カテゴリ:「ベランダ・室内風景」

»次のページ

台風対策えっちらおっちら

2016.08.16 19:55 | EDIT

今夜、台風がやってくるという予報。えらいこっちゃですわ。ベランダ野菜の大移動をいたさねば。
このたびはいつになく始動が早かったため、まだ日のあるうちに室内へ運びこむことができました。

トマトとナスとシソです。(撮影:8/16)
室内に取り込んだトマトやナスなどの株

じつは、背の高い株のほとんどは支柱をせず、ひもで上から吊して栽培していましたので、室内に取り込むと、どうしていいかわからん状態でした。つまり、そのままでは自立できない鉢なのです。
仕方がないから、壁に画鋲をうちつけて、それにひもをかけ固定。カーテンレールにも取りつけたりしました。これでなんとかしのいでもらいましょう。

しかしなあ、このやけに背の高い枝豆(秘伝)は、どうしましょう? 株の背丈が80㎝あまりあるんですけど。
室内に取り込んだ枝豆「秘伝」
この近辺の壁は画鋲を打つことができない仕様なので、ちょうど近くにあった仕事で使っている木製のバー(人形劇用のけこみ)に、これもひもでゆわえました。うん、これでよし。

今、こんな感じで、室内のあちこちに野菜が突っ立ってます。なにやら、みょうな感じ。
ま、観葉植物だと思えばいいでしょう。それにしちゃあ、枝葉がよれよれでパッとしませんけどね。

あのう、じつは全部の鉢を引っ越しできたわけではなく、いくつかは残してしまいました。このミニトマトは、身長が長すぎて室内にいれるのが難しいと判断し、そのままになってます。
残した土栽培のトマトの株
青い実がついているからもったいないんだけど…。こらえてくれい…。

台風どのは、はたしてどのあたりまで来ているんでしょうか。どんより暗い空模様。
空模様
ど、どうかどちらさまにも穏便に通り過ぎてくださいませ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

春だから園芸資材のお洗濯

2016.04.09 17:50 | EDIT

これ、おねしょをしたシーツを干してる風にも見えますなあ。(撮影:4/4)
園芸用ネットの洗濯
じつは、園芸用のネットを洗って干してます。曇り空ですが、まあ、そのうち乾くでしょう。
ほんとはね、めんどくさいから洗濯機で洗おうと思ったけど、破れてもいかんので、ていねいに手洗いいたしましたがな。
ま、柔軟仕上げ剤は使いませんでしたけどね。

自宅に園芸用の資材置き場でもあれば、使い終わったら丸めてそのまましまっておくんですけど、こちらマンションにて物置もなく、室内の洋服ダンスのとなりの箱にしまうほかなく、このような手厚い始末をすることとなりました。

やあ、それにしても暖かくなりました。園芸用ネットは冬の間、ベランダの霜よけと害鳥よけに使っておりましたが、桜が咲くこの季節ですもん、さすがにもういらんでしょう。

取り払ったベランダは、見通しがきいてすっきり。風通しもよくなるかな。
園芸用ネットを取り払ってすっきりしたベランダ
あ、いや、わがやも下の道から丸見えですわ、これ。
ベランダに座り込んで呑気に歯磨きしてるとことか、お茶飲んでるとことか、なんにもしないでぼーっとしてるのなんか、見えちゃってますなあ。ワハハ~。

いつだったかご近所さんから、「あら、何か新しい野菜を植えられたみたいねえ」っていわれましたもん。
トマトでも収穫できたら、お裾分けしてさしあげることにしましょ。差し上げられるほども収穫でるんだかなんだか。どんなもんざんしょ。たくさんできたけど、「ちっとも美味しくな~い」だったりして。ブフフ~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ベランダ風景:葉物野菜あれこれ

2016.02.09 15:57 | EDIT

 先日トマトの後始末をしましたら、ベランダがちょっと広くなりました。いや、たしか広くなったはずなんですけどねえ…。

子持タカナがびろ~んと広がっちゃってます。
子持タカナ
この時期の気候があうんだか、横広がりに伸びて伸びて。そばを通るときにポキッと折ってしまう事案発生。

カキナは、鉢を台の上に置きました。これですと、葉を折る心配がないようです。
カキナ
でも、じきにこれも葉をくりだしてくるでしょうから、ずっと安泰とはいきませんが。

それにしても、カキナはどれくらいの大きさの株になるのでしょう。以前にも育てたことがあるのですが、そのときは小さな鉢だったのでそれなりの小ぶりなもんでした。
このたびは、思い切ってわがやとしては大きめの鉢(直径25センチ)に植えたので、ちょっと想像がつきません。水やりのかわりに液肥(大塚ハウス1号と2号)をたっぷりかけているので、栄養が多すぎるかも。

その点、小さな鉢の植物は吊り鉢にできるので助かります。
こちらは、食用の多肉植物のグラパラリーフ。
いただいた挿し芽のグラパラリーフ

この苗は、去年の7月に、脳天気な我が家のFOXさんから挿し芽の葉をたくさんいただき(当時の記事はこちら)、それがかようにモリモリと育ってくれたのでありました。

いただいた当初は、こんなふうに一枚一枚の葉だったんです。(撮影:2015.7/3)
グラパラリーフの葉を鉢に並べる
へー、約半年でいっぱしのお花みたいな輪郭をもった形になるんですねえ。どうでしょう、そろそろお味見してもいいかしらと、狙ってます。

こちらは、ジャンボイタリアンパセリ。ペットボトルの水耕栽培です。
ジャンボイタリアンパセリ
冬なのに枯れないのかなあ、と思っていたら、パセリは2年草なんだそうで。ということは、去年の2月に種まきをしたので、来年2月までは収穫をたのしめそうです。イエ~イ、もうかったぜぃ!

こちらも同じく水耕栽培で、ペパーミント。
ペパーミント
もうね、ものすごい生命力の植物であります。穴鉢の横からも新芽を出して伸びようとします。まめに枝葉を整頓しないと、そこらじゅうミントだらけになっちゃう。
ミントは、たまに葉を紅茶に混ぜてたのしむくらいなので、少量あれば充分なんだけどなあ。しかも多年草だそうで、恐るべき長生き植物でもあるらしい。し、…知りませんでした。
栽培する前に、よく調べてミントでございましたとさ。(どーも、おそまつ様です。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

ぐぐっと寒しベランダ風景

2015.12.18 18:31 | EDIT

 こちら東京都青梅市。明朝の最低気温が0度の予報だとか。大丈夫かいなベランダ野菜。室内からベランダ方面を見たら、窓ガラスが曇ってぼんやり。
室内の窓ごしにベランダを見る
室内の水分子が、外の冷たい空気に冷やされてガラスにくっついちゃうんでしょうね。おお、さむっ!ブルブル。

思い切って戸を開け、ベランダをのぞいてみる。
葉物野菜やらエンドウやら
あれこれ並んでますなあ。手前のネットに張り付いているのはエンドウです。

ベランダ側からエンドウの貴笹をみるとこんな感じ。身長40センチくらいでしょうか。まだ花芽はみえてません。
エンドウの貴笹

やや斜め方向から。
やや斜め方向からみたベランダの床
上からぶら下がっているのは、中玉トマトのMr.浅野のけっさく

もうちょっと赤くなったら収穫してもいいかも。
Mr.浅野のけっさく

ときに、ベランダの真横から見ると、歩ける空間がおませーん。
真横から見たベランダ
うーん、ちょいと栽培の株数を欲ばりすぎちゃったかあ。

もの干し竿では、フランネルフラワーがちょっぴり花を咲かせ。
フランネルフラワー

ゼラニウムは花盛り。
ゼラニウム
さすがに夜は花鉢だけ室内に取り込んでます。

…とまあ、そんなこんなのベランダであります。はたして、この寒さで作物はどうなりますやら~♪
なーんて、歌ってる場合じゃないかも?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

冬のご到来 ベランダ風景

2015.11.29 10:45 | EDIT

 出張で名古屋方面へ。行きは新東名高速道路経由にて暖かな駿河湾を眺め、帰りは中央道経由で、夕焼けの富士山を拝見。道路が富士山に向かっているせいでしょうか、車窓から幾度も眺めることができました。
それにしても帰路の寒いこと! 小雪が舞ってましたからねえ。

しかし寒いのは、当方(東京・青梅市)のベランダも同じでした。留守中の最低気温が2度とか3度だったとか。初霜が降りたようで、早朝の散歩をしたら、地面がざくざく。う~、プルプル。

それでも、トマト・Mr.浅野のけっさくが色づいてました。久しぶりの収穫です。留守を見守っていただいたご近所さんにお裾分け。
収穫したトマト(Mr.浅野のけっさく)

横向きにはわせたトマトは、脇芽の背丈が50センチを越えたでしょうか。花芽をつけているので、絵筆で受粉作業をしています。(撮影:11/29)
トマトのMr.浅野のけっさく 脇芽が50センチを越えた
そうそう、フェンスの下の方だけですが、霜よけと鳥よけ用にネットを張りました。少しは役に立ってくれますように。

その下の足もと付近なんですが、いろんな苗がごっちゃごちゃ。
葉物野菜とトマトの苗とエンドウ
手前はエンドウ(笹貴)、トマトの挿し芽苗やらシュンギク、チコリ、カラシナなどなど。

すみっこには、なにゆえか、まだナスのロッサビアンコが残っていたりします。
まだ残ってるナスのロッサビアンコ

右から、ミブナ、イタリアンパセリ。左端なんですが、どうみてもタンポポの葉にしかみえません。こんなのを植えた覚えはないんですけど。チコリを植えたはずなんですけど…いやん。
チコリとイタリアンパセリとミブナ
いずれも、元気もりもり。これぐらいの寒さは大丈夫なのかもしれません。

水耕栽培のミブナ(右)と、小カブやらカラシナやらもつつがなく、といったところでしょうか。
もじゃもじゃの葉物野菜

今年は、いつもの冬野菜(カラシナ、子持タカナ、チコリなど)のほかに、トマトやエンドウなど、今まで冬のベランダにはなかった野菜がならんでいます。どうなりますやら、ちょっぴり冒険です。来月には新年・夏に向けての種まきもいたさねば。
なにやら気ぜわしいばかりで、大掃除も片付けも、まだなーんにもできていませんけど、これだけは完成しております。

フラワーアレンジメントをしている友人に手取り足取りしてもらってこしらえた、クリスマスリース。
クリスマスリース
ケーキも用意せず、美しい飾りものにもぜんっぜん縁が無いわたくしなので、ちょっと気恥ずかしいような…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: ベランダ・室内風景
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード