FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーマグリーンで何が作れるだろう

からし菜と高菜の掛け合わせだという「パーマグリーン」。なるほど、葉の先に細かい切れ目がはいって丸まってますなあ。
ペットボトルで水耕栽培中。(撮影:2/25)
2/25 パーマグリーンをペットボトルで水耕栽培。

下のほうから葉をとって食べていたら、茎がなんだかゴツゴツしたオブジェみたいになっとります。
葉をかき取っていたらオブジェ化した茎(パーマグリーン)

パーマグリーンは、ほかにもキッチンの水きりザルで栽培しているバージョンもありまして。
2/25 パーマグリーンの水耕栽培。

おかげさんで1株から葉を1~2枚だけ収穫しても、けっこうな分量になるのでした。

こちら、2月22日収穫の部。手前のレタス(ハンサムグリーン)よりも紫色のチコリ(ヴェネチア)よりもこんもりしてます。
2/22 収穫したパーマグリーンとチコリとレタス。

そしてこちらが、2月25日の部。
2/25 収穫したパーマグリーンとレタスとチコリ

調理ですが、ほとんどは「お浸し」で、たまに味噌汁の具にするくらい。なんだかなあ、毎度変化がないんですわ。ふと、よしっ、「山海漬け」とやらにしてみたらどうだろうと思い立ちました。

山海漬けって、たしか、酒粕とワサビと数の子とダイコンかなんかがはいってるんだよなあ。ワサビの葉っぱはないけど、パーマグリーンで代用すればいいんじゃない? なまだと辛いんだし。…という発想ですな。

で、こちら、材料すべて勢揃いしましたぜ。
パーマグリーンの山海漬けもどきを作る準備。

えっ? 「数の子がみあたらない」とな。
ほら~、目をこらしてくださいましよ、右下あたりに黒いピカッと光ってるもんがございましょう? これが海の幸「ワカメ」さん。山海漬けの「海」になっていただくおかたであります。塩蔵ワカメを湯通ししてあります。
ニンジンとダイコンはうちのぬか漬けを細かくきざみました。
パーマグリーンは、軽くゆがいてよーく絞ってきざみました。
これだけじゃ辛みが不足しそうだから、ワサビも追加。

酒粕の味付けはどうすればいいんですかねえ。とりあえず、みりんと酒と味噌を投入してすり鉢スリスリしてみた。

すべてを合体。
パーマグリーンの山海漬けもどき完成。

く、く、くえるのか、これ? やけに具が多いんだけど…

できたて直後は、バラバラな味でしたけど、翌日くらいからなじんだ感じになりました。しかしこれ、うまいのか?
なにかが足りない。だしの味というか、そういうもんがなんか欲しいような…。
やっぱ、数の子さんがおられないのが致命的なんでござんしょうかねえ。ハハハ

げっ、みょうに茎が上に伸びておるではないか。花、咲いてしまうじゃん。
2/22 パーマグリーン。茎が伸び上がり花芽がつきそう。

いそげー、春がきてしまう、いそぎ食べつくそう! 
あ、もしかして花も食べられるんだろうか? 菜の花みたいに。それならそれでたのしいかも♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 16:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉っぱ「パーマグリーン」のお浸し

「パーマグリーン」は、三池高菜とチリメンカラシナの掛け合わせだそうで。生でかじると、ピリッと辛みが効いた葉っぱ野菜です。
いつもは細かくきざんでサラダにするんですが、きょうは珍しく少し多めにとれました。

うひょー、やったね。
収穫したパーマグリーン

それなら一丁ゆでてみるか。
摘み取ったパーマグリーンの葉をお湯に入れ、あまり時間をおかずに取り出して水で冷やしてから絞って切ってお皿に。
ゆでたらちんまりして分量がへるかと思ったら、中皿に山盛りでした。
ゆでたパーマグリーン

パーマがかかって弾力があるから目減りしないんだろうか。茎もダイコンよりは柔らかいけどしっかり固めです。 
噛むと、すこし辛みをともないつつ野趣のあるうまい汁がピューッ。
ほ~、ゆでるのもなかなかによろしいんじゃないでしょうか。

となると、これくらいまとまった分量を収穫してみたいもんだが、お次はいつになりますかねえ。

刈り取った後がまだこれぐらいですから。
ペットボトルで水耕栽培しているパーマグリーン

そうそう、上の写真はペットボトル栽培組ですが、じつは、ほかにもまだありますのさ。

こちら、キッチンの水きりかご栽培組。
キッチンの水切りかごで水耕栽培しているパーマグリーン

さらに、ゴミ箱栽培組もあり。
ゴミ箱で水耕栽培しているパーマグリーン

どんだけパーマグリーンなんだあ、ですな。
冬に元気な葉物野菜はありがたい。ぜひぜひ、遠慮無く育ってくだされ。あたりに黒い点々のフンを散らかしてるアオムシに負けてたまるか。あたしゃ、ムシャムシャいただきますぞお。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒々しいけどサラダ

鍋とかおでんとか、あったか料理が楽しみなこの時期になんでございますが。

からし菜系の「パーマグリーン」が元気でして。(以下の撮影:12/6)
パーマグリーンの水耕栽培

レタスの「ハンサムグリーン」もじわりじわり育ってます。
レタスのハンサムグリーン

スティックタイプのフェンネル(=スティッキオ)は、すこし間引いたほうがよさそうだなあ。
スティックフェンネル

ルッコラは茎の背が伸びてきて花が咲きそうな雲行きだから、もうおしまいだろうに、まだご健在。
冬のルッコラ

トマト(Mr.浅野のけっさく)もちょこちょこ。
12/6 中玉トマトのMr.浅野のけっさくを収穫

それぞれ少しずつ収穫したら、けっこうな分量になりました。
葉物野菜を収穫

ほんとは毎日食べる分だけとるほうがいいんだろうけど、年末のばたばたでままならず、気がついたらけっこう伸びててまとめどりするはめになっちまいました。

とりあえず、葉物はすべてきざんでタッパーへ収納。小出しにして、キャベツの千切りと混ぜていただいてます。
レタスやらパーマグリーンやらを小さく切ってタッパーに保存。

あまりに時間がないときは、このままポン酢をかけてかっ込んだりして。ハハハ
スープの具にするとか、お浸しにする手もあるんだろうなあと思いつつ、めんどくさがってそのまま食べてしまうのでありました。
いちおう、夕食用としてシチューやおでんなどを作ってあるので、冷たいこんなサラダでもまあいいやね、ってことで。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーマグリーンという葉物野菜

高菜+カラシナの交配でできているという「パーマグリーン」。ペットボトルに入れた苗をベランダの手すりに取り付けたフックに掛け、水耕栽培しています。(撮影:11/18)
パーマグリーンの水耕栽培

葉のふちがくるくる丸まってから「パーマ」と名付けたんですかね。
パーマグリーン。葉のまわりのフリルの色が異なる

このふちの部分の色がちょっと変わってます。上の写真の葉ではあまり変化がみられないけど、下の写真のように赤みを帯びているが多くみられます。
パーマグリーンの葉のまわりの色が異なる

最初この赤いフリフリを見たとき、焼けて痛んでしまったのかと焦りましたぞ。
でもどうやらこうした色味になるものらしくほっとしました。

わりと若い葉は黄緑色のこともあるようです。これはうっかりさわって折れちゃったので食べましょう。
小さいは、緑色のパーマグリーン。


ピリッと辛くて、苦みもちょい、青くさい草の味もあり。そのままサラダに混ぜていただくと、なかなかに奥行きがあってよろしいです。

ペットボトルには1株植えのものと、2株のとがあります。2株植えにしたからといって育ちかたがわるいふうでもない気がするんですが、どうでしょう。
パーマグリーン。2株入りと1株入りのペットボトル。

そこで、さらに欲ばって次世代用のは3株入りにしちゃいましたぞ。
第2世代のパーマグリーン。

そのポットを水きりかごに並べてるけど、ぎゅうぎゅうですな。早いことペットボトルに引っ越しさせねば。
後から種まきしたパーマグリーン。

さて、1ペットボトルにつき2株が限界なのか、3株までぎりぎりOKなのか。いやいやあんがい4株だって余裕でいけたりして。
いかがあいなりますやら、おたのしみでございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーマグリーン(他)間引き菜をいただく

葉物野菜に関する前回の記事から3日後。パーマグリーン(三池高菜+チリメンカラシ菜)、ルッコラ、エルバステラ(オオバコの一種)を間引いたり、一部を切り取ったりして収穫。今期初です。(撮影:10/28)
パーマグリーン、ルッコラ、エルバステラの収穫。

サラダにいたしました。といっても、洗ってちぎってお皿に盛っただけでござんす。若干量のポン酢をかけました。
パーマグリーン、ルッコラ、エルバステラのサラダ。

パーマグリーンの辛み+ルッコラのごま風味+エルバステラの野草っぽい甘みといいますか。それってどんな味じゃ?ではありますが。
ともかく、いろんな味がブファーっとします。ぼんやりしたサラダでないことはたしかでしょう。インパクトありあり、ぱっちりおめめが覚そうな一皿でした。

なお、こちら、間引いたあとのパーマグリーン。2株~1株ずつに植えかえました。水耕栽培で培養土はバーミキュライトです。
パーマグリーン。間引いたあとの植えかえ。

パーマグリーンは、小さいうちのつまみ菜からさらに大株にして漬物にもできるそうな。頼もしいことで。
お味ですが、種のサイトさんには「ほんのりとした辛み」とありましたが、当ベランダでは「しっかりとした辛み」にお育ちになりました。
もしかしたら、お浸しにすれば「ほんのり」になるのかもしれません。
今のところ虫食いにもあわず、元気なのもありがたい。

てなことで、パーマグリーンのさらなる増殖をめざし、すでに次世代の種まきをすませました。

今、本葉が出そろってきたところです。オホホ、たのしみ♪
パーマグリーン、お育ち中。

ところで、にたような葉物野菜で「わさび菜」というのを以前育てたことがありますが、パーマグリーンとどこがどうちがっているんでしょう。
パーマグリーンのほうが葉が柔らかいような気がするけど、どうなんですかねえ。もはやだいぶ前のことで記憶が定かではありません。あ、思い出しました。わさび菜は葉がもっとよく縮れているのでした。そうそう、当時アブラムシの猛威にあったもんだから、その縮れたあいだあいだにアブラムシが密集し、洗うのがもう大変!
どうか、あのおぞましき方々には見つかりませんように…と願うばかりです。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT