FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ごみ箱寄せ植え」と「ペットボトル1株植え」

チコリを2種類の鉢に植えました。一つは、ごみ箱容器に4株。もう一つは、2リットルのペットボトルに1株ずつです。まあいってみれば、一部屋に4人の雑魚寝暮らしと、小さいながらも一軒家育ちと、はたして、どちらがよく育つでしょう、みたいな。

こちらが、チコリ4株入りのごみ箱です。(奥の2株がプンタレッラ。手前の左がパラロッサ、右がカステルフランコ。)
3/4 ごみ箱容器に4株のチコリ。

きっちきちですなあ。それでも、奥の株、プンタレッラの中央部を収穫したら、わりに大きなのがとれました。
3/5 収穫したチコリのプンタレッタ

さて、ペットボトルで1株育ちのほうはどんなもんでしょう?
私の予想は、小さくたって一軒家なんだから、ごみ箱育ちよりは大きな株に育つんじゃないかと思うのですが。

結果は…。
広い葉になるタイプのチコリは、ごみ箱育ちとほぼにたような大きさになりました。
3/2 チコリのパラロッソ

一方、細い葉のプンタレッラは、なかなか大きくならず。

4月11日になっても、これくらい。
ペットボトルのチコリ

中心部分を収穫してみたけど、もうだいぶ固くて、可食部分がちょっぴりになくなってました。
ペットボトル育ちのチコリ。収穫した中心部分。

根が痛んでるのかもと、のぞいてみたら、茶色のところもあるけど太めだし、まだいけそうではあります。
ペットボトル育ちのチコリの根

うーむ。こうしてみると、葉が細いプンタレッラは、2リットルのペットボトル栽培は向かないのかもしれません。
次回は、ごみ箱で育てることにしましょーっと。

ところで、ごみ箱のプンタレッラを全部切り取って食べてしまったのですが、その跡地から、脇芽が生えてきましたよ。(撮影:4/1)
収穫後のチコリの跡地から、新芽あらわる。

根もきれいみたい。
水耕栽培のチコリの根。

チコリは多年草だそうですから、まだまだお元気にお過ごしできちゃいそうであります。

ところで、細い葉のプンタレッラですが、収穫した中心部分はほぼ苦みなく食べられますが、そのまわりの葉っぱが気になりますのさ。ずっとボツにしてたんだけど、なんだかなあ、もったいないしなあ。

ちょいとかじってみたら、緑色の葉はかなり苦いけど、その下の白い茎は大丈夫。なあんだ、食べられるじゃん。
3/31 収穫したチコリ。プンタレッラ。

というわけで、部位によって使い分けることにしました。一番下の白くて太い茎は単独で酢味噌和えに。葉にちかい細くなってる茎は、他の野菜と混ぜてサラダに。
収穫したチコリのプンタレッタ。サラダにする。

これで、だいぶ“もったいない”が少なくなりました。イエ~イ!
(でも、緑色の一番ビタミンとか栄養がありそうな葉はボツにしてるわけです。ああ無念。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギ、消費週間。

花芽がでそう。いやその前に食べきるんじゃ~。そんな収穫急げや急げ状態になっておりますネギ。
ネギは、全部で6個のペットボトルに植えて水耕栽培しています。

あれは、3月29日。太めのネギだけを選んで収穫してました。
3/29 ちゃんこネギ(水耕栽培)

しかし、これっぽちではらちがあかんでしょう。

4月1日。思い切ってペットボトル1個分丸ごと収穫。ドーン!
4/1 収穫したたちゃんこネギ

味噌汁の具になり、諸々の薬味というかなんにでもふりかける、ネギ。

残りは、5個のペットボトル分です。ちょっと安心。
4/1 水耕栽培のちゃんこネギ

4月2日。引きつづきペットボトル1個分、ドーン。
4/2 ネギの収穫。ペットボトル1個分。

さすがに、どうしましょ、こんなにたくさん。そこで、一度にどっさりネギを使える料理をネット検索。ありました、「ネギ味噌」(油で炒めたネギの青いところ+味噌+みりん+砂糖+酒)。

さっそく調理。できましたけど、こ、これでいいんだろか。なにしろ初めて作ったもんで。
4/1 ネギ味噌を作る。

甘くてしょっぱい味。ご飯がすすむ君的な味。お弁当のおかずっぽい味。で、よかったかなあ。
ネギ味噌の使い方は、冷や奴にのせる、焼いたお肉に添える、和え物の衣…などだそうであります。

なお、ネギの白いところは焼きネギにでもと思ってたのに、ええいめんどうじゃ~、白ネギ部分をチンしてネギ味噌で和えてしまえーとなり、できましたのが、こちら。
4/2 ネギ味噌をチンしたネギとあえてみた

はい、それでも美味しくいただきましたです。

ですが、ネギ味噌はたくさんネギを使って作れたけど、食べるときは味が濃いので少量ずつだから、少量ずつしかなくならんのでしたあ。ワハハです。

4月5日。こりずにペットボトル1個分。(残りペットボトル2個分。)
4/5 ちゃんこネギの収穫
これは、鍋に入れることにします。

そして、例のネギ味噌ですが、ヒヨコ豆を蒸したので、まぶしてみました。
4/5 ネギ味噌と和えたひよこ豆

ちょっとおつな味かも。唐辛子を加えたら、よりいっそう肴になりました。

さて、残りのネギは、密集させたみたいでだいぶ細いです。
4/2 密集させすぎたか細いちゃんこネギ

こんなに細くても、花芽はできるもんなですねえ。
ネギの花芽。

今までのところ、花芽ができたネギは5本くらいです。
でも、きょうあたりはぐっと暖かくなりましたので、ネギ坊主化はいっそう進むことでしょう。
ネギネギ消費、ますます急げ、であります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタス色々

ただ今、おとりこみ中につき、室内が寒くなりますことをご容赦ください、なのであります。

ほらね、机の上が満員御礼でありまして。(撮影:3/29)
3/29 室内にとりこんだ野菜あれこれ

これらの苗をベランダと室内に出し入れするたびに、家の中にヒューッと冷たい空気がはいりこむんです。ひえ~!
まだまだ寒いですわ。

それでも、レタスなどはわりあい元気で、発芽したときはどの種類もリボン型の双葉だったけど、それぞれ特徴のある姿になってきました。

黄緑色でふわっふわに柔らかい葉っぱ、「美味タス」。
レタスの美味タス

とがったごわごわな葉の「ハンサムグリーン」と、赤紫っぽい「ニュー赤サラダ」。
レタスのハンサムグリーンとニュー赤サラダ

また、こちらはレタスじゃなくてオオバコの一種だという「エルバステラ」が上の段。中段が、からし菜の「パーマグリーン」。その下はシソです。
シソとパーマグリーンとエルバステラ

そして、葉もの野菜の中で一番茂っているのが、ルッコラ。
ルッコラ

ただし、もれなくアブラムシがうろうろ。このまま室内に取り込んだら、アブラムシもますます元気になりそうなんで、ルッコラだけは外におきっぱなし。室内にいれていたときよりは、アブラーの繁殖が少ないようで、まあまあホッとしてます。

そうそう、野菜だらけの当ベランダですが、花が1種類だけありまして、その「キリタタミアナ」が、えらくよく咲いてるんですわ。
キリタタミアナ

四季咲きだそうですので、まあ、真夏以外はいつでも咲いてるようなもんなんですが、こんなに花数が多いのは珍しいです。おかげさんで、室内にいながらにして、ちょっとしたお花見気分。あと、ビールとつまみがあれば万々歳♪です。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギに花

水耕栽培のネギ。根元をおおっていたボール紙を引き上げてみたら、白いところがけっこうな長さになってました。
ネギのボール紙で囲った部分が白くなりました

そして、こちら、ネギ坊主さん。(撮影:3/25)
ネギのつぼみ

きましたねえ、春が。
とっとと食べないと、固くて木みたいなおネギになりそうです。

急ぎ、収穫。といっても、とりあえず、ペットボトル1個分に植わっていた分だけですが。
収穫したネギ(水耕栽培)

あ、しまった、白いところを残したまま切っちゃったよ。もう全部収穫するっていうのにさ。
水耕栽培のネギの根

調理は、酢味噌和えと、豚のモツと一緒に炒めました。
ネギの調理

がしかし、まだ、だいぶ青いところが残っておるんだなあ。
まだ残ってる葱の青いところ

えーっと、まあ、次なる調理法は、明日考えることにいたしましょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 21:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長持ちレタスのハンサムグリーン

9月19日に種まきしたレタスの「ハンサムグリーン」。他のレタスは2月12日に撤収してしまったのに、まあだお元気でありまして。
レタスのハンサムグリーン(水耕栽培)

葉が以前より小さくはなりましたが、枯れるふうでもなく、花芽ができているわけでもなく。
アブラムシがうろついているレタスのハンサムグリーン。

玉になるレタスだと葉っぱが変な風に入り組んで倒れてしまうけど、ハンサムグリーンは、葉ボタンのように開いていくタイプなので株が安定しています。しかも、葉の水分が少ないみたいで固めです。口当たりがバサバサするともいえるんだが、おかげで丈夫で長持ちしているのかもしれません。

でもね、根元付近の黒い点々がご覧いただけたでしょうか。
はい、アブラムシです。じつは、葉の中心部にオソロシイほど蔓延しておるんでございますよ。閲覧禁止状態ですな。
もうね、水で株ごと洗っても洗ってもわさわさ増殖。もはやわたくし、ヤツを育てているとしか思えまへん。
はい、降参。撤収じゃあ。

洗って、洗って、やっときれいになりました。(と思う。)
レタスのハンサムグリーン。

最後の収穫、たのしんでいただきますぞ。

なお、レタスはすでに次世代が育ちつつあります。

左が「ハンサムグリーン」。右が「美味タス」。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

赤っぽいのが「ニュー赤サラダ」。右はじの双葉は、からし菜の「パーマグリーン」。
レタスのニュー赤サラダとパーマグリーン

「ルッコラ」もお育ち中。
ルッコラ。

いずれもまだ小さいけど、春から夏までの葉物野菜として期待しておおいにおるしだい。
(アブラムシに見つからんことを祈る。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT