FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

葉っぱ「パーマグリーン」のお浸し

「パーマグリーン」は、三池高菜とチリメンカラシナの掛け合わせだそうで。生でかじると、ピリッと辛みが効いた葉っぱ野菜です。
いつもは細かくきざんでサラダにするんですが、きょうは珍しく少し多めにとれました。

うひょー、やったね。
収穫したパーマグリーン

それなら一丁ゆでてみるか。
摘み取ったパーマグリーンの葉をお湯に入れ、あまり時間をおかずに取り出して水で冷やしてから絞って切ってお皿に。
ゆでたらちんまりして分量がへるかと思ったら、中皿に山盛りでした。
ゆでたパーマグリーン

パーマがかかって弾力があるから目減りしないんだろうか。茎もダイコンよりは柔らかいけどしっかり固めです。 
噛むと、すこし辛みをともないつつ野趣のあるうまい汁がピューッ。
ほ~、ゆでるのもなかなかによろしいんじゃないでしょうか。

となると、これくらいまとまった分量を収穫してみたいもんだが、お次はいつになりますかねえ。

刈り取った後がまだこれぐらいですから。
ペットボトルで水耕栽培しているパーマグリーン

そうそう、上の写真はペットボトル栽培組ですが、じつは、ほかにもまだありますのさ。

こちら、キッチンの水きりかご栽培組。
キッチンの水切りかごで水耕栽培しているパーマグリーン

さらに、ゴミ箱栽培組もあり。
ゴミ箱で水耕栽培しているパーマグリーン

どんだけパーマグリーンなんだあ、ですな。
冬に元気な葉物野菜はありがたい。ぜひぜひ、遠慮無く育ってくだされ。あたりに黒い点々のフンを散らかしてるアオムシに負けてたまるか。あたしゃ、ムシャムシャいただきますぞお。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギの白いののび~る作戦

そういえばその昔、「鉄棒にぶらさがると身長が伸びる」とかなんとかいうウワサがありましたっけ。うそかまことか、なんでも試してみないことにはわかりません。
このたびは、9月に種まきしたネギ。水耕栽培です。その白いところを伸ばしてみようともくろんでおりますが、はてどんなもんでしょうか。

まずは、厚紙でネギの根元付近をおおってみましたのが、11月4日でした。

それから2か月後。(撮影:1/3)
密集栽培のネギと1本栽培のネギ

その厚紙をどけてのぞいてみたら、ネギの白いはちょうど厚紙の長さぶんだけ伸びてました。やったぜい!(1/9)
11月4日から約2か月後の1月9日。ネギの白いところがふえた。

すると、よくばりともこさんは考えました。「厚紙の長さを2倍にしたら、白いところも2倍になるにちがいない」と。
ネギの白いところをさらに伸ばすべく、厚紙を伸ばしてまく。

さっそく実行。厚紙ですが、じつは今まで、1枚の紙を半分に折って使っていたので、それを広げて元の長さに戻して再利用。でも、この1枚だけでは強度がたりないだろうと、もう1枚プラス。2枚重ねて巻くことにしました。

紙はホッチキスで紙の上と下のあたりをパチンパチン、2カ所止めただけ。おお、簡単。
ネギの厚紙はホッチキスで留めつけた。

できました!ネギがキリッとそそり立ってますなあ。
厚紙を伸ばしてまいたネギ。

しかーし、こんなに背高のっぽになってだいじょうぶかい? 風が吹いたら一気に倒れてしまいますぜ。
なにせネギを入れている容器は2リットルのペットボトルで、ベランダに取り付けた簡単なフックに引っかけてあるだけなんですから。
ベランダの手すりにフックをつけて装着したネギ。

ま、これまでの経験上、こうしたものは倒れるのはまちがいありません。認めましょう。がしかし、風の強い日は、フックから取り外してベランダの床に移動しますのでご安心くだされたし。

あ、でもこれ、いつもうちにいればの話でした。外出中に突風が吹いたら…。バッシャーン!お倒れになってますなあ、たぶん。
いきなりの春一番とかないことを願ってやみません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギ育つ

年末、鍋用に泥ネギを買いました。一束10本ほどで300円。お安ですなあとホクホクしておりますんですが、ネギはうちにも育ってるのがあるのになあ、とも思うわけで。

7月に種まきしたネギ(ちゃんこネギ)がこちらです。
ペットボトルで1本だけのネギ

ペットボトルのお住まいに1株だけでお住まいの優雅なお暮らし。まわりにいろんな野菜が迫ってきてるから敷地はせまいですがね。

一方、それより2か月近くあとに種まきした同じ品種のネギもありまして、くらべてみるとこんな感じです。
左はしがくだんの一軒家一株住まいのネギで、右側が10株ぐらいのぎゅう詰め大部屋育ちです。
密集栽培のネギと1本栽培のネギ

1ペットボトルに1本だけ育てたのは初めて。いやあ、こんなにもふつうに大きくなるネギだったとは知りませんでした。ぎゅう詰めでした育てたことがなく、細いから薬味用なんだなあと思ってたもんで、びっくりです。ちゃんこネギは、ちゃんと育てれば「ちゃんとネギ」だったんですねえ。オホホ

一軒家育ちで1本だけの苗の根はこんなでした。
1本だけ栽培のネギの根

大部屋育ちの根は、こちら。
ペットボトルに数本密集の水耕栽培のネギ

詰め込まれたわりには太いもんですなあ。

白いところを伸ばそうと思い、根元付近にボール紙を11月14日から巻いてるんですが、はたして、どれくらい白くなってますやら。

1本だけの株のボール紙を持ち上げてみました。
ペットボトルに1本だけの水耕栽培のネギ

ほうほう、15センチくらいはあるでしょうか。

大部屋のやつのボール紙をどけたら。
白いところが伸びてきたネギ

こちらも同じくらいに白くなってるようです。どちらもボール紙の高さくらいになってるので、今後はさらにボール紙を継ぎ足してやれば、さらに白いところが伸びそうですな。
でもねえこれ、苗の背が伸びるとぐらぐらして、ペットボトルが不安定になるんですよねえ。
よくばっちゃあいかんのでしょう。白いところ伸ばし作戦はこのくらいにして、ぼちぼち収穫していこうと思います。

といっても、このネギは「分けつ」するタイプのネギなので、1本ばっさり抜いてしまわずに、横に分かれた1枚をはがしとりながら収穫していけば、なが~~~くたのしめるお得なネギさんざます。こうして春までじわじわたのしむことにいたしましょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培チコリ「ベェネチア」:キャベツ風になれるかな

チコリの「ヴェネチア」を種まきしたのが、9月6日。最初は緑色のホウレンソウみたいだったけど、ようやく色がついてきたようです。(撮影:12/31)
チコリの「ヴェネチア」。

中心部分がすこ~し巻いてきたような気がするんだけど、どうかしらね。
チコリの「ベェネチア」。葉が紫色になってきた。

このチコリというのはなんでも、紫キャベツみたいに巻いてころんとした形になるらしいのだ。がしかし今のところ、毒々しい草にしかみえんのである。

とはいえ、タネのサイトさんには「…他のラディッキョよりも比較的葉が柔らかいので、オリーブ油とワインビネガーで和えたサラダで生食されることが多い。」とありましたので、そのお味のほうを期待したいところです。

あ、極早生タイプだそうで、種まきから70日で完成するらしいです。ハハハ、とうに116日にもなっちゃってますわなあ。当ベランダではのんびり屋さんで育つもよう。まあ、しょーがない、ゆっくり待ちますかね。

もうあと4時間ほどで今年が終わりますなあ。おでんは仕上がったし、お飾りも作ったし。あとは、ごろんと寝正月ですかね。
そうだそうだ、元日にはトマトの種まきをしよう。収穫は6月頃をめざしてみようと思いますが、さていかがなりますやら。
今宵は風が強く、冷たいです。あったかくなさってくださりませね。(じつは、毎夜、電気毛布のお世話になっとるお年頃のわたくしです。)
どうぞ、よいお年を!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末のベランダ風景

仕事やら用事やらあれこれ終わったのがおとといの28日。たまっていた家の用事を片付けたのが昨日(29日)。そして突如壊れたテレビの録画機器とカメラ。新規購入のための検索と購入手続きが終わったのも昨日。

きょうは朝、お借りしている近所の畑に行き、正月用のダイコンを抜いてきました。
畑のダイコン

なかなかにりっぱにお育ちです。きょうはこれでおでんを仕込もうかと。

そうそう、お餅は昨日つきました。といっても、わたしではなく、ホームベーカリーの餅つき機能さんです。
一升(1400グラム)は多かろうと、9合(1260グラム)分にしてみました。余らず不足せず、ちょうどだといいんですが。
餅つき機でついた餅

この餅、じつは一つ失敗しています。餅用の羽根(へらのような形をした小さい器具)を装置につけるのが正しい使い方なんですが、うっかりパン用の羽根のままこねさせてしまいました。気がついたときにはもう最後の餅をこねる作業がはじまってて、今止めたらこの工程を復活させることはできないわけで、しかたなくそのまま続行。
ガタビシ、ガタビシ、ものすごい音を立てて餅をぶん回して終了のブザーが鳴りました。壊れたかもと心配だったけど、見たところだいじょうぶそう。しかし、たぶんどこか痛めているんだろうなあ。
どうかどうか次回、無事に動くことを願ってやみません。

まあ、餅はふつうに出来上がったようなのでうれしいです。

また、久しぶりに少しのんびりベランダ野菜見回りをしました。

先っぽがとんがる「やわらかたけのこキャベツ」が少し巻いてきたようです。
水耕栽培の「やわらかタケノコキャベツ」

全部で6株あるんですが、1番小さいこの株もキャベツらしくなってきたようで、オホホ。
水耕栽培の「やわらかたけのこキャベツ」1番育ちが遅い株

レタスのハンサムグリーンは茂りっぱなし。
第1弾のレタスのハンサムグリーン。

その後に種まきした第2弾のハンサムグリーンもすっかり大きくなって、最初に種まきしたものと見分けがつかない感じです。
後から種まきしたレタス第2弾の「ハンサムグリーン」

こちら、からし菜と縮みと高菜の辛みを合わせ持つという「パーマグリーン」。ペットボトルの水耕栽培です。
パーマグリーンの最初に種まきした一群。

ゆっくりお育ちのようで、次に葉を摘み取るまで数日かかってるかなあ。それでも液肥の消費がわりと多く3日に一度くらいは追加してます。

こちらは、同じくパーマグリーンの第2弾。密集しちゃってました。植えかえいたさねば。
パーマグリーンの第2弾。

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」を収穫。ずっととってなかったから、いつになくいっぱい。
12月29日。収穫した中玉トマトのMr.浅野のけっさく。

だいぶ葉が紫色やら茶色やら…。痛んできてるようです。
12/29 Mr.浅野のけっさく。だいぶ葉が痛んできた。

6月に種まきしてできた苗の挿し芽が今にいたっているわけだが、あとどれくらい持ちますかしらね。
たいそう美味しくて、一粒をじんわり愛おしむように食べておるしだいです。

【おまけの話】
このブログの写真は今、カメラがないからタブレット(iPad Pro )で撮影しています。しかし、タブレットで撮影すると持ちにくくて狭いベランダでは落っことしそうになり、使いづらいのなんの。しかも撮影した写真の色味はカメラとはだいぶ異なるので、Photoshopでふつうに見えるよう修正が必要だったり。なかなかに手強いものだと知る。うーむ、写真関係の勉強をいたさねば。
あーあ、
「は~やく、こいこい、お正月~、じゃなかった、カ~メ~ラ~♪」と思うんでありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 19:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT