園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

四季なりイチゴ 秋の陣

2017.09.11.Mon
四季なりイチゴの苗を買い求め、水耕栽培で育てています。
夏の間は地味に葉を茂らせているだけでしたが、ちょいと涼しくなったおかげでしょうか、実をつけ始めました。

といっても、カチカチに固い実なんですけど、これ。(撮影:9/1)
二郎株(四季なり・めちゃウマ)にできたカチカチに固い実

色もなんだかなあ、食欲が消え失せる黄土色だし。(犯人はおそらく、チャノホコリダニ。)
とかなんとかブツブツ申しましてもね、当ベランダのイチゴはこの状態がつね。
なあに、食べたら甘味もすっぱさもあるんだし、ヨシとしてます。

カチカチの実がつく株の全体像は、こんな感じ。実は傷んでるけど、葉は青々としてます。
別の二郎株(四季なり・めちゃウマ)

そうかと思うと、別の株にはちょっとまともな実ができてました。期待しちゃうなあ。
別の二郎株(四季なり・めちゃウマ)にできたやわらかそうな実

そのまともな実の株姿はこのようになっております。カチカチの株と、そう違いはないように見えますなあ。
二郎株(四季なり・めちゃウマ)

カチカチの株もそうじゃない株も、今年ランナーからできた2番目の株(二郎株)です。ともに葉の数が10枚以上はあるみたいなので、これくらいに育って初めて実をつけるようになるのかもしれません。ちなみに、3番目や4番目の株は葉数が数枚程度。まだ花芽もありません。

それから9日後。ちょっとまともな美人さんが色づきましたぜ。
9/9 二郎株(四季なり・めちゃウマ)の赤くなった実

プチッ。
9/9 二郎株(めちゃウマ)の収穫した実

すっぱあ! 
ま、まあこんなもんでしょう。まだ日中は暑いわけだし、もうちょい涼しくなりゃあそれなりに、と思ってみる。

ところで、網戸に秋色のカマキリが張り付いてました。
カマキリ

ずっと逆さまになったまま移動してる。頭、重いんだろか。たしかに重そうな頭ではあるが。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

四季なりイチゴは続くよ~どーこまでも~♪

2017.07.26.Wed
去年の秋に買い求めた四季なりイチゴ(めちゃウマ/デルモンテ社)の苗。
その後、その苗からできたランナー出身の株が今年の初夏に実をつけ、ついでランナーも出していた株はずいぶんと大きくなりました。えーと、つまり、最初に買った苗から数えて2代目です。(撮影:7/22)
春にできたランナー1号(一郎)の水耕栽培株

ランナー出しがひとしきり終わったかなあと思ったら、今度は実もつけていました。
春にできたランナー1号(一郎)の実

とはいっても、この不気味な茶色の色合いです。灰色かび病かなにかに感染したのかもしれません。とりあえずちょっと食べてみたら、所々固かったりすっぱすぎたりしてました。残念だなあ、せっかく実がついたのに。

それにしても、さすが「四季なりイチゴ」だけあって、こんな暑いさなかにも実をつけたりするんですねえ。いやビックリ。
(なお、その後、この2代目株の栽培は根が傷んできたのでおしまいにしています。)

そして、この茶色の実をつけた親分の株からできたランナーの苗(3代目)がぼちぼち大きくなってきています。
初夏にできたランナー1号(一郎)の全4株

横に並んだペットボトルの4株はすべて一番最初にできた株(一郎株)なので、すべて廃棄することになるんですが、最初にできただけあって生長が早いみたい。もう花芽やら実ができてしまってます。
初夏にできたランナー1号(一郎)の全4株の実

なんていうか、ランナーをだしたら、即花を咲かせる、実をつけるって感じ。大忙しみたい。せっかく実がついているので収穫が終わるまでしばらく栽培を続けようかなあと思いなおしてます。

一方、こちらは2番目の株(二郎)と3番目の株(三郎)。
初夏にできたランナー2号(二郎)の生育の良い株

これらは今後も栽培を続けていく株なので、栽培容器をペットボトルからゴミ箱に取り替え、長く栽培できるようにしてみました。

とはいえ、スペースがないので全部の株を大きな容器に移し替えるわけにもいかず、いまだにペットボトルに入ったままの2番目の株も残っていたりすます。
初夏にできたランナー2号(二郎)の株

さらに、3番目の株(三郎)とか4番目とか5番目とか……。いったいどこまで続くんだろうとお試しで育てているものもあり。
初夏にできたランナー3号(三郎)と4号と5号の4株

すべてペットボトルやらゴミ箱やらの容器による水耕栽培です。ぷくぷくのエアレーションもしていないので、どこまで育つかなあではありますが、わりと雑草めいている丈夫なタイプみたい。液肥の割合なんか適当だし。ありがたや、ありがたや。

さて、これらの四季なりイチゴ株。涼しくなる秋頃には食べられそうな実をつけてくれるんでありましょうか。
葉っぱだけはりっぱ、だったりしてなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

苗から水耕栽培のイチゴ「めちゃウマ!」がめちゃめちゃ

2017.05.05.Fri
イチゴにぴったりのいい季節なのでしょう。葉っぱが軒並み大きくなりまだしました。品種は「めちゃウマ!」という四季なりのイチゴです。
ベランダのイチゴ


すこし葉をかきわけてのぞいてみると。

こちら土栽培のイチゴです。実がめちゃ並んでました。
土栽培のめちゃウマ!の株姿

一方、水耕栽培のイチゴはといいますと。めちゃめちゃ並んでる。
水耕栽培のめちゃウマ! たくさんの実

いくつあるんだろう。一株にこれほどの実がつくものなんだろうか。なんかちょっと心配になってくるぞ。むやみに数だけふやしてないかあ? もしや、さして大きくなれない実だったりして? これは減数とかいうのをするべきなんじゃないのかあ?
なにしろイチゴ栽培を成功させた経験値ゼロなもんですから、よくわからんのです。

ともあれ、このめちゃめちゃ実をつけてるイチゴの株は、ランナーも出した親株なんですが、さらにべつの新芽を根元のすぐ隣り隣りに作るタイプみたいなので、広口のザルを使った水耕栽培にしています。ザルにゴミ用の不織布をしいて、その中にバーミキュライトをいれました。
イチゴの水耕栽培 ザルの中にバーミキュライト

ザルの中央部分には10センチ弱の穴をあけ、長い根が下の液肥に届くようにしてみました。さらに、フェルト地を細く切ったものを根に沿わせてたらしておき、この布をつたってザルの中のバーミキュライトにも液肥が浸るようにしてみたつもり。
水耕栽培のめちゃウマ!の根


再び、土栽培のイチゴの実を見てみよう。じろり。
土栽培のめちゃウマ!  実

水耕栽培のイチゴの実は、どんなだったかなあ?
水耕栽培のめちゃウマ 実の大きさ

ふむふむ、どちらにも、大きそうな実もあれば、小さくてしょぼい実もできているみたいです。 
ま、もうすこし様子をみましょうかのう。

それにしても、今頃のイチゴの花は大きいんですねえ。冬は直径1センチ程度とだいぶ小さかったけど。
イチゴのめちゃウマ! の花と実

ユニークな実も多々ありますが、なかにはこんな形のいい実もあったりして、ほ~っと、見とれますなあ。
水耕栽培のめちゃウマ! こんもりとした実

人工授粉は、やったりやらなかったり。液肥も、イチゴは他の野菜より薄いほうがいいらしいのだが、それも薄めたり薄めなかったり。なんともテキトーな栽培っぷりです。ほんにまあイチゴ向きの季節に感謝だなあ、とぞ思う。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

四季なりイチゴ それぞれの秋

2016.10.16.Sun
9月のはじめに四季なりイチゴの苗を2株買いましたんですが、おなじ品種「めちゃウマ!」だけど、それぞれのありようがちがってきました。

こちら、ランナー指向タイプ。親株から子株、そして孫株をもめざしておるようです。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」のランナーだしたがり株


一方、こちらの株は、花芽一筋タイプ。ランナーは見あたりません。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」の花芽いぱい株

一房っていうのかなあ、1本の茎の先に隠れているのも数えたら8個もの実をつけようとしています。
四季なりイチゴ「めちゃウマ!」の花と実

ランナー型の株は、ペットボトルの水耕栽培で、花芽型の株は土栽培。栽培方法が異なるからか、それともそれぞれの株のもっている性質なのか。不思議です。


ところで、同じ四季なりイチゴでも、こちらは種から栽培している品種名がわからんタイプのもの。葉も花芽もちっちゃい。
四季なりイチゴ(品種名不明)の株

この不明のイチゴは、とにかく花芽だらけ。
四季なりイチゴ(品種不明)の株 花と実

実は、いまのところ5ミリにもならんので、食べるという感じでもなさそうです。

これからだんだん寒くなるわけだけど、はたしてこのあとはどんなふうに育っていくんだろう。
できましたらば、どうか食べられる実をお願いしたいですぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

四季なりイチゴ「めちゃウマ!」:ランナーのゆくえ

2016.09.23.Fri
先日ホームセンターで手に入れた四季なりイチゴめちゃウマ!(デルモンテ)の苗に、にょろりとおでましになりました。

9月19日。こちらは、土栽培のめちゃウマ!の株。
9/19 四季なりイチゴ「めちゃウマ!」にランナーあらわる
小さい葉っぱがついてました。

一方、ペットボトルの水耕栽培の株にも。こちらは長いランナーのようです。
水耕栽培の四季なりイチゴ、めちゃうまにもランナー

9/23 土栽培の株は、ランナーの先っちょの葉がひときわ大きくなりました。
9/23 土栽培のめちゃウマ!の株

ややっ、葉だけではなく、花もおでまし。
9/23 めちゃウマ!の株に花芽あらわる
こんなに小さくても花をつけるんですねえ。

ではでは、水耕栽培の株はどうなっとるじゃろか?

のぞいてみると、ますますビヨーーーン、でした。
9/23 水耕栽培のめちゃウマ!の株

いったいどこまで伸ばすおつもりなんでしょう。もしや、ランナーの先が地面に触れてないからかあ?
鉢は、フェンスに吊して栽培してるんだもんね。そりゃ地面、ないわ。地面を探してさまようランナーってわけね。

ということは、ランナーの先を、土のあるところにでも着地させてやるといいのかな。

1.新しい鉢を用意して、ランナーの先端を誘導してみよう。(イチゴ苗には、願ったりかも?)

…という選択肢と、

2.このまま放っておいたら、ランナーはいったいどれくらいまで伸びるでしょう、な実験もありかなあと思ったり。(イチゴ苗には、試練かも?)
さて、どちらにいたしますかねえ。なーんか、人格が問われそうな気もする選択肢ですなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ