お初栽培のヤグラネギ:テキトーな植え替え

2017.04.22 17:48 | EDIT

苗から育てておりますヤグラネギ。左が水耕栽培の株で、右が土栽培の株です。(撮影:4/21)
ヤグラネギの水耕栽培と土栽培の株

どちらも生長ぐあいはあまり変わらんように思います。若干水耕の方が太くてしっかりしてるでしょうか。

葉の先端には、ヤグラ部分が首を持ち上げてました。
ヤグラネギのヤグラ部分。

水耕栽培の容器の底をのぞいてみると…。うひゃ、根が出ておる! しかも、ばっちい! 
水耕栽培の株は容器から根が飛び出していた

ま、しかたありません。あまりお世話してなかったから、藻が発生し放題ですわ。

ともあれ、植え替えせにゃあ。
えーっと、まずは、パソコンをつけ、ヤグラネギのお師匠さん:ミーママさんのブログまりちゃんのベランダ水耕栽培を開き、さらにブログ記事「私の春からの目標とヤグラネギの植え替え 」へ。
これで準備万端。さて、あとは記事を拝見しつつ順番に作業していけばいいのだ。わー、簡単。

さっそく、容器からバーミキュライトをかきだし、苗を水道でざっと洗い落としてみました。こんなもんでどうじゃろ。
バーミキュライトを払い落としてるところ。

一鉢に6本ほど固まっていたので、分割することにしました。

とりあえず、2本ずつのを2組作り、2鉢に分けて植えてみました。
植え替えした水耕栽培のヤグラネギ

使う鉢は、今まで苗が入っていたのを、再利用できるんだそうな。これもミーママさんの記事にかかれていたことです。
だいぶ使った鉢なので、傷がついてもいいからとステンレスタワシで洗ったら、案外きれいになりました。へー、です。
容器の汚れを洗い落として再利用

使用するもう一鉢は、古くなった鉢にハンダごてで穴をあけて使うことにしました。あら、穴がタコのの吸盤みたい。
鉢にハンダごてで穴をあけて水耕栽培用に使います

残りの1本ずつは、ペットボトルへ。ところが、茎の白いところが容器から出てしまうので、ファイルを挟むシートを切って巻き、バーミキュライトを入れて埋めこんでみた。どんなもんじゃろか?
1本ずつペットボトルに植え替えたヤグラネギ

つづいて、土栽培の株分けに取りかかる。
こちらは一鉢に4本だけだったので、大きめの鉢に全部同居させてしまいました。ま、いいいか。
170422_yaguranegi_8133.jpg

さあて、ヤグラネギはこれにて2鉢から5鉢に増殖したことになりますな。今後さらにヤグラ部分を取れば、またまた苗がふえるという寸法なんでございますが、はたしてうまいこといきますかどうか。おったのしみ~。

えーっと、すべてめでたく植え替え完了って思ってたら、しまった!
うっかり葉っぱを2枚折ってしまったんでした。あ~あ、もったいなあ。
植え替え中に折れてしまった2枚の葉
もちろん、食べます。やったー、おかげさんで試食できるってもんですわい~♪

【ちょいとひとこと】
●ヤグラネギの植え替え方法につきましては、ミーママさんがブログにお写真入りで丁寧にご紹介くださっています。
●ヤグラネギ購入して、ベランダに苗を植えた日:2016年9月9日。(今、7ヶ月が過ぎたところなんだなあ。ふむふむ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ネギ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

タネから栽培のちゃんこネギ:残りの皮算用

2017.04.19 18:33 | EDIT

ネギの青いところがわかれる(分けつ)タイプのちゃんこネギ。おかげさんでうちでは、1株から青い部分を5~6本収穫できて、とっても長持ちしております。
さて、こうしてどんどん食べ尽くし、そろそろネギ坊主もでましたぞというあたり。

はい、こんな感。だいぶ短いです。
だいぶ食べ尽くしたちゃんこネギ

こうなりますと一気に収穫できるチャンスです。ふだんはちょびちょび切って薬味にしてるけど、ここぞとばかりにペットボトルから中身を全部抜き取って「ぬた」にしますのさ。
ちゃんこネギのぬた

いつもは青い葉だけですが、このたびは下の白い部分も微量ではありますが一緒にいただけるんでございます。
はあ~、おいしいですなあ。しみわたります。

そうそう、せっかくだからこの白い根っこも食べられたらいいのにと思うんですけどねえ。
水耕栽培をしているちゃんこネギの根
水耕栽培なので土も付着しておらず、キラキラ輝いてみえます。ちょっとかじってみたら、案外固くて味は特にしませんでした。ほう、それならきんぴらにしたらどうだろう、なーんて思ってみたりしましたが、どんなもんですかねえ。

さて、ちゃんこネギは、残りペットボトル3本分となりました。あと何日くらい食べられるんでしょう?
ペットボトルで水耕栽培のちゃんこネギ

皮算用をしてみる。
タネまきは、去年の9月2日。スタート時は、全部でペットボトル7本分あり。収穫を始めたのが12月頃だったと思うので、約4ヶ月あまりで4本分を食べたことになります。一ヶ月に1ペットボトルの消費量なわけだ。
とすると7月頃には平らげてしまうことになるけど、いや、それより前に終わっちゃうでしょうな。ネギ坊主さんが登場するでしょうし、麺類を食べるから薬味としての出番も増えることだろうし。あっという間になくなっちゃうかも…。

あ、でも、なくなってもだいじょうぶ。お次はヤグラネギにご登場願いましょう。

こちらまもなく脱皮の様相。ぴちっと張り付いた薄皮。この透け感がなんともはや。カマキリでも飛び出してきそうですが。
4/18 ヤグラネギ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ネギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

アシタバの固い葉は食べられるのか

2017.04.18 17:32 | EDIT

昨年9月にホームセンターで買った苗から育てているアシタバ。ザルにバーミキュライトを入れて苗を植え、水耕栽培をしています。(撮影:3/17)
3/17 アシタバ

3月30日。
冬の間、葉っぱは容器の下に向かって生えていましたが、暖かくなってきたせいか上に向かって生えるようになりました。
3/30 アシタバ
やれやれよかった。これであまり場所をとらずにすみそうです。

ところで、アシタバはこんなふうに葉が若くて柔らかいうちに収穫するものなんだそうですが、残っている古くなった葉は食べられないもんかなあと気になってしまいます。もったいないなあって。
3/30 アシタバ

そこでこのたび、思い切ってその固い大きな葉を収穫してみようという暴挙にでました。

こちら、大きな葉を散髪したあとのアシタバの株。じつにすっきり~。(4/17)
4/15 大きな葉を収穫したあとのアシタバ
ま、さすがに1枚は残しておきましたが。

大きな葉を洗う。緑色がなかなかに美しい。
4/15 アシタバの大きな葉

とはいえ、かじってみるとやはり固く苦い葉っぱである。いったいどうしたもんかのう。

とりあえずチンを長めにした。水にとり、細かくきざむ。で、次、どうしよう?
炒めてみるか。ごま油とみりんと酒、だしをプラス。

いちおうできましたけど。
4/15 ごま油で炒めたアシタバの大きな葉

恐る恐るとお味見。
ほ~、少々舌触りがざらっとしてよろしくないけど、苦みも頃合いだし、うん、なかなかにいけるじゃないか。
ちょいとしたつまみ的な味わいである。ご飯におのせしてもよいぐあい。
なーんだ、これなら大きな葉もじゅうぶんに食べられるじゃん。
ではでは、これかは安心してどしどしいただくことにしましょうぞ。

ところで、アシタバは今まで。「新芽の茎」のところが割れてさらに新しい芽がでるのだとばかり思っていたのですが、どうもそれだけではないようです。
古くて固い葉の茎のところからもまた新しい芽ができていくみたいなんです。

4月15日。左がその古い葉で、茎の途中にこぶのようなものができています。
4/15の新芽のようす

その3日後(4月18日)。こぶが起き上がり、すでに葉っぱの姿になっちゃってました。
その3日後(4/18)の新芽のようす

そして、その右側にある新芽の茎も割れてまたまた新しい葉がお出まし。

根元からも続々若い葉が。
根元からも新しい芽が

どうやらうちのアシタバは、だんだんと「明日にはえる葉」に近づいているようです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - アシタバ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

ヤグラネギの春

2017.04.14 21:31 | EDIT

苗から育てているヤグラネギ。冬の間、ヒトデのように地面にはいつくばっておられました。
3月6日。
3/6 ヒトデのようなヤグラネギ

それがそれがただ今は、つんつんと葉が茂り、たいそう賑やかになってます。(4月12日)
4/12 たくさん葉っぱがはえてきたヤグラネギ

そして、根元の中央付近から、万年筆みたいなとんがり頭が登場。
4/12 ヤグラネギ やぐらのスタート?


二日後。ピーンと張った皮の向こうがちょっと透けて見えるような感じに。(4/14)
4/14 中身が透けて見えるようになったヤグラネギ

そんなとんがり頭が、他にも2本おでましのようです。
4/14 ヤグラ部分が3本になりました

へ~、ヤグラ祭りってこんなふうにスタートするんですね。お初栽培なもんで、たのしみたのしみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ネギ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

水耕栽培のレタス・レタス・レタス

2017.04.07 20:32 | EDIT

11月27日にタネまきしたレタスのロマリアと炒チャオ(ちゃおちゃお)。外側の葉を数日おきにちょこちょこ摘み取って収穫していたのだが、暖かい陽気になって花が咲きそうな気がするんである。気がするだけで咲いたわけではないのだが。
しかも、すぐそばにあるトマト苗の背丈がすでに50センチほどに育ち、ベランダが非常に窮屈になってしまってる。つまり、レタスはトマトに場所を明け渡さねばならんという関係になっております。急げ、レタス収穫!

【4月4日】
朝のレタス収穫。ネギもちょびっと。
4/4 朝のレタス収穫

夕方のレタスとチコリ収穫。
4/4 夕方のレタス収穫

そのまんま切るだけサラダ。
4/4 レタスを盛り付けただけのサラダ

【4月5日】
朝のレタスとチコリとネギ、イタリアンパセリもちょびっと収穫。
4/5 朝のレタス収穫

洗って切って盛り付け終了。
4/5 レタスを盛り付けただけのサラダ

昼の収穫。
4/5 昼 レタスとチコリの収穫

お皿が変わったぐらいで、調理は一緒の手早くさっさ。
4/5 昼 レタスとチコリを盛り付けただけのサラダ

夕方の収穫。なぜか少なめにとってしまった。
4/5 夕方 レタスとチコリを収穫

ざくざく切って盛り付けてきとう。
4/5 夕方 レタスとチコリを盛り付けてだだけのサラダ

これではいかん。こんな微々たる収穫では追いつかんではないか。いっそ株ごと収穫しようと思い立ち、まずはチコリのこの2株を選出。
4/5 夕方 チコリを株ごと収穫
根元からバッサリ切って冷蔵庫へ保存。あ~あ、せっかく今まで〝ベランダから即食卓へ〟をモットーにしていたのにぃ。(いえいえ、そんなスローガンを立ててなんかいませんでしたけど。)

じつは、チコリを栽培している容器のペットボトルが急ぎ必要になってしまったということもあるのでした。エダマメが育ってきたので植え替えに使いたいというわけ。つまりチコリがエダマメに容器を明け渡さねばという事情もございまして。

【4月6日】
朝。残っているレタス軍団はこんな感じ。
4/6 まだ残っているレタスの軍団
まだけっこうあるなあ。

右側のフェンス下がトマトの苗軍団となっております。
4/6 左側がレタスとチコリ右側がトマトなど
ありゃりゃ、これじゃ通路がありませんがな。

もう一踏ん張りじゃ。このあたりのレタス4株を一挙収穫といこう!
4/6 レタスの株ごと収穫

【4月7日】
そして今、ここ。
4/7 水耕栽培のレタス
ふ~、なんだか気ぜわしいです。

春は野菜がよく育つ時期でもあるのでしょう。みな一斉にニョキニョキするもんだから、どうにも追いつかんことになりました。栽培計画ってむずかしいなあ。
もうちょっとゆっくりちょびちょび収穫して味わいながら楽しみたかったんだけどなあ。

そもそも、4月は休みがとれませず、家にこもって机仕事と稽古にもくもく。ベランダの整理整頓やらはどっかいってます。でもでも、水やり・液肥補充とちょいと散歩はできるんで、ありがたいことであります。
外回りのお仕事の方は大変だなあ。たぶん夜遅くにこっそりベランダ探索をなさるにちがいないもの。

…てなわけで、レタスとチコリ、おかげさんで毎食もりもり食べてるから、きっと全身緑色になっちまうのじゃ。
カエルかカマキリになれるかもだわ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - レタス
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード