FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーマグリーンという葉物野菜

高菜+カラシナの交配でできているという「パーマグリーン」。ペットボトルに入れた苗をベランダの手すりに取り付けたフックに掛け、水耕栽培しています。(撮影:11/18)
パーマグリーンの水耕栽培

葉のふちがくるくる丸まってから「パーマ」と名付けたんですかね。
パーマグリーン。葉のまわりのフリルの色が異なる

このふちの部分の色がちょっと変わってます。上の写真の葉ではあまり変化がみられないけど、下の写真のように赤みを帯びているが多くみられます。
パーマグリーンの葉のまわりの色が異なる

最初この赤いフリフリを見たとき、焼けて痛んでしまったのかと焦りましたぞ。
でもどうやらこうした色味になるものらしくほっとしました。

わりと若い葉は黄緑色のこともあるようです。これはうっかりさわって折れちゃったので食べましょう。
小さいは、緑色のパーマグリーン。


ピリッと辛くて、苦みもちょい、青くさい草の味もあり。そのままサラダに混ぜていただくと、なかなかに奥行きがあってよろしいです。

ペットボトルには1株植えのものと、2株のとがあります。2株植えにしたからといって育ちかたがわるいふうでもない気がするんですが、どうでしょう。
パーマグリーン。2株入りと1株入りのペットボトル。

そこで、さらに欲ばって次世代用のは3株入りにしちゃいましたぞ。
第2世代のパーマグリーン。

そのポットを水きりかごに並べてるけど、ぎゅうぎゅうですな。早いことペットボトルに引っ越しさせねば。
後から種まきしたパーマグリーン。

さて、1ペットボトルにつき2株が限界なのか、3株までぎりぎりOKなのか。いやいやあんがい4株だって余裕でいけたりして。
いかがあいなりますやら、おたのしみでございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーマグリーン(他)間引き菜をいただく

葉物野菜に関する前回の記事から3日後。パーマグリーン(三池高菜+チリメンカラシ菜)、ルッコラ、エルバステラ(オオバコの一種)を間引いたり、一部を切り取ったりして収穫。今期初です。(撮影:10/28)
パーマグリーン、ルッコラ、エルバステラの収穫。

サラダにいたしました。といっても、洗ってちぎってお皿に盛っただけでござんす。若干量のポン酢をかけました。
パーマグリーン、ルッコラ、エルバステラのサラダ。

パーマグリーンの辛み+ルッコラのごま風味+エルバステラの野草っぽい甘みといいますか。それってどんな味じゃ?ではありますが。
ともかく、いろんな味がブファーっとします。ぼんやりしたサラダでないことはたしかでしょう。インパクトありあり、ぱっちりおめめが覚そうな一皿でした。

なお、こちら、間引いたあとのパーマグリーン。2株~1株ずつに植えかえました。水耕栽培で培養土はバーミキュライトです。
パーマグリーン。間引いたあとの植えかえ。

パーマグリーンは、小さいうちのつまみ菜からさらに大株にして漬物にもできるそうな。頼もしいことで。
お味ですが、種のサイトさんには「ほんのりとした辛み」とありましたが、当ベランダでは「しっかりとした辛み」にお育ちになりました。
もしかしたら、お浸しにすれば「ほんのり」になるのかもしれません。
今のところ虫食いにもあわず、元気なのもありがたい。

てなことで、パーマグリーンのさらなる増殖をめざし、すでに次世代の種まきをすませました。

今、本葉が出そろってきたところです。オホホ、たのしみ♪
パーマグリーン、お育ち中。

ところで、にたような葉物野菜で「わさび菜」というのを以前育てたことがありますが、パーマグリーンとどこがどうちがっているんでしょう。
パーマグリーンのほうが葉が柔らかいような気がするけど、どうなんですかねえ。もはやだいぶ前のことで記憶が定かではありません。あ、思い出しました。わさび菜は葉がもっとよく縮れているのでした。そうそう、当時アブラムシの猛威にあったもんだから、その縮れたあいだあいだにアブラムシが密集し、洗うのがもう大変!
どうか、あのおぞましき方々には見つかりませんように…と願うばかりです。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉物野菜お育ちゅうです

葉物野菜がだいぶそれらしくなってきました。(撮影:10/19)
パーマグリーン他、葉物野菜の水耕栽培。

1番よく茂っているのがルッコラ。もう食べてもいいんじゃなかろうか。
ルッコラの水耕栽培。

次がパーマグリーン。葉の先が縮れてきました。三池高菜とチリメンカラシ菜から生まれた品種だそうです。辛みがあり、おつまみ的味わいがたのしみであります。
パーマグリーンの葉。

チコリの「ヴェネチア」は、お初栽培です。紫キャベツみたいになるそうな。なるほど、根元がうっすら紫色がかってきましたぞ。
チコリのヴェネチアが少し色づく

レタスの「ハンサムグリーン」。珊瑚のような形にまとまります。やや固めの葉で丈夫。作りやすいのがありがたい。
レタスのハンサムグリーン。水耕栽培。

レタスのハンサムグリーンとからし菜風のパーマグリーンは、さらに追加で種まきしました。
レタスのハンサムグリーン、パーマグリーン発芽。

この冬は、わりと丈夫なこの2種類の葉物のをくり返し育てていこうと思ってます。
あ、そういえば、カブとかダイコンの種まきしてなかったんでした。ちょっとさびしいかも。今から小カブ、やろうかしらどうかしら。在庫の種袋を調べてみよ~っと♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 18:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培「パーマグリーン」のお味

「パーマグリーン」とは、三池高菜とチリメンカラシナの特性を生かした、全く新しいタイプの葉もの、だそうです。(種袋より)
種まきは3月6日なので、約2か月半たったことになります。
はたして、どのようなお味なんでしょう。お初栽培につきたのしみにしておりますんです。

ところがですねえ。先日、えらい大嵐になり、その翌日に見ると、ぐにゃぐにゃになっとりました。(撮影:5/23)
ぐったりしたパーマグリーン

根っこは? みじかっ!
パーマグリーンの根

液肥に届かなかったのかなあ。でも、液肥は雨水も入ったようでたっぷりあふれんばかりでしたけどおっ。

このままボツになってはもったい。どうせお試しで少量だけ栽培しているんだから、食べてみましょうというわけで、2つのペットボトル分全部を収穫。のち、お水につけておきました。

さて調理はどうしましょう。種のサイトさんによれば「ツマミ菜用の料理は、短時間熱湯をかけるだけで良く」と紹介してあったので、これもやってみたいし、とりあえず生のお味もたしかめたい。

そこで次の3種類にしてみましたぞ。
パーマグリーンを試食する。フレッシュと熱湯かけとお浸しの3種類。

中心部の柔らかそうなところをそのまま生で。お次は、やや外側の葉に熱湯をかけるというもの。最後に、固そうな外側の葉を普通にゆでで絞ってお浸し。
はたして、お味やいかに?

フレッシュ葉かっら~!! ピリッと効いてますぜ。
熱湯かけの葉→辛み弱まる。茎をかじると、なんともはやな甘みがあります。辛くて甘い味。ちょっと変かも。かわってるかも。はは~ん、これが「独特で珍味」といわれるゆえんか。
お浸し→辛みはだいぶ薄れます。葉先がガサゴソと固めでした。ゆで方がたらんかったかもしれません。

……てなことで、なかなかにたのしい葉っぱ野菜だと思いました。

そういえば、以前「ワサビ菜」も水耕栽培したことがありましたが、辛みがあまりなくてちともの足りない感じでした。しかも、アブラムシの御殿にされて、ちりちりの葉のあいだから洗い落とすのにおうじょうしましたっけ。
とはいえ、畑で育てたワサビ菜を友人からもらって食べたら、虫もおらず、それはそれは美味しかったので、同じ野菜でも環境によって味がかわるのかもと思ったことでした。

このたびのパーマグリーンは、最初だけアブラムシがいたけど、のちにはいなくなりました。辛すぎて退散しちゃったかしら。
ひょっとして、水耕栽培に向いているのかも?どうなんでしょう。
ま、また今度秋口に種まきしてみようと思います。種いっぱいありますし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 11:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マスタード:微量収穫

葉物野菜を毎日食べようと思ったら、株は何本くらいあるといいかなあ?
5本だろうか、10本だろうか、満腹というか満足するほど食べようと思ったら20本はほしいところかもしれない。
プラコップで水耕栽培しているうちの葉物野菜はというと、毎日なんて無理ってもんで、1日か2日おきくらい。しかもほんの微量を収穫しています。
右のマスタードのレッドは、全6株で、一回につき4枚を収穫。
左のマスタードのグリーンも全6株で、一回につき2枚を厳守。

なぜにグリーンが2枚だけかといいますと、レッドより生長が遅いうえに、あまり大きくなってくれんのです。きわめてだいじに食べんといかんのでした。
それにしても、6株だと容器の底面が見えるすかすかの状態であります。この容器の大きさだともう3株は大丈夫だったかもしれん。

一方、チマサンチュはというと、マスタードの2倍の12株をマスタードと同じ大きさの容器で栽培。

一回につき8枚とか10枚とか適当にとってもまだ、これくらいはふさふさ残っているのです。

あ~あ、こうなるんならマスタードをもっと植えればよかったなあ。もったいなあ~。
けれど、株数が少ないから風通しよくて病気にならずにすんでいるかもしれんわけだし、アブラムシ退治もしやすいわけだしねえ。うーん、なんともいえんせめぎあいであります。

ところで、このところめっきり寒くなり最低温度も-2度、3度となっておるようです。
そのせいか、アブラムシが激減。なんてうれしい! なんて喜ばしい!
しかし、植物の生長もどーんとおっこち状態。マスタード君もなかなか育ってくれんのです。待っておるんですけどなあ。

【本日の収穫】
というわけで、待ちに待った貴重な収穫(してもいい)日。

めでたしめでたしというわけで、はりきってピタパンも焼きました。このパンは、ぷっくりとふくらんでポケットになるはずなのに、うまくふくらまないヤツもありまして、じつは、右端の方にこっそり重ねて隠しております。このふくらまない頑固者はしょうがないからハサミで切り開いてやりましたがな。
これって、なんだかくっついて開かない油あげをこじ開けてるの図とおんなじですね。
やれやれ、これでやっと葉っぱが挟めます。食べるぞ~!!

…ナイショですが、うちの葉物野菜はつねにサンドイッチオンリー。
なぜって、山盛りサラダにしたくても、たった数枚程度ですもの「できない」んざます。もっと食べたいよ~

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| マスタード・パーマグリーン | 17:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT