FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

晴れマークありがたや

めっきり収穫ブツが少なくなりましたなあ。そりゃあそうですわ、11月ですもん。当ベランダで近頃とれるものといえば、ルッコラとエルバステラ(ともにほぼ雑草)ぐらいのもんであります。(撮影:11/4)

11/4 ルッコラとエルバステラの収穫

とかいいながら、サラダにいれたら味に深みがでて美味しいのでよしよし。うれしく頂いておりますがね。

ルッコラは何度も収穫したら、もうあまり葉がでてこなくなりました。終わりが近いのでしょう。新たに種まきいたさねば。
11/9 ルッコラ

こちらはレタスの「ハンサムグリーン」。種まきは9月7日だったかしらね。まだ食べるまでにはいたらんようで。

11月4日は、葉がまばらで底が見えてました。
11/4 レタスのハンサムグリーン

5日後(11/9)。ちっとも大きくならないなあと思っていたけど、写真で見ると、あんがい茂ってるようです。
11/9 レタスのハンサムグリーン

へえ~、それならチコリはどうなんでしょう?

11月4日。チコリの「ヴェネチア」。
11/4 チコリのヴェネチア

5日後(11/9)。葉が広がってきましたなあ。でも、斑入りはあるけどほぼ緑色。紫キャベツみたいになるはずなんすけどねえ…。
11/9 チコリのヴェネチア

キャベツはどうじゃろか?
11月4日。とんがった頭になる「たけのこキャベツ」なんですが。
11/4 たけのこキャベツ

5日後(11/9)を見ると、うーん、あまり変わってないような。
11/9 たけのこキャベツ

あ、でもアオムシがみあたりません。このあいだあたりまでは毎日検挙してたんですけど。チョウチョはもう店じまいなすったかな。

そしてもっとも顕著な変化がみられたのは、トマトの「Mr.浅野のけっさく」です。

11月4日。ぞろり青トマト軍団。
11/4 Mr.浅野のけっさく

5日後(11/9)。ちょいと色づいてきましたようで。
11/9 Mr.浅野のけっさく

うん、この房部分は寒波が来る前になんとか収穫できるかな。

…とまあ、快晴つづきのおかげか、ゆっくりながらもじわじわ育っておるようで。
あ、いかん、液肥の追加をいたねば。しばしば忘れて夜になってから液肥の入った4リットルペットボトルを手にバタバタ駆けずり回ってしまうのでした。まったくもう、慌てるから床にこぼして染み作ってるし。けけっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 14:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

去りゆくトマト

トマトの収穫量がどんどんへってきています。

7月14日。このあたりが最盛期でありました。
7/14 トマトの収穫。

7月16日。片手分はなくなりました。
7/16 収穫したトマト

7月19日。じわり減量。
7/19 収穫したトマト

7月20日。じわりじわり減量。
7/20 収穫したトマト

7月22日。これっぽっち。
7/22 収穫したトマト

そりゃあそうでしょうとも。じつは、もう6段めあたりまでの枝葉が、すっからかんになりましたのさ。(撮影:7/17)
7/17 枝葉のなくなったトマト

実のほうは食べ尽くし、葉はハダニにやられて痛んだので切り落としました。

まだ7段と8段の実がついているからもったいないのだけれど、こうなってはもはやいたしかたありません。
片付けませんとなあ。

「純あま」は、3月にホームセンターで300円で買った苗でした。実がまだこんだけ残ってるんだけど。
7/20 ミニトマト「純あま」の実

マスカットの粒みたいな食感でおもしろかったなあ。

根っこ見たら、白くてお元気。
7/20 ミニトマト「純あま」の水耕栽培の根

「キャロルパッション」は、普通の感じ。魅力がよくわからんままでした。
7/20 ミニトマト「キャロルパッション」の実

こちらも、根はしっかりしてますなあ。
7/20 ミニトマト「キャロルパッション」の水耕栽培の根

これで9株あったトマトは、「Mr.浅野のけっさく」の3株のみとなりました。それも、もうほとんど棒状態なので後ほどお片付けいたしましょう。
あ~あ、なにやら夏が終わりましたなあ。梅雨あけてませんけどぉ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 15:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「エルバステラ」ってなんだ

「エルバステラ」ってなんだ、ではあります。聞いたことも、現物を見たこともなし。オオバコの種類だそうだから草みたいなもんかしら。エルバステラ(Erba Stella)はイタリア語で「星の草」という意味だそうな。野菜ですってよ。
ま、植えてみましょうかね、というわけで種まきしたのが3月6日でした。

5月14日。えらく細い。ニラみたいですが、ふにゃふにゃして育つんかいなあ、と思う。
5/14 エルバステラ

その後、ほとんど変化がなく、たまに液肥を下のお皿に入れるくらいでほったらかし。

7月15日。いつの間にか、ふさふさしてきました。
7/15 エルバステラ

横から見ると、長く伸びたのがわかります。
7/15 エルバステラ 長く伸びた葉

葉の横にとんがりができておる。トナカイの角みたい。
エルバステラの葉。つのがでてるみたい。

…エルバステラは、英語では「バックスホーン(Buck's Horn)」と言い『鹿の角』という名前が付けられています。
…というネット記事(こちら)もおみかけする。
なるほどねえ、こんなふうに育ちますか。成長すると30~40センチくらいになるそうです。
このあっち向いたりこっち向いたりするふさふさ感はしかし、どーみても草っぽいんですけど。

でも食べ物ですと。ネット検索によれば、生でサラダに入れたり、ピザのトッピング、肉料理や魚料理にあしらい、さっとゆがいて和風の和え物やナムルにも使えるとありました。

それではまあまあ、一口、お味見を。(7/15)
エルバステラを味わってみる。

ネット記事には「サクサクする食感」「ほんのりと甘味があり、ナッツを思わせるような香り」とか書いてあったけど、ほんにそんな感じ。若干苦いような甘いような。草だけど汁っぽくはなく、すっきりしてる。ほう、たのしいねえ、これ。

宿根草だそうですから、うまくすれば毎年芽がでて長く楽しめそうです。
また、多湿を好むから水耕栽培にも向いてるとも書かれていました。おお、当ベランダ向きではありませんか。ありがたや。

ただし、寒さにはわりあい強いけど、暑さには弱いんだとか。それなのによくまあ、この梅雨のむしむし時期に育ったもんです。
あ、でもわりと涼しい気温で推移しているからかも。これで梅雨が明けたら一気に弱ってしまうんじゃなかろうか。
うーむ、ということはだ。
鉢に入れ、物干し竿に吊り、直射日光があたらないようにして育てたほうがいいかもしれません。

よし、やってみよう。
あき容器に液肥をみたして、その中にエルバステラの苗が入った穴鉢を入れる。培地は水切れのよい溶岩礫(ようがんれき)。(7/17)
エルバステラの水耕栽培

鉢を物干し竿に吊しました。これでどうじゃ。
エルバステラを入れた容器を鉢に入れて物干し竿に吊る。

ほぼ観葉植物のオリズルラン状態。
でも、食べられるところがぜんぜんちがうんであります。ベランダ作業中、ちょっくら休憩タイムのときのおつまみぐらいにはなるでしょう。しめしめ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 17:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉物野菜を植え替えるの巻き

あらあらと日が過ぎていきます。液肥の追加ばかりで、収穫はおろか、見回りもせずにおりましたが、いつのまにやら葉物野菜がどわ~んと茂ってました。

これは、もうすぎちゃった12月9日のことであります。
ぐっと寒くなってきたので、夜は室内にいれるべく、まだ昼間だけど練習のために室内のテーブルに運んできましたらば。

容器が机いっぱい。こんなにたくさん、いつのまにふえちゃったかしらね。しかももっさもさに育っておる。
レタスと菜っ葉

ベランダにあったときは、それほどでもないと思っていたんだが。

「しろな」は、葉っぱがトレーからはみでているし。
しろな

ポットを持ち上げてみたら、根がびろろ~ん。
しろな

「しろな」は他にもあって、「黒わかな」と同居してきゅうくつそうだし。
黒わかな

「みやこべかな」も小さいポットのままでした。
べかな

レタス4種類なんぞは、もっと過密で、トレーにポットが10個以上も詰め込み状態。
レタス4種

「ハンサムグリーン」は、もう葉のかきとり収穫サイズじゃなかろうか。
レタスのハンサムグリーン

いかん。このままでは爆発して倒れてしまうじゃないか。大急ぎで、ポットを大きいのにとりかえたり、新しいトレーにうつしかえたり。とはいえ、「資材はふやさん、新調しないである物を使う。」と決めたので、家にあるものをかき集め、なんとか納めおおせることができた。ふ~。

この日(12/9)はいいお天気だったので、再びベランダに運んで並べてみた。
ベランダの葉物野菜
上の写真あたりは、まだ歩道があるけれど、

そのとなりはだいぶ厳しいので、少しずつ容器をどけながら液肥の追加をすることになりそうであります。
ベランダの葉物野菜

……てなわけで、ひとまず安心。
この年末のバタバタ大忙しが一段落したら、いざ収穫にとりかかろうじゃないの~♪とたのしみにしておるところであります。

【種は頂き物です】
菜っ葉類は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんから。
レタスは、ブログ「息を止めた未来へ」のサキさんから頂戴いたしました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 21:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

畑の収穫:ショウガとイモ

友人二人と一緒に借りている近所の畑で、サトイモとヤツガシラ、ショウガの収穫をしました。といっても、もう5日前(20日)になりますが。

こちら、三人で山分けした収穫ブツ。ドーーーン!!なのだ。
畑で収穫したサトイモとヤツガシラとショウガ

ヤツガシラは、親イモも食べるんだそうで。一昨年だったかなあ、初めて栽培したときはそのことを知らなくて、危うく捨てちまうところでした。お味は、ほっくほくタイプだったと思うけど、今年のはどんなかしらねえ。
ヤツガシラ

茎も皮をむき、干して煮物などにしていただくから、ヤツガシラはお得な野菜ですな。
ヤツガシラの茎
とはいえ、これらの加工作業はなかなかお手間でして。マンションのどこでイモを洗い、どこに干すのか悩ましい。
共同の洗い場もあるのですが、なにやらちと遠慮な感あり。なので、キッチンですませるほうが気が楽です。

くるんくるん。こんなふうに皮がむけると楽しい♪
皮をむくヤツガシラ
ボキボキ折れたり、途中で皮がちぎれることも多し。

洗濯物干しに吊す。ピンチがたりなくなったので、洗濯ばさみで枠のところにはさむ。
干しているヤツガシラ

ショウガの作業もいたさねば。
ショウガって、なんかハーモニカみたいにびっしり連なってるもんなんですねえ。びっくり!
ひとかたまりのショウガ

入り組んだ部分の土を洗い落とすのが、これまた一仕事。やりつけないから、時間がかかるかかる。
ショウガを洗った
ここまできたけど、あと根をとってもう一度洗い直さねば、だわ。ふう。

ショウガは思いのほか分量があり、可食部分は、全部で2キロと100グラムでした。
上の写真の洗ったショウガの分量は、約500グラムでしたので、この作業をその後3回くり返したことになります。ヘロヘロ。

やれやれ、やっと甘酢漬けができましたぞ。
ショウガの甘酢漬けを作る

茎もいれてあるのは、ピンク色が移ってくれたらいいなあとおもったんだけど、どうかしらね。

ショウガの作業のいいところは、部屋中に立ちこめる香りでしょうな。もうね、全身が生姜湯につかってるみたい。たいへんけっこうな心持ちでございます。

失敗が一つ。薄く切るとき、めんどうくさいからスライサーを使いましたらば、指、切りました。あ、でもかけらはちゃんと取ったから、食べるときには入ってないと思います。たぶん。

やれやれ、これにて一段落。昨日と今日は仕事がお休みだったので、おかげさまで作業がはかどりました。
さて、夕食の準備をと思い冷蔵庫の野菜室を開けたら、なんと、まだショウガが洗ったままビニール袋に入ったなりのを発見。
計量したら、廃棄分もいれて590グラムほどありました。
(というわけで正確には、全部で2、5キログラム。お詫びして訂正いたします。)

えーん、どうしよう? もう甘酢漬けのお酢も使い切ってしまってるし。
しょうがない。残りは、干し椎茸とかさつま揚げをいれて煮物にでもしてみるか。
……てなことで、ありがた~い悲鳴の収穫祭りでありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 19:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT