FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キュウリ「鈴成四葉」初生りですが

キュウリ2株。それぞれ4月9日と19日に種まきして、ようやく最初の1個が実りましたぞ。(撮影:7/11)
鈴成四葉。初めての実。

やれうれしい。

ですが、場所はこの位置。物干し竿の高さですがな。
鈴成四葉。水耕栽培の2株。

ここまで、ずーーーーーーーっとなしのつぶてだったのです。

あ、雌花が咲いたあ、と思っても、じきにこれですわ。
鈴成四葉。できそこなった実。

すでに先端の成長点切り取ってますしなあ。

このキュウリのお名前は「鈴成四葉(すずなりすうよう)」。すずなり、って…。まあ1本だから、リ~ン、と1回は鳴りましたかね、はい。

あ~あ、こんなことなら当ベランダでもわりにたくさんできるミニキュウリの「ラリーノ」にしたらよかったと思わんでもないのですが。食べたいのは、この四葉タイプのイボイボキュウリなので、ゆずれなかったのです。

2株のうちの1つは、培養土が「あく抜きベラボン」です。
あく抜きベラボンの培養土。水耕栽培のキュウリ。

その根っこ。なかなかにりっぱなおひげをたたえておいでです。
鈴成四葉の水耕栽培の根。(培養土はあく抜きベラボン)

もう一株は、「溶岩礫(ようがんれき)」。
溶岩礫の培養土。水耕栽培のキュウリ。

この株は種まきが10日ほど後なので、根はやや短いけど、同じく白くてきれいでした。
鈴成四葉の水耕栽培の根。(培養土は溶岩礫)

てなことで、根っこ的には共にお元気。まだ脈はありそうです。

途中の茎には、一応雌花もちらほら見うけられることですし、この雌花の方々に期待してはみますけども。
鈴成四葉の雌花。

な~に、いざとなったら選手交代。控えの2株に替わってもらいまさあ。
鈴成四葉の苗。

収穫した1本。これが最初で最後かも。つつしんで、いただき申し上げます。
鈴成四葉の初収穫。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 14:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリ「鈴成四葉」花盛り

今年、3月9日に種まきしたキュウリは、5月に初めに1本収穫したっきりおなくなりになりました。時期が早すぎたのでしょう。
第2弾は4月9日(と19日だと思う)。これならどうじゃろか。

6月11日。2リットルのペットボトル育ちは、フェンスの淵から物干し竿に到達しました。
6/11 ペットボトルで育っているキュウリ(鈴成四葉)

こりゃいかん。植えかえせねば。
キュウリ(鈴成四葉/すずなりすうよう)は、2株ありまして。

一つは、培養土が「あく抜きベラボン」。ペットボトルから引き出してごみ箱容器へ。
6/11 水耕栽培であく抜きベラボンのキュウリ(鈴成四葉)の根

もう一つは、「溶岩礫/ようがんれき」。こちらもお引っ越し。
6/11 水耕栽培で溶岩礫のキュウリ(鈴成四葉)の根

それから9日後、6月20日。ジャーン、どちらさんも身の丈60センチあまりにお育ちになりました。
6/20 キュウリの水耕栽培(2株)

ベラボンの株の根。
培地があく抜きベラボンのキュウリの根

溶岩礫の株の根。ちょっと、短めですけど。
培地が溶岩礫のキュウリの根

じつは、これは植えかえのとき、すでに根が柔らかくなっていたので、先端を切り取っています。けれどその後、新しい太めの根がでてきているのでたぶん持ち直すのではないかと思うのですよ。

ほら、実もつけていますしね。
キュウリ「鈴成四葉」の雌花

このキュウリは四葉(すうよう)タイプなので、とげがいっぱいです。収穫するとき、洗うとき、手が「ヒエッ!」って痛いのなんの! 鬼さんのこん棒もかくや、ですわ。
でもねえ、歯触りとキュッとしまったお味がよろしいので、育ててみたくなるのです。収量が少ないのが残念だけど…。

なお、こちらには予備の苗も控えております。
予備のキュウリ苗

さらに、ここにも。
予備のキュウリ苗

じつは、この予備の苗は、わがや用ではなくて、友人たちとお借りしている近所の畑のための予備として持っていくつもりだったんです。でも、畑のキュウリは元気なので不要になり、わがや用になったというしだい。

予備も合わせて全6株。どんだけ、キュウリ食べるんだあ、ですが。
いや、それよりも、狭いベランダのどこで育てるんだあ、ですな。
ま、キュウリ栽培も苦手なわたくしですから、ぜ~んぶ育つとは思えませんので、なんの心配もいらんでしょう。
あ、前回は1本だけだったので、このたびはせめて2本は収穫したいぞ、とねごうております。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 20:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリ初収穫だけど

苦戦のキュウリである。まだ3月6日。寒いのに、種を早くまきすぎたようで、なかなか大きくならんのだ。ま、それでも、収穫第一号の実はできたのである。

おお!なかなかに凜々しいではないか。(撮影:5/7)
5/7 キュウリのなるなる。ペットボトルの水耕栽培。

がしかし、ちいさいぞう。株の身長は30センチほど。実は普通サイズになるはずがこれだもん。
5/7 キュウリのなるなる。ペットボトルの水耕栽培。

手のひらサイズよ。
5/13 収穫したキュウリのなるなるの実。

このほかにも雌花があるにはあるが、花の下が黄色くなってるからおそらく大きくなれんでしょうな。
5/13 キュウリのなるなる。大きくなれない実。

根っこもあまり育っておらんようだ。うーん、これにておしまいにいたしましょう。
ペットボトルで水耕栽培のキュウリの根

あ、じつは同じ品種のキュウリがもう一株あるんです。ごみ箱容器で栽培してるんですが。

ね、すがすがしいほど、葉がないでしょ。
ごみ箱で水耕栽培のキュウリのなるなる。

それでも、節ごとに雌花をつけているんだなあ。1カ所に2個もついていたりするのよ。
ごみ箱で水耕栽培のキュウリのなるなる。

根もご覧下されたし。
キュウリの根。
ペットボトルの株よりはましかなあ。

この2つのキュウリはともに名前が「なるなる」ですからねえ。その名にふさわしいつくりではあるようです。
いや~、瀕死のキュウリ、キュウリ危うしですな。

でも、手は打ってありますのさ。はい、新たに種まきしましたとも。品種は、とげとげのある「鈴成四葉(すずなりすうよう)」。
キュウリの鈴成四葉
ど、どうか、よろしくお願いいたします、今度こそ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 21:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まき早すぎたキュウリ

はやばやと3月6日に種まきしたキュウリの「鈴成四葉(スズナリスウヨウ)」なんですが、はて? 双葉がでたあたりまでは覚えてるけど、どっかいっちゃいましたなあ。(たぶん、枯れた。)

そして、それより前、2月13日に種まきした「なるなる」は、かろうじて生き延びております。

がしかし、葉におうど色の斑点ができて縮んでしまいます。(撮影:4/19)
4/19 キュウリの「なるなる」。葉におうど色の斑点ができる。

病気だろうか。とりあえず、痛んだ下の方の葉を取り除いてみました。復活しますかねえ、どうでしょう。

4月22日。斑点は広がってはいないようです。
4/22 痛んだ葉を取ったキュウリの「なるなる」。

この株の双葉の上4段目あたりに雌花ができていました。
キュウリのなるなるの雌花。

もう一株も、生存中でありまして。(4/22)
4/22 痛んだ葉を取ったキュウリの「なるなる」。

こちらも雌花が咲きました。(4/27)
きゅうりのなるなるの雌花。

今のところ、なんとか保ってはいるようです。
それにしても、病気がちなところや、育つスピードが遅いところをみると、おそらく種まきが早すぎたんでしょうねえ。いかんいかん。

一方、これらの苗よりもさらにあとの4月5日と19日に種まきしたキュウリ(鈴成四葉)もありまして。これがまあ、じつにすくすく育っておりますんですわ。(撮影:4/27)
鈴成四葉。種まきが3/5と、4/19(?)の苗。

なーんか、結果は歴然、って感じ。おべんきょうになりました。

上記のキュウリ苗のうち、双葉の2株はわがや用で、本葉が出始めた4株は、友人たちと近所でお借りしている畑用に持って行こうと思ってます。とはいえ、まだ寒さが戻ってくるかもしれんので、もうしばらくは当ベランダで待機ですが。

ところで、明日は、そのお借りしている畑で、ショウガやらサトイモなどを植える作業をする予定でありまして。

こちらは、その畑です。4月1日に耕してジャガイモを並べたところ。
4/1畑のジャガイモ

種イモからは、にょっきりと芽がでてました。
4/1 畑のジャガイモ

さて、その後どうなりましたかなあ。芽がでているらしのですが、まだ確かめてはおらず。
畑は、虫やら鳥やら川のせせらぎやら。ベランダにはない、にぎやかな別世界。ありがたい一日になりそうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種から栽培のキュウリ2種

【はじめに:訂正とお詫び】
このたびはキュウリの話なのですが、その前に。正直に白状いたさねばなりますまい。
じつは、今まで使っておりました水耕栽培用の液体肥料につきまして、濃度にまちがいがありましたことを、ご報告申し上げます。

大塚ハウス(現在はOAハウス)という液体肥料を、水で薄めて使用しておるのですが、容器につけた印がまちがってました。「4リットル入りのペットボトルの4リットルのところまで水を入れよう」というつもりでマジックで印をつけたはいいが、印の位置が下すぎたのです。
液体肥料の濃度をまちがう

そもそも4リットルのボトルなのだから、ほぼ口元のところまで入れて4リットルでしょうに…。
なにゆえ、かくも下の位置につけたかなあ。
そういえばこれまでも、なんとなくへんだなあとは思ってたんですよ。

でもね、一番最初、体重計でペットボトル自身の重さをはかるときに、軽すぎて値を正しくはかれなかった覚えがあります。そこでそのあと水を入れてはかったときには、てきとーに「このあたりかも~」てな感じで印をつけたような記憶が。ハハハ
こうして間違えたままの濃度高い液体肥料を使用して、なんと5年。(^_^;)\(・_・) オイオイ…なわけです。

このたび、液体肥料を新しく「ハイポニカ」という商品に変更するにあたり、改めてはかりなおしたところ、ようやくこの大いなる間違いに気がついたというしだい。
まったくもって、こんなじゃ昨今の報道でお見かけする御免なさい記者会見を笑えませんわ。ハハハ

ま、とはいえ、その間、とくだん困ったこともなかったので、これくらいの間違いは許容範囲なのかもしれません。(いや、気がついてないだけだったりして、ね。へへっ)

さ、そんなことでしたけど、これからは正しい液体肥料の分量で進めていくしょぞん。まことにどうもすみません。

ではでは、やっと、キュウリの話。
今年の春は、なんだか早々と暖かいので種まきも早めてみました。(去年より23日早い。)

3月6日に種まきした「鈴成四葉(すずなりすうよう)」が、翌日にはもう根がでました。(撮影:3/7)
3/7 キュウリの「鈴成四葉(すずなりすうよう)」発根

3月18日(種まきから11日後)。双葉のおでまし。
3/18 キュウリの「鈴成四葉」双葉登場

キュウリの双葉って、でっかいんだね。いつもレタスとかチコリの双葉ばっかりみているせいだか、よけいに大きく感じます。

一方、こちらはそれより20日ほど前(2/13)に種まきした「なるなる」。本葉が2枚になりました。
3/18 キュウリの「なるなる」本葉が3枚

種は去年の残りもんだけど、お元気なようで。
日中はベランダにだして日光浴。でも、風が吹くとしなしなになるので、そこだけは注意せねばなりません。それから、うどん粉さんは愛されないキュウリでいてほしいんだが、そううまいこといくんでありましょうか。なんとか応戦すべく、水スプレーかけに励んでみるつもりであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 11:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT