園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すうよう(四葉)のキュウリ

「四葉」と書いて「すうよう」と読むのだそうな。キュウリの話である。なんでも、本葉4枚目から雌花をつけるところからつけられたとか(ネット検索より)。麻雀をイメージしてしまうのは、私だけだろうか。

さてさて、この四葉のキュウリ「多福」にお初の実がなりましてな。
こちらです。(撮影:6/9)
キュウリの四葉多福の実
強烈なイボイボ。おもいっきりまがってるし。ドラゴンと名付けました。

翌日、他の野菜とともに収穫。(トマトは、ピッコラカナリアとMr.浅野のけっさく。キュウリは、なるなる。インゲンの成平。)
6/10 収穫したキュウリのドカナリ千成と多福他

調理。洗って切って並べただけですが。(バジルのボロッソナポリターノもあり。)
6/10 盛り付けたキュウリのドカナリ千成と多福他

あ、インゲンの成平はチンしました。
6/10 インゲンの成平

いつになく豪華な顔ぶれの野菜軍団ですなあ。こりゃあ雨がふるかもよ。あ、もう降ってるか。

四葉多福は、サクッとした歯切れがおもしろいです。いいなあ、四葉。みかけはドラゴンで、とげとげを洗うのがちと大変だけど。
種まきは3月29日でした。株姿はこちら。右側が四葉で、左は普通サイズのキュウリ「なるなる」です。(撮影:6/15)
キュウリ・四葉多福の株姿

なんか、四葉くん、キュウリにしちゃあ葉が大きくないですか。こんなもんですかねえ。
キュウリ・四葉多福の大きな葉

このでかい葉がバサバサと物干し竿方面まで進行中なんでございます。
キュウリ・四葉多福の株の先端

四葉は節なり性が強くないので、子ヅルを伸ばしてその先に実をつけさせる栽培方法がよろしいのだとか。(これもネット検索より。)
が、なにゆえか、節に3本もの花芽ができておるんだなあ。
キュウリ・四葉多福の雌花。3本でている。

こちらは2本。
キュウリ・四葉多福の雌花。2本でている。

ま、お元気でなにより。

ただ一つ、気がかりなのが、うどん粉病。これにはお弱いらしく、他のキュウリにはみられないけど、もっかのところこの四葉さんだけに白い点々が発生しております。
キュウリにできたうどん粉病

しょうがない。薬剤散布をしようじゃないの。「アーリーセーフ」という製品を使用。水で薄めてスプレーしました。
アーリーセーフでうどん粉対策

この薬剤は「天然物(ヤシ油)由来の有効成分で、有機JAS規格(オーガニック栽培)」というものだそうで、収穫の前日まで使用できるそうです。
どうなんですかねえ。能書きからすると効くような効かないような印象ですけど…。

結果、翌日にはすっきり消えておりました。ただ、1週間くらいするとまた白点々がみられるので、再びスプレーしていますが。
まだ1本だけの収穫ですんで、せめてもう数本食べられたらうれしいです。
期待してますぞ、アーリーセーフさん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 18:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリ(だらけ)の季節

ミニキュウリの「ドカナリ千成」が元気だ。この暑いのに。いや、暑いから、か。

ミニキュウリは2株あり。こんなふうにトマトとトマトのあいだの狭い敷地にあるわけなんだが。(撮影:5/30)
5/30 キュウリのドカナリ千成

6月3日。たいそう実をつけている。
6/3 キュウリ ドカナリ千成

ではでは収穫をいたそう。ミニ(ドカナリ千成)を3本、普通サイズ(なるなる)を1本いただいた。にんまり。
6/3 キュウリ ドカナリ千成となるなるの収穫

翌日、6月4日。ありゃ、収穫OKサイズのがさらにふえていた。
6/4 キュウリのドカナリ千成 連なる実

3本かたまってできていたり。
6/4 キュウリのドカナリ千成 節に3本の実

あつめたら、10本にもなりました。
6/4 10本の収穫(キュウリのドカナリ千成)

我が頭のお皿が喜んじゃいますけど、さすがにこれはいただきすぎでしょう。半分をご近所さんにもらってもらいました。

5日。
インゲンとともに、キュウリ。
6/5 インゲンの「成平」の収穫

6日。
連日の収穫だったし、もう収穫サイズの実は残ってないだろうと思ったら、栽培容器のすみっこのほうに隠れてました。左端の異様にでかいのがそれ。
6/6 放置してしまったミニキュウリがでかい(ドカナリ千成)
こんなに育ってしまってはさぞかしごついタネだらけだろうと思いきや、まったく問題なし。猫の前歯みたいなタネでした。なーんだ、これくらい大きくしてしまっても大丈夫らしい。

そして今日(6/9)。
ドカナリ千成の1号株のご様子は。フェンスの手すり付近に果実が集中しているもよう。
6/9 ドカナリ千成の1号株

2号株(エアレーションあり)。こちらもフェンス付近に、にたような大きさのができておる。
6/9 ドカナリ千成の2号株

うーむ、どうしてこうも一斉に同じような大きさで生長が進むかなあ。毎日2~3本ずつとれたなら、ちょうどいいかげんになるのにさ。
いや、文句はいうまい。収穫できてるのはありがたいんであるからして。
なにせ今まで、まともな実なんてできたためしがなかったもん。

それにしても、ちまたのキュウリがお安い。朝どりのでっかいのが5本もはいって150円ですってよ。キュウリの当たり年ってやつですかねえ。
…てなことをのんびり思ってましたらば、なにやらお天気は今後、台風が来るとか来ないとか。
ラララ♪キュウリの季節と思いきや、台風の季節かいっ!

どーすんだ、すでにかようなジャングル密林となったベランダ。室内に取り込むサイズはとうに過ぎているのである。
ベランダジャングルの野菜

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 15:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリの「ドカナリ千成」

「キュウリの実は、すぐに大きくなるから取り遅れないように」というような話を聞いたりするが、当ベランダでは大きくなるもなにも、そもそも実がほとんどできないのが常であります。ああ、そんなうれしい悲鳴をあげてみたいもんですなあ、と思うわけで。

それがまあなんと、ただ今、ちょっとソレっぽい感じに育っているんでございますよ。

ミニキュウリの「ドカナリ千成」がぷらぷらりんとね。(撮影:5/25)
キュウリのドカナリ千成の実

まあなんです、名前が「ドカナリ」だから少なからず実がついていただかないとねえ。

ところが、普通サイズのキュウリ「なるなる」にも実ができてまして。あら、びっくり。
5/25 キュウリの「なるなる」

まあ、これだって名前が「なるなる」ですからね、少しぐらいはなっていただかなくっちゃねえ。はい。

というわけで収穫したキュウリ3本。
5/25 収穫したキュウリ2種類

半分に切ってちょっと塩もみし、一緒に収穫したレタス(ハンサムグリーンと美味タス)と盛り合わせました。なんかちょっと豪華かも。
5/25 調理したキュウリとレタス


そして翌日26日。次のが収穫サイズに育ってました。
キュウリのドカナリ千成

この株だけが実のつきがいいのかなあと思ったら、もう一株のほうにも実ができていました。
5/26 キュウリのドカナリ千成

一節から3本というのがありました。これは、株の下のほうです。
キュウリのドカナリ千成 一節から3本の実

それなら、株の上の方にも「一節から3本」があるんだろうか、とのぞいてみたら。

はい、ありました。
キュウリのドカナリ千成 一節から2本の実

ほ~、なかなかやるじゃないか、「ドカナリ千成」さん。

26日の収穫はこの3本となりました。
収穫したキュウリのドカナリ千成
たぶん、明日もとれそうです。季節もキュウリ向きなんですかねえ。ありがたいことで♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 19:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うどん粉さんに愛されるキュウリは

きましたねえ、梅雨めいたこのジメジメ。当ベランダには、今年ももれなくうどん粉さんをつれておいでです。

いまいましい白点々。
タイのキュウリ「テンクワ」にうどん粉病きたる

うどん粉さん一番乗りは、タイのキュウリ「テンクワ」でございました。
キュウリ「テンクワ」の株

たしか去年もキュウリのなかでは最初に罹患したような。
もしかしたら、タイにはうどん粉病というものはないのかなあ。
種が、うどん粉に対抗できるような処理がほとこされていない種なのかもしれません。
哀れなので、とりあえず、傷んだ葉を取り去り他のキュウリから隔離しておきましたけど…。

あ、少々調べてみましたらば、うどん粉病は、気温が17度~25度(適温21度)で発生し、真夏には消滅するのだそうな。そうか、タイのお国はうんと暑いだろうから、うどん粉さんは生きていけないんでしょうね。なるほど。

ともあれ、かよわいテンクワにも実ができていました。だいぶ薄い緑色のようです。だいじにいたさねば。
タイのキュウリ「テンクワ」の実

もう一丁、うどん粉さんがいました。
イボイボがいっぱいのキュウリになる「四葉多福(すうようたふく)」です。テンクワよりは少なめですが。
「四葉多福(すーよーたふく)」にうどん粉病発生

「四葉多福(すうようたふく)」は、たいそう大きな葉で、茎も太くてりっぱ。
「四葉多福(すーよーたふく)」の株

となりの普通サイズキュウリ「なるなる」が、小さくみえます。
キュウリの「四葉多福(すーよーたふく)」と「なるなる」

「四葉多福(すうようたふく)」の実は、小さいうちからイボイボがいっぱいだあ。
「四葉多福(すーよーたふく)」の実

「なるなる」の実は、イボがおとなしいですもんね。
キュウリの「なるなる」の実

なるなるには今のところ、うどん粉は見あたらず、わりに丈夫なのかもしれません。期待しちゃうなあ。

なお、前回の記事に紹介させていただきました、やけに実をつけているミニサイズの「ドカナリ千成」ですが、ペットボトルではさすがにきゅうくつだろうと、ゴミ箱容器の豪邸に引っ越していただきました。
ペットボトルからゴミ箱に植え替えたキュウリの「ドカナリ千成」

ゆるりと手足を伸ばして存分に育っていただきましょう。そして、さらにさらに活発でお元気そうであれば、超豪華客船のスチロール箱をご用意する所存であります。
とかいって、大いなる期待にわくわくしていたら、あっという間に、シオシオしぼんじゃったりしてね。いやん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリーをさがせ

お暑うございます。とうとうムシムシがやってきましたようで。おかげさまで、ベランダ野菜は伸び放題。じわじわジャングル化が始まっております。

さて、この中に、普通サイズになるキュウリ「なるなる」が見つかりますでしょうか。
キュウリの「なるなる」

ここにも、ミニキュウリ「ドカナリ千成(せんなり)」があるはずなんですけど。
キュウリの「ドカナリ千成」

あのう、トマトとトマトのあいだで、支柱をよじ登っているんですが、ご覧いただけましたでしょうか。見えにくくてすみません。

で、そのミニキュウリ「ドカナリ千成」ですが、たいそうたくさんの雌花ができていました。
キュウリの「ドカナリ千成」の雌花がいっぱい

「なるなる」は、今のところこの1個だけのようです。(ゲッ、アブラムシの数は数えたくありませんぞ。)
キュウリの「なるなる」の雌花

この2株はともにゴミ箱による水耕栽培の株で、もう1種類、ペットボトルによる水耕栽培のものもありまして。
容器をベランダのフェンスにひっかけ、物干し竿までネットでなく、ひもだけで誘導しようという、極めておざなりな装置。
キュウリのドカナリ千成の株

といいますのも、そもそもキュウリの栽培が苦手で、ちっともうまくいったためしがありません。とはいえ、去年買ったタネが残っているから、まあまくだけまいてみるかの淡い期待でスタートしているもんですからテキトー。こんなもんなわけです。

それなのに、やたら実ができておるんですわ。これ、「ドカナリ千成」。
キュウリのドカナリ千成の実

ミニキュウリでして、収穫サイズは9~10㎝だそうです。7㎝ちょっとか。まだ小さいかなあ。
キュウリのドカナリ千成の実

ま、お初なので早めのほうがいいでしょう。プチッと2本。
収穫したキュウリのドカナリ千成

他の野菜も合わせて収穫。
この日の収穫いろいろ

ありがた~くいただきますです。キュウリは、パリパリして美味しいっ! 取り遅れると、柔らかくなるそうな。

それにしても「ドカナリ千成」さん、なかなかやりますねえ。じつは、最初この商品名を拝見したとき、ちょっとなんかねえ、「千成」だけでもアピール度は充分であろうと思うのに、さらに「ドカナリ」までつけちゃって、ずいぶん大きく出ましたなあ、と思ったもんでした。
それがまあ、どうやらお名前にそう、ドカナリさんにおなりのようで、恐れ入りました。

これからも、どしどし実をつけておくんなさいませね。
なおこれからのち、うどん粉病がやってこないことを祈るばかりですが、はて…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT