園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

レタスとスティッキオの種まき

2017.09.25.Mon
レタスの栽培ですが、当方のベランダでは、秋冬野菜の部類にいれてます。だってー、夏は灼熱だし、春は徒長が激しくてちっとも育たんのです。
やあやあ、やっとその季節やってきましたですよ。さっそくネットにて種を調達。種まき♪

左から、レタスの「ハンサムグリーン」と「みずさわ」。右はレタスじゃなくて「スティッキオ」というもんだそうです。(撮影:9/21)
レタス(みずさわ、ハンサムグリーン)とスティッキオの種まき

レタスにもいろんな種類があるようで。このたびは、葉が固めの歯応えを求めて選んでみました。

-----------------------------------------
【ハンサムグリーン】
写真のみためは、珊瑚みたいです。種袋によりますと「葉肉厚く、フリルの強い非結球型レタス」とか。じつは、販売されている現物を食べたことがあり、食感はたのしいけど、味的にはおおざっぱでうれしくはなかったんですが、店頭に並ぶまでの時間が味を損ねているかもしれないという予想のもと、育てて試してみることにしました。
それに、種袋には「水耕栽培にも最適」との一文も添えられていたので、期待をこめて清き一票を投じたしだいです。

【みずさわ】
「耐暑・耐寒・耐病性があり…春・夏・秋とまくことができます」に注目しました。丈夫が一番ってことで。

【スティッキオ】(←トキタ種苗の登録商標ですって)
これはなんじゃ?というような知らない名前ですが。なんでも「フェンネル=フィノッキオ」(セリ科)という植物を棒状に品種改良したものらしいです。周年栽培可能とのこと。
フェンネルの写真を見ると、根元がセロリのごついやつみたいなの。上の方はカスミソウ風でした。
スティッキオは、そのフェンネルの根元部分がほっそりしてるといいますか、あまり巻いてないセロリな感じ、だろうか。
私も実物をみたことがないのでなんともはや。お初栽培でもあります。

これを選んだのは、ひとえに縦に長く育つ野菜だからであります。なにしろ場所がないベランダ。縦長野菜ならば場所塞ぎにならんでよいではないか、というわけでして。でも今よくよく見れば、葉っぱはカスミソウみたいなんだよね。ずいぶん盛大に茂りそうじゃないか。し、失敗したかも…。
-----------------------------------------

種まきから4日後。(9/25)

レタスの2種(ハンサムグリーン/みずさわ)は、リボン状の双葉がでまして、ポットに植え替えました。
双葉がでたレタス(ハンサムグリーンとみずさわ)。

レタスは大きな玉にしないで(というか、大きくしようにもそんな力量はありません)、葉をかきとりながら収穫するつもりです。
そのため、さらに植え替えせず、この黒いポットに入れたまま、この水切り容器に液肥を注ぎつつ育てていこうかと。

一方、スティッキオの発芽は…、まだです。やっと根がでそうな、出たけど双葉はまだとか、そんな感じ。
スティッキオの発芽

このなかで一番早く育ってるこのお方は、ただいま種帽子を脱ごうとしてる真っ最中。思わずお手伝いしたくなるけど。
スティッキオの発芽

うっかりさわって葉っぱまでむしっちゃうからな。お節介はやめときましょ。

スティッキオは、生でも食べられるそうです。はがしてスプーンのように持ち、ディップとかつけて食べたりもするそうな。
でもねえ、家で育てたらきっと、そのスプーンのところが貧弱すぎて、割り箸にしかならん気がする。(そういう失敗作を作るの自信あるもん。無念だけどさ。

それにしても、さわやかないい季節であります。
ベランダに出てひとしきりのんびり。ついでにダイコンの育ち具合をのぞいてみたら、葉にアブラムシがいっぱいでした…。虫も食欲の秋で美味しいんですかねえ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

節なりキュウリの不思議

2017.09.24.Sun
今年2種類のキュウリを時期を変えて3回種まき。そのうち収穫できたのがたった1個のミニキュウリという、じつに見事な絶不調記録を達成しております。(いずれも水耕栽培。)
でもでも、まだあと1株だけ残ってるんです。さてどんなもんですかねえ。

最後の一株は、節ごとに実がなる「節なり」の品種「なるなる」。これはふつうサイズに育つキュウリだそうですが…。

じつはこのキュウリ。子づるを育ててしまいました。節なりの正しい育て方としては節にできたわき芽はすべて取り除くらしいんだけど、あまりに勢いよく飛び出してきたもんで、つい出来心でそのままにしちゃったのでした。
節なりキュウリの「なるなる」子づるを育ててしまった。

てなわけで、親づると子づる、2足のわらじにしてしまったせいなのか、なんなのか、親のつるにできた雌花はことごとく不発。

親づるの雌花その1。なんだかシワシワ。
節なりキュウリの「なるなる」親づるの雌花がシワシワ。

親づるの雌花その2。ショボーン。
節なりキュウリの「なるなる」親づるの雌花は萎縮。

なんじゃい、親づるの雌花は全滅かいな。
と、思ってましたらば。

親づるでも、ベランダの手すりより上にできている雌花は、なんかちょっと、どうなんでしょうこれ。(暗いのでライトを当てて撮影してみた。撮影:9/22)
節なりキュウリ「なるなる」親づるの雌花
いいかも~♪

さらにその上の方、てっぺんにも雌花が2個あるんですが、ど、どうですかねえ。
節なりキュウリ「なるなる」親づるにできた雌花

ということは、親づるから合計3個の実が収穫できるかも、かも、かも~ですわね、これ。
はあ~、キュウリ栽培、苦節何年だったかもうわからんけど、やっとチラッと日の目をみられそうでございます。


ところで、この株には本来育てちゃいけない、こっそり育てている「子づる」もあるのでした。

その子づるには、「節なり」にふさわしく、律儀にも節ごとに雌花ができています。
9/18 節なりキュウリの「なるなる」子づるにできた雌花

で、その雌花はどんな案配かともうしますと。

子づるの雌花その1。付け根がしっかりして太いような♪
節なりキュウリの「なるなる」子づるの雌花OKかも。

子づるの雌花その2。ちょっと曲がっちゃいるが、OKそうな気がします。
節なりキュウリの「なるなる」子づるの雌花OKかも。

ということは、だ。子づるからも2本は収穫できるかもってわけですな。やれやれ、ほっ。

それにしても、ずーっと不作だったのに、今頃になって実ができるとはねえ。
この頃の気温が15度~25度くらいですから、暑くもなし寒くもなし。ニョキニョキ育ちかげんの気候になったってことかもしれません。

ときに、子づるの実をみるにつけ、なんだかね、ちょっと、よそにお子様ができちゃった感が拭えないんですけど。ハハハ
いや、まじでこの二家族を養っていけるもんだかなんだか。
なーに、親づるはすでに摘心しているし、子づるも涼しいからそうそう伸び放題にもならんでしょう。このままでいいや。
数本ではあるけれど、季節遅れのキュウリを楽しもうじゃないのっ。ふっふっふ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

水にさしたシソの枝

2017.09.23.Sat
シソがとっても美味しいから秋と冬にもいただこうじゃないの、というわけで、水を入れた容器に切り取った枝を入れて挿し芽にしよう作戦してます。1週間以上もすぎたでしょうか。記録してないのでわかりません。

左の青ジソ(芳香青じそ)、葉っぱがしっかり横に張ってピーン。右の赤ジソ(天神赤じそ)、ふにゃ~。(撮影:9/18)
水にさした赤と青のシソ。

赤ジソのほうが青ジソより数日後になってから切り取って水につけてます。
なんでかなあ、葉がたくさんついているから重いのだろうか。根をみたけど、まだなんの音沙汰もないみたい。

どれ、青ジソの根をみてみよう。
青シソから根がでてきた
細かい根もすこしでてましたあ。やれやれ、これならもう培養土に植えてもいいかも。

ポットにキッチンネットをはめこみ、バーミキュライトを入れ、青ジソをつっこみますぞ。
バーミキュライトの中に入れる挿し芽の青シソ
あ、キッチンネットを使ったのは、あとで引っ越しをするときに持ち上げやすいようにと思いましてね。

受け皿の容器に水を張りました。シソは今まで水の中だったので、ここでもしばらくは水がいっぱいあるところのほうがいいかなあと思って。数日したら液肥にかえよう。
挿し芽の青シソ。ポットが水に漬かるようにしてみた。

一方、赤ジソ。なかなか根がでてこなかったけど、5日後、チラッとそれらしき白いものが。
赤シソにも根がでてきた。
もうだめかと思ったけど、赤ジソにも希望がもてそうです。

それにしても、根がでてくるまでずいぶんとかかるもんですねえ。いったいどれくらいの日数がかかるんでしょう。調べてみようかな。
新たにシソの枝を切り取って水にさしておくことにします。せっかくだから、バジル(ボロッソナポリターノ)も。

今度は、ちゃんと日付を記録しとかなくっちゃね。新しい赤ジソは9月14日。バジルは9月23日。
新たに水にさした赤ジソとバジル(ボロッソナポリターノ)

あら、新しく水にさした赤ジソは「9月14日」とあるから、もう9日もたってしまってるんだね。1週間程度じゃまだまだなんだなあ。
はーい、気長に気長に待ちましょうぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ