FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水ナスのリセット

1月に種まきした水ナスはその後、初収穫の1個をいただき、2個目をいただきして、だいぶと大株になりました。(撮影:7/26)
7/29 水ナスの株

ベランダにあるとそう大きくも感じないのですが、室内に取り込むと、けっこうお邪魔サイズ。
こちら、この前7月に台風がきたときには、こんなふうでございました。(撮影:7/24)
7/24 水ナスと私

さて、その水ナスなんですが、このところどうも思わしくないんであります。

正常な葉っぱは、たぶんこんな感じなんだろうけど。
正常なナスの葉と新芽

病に陥っているのは、葉が縮れたようになって、葉の裏がテカテカに光ったり、ざらついたりしてる。葉脈が浮き出たように太く見えるのだ。
チャノホコリダニのしわざ?

そういえば、たしか毎年こんな症状になったっけ。そのうち実がならなくなり、できても石ナスぐらいのもんだから、じきに廃棄してしまってたぞ。この暑さですもんねえ、生理障害とかなんとか、お疲れがでているのかも。
うーん、さて、どうしよう?

ま、とりあえず、傷んだものは切り捨てるとしよう。バッサリ!(8/7)
切り取ったナスの葉

散髪後の水ナス。
剪定後の水ナスの株

ずいぶんと小さくなりました。疑わしきは罰せず、じゃーなくて、怪しいものはすべて茎も葉も切り落としてやったぜい。
病は元から絶たなきゃって思ったもんでさあ。へへっ、これでどーよ。

ところで、少し時間ができたので、あの病気はなんだったんだろうと今日になって調べてみましたのさ。
すると、タキイ種苗株式会社さんのサイトの「病害虫・生理障害」のページに「チャノホコリダニ」という解説がございまして、どうやら、これが原因であったと思われるのです。

以下、引用--------------------------------------------
葉の縁が内側に曲がったり、葉に穴があく(写真1)。葉裏は緑褐色になってテカテカと光る。
 新芽が萎縮し、芯止まりになる(写真2)。
 果実のガクとその周辺に傷がつき、褐色になる(写真3)。果実の被害はミナミキイロアザミウマと似るが、チャノホコリダニではガク全体に傷がつくので区別できる。
 チャノホコリダニは家庭菜園で非常に多いが、虫が見えないのであまり知られておらず、病害や生理障害と間違われやすい。葉の縁が内側に曲がること、新芽が萎縮すること、果実のガクに傷がつくこと、の3点により診断できる。
-----------------------------------------------------

「果実のガクとその周辺に傷がつき、褐色になる」とありますが、そういえば、せんだって8/4に収穫した実がそれでしたわ。
ほらね。特に左の実がそれっぽい。
8/4 収穫した水ナス

ふむふむ、原因が小さい虫であったとはねえ。
ということはだ。こまめな散水で防げる可能性があるかもです。右手でペットボトル製の圧縮噴霧器(百均さんの製品)を操作して水をかけ、左手で葉をもみもみ。
よーし、がんばろう!

ところでですねえ、枝葉をあれほど切ってしまう意味はあったんでしょうか。まだほんの数個しか収穫できていないような株なんすけど。たくさん収穫してきた株ならまだしもねえ。
あ~あ、もったいないことをしたかもなあ、とブツブツ思うんでありました、とさ。

ま、やっちまったものはしょうがありません。
この新しい芽に期待してまーす。
水ナスの新芽

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 16:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水ナスをしぼったら、水はしたたるのだろうか

水ナスは、去年初めて種まきして育ててみましたが、まともなものはできず撃沈いたしております。そもそもナスはこれまで、数個ぐらいしか実ができたことはなく、極めて難易度の高い野菜の一つ。あ~あ、やっぱり今年は(も)ダメなんだろうなあ。

…それが、なぜだかそれなりに育っておるんですわ。(撮影:7/16)
水ナスの株姿。

花とか咲いて。
水ナスの花。

実とかつけちゃったりなんかして。
水ナスの実

2日後。もう取ってもいい大きさなんだろうか、これ?(7/19)
7/19 初収穫の水ナス

よくわからんが、やっちまえー。ブチッ、ブチッ。
7/19 2個の水ナス

ほほほ。ところで、このあとナスを片手でぎゅーーーっとしぼってみたよ。だって、ネットで見たんだもん。しぼったら、お水がシューッって飛び出してるシーン。「これぞ、水ナス!」てな感じがするじゃない。あれ、やってみたかったんだもん。
ところが、一滴もでない。ただナスがつぶれただけでした。ガーーーン、なのだ。

あれは、ああゆうこともある、という程度のことで、実際にはめったにないことなんだろうか。それとも、うちのナスが水無しだったからなんだろうか。なぞだわ…

はい、ともあれ、調理にかかろう。薄めに切って塩をふり、キュキュッともんでおしまーい。取ってきたシソをきざんで、ゴマもふっといた。
塩をふってもんでおしまいの調理の水ナス

うまいです。果肉がやわらか。ふわっと甘みがするんだ。これが水ナスっちゅうもんでしたか。いただく物初めてでござんす。
いやあ、しあわせ、しあわせ。今晩はぐっすり眠れそう、な、気がする。熱帯夜みだいだけどさ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

留守の効用

ちょいと家を留守にしてました。出かける前、6月13日に種まきしたキュウリ2種類は、こんな感じでした。

左がミニキュウリの「ドカナリ千成(せんなり)」。右はイボイボになる「多福四葉(タフクスーヨー」)。(撮影:7/12)
7/12 キュウリのドカナリ千成と四葉多福。

家にもどり、ベランダはどうなっているやらとのぞいてみたら。

イボイボの多福四葉の葉っぱ、でかっ。(7/16)
四葉系のキュウリ「多福」

ミニのドカナリ千成は、茎がビヨンビヨーン。
ミニキュウリ「ドカナリ千成」

とり急ぎ、ペットボトルからゴミ箱容器に引っ越しさせましたが、これでもてぜまな感じがいたします。いつのまにこんなに。
そういえば、こうして引っ越しさせたときって、目の前にある同じ植物なのに、小さい容器から大きな容器に入れ替えた瞬間、思いのほか大きくなってると感じることがよくあります。大きな容器に入れたんだから、苗が小さく見えてもよさそうなもんなのにねえ。なんか不思議。

ミニのドカナリですが、よく見ると節と節のあいだがずいぶん詰まってます。
ミニキュウリの「ドカナリ千成」節のあいだが、とても狭い。

前回、3月29日に種まきしたときは、葉と葉のあいだがえらく間延びしてましたけどねえ。このたびは、気温は高いし、いいお天気続きだからなのでしょう。

そして、本日の朝の収穫。トマト(Mr.浅野のけっさく)とトウガラシ(甘とう美人)とシソ。
留守にしただけあって、いつになく多めです。
トマト・Mr.浅野のけっさくと、トウガラシの甘とう美人。

昼過ぎは、シソとバジル。ボールいっぱい。
シソとバジル
ありがたや、ありがたや。

毎日ベランダ野菜をながめているときは、さして生長していると思ってなかったけど、ちょいとあいだをおいたら、ぐぐっとデカくみえるもんですなあ。まとめてドーンの収穫も豪華でたのし、うれし。

ただし、液肥の消費が激しく、容器の底にわずかしか残っていないものもあって危機一髪でござんした。夏のお留守はヤバいです。
おかげさんで、キッチンでペットボトルに水を補給し、液肥をはかりとって注入。ベランダへ運び、おのおのの容器に追加、追加、追加。ああ、キッチン⇔ベランダ。何回往復したことか。
ときどき、自分にも冷蔵庫から冷茶&強炭酸水を胃袋へ、追加、追加、追加。

せめて、旅姿の服を脱いでから液肥の追加をやりゃあいいものを、汗だく、びっしょり。帽子もかぶったままだし。ほんと、なーにやってんだか。へへっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水ナス、どうかしらねえ。

ナスは、観葉植物といいますか、葉を愛でるしかない大木になるか、あるいは貧弱な株に数個の実ができて消滅していくのがつねである。とはいえ、希望はすててないから、今年も3月29日に種まきした。だが、まいてはみたものの、例によって育ちが遅く危うい感じ。

5月10日になっても、さして大きくはならず。
5/10 水ナス

まあねえ、水ナスは去年も育てて1個も収穫できないまま、株が大きくならずにボツでしたから。うす~い期待でまいりましょう。

6月5日。かろうじて左端に写っているのが水ナス。なにしろ、右のパプリカに注目してましたもんで。
6/5 水ナス

それでも、このところの暑さのせいか、ちょいと大きくなったみたいですのさ。

7月3日。背丈は40センチくらいでしょうか。ま、一応栽培容器をペットボトルからゴミ箱にしてあります。
7/3 水ナスの株

ほ~う、花が咲いてます。たしか一番花はひとりでに散ったみたいだから、これは2番目になるのかな。
7/3 水ナスの花
もしや、実になったりして? いや、どうでしょうね。

がぜん注目度が上がります。ビヨ~ン↑

7月6日。おおっ、着果したかも、かも、ビヨ~ン↑ビヨ~ン↑
7/6 水ナスの実かも?

ほかにも花がちらほら。
7/6 花芽が数個できはじめた水ナスの株

このところ毎日、朝に晩に「どうかしらねえ」と、のぞいてみるのでありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水ナスと白だしと切り戻し

前回の収穫から10日ぶりに、水ナスが3個とれました。よっ、お久しぶりっ。(撮影:8/6)
水ナスの収穫

皮が固いのでまだらにむき、ビニール袋に白だし大さじ3とナスをいれ、重しはせずに冷蔵庫へ。
白だしに漬けた水ナス

果肉は柔らかだから、短めの半日くらい漬けたところで頂いてみました。しっかり白だしのお味。ハハハ、あたりまえかあ。
あ、それとこのナスの甘味も加わり、わりといいかんじに漬かったかなあ。

ところで、この「白だし」。いったい何でできているんでしょうか。
ヒガシマルの「白だし」

名前からすると、「白」がついているから薄口醤油+だし、かなあ。
裏面の成分を見てみる。
ヒガシマルの「白だし」の成分

しょうゆ、食塩、砂糖…。一番最初の「しょうゆ」って、濃い口の醤油? で、次が「食塩」。なになに、濃い口の醤油と食塩なら、いつもうちにあるじゃないか。それにお砂糖とかだしの素を加えれば「白だし」もどきぐらいにはなったりして…。
ひょっとして、わざわざ買うまでじゃなかったかもぉ。あら~~~、だわ。

いいや、じつはこの「だし」の配合が美味しさのポイントなのかもよ。そんじょそこらの旨味じゃないのかもしれんじゃないか。
うん、そうだ、そう思うことにしよう。せっかくお買い求めした「白だし」ですからな。

なお、「保存方法」は常温ですって。なーんだ、冷蔵庫に入れなくてもよかったんだ。助かるなあ。塩味がよおく効いてるってことかしらね。

さてと、お次の収穫はどれかしらねえ、とのぞいてみれば、これ一個だけ。
水ナスの実。今はこれ一個のみ。
ありゃりゃ、お尻が怪しい色になってるし。花は見あたらず。当分、収穫は望めないみたいですわ。

水ナスの株全体の大きさをみると、わりに小ぶりで縦も横も1メートルにはなっていません。
水ナスの株。

はい、このたびは珍しくまじめに「切り戻し」という作業に取り組んでます。

収穫した実の上のほうの枝を切り落としました。すると、新しく脇芽が登場するようになるんだそうで。実を収穫するたびにそのとおりやってみましたら、ほんと、ちゃーんと生えてきてました。
切り戻しをした水ナスの枝。

おかげさんで、横広がりの巨大な株にはならずにすんでいるようです。
それにしても、この暑さ。35度ですって。結んだ髪から頭の汗がしたたり落ちてきますのじゃ。まるで屋根のといみたい。
こりゃあ当分、ナスのお花さんなんて望めないでしょうなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 17:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT