カテゴリ:「ベランダ・室内風景」

»次のページ

豆の木になりそうかも

2017.04.02 16:14 | EDIT

3月25日にタネまきしたエダマメとインゲンとディル(香草)。ここんとこ寒い日が続いていたので発芽がゆっくりだわと油断していたら5日後、こんにちはしてました。(撮影:3/30)
枝豆とインゲンとディル

インゲンの成平(なりひら)。むっくり。
インゲンの成平(なりひら)

エダマメの湯あがり娘。青い皮脱ぎかけてるし。
湯あがり娘

ディルはよーく見ないと見つけられないんだけど、はい、根がでてるんですなあ。
ディル

とはいえ、なあにまだまだ双葉はひらいておらんわい。
と、さらに油断していたら、その2日後。

根っこが網から飛び出してしまってるじゃありませんか。
根が穴鉢からとびだしたインゲンの成平

大慌てで2リットルのペットボトル容器にお引っ越し。

インゲンは、本葉もちらり。
インゲンの成平

エダマメは、インゲンより豆部分が小粒なんだねえ。
湯あがり娘

さ、これでよし。と思ったら、今度はベランダ上空をヒヨドリとハトが旋回してるじゃないですか。
そりゃあそうだ。まだ双葉か豆かみたいな状態ですもんねえ。即、おやつにされそう。

またまた大急ぎでレジ袋を装着。
エダマメとインゲンに袋をかぶせて鳥対策。
ふ~、やれやれ。

それにしても、発芽した豆の生長ってこんなにも早かったかしら。いやもうびっくり。このペットボトルだってすぐに狭くなるかもよ。次に引っ越しする容器のゴミ箱も用意しておかなくちゃだわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

ベランダ風景:東側半分のあれやこれや

2017.03.30 16:47 | EDIT

すこーしばかりあったかいお天気になりましたようで。ベランダがなにやら賑やかです。

こちら、ベランダ東側コーナー。だいぶ、ごちゃごちゃしてますなあ。
ベランダの東側にならんでいる野菜

一番奥にあるのが、苗から育てているアシタバ(水耕栽培)。
アシタバ

新芽登場。これはもうじき収穫できそうです。
アシタバの新芽

そのとなりには、どぎつい顔色の野菜がずらり。チコリのパラロッサで、それぞれ1株ずつ、2リットルのペットボトルにて水耕栽培してます。
チコリのパラロッサ

パラロッサは紫キャベツみたいになる品種なんだそうですが、巻くのかなあ、巻かないのかなあ、微妙な雰囲気。
パラロッサ(紫キャベツみたいになる品種)

ニンニク。土栽培です。
ニンニク
2月に土に埋めたんですが、ほぼ100%芽を出したみたいで、鉢いっぱいになっちまいました。収穫してへらしてやらんといかんでしょう。とはいえ、ニンニクを食べても良い日がなかなか巡ってきませんなあ。

苗からのお初栽培であるヤグラネギ。左が土栽培で、右が水耕栽培です。
ヤグラネギ
冬の間はしょぼしょぼの小さな苗だったけど、だいぶ葉が立ち上がってきました。ヤグラさんができるのはまだかなあ。

ドバーッとあるのがレタス軍団(水耕栽培)。ほっそりしてるのがロマリア、花びらみたいなのが炒チャオです。
レタス軍団
ほぼ毎日摘んではいただいてます。一部、ご近所の友人に押しつけてお裾分けしました。

種から栽培のトマト。大きいのがMr.浅野のけっさく。ちいさいのがブラッディー・タイガー
トマト2種(Mr.浅野のけっさく、ブラッディー・タイガー。)
浅野さんは、もうじき花が咲きそうでほっとしてます。栽培容器は、ゴミ箱。水耕栽培で、液肥が4リットルほど入ってるから、重さは4キログラムぐらいでしょうか。夜は鉢を室内によっこらしょと運ぶのがちと面倒なんだなあ。

3月11日に種まきしたキュウリのテンクワ。本葉がちらり。
キュウリのテンクワ
タイのキュウリで、ミニサイズになるそうな。きっとベランダの灼熱地獄に耐える強靱キュウリかもよ、と期待しておるしだい。

キュウリのとなりには、ベランダの隙間隙間のあちこちに分散させているチコリのプンタレッラと一鉢だけのイタリアンパセリ
キュウリの横にはチコリのプンタレッラとイタリアンパセリ

パセリは、去年の6月に種まきしました。たった一鉢でも長い間便利に使えるんもんですねえ。ありがたや。

室内では、花のキリタタミアナが花盛り。あたたかいので、ちょっと外にだしてみました。
キリタタミアナ

四季咲きの花だそうで、冬も咲いていたけど、今、一層花芽がふえたみたい。春、春、らんらん、ってとこですかね。

ふ~、ちょいとくたびれました。春眠かなあ。(いえいえ、お年頃かもですよ。)
もうちょっと続きを書きたかったんですけど。またあしたにいたしますです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

台風対策えっちらおっちら

2016.08.16 19:55 | EDIT

今夜、台風がやってくるという予報。えらいこっちゃですわ。ベランダ野菜の大移動をいたさねば。
このたびはいつになく始動が早かったため、まだ日のあるうちに室内へ運びこむことができました。

トマトとナスとシソです。(撮影:8/16)
室内に取り込んだトマトやナスなどの株

じつは、背の高い株のほとんどは支柱をせず、ひもで上から吊して栽培していましたので、室内に取り込むと、どうしていいかわからん状態でした。つまり、そのままでは自立できない鉢なのです。
仕方がないから、壁に画鋲をうちつけて、それにひもをかけ固定。カーテンレールにも取りつけたりしました。これでなんとかしのいでもらいましょう。

しかしなあ、このやけに背の高い枝豆(秘伝)は、どうしましょう? 株の背丈が80㎝あまりあるんですけど。
室内に取り込んだ枝豆「秘伝」
この近辺の壁は画鋲を打つことができない仕様なので、ちょうど近くにあった仕事で使っている木製のバー(人形劇用のけこみ)に、これもひもでゆわえました。うん、これでよし。

今、こんな感じで、室内のあちこちに野菜が突っ立ってます。なにやら、みょうな感じ。
ま、観葉植物だと思えばいいでしょう。それにしちゃあ、枝葉がよれよれでパッとしませんけどね。

あのう、じつは全部の鉢を引っ越しできたわけではなく、いくつかは残してしまいました。このミニトマトは、身長が長すぎて室内にいれるのが難しいと判断し、そのままになってます。
残した土栽培のトマトの株
青い実がついているからもったいないんだけど…。こらえてくれい…。

台風どのは、はたしてどのあたりまで来ているんでしょうか。どんより暗い空模様。
空模様
ど、どうかどちらさまにも穏便に通り過ぎてくださいませ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

春だから園芸資材のお洗濯

2016.04.09 17:50 | EDIT

これ、おねしょをしたシーツを干してる風にも見えますなあ。(撮影:4/4)
園芸用ネットの洗濯
じつは、園芸用のネットを洗って干してます。曇り空ですが、まあ、そのうち乾くでしょう。
ほんとはね、めんどくさいから洗濯機で洗おうと思ったけど、破れてもいかんので、ていねいに手洗いいたしましたがな。
ま、柔軟仕上げ剤は使いませんでしたけどね。

自宅に園芸用の資材置き場でもあれば、使い終わったら丸めてそのまましまっておくんですけど、こちらマンションにて物置もなく、室内の洋服ダンスのとなりの箱にしまうほかなく、このような手厚い始末をすることとなりました。

やあ、それにしても暖かくなりました。園芸用ネットは冬の間、ベランダの霜よけと害鳥よけに使っておりましたが、桜が咲くこの季節ですもん、さすがにもういらんでしょう。

取り払ったベランダは、見通しがきいてすっきり。風通しもよくなるかな。
園芸用ネットを取り払ってすっきりしたベランダ
あ、いや、わがやも下の道から丸見えですわ、これ。
ベランダに座り込んで呑気に歯磨きしてるとことか、お茶飲んでるとことか、なんにもしないでぼーっとしてるのなんか、見えちゃってますなあ。ワハハ~。

いつだったかご近所さんから、「あら、何か新しい野菜を植えられたみたいねえ」っていわれましたもん。
トマトでも収穫できたら、お裾分けしてさしあげることにしましょ。差し上げられるほども収穫でるんだかなんだか。どんなもんざんしょ。たくさんできたけど、「ちっとも美味しくな~い」だったりして。ブフフ~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ベランダ風景:葉物野菜あれこれ

2016.02.09 15:57 | EDIT

 先日トマトの後始末をしましたら、ベランダがちょっと広くなりました。いや、たしか広くなったはずなんですけどねえ…。

子持タカナがびろ~んと広がっちゃってます。
子持タカナ
この時期の気候があうんだか、横広がりに伸びて伸びて。そばを通るときにポキッと折ってしまう事案発生。

カキナは、鉢を台の上に置きました。これですと、葉を折る心配がないようです。
カキナ
でも、じきにこれも葉をくりだしてくるでしょうから、ずっと安泰とはいきませんが。

それにしても、カキナはどれくらいの大きさの株になるのでしょう。以前にも育てたことがあるのですが、そのときは小さな鉢だったのでそれなりの小ぶりなもんでした。
このたびは、思い切ってわがやとしては大きめの鉢(直径25センチ)に植えたので、ちょっと想像がつきません。水やりのかわりに液肥(大塚ハウス1号と2号)をたっぷりかけているので、栄養が多すぎるかも。

その点、小さな鉢の植物は吊り鉢にできるので助かります。
こちらは、食用の多肉植物のグラパラリーフ。
いただいた挿し芽のグラパラリーフ

この苗は、去年の7月に、脳天気な我が家のFOXさんから挿し芽の葉をたくさんいただき(当時の記事はこちら)、それがかようにモリモリと育ってくれたのでありました。

いただいた当初は、こんなふうに一枚一枚の葉だったんです。(撮影:2015.7/3)
グラパラリーフの葉を鉢に並べる
へー、約半年でいっぱしのお花みたいな輪郭をもった形になるんですねえ。どうでしょう、そろそろお味見してもいいかしらと、狙ってます。

こちらは、ジャンボイタリアンパセリ。ペットボトルの水耕栽培です。
ジャンボイタリアンパセリ
冬なのに枯れないのかなあ、と思っていたら、パセリは2年草なんだそうで。ということは、去年の2月に種まきをしたので、来年2月までは収穫をたのしめそうです。イエ~イ、もうかったぜぃ!

こちらも同じく水耕栽培で、ペパーミント。
ペパーミント
もうね、ものすごい生命力の植物であります。穴鉢の横からも新芽を出して伸びようとします。まめに枝葉を整頓しないと、そこらじゅうミントだらけになっちゃう。
ミントは、たまに葉を紅茶に混ぜてたのしむくらいなので、少量あれば充分なんだけどなあ。しかも多年草だそうで、恐るべき長生き植物でもあるらしい。し、…知りませんでした。
栽培する前に、よく調べてミントでございましたとさ。(どーも、おそまつ様です。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード