園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

≫ EDIT

スポンジの上に種まきあれこれ

種まきしました。おもにエダマメ。(撮影:6/19)
種まき

秘伝(黄緑色)、たんくろう(青緑色)、夏娘(青色)です。
エダマメの発芽

キュウリも3種類。イボイボの四葉多福、ミニサイズのドカナリ千成、普通サイズのなるなるです。

もうね、残り種のほとんどをまきつくしました。去年までの種の在庫一掃処分ですな。

豆は発芽が早いですねえ。もう根がでちゃってるし。
インゲンの発芽

今年買った種もまいてみました。初めての栽培になるモロヘイヤです。生育温度が30度とかいうものだそうで、発芽するかどうか心配でしたが、なんてことなくすぐに発根しちゃってます。
モロヘイヤの種まき

小さい種はこのままスポンジの上で双葉になるくらいまで育てるけど、豆類は根が太くて大きいのでスポンジのままってわけにはいかんでしょう。
根が出始めたものから順に培養土をいれたポットに引っ越しさせることにします。

種まきから4日後。
エダマメ、元気。
エダマメの発芽

インゲンも双葉がプリッとではじめました。
インゲンの発芽

キュウリ。あらよっと。
キュウリの発芽

あ、トマト(Mr.浅野のけっさく)も種まきしてたんでした。
トマト(Mr.浅野のけっさく)の発芽

一番気がかりだったモロヘイヤも、ひっくり返りながら双葉誕生です。
モロヘイヤの発芽

みなお元気なようで、ほっ。

なお、これらの株のうち、数株はベランダで育てますが、ほとんどは畑(近所の友人たちと借りてる畑)で育てるつもりでおります。
うまいこと大きくなってくれるとうれしいんだけど、どうかなあ。

それにしても、スポンジの上に種まきはいいなあと思うのです。刻一刻と発芽ぐあいが眺められ、水分を含んでひっくり返った種を元にもどしたり、ピンセットで裏側がどうなってるかとつついてみたり。(こらこら。種には大きなお世話だろうね。)
なかなかにおもしろいぞ、たね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 20:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バジルとシソ でっかくなあれ

レタスとかホウレンソウとか葉物野菜も育てたいところですが、この時期、ベランダにはな~んにもありません。そのかわりといっちゃあなんですが、バジルとシソをご用意いたしました。種まきは、4月5日頃だったかな。

栽培場所は、ベランダのフェンス付近と床の2カ所です。

フェンスにぶら下げたペットボトルのシソです。こちらの品種は「大葉」とだけ書いてあり、種は、国華園さんでネット買いしました。

5月19日のシソ(国華園の種)。
5/19 フェンスで栽培のシソ

青シソの種なんてねえ、どれでもいいような気もするのですが。なにゆえわざわざネット買いしたかともうしますと、以前もこれと同じ種をまきましたらば、茎が太くて株がとても大きくて長く収穫できたんでございますですよ。
ま、でもそれは、種というより、たまたまその年の気候がよかっただけかもしれんのですが。それを確かめてみたい気持ちもあって同じ種を注文してみたしだい。はたして、どうなりますやら。

なお、バジル(品種:ボロッソナポリターノ)もフェンスで栽培中。

5月19日。フェンスのバジル。
5/19 フェンスで栽培のバジル

また、栽培場所がちがっても変化があるかもしれないと思い、ベランダの床でも同じ種のシソ(とバジル)をおいてみました。
この場所は、両隣にトマトなどがあり、日当たりはフェンスと比べるとよろしくありません。だから、だいぶ貧相に育ってしまうだろうなあと、予想しております。
6/2 ベランダの床で水耕栽培のシソとバジル

5月27日。フェンスのシソ。茂ってきましたねえ。もじゃもじゃ~!
5/27 シソ

葉っぱ、でかっ!
5/27 フェンスのシソ

6月1日。せっかくだからピザにのせてみましたぞ。
6/1 ピザにのせたシソ

6月2日。いっぱいとれちゃった。しまった、どれがどの場所の葉っぱだかわからんようになってしもうてるがな。
6/2 シソとバジルの収穫

6月18日。フェンスのシソ。
6/18 ベランダのフェンスで水耕栽培のシソ

こちら、同日の床のシソ。フェンスよりは小さめですかね。
6/18 ベランダの床で水耕栽培のシソとバジル
あ、赤シソ(品種:天神赤じそ)も彩りがいいので薬味用に育てております。これはよく育ってますなあ。

一方、フェンスのバジル。葉、でかいです。ま、そういう品種ではあるのですが。
6/18 バジル

床のバジル。と、思ったら、すみません、写真をとってませんでした。今、夜なので、あしたとります、ごめんなさい。(たしか、小さい葉だったです。)

シソとバジルを並べると、こんな感じであります。
シソとバジルの大きさくらべ

ともあれ、みな元気に育ってるようでありがたや。
今後、シソは真夏の灼熱ベランダになったら弱ってしまうかもと気がかりではありますが、なんとか日陰を作って移動させてやろうかと思ってます。
薬味といわず、青菜のごとくもりもり食べるほどに収穫したいなあ、と、思ってしまいます。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シソとバジルとパセリ | 21:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すうよう(四葉)のキュウリ

「四葉」と書いて「すうよう」と読むのだそうな。キュウリの話である。なんでも、本葉4枚目から雌花をつけるところからつけられたとか(ネット検索より)。麻雀をイメージしてしまうのは、私だけだろうか。

さてさて、この四葉のキュウリ「多福」にお初の実がなりましてな。
こちらです。(撮影:6/9)
キュウリの四葉多福の実
強烈なイボイボ。おもいっきりまがってるし。ドラゴンと名付けました。

翌日、他の野菜とともに収穫。(トマトは、ピッコラカナリアとMr.浅野のけっさく。キュウリは、なるなる。インゲンの成平。)
6/10 収穫したキュウリのドカナリ千成と多福他

調理。洗って切って並べただけですが。(バジルのボロッソナポリターノもあり。)
6/10 盛り付けたキュウリのドカナリ千成と多福他

あ、インゲンの成平はチンしました。
6/10 インゲンの成平

いつになく豪華な顔ぶれの野菜軍団ですなあ。こりゃあ雨がふるかもよ。あ、もう降ってるか。

四葉多福は、サクッとした歯切れがおもしろいです。いいなあ、四葉。みかけはドラゴンで、とげとげを洗うのがちと大変だけど。
種まきは3月29日でした。株姿はこちら。右側が四葉で、左は普通サイズのキュウリ「なるなる」です。(撮影:6/15)
キュウリ・四葉多福の株姿

なんか、四葉くん、キュウリにしちゃあ葉が大きくないですか。こんなもんですかねえ。
キュウリ・四葉多福の大きな葉

このでかい葉がバサバサと物干し竿方面まで進行中なんでございます。
キュウリ・四葉多福の株の先端

四葉は節なり性が強くないので、子ヅルを伸ばしてその先に実をつけさせる栽培方法がよろしいのだとか。(これもネット検索より。)
が、なにゆえか、節に3本もの花芽ができておるんだなあ。
キュウリ・四葉多福の雌花。3本でている。

こちらは2本。
キュウリ・四葉多福の雌花。2本でている。

ま、お元気でなにより。

ただ一つ、気がかりなのが、うどん粉病。これにはお弱いらしく、他のキュウリにはみられないけど、もっかのところこの四葉さんだけに白い点々が発生しております。
キュウリにできたうどん粉病

しょうがない。薬剤散布をしようじゃないの。「アーリーセーフ」という製品を使用。水で薄めてスプレーしました。
アーリーセーフでうどん粉対策

この薬剤は「天然物(ヤシ油)由来の有効成分で、有機JAS規格(オーガニック栽培)」というものだそうで、収穫の前日まで使用できるそうです。
どうなんですかねえ。能書きからすると効くような効かないような印象ですけど…。

結果、翌日にはすっきり消えておりました。ただ、1週間くらいするとまた白点々がみられるので、再びスプレーしていますが。
まだ1本だけの収穫ですんで、せめてもう数本食べられたらうれしいです。
期待してますぞ、アーリーセーフさん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 18:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT