FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インゲンの水耕栽培終了

インゲンの「マンズナル」の収穫は、毎日だったのが、2日に一度、3日に一度と間隔が間遠うになりました。(撮影:10/10)
10/10 収穫したインゲンのマンズナル。

葉の茂りかたも、最初はてっぺんのあたりが密集していたけど、そのうち枯葉がではじめ、しだいに下の根本付近のほうが密集してきました。実のつきかたも、下のほうが多いようです。
10/10 インゲンのマンズナル。

…とまあ、日々観察をたのしんでおったのですが、台風が近づいているからベランダを片付けなくちゃという段になり、無念なれど撤収することに。なにせ全長2メートルもあるずうたいなんで、室内には運び込めんでしょう。

いざ作業開始。ネットにからんだツルを取り外すのってもうたいへん。どーすりゃいいんだ?ハサミ片手にチョキチョキするんだが、へたすりゃネット切っちゃうよ。いや、指切ってしまったし。いてっー!
だが、だんだんコツがつかめてきた。らせん状にからまっているのを引っ張ろうとしてはいけないのだ。どうせうまくするーっとなんか引っ張れないんだもん。
葉でもツルでも短い間隔でいいから手当たり次第チョキチョキ切り落とす。どんどん切って下に落とす。切る回数は増えるが、絡まりをほどく作業は少なくてすむのだ。

それでも、格闘終了まで30分以上はかかったような気がする。やれやれでした。

残るは、根の始末です。
インゲンの栽培容器は2種類あり、一つは箱形の容器で、もう一つは円柱型のゴミ箱。中の黒い鉢にはどれも苗が2本ずつ植わっています。(撮影:9/18)
インゲンの栽培容器2種類。


その蓋を持ち上げてみました。びっしり!!(撮影:10/10)
10/10インゲンのマンズナル。水耕栽培。

ワンルームに5鉢は多すぎましたかねえ。この方々、ほぼ毎日4リットルの液肥を飲み込んでいらっしゃいました。

そして、もう一つの栽培容器が円柱型のごみ箱で、2個使いました。

こちらも一鉢に2株植わっています。
ゴミ箱容器にインゲンが2株植わっている

それぞれの容器の根を並べてみました。
インゲンのマンズナル。水耕栽培の根。

右の2つ、ことのほかでかい。鉢の株の本数はどれも同じなのに。一軒家に住んでるとかくも伸び伸び育ちますか。

収穫量のほうはどうだったんでしょう。みんな一緒くたにネットに這わせてしまったのでわからずじまい。残念です。

ゴミ箱容器の液肥の補充ですが、箱形容器ほど頻繁に追加しなくてもすんだので、この容器なら2株が栽培しやすい分量なのかもしれません。次回も箱形で栽培するなら、鉢の数を少なくしたほうがよさそうです。

さて、最後の収穫。全部取ったから大小いろいろあり。
つつしんで、味わっていただきました。ちーとばかり固めだったけどね。(10/11)
10/11インゲンのマンズナル。最後の収穫。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの「マンズナル」収穫量の変化

10月ですがお暑うございます。2日はことのほか暑くて日傘必須でした。
そのおかげでしょうか、暑さに強いというインゲン「マンズナル」の実がブラブラしております。(撮影:10/2)
ぶら下がるインゲンの実。

種まきは7月21日。約2か月半たちました。

ごみ箱容器2個に2株ずつと、箱形の容器に10株。全部で14株あり。うっそうと茂ってます。(10/2)
インゲンのマンズナル全14株。水耕栽培。

これでも、数日前に古くなった葉を20枚ほど取り除いたりしたんですが。

収穫は、先月の20日頃からぼちぼちスタートしたのでした。当時からのようすをふりかえってみます。

9月23日。短いのが多いです。まだ始まったばかりだからか。不安ドキドキ。
9/23 インゲンのマンズナル収穫。

9月24日。ほう、やっぱり短いけど、毎日とれたらうれしいぞ。
9/24 インゲンのマンズナル収穫。

9月25日。分量がへりました。うーん毎日はむずかしそうだと一喜一憂。
9/25 インゲンのマンズナル収穫

9月26日。うっ、さらに減量。味噌汁に散らす感じだな。
9/26 インゲンのマンズナル収穫。

9月28日。数量復活。やれやれ一日おいただけありましたなあ。
9/28 インゲンのマンズナル収穫。

9月29日。横幅が広いタイプのがでてきました。ちと固いので、ゆでる時間を長めの3分にしたらいい感じ。
9/29 インゲンのマンズナル収穫。

10月1日。全部で30本あまり。これだけあればごま和えができちゃいそう。だが、あっさりと醤油をたらしていただく。
10/1 インゲンのマンズナル収穫。

10月2日。前日とほぼ同じくらいあり。ひゃっほー! きました、最盛期ってやつですかねえ。
10/2 収穫したインゲンのマンズナル。

なお、今までインゲンのガクがついている細い紐みたいなところをつけたまま収穫していましたが、調理のときにここを切り落とすのがめんどうなので、収穫するときから、ガクの7ミリほど下の実の側を切るようにしてみました。
こうすればまな板いらず、即ゆでられるってわけ。な~んだ、もっと早くこうすればよかった。

がしかしこの日、ご近所さんがミョウガをくださったので、おかえしにインゲンが渡りましたので、調理はせず。ご近所さん、ちょっとはらくちんだったかなあ?

いやあ、それにしても液肥の消費が激しく、一日2回(2リットルか3リットル?)補充することが多くなりました。めんどくさいけどがんばろう!です。
シヤワセな収穫絶頂期はそう長くはないでしょうから、あともうしばらくかと。

調理ですが、近頃は贅沢にも炒め物に飽き、ごま和えにも飽き、ゆでて塩か醤油かポン酢でいただくのがよろし。果肉が歯にあたってキシキシする感触を楽しんでます。
ゆでたインゲンのマンズナル。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 11:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの「マンズナル」:今年2度めの栽培

種まきは7月21日で、その後約2か月たったインゲンの「マンズナル」。かなりのうっそう感がでてまいりました。(撮影:9/18)
種まきから2か月後のインゲン「マンズナル」

おためしに収穫してみました。右の3本はだいぶおもちゃみたいですがね。
初収穫したインゲンのマンズナル。

お味噌汁に投入。ちらちらと浮いてます。まあこんなもんでしょう。実が柔らかいのがうれしい。
収穫したインゲンのマンズナルを味噌汁にいれた

それにしても、液肥の消費量がすごいです。
栽培容器は全部で3個あり。2個はごみ箱で、もう1個は四角い収納ボックス(過去の関係する記事はこちら)。
インゲンの栽培容器の寸法

お天気のいい日は、中央の四角いボックスですと、焼酎の樹氷が入ってたペットボトル4リットル(液肥)を一気飲み。すっからかんにしてくれちゃうのだ。インゲンて水がたくさん必要な植物なんだろうか、とぞ思う。

ちなみに、四角いボックスには、1鉢に2株×5鉢、それぞれ植わってます。
水耕栽培のインゲン「マンズナル」

ふたをめくって根を見てみる。
水耕栽培のインゲン「マンズナル」の根。
うえっ、ぎっしり! 左のなんか、箱の形に角張ってるがな。

容器に対して株が多すぎたかなあ。

ごみ箱のほうは、どうだろう?

このごみ箱は、2株入りなんだけど。
ごみ箱による水耕栽培のインゲン。
な、なんか、トマト並の立派な根のはえ具合みたいです。

そして、こちらはさらに1株多い3株入り。
ごみ箱による水耕栽培のインゲン。
先ほどのより長さは短いけど、横幅がやけに広がってるわ。

うーむ、ごみ箱でも2株で満員御礼ってことらしい。
ということは、だ。
この程度の大きさの四角い収納ボックスに10株も植えたなんてえのは、大いなるまちがいだったと判明。ど~りで一気飲みなさるわけですわなあ。
植えかえたいけど、もう容器が出払っててありません。
しかたがない、今後は朝と晩2回液肥を追加しますか。(うううぅ、めんどくさいですぞ。)

なんせ、お次の収穫予定ができつつあるわけだし。はい、がんばります。
ぼちぼち収穫できそうなインゲンのマンズナル。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの「マンズナル」:第2弾はどうじゃろか?

この日は、し残していたベランダの片付け作業をあれこれ。まずは、フェンスに取り付けていたネットの片付けから。

強い日差しよけと鳥よけ用に取り付けていた目の細かいネットです。(撮影:8/23)
ベランダの手すりにネットを張ってある。

近頃は日差しも弱くなったことだし、気温が下がってアブラムシがうろつき始めたので、風通しよくしたほうがよろしかろうとネットをはずすことにしました。(8/27)
取り外したネット。

いやあ、ちょいと困りごと発生。このネットには等間隔に銀色をしたアルミ風の糸が織り込まれているんですが、古くなって劣化してきたせいか、ネットを洗ったら、この銀色の糸がパラパラとこぼれ落ちるんであります。床を掃除すればきれいになるんだけど、全部落ち切れていないから、持ち歩くたびにパラリパラリ。銀色の糸はアブラムシなどの虫除けらしいけど、うーん、悩ましや。
こうなったら、ネットを新調したほうがいいのかもしれませんなあ。

やっとこさ片付け終了。フェンスの向こう側がよお~~~く見えまあす♪ 心なしか涼しい風が通ったような?(8/27)
ネットがなくなったベランダの手すり。

さて、この葉っぱが茂っているのはインゲンの「マンズナル」です。第1弾に種まきし6月~7月にかけて収穫。7月末にはほぼ終わりって、引きつづき第2弾の種まきをして今にいたるわけですが、これが、ちょっと横着をいたしまして、まだ第1弾の古い茎や葉が残っている同じネットに第2弾もはわせたもんだから、どれが古いのやら新しいのやらごっちゃになってしまいました。

しかも、ネットは2重に張ってありましてな。室内側に緑色のビニールでできたネット。その向こう側にはたこ糸みたい糸でできたネットが張ってあるわけですよ。
ネットが2重に張られている。

なにゆえこうなっちまったかと申しますと、糸のネットでは柔らかすぎてたるむので、後からビニールの固いネットも追加したわけなんですが、その両方にインゲンのツルがまたがって這い回るという事態になっております。
しかも、前回栽培したインゲンの古いツルも混ざっているから、どこまで育ったんだか、育ってないのだか観察しにくいのなんの。

そこで、意を決し、古いツルをはずす作業に取りかかりました。これがなかなか…。じみーに、一つ一つハサミで切ってどけて。うっかり、ネットまでも切る失敗多発。ひえ~。
取り外したインゲンの古い茎や葉。

終わって、やれやれ。

根をのぞいてみると、まだそんなに育っていない株もあれば。
インゲンの水耕栽培の根。

かなり茂ってきゅうくつになってる株もあり。
インゲンの水耕栽培の根。

花芽は、ちらほら。
インゲンのマンズナルの花芽

もう秋の気配だけど、だいじょうぶかいな。夏に強いインゲンだそうだからなあ。どうじゃろか?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 16:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆類の腐らない種まき

インゲン「マンズナル」の種まきをしましたらば、根が出る前にくさってしまいました。(撮影:7/28)
腐ったインゲンの種

6粒まいたうち、2粒無事で残りはボツ。
発芽しなかったインゲンの種

薬剤をコートしてある種だけど、この暑さのせいですかねえ、むずかしかったみたいです。

よーし、かくなる上は、溶岩礫(ようがんれき)発芽作戦でまいろうぞ。
インゲンとエダマメの種まき(溶岩礫の上にまく)

キッチンネットの上に溶岩礫(小粒)を入れ、外側の容器に水をひたひたより下くらいまで満たしました。
発根にはネットなしでもいいだろうけど、用事がすんで溶岩礫を再利用する際、水道で洗うのにネットごとジャージャーできて便利なのです。目の細かいザルがないので、このネットがザルがわり。シンクに散らばるのを防ぐのでしたあ。

インゲンは種袋に残ってたのを全部まきました。ついでじゃ、エダマメもやっちまえー、というわけでこちらも2種類「湯あがり娘」(青いコート剤つき)と「いきなまる」の袋全部を種まきしちまった。
でも、種の上の方が乾きそうな気がするなあ。心配だから、ときどき水をスプレーしてみたよ。


2日後(7/30)。でましたぜ、根が。インゲン君、ごくろう!
発根したインゲンの種

エダマメも、こんにちは。
エダマメ「湯あがり娘」の発根

根がでたものから順にバーミキュライト入りのポットへ移動。
発根したインゲンとエダマメを植えかえる

この作戦、なかなかにいい具合です。
ま、ここまではね。エダマメは特にこの後、強烈な徒長をなさるでしょうから、水やりを少なめに、しばし室内で涼しく管理するつもりです。

なお、インゲンは前回種まきしたのがございまして。背丈が物干し竿ほどに伸び、花が咲き、実も出来はじめていたのですが、先日の台風で傷んでしまいました。

風に巻かれて葉っぱがカラカラに乾かされたり、縮れたり。そして枯れました。
台風の風にもまれて傷んだインゲンの葉

すかすかになったインゲンカーテン。
痛んだ葉っぱのインゲン

てなことで、このたび新しく種まきしたインゲンさんの成長に暑い、じゃなかった熱い期待がかかっとるしだいであります。

【追記】
溶岩礫は、「れきこう栽培ドットコム」のれき太郎さまよりいただきましたお品です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 19:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT