園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度のフランネルフラワー栽培は、ろくろっ首になりそ。

 台風のため、外は強い雨。室内に植物を避難させました。しげしげと間近で眺めるチャンスかもしれません。
そういえば、当ベランダでは数少ないけれど、花もあるのでした。
フランネルフラワーは08年に苗を買って以来、枯らしては次の種まきをしたりして、毎年なんとか持ちこたえてます。しかし、このたびの株はかつてないゆっくりゆっくりな生長っぷり。いやあもう、参ります。

種まきしたのは去年の1月。その約1ヶ月後に発芽し始めました。まだ根がふにゃふにゃ~。(撮影:2014.2/19)
14年2/19 フランネルフラワーの発芽

おっ、双葉がしっかり立ち上がりました。(2014.2/27)
14年2/27 双葉

種蒔きから6ヶ月後。花の1つも咲きそうかと思いきや、まあだ本葉がちょろちょろなんですわ。(2014.7/28)
14年7/28 本葉

種まきから9ヶ月後。本葉が若干ふえました。(2014.10/25)
14年10/25 本葉数枚

種まきから11ヶ月後。小さくこんもりした感じでしょうか。(2014.12/27)
14年 12/27 

種まきから1年2ヶ月後。は~、やっと花芽がつきやしたぜ。いつもなら鉢いっぱいに咲いてもいい頃なんですけどぉ。(2015.3.30)
15年 3/30 一番花が咲く

種まきから1年3ヶ月後。2番めの花が咲きました。うはは♪ そうそう、こんな花でしたわ。花の形を忘れそうですがなもし。(2015.4.19)
15年4/21 二番目の花が咲く

種蒔きから1年6ヶ月後。花芽の枝がひょろひょろ~っと伸びて、フランネルフラワーらしい感じになりました。しかし、花数がちっとも増えませんなあ。もうね、待ちくたびれて私の首も伸び伸び~でございます。(2015.7.8)
15年 7/8 葉が茂る

…とまあそんなわけでして。このたびのフランネルフラワー栽培では、忍耐といいますか、昼寝して、ご飯食べて、夜寝して、なんだかんだして待つ、というせっかちな私の最も苦手な課題をいただいておるような感じです。

まあなんです、株がボツにならないだけでもありがたいのでした。一昨年まで咲き誇り、去年の2月に枯れちゃったときは、もう絶やしてしまうのかなーと思いました。(2014.2/22)
14年2/22 枯れた株

それではならじと、じつは今年3月にも種まきを試みております。在庫の種を全部はたいてまいたのに、発芽したのはこの1個だけでした。(4/21)
15年 4/21 新しく種まき
しかしそれもボツ。もう残りは、こののんびり屋の1株だけであります。失敗は数しれませんなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

| フランネルフラワー | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花のフランネルフラワー:2代目に一番花が咲きました

 今年1月にタネまきしたフランネルフラワーに最初の花が咲きました。(9/27)


花の下には、次のつぼみも準備中。


この株は、発芽に2ヶ月もかかり、20粒くらいまいてこの一株しか育っていません。今回はむずかしかったなあ。一番花も前回より1ヶ月遅れてようやくの開花。やれやれ、ホッです。

 そして、その親株もいまだ健在。涼しくなったせいでしょう、花をつけています。親子を並べてみました。

この親株もタネから育て、タネまき(2011年2月26日)から今年で約2年半になります。夏の間に、枝を切り詰めておいたせいか、新しい葉っぱが伸びて花芽もついてくれました。枝を切るときはちょっと気を使いました。いっきに全部切らず、2~3本を数日にわけてすこしずつにしてみたのです。理由は、古い株なので、剪定しても新しい枝を出す元気が残っているかどうか心配だったからです。現状を維持する鋭気を残しつつも、更新も進められるようにという作戦です。まあ、なんとか無事なようでよかったよかった。
来年の春には、子株も親とお揃いの6号鉢に移し替え、「親子のフランネルフラワーで満開」になったらいいなあと思っているのですが、さて…。

【フランネルフラワー栽培メモ】
・苗を購入   :08年6月ごろ
・タネまき第1回:08年12月(発芽は1ヶ月後=09年1/29、一番花の開花=09年9/17)・タネまき第
・最初のタネから育てた株が10年8月没。
・タネまき第2回:11年2/26(発芽は1ヶ月後=3/24、一番花の開花=11年9/21)
・タネまき第3回:13年1/11(発芽は1ヶ月半後=2/26、一番花の開花=13年9/27)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| フランネルフラワー | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花の「フランネルフラワー」:種まきから2年と3ヶ月の株と新人株

 フランネルフラワーは多年草で四季咲きだそうですが、いったいどのくらいまで咲いてくれるものなんでしょう。多年草というのだから、5年くらいは長持ちしてくれるといいなあと思うのですが、はて?

 今、うちで育てているフランネルフラワーは、種まきから2年目になります。(種まき:2011年2月26日)
私が種から育てた最初のフランネルフラワーは、1年7ヶ月で没になっているので、ただ今は、その記録をちょっぴり更新中ってわけです。

3月5日 去年10月に枝を剪定したので、葉っぱだらけ。ようやく少し花芽がついてきたようです。


4月28日 

まだ小さめの花ですが、だいぶ咲いてきました。暖かくなってきたからかもしれません。

5月30日

いよっ、色白ですな! 大きめな花になりました。

6月17日 

花数が増えたような気がしますが、どうでしょう。花の向きが右向け右になってるのは、お日様がそっち方面だったからかな。せっかく吊り鉢にしているのだから、ときどき向きをかえてやるといいのかもしれません。
それにしても、鉢替えもしていないのに、よく咲いくれてるなあ。(現在7号鉢)

 気がかりなのは、これからくる灼熱ベランダジゴクであります。うーん、とりあえず直射日光はきついだろし、ベランダの物干し竿あたりにぶら下げてしのいでもらう、ってとこかなあ。


 ところで、フランネルフラワーは、咲いているのがこの一株だけしかありません。今年の3月まであったもう1株は、剪定をしなかったためか枯れてしまったからです。
たった1株だけじゃ心元ないというわけで、今年の1月に新たに種まきをしました。
それがまあ、なかなか発芽しないのなんのって。

3月5日 種まきから2ヶ月もかかってようやく発芽です。前回は、1ヶ月で発芽できたのになあ。

… し、しかも、種まきは10個以上したのに、発芽したのは2株で、最後はこの1株だけになったのです。
ひとりっこだわ。貴重品。

4月18日 本葉がでた。まだ、種袋がついてますけど。


4月28日 本葉がちょっぴり大きくなったようです。

とーれそうで、とーれない種袋♪ 結局、私がしゃしゃり出て強引にはずす。過保護しちゃった。

5月30日 菊の花のような本葉が数枚おめもじ。


6月17日 本葉が増えてきたーっ。ああ、ようやくフランネルフラワーらしくなってきたわい。

でもね、どうしてもヨモギにも見えちゃうんだなあ、この姿。フランネルフラワーは、セリ科だそうですけどね。

 鉢に、土を少し足しました。ピートモスと鹿沼土ですが、上の方だけ鹿沼土を多めにしてみました。水はねがしにくいんじゃないかと思いまして。

 それにしても、まだプリンカップサイズ。道のりは長いなあ。
でもまあ、そのおかげでどこにでも置けます。なるべく直射日光のよくあたるところに移動させることにしましょーっと。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| フランネルフラワー | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まきから2年目の「フランネルフラワー」:剪定の効果は?【その2】

 さて、3月5日に剪定したフランネルフラワーはどうなったかといいますと、それがその…。(撮影:3/30)

みごと撃沈。そういえば、ネットで見たフランネルフラワーの育て方に、たしか枝葉の剪定は夏にやるというようなことが書いてあったような。寒い3月にやっちゃったので復活の元気がなくなったのかもしれません。大失敗だったなあ。剪定時期は守りましょう、でした。はい。

 一方、去年の10月に剪定した株は、その後も元気です。(撮影:3/23)


さらに5日後(3/28)。

種まきから1年後の春ほど花はついていませんが、びっしりになってきました。花も大きいなあ。新しい枝はちっともできていないけどね。
ま、これでもうしばらく長生きしそうかな?

 なお、このフランネルフラワーを園芸用に開発なさった岐阜農業技術センターさんのホームページに、「フランネルフラワーの楽しみ方」が書かれています。
その中に、こんな記述がありました。(PDF形式のファイルより)

「…うまく育てれば2~3年楽しめます。なお、年とともに株の形は乱れてきます。株が成長すると茎は木化し、下葉もかれて、上部だけが茂るようになります。一度に切り戻すと弱るので、、枝ごとに時期をずらして切り戻し、下から新しい芽を伸ばすようにすると、株が若返ります。」

そうか、いっきに切り戻しちゃいかんのね。よーし、こんどはちょっとずつ切ってみよーっと。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| フランネルフラワー | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まきから2年目の「フランネルフラワー」:剪定の効果は?【その1】

 フランネルフラワーという花は、四季咲きで多年草だそうだが、いったいどのくらい長生きするんだろう?

 種まきしたのが2011年の2月で、それから1年半あまりたった去年の10月はこんな姿でした。(撮影:2012年10/22)

花が咲いてはいますが、小さいし、なんだか株全体がしおれてきたように思います。もう弱ってしまって咲かなくなるのかなあ。

 ええい、散髪しちゃえ、とばかりにモシャモシャした枝葉を切り落としてしまいました。 (撮影:2012年10/8)

 そして、こんなふうに、まだ咲いてる花も切り取ってしまった。もったいなかったかなあ。


とはいえ、散髪が失敗したときのことを考え、2株あるフランネルフラワーのうち、この別の1株はだけはそのままにしておくことにします。

枝葉を切り落とした方が育つのか、はたまたそのままの方が長生きするのか? 
はて、その結果やいかに…。


 年が明けて今年の3月。剪定してから約4ヶ月後。
剪定したあとの株はこのようになりました。(撮影:2013年3/5)

新しい枝は伸びてないようですが、新しい葉っぱがもじゃもじゃはえてきておるようです。

花芽もついたみたいだし。


花も咲きました。



 ではでは、散髪しなかった株の方はといいますと…。

枯れた葉が多く、新しい葉があまりできてはいないようです。やっぱり枝葉を切った方がいいのかもしれない。

よーし、この株も散髪しちゃえ-。

ありゃ、切りすぎたかしら。古そうな葉っぱもむしっちゃったからなあ。

 枝の先端には新しい葉が巻き付くようにはえていたので、これがしっかり育ってくれたらいいんだけど。

はて、どうやりますやら…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| フランネルフラワー | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT