったような気がするんだけど。
トウガラシの甘とう美人

ま、それでも花が咲きました。が、カメラを向けると、もれなく、アブラムシ軍団。しかもカメラ目線だったりするのよ。
トウガラシの甘とう美人の花

もーーーっ! ブチブチ指でつぶすやら、葉の裏を水でぬらしたティッシュペーパーで拭き取るやら、日々格闘ですわ。
甘とう美人は、網焼きがことのほか美味しいので、こやつには負けられません。


こちら、パプリカの「コロル」。の、はずなんですが、自信がありません。
パプリカのコロル

去年、コロルだとばかり思って育てていたら、出来た実がオレンジ色でした。なんかどうもべつの品種を種まきしてしまったようで。
よーし、今度こそ、と願ってます。

こちらも花芽、登場。
パプリカのコロルのつぼみ

なんでも、コロルの実は上向きにできるらしいので、花芽の形状からすると、この点は合格でしょうか。
ただ、全体に小ぶりな株になってます。大丈夫かなあ。

ま、トウガラシ類にはちがいないでしょうから、実が出来ましたらば、なんであれいただきますですよ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 19:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水耕栽培のトマト:花と実と根

昨年の12月30日に種まきした中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」。全部で3株あり、ただ今こんな感じになっとります。(撮影:4/19)

4/19 中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」エアレーションありと無し

右の1株のみエアレーションあり(装置は「ホームハイポニカぷくぷく」、モーターは「水心」)。左の2株はともに、エアーなし。

エアー無しの左の株が一番よくお育ちのようです。栽培容器がスチロールのトロ箱になっているのは、初めからこの容器だったのではなく、中央の株と同じくごみ箱容器だったけど、あまりによく液肥を消費するので、トロ箱に移動させたしだい。

この元気者の株は、2段目と3段目にも花を咲かせ、
4/23 中玉トマトのMr.浅野のけっさく。2段と3段の花と実

1段目は実ができました。
4/23中玉トマトのMr.浅野のけっさく。一段目の実

それなら、根っこはどうだろう? のぞいてみる。

トロ箱に移した元気者の株。わりと太めで、長さ20㎝くらいでしょうか。
スチロールの箱 水耕栽培のトマトの根。

ごみ箱の株。長いのは15㎝くらい。短いのもあります。
ごみ箱容器。水耕栽培のトマトの根。

エアレーション育ちの株。長いのは30㎝くらいでしょうか。
エアレーションあり。水耕栽培のトマトの根。

このエアーありの株ですが、冬の頃よりは、育ちがよくなってきたみたいです。〈暑くなるにつれ、エアーの威力が発揮されてエアー無しの株と同じくらいにはなるんじゃないか〉、と予想していますが、どんなもんでしょう。

なお、他にミニトマトもありまして、

2月16日に種まきした「キャロルパッション」。購入した接ぎ木苗の「F1アミティエ」と普通の苗の「純あま」です。
ミニトマト3種。F1アミティエ、純あま、キャロルパッション。

接ぎ木苗がなかなか大きくならなくて、ちと気がかりでありまして。「おーい、これはけっこうお高かった(1株853円もした)苗なのでそこんとこよろしく~」と思わずにはいられません。まあねえ、お店で売ってる果実のトマトを買ったほうがいいんじゃん、ともいえます。な~にやってんだか。

あ、もう一丁、種から栽培のミニトマトがありました。「ブラックゼブラ」です。種まきが一番遅くて3月8日でした。まだ、小さいです。
ミニトマトのブラックゼブラ。

はたして、この方々は、おいしいんですかねえ? ミニトマトはみなお初栽培でして。お味は未知の世界。スリル満点、、ハズレ馬券かもしれません。ま、せめて、なんとか数個、味見できるくらいには育ってほしいなあとおもうております。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

園芸ネットと水耕栽培の肥料

お買い物をしました。ドーン!
園芸ネットと肥料の微粉ハイポネクッスとスプレー

手に持っているのは、うどん玉、ではありません、はい。園芸用のネットです。ブログSunday, Sunny dayのNaomiさんが「ベランダ2019、始動。 」の記事で紹介なさっていたネットです。

中身をあけてびっくり。体積が片手でちょっとなのです。ビニールのネットだとかさばってブワンとふくらんでますもんね。これならしまうときに、場所をとらないですみそうです。

役目を終えたときの始末も◎。
土にかえる園芸用ネット

さっそく、張ってみました。ど、どうじゃろか?
園芸ネットを張ってみた。サッカーゴールにみえてしかたがない。

なにせ、横幅が270㎝もありますからなあ。サッカーゴールに見えてしかたがないです。ハハハ

今までは野菜の茎を上から紐でつっていましたが、これからは、ネットにちょいと縛るだけ。簡単になりそうでうれしい。
上から紐でつる方法とネットと両方の作戦で。

ネットの目あいが広いのと、色が白いのとで、外の景色が見やすいのもよろし。うれしいお買い物をいたしました。Naomiさん、お教えいただきありがとうございます。

もう一つは、肥料です。
微粉ハイポネクス

前回の記事にて、エダマメをじょうずに水耕栽培なさっているブログ「春色ソレイユ」さんのまねをして栽培容器を作ったことを紹介しましたが、春色ソレイユさんは、この肥料もお使いになっているというのです。
この肥料は、なんでも「微粉」のハイポネクスだそうで、粉を水にとかすと液体肥料になり、水耕栽培にも使えるタイプなんだとか。小さなスプーンがついていて、計量が簡単そうです。

……てなことで、夏野菜の資材準備はできつつあります。
さてさて、どうなりますやら~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 栽培用具 | 18:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT