FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第3弾のキュウリおしまーい

キュウリは今年、どっさりいただこうと欲ばりまして3回目の種まきをしたのが7月17日でした。品種は、2種類。

8月19日。第3弾の初収穫。ミニキュウリの「ドカナリ千成」。新しい実はふっくらピカピカ。美人さんですなあ。(となりは一緒に収穫したパプリカ。)
8/19 第3弾ドカナリ千成の初収穫

8月25日。株の背丈は物干し竿ほどになりました。茎は、4本立てくらいにしています。
ミニキュウリのドカナリ千成の水耕栽培株

もう1種類のキュウリは、イボイボの「四葉多福(すうようたふく)」。こちらもなかなかな身長っぷり。(撮影:8/25)
8/25 キュウリの四葉多福の株

しかし、実はたったの1個ですのじゃ。雌花ができても衰弱して落下すること多し。
8/25 キュウリの四葉多福の実

しかも、葉の裏側にはびっしりと、恐怖のアブラーが忍び寄る。
8/28 キュウリの四葉多福の葉にびっしりとアブラムシ

このままでは到底無事に育ってはいくまい。やむなく、撤収!(むむう、くやしいぞ。)

かくして、四葉多福の最初で最後の収穫は、たったの1本。一緒にとれたドカナリの5本が救いである。
8/25 収穫したキュウリのドカナリ千成と四葉多福

だがしかし、アブラーの猛威は唯一残ったキュウリ・ドカナリにも襲いかかり、茎も葉もベタベタにヌラヌラ。それでも、ドカナリの収穫数は、8月31日までに、24本をカウント。がんばっておる。

でも、もう、全身アブラーまみれ。見るもおぞまし姿に。ほんにもう、こやつらはどこまでお元気なんですかねえ、。なにしろ、昼間は相変わらず暑いけど、夜は涼しいから居心地がよろしいんでしょう。

もう、たまらん、降参。葉も茎もむしってスーパーの袋にギシギシと詰め込む。
9/1 ドカナリ千成の撤収した葉と茎
袋の口をきっちりしめ、ゴミの日の月曜にだしてやるぅ…。

おっとその前に、根っこも観察しておくのだ。
9/1 ドカナリ千成の水耕栽培の根

なんだ、まだこんなに白くてぴんぴん元気じゃないか。根詰まりもおこしておらんみたいだし。
キュウリのスチロール箱栽培は初めてだったけど、こんな感じでやればいいのだなあと安堵する。

そして、最後の収穫。といっても、なんとかまともなのは2本で、残りはこんな小さなものばかりなのだが。
9/1 ミニキュウリ「ドカナリ千成」の最後の収穫

この小さい雌花を数えたら81本ありました。
ということは、これまで収穫した23本と合わせて、

・雌花81本+少しましな2本+これまでの23本=106本

おお、わがキュウリ栽培史上最高得点ですぞー!
…と、まあ、取らぬ狸の皮算用をしてほくそ笑んでみる。

さ、それはともかく、調理しましょう。

極小キュウリも塩をふって冷蔵でひやしました。
お酒のつきだし程度にはなりましたぞ。
9/1 ドカナリ千成の最後の収穫。雌花も食べる。

ポリポリとかっぱえびせんのようにいただきました。ごちそうさまでした。(ごちそう、かあ?)

【自分用栽培メモ】
ドカナリ千成
・1回目が3/29…初収穫:5/25…撤収:6/27…収穫合計:42本/A株(エアなし)、37本/B株(エアあり)
・2回目が6/17…初収穫:8/2…撤収:8/22…収穫合計:62本/株(エアーなし)
・3回目が7/17…初収穫:8/19…撤収:9/1…収穫合計:24本/株(エアーなし)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 14:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2弾のキュウリの結末

6月17日に種まきした2種類のキュウリ。

左がイボイボの実になる「多福四葉(たふくすうよう)」で、右がミニの「ドカナリ千成」です。(撮影:8/15)
8/15キュウリの四葉多福とドカナリ千成の株

お盆すぎあたりからもうあまり実ができなくなり、葉も痛んできたのでおしまいにすることにしました。

ところで、この2株はともに栽培容器が、2リットルのペットボトル→ゴミ箱→大きなスチロール箱へと転居しています。例年はゴミ箱までしか使ったことはなく、スチロール箱は今回が初めて。ちょっとドキドキでした。

なにしろ、ゴミ箱のときは暑さのためか根がとろけてしまうことが多々ありまして。それなら、でかいスチロール箱にすれば液肥の量が多いから水温も上がりにくいだろうし、との思惑でのぞんだわけなんであります。
でもねえ、「こうして大がかりな設備にしたけど、やっぱり根はとけました」になったらがっかりだよなあ…とも思うわけで。

さて、どんなもんでしょう?

【多福四葉の根】(8/20)
8/20 キュウリの四葉多福 水耕栽培の根
ほ~~、根はとけてない。液肥も、一度もとりかえたことがなかったけど、よどんでない。なかなかにいいじゃん。

【ドカナリ千成の根】(8/22)
8/22 ドカナリ千成の水耕栽培の根
上に同じく、お元気な根であります。イエ~イ!

けっこうですなあ。箱いっぱいにすべく、液肥をキッチンからベランダへ何回も運んだ甲斐があるってもんです。

なお、もう一つ、根の部分をいれている穴のあいたザルのような黒い鉢(穴鉢)がありまして。これを少し加工したものがあります。

どんなもんかといいますと、これですわ。
穴鉢の底を切り取り、紐を渡してストッパーにした。

これはその改造した鉢をトマトに装着したときの写真ですが、要は、鉢の底を切り取ってなくしたかわりに、紐を十文字に渡してとりつけてただけのものです。鉢の底の穴より、渡した紐のほうが根が広がりやすいのではないか、と思ったのでした。

で、この紐付き鉢を、今回、キュウリにも試してみたというわけです。
結果は、これだけではわかりませんでした。底がついたままの鉢も同時に栽培していなかったですもんね。まあ、根がお互いに絡まって根詰まりしてはいないので、なんとなーくうまくいったような気はしてます。(当社比ってやつですな。)

それともう一つ、便利なことがありました。底がついたままの鉢ですと、根が鉢に食い込んでなかなか取り外せないことがあるんだけど、紐付きに加工した鉢だと、紐をはさみでプチッ。

切り取れば、根が簡単にとりだせて楽ちん。いいなあこれ。
8/20 キュウリの四葉多福 水耕栽培の根

ただし、今度新しく苗を鉢にいれるときには、紐をつけ直さなくてはならんのが、ちとめんどう。うーん、どっちもどっち、かなあ。


さて、株の撤収と同時に、最後の収穫もちょっぴりだけどできました。

イボイボの多福四葉は…ちっさ!
8/20 キュウリの四葉多福 最後の収穫

この中の2本をカウントすると、四葉の全部の収穫合計数は、な、な、なんと、8本
ショボいですな。しかしゼロよりはよろしいわけで、なんともはや…。
もったいないから、ごく小さいのもすべていただきましたぞ。洗って塩をまぶしてな。ポクポクした歯応えがあり、ま、これはこれでおもしろかったです。

一方、ミニのドカナリ千成の最後の収穫。
8/22 キュウリのドカナリ千成 最後の収穫

ミニの全部の収穫合計数は、61本でした。これを多いとみるか、少ないとみるか。
ちなみ、1回目のドカナリ千成の種まきでは…42個(エアレーションありは37個)でしたから、それよりも19本多くとれたってことで、わたくしとしては大満足であります。(「千成」にはほど遠いですけどぉ。)

最後に、第2弾撤収記念として、最もにぎやかな彩りのシーンを記して、ゆく夏を懐かしみゴックンすることにしたします。

8月18日の収穫。オレンジ色のパプリカは、この2個が最後の収穫でした。
8/18 収穫した多福四葉とドカナリ千成とパプリカ

切って塩をふり、ちょっぴりレモンもいれて浅漬け風にしてみたです。冷蔵庫で冷やして、旨し。ごちそーさまでした。
8/18 収穫した多福四葉とドカナリ千成とパプリカの塩もみ

さて、キュウリは今、第3弾の種まき組が育ちつつあります。

そうそう、朝の散歩の道すがら拾ったドングリ。(8/22)
8/22 ドングリ

近所でお借りしている畑でひろったクリ(8/23)
8/23 クリ

キュウリに浮かれているけど、じわり、秋が近づいているのだなあ。だ、だいじょうぶか?

【栽培記録自分用メモ】
ドカナリ千成:
・1回目が3/29…………初収穫:5/25………撤収:6/27…収穫合計:42本/A株(エアなし)、37本/B株(エアあり)
・2回目が6/17………初収穫:8/2………撤収:8/22…収穫合計:62本/株

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 19:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリの種まき時期をみあやまる

キュウリをたくさん食べたいもんだと欲ばって、種まきを分けてみることにしました。(品種は:ミニのドカナリ千成。)

・1回目が3/29…………初収穫:5/25………撤収:6/27
・2回目が6/17………初収穫:8/2………

で、この2回目の株がまだあるけれど、

3回目の7/17……に種まきしたわけなんですが。これがまあ、生長が早いこと早いこと。フェンスの手すりに達する背丈になっちゃいましたがな。
3回目に種まきしたドカナリ千成の花芽

しかも、すでに実。
3回目に種まきした株・ドカナリ千成の実

種まきから一ヶ月でこうなりますかねえ。キュウリ、恐るべし。

ですが、喜んでばかりもおれんのです。根がこれまた大きくなってました。
3回目に種まきした株・ドカナリ千成の根

これじゃ栽培容器がゴミ箱だもん、きゅうくつでしょう。ああ、もっと大きなスチロール箱に引っ越しさせてやらにゃあいかんのですが、
あいにく使用中なんでございますよ。

2回目に種まきしたキュウリ様がご健在なもので。
2回目に種まきした株・ドカナリ千成

2回目の株の下の方にはもう実はないのだけど、上の3分の1ぐらいにはまだぶら下がっておるのです。
2回目に種まきした株・ドカナリ千成の株の上部

しまった、しまった。3回目のやつの種まき時期が早すぎました。あと2週間くらいあとにしときゃあよかったのにぃ…
種まきって、むずかしいなあ。

ところで、きょうの気温の涼しいこと。このあたり最高が27度でございましたよ。こりゃあ、あっというまに秋風ピープー吹いてきて、キュウリなんか2番目も3番目も一挙店じまい、ってことになっちまったりしてー。ううっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2弾のキュウリ 成功と失敗

ミニのキュウリ「ドカナリ千成」の初収穫は、たしか8月2日でした。それからぽつぽつとれ始め、今、最盛期にはいったみたいです。(種まき/6月17日)

8月14日。イボイボのは四葉多福(すうようたふく)。こちらはめったにとれませんなあ。
8/14 収穫したドカナリ千成と四葉多福

8月15日。おっ、5本も。珍しや。
8/15 収穫したドカナリ千成

左が四葉多福の株で、右がミニのドカナリ千成の株です。どちらもスチロール箱による水耕栽培で、エアーレーションなし。
8/15 ドカナリ千成と四葉多福の株

ミニのドカナリ千成は、株の根元付近にもまだ数個実がついてますが、
ドカナリ千成の株の根元付近

中間あたりが一番ブラブラしてますなあ。
ドカナリ千成の株の中間あたり

でもでも、よーく見るとしなびてしまった雌花もあるんですねえ。青い×印のとこ。
ドカナリ千成のしなびた実と、元気な実

こういう失敗作は、数えてみると数本はあったりするので、うまく育っていくのはそう簡単じゃないのかもと思いました。

なかには、ヒョウタンというかラッカセイ型の実もあるようです。キビシイ猛暑環境ゆえ、やせ細ったか?
8/14 ドカナリ千成のひょうたん型になった実

キュウリがまっすぐに育つということは、ミニでも難しいのかもしれませんなあ。

一方、イボイボのキュウリ四葉多福にも、ふにゃふにゃになってる雌花が数本ありました。
8/13 四葉多福のしなびた実

四葉多福は、そもそも実の数が少ないので、こういうボツの雌花があるとガクッと収穫量が(気分も)落ちますわ。
だから、雌花ができていもハラハラドキドキ。

実がこれくらいの長さにまでくなってくれると、ホッとします。
四葉多福のしおれていない実

曲がっていてもいいのだ。できてるだけでうれしいですぞぅ。
四葉多福の株の根元付近

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 16:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑い日は室内工作

キュウリ続きの記事で恐縮ですが、キュウリは、ミニキュウリともう一株、イボイボの実になる「多福四葉(タフクスーヨー)」があるのです。これが今、小さいゴミ箱容器のままなんだなあ。
ゴミ箱容器のキュウリ(多福四葉)

株のてっぺんは、すでに天井のエアコン室外機にまで到達しておりまして。
キュウリの多福四葉

四葉は葉っぱが大きくけっこうな大株になるもののようで、すでに液肥の消費が激しく、朝に晩によくお吸いになるのです。
大きなスチロール箱に引っ越しさせたいけれど、あいにく水耕栽培用に加工したものは出払っていて在庫無し。しょうがない、新しく作るしかないでしょう。暑くてなにもやる気がせんけど。しかも、けさはめまいがして(あ、良性発作性頭位めまい症というやつなので、そのうち収まる)、上と下を向くのがしんどいから、じーっとしていたいんだけど…ぶつぶつ。

というわけで、はい、できましたあ!
スチロール箱にアルミ蒸着のシートを貼る。

作ってみるとわりに簡単でした。遮光用のアルミホイルを貼り、さらにその上にシートを貼ればほぼおしまいなんだもん。貼るったって、セロテープでぺたぺたするだけだし。あ、鉢をいれる穴と液肥を注ぐ穴はカッターでくり抜きました。

液肥を注ぐ穴には、シートでふたができるようにしました。
スチロール箱に液肥の注ぎ口をあけた。

内側には、ビニール袋を開いて装着。液肥で内部が汚れても、取り替えられるようにと思って。
スチロール箱の中にビニールを貼る

さっそくにお引っ越し。これが一番めんどうだったかも。株の根元を抜き取ってスチロール箱のほうに移動させるだけなんですがね。
ま、なんとかできましたあ。
スチロール箱のキュウリ(多福四葉)

液肥を注ぐと、全部で24リットル入りました。ゴミ箱の6倍くらいは入った勘定になりそうです。おお、さすがスチロール箱はでかいね。

下の方にはすでに、わき芽ができていました。
わき芽ができているキュウリの多福四葉

この雌花が、一番早く実になるのかな。ニンマリしちゃいます。
キュウリの多福四葉 雌花

ま、でも育ってみるまでは安心できませんのさ。だってこの四葉のキュウリときたら、うどん粉にかかりやすいのです。水の入った霧吹きで朝晩シュッシュしているおかげか、今のところ大丈夫みたいですが油断なりませんからなあ。

なお、スチロール箱になったおかげでベランダの空間がいっそう狭くなった感は否めません。せめて、育苗中のもろもろを箱の上にでも並べておくことにしましょうかね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT