FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウガラシの栽培容器をお引っ越し

先日のこと。しばし留守にすべくベランダを点検していたら、トウガラシ(甘とう美人)の株がだいぶ大きくなってるのが気になります。(撮影:8/11)
甘とう美人。ごみ箱による水耕栽培。

実もついてるみたいだし。ごみ箱の容器じゃ小さくて液肥がもたないんじゃなかろうか。
実ができつつある、甘とう美人。

あ、今写真を見たら、↑のところにカメムシ発見。そうなんだよ、すばしっこくて捕獲に苦労する油断ならん虫。留守中に丸坊主にされちまうんじゃなかろうか。

ともかくも容器を大きなスチロール箱に取り替えることにする。だいぶ年代物になった箱だが、外側のアルミ箔やらシートを貼り替えた。これでなんとかしのいでおくれ。
スチロール箱で水耕栽培。

さて、ごみ箱からスチロール箱へお引っ越し。だが、ここで問題が1つ。
根っこがかなりフサフサしているので、ごみ箱から抜き取ってスチロール箱の穴ぼこにうまく収まるかどうか心配。
ごみ箱による水耕栽培の根。

根の液肥を絞ってなんとか引き抜き、強引に突っ込んだ。はいったぜぃ。
ごみ箱からスチロール箱に移動させた。水耕栽培の甘とう美人。

めでたし、めでたし。
ごみ箱による水耕栽培の甘とう美人。

やーれやれ。これで心置きなく出かけられます。

15日。帰宅してベランダへ。株は無事でしたよ。たっぷり収穫。一緒にパプリカも。
収穫した甘とう美人とパプリカ。

網焼きにしていただきました。2本ほど、やや辛めの実ありでしたが、柔らかくてとても美味しかったです。

台風のため、曇天やら雨やらで液肥の消費量が少なくてすんだのでしょう。
明日はまた猛暑復活とか。激辛の実ができてしまうかもだわ。ひえ~…

【おまけ】
14日のお墓参りの朝。郷里(岩手県・陸前高田市)の家から見える海。
郷里の浜。(陸前高田市)

この日はあいにくの曇天で、時々小雨でした。
でも、前日は快晴だったのです。浜は防潮堤が整い、海開きが行われて水泳も解禁になったそうで、20人ほどの人々が海遊びをしているのが見られました。夜はキャンプ。遅くまで賑やかな人声と花火のドーーーン。
ご年配の方が残る町に、旅の若人が来てくださっているのかもしれません。

いやあそれにしても、マンションのわが家と異なり、涼しくて終始長袖で過ごした帰省でありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのトウガラシ系収穫

「甘とう美人」という辛くないトウガラシを育ててます。ごみ箱によるエアレーションなしの水耕栽培。種まきは12月30日だから、約半年あまりになりますか。(撮影:7/26)
7/26 甘とう美人の株

なんだか枝葉がこんがらがっていて、どこがどうなってるんだかわからん有様ですが。株の身長は50センチ、横幅が60センチくらいでしょうか。日照不足のためか、枝が細くて細くて、上から紐で吊り下げてます。まるで、操り人形状態ですな。

近づいてみると、実がけっこうぶらぶらしてました。
7/26 甘とう美人の実がぶらぶら

収穫してみましょうかいね。
7/26 収穫した甘とう美人

思いのほかどっさりこ。にんまりです。
収穫なんて久しぶりだなあと思って調べたら、前回は6月9日でした。約1ヶ月半ぶりなんですねえ。いやどうも、ご無沙汰してましたですよ、ほんにもう。

つづいてこちらも、お久しぶりの緑色でござんす。(7/26)
7/26 パプリカの株

どう見てもピーマンだけど、パプリカです。(いただいた種袋にパプリカってちゃんと書いてありましたもん。品種は不明。)

これに先だち、先日(7/22)まちがいなく色がついてるのをみっけました。ほら、オレンジ色です。
7/22 パプリカ

パプリカって、こうしてじっくり待てば海路の日和あり、なんでしょうねえ。
でも待てません。とっとと食べます。

この日(7/22)は、青いのを2個とオレンジを2粒収穫。
7/22 どちらもパプリカ

夕食のピザに添えました。シソとバジル、キュウリとトマトもベランダ産という超珍しい豪華版でした。
7/22 ベランダの野菜あれこれで調理

とはいえ、際だって美味しかったのは、じつはアジのお刺身でござんした。なにせ、友人から釣りたてアジの直送便を頂いたので、そりゃあうまいわ。ピザもこねたし、アジもさばいたし、なかなかに充実感ありありのシヤワセな晩餐のひとときでした。

で、今日(7/26)はその後のパプリカも収穫。片手分ほどありました。わーい♪
7/26 パプリカの実

前回パプリカをわりにたくさん収穫したのが6月22日だったから、約一か月ぶりくらいになるのかな。

…ふーん、ということは、トウガラシ類はしばしのお休み期間みたいなのがあって、再びたくさん実がなるっていうサイクルになってるんだろうか。おもしろいです。

甘とう美人もパプリカも、ひょろながで徒長ぎみではあるけれど、病気もせず、なかなかに元気でありがたいなあ。
で、次の大量収穫日は、おそらく8月末あたりってことですかねえ。ホホホ、たのしみにいたしておりますですよん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 20:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプリカのお発収穫

しばらく前から気になっているパプリカ(品種は不明/種まき:2018年12月30日)。実がつきすぎて、水耕栽培しているペットボトルが傾き、設置しているフェンスからおっこちそうなんであります。(撮影:6/16)
6/16 パプリカの水耕栽培2株。

実をとってしまえばよさそうだけど、せっかく実ってこれから色がかわっていくところだしなあ。と、もったいながってました。
けど、風が吹くとどうにも危ない。

ええい、とっちまえ~!!と、なりました。一緒に、甘とう美人も4本収穫。(6/22)
6/22 パプリカ(品種不明)の初収穫

ぜんぶまとめて炒め物に。
6/22 パプリカを炒め物にする。

お皿一面緑一色。立ち上るピーマン臭。こりゃあ、ピーマン類がお嫌いな方には、卒倒するような光景にちがいありません。クレヨンしんちゃんも速攻で逃げるでしょう。

ああ、私、ピーマン好きでよかったです。お皿いっぱいを、もりもりいただきましたとも。
ただし、これ、パプリカのはずなんだけど苦みがありました。色づかないと苦いのかなあ。

まあおかげさまで、今後、パプリカ(ピーマン味だけど)の株は、葉や根の生長にいそしんでくださることでしょう。
お次はぜひ、パプリカ色になってからいただきたいもんであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 21:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トウガラシ類:アンバランスな株姿と実と根

なんですかねえ、今年はやけに身長が小ぶりに育っている「甘とう美人」と「パプリカ」です。

で、その小ぶりな「甘とう美人」。ごみ箱によるエアレーション無しの水耕栽培。(撮影:6/1)
6/1 甘とう美人の株

初収穫は5月20日でした。種まきは12月30日だったので、約6か月後になりますかね。

それからちょいちょいとれて、もっともよくとれたのが6月9日。片手に余る分量でした。小ぶりですが。
6/9 収穫した甘とう美人

いやはやなんとも珍しいことで。甘とう美人は毎年のように育てており、実の数少なく、無駄に背が高くなるのがつねだったんですがねえ。(過去の株姿はこちらの記事をご覧下されたし。)

さて、かように実のなる小さな株姿の根というのは、いったいどんなふうになっておるんでしょう。たくさんはえているのか、そうでもないのか。はて?

ちょっと日付をさかのぼり、上記のたくさん収穫できたときも約20日前はこんなでした。5月20日撮影。(培養土:あく抜きベラボン)
5/20 甘とう美人の水耕栽培の根
やっと穴鉢から根がでてきたくらいです。

そして、大量収穫した日(6/9)から8日後の本日・6月17日。
6/17 甘とう美人の水耕栽培の根

まあ、いくらかは伸びてきてるけど、もっさりとまではいきませんなあ。
それにしても、よくまあこんな短い根で実をつけましたことで。

そして今。あれから、ぴたっと収穫は止まりました。小さいのが3個ついてるくらいで、花はまったくみあたらず。(撮影:6/17)
6/17 甘とう美人の株姿。

長期休暇にはいられたのかもしれません。(このままずーっと休暇中、でないことを祈りますぞ。)


ところで、同じく12月30日に種まきしたパプリカも2株育てておりまして、これまた小さくてですねえ。(6/16)
6/16 パプリカ2株。ペットボトルによる水耕栽培。

ですが、ぷらぷらと実をつけてます。(6/16)
6/16 パプリカの実

根は、ちょびっとさん。(6/16)
6/17 パプリカの水耕栽培の根

もう一つの株のほうも、実はつけつつ、
6/16 パプリカの実

根は少量。(培養土:バーミキュライト)
6/17 パプリカの水耕栽培の根

さてと。
これがピーマンなら、とっとと収穫してしまって根が育つのを待つといいのかなあと思うのですが、パプリカなので、どんな色になるもんだかもう少し待ってみたい気もするし。(種は頂き物で、品種は不明。)
うーん、やっぱ、パプリカ、食べますか。青いけど、ブツブツブツ…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 16:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トウガラシの甘とう美人:低い位置の初収穫

「甘とう美人」は、昨年の12月30日に種まきしたのですが、いまだに身長が40センチほどしかありません。(撮影:5/18)
トウガラシの甘とう美人。水耕栽培。

ちなみに、去年の「甘とう美人」が初収穫した当時の株姿をご覧下さいましな。
だいぶ背高のっぽでヒョロヒョロしてますでしょ。(撮影:2018年7月1日/種まき:1月22日)
2018年7月9日の甘とう美人。ヒョロヒョロ。

さらに、それから約2か月後になると、160センチの大木におなりでした。(2018年9月12日)
2018年9月12日の甘とう美人。身長160センチ。

これがまた、でかいずうたいのわりには収量が少なかったのよね。特に株の下や中間あたりには実がならなくて上にばかりつくもんだから、下の方の空間がもったいないなあと思ったものでした。

去年はそんなでしたから、今年は枝が伸びたら切り詰めてやろうと待ち構えておるわけなんですが、ちっとも大きくならんのだよ。

そうそう、今年は甘とう美人を保険用にもう1株用意しており、こちらも、同じく小ぶりなままなのです。
トウガラシの甘とう美人。水耕栽培。

しかも、実はこのどちらの株も根元付近の低いつけています。うん、じつに無駄がなくてよろしい。
トウガラシの甘とう美人。実ができた。

ほんにまあ、ありがたいことでございます。こうあってほしいもんだと、思うておりましたからねえ。
けれども、なにゆえに今年は背が低くなったのやら。さっぱりわかりませーん。理由がわからないと再現できないのが、ちと残念。

ともあれ、初収穫、めでたし! 甘とう美人にしては小ぶりですけどね。つつしんでいただきま~す。
トウガラシの甘とう美人。初収穫。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT