FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

四季なりイチゴの「めちゃウマ」:梅雨どきの株姿

前回の記事のごとく、梅雨になるとイチゴの収穫がぴたりと止まったので、、あとはランナーが出てくるのを待つのみ。放置してよしと、忘れていたのだが。

6月9日。実ができておるではないか。
6/9 四季なりイチゴのめちゃウマ

もう一つの株にも。
6/9 四季なりイチゴのめちゃウマ

なんだよなんだよ、今頃。
このままでは、ベランダのコンクリートに落ちた雨に実がふれて傷んじまうだろうが。
どれ、なにか養生してやらねば。げんきんなもので、かいがいしく世話をやくわたくし。

実の下にキッチン用ゴミ袋である不織布を敷いてみた。どうかしらね。(撮影:6/13)
6/13 イチゴの実の下に不織布をしいた

あ、でも思うに、不織布が役に立つのは、雨の日よりもむしろお天気がいい日かもしれない。ベランダの手すりは気温が上がるとあっちっちになるんである。そこでこの不織布の座布団があれば、実が焼けなくてよろしいにちがいない。

一方、雨の日ですが、株の入っている穴鉢をくるりと回して、実を手すりの上から移動してやれば、雨があたらないわけで。おお、われながら、グッドアイデア。(撮影:6/16)
6/16 不織布を敷いてる実と敷いてない実のイチゴ。

ところで、根っこはお元気なんでしょうか?

これなら、まあまあいいかも。
めちゃウマの水耕栽培の根。

この株真っ黒じゃん! あ~あ、実をとったらボツだな。
めちゃウマの水耕栽培の根。

もう一丁は? あれま、ランナーおでまし。いつのまに。
めちゃウマの水耕栽培の根。
根は大丈夫みたいだから、この株からは苗をつくれるってわけだ。

…てなことで、まだもう少しのあいだ、イチゴのつまみ食いが楽しめそうであります。
(とはいえ、糖度はあいかわらず低めで、4とか5とか。育苗意欲、わきませんがな。ションボリ)

それにしても、イチゴがトマトと同じ時期に収穫ってこともあるんですねえ。(6/15)
6/15 収穫したイチゴのめちゃウマと、トマトのMr.浅野のけっさく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴの「めちゃウマ」:最盛期だった頃

イチゴの初収穫は先月の5月13日。もうだいぶ前になります。(関連する前回の記事はこちらです。)
おかげさんで、それからちょくちょくつまんでました。

5月17日。イチゴは、2リットルのペットボトルで水耕栽培。全6株(ボトル)あり。少しずつ赤みがましてきたようです。
5/17 水耕栽培の四季なりイチゴのめちゃウマ

おーし、食べるぞ~。(糖度4とか5程度ですけどね。)
5/17 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ。

5月18日。連日収穫。
5/18 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月21日。ちょとふえた。
5/21 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月23日。粒そろってる。
5/23 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月25日。快調快調。
5/25 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月27日。絶好調。
5/27 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月28日。ん? なんか、実が小さくなってきたような?
5/28 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月30日。ショボいのもあらわる。そろそろおしまいかあ。
5/30 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

6月1日。4粒。この日はバジルとインゲンがとれて、主菜の彩りと副菜に抜擢。ちっこいイチゴがかすみますなあ。
6/1 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

6月2日。やたら花芽をつけて、やたら小粒の実ばかりつける株の根が真っ黒。
6/2 めちゃウマ。水耕栽培の傷んだ根。

こういうタイプのがもう一株あったので、合計2株をボツにしました。
この2株ですが、たぶん最初のランナーからできた苗・一郎さんかと思われます。これらは生長が早くて実をつけるのも早く、その数が異様に多いけど、老化も早かったということかも。次回からは、一郎さんは育苗せず、そのあとの二郎さん・三郎さん…を育てたほうがよさそうだと思ったしだいです。

なおその後、さらに1株がなにゆえかしおれてしまって、これまたさようなら。結局、全6株から残り3株になりました。
そして、この日をさかいに、イチゴはシーーーーーーン。収穫なし。そりゃあそうだよね、もう6月、梅雨ですもん。
次号につづく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 16:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの「マンズナル」:初収穫から撤収まで

インゲンの「マンズナル」は、2つのごみ箱容器で水耕栽培しています。(前回の記事はこちらです。)
培養土は、最初どちらも本葉がでるあたりまではポットにいれたバーミキュライトで育てました。その後、植えかえのときに、一つは「あく抜きベラボン」を加え、もう一つは溶岩礫(ようがんれき)を加え、どちらもゴミ箱容器で水耕栽培しています。

6月1日。うっそうとしてきました。実がぶらりんこ。
6/1 インゲンのマンズナル。水耕栽培の株。

初収穫は、5月26日で、この1本。トウガラシの甘とう美人も一緒に。
5/26 3月18日種まきのインゲン:マンズナル初収穫

6月1日。7本。甘とう美人+バジル+シソも収穫。
6/1 収穫したインゲンのマンズナルとシソなど。

6月3日。おお、片手分ぐらいあり。
6/3 収穫したインゲンのマンズナル。

やれやれ、これなら炒め物ができましょう。なにせ今までは、味噌汁の浮き実でしたから。かすかな味わいで、なんだかねえ。
6/3 インゲンのマンズナル。炒めて食べる。

ああ、インゲンの果肉が歯にあたってキュッキュッと鳴る感じがよろしいです。

6月6日。にやにや。
6/6 インゲンのマンズナル。収穫。

6月9日。うふうふ。
6/9 インゲンのマンズナル。収穫。

6月11日。花芽がほとんどなくなったので、最後の収穫となりました。早っ。
6/11 最後の収穫。インゲンのマンズナル。

あ、撤収だから根の具合もみておかなくちゃね。

こちら、あく抜きベラボン育ちの株の根元付近です。全部で2株あり。(種まき:3月1日)
バーミキュライト+あく抜きベラボンの水耕栽培。インゲンのマンズナル。

その根元のざるを持ち上げてみた。
バーミキュライト+あく抜きベラボンの水耕栽培の根

ほう、けっこうなはえ具合だったようで。この容器は液肥の減り方が早くて、後半はほぼ毎日追加してました。


一方、溶岩礫の株は全部で4株です。(種まきの時期は上記の株より遅く、3月18日でした。)
バーミキュライト+溶岩礫の水耕栽培。インゲンのマンズナル。

根っこはどうじゃな?
バーミキュライト+溶岩礫の水耕栽培の根
短いのがちょっと、って感じですかね。

ざるの中ではどうなってるんだろう? 溶岩礫から抜き出してみた。
6/11 インゲンのマンズナル。水耕栽培の根。
細めのラーメン的様相、でしょうか。

うーむ、種まきが遅かったから、これから育っていくところだったんだろか。ガーン、こちらの株たちは撤収が早すぎたかも。あ~あ、もったいないことをしました。
まあ、また種まきすればいいやね。

それにしても、なかなかにたのしいインゲン栽培でありました。思いのほか収穫できましたし。アブラムシはこなかったですしね。
「マンズナル」は、お名前がなんかアレだけど、大きくて食べ応えありありなのがよろしいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 20:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT