園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2016.10.16.Sun

四季なりイチゴ それぞれの秋

9月のはじめに四季なりイチゴの苗を2株買いましたんですが、おなじ品種「めちゃウマ!」だけど、それぞれのありようがちがってきました。

こちら、ランナー指向タイプ。親株から子株、そして孫株をもめざしておるようです。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」のランナーだしたがり株


一方、こちらの株は、花芽一筋タイプ。ランナーは見あたりません。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」の花芽いぱい株

一房っていうのかなあ、1本の茎の先に隠れているのも数えたら8個もの実をつけようとしています。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」の花と実

ランナー型の株は、ペットボトルの水耕栽培で、花芽型の株は土栽培。栽培方法が異なるからか、それともそれぞれの株のもっている性質なのか。不思議です。


ところで、同じ四季なりイチゴでも、こちらは種から栽培している品種名がわからんタイプのもの。葉も花芽もちっちゃい。
四季なりイチゴ(品種名不明)の株

この不明のイチゴは、とにかく花芽だらけ。
四季なりイチゴ(品種不明)の株 花と実

実は、いまのところ5ミリにもならんので、食べるという感じでもなさそうです。

これからだんだん寒くなるわけだけど、はたしてこのあとはどんなふうに育っていくんだろう。
できましたらば、どうか食べられる実をお願いしたいですぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2016.09.23.Fri

四季なりイチゴ「めちゃウマ!」:ランナーのゆくえ

先日ホームセンターで手に入れた四季なりイチゴめちゃウマ!(デルモンテ)の苗に、にょろりとおでましになりました。

9月19日。こちらは、土栽培のめちゃウマ!の株。
9/19 四季なりイチゴ「めちゃウマ!」にランナーあらわる
小さい葉っぱがついてました。

一方、ペットボトルの水耕栽培の株にも。こちらは長いランナーのようです。
水耕栽培の四季なりイチゴ、めちゃうまにもランナー

9/23 土栽培の株は、ランナーの先っちょの葉がひときわ大きくなりました。
9/23 土栽培のめちゃウマ!の株

ややっ、葉だけではなく、花もおでまし。
9/23 めちゃウマ!の株に花芽あらわる
こんなに小さくても花をつけるんですねえ。

ではでは、水耕栽培の株はどうなっとるじゃろか?

のぞいてみると、ますますビヨーーーン、でした。
9/23 水耕栽培のめちゃウマ!の株

いったいどこまで伸ばすおつもりなんでしょう。もしや、ランナーの先が地面に触れてないからかあ?
鉢は、フェンスに吊して栽培してるんだもんね。そりゃ地面、ないわ。地面を探してさまようランナーってわけね。

ということは、ランナーの先を、土のあるところにでも着地させてやるといいのかな。

1.新しい鉢を用意して、ランナーの先端を誘導してみよう。(イチゴ苗には、願ったりかも?)

…という選択肢と、

2.このまま放っておいたら、ランナーはいったいどれくらいまで伸びるでしょう、な実験もありかなあと思ったり。(イチゴ苗には、試練かも?)
さて、どちらにいたしますかねえ。なーんか、人格が問われそうな気もする選択肢ですなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2012.06.15.Fri

食べたイチゴの種から育てる:収穫時期と味について

 スーパーで買ったイチゴの種をまいて育てているのだが、このあいだ収穫したのが,
ちゃんとしたイチゴ味がするイチゴだった
ので、イチゴ観察がちょいとうきうきである。

 6/3。これはまた、珍しく整った姿形のイチゴができておった。うれしいのう。

ところが、食べてみたら、限りなくうすーいのである。イチゴに期待するすっぱさや甘さというものが皆目みあたらんではないか。なにゆえに?
もしかしたら、まだ熟してないだろうか? こんなに赤いのに? まさかねえ。

6/6。当ベランダのイチゴ栽培史上(といっても2年だけ)はじまって以来の大豊作。

けれど、またもや撃沈の薄味ぞろい。「今度こそ収穫を早まらないように、真っ赤になるまでぐっとがまんの完熟イチゴだ。間違いなく甘いにちがいない」と思ったのに。

いや、まてよ。もしかするとこれは「完熟」を通り越して腐敗方面に傾いてしまったのかもしれん。待ちすぎたのではあるまいか。完熟って美味しさと一緒とは限らないのかなあ?

ともあれ、今度はまだピンク色がかっているあいだに収穫してみることにした。(撮影:6/9)

うん、これは美味しいっ! 果肉の固さもしっかりしている。そういえば、この前の真っ赤なやつは柔らかかったものなあ。
イチゴは、早めに収穫する方がうまくいくのかもしれない、と仮説を立ててみよう。

…というところで、なんとこれにて収穫できる実はおしまいでございました。栽培もいったん終了に。
この次は、ちがう品種をためしてみようかと思います。
あのう、できれば多収穫で。かなうなら甘さもたっぷりめで。しかも私にも栽培できるお手軽さで。…とまあ多機能タイプを希望。「そんな男子はいないよ」、みたいな欲張りっぷりだわあ。わはは~。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.06.01.Fri

イチゴ【その2】:ちょこちょこ収穫

5/17。株の全体はこんな感じです。

鉢の大きさは様々。鉢の大きさの順と等しい株の大きさというところでしょうか。
それにしても、ほとんど手がかかってませんなあ、このイチゴ。たまに液肥のハイポニカを薄めもせず500倍でやるくらいであります。(今は、「大塚ハウス」という液肥です。)

5/21。久しぶりにまとまった量の収穫であります。

形は無骨だけど、味は珍しくよろしいようで。ありがたや。
しかしなあ、どうしよう。まだ迷ってる栽培継続問題。一年に一度の少量収穫イチゴを残すべきか否か。
今後は、比較的収量も多く通年栽培できる葉物野菜を中心にやろうかとの思惑なのだが。2年目にして味のグレードを上げたこのイチゴ。来年はさらに丈夫で美味しくなるかもしれんとの皮算用も働くのであった。


5/29。あらま、たまには形も麗しい一個ができるとは。


この日は、そのほかのふぞろいイチゴとともに収穫。

この中では、なぜか一番左の小粒が最も美味しかったです。もしかすると、この小粒なやつは、がくが反り返っていたから良く熟した状態だったのかもしれない、と予想しますがどうなんでしょう。


5/30。次の収穫待ちのおんかたがた。

左のは妙に大きいですなあ。大味かも、だぞよ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.06.01.Fri

イチゴ【その1】:お初ものをいただく

またもや書き込みが空白の日々なれど、ベランダの植物はそれなりに育っているようです。

2010年2月にスーパーで買って食べたイチゴ(とちおとめ)の種から育てはじめ、つるを伸ばして増殖。今年で2年目になります。今年は全部で9株。

で、こちらは4/15。(えらい昔の写真ですな。)


花も咲いております。


4/26。実もできつつあるようで。


5/4。ぷっくりとふくらみました。


5/14。食べ頃ではありますまいか。 最初の一個。貴重な一個。


ヨーグルトにドボン。

あのう、これは1個に見えますが、じつは半分。切り口は下に隠れてます。
二人で食べるにはこうするしかありますまい。イチゴの分量の寂しさを、ヨーグルトのなみなみな注ぎっぷりでカバーしようという図ですな。

さて、お味です。
初物だし、酸っぱいばかりに違いないと思っていたのですが、意外にも甘く美味しいのです。すっぱさもほどほど。わがやのイチゴ栽培始まって以来の美味なり。
不思議だなあ。去年食べたのは水っぽくて薄味だったのに。
どこかの美味しいイチゴと受粉でもしたんだろうか?
それとも、「種から育てると2年目くらいから美味しくなる」てなことでもあるんだろうか?
はて?

 イチゴは今年の収穫が終わったら栽培をおしまいにしようと思っていたのに。これじゃ迷いが生じてしまうではないか。
終わりにしようとすると燃え上がる恋、とでも申しましょうか。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

 | HOME |  OLD »