園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

留守後のベランダ風景

前回に引き続きまとまった仕事をすませ、約1週間ぶりに帰宅。ベランダの野菜は今度こそ枯れ果てているかもと、ドキドキしつつのぞいてみる。

こちら、その出かける前のトマト(品種:Mr.浅野のけっさく)2株。(撮影:2/11)
2/11 Mr.浅野のけっさく

帰宅後のトマト。(撮影:2/18)
2/18 Mr.浅野のけっさく

おお、生きておる。ひとまず、ホッ。
なんかこう、徒長しつつも背丈が伸びているような。

出かける前のトマト。花咲いてるなあ。(2/11)
2/11 Mr.浅野のけっさく

帰宅後のトマト。ジャーン、実がついてましたあ!(2/18)
2/18 Mr.浅野のけっさく

それなら、トウガラシ(品種:甘とう美人)はどうだろう。

出かける前のトウガラシ。(2/11)
2/11 甘とう美人

帰宅後のトウガラシ。(2/18)
2/18 甘とう美人
なんとなーく、葉っぱが茂ったような気がするぞい。

ゲゲッ、アブラムシもどっさり増えてました…
2/18 甘とう美人の実

イチゴのめちゃウマ。出かける前。鳥に食べられてしまわないかと気になんだが。(2/11)
2/11 イチゴのめちゃウマ

帰宅後のイチゴ。へへっ、無事でした。甘さは少ないけど、歯応えあり、すっぱさもあり。おいしい。
2/17 収穫したイチゴのめちゃウマ


一方こちらは、春先に葉を摘んで食べる「のらぼう菜」なんだが。例年、ヒヨドリにねらわれるので、ひやひやもんなのです。

出かける前の、のらぼう菜。(2/11)
180211_norabou_0279.jpg

帰宅後の、のらぼう菜。無事! 鉢から葉先がだいぶはみでておる。
180218_norabou_0292.jpg

今年、こうしてヒヨドリに見つかっていないのは、ネットをたらしておいたからだろうか。
180218_netto_0306.jpg
といっても、ネットで全部囲んでしまってるわけではなく、上も横もがらあきなのよね。まあ、なんとか今のところはセーフなようで、しめしめである。

他には、ネギとチコリのプンタレッラも変わらず元気だったし。
ネギとチコリのプンタレッラ

チコリ(紫色のキャベツみたいなやつ:パラロッサ)なんか外に置きっぱなしだけど、大丈夫なんだねえ。
チコリのパラロッサとレタスのハンサムグリーン

思うに、チコリって苦いんだけど、ゴーヤみたいにもっとポピュラーな野菜として人気がでれば、育てやすいし、収穫後も傷みにくいから、生産者さんも楽ができる野菜になれそうな気がしておるのですがねえ。どんなもんでがしょ。

ハンサムグリーンというレタス。こちらは留守中、室内に置きっぱなしにしてました。
レタスのハンサムグリーン

羽虫がうろついてるかと思ってたけど、大丈夫だったみたいで。
レタスのハンサムグリーン

どの鉢も、くるくると外側に葉を広げてました。

唯一枯れてしまっていたのは、野菜ではなく、ゼラニウム。白い花が咲く株だったんですがねえ…
ゼラニウムがお亡くなりに
秋のイチョウの葉色にお変わりになられてましたです。アーメン

このゼラニウムは苗から栽培して、10年くらいになる、私としては長持ちな花でした。
花を育てるのは、なんかどうも苦手。野菜がボツになる以上に残念感があるんだよなあ、なぜか。それで、花はあまり育てたくないのですわ。

1月26日に種まきした夏野菜類は、本葉がでてきたようです。
室内で育っている、トマトやパプリカのコロル、甘とう美人、レタスなど。

トマトのMr.浅野のけっさく。それと、パプリカのコロルとレタスなどで、これらの種は、まりちゃんのベランダ水耕栽培のミーママさんにいただきました。

小さい苗なので、こちらも室内においたままでしたが、徒長もほとんどないみたいでようございました。
ふ~っ。ひとまず、一件落着。
あ、問題あり。旅行中に蓄えた山盛りの洗濯物がドーーン。は~~~あ、ですな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 15:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チコリのパラロッサ もっさもさ

家をあけることが多く、ベランダ観察があまりできていません。そんなんで、久しぶりに眺めるとびっくりします。

なかでも、ザルで水耕栽培しているチコリ(パラロッサ)がいやに茂ってるじゃ~ありませんか。(撮影:2/11)
ザルで水耕栽培のチコリ・パラロッサ

じつは、この2株の裏側にも、もう1株植わってまして。

ザルをくるっと回すと裏側に、ほらね。ちょっとハクサイ風?
大株になりつつあるチコリ・パラロッサ

これの横に張り出してる葉が、歩くときにぶつかってしまうのだなあ。よしっ、出っ張り分を収穫しよう。
収穫したチコリ・パラロッサ

ちょっとスッキリ。
外側の葉を収穫したチコリ・パラロッサ

裏側の株もまわりの葉を取りました。
チコリ・パラロッサ
ほ~、これは赤い色が多いんだねえ。

もう一株のほうは、赤色が点々のまだら模様。
チコリ・パラロッサ

同じ品種のチコリでも、お顔つきはいろいろなんだなあ。

ときに、レタスのハンサムグリーンもなんだかもっさもさ。
レタスのハンサムグリーン

こちらも収穫しよう。ついでだ、イタリアンパセリとディルも少し。
レタスのハンサムグリーンとイタリアンパセリとディル

とにかくみんな洗って切ってお皿にのせる。
チコリとレタスのハンサムグリーンなどでサラダ

おお、いつになくてんこ盛り野菜がいただけるではないか。きょうび野菜はお高い貴重品ですからねえ。うれしいですぞ。
あ、でもチコリがいっぱいあるからといって全部入れちまったら苦すぎますからな。ほどほどに。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 14:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春近いかも イチゴ

なんじゃかじゃで家をあけるので、鉢を室内にとりこんだままにしてました。そのせいか、四季なりイチゴ(めちゃウマ)の花スイッチが入ってしまったみたいです。

最初はこの一鉢だけだったんですが。
四季なりイチゴのめちゃウマ 2月4日の花と実

他の鉢も咲きだしました。どちらもゴミ箱による水耕栽培です。
四季なりイチゴのめちゃウマ ゴミ箱の水耕栽培 花と実

さらに、ペットボトルの鉢のほうにも花あり。
四季なりイチゴのめちゃウマ ペットボトルの花と実

花の茎が短いもんだから、葉っぱのあいだにめりこんでしまってて見つけられなかったんだなあ。

いやあこれは、春が近いってことですかねえ。
日々、寒い寒いとばかり思ってましたけど。

このあたり(東京都青梅市)に雪が降っていた2日。電車があちこちでゆっくり運転するような案配の日。京都へ行きましたらば、雪なんかなーんにもなくてびっくり。いろんなことがあるもんだなあ、と思ったことでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 20:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT