チコリの「パラロッサ」おしまい

2017.05.11 20:12 | EDIT

去年の11月3日に種まきしたチコリのパラロッサ。3月頃からぼちぼち収穫しはじめ、近頃では一日に5枚くらい切り取り、サラダに混ぜていただいてます。

それでも、葉っぱがあるからまだまだいけそうな感じです。
チコリのパラロッサ ペットボトルによる水耕栽培

でもねえ、花芽ができはじめたようなんですわ。
チコリの花芽がつくられつつある

そうだ。この花芽のところだけを切り取って収穫し、残った周りの葉はおいおい食べていけばさらに長く楽しめるんじゃないだろうかともくろんでみたのです。
花芽ができちいた中心部分をつみとったチコリの株

チコリは多年草だそうですので、たぶんこのままにしておいたら根元から新しい脇芽が伸び、またワシャワシャと茂ることでしょう。

けれど、ばっさり全部おしまいにしました。
全部で4株。最後のチコリ。

といいますのも、日が高くなり、南向きのベランダにはお日様が半分くらいしか入らなくなってしまったのです。日当たりがかろうじて良好の一等地はトマトやイチゴが占め、チコリはおこぼれの反射光ぐらいしかもうあたらなくなるのでした。そうなると、アブラムシがはびこり、いじけた株になりそうなんだなあ。
よーし、元気な今のうちに収穫してしまおうじゃないかと思ったのでした。

ですが、いったいどうやって食べりゃいいんかいな、こんなにどっさりのチコリ。
洗って袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れることにしたが…

とりあえず、洗って袋に入れて野菜室にほうりこんだけど。何日で食べ終わるんだろうか。
チコリは苦みが旨味でもあるけど、キャベツの千切りみたいに、もりもり食べるってもんでもないしなあ。

前に、チコリを大量消費してみたくて、フキノトウの味噌炒め風にしてみましたらば、それがまあ、思いっきり苦かったです。食べきりましたけど。あれは「良薬口に苦し」というか、なんかもうお薬感満載でしたな。
きっと、サラダに「添える」とか、焼き肉を「ちょっと」巻くくらいがいい感じなのかもしれませんね。
ま、ちょいとずつ、ぼちぼち食べていくことにしましょーっと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - チコリ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

夏用のちょっとした葉物野菜

2017.05.07 16:05 | EDIT

夏はトマトやキュウリを収穫するつもりでいるけれど、こんな小さなベランダで毎日とれるはずはなし。そこで、葉物野菜も種まきした。あったかいから育ちは早かろう。葉を食べるのだから、双葉以上に育ちさえすれば、いつでも可食。即戦力ですな。

4月29日の種まきから1週間後。
左側のリボンみたいな双葉がレタス(ロマリアと炒チャオ)。右側の小さいのがクレソン(種は、鳥取の岩美ミーコ様より頂戴したお品)。
クレソンとレタス

クレソンて、種もだけど、双葉も小さいんだねえ。消えてしまいそうである。
クレソンの双葉
サラダのお供にしてみたいんだが、うまく育ってくれるだろうか。

バジルとシソ。3月にも種まきしたけど、外に出しっぱなしにした日が続いたせいか全滅。今度こそ、なんであります。
バジルとシソ

バジルは大きな葉になるボロッソナポリターノ。
バジルのボロッソナポリターノ
大きい株に育つタイプだからか、とても丈夫で秋口まで長く栽培できるのがうれしい。

パープルバジル。
パープルバジル
うちのベランダでは、小さな株になり、育ちも弱々しいです。香り強め。彩りが賑やかになるのが魅力かなあ。

香り大葉シソ。
香り大葉シソ
「香り」とついているけど、香らないシソというのもあるんだろうか?と、つっこみをいれてみたりしてますが。

天神赤シソ。
天神赤シソ
なるほどうっすら赤紫がかってる。緑色の香り大葉シソと比べて発芽率が低かったので、まきなおしました。

それにしても、みな薬味的な葉物野菜ばかりで、食べ応えのあるものがないですねえ。空心菜とかツルムラサキ、モロヘイヤにも憧れますが、少量の収穫量ですと、加熱したら小皿にほんのちょっぴりのつきだし的存在になりそうです。
てなわけで、少量で充分よろしい役目をはたす薬味野菜でヨシといたしましょうぞ。

おお、そういえば先日までアブラムシの巣窟と化したルッコラ(種は、サキの栽培奮闘日記のサキさんからいただきました)ですが、いつのまにか爽やかな緑色をして風にそよいでいました。
ルッコラ
葉が大きくなってしっかりしてきたから、アブラムシのお口に合わなくなったんでしょうか。それともテントウムシの幼虫の勤勉な働きによるたまものでありましょうか。
もうだめかもって思ったけど、あきらめなくてよかったです。
な~んにもお世話してませんけど、どうにかなってるみたいでありがたや。この勢いでぜひ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ルッコラとクレソン
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ルッコラに苦戦

2017.04.28 19:54 | EDIT

3月4日にルッコラの、ロケットとコルチバータとセルバチカエクストラの3種類を種まきしました。それがまあ、なんともはや、むずかしい。

3月30日ごろまではすくすく育っておったんです、こんな感じでね。
3/30 種まきして26日後のルッコラ

それが暖かくなるにつれ、アブラムシがどんどんふえてまいりまして、どうにもこうにも。

4月26日。とりあえず、ポットごと水道の水を上からジャージャーかけてみましたが。また翌日にはおそらく軍団は復活してるんだろうなあ。そんなもんでビビる方々じゃあございませんでしょうし。

ともかく、シャワー後のいくらかさっぱりしたルッコラ一門をご覧くだされたし。

左の縦2列がコルチバータで、その右側一帯がロケットです。
4/26 ルッコラのコルチバータとロケット

ロケットはまだそれでも葉が大きくなっているんですが、コルチバータがちっとも育たん。

セルバチカエクストラにいたっては、ほぼ壊滅状態。
4/26 ルッコラのセルバチカエクストラが全滅

冬にコルチバータを栽培したときは、こんなふうにわりとよく育ってたんですけどねえ。(撮影:2/27)
2/27 ルッコラコルチバータの最後の株姿

アブラムシがご活躍する春の葉物野菜はむずかしいのかもしれません。といっても、苦みのあるチコリにはアブラムシがほとんどいないところをみると、お味のよろしい野菜にとりつきたいということなのでしょう。

あー、もったいなあ。まだ1枚も食べておらんのに。

ふと、葉の裏をのぞいてみましたらば。これ、テントウムシの幼虫ですか?
4/26 テントウムシの幼虫

ははーん、アブラムシが出回れば、テントウムシが張り切るってわけですね。
期待しましょう。ぜひぜひよろしくお願いいたしますぞ。(たった一匹しかおらんけど…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ルッコラとクレソン
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

チコリのプンタレッラを食べ尽くす

2017.04.25 19:41 | EDIT

このところ毎日収獲できているのが、ネギとこのチコリです。(撮影:4/17)
4/17 チコリのプンタレッラ

これはプンタレッラというチコリなんですが、一回に収穫するのは、外側の葉を2~3枚程度で、花芽が出始めたときだけこんなふうに全部収穫しています。

プンタレッラの花芽は、できはじめてからが早い早い。

中心部分にこんもりとしたふくらみができはじめたなあ…と思っていると。
チコリのプンタレッラ 花芽

ビヨーーーーン。しまった、伸びすぎたっ!
チコリのプンタレッラ まわりの葉をのぞいた中心部分

これは周辺の葉を折り取っているのでわかりやすのですが、葉の中に紛れているので見落としてしまうこと多々あり。で、こんなふうに長くなってから気がつくという…。こうなると根元付近が固くてちょっと食べにくいのでした。

これくらいとか。
4/22 チコリのプンタレッラ その中心部分

これくらいがよろしいみたい。
4/19 チコリのプンタレッラ その中心部分

こちらちょいと長くなりすぎちゃったやつですが、その花芽の茎をのぞいてみると、中は空洞になっているようです。
チコリのプンタレッラの中心部分は空洞

この空洞は花芽のところだけかと思ったら、葉がついている茎のところも空洞になっていました。
チコリのプンタレッラ 茎の空洞

どうりで歯ごたえがちょっと変わってるなあと思いましたわ。噛んだとき、ふわっとしてるっていうか、ちょっと押し戻されるような弾力がある。見た目はダイコンの茎みたいだけど、筋ばっている感じがしないのはそのためだったんだなあ。

では、調理。花芽のところは繊維にそってちょっと長めに切りました。ウドの酢味噌和えのイメージで。
チコリのプンタレッラ 中心部分はウドににている

残った外側の葉は、さてどうしよう。こんなにたくさん…。
チコリのプンタレッラ まわりの葉

細かく切ってタッパーに入れよう。食べるときにちょっとずつ取り出してサラダに混ぜればいいや。
チコリのプンタレッラ 葉は刻んでタッパーに

こうして4月22日、プンタレッラは最後の一株を収穫しておしまいになりました。
チコリのプンタレッラ 水耕栽培の根

プンタレッラの種まきは、11月3日。花芽部分の初収穫が、3月25日。そしてこのたびで全7株を食べ尽くしました。おいしかったなあ。爽やかな香りと、シャキシャキな食感が好もしい。チコリのなかで一番好みのお味でした。

ところで、チコリは他にもう1種類、紫キャベツみたいな株姿になる(はずの)パラロッサが残っています。

それが今、こんななんですわ。
チコリのパラロッサ
キャベツというよりはハクサイでしょうな。ざばざばと横に広がりっぱなしで、お邪魔なこと、お邪魔なこと。

くるんと玉になる気配なんて、まるっきりなし。
結球しないチコリのパラロッサ
しかも、紫色のむの字もありません。

冬には、それなりに紫色をしていたんですがねえ。写真は3月13日のパラロッサ。
色が色々なチコリのパラロッサ

どうやら暖かくなってくると、まったく別人のチコリになるもののようです。種まきが11月と遅かったので色鮮やかに巻きあがる時期を逸したみたい。よしっ、今度はもうちょっと早く種まきしよう。

ま、でも食べられないわけじゃないので、このひらひらの葉っぱをちぎっていただくこととにしましょう。キャベツのパリパリした食感とはほど遠いけど、今やネギとこのパラロッサだけが当ベランダで収穫らしいことができているお野菜様ですんでだいじにいたさねば。
あ、どうか、花、まだ咲かないでおくんなさいましよ~。
あれ? チコリって花は食べられないのかなあ?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - チコリ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培のヤグラネギ:テキトーな植え替え

2017.04.22 17:48 | EDIT

苗から育てておりますヤグラネギ。左が水耕栽培の株で、右が土栽培の株です。(撮影:4/21)
ヤグラネギの水耕栽培と土栽培の株

どちらも生長ぐあいはあまり変わらんように思います。若干水耕の方が太くてしっかりしてるでしょうか。

葉の先端には、ヤグラ部分が首を持ち上げてました。
ヤグラネギのヤグラ部分。

水耕栽培の容器の底をのぞいてみると…。うひゃ、根が出ておる! しかも、ばっちい! 
水耕栽培の株は容器から根が飛び出していた

ま、しかたありません。あまりお世話してなかったから、藻が発生し放題ですわ。

ともあれ、植え替えせにゃあ。
えーっと、まずは、パソコンをつけ、ヤグラネギのお師匠さん:ミーママさんのブログまりちゃんのベランダ水耕栽培を開き、さらにブログ記事「私の春からの目標とヤグラネギの植え替え 」へ。
これで準備万端。さて、あとは記事を拝見しつつ順番に作業していけばいいのだ。わー、簡単。

さっそく、容器からバーミキュライトをかきだし、苗を水道でざっと洗い落としてみました。こんなもんでどうじゃろ。
バーミキュライトを払い落としてるところ。

一鉢に6本ほど固まっていたので、分割することにしました。

とりあえず、2本ずつのを2組作り、2鉢に分けて植えてみました。
植え替えした水耕栽培のヤグラネギ

使う鉢は、今まで苗が入っていたのを、再利用できるんだそうな。これもミーママさんの記事にかかれていたことです。
だいぶ使った鉢なので、傷がついてもいいからとステンレスタワシで洗ったら、案外きれいになりました。へー、です。
容器の汚れを洗い落として再利用

使用するもう一鉢は、古くなった鉢にハンダごてで穴をあけて使うことにしました。あら、穴がタコのの吸盤みたい。
鉢にハンダごてで穴をあけて水耕栽培用に使います

残りの1本ずつは、ペットボトルへ。ところが、茎の白いところが容器から出てしまうので、ファイルを挟むシートを切って巻き、バーミキュライトを入れて埋めこんでみた。どんなもんじゃろか?
1本ずつペットボトルに植え替えたヤグラネギ

つづいて、土栽培の株分けに取りかかる。
こちらは一鉢に4本だけだったので、大きめの鉢に全部同居させてしまいました。ま、いいいか。
170422_yaguranegi_8133.jpg

さあて、ヤグラネギはこれにて2鉢から5鉢に増殖したことになりますな。今後さらにヤグラ部分を取れば、またまた苗がふえるという寸法なんでございますが、はたしてうまいこといきますかどうか。おったのしみ~。

えーっと、すべてめでたく植え替え完了って思ってたら、しまった!
うっかり葉っぱを2枚折ってしまったんでした。あ~あ、もったいなあ。
植え替え中に折れてしまった2枚の葉
もちろん、食べます。やったー、おかげさんで試食できるってもんですわい~♪

【ちょいとひとこと】
●ヤグラネギの植え替え方法につきましては、ミーママさんがブログにお写真入りで丁寧にご紹介くださっています。
●ヤグラネギ購入して、ベランダに苗を植えた日:2016年9月9日。(今、7ヶ月が過ぎたところなんだなあ。ふむふむ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 葉菜類 - ネギ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード