園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルッコラに花芽

いやあ、けさも、寒かったですなあ。住んでいるマンションの階下では、水道管が凍結したお宅も何軒かあったそうな。トランクルールにある水道管のほとんどは発泡スチロールでかこってあるけど、ちょっと複雑なカーブであるためうまく覆えてなくて管が露出しているところがあり、どうもそこが凍ったみたいです。
わがやも作りは同じなので、管の角のところに古タオルとウレタンフォームを巻いて養生しておきました。

それにしても、こんなことは東京都・青梅市に15年ほど住んでいますが初めて。もっとも、実家の岩手に住んでいた子どもの頃、水道が凍るのはふつうのことだったですが。
でも、寒いのは苦手だなあ。毎朝、ベランダの戸を開けるのにびびってますから。

ルッコラがたいそう元気です。
ルッコラ

元気すぎて、花芽までできちゃってましたがな。
ルッコラの花芽

調べてみたら、ルッコラは花も実も食べられるんだそうな。
でもねえ、こうなったあとはたしか、茎が固くなって残念な感じになったような気がするなあ。

はい、んじゃ、おしまいにしましょう。全部収穫。
収穫したルッコラ

9月1日に種まきして、きょうまで5ヶ月ほどになりますか。お世話になりました。

おっと、根っこをのぞいてみなくちゃね。

なにげなく引っ張り出してみたら、白いもんが…
ルッコラ 水耕栽培の根

ギョエー く、くさってる?!

よくよく見たら、細かい根だったようです。もー、なにかいな、と思いましたがな。
怪物が吐き出した気持ち悪いもんかと。うー、ドキドキ…
ルッコラの根ってこんなだったのねえ。

さ、気分をかえて、調理調理。

昨日収穫したレタスがいっぱいあったので、それにルッコラをまぜ、山盛りサラダに。
ルッコラとレタス「みずさわ」のサラダ

ピリッと辛みあり、ごま風の旨味あり。お皿にこんなにあっても食べるのはあっちゅうま。食欲、おそるべし。

ルッコラは、あと数回分くらいはありそうかしら。貴重な緑黄色野菜(草?)としていただくことにしますぞい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 19:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレソンが育つ環境

クレソン植えたのいつだったっけ? と思って調べてみたら、5月6日頃だったようです。
5/6 クレソンの発芽

なんだかおおざっぱな育て方してました。ポットをお皿にのせ、そのお皿にときどき液肥を注いで下から給水するくらいのことだったと思います。

まあそんな適当な育て方だったせいか、ちっとも大きくならんのです。まるで鳥の餌のハコベみたいでしてねえ。
だんだんポットがお邪魔に思えてきて、しょうがないから、水耕栽培しているヤグラネギの根元に引っ越しさせたりしていました。
6/12 クレソンの間借り

それでも、そんなちっぽけなクレソンの苗でももらっていってくださるご近所さんがいらっしゃいました。しばらくしてお会いしたら、「おかげさまで、頂いた苗がとてもよく育ってますよ。家では、ザルに川砂を入れて下に水を入れた洗面器をおいてるんです。ほら~、クレソンてそこの霞川(ごく近くの小さい川)に生えてたりするじゃありませんか。あれの真似をしてみたんですよ。」とのこと。

ん? クレソンて、川原に生えてるもんだったんだ。知らんかったなあ。
スーパーでしかみたことなかったですもん。
よおーし、ならば私も、と、真似してみましたですよ。

それがまあ、なかなかに具合がいいみたいなんです。しょぼかったクレソンちゃんが、ふさふさになってきてるんですわ。
クレソンのザル栽培

よーくみると、クレソンの茎から白い根が出ていました。
クレソンの白い根

根は下に生えるもんだと思ってたら、横に這うようにでてるんですねえ。そうか、それでザルのほうがいいわけだ。面積がひろいから。ポットじゃ横に移動しにくいですもん。なるほどなあ。

うちの場合川砂がなかったので、ザルの中にはバーミキュライトを入れ、こぼれにくいようキッチンネットを敷いてみました。
ザルにバーミキュライトを敷き詰めて栽培

ザルの下は、発泡スチロールの箱です。中には汚れ防止用にビニール袋を敷きました。また次回も使えるようにと思いまして。
あ、液肥が若干茶色になってるのは、バーミキュライトがこぼれちゃったから。キッチンネットの穴が大きかったみたいで、中身がこぼれたようです。
ま、何はともあれクレソンが大変お元気になられたので、さっそくちょいとお味見しましょうかね。

夕方、トマト(Mr.浅野のけっさくとブラッディタイガー)もいっしょに収穫。
7/8 トマトの収穫

お肉を焼いて取り皿にのっけました。トウモロコシは、今日の仕事先の夏祭りでいただいたお品です。
クレソンとバジルとトマトの収穫

そうそうバジル(品種:ボロッソナポリターノ)も収穫。葉がやたら大きいので、お肉を巻いていただくのにちょうどいいあんばいです。
さて、クレソン。葉はあまり味がしないけど、茎はピリッと辛みが効いてけっこうでございました。
ビールぐびぐび。もう、めちゃめちゃ暑かったですもんねえ、今日は。汗たらたらでした。
ふう、どうぞみなみな様、水分たっぷりおとりになってお休みなさいませね。ではでは、お先にすみません、寝ます…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 18:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏用のちょっとした葉物野菜

夏はトマトやキュウリを収穫するつもりでいるけれど、こんな小さなベランダで毎日とれるはずはなし。そこで、葉物野菜も種まきした。あったかいから育ちは早かろう。葉を食べるのだから、双葉以上に育ちさえすれば、いつでも可食。即戦力ですな。

4月29日の種まきから1週間後。
左側のリボンみたいな双葉がレタス(ロマリアと炒チャオ)。右側の小さいのがクレソン(種は、鳥取の岩美ミーコ様より頂戴したお品)。
クレソンとレタス

クレソンて、種もだけど、双葉も小さいんだねえ。消えてしまいそうである。
クレソンの双葉
サラダのお供にしてみたいんだが、うまく育ってくれるだろうか。

バジルとシソ。3月にも種まきしたけど、外に出しっぱなしにした日が続いたせいか全滅。今度こそ、なんであります。
バジルとシソ

バジルは大きな葉になるボロッソナポリターノ。
バジルのボロッソナポリターノ
大きい株に育つタイプだからか、とても丈夫で秋口まで長く栽培できるのがうれしい。

パープルバジル。
パープルバジル
うちのベランダでは、小さな株になり、育ちも弱々しいです。香り強め。彩りが賑やかになるのが魅力かなあ。

香り大葉シソ。
香り大葉シソ
「香り」とついているけど、香らないシソというのもあるんだろうか?と、つっこみをいれてみたりしてますが。

天神赤シソ。
天神赤シソ
なるほどうっすら赤紫がかってる。緑色の香り大葉シソと比べて発芽率が低かったので、まきなおしました。

それにしても、みな薬味的な葉物野菜ばかりで、食べ応えのあるものがないですねえ。空心菜とかツルムラサキ、モロヘイヤにも憧れますが、少量の収穫量ですと、加熱したら小皿にほんのちょっぴりのつきだし的存在になりそうです。
てなわけで、少量で充分よろしい役目をはたす薬味野菜でヨシといたしましょうぞ。

おお、そういえば先日までアブラムシの巣窟と化したルッコラ(種は、サキの栽培奮闘日記のサキさんからいただきました)ですが、いつのまにか爽やかな緑色をして風にそよいでいました。
ルッコラ
葉が大きくなってしっかりしてきたから、アブラムシのお口に合わなくなったんでしょうか。それともテントウムシの幼虫の勤勉な働きによるたまものでありましょうか。
もうだめかもって思ったけど、あきらめなくてよかったです。
な~んにもお世話してませんけど、どうにかなってるみたいでありがたや。この勢いでぜひ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 16:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルッコラに苦戦

3月4日にルッコラの、ロケットとコルチバータとセルバチカエクストラの3種類を種まきしました。それがまあ、なんともはや、むずかしい。

3月30日ごろまではすくすく育っておったんです、こんな感じでね。
3/30 種まきして26日後のルッコラ

それが暖かくなるにつれ、アブラムシがどんどんふえてまいりまして、どうにもこうにも。

4月26日。とりあえず、ポットごと水道の水を上からジャージャーかけてみましたが。また翌日にはおそらく軍団は復活してるんだろうなあ。そんなもんでビビる方々じゃあございませんでしょうし。

ともかく、シャワー後のいくらかさっぱりしたルッコラ一門をご覧くだされたし。

左の縦2列がコルチバータで、その右側一帯がロケットです。
4/26 ルッコラのコルチバータとロケット

ロケットはまだそれでも葉が大きくなっているんですが、コルチバータがちっとも育たん。

セルバチカエクストラにいたっては、ほぼ壊滅状態。
4/26 ルッコラのセルバチカエクストラが全滅

冬にコルチバータを栽培したときは、こんなふうにわりとよく育ってたんですけどねえ。(撮影:2/27)
2/27 ルッコラコルチバータの最後の株姿

アブラムシがご活躍する春の葉物野菜はむずかしいのかもしれません。といっても、苦みのあるチコリにはアブラムシがほとんどいないところをみると、お味のよろしい野菜にとりつきたいということなのでしょう。

あー、もったいなあ。まだ1枚も食べておらんのに。

ふと、葉の裏をのぞいてみましたらば。これ、テントウムシの幼虫ですか?
4/26 テントウムシの幼虫

ははーん、アブラムシが出回れば、テントウムシが張り切るってわけですね。
期待しましょう。ぜひぜひよろしくお願いいたしますぞ。(たった一匹しかおらんけど…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 19:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水耕栽培のルッコラ、終わっちゃったなあ。

ルッコラのコルチバータ。11月に種まきし、当方のベランダでこの冬最も活躍した葉物野菜であります。(撮影:2/20)
2/20 ルッコラコルチバータ
少しずつだけど、とってるうちに、茎がだいぶ短くもなってきました。

とうとう花芽もできておる。
2/20 花芽ができたルッコラコルチバータ

こうやってちぎって食べられるのも、おしまいかあ。
2/20 収穫したルッコラコルチバータ

いや、もう一踏ん張りしてもらいましょうぞ。

花芽を摘んで約1週間後の2月27日。よおし、5㎝くらいにはなりましたぞ。ではでは、これにてお開き。てっしゅう~っ!
2/27 ルッコラコルチバータの最後の株姿

葉を全部摘み取ってタッパーに収納。(右は、すずなりブロッコリーです。)
ルッコラ(コルチバータ)とすずなりブロッコリー

もう最後だからね。こうやってタッパーからすこーしずつ小出しにして食べるのだ。(3/1)
3/1 ルッコラとチコリとキャベツのサラダ
「キャベツ5:ルッコラ3:チコリ2」の割合で混ぜてみる。
にが、うま、から、の味である。おかげさんで、ごく普通のキャベツの千切りがおいしーくなるのだな。

ところで、このルッコラの種袋をみたら、種は4000粒入りだそうでございますよ。どっひゃー、です。
ルッコラコルチバータの種

これだけありゃあ、一生もんじゃあございませんこと? さっさと次の種まきをいたさねば。種にも寿命があるんだろうし。
このタイプの種袋って、ルッコラといい、チコリといい、ほんに使い切れんほどの分量でありますなあ。
けど、こんなにあったらしかし、種の寿命より先にわたくしめが終わっちゃうんじゃなかろうかね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ルッコラとクレソン | 16:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT