FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四季なりイチゴ:実とランナー

四季なりイチゴ(めちゃウマ/デルモンテ社)は、さすがにもう実の数が少なくなってきました。ですが、わりと大きな実がついてます。(全3株あり。2株はかくしゃくとしており、1株は実もランナーもなく地味に生存中。)

6月18日。なんかちょっと形がみょう。円錐形じゃないんだもん。
6/18 四季なりイチゴのめちゃウマ

上の写真の実と、この日とれた中玉トマト(Mr.浅野のけっさく)を並べてみました。
6/18 けっこうな大きさの四季なりイチゴのめちゃウマ

この中玉トマトも、うちでは珍しく大きいのですが、このイチゴでこのデカサイズはお初じゃなかろうか。

6月28日。実のつきかたですが、わりとそろったサイズの数粒ができてます。
6/28 6月も終わりだというのになぜか粒が大きめである

赤いのを2粒、収穫。これくらいだと、1粒でも食べた甲斐があるってもんですな。
6/28 四季なりイチゴのめちゃウマ

7月1日。左右2株分の実です。春にはボツにするしかない小粒なのがいっぱいあったけど、そういうのはみかけなくなりました。
7/1 四季なりイチゴのめちゃウマ 2株の実

7月3日。取り忘れてやけに大きくなった「甘とう美人」も一緒に収穫。
7/3 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマと甘とう美人

イチゴの実の表面が古びてシワシワっぽいんだけど、味が春の頃よりぐっと甘酸っぱくてよろしい。

収穫したあとの株姿。ん?中央付近に、なにやら長く横切るツルがあるような…。
7/3 中央付近にランナーの姿を発見。

ありやしたぜ、ランナーが。今期、お初です。
7/3 ランナーの先にも株ができてました

さっそくに、ランナーが着地する地面を作ってやらにゃあ、と思いつつうち過ぎていましたらば。

7月7日。花が咲いてましたよ。
7/7 四季なりイチゴのめちゃウマのランナー。花芽付き。

もはや、一刻の猶予もならん。大急ぎでペットボトルを用意。
ランナーを落ち着かせるピンもいるな。針金でちょっとこしらえよう。
ランナーを固定させるために針金を用意した。

さらに、洗濯ばさみも追加。(なお、培養土は、水はけのいい溶岩礫。液肥もいれました。)
針金でランナーを押さえ、洗濯ばさみでさらに押さえる

これでどうじゃ!
7/7 ランナーをだしつつ、実をつけているイチゴのめちゃウマ

今のところ、ランナーはこれ1本だけなので、だいじにいたさねばなりますまい。

といっても、この一郎株は次の二郎株、三郎株…以降のランナーがうまく着地できるようになったら廃棄するつもりです。一郎株は、どうもなんだか育てても小さい実ばかりがたくさんできる感じがするんだよなあ。(まちがってるかも、だけど。)
てなわけで一郎さんには、二郎さんたちのお育て要員としてご活躍願うつもり。

さて、その隣りに別のが一株ありまして。こちらはランナーの気配もなく、ひたすら実をつけているだけのようです。
7/7 ランナーをださずに実をつけている四季なりイチゴのめちゃウマ

もうあと数粒は食べられそう。よいですなあ。

【あたらし情報】
ネット検索してましたらば、イチゴの苗の取り方「挿し苗」という新方式があるそうで。なんでも、ランナーにできた小さな苗のランナーを取ってしまい、さらに葉っぱ切り取る方法が紹介されていました。しかも、本文に「小苗の葉を切り取ることで、葉からの蒸散を防ぎ、活着率を高めることが出来る。しかも、苗の生育には問題ない。」とありました。
いやびっくり。思わず読み入っちゃいました。
この方法をためしてみたいけど、当ベランダではたった1本しかランナーがでてないわけで、失敗にびびり実験に踏み切れませんのさ。でもなんだか魅力的。わくわく♪

・サイト: JIBURi.com
・関連ページ:「いちごの簡単な育て方と苗作りのコツ、甘いイチゴのおすすめ品種 」
・記事はこちら→「6.成功率が高いイチゴの苗の増やし方」(本編の下のほうに掲載なさっておいでです。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴの「めちゃウマ」:梅雨どきの株姿

前回の記事のごとく、梅雨になるとイチゴの収穫がぴたりと止まったので、、あとはランナーが出てくるのを待つのみ。放置してよしと、忘れていたのだが。

6月9日。実ができておるではないか。
6/9 四季なりイチゴのめちゃウマ

もう一つの株にも。
6/9 四季なりイチゴのめちゃウマ

なんだよなんだよ、今頃。
このままでは、ベランダのコンクリートに落ちた雨に実がふれて傷んじまうだろうが。
どれ、なにか養生してやらねば。げんきんなもので、かいがいしく世話をやくわたくし。

実の下にキッチン用ゴミ袋である不織布を敷いてみた。どうかしらね。(撮影:6/13)
6/13 イチゴの実の下に不織布をしいた

あ、でも思うに、不織布が役に立つのは、雨の日よりもむしろお天気がいい日かもしれない。ベランダの手すりは気温が上がるとあっちっちになるんである。そこでこの不織布の座布団があれば、実が焼けなくてよろしいにちがいない。

一方、雨の日ですが、株の入っている穴鉢をくるりと回して、実を手すりの上から移動してやれば、雨があたらないわけで。おお、われながら、グッドアイデア。(撮影:6/16)
6/16 不織布を敷いてる実と敷いてない実のイチゴ。

ところで、根っこはお元気なんでしょうか?

これなら、まあまあいいかも。
めちゃウマの水耕栽培の根。

この株真っ黒じゃん! あ~あ、実をとったらボツだな。
めちゃウマの水耕栽培の根。

もう一丁は? あれま、ランナーおでまし。いつのまに。
めちゃウマの水耕栽培の根。
根は大丈夫みたいだから、この株からは苗をつくれるってわけだ。

…てなことで、まだもう少しのあいだ、イチゴのつまみ食いが楽しめそうであります。
(とはいえ、糖度はあいかわらず低めで、4とか5とか。育苗意欲、わきませんがな。ションボリ)

それにしても、イチゴがトマトと同じ時期に収穫ってこともあるんですねえ。(6/15)
6/15 収穫したイチゴのめちゃウマと、トマトのMr.浅野のけっさく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 13:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴの「めちゃウマ」:最盛期だった頃

イチゴの初収穫は先月の5月13日。もうだいぶ前になります。(関連する前回の記事はこちらです。)
おかげさんで、それからちょくちょくつまんでました。

5月17日。イチゴは、2リットルのペットボトルで水耕栽培。全6株(ボトル)あり。少しずつ赤みがましてきたようです。
5/17 水耕栽培の四季なりイチゴのめちゃウマ

おーし、食べるぞ~。(糖度4とか5程度ですけどね。)
5/17 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ。

5月18日。連日収穫。
5/18 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月21日。ちょとふえた。
5/21 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月23日。粒そろってる。
5/23 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月25日。快調快調。
5/25 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月27日。絶好調。
5/27 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月28日。ん? なんか、実が小さくなってきたような?
5/28 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5月30日。ショボいのもあらわる。そろそろおしまいかあ。
5/30 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

6月1日。4粒。この日はバジルとインゲンがとれて、主菜の彩りと副菜に抜擢。ちっこいイチゴがかすみますなあ。
6/1 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

6月2日。やたら花芽をつけて、やたら小粒の実ばかりつける株の根が真っ黒。
6/2 めちゃウマ。水耕栽培の傷んだ根。

こういうタイプのがもう一株あったので、合計2株をボツにしました。
この2株ですが、たぶん最初のランナーからできた苗・一郎さんかと思われます。これらは生長が早くて実をつけるのも早く、その数が異様に多いけど、老化も早かったということかも。次回からは、一郎さんは育苗せず、そのあとの二郎さん・三郎さん…を育てたほうがよさそうだと思ったしだいです。

なおその後、さらに1株がなにゆえかしおれてしまって、これまたさようなら。結局、全6株から残り3株になりました。
そして、この日をさかいに、イチゴはシーーーーーーン。収穫なし。そりゃあそうだよね、もう6月、梅雨ですもん。
次号につづく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 16:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴ:初収穫と根

イチゴの変化が日々めまぐるしい。そういう季節なんでしょう。

四季なりイチゴの「めちゃウマ」(デルモンテ社)全6株。実が色づき始めました。(撮影:5/14)
四季なりイチゴのめちゃウマ。全部で6株。水耕栽培。

写真の日時が前後しますが、こちら13日の夕方。この1個がとりごろのような気がします。
5/13 四季なりイチゴのめちゃウマ。水耕栽培。

どれどれ、プチッ。かぐわしいかほり~。
5/13 四季なりイチゴのめちゃウマ。水耕栽培。初収穫。
収穫第1号の実は甘さあり、すっぱさもあり。けっこうなお手前でありました。

翌々日の15日。お次は、これ。縦に連なる実のなり方がおもしろいぞ。
5/15 縦に連なるイチゴの実。水耕栽培。

あ、鉢植えのも1株あり。こちらも1個、どうやらいけそうである。
鉢植えの四季なりイチゴのめちゃウマ。

この株は、鉢植えではあるけれど、培養土がすべてバーミキュライトで、下のお皿に液肥を満たした水耕栽培です。

他のペットボトルも見て回ったら、これだけありました。
5/15 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ。水耕栽培。

変形している実は甘さもあるにはあるが、すっぱさと渋みもきっちりあり。口の中がヒョエ~って感じです。つ、つたわりましたかしら…。

そうそう、根も点検しよう。

上記の実が縦に連なっている株の根です。けっこう長いんだね。
実がたてに連なるイチゴの株と根。

実が横並びになってる株もあります。(5/16)
実が横並びのイチゴの株。

横並び株の全体像はこんな感じ。実のわりに葉っぱが少ない気がする。
実が横並びのイチゴ。株姿。


根はどんなだろう?
実が横並びのイチゴの株と根。
根も短いし、少ないみたい。こんな少ない葉と根っこだけでよくまあ実がなるもんだ。

それなら、このやたら雌花が多い株はどうじゃろか? 
雌花やたら多しの株。
元はこれも1株だったんだけど、ランナーではなく、根元からの脇芽で増殖しちゃったのです。花芽はかなり間引いたけど、どれも実は小さいんだなあ。

根は………ギョエー~! 見るも無惨。まっ茶色なんすけど。だいじょうぶかい。
雌花がやたら多い株の根。

うーむ、根が傷んでいるから雌花が多いのか。雌花が多いから根が傷んだのか。それとは無関係の事情で根が傷んでいるのやら。
ま、とりあえず、痛んだ黒い根をいくらか切り取り、液肥もとりかえました。でも、これは株分けなどの延命措置はせず、このままで終わらせることにします。
いずれ他の株からランナーがでるだろうから、来年の分の株はそれでまかなおうかと。

てなことで、当ベランダはしばらく、やって来ましたイチゴ祭りでございます。…といっても、こちとらぁ一度に数粒のつまみ食いよ。
「あ~あ、イチゴ狩りってどんなかしらね」(生まれてこのかた未経験なのだ)…遠い目、ってヤツですわん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴのめちゃウマ:試される間引き力

2リットルのペットボトルをば、フェンスにぶら下げて水耕栽培している四季なりイチゴの「めちゃウマ」。全6株。
水耕栽培している四季なりイチゴのめちゃウマ。

悩ましいのは、1株あたりの花の数でして。

これくらいは、許容範囲でしょうか。
四季なりイチゴのめちゃウマ。少なめの花芽の株。

ちと危うい?
四季なりイチゴのめちゃウマ。中くらいの数の花芽の株。

こちら、ぐるりと一周まわってますがな。いくらなんでも多すぎでしょう。
四季なりイチゴのめちゃウマ。やたら多い花芽。

しかたがない、間引いていかねば。

えーっと、どーすんだっけ?1本の茎から分かれてでている、こういう小さい2輪がボツ、でいいのかな。
四季なりイチゴのめちゃウマ。間引く花芽はどれ?

ボツにして、ボツにして、ボツにして…と。ずいぶんありました。
水耕栽培している四季なりイチゴのめちゃウマ。摘み取った花芽
もったいないような、哀れなような。なんかこれ苦手。試練ですわ。
ま、おかげさんで、私の「間引き力」が2くらいはアップした気がする。

ちなみに、根はこうなっとりました。

花芽がたくさんあった株の根。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花芽の多すぎる株の根。

白くてピッカピカ、からはほど遠い色合いです。根が痛んできているからこそ、花芽をばんばん出してる、というふうにみえなくもないか。

そして、花芽がすくなめの株の根。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花芽の少ない株の根。

うす黄色というかおうど色というか、微妙な色味ですわ。液肥を、全部新しく取り替えておこーっと。

【四季なりイチゴのめちゃウマ:栽培メモ】
・2016年9月に近所のホームセンター(カインズ)で苗を2株(200円くらい?)手に入れる。
・翌2017年の春にでてきたランナーを育て次のランナーへ…となり、今年で3年目。長持ちする植物だあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 18:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT