園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

種から栽培のニラ:初収穫

2014.05.07.Wed
 去年の6月に、けちょさんからいただいた種の「すごいニラ」。牛乳パックで育てていたのですが、春になったら新しい葉っぱがでてきたので鉢に植えかえました。

それが、だいぶ茂ってきたようです。(撮影:5/6)

この日の朝はちょうど、野菜が冷蔵庫にまったくありません。困ったなあ、とベランダをのぞいてみたら目があっちゃったんだなあ、このニラと。

よしっ、すごいニラに助けてもらおう。

しめしめ、これで一回分は余裕でできそう。

ジャジャーン! ニラの卵とじ完成。

おいしい。やわらかくて、ほの甘で、染み渡るお味でござんす。けちょさ~ん、ごちそうさまでした。

「まあだかな~♪」 と見つめる連休明けの午後でした。

ん? いま気がついたんですけど、一日たっただけで、葉がもう2センチほど伸びていました。やっぱり、すごいニラだ。

【おまけ】
 連休が終わっちゃいましたなあ。
このところずっと稽古やら作り物でばたばたしていたのですが、今日の午後は久しぶりのお休みです。
さて、なにをしましょうかと手に取ったのは、種袋がはいった箱でした。ここはまず、種まきでしょう。
バジルとシソと、あら、今からまける種がないじゃないですか。
キュウリをまいてみたいけど、はて、どんな品種がいいかしらと思案中。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

ネギ類:「気をつけ」をしないアサツキ

2014.04.24.Thu
 ご近所さんから、アサツキというのをいただきました。

葉っぱがこんなに細いのに折れずにまっすぐ。ピンピンといきがいいです。香りもたいそうりっぱです。すごいなあ。どうやったらこんなのを作れるんだろう。

根元を見ると、1本1本まあるくなってました。小さいラッキョウみたい。調べたらアサツキは球根で、多年草なんだそうです。

さてこのアサツキ。いかようにして楽しもうかしらねえ。アサツキをくださった方のお話では、根っこを切り落とせばすぐに食べられるし、このまま土に植えて育てることもできますとのこと。さてさてどうしましょ。

うっふん。そりゃあもう初めての野菜ですもん、育ててみたい誘惑でわくわく。しかも、植えると、葉を切り取って収穫してもまた生えてくるってんだから、まことにお得で万々歳。
よしっ、せっかくだから栽培は水耕と土栽培の両方でまいりましょう。

 まず、苗の半分を鉢に植えてみることにしました。こんがらがった根を慎重にほぐし、球根が大きく育つように1本1本離して土をかぶせましたらば…。

いや~ん、ざんばら髪になっちゃった。せっかく上を向いたまっすぐな苗をいただいたのに~。
もしかして、離して植えるものじゃなかったのかしら? 束のままごそっと植えるべきだったのかしら?
でももう、水耕栽培にするほうの苗もさらに二つに分けちゃったし。それぞれ少量すぎて太い束になりようがありません。

しかたがない。奥の手でいこうじゃないの。
支柱作戦開始。

ペットボトルに2本の支柱を立てて、苗をモールで囲み、それを洗濯ばさみで支柱にとめつけようというわけです。

洗濯ばさみを上下すれば、モールの位置が変えられるという優れもの。

おっほん。われながらグッドアイデア♪ 見かけはともかく。

土栽培のほうの苗もやってみよう。

うーん、いまひとつだな。でもまあ直立不動とまではいかないまでも、横倒しよりはましでしょう。なお、支柱のさきっぽには白いガムテープを貼っておきました。先端が細いので、目にでもささっちゃあぶのうございます。こうしておけば、目印になって気をつけることでしょう。
これでよし。さあさあ球根よ、どんどん太っておくんなさいましよ。

 ところで、こんなにも張り切ってアサツキ栽培に乗り出してるわけですが、じつはうちにはすでに、ネギがいっぱい育っているのでありました。
小さな畑の野菜たち(旧ブログ:プチガーデン)のか~ちゃんさんから頂戴したるちゃんこネギの種がたーんとありまして、それがまあとても元気に育っておるのであります。(種まきは、去年の10月。)

まずは、物干し竿につるしてある2鉢。ぼうぼうですな。

植えた間隔がぎっしりすぎたらしくて、すぐに水涸れしてしまいます。植えかえてやらにゃあ。

こちらは、65センチのプランター植えのもの。

間隔が広すぎだったかも。土がたくさん見えちゃってる。ちょうどいい具合ってのがよくわかりませんわ。そうか、ここに先ほどの鉢のぼうぼうネギを植えかえてやればいいのかな。

 ほかに、水耕栽培のちゃんこネギもございます。

茎が倒れやすいので、プラスチックの薄い板を貼り合わせて囲いました。しかし、これじゃあかえって倒れてしまうのでありました。そこで、下に桶を置いて株の入った容器を詰め込みました。これでなんとかもたせてます。

このペットボトルの株は、すでに1度収穫しており、下から次の芽が伸び始めています。


根元から7センチくらいのところに、最初に収穫した時の跡といいますか、皮がくるりと巻いてありますでしょ。

収穫したあとから出てくる芽は、もっと細くしか育たないかと思ってたんですが、案外太っちょになりました。
一つのペットボトルに10本くらい詰め込んでます。水耕のほうは、これでも大丈夫のようです。

…とまあ、こうして再生ネギまでこしらえてまでネギ栽培にいそしんでいるというのに、このうえアサツキまでも楽しもうという欲張りっぷり。どんだけネギを食べるんですか、といえば、納豆が全部隠れるくらいネギをちらして頂いておるようなしだい。こうなりますと、もはや薬味は納豆のほうでありましょう。

 こうしてネギもつんつんと伸び、ちまたではチューリップが咲き、ツツジも咲き、つづいて新緑の季節到来。
ああ、春っていいなあ、植物の育ちがよくてさ。
ん? ひょっとして、ネギにも花が咲くんだったよね。いやん、ネギ坊主ができちゃったら食べられなくなるんじゃないかい? いかん、早いこと食べてしまねば。欲ばってたくさん育てすぎちゃったかも。
かくなる上は、毎食ごとご飯に振りかけネギしてでも食べ尽くしてやろうじゃないのっ!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

すごいニラ:種まきからもうじき1年

2014.04.21.Mon
 去年の6月25日に、けちょさんからいただいた「すごいニラ」の種をまきました。冬になると葉が枯れ落ちてしまいましたが、大丈夫。根は元気に残っていました。(撮影:1/8)

けっこう太いんだなあ、根っこ。ニラは多年草だそうです。この太めのひげに栄養を蓄えていて冬をこすんだろうか。それにしても寒いぞ、冬の室外。明け方なんか零下だし。

底の浅い鉢で栽培していたので、今度は深めの鉢に替えようと思うのですが、今ちょうどいい鉢がありません。弱ったな。

そこで、牛乳パック。これなら深いからなんとかなるかもと思い、やってみることにしました。

水をやると、容器がふにゃふにゃして頼りないような感じです。大丈夫だろうか。


3ヶ月後。大丈夫でした!無事、芽をだして葉っぱをひらひらさせてます。よかったあ。 (4/7)


このまま牛乳パックでどこまで栽培できるんだかやってみたかったけど、やっぱり心配だなあ。倒れちゃったら困るしな。
というわけで、6号(直径18センチ)の鉢に植えかえることにしました。

それから10日後。(4/16)

なんだか葉っぱが上向きになり、しっかりした感じです。イエーイ!

ニラは、種まきから1年したら収穫できるそうだから、今年はいよいよお初収穫が望めるかも。
でもまだ葉が細いような気きがするなあ。もっと太らしてからにしよーっと。たのしみたのしみ。

おっと、牛乳パック栽培の魅力を一つ書きそびれるところでした。
牛乳パックのありがたいところは、ベランダのちょっとしたすき間にもおけたことです。
牛乳パック栽培のニラ
こんなふうに、鉢と鉢のあいだの空間にも並べられましたし。
あ、でもあの、たまにうっかりぶつかって倒してしちゃったこともありました。ごめんなさい。


ムスカリの花
 同じく、けちょさんから一昨年いただいた球根のムスカリに、今年も花が咲きました。(4/19)

朝露にあたってキラキラリン。
 うちのベランダで育てていましたが、もっと広いところで広々と育てたいなあと思い、去年の秋、マンションの花壇に引っ越しました。花壇には、もともと植えてくださっていたムスカリがあり、それと同居させることにしたのです。

 そしてそれがこの春、どどーんと一斉に咲きそろいました。

左下あたりがけちょさんからいただいたイタリアのムスカリ群団ですが、もはやマンション育ちのムスカリと区別がつかないかも。どちらさんもみな一緒に育っていってほしいなあと思ってます。

 今年の冬は例年にないどか雪が降り、この花壇にもどっさりつもりました。しかも、あたりの道を雪かきした雪も花壇におくしかなく、1メートルあまりの小山になってました。で、さらにその上に人がのっかって、すぐそばの駐車場の屋根の雪下ろしもしたのです。おかげさんで、花壇はすっかり下敷きになりっぱなし。大丈夫かいなと思ってましたが、ちゃーんと花が咲きましたなあ。すごいぞ、球根。
そうだ、タマネギも育ててみたいもんであります。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

すごいニラ:夏だけど発芽

2013.07.23.Tue
 けちょさんからいただいた、とっても元気にお育ちになるというニラの種。そんな頼もしいニラの種まきをしました。6月25日のことです。でもでも、夏に種まきしちゃて大丈夫だったかしら。

案の定なかなか発芽しませんで、ようやく芽がでたのは、2週間近くたってからでした。(撮影:7/8)

二つ折りになった芽が数個でてくれました。よかったあ~。

7/16 その数本が、ほっそりだけど上に伸びてます。


7/23 さらに上へ、上へ。


ふと見ると、ただ今発芽中の芽がありました。種まきから1ヶ月近くになるというのに。

ニラじゃないのかな? でもニラかもしれない。うふっ。
ゆっくりだけど育ってるニラ。
とはいえ、まだ小さいニラだもの、暑い夏を乗り切るには栄養ドリンクてなもんも必要でしょう。そこで、肥料のマグァンプKと、液肥の大塚ハウスを投入。ニラが夏バテしないようにと思いまして。
おっと、あと欲しいのは、リポビタンDとチョコラBBあたりでしょうかね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

ニラ:種から2年め 今年初めての収穫

2011.06.11.Sat
 プチガーデンのか~ちゃん様からいただいたニラの種。今年で2年と3ヶ月になる株に育ち、めでたく収穫。(撮影:6/7)

市販の一束くらいはあるようですが、葉はそれよりずっと細いです。

ニラといえば餃子でしょう、というわけで餃子に詰めました。

具の中身は他に、タマネギとショウガ、挽肉。この、タマネギが入るとじつに美味しい。あれ? 普通入れないのかなあ。

ホットプレートで焼きますが、そのときに入れる水には片栗粉を混ぜて流しいれます。

そうすると、ノリ状のものが餃子の底に付着し、これが焼き上がるとカリカリとした歯ざわりになってこれまた楽し。この、タマネギと片栗粉を入れる方法の出典は、たしか新聞記事だったような。

あらま、餃子談義になっちゃって、ニラがどっかへ消えとるぞ。もとい。

収穫して2日後。ニラは、散髪された頭みたいになってます。(撮影:6/9)

黒いアブラムシがうろついてますが、葉の形状がまっすぐだから水で洗い落としやすいのが救いです。2日たち、もう数㎝伸びてきたみたいですが、さて、次に食べられるのはいつでしょう。株も太らせて増やしたいしなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村