園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

じわり、ネギの進展。

日々、薬味につかっているネギ。分けつするタイプ(品種:ちゃんこネギ)なので、青いところを切っても切っても、またはえてくるんだなあ、これが。ネギってありがたい。
分けつするネギ
この分けつするタイプのネギは、ネギ坊主ができる春までたぶんいただけるはず。まだもうしばらくは収穫できるかな。

一方、去年の9月にブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんから苗をいただいたワケギ。
何度か収穫して、1月31日にはこんな感じで葉が短めになったあとは、ほとんど育たなくなりました。(下に液肥を満たしている水耕栽培。)
1/31 ワケギ

このまま冬はじっとしているのかなあと思っていたら。

約20日後(2/21)。なんとなーく背丈が伸びてきて、新芽もでているような?
ワケギ
どうやら、じわじわと育っているようです。

ワケギは他に、のらぼう菜が植わっている鉢にも苗をばらまいてますのさ。のらぼうの影になってるけど。(こちら土栽培)
かき菜の鉢で一緒に育っているワケギ


ワケギは、これからゴールデンウイークあたりまで再び収穫できるようになるんだろうか。だとしたら、ほほっ、うれしいなあ。
そしてそのあとは、球根みたいなところを掘り起こして保管しておくのかな。
で、秋になったら再び植え付けるっていう寸法。いいですねえ、これ。

そしてもう一種類。こちら、ヤグラネギです。ペットボトルによる水耕栽培中。
地上部が枯れているヤグラネギ
といっても、どこがネギなんだ、影も形もありゃせんぞ、てな哀れな姿ですが。

ヤグラネギは冬場、地上部が枯れてしまうけど、春になったら新芽がでてくるのだそうです。
ほんとかなあ。うちの場合でも大丈夫かしらねえ。

のぞいてみる。
新芽が出始めたヤグラネギ

あららん、それらしきものがはえているではありませんか。

根はどうなってるんだろう。株が入ってる穴あきのポットを引っ張りだしてみる。
水耕栽培をしているヤグラネギの根

うーん、白くなくてやや黄色みがかってしまってるだろうか。とはいえ、枯れたわけでもないらしい。とりあえず、液肥を新しくしておこうかね。
この新芽からやがて、その二階部分にもう一つネギができ、それがぽろっと取れて株分けができるというわけ。こうして「ふえるわかめちゃん」ならぬ、「ふえるおネギちゃん」になるのさっ。
てなわけでして、真夏以外はとぎれることがないネギありの日々がやってくるかも~、なのであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チコリのパラロッサ もっさもさ

家をあけることが多く、ベランダ観察があまりできていません。そんなんで、久しぶりに眺めるとびっくりします。

なかでも、ザルで水耕栽培しているチコリ(パラロッサ)がいやに茂ってるじゃ~ありませんか。(撮影:2/11)
ザルで水耕栽培のチコリ・パラロッサ

じつは、この2株の裏側にも、もう1株植わってまして。

ザルをくるっと回すと裏側に、ほらね。ちょっとハクサイ風?
大株になりつつあるチコリ・パラロッサ

これの横に張り出してる葉が、歩くときにぶつかってしまうのだなあ。よしっ、出っ張り分を収穫しよう。
収穫したチコリ・パラロッサ

ちょっとスッキリ。
外側の葉を収穫したチコリ・パラロッサ

裏側の株もまわりの葉を取りました。
チコリ・パラロッサ
ほ~、これは赤い色が多いんだねえ。

もう一株のほうは、赤色が点々のまだら模様。
チコリ・パラロッサ

同じ品種のチコリでも、お顔つきはいろいろなんだなあ。

ときに、レタスのハンサムグリーンもなんだかもっさもさ。
レタスのハンサムグリーン

こちらも収穫しよう。ついでだ、イタリアンパセリとディルも少し。
レタスのハンサムグリーンとイタリアンパセリとディル

とにかくみんな洗って切ってお皿にのせる。
チコリとレタスのハンサムグリーンなどでサラダ

おお、いつになくてんこ盛り野菜がいただけるではないか。きょうび野菜はお高い貴重品ですからねえ。うれしいですぞ。
あ、でもチコリがいっぱいあるからといって全部入れちまったら苦すぎますからな。ほどほどに。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 14:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルッコラに花芽

いやあ、けさも、寒かったですなあ。住んでいるマンションの階下では、水道管が凍結したお宅も何軒かあったそうな。トランクルールにある水道管のほとんどは発泡スチロールでかこってあるけど、ちょっと複雑なカーブであるためうまく覆えてなくて管が露出しているところがあり、どうもそこが凍ったみたいです。
わがやも作りは同じなので、管の角のところに古タオルとウレタンフォームを巻いて養生しておきました。

それにしても、こんなことは東京都・青梅市に15年ほど住んでいますが初めて。もっとも、実家の岩手に住んでいた子どもの頃、水道が凍るのはふつうのことだったですが。
でも、寒いのは苦手だなあ。毎朝、ベランダの戸を開けるのにびびってますから。

ルッコラがたいそう元気です。
ルッコラ

元気すぎて、花芽までできちゃってましたがな。
ルッコラの花芽

調べてみたら、ルッコラは花も実も食べられるんだそうな。
でもねえ、こうなったあとはたしか、茎が固くなって残念な感じになったような気がするなあ。

はい、んじゃ、おしまいにしましょう。全部収穫。
収穫したルッコラ

9月1日に種まきして、きょうまで5ヶ月ほどになりますか。お世話になりました。

おっと、根っこをのぞいてみなくちゃね。

なにげなく引っ張り出してみたら、白いもんが…
ルッコラ 水耕栽培の根

ギョエー く、くさってる?!

よくよく見たら、細かい根だったようです。もー、なにかいな、と思いましたがな。
怪物が吐き出した気持ち悪いもんかと。うー、ドキドキ…
ルッコラの根ってこんなだったのねえ。

さ、気分をかえて、調理調理。

昨日収穫したレタスがいっぱいあったので、それにルッコラをまぜ、山盛りサラダに。
ルッコラとレタス「みずさわ」のサラダ

ピリッと辛みあり、ごま風の旨味あり。お皿にこんなにあっても食べるのはあっちゅうま。食欲、おそるべし。

ルッコラは、あと数回分くらいはありそうかしら。貴重な緑黄色野菜(草?)としていただくことにしますぞい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 19:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玉になるレタス:収穫のしかた

マイナス7度ってこんな感じになりますか、と知る朝であった。

カチーン。のらぼう菜が凍ってます。(撮影:1/25)
1/25 のらぼう菜が凍ってる

にもかかわらず、昼にはとけて、なにごともなかったようにしなやかな葉にもどってましたけどね。強いなあ。

一方、レタスやイチゴなどの水耕栽培ものは、室内に避難。せっせと鉢類を運びましたぜ。中身の液体をこぼさぬようにね。
でも、昼には20度をこえるベランダなので、朝にはまた運び出して日光浴させねば。せっせ、せっせ。

ところで、玉になるタイプのレタス「みずさわ」についてであります。
外側の葉からちょびっとずつ収穫をしてますが、どうやって葉をはずしたもんだか、これがじつにむずかしい。

この葉っぱの入り組みようをごらんくださいましな。こんがらがっちゃって…
玉になるタイプのレタス・みずさわ

外側は簡単だったけど、内側になるにつれ、横からはみ出すやら、葉と葉の隙間がほとんどなくなっていくやら、難易度がましていく。かようなパズルを解くのはなかなかじゃ。

ええい、めんどくさい。株ごと切り取って洗ってしまえ~。(1/23)
1/23 収穫したレタスのみずさわ
はあ、らくちん。

残り5株も、いずれ劣らぬ難解パズル型レタス状態。どーすっかなあ。(1/24)
レタスのみずさわ 水きりかごによる水耕栽培

一晩考え、本日25日。どうせじゃ、これもみなやっちまえ~。
レタスのみずさわ 5株収穫
これにて玉レタス終了。

ほぐして洗ったら、けっこうな分量になりました。
ほぐして洗ったレタス・みずさわ
水きりし、ポリエチレンの袋に入れて冷蔵庫へ。数回は食べられるわい、ワイワイワイ♪

玉になる(はずの)レタスは、収穫姿がどうも美しくありませんなあ。ちまちまはがさずに、外側の葉がついたまま丸ごと一株とってしまうほうかよかったかも、と思う。
それに、栽培時期もむずかしい感じ。当ベランダでは、春先だと花芽をつけたがって徒長するし、夏はとけるし。このたびのような、秋から冬がよろしいのかも。
玉レタスはむずかしいけど、リーフレタスにはない、シャキッとパリパリの食感はすてがたいので、この点を気にしつつ、ぜひまた次回もやってみようーっと。種、いっぱいあるし。

なお、このレタス「みずさわ」の種まきは、9月21日。約4ヶ月にて栽培終了となりました。こんな、玉になりかけになるまで栽培できたのは初めてです。たいがいは、何枚か収穫できたあたりでとうだち。終わってましたもん。


ところでこちら、葉が玉にならないリーフタイプの「ハンサムグリーン」。水きりかごで水耕栽培しています。
レタスのハンサムグリーン 水きりかごによる水耕栽培

すべての葉が放射状に広がるから一枚ずつはがして収穫するのに、ぴったりなんだなあ。
これだと、摘み取っても株姿が崩れません。なるほど、“ハンサム”。

ハンサムグリーンに、変わりもんの葉、発見。

ほとんどの葉は、葉が手の指みたいに先のほうが枝分かれしてるんだけど。
葉が分かれているレタスのハンサムグリーン

この、ザルで栽培している一団の中。
リーフタイプのレタス「ハンサムグリーン」

3株あるうちの右側の株。
リーフタイプのレタス「ハンサムグリーン」

この一株だけ、分かれてなくてつながったまま。団扇というかミトンのような葉になっているのでした。
葉がつながっているレタスのハンサムグリーン

ま、いずれにしてもレタスは、このハンサムグリーンだけになっちゃたわけで。
貴重な葉物ゆえ、こちらはじわじわとはがしつつたのしんでいきたいですなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 15:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チコリの根

先日近所の友人が訪ねてきてくれ、ベランダのレタスはもらってくれたけど、チコリは…所望されませず。苦いからねえ、そりゃあそうだわねえ。チコリって人気ないなあとつくづく思ったことでありました。

そのかわいくないチコリですが、寒さに強いみたいでとても元気です。
ザルで水耕栽培をしているチコリのパラロッサ。全部で3株植わってます。(撮影:1/20)
ザルで水耕栽培をしているチコリ(パラロッサ)

根をのぞいてみる。
ザルで水耕栽培しているチコリのパラロッサの根
けっこう長いなあ。

りっぱなおひげみたい。
ザルで水耕栽培しているチコリ・パラロッサの根

それならペットボトルのチコリのパラロッサはどうだろう。こちらは、その株。
ペットボトルで水耕栽培のチコリ・パラロッサ

根っこ…ちょびっとしかはえてないじゃん。
ペットボトルで水耕栽培のチコリ・パラロッサの根

それなら、それなら、水切りかごで水耕栽培している株はどうだろう。

こちら、水きりかごで水耕栽培しているチコリのパラロッサ。全部で5株。
水きりかごで水耕栽培しているチコリ・パラロッサ

で、その根っこ。これまたちょっぴりでした。
水きりかごで水耕栽培しているチコリ・パラロッサの根

となると、ザルで栽培するのが一番結果がよろしいみたいですなあ。こんどから、チコリはザルで育てましょーっと。

パラロッサは、寒くなると葉が紫キャベツのようになる品種だそうですので、夜も室内にとりこまず、ベランダにずっと置きっぱなしにしてました。そのおかげでしょうか。

葉が少しずつ色づいてきたようです。
しだいに赤みができつつあるチコリ・パラロッサ

こちらは、中心部が巻きはじめましたかな。
巻き始めたチコリ・パラロッサ
ホホホ、たのしみたのしみ。
といっても、かわいくない、もらってもらえない野菜ではありますが。

ところで、きょうは雪です。おもいっきりつもってますなあ。(1/22)
1/22 ベランダからの雪景色

明日の人形劇の上演仕事が雪のため延期になりました。冬タイヤですし、近距離ゆえ現地に行くのは大丈夫なのですが、小学校が休校になれば園のお子様方も少ないだろうということがありまして。
20センチくらいの雪ですが、なかなかなものがあります。
北のほうにお住まいの方には笑われそうですが。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 21:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT