園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パイナップル:種と発芽

夏に食べたパイナップルに種が入っていました。(撮影/09.8.31)

もうちょっと近づいてみますと

せっかくだからとスポンジに蒔いてみたら、芽がでまして。(撮影/09.10.28)
今まで何度か種まきに挑戦しました。しかし、発芽しないか、発芽の兆しがあっても痛んでしまっていたので、今度もまただめかなーと思っていたのです。それが蒔いてから約2
ヶ月。こうして目出たしめでたし。あらあらうれし。キャーうれし。

しかし、秋も深まろうかという今時分にお出ましいただいても、冬越しは難しいのかもしれません。それでも、つい延命を思案してしまうんであります。
このマンションの室温は真冬でも20度以上あるからなんとかいけるかも、だの。
もう鉢に植え替えてやった方がいいかもしれん、とか。
しまった、土は水耕栽培用のヤシの実チップと園芸用の土少々しかない。だからって新しく買うというのも、なあ。…てなことを、あれこれそれ
とうてい食べられる実がつくとは思えんですが。ま、いいか、こういう栽培も。
かくして、その手の鉢をまたも増殖。だって、どうなるんだか見てみたいんだも~ん。

【メモ】
◆パイナップルの種ですが、今回私が果肉に入っているのを見つけたのは「Doleのスウィーティオ 黄金パイン」です。
その後食べた「Chiquitaのプレシャスゴールド」にも種がありました。
◆発芽までは、水やりだけしてました。でも、時々忘れてます。
◆乾かないようにと思って、食品用のラップを容器にふわりとかぶせておきました。
◆一方、土に蒔いた種はまだ発芽せず。こちらの水やりはしょっちゅう忘れます。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| パイナップル | 17:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |