園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベランダ台風対策

天気予報も気になるけど、「台風」という言葉が気になりました。「風」はわかるけど、「台」ってなんだろう。どういう語源から来ているんだろうと、調べてみたり。
いやいや、そんなのんびりしている場合ではないのだ。ベランダの野菜を引っ越しさせねば。なにしろ月曜が暴風域マークなので日曜に片をつければいいのだが、日曜は朝から出かけて夜遅くの帰宅である。ということは土曜のうちにやりおおせねば。
というわけで、早めの移動作業を開始する。

やっかいなのは、ゴミ箱で栽培しているトマト(Mr.浅野のけっさく)なんだけど、片手で苗の茎を持ち、片手でゴミ箱を抱えて運びましたぜ。液肥がこぼれそうで緊張。でも大丈夫。
あとは天井から紐でつり上げて、どうにか落ち着かせました。は~、は~
ゴミ箱栽培のMr.浅野のけっさくを室内に取り込む。

もっとやっかいなのは、スチロール箱で栽培しているトマトですがな。実がつき始めているので重いんです。
で、でもなんとかかんとか。カーテンレールやら机に棒をくくりつけ、紐で支えました。ぜ~、ぜ~
スチロール箱栽培のMr.浅野のけっさくを室内に取り込む。

ここまでくれば楽勝です。あとは葉物野菜ぐらいのもんですからな。作業机にのせ、すべて完了。やりましたぜぃ。
葉物野菜も引っ越しました。

あ、まだあった。ダイコン。これは土栽培なので室内には運ばず、ベランダの端に寄せておきました。
台風対策でベランダの端に寄せたダイコン

で、最後はこれが残りました。甘トウガラシの甘とう美人が、デーーーンと。
トウガラシの甘とう美人だけは置き去りのベランダ台風対策。
…がしかし、これはもうあきらめるしかありますまい。背丈も横幅も1メートル50センチほどはありますからなあ。

とりあえず、できている大きめの実は確保。
トウガラシの甘とう美人。収穫できるものはすべてとりました。

あとはなんとか、耐えておくんなさいまし。は~、こんなもんですかねえ、できそうな養生は。
そういえば以前、ご近所のおばちゃまな方が「台風はね、私が家で、でーんと座っているから飛ばされないよ」とおっしゃって笑わせてくださってましたっけ。
台風なのにでかけても大丈夫かしらねえ、わがや。(記:10/21 夜)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 08:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内避難の野菜

なにやらお天気は怪しい雲行きのようです。窓を開けると笛をピーピー吹いてるような音とともに風がピューーーーッ。
さすがにこれはイカンだろうと、ベランダの野菜を室内に避難させました。

トマトやバジルなどは作業机の上に。
台風接近に備え、ベランダの野菜を室内に避難

まだあった。シソやイチゴ、ネギは床に。
台風接近に備え、ベランダの野菜を室内に避難

やれやれこれでよし。と思ったら、大きいのが残ってました。

これですわ。トウガラシの甘とう美人。
台風接近に備え、ベランダの野菜を室内に避難

液肥の入ったスチロール箱をやっとこさ室内に運んだはいいけど、なにしろ株はこんなグニャグニャしたずうたいですからねえ。上から吊るしかありません。カーテンレールにビニール紐をかけてようやっと支えてますのさ。
おかげで、今夜はカーテンが閉められません。(寒い日じゃないし、ま、いいやね。)
ほかにもナスが別室にあったり、トマトが寝床にあったりしています。(ますます狭くなる室内。)

ともあれ1時間もかかったけど、無事全部の野菜を運び込むことができたので、とりあえずホッとしてます。

台風のNORUさん、どうかお静かにお通りなすっておくんなさいましよm(_ _)m

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 19:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆の木になりそうかも

3月25日にタネまきしたエダマメとインゲンとディル(香草)。ここんとこ寒い日が続いていたので発芽がゆっくりだわと油断していたら5日後、こんにちはしてました。(撮影:3/30)
枝豆とインゲンとディル

インゲンの成平(なりひら)。むっくり。
インゲンの成平(なりひら)

エダマメの湯あがり娘。青い皮脱ぎかけてるし。
湯あがり娘

ディルはよーく見ないと見つけられないんだけど、はい、根がでてるんですなあ。
ディル

とはいえ、なあにまだまだ双葉はひらいておらんわい。
と、さらに油断していたら、その2日後。

根っこが網から飛び出してしまってるじゃありませんか。
根が穴鉢からとびだしたインゲンの成平

大慌てで2リットルのペットボトル容器にお引っ越し。

インゲンは、本葉もちらり。
インゲンの成平

エダマメは、インゲンより豆部分が小粒なんだねえ。
湯あがり娘

さ、これでよし。と思ったら、今度はベランダ上空をヒヨドリとハトが旋回してるじゃないですか。
そりゃあそうだ。まだ双葉か豆かみたいな状態ですもんねえ。即、おやつにされそう。

またまた大急ぎでレジ袋を装着。
エダマメとインゲンに袋をかぶせて鳥対策。
ふ~、やれやれ。

それにしても、発芽した豆の生長ってこんなにも早かったかしら。いやもうびっくり。このペットボトルだってすぐに狭くなるかもよ。次に引っ越しする容器のゴミ箱も用意しておかなくちゃだわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 16:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ風景:東側半分のあれやこれや

すこーしばかりあったかいお天気になりましたようで。ベランダがなにやら賑やかです。

こちら、ベランダ東側コーナー。だいぶ、ごちゃごちゃしてますなあ。
ベランダの東側にならんでいる野菜

一番奥にあるのが、苗から育てているアシタバ(水耕栽培)。
アシタバ

新芽登場。これはもうじき収穫できそうです。
アシタバの新芽

そのとなりには、どぎつい顔色の野菜がずらり。チコリのパラロッサで、それぞれ1株ずつ、2リットルのペットボトルにて水耕栽培してます。
チコリのパラロッサ

パラロッサは紫キャベツみたいになる品種なんだそうですが、巻くのかなあ、巻かないのかなあ、微妙な雰囲気。
パラロッサ(紫キャベツみたいになる品種)

ニンニク。土栽培です。
ニンニク
2月に土に埋めたんですが、ほぼ100%芽を出したみたいで、鉢いっぱいになっちまいました。収穫してへらしてやらんといかんでしょう。とはいえ、ニンニクを食べても良い日がなかなか巡ってきませんなあ。

苗からのお初栽培であるヤグラネギ。左が土栽培で、右が水耕栽培です。
ヤグラネギ
冬の間はしょぼしょぼの小さな苗だったけど、だいぶ葉が立ち上がってきました。ヤグラさんができるのはまだかなあ。

ドバーッとあるのがレタス軍団(水耕栽培)。ほっそりしてるのがロマリア、花びらみたいなのが炒チャオです。
レタス軍団
ほぼ毎日摘んではいただいてます。一部、ご近所の友人に押しつけてお裾分けしました。

種から栽培のトマト。大きいのがMr.浅野のけっさく。ちいさいのがブラッディー・タイガー
トマト2種(Mr.浅野のけっさく、ブラッディー・タイガー。)
浅野さんは、もうじき花が咲きそうでほっとしてます。栽培容器は、ゴミ箱。水耕栽培で、液肥が4リットルほど入ってるから、重さは4キログラムぐらいでしょうか。夜は鉢を室内によっこらしょと運ぶのがちと面倒なんだなあ。

3月11日に種まきしたキュウリのテンクワ。本葉がちらり。
キュウリのテンクワ
タイのキュウリで、ミニサイズになるそうな。きっとベランダの灼熱地獄に耐える強靱キュウリかもよ、と期待しておるしだい。

キュウリのとなりには、ベランダの隙間隙間のあちこちに分散させているチコリのプンタレッラと一鉢だけのイタリアンパセリ
キュウリの横にはチコリのプンタレッラとイタリアンパセリ

パセリは、去年の6月に種まきしました。たった一鉢でも長い間便利に使えるんもんですねえ。ありがたや。

室内では、花のキリタタミアナが花盛り。あたたかいので、ちょっと外にだしてみました。
キリタタミアナ

四季咲きの花だそうで、冬も咲いていたけど、今、一層花芽がふえたみたい。春、春、らんらん、ってとこですかね。

ふ~、ちょいとくたびれました。春眠かなあ。(いえいえ、お年頃かもですよ。)
もうちょっと続きを書きたかったんですけど。またあしたにいたしますです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 16:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風対策えっちらおっちら

今夜、台風がやってくるという予報。えらいこっちゃですわ。ベランダ野菜の大移動をいたさねば。
このたびはいつになく始動が早かったため、まだ日のあるうちに室内へ運びこむことができました。

トマトとナスとシソです。(撮影:8/16)
室内に取り込んだトマトやナスなどの株

じつは、背の高い株のほとんどは支柱をせず、ひもで上から吊して栽培していましたので、室内に取り込むと、どうしていいかわからん状態でした。つまり、そのままでは自立できない鉢なのです。
仕方がないから、壁に画鋲をうちつけて、それにひもをかけ固定。カーテンレールにも取りつけたりしました。これでなんとかしのいでもらいましょう。

しかしなあ、このやけに背の高い枝豆(秘伝)は、どうしましょう? 株の背丈が80㎝あまりあるんですけど。
室内に取り込んだ枝豆「秘伝」
この近辺の壁は画鋲を打つことができない仕様なので、ちょうど近くにあった仕事で使っている木製のバー(人形劇用のけこみ)に、これもひもでゆわえました。うん、これでよし。

今、こんな感じで、室内のあちこちに野菜が突っ立ってます。なにやら、みょうな感じ。
ま、観葉植物だと思えばいいでしょう。それにしちゃあ、枝葉がよれよれでパッとしませんけどね。

あのう、じつは全部の鉢を引っ越しできたわけではなく、いくつかは残してしまいました。このミニトマトは、身長が長すぎて室内にいれるのが難しいと判断し、そのままになってます。
残した土栽培のトマトの株
青い実がついているからもったいないんだけど…。こらえてくれい…。

台風どのは、はたしてどのあたりまで来ているんでしょうか。どんより暗い空模様。
空模様
ど、どうかどちらさまにも穏便に通り過ぎてくださいませ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ベランダ・室内風景 | 19:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT