FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

欲張りスティッキオ

葉物野菜として、スティッキオ(フェンネルを小型化して棒状になったもの)とディル(=イノンド)を育てています。どちらもセリ科だそうな。種まきは9月19日なので、約一ヶ月たちました。

このふたつは、形状がとてもにていて、名札を見ないと、どっちがどっちかわからんです。遠目からだとニンジンにもにてるし。
スティッキオとディルとミニニンジン

葉の先っちょを、ちょいとお味見してみました。どちらも、どうという味ではないんだけど、口の中がモシャモシャしておもしろい。

クンクン、匂いも嗅いでみた。ぷお~~~ん、と甘いかほり。ディルのほうが強めかな。
スティッキオをディルの葉

ところで、こちら、スティッキオを4月に栽培したときの写真です。
4/23 スティッキオ

ディルはふつうに1本の茎だけど、スティッキオは、根元のところがふっくら。着物の重ね襟みたいになってて、この茎も飾ってたのしめるので、ディルよりもスティッキオを多く育てることにしました。といっても、ペットボトル3個分ですが。

また、前回は、1個のペットボトルに2株いれてましたけど、どうもなんか隙間がありすぎたような気がしたので、今回は、ドバーッとこんだけ詰め込んでみた。
スティッキオの水耕栽培
ど、どうかしら。欲張り過ぎちゃったかも。ホホホ

こんなふうに山盛りにしていただこうと、もくろんでおります。(↓撮影:4/23)
4月23日 スティッキオを盛り付ける

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| フェンネル | 19:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉物野菜種まき祭り

せっかくこんなに種があるんである。まくなら、今だ!(撮影:10/8)
葉物野菜の種いろいろ

2日後。根がでましたねえ。レタスは5種類。
レタスの種まき
ほとんどは半結球で、一つだけ結球するタイプだそうですが、今までレタスを「結球」させることができたためしがないので、これも葉っぱヒラヒラの全開になることでしょう。

他にも菜っ葉のたぐいを3種、まきました。こちらはみなお初栽培です。
菜っ葉の種まき

ところで、このたびまいた種のほとんどは、ブログで知り合ったミーママさん(まりちゃんのベランダ水耕栽培)とサキさん(旧ブログ:かなたの日記)からの頂き物であります。
こんなふうに「よかったらどうぞ」な感じで頂く種は、スリル満点。自分では選べなかった、魅力を知らない種だから、「えっ? どんな野菜?」「うちでも育てられるんだろか?」と、ドキドキ、未知の世界であります。

そういえば、当ベランダでわりあいうまくいっていて、くりかえし栽培している野菜のほとんどは、頂いた種じゃなかろうか。
中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」も、トウガラシの「甘とう美人」、ロマネスコ型になるカリフラワー「連山2号」、子持ち高菜「つぼみっ娘」、「ちゃんこネギ」、「紅くるりダイコン」もそうでしたなあ。

あ、自分で選んで気に入ってる野菜もあるんです。「チコリ」ですけど。
でも、これは気の置けない友人たちに収穫をおすそ分けしようとすると、「それ、苦いんでしょ。いい。いらない。」って断られるシロモノだったりします。あら残念。

ともあれ秋冬の栽培は、これらお初もの多しの葉物野菜オンパレードでたのしみますぞ~い。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 15:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バジル消費月間

種まきが4月5日のバジル(品種:ボロッソナポリターノ)。ペットボトルで水耕栽培してました。(撮影:9/2)
ベランダで水耕栽培のバジル(ボロッソナポリターノ)

なにかと重宝して長持ちしておりましたが、とうとう葉が小さくなってきました。おしまいですかね。

2個のペットボトル全部の葉をつみとったらボールにけっこうあります。(9/5)
収穫したバジル(ボロッソナポリターノ)

こんだけあれば、バジルソース(バジル+ニンニク+オリーブオイル)を作れそうですが、あいにく接客業なもんで、ニンニク料理はアウトなんでございます。どーしますかねえ?

とりあえず、洗ってタッパーに詰める。お安いからと毎日食べてるキャベツの千切りとか、キャベツの千切りとか、あとキャベツの千切り(料理が苦手な私。他になにがあるというのだあ?)にでもふりかけて、まめに消費するとしよう。
収穫したバジルの葉がいっぱい

緑のもんはからだにいいぞう。ガンガン食べて、丈夫になるぞう。お肌もきれいになるぞう。(せいぜい緑色になるだけだと思うが。)

なお、バジルはまだあとゴミ箱で水耕栽培してるもんが一丁残っておりますのじゃ。
まだ残っているバジル(ボロッソナポリターノ)

毎日がバジル曜日になりそ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シソとバジルとパセリ | 17:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まきシーズン「レタス」と二十日大根」

レタス(ハンサムグリーン)と二十日大根(ビットリア)の種をまきました。種はスポンジの上におき、お皿には水を満たしています。
レタスのハンサムグリーンと二十日大根のビットリアの種まき

翌日にはでましたぜ、芽が。あ、これは「根」か。
二十日大根のビットリアが発芽した

いつもなら、このまま双葉がでるまで見守るのですが、このたびは発根するやいなや、ただちに黒ポットにお引っ越し。
ポットにうつしかえた二十日大根のビットリア

だってですねえ、スポンジがもったいないんだもん。これなら洗ってまた使えますしね。資源はだいじにしようキャンペーンなのだ。

なお、黒ポットの下には、キッチン用の水切りかご一式(by百均屋さん)。ザルの下は今は水だけど、本葉が出るあたりには液肥を満たして水耕栽培で参ろうと思ってます。
栽培容器は台所の水きりかご

こちら、8月19日に種まきしたチコリ2種類(プンタレッラ/パラロッサ)とルッコラです。
チコリとルッコラの苗(水耕栽培)

ルッコラはぼちぼち収穫できそう。こんなに茂ってくれたらいいなあと期待してますんですが、どうでしょう。

それにしてもこれ、どーみても草でしょう。「草」と「野菜」はどこがちがうんだろうか。踏んづけてるのが「草」で、「摘んでる」のが
野菜かなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 20:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徒長はコルセットでしのぐ

ペットボトルで育てているチコリがぁ、あろうことか、だら~~っとたれてしまったのだ。(撮影:9/15)
チコリが徒長して倒れる

徒長というやつですな。
そもそも水耕栽培ですと、培地が少量だったりして野菜がうまく立ち上がっていられないことがしばしばあります。
どうしたものかと思ってましたらば、フェースブック記事を拝見していましたら、水耕栽培をしている方が「根元にアルミホイルを巻く」アイデアを紹介なさってました。おお、こりゃあいいかも!!

さっそく、まねさせていただきました。ど、どうかしらん?
チコリの根元にアルミホイルのコルセットをする。

これなら厚みや高さが簡単に調節できるから、苗の様子にあわせらます。あ、でももうょっと厚めに巻いた方がしっかりするのかも。でも、ま、なかなかいい具合。

うれしくて、ネギにも巻いてみましたぞ。
倒れるネギにアルミホイルのコルセットを巻く

うんうん、いい感じ。
アルミホイルのコルセットを巻いたネギ

もう少し苗が伸びてきたら、下の去年の写真のように、プラスチックの板でおおって苗の背丈を伸ばしていこうかと。最初から板でおおってしまったら風通しがよろしくないだろうから、それまではこのアルミホイル式コルセットに助けてもらいましょ。
ネギの水耕栽培。根元にプラ板で補強

なお、キャベツには、ミーママさんが、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」にて紹介してくださっていた割り箸方式です。
キャベツの徒長には割り箸で補強

ただ棒を突き刺しているだけですが、これまた良い仕事してくれてます。ありがたや~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 16:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT