FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はやいぞ、春レタス。

レタスを3種類、水耕栽培で育てています。種まきは2月13日でした。ちょいちょい収穫してましたんですが、「美味タス」がみょうに大きくなったような気がするんだなあ。

となりのハンサムグリーンと比べると、ほら、なんかふくらんでいるといいますか、はみ出しているといいますか。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

ポットを1個持ち上げてみた。
レタスの美味タスが徒長
ふえっ、徒長してるじゃあーりませんか。

あ~あ、もうおしまいにいたさねば。
ハサミでチョキン。全12株終了。
レタスの美味タス。収穫とそのあとのポット。

そうだ、ポットの根っこを確認しておこう。
レタスの美味タス。収穫したポットの根。

ぐるぐるの、とぐろ巻きでした。痛んでいるふうでもなし。
なお、容器のザルにはポットを無造作に置いただけで、遮光のための工夫をしてなかったけど、緑色の藻は生えませんでした。なんでかなあ。レタスの葉が広がって、それが遮光の役目をしたのかもしれません。

残るレタスは、上の写真の「ハンサムグリーン」と、もう1種類、「ニュー赤サラダ」です。
レタスのニュー赤サラダ

こちらは今のところ徒長問題は発生していないようです。がしかし、これも時間の問題か?
もうちょいと長持ちしてほしいんじゃが…。
どうもレタスは冬に栽培するほうが長く収穫をたのしめるみたい。うーん、さっさと終わる春レタス、かな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月種まきレタスの初収穫

2月13日に種まきしたレタス3種類が茂ってきました。
レタス3種類。水きりかごによる水耕栽培。

キッチン用の水切りかご(by百均)で水耕栽培しています。

「ハンサムグリーン」って、どうしても珊瑚に見えてしまいますなあ。
ハンサムグリーン。姿が崩れないレタスだなあ。

葉が固めでしっかりしてる。でも冬に栽培したときよりも、柔らか。

「ニュー赤サラダ」。冬栽培のときは弱々しかったけど、春はそろいのいい葉になりました。
ニュー赤サラダ。冬栽培のときよりも、きれいな形に育ってます。

どーしていいかわからない広がりっぷりの「美味タス」。柔らかすぎて自立できない。たおれちゃう~。
美味タス。広がりすぎてる。

というわけで、ボールに集合! やっと収穫であります。苦節3か月近く。長かったなあ。(買った方が安いぜっ。)
レタス3種を収穫。

せっかくだからと、一度ためしてみたかった「レタスは50度くらいのお湯に3分くらいつけるとパリッとする」とかいう聞きかじり作戦を実践。
50度くらいのお湯にレタスをつけてみた

そのあと冷蔵庫で冷やしてからお皿にのせてみました。わりとこんもりしたかも。
50度くらいの湯につけたレタス

結果は。うーん、なんともはや。水につけただけのときと、さして違いを感じませんでした。レタスの種類にもよるのかもしれません。収穫したのは、ほとんどは柔らかい葉でしたからねえ。固めの玉になるレタスだったら、もしかしたらパリパリ感を味わえたのかも。
ま、それはともかく、お味よろしく、美味しくいただきましたですよ。

そしてこちら、収穫後の株姿。容器のザルの目がすこしのぞいてます。ちょいとばかり陽当たりがよくなったかしらね。
収穫後のレタス3種類。」

なお、使用している液肥ですが、最初は「OATハウス」(元大塚ハウス)だったけど使い切ってしまったので、途中から「ハイポニカ液肥」に変えました。しかも、容器に残っていたOATハウスの液肥をすてずにそのまま上からハイポニカを継ぎ足しているという…。
かような暴挙にもかかわらず、これくらいにはお育ちになっておられるようです。いいんかい、こんなんで?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 15:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタス色々

ただ今、おとりこみ中につき、室内が寒くなりますことをご容赦ください、なのであります。

ほらね、机の上が満員御礼でありまして。(撮影:3/29)
3/29 室内にとりこんだ野菜あれこれ

これらの苗をベランダと室内に出し入れするたびに、家の中にヒューッと冷たい空気がはいりこむんです。ひえ~!
まだまだ寒いですわ。

それでも、レタスなどはわりあい元気で、発芽したときはどの種類もリボン型の双葉だったけど、それぞれ特徴のある姿になってきました。

黄緑色でふわっふわに柔らかい葉っぱ、「美味タス」。
レタスの美味タス

とがったごわごわな葉の「ハンサムグリーン」と、赤紫っぽい「ニュー赤サラダ」。
レタスのハンサムグリーンとニュー赤サラダ

また、こちらはレタスじゃなくてオオバコの一種だという「エルバステラ」が上の段。中段が、からし菜の「パーマグリーン」。その下はシソです。
シソとパーマグリーンとエルバステラ

そして、葉もの野菜の中で一番茂っているのが、ルッコラ。
ルッコラ

ただし、もれなくアブラムシがうろうろ。このまま室内に取り込んだら、アブラムシもますます元気になりそうなんで、ルッコラだけは外におきっぱなし。室内にいれていたときよりは、アブラーの繁殖が少ないようで、まあまあホッとしてます。

そうそう、野菜だらけの当ベランダですが、花が1種類だけありまして、その「キリタタミアナ」が、えらくよく咲いてるんですわ。
キリタタミアナ

四季咲きだそうですので、まあ、真夏以外はいつでも咲いてるようなもんなんですが、こんなに花数が多いのは珍しいです。おかげさんで、室内にいながらにして、ちょっとしたお花見気分。あと、ビールとつまみがあれば万々歳♪です。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長持ちレタスのハンサムグリーン

9月19日に種まきしたレタスの「ハンサムグリーン」。他のレタスは2月12日に撤収してしまったのに、まあだお元気でありまして。
レタスのハンサムグリーン(水耕栽培)

葉が以前より小さくはなりましたが、枯れるふうでもなく、花芽ができているわけでもなく。
アブラムシがうろついているレタスのハンサムグリーン。

玉になるレタスだと葉っぱが変な風に入り組んで倒れてしまうけど、ハンサムグリーンは、葉ボタンのように開いていくタイプなので株が安定しています。しかも、葉の水分が少ないみたいで固めです。口当たりがバサバサするともいえるんだが、おかげで丈夫で長持ちしているのかもしれません。

でもね、根元付近の黒い点々がご覧いただけたでしょうか。
はい、アブラムシです。じつは、葉の中心部にオソロシイほど蔓延しておるんでございますよ。閲覧禁止状態ですな。
もうね、水で株ごと洗っても洗ってもわさわさ増殖。もはやわたくし、ヤツを育てているとしか思えまへん。
はい、降参。撤収じゃあ。

洗って、洗って、やっときれいになりました。(と思う。)
レタスのハンサムグリーン。

最後の収穫、たのしんでいただきますぞ。

なお、レタスはすでに次世代が育ちつつあります。

左が「ハンサムグリーン」。右が「美味タス」。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

赤っぽいのが「ニュー赤サラダ」。右はじの双葉は、からし菜の「パーマグリーン」。
レタスのニュー赤サラダとパーマグリーン

「ルッコラ」もお育ち中。
ルッコラ。

いずれもまだ小さいけど、春から夏までの葉物野菜として期待しておおいにおるしだい。
(アブラムシに見つからんことを祈る。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタス:冬の部、おしまい。

種まきが10月8日だったレタスは、昼間は寒くても曇りでもベランダに放出。夜だけは室内(ほぼ20度)で過ごすというお暮らし。
ですがこのところ、だいぶお疲れの様相です。

パリパリの葉がたのしい「オンタリオ」。葉の色が変色してます。(撮影:2/11)
レタスのオンタリオ。水耕栽培。

なかには、坊主さんになってたりして。
レタスのオンタリオ。水耕栽培。

茶色の部分は腐ってしまっているようです。パリパリしているぶん、水分が多くて凍ってしまったのかなあ。夜は室内にとりこんではいるけど、日中は寒くてもベランダに放出してましたからねえ。

こちらは柔らかな葉の「美味タス」。あまり痛んではいないみたいなんだけど。
レタスの美味タス。水耕栽培。

外側の葉が枯れたようになってました。
レタスの美味タス水耕栽培。

「ニュー赤サラダ」は、赤くてお元気カラーとお見受けしますけど。
レタスのニュー赤サラダ。水耕栽培。

ゲッ!! のぞきたくないシーンが。
レタスのニュー赤サラダ。アブラムシに占領される。

てなわけで、こりゃあもう収穫しておしまいにするしかないでしょう。
初収穫はいつだったかと調べてみたら、去年の12月24日でした。わー、けっこう長いこと収穫してきたんだなあと思います。ありがたや、ありがたや。
株は全部で30株。3個のキッチン用水きりかごを使っていたから、1かごに10株も入っていたわけだ。だいぶ激混みでしたな。

根は、薄茶色。まあまあ元気ってとこか。
水耕栽培のレタスの根。

さて、本体の葉っぱですが、これの水洗いが大変だったです。葉が入り組んでいるし、アブラムシはかくれんぼしてるし。水道の水は出しっぱなし、鼻水も出しっぱなし。目を皿のようにして、よーーーーく洗いましたぞ。小一時間はかかったにちがいない。
寒い中、よーく洗ったレタス。

けっこうな分量です。タッパーではおさまらんので、袋に水きり用のキッチンペーパーを入れ、その中に詰めこんで保存することにしました。
洗ったレタスを袋に詰めて保存する。

食べるときは、もう一度洗ってからお皿に。なにしろ、神出鬼没のアブラーがいますんで、安心ならんのですわ。
お皿に盛り付けてたレタス。アブラムシがいないことを祈る。

ふう~。作業に手間取ったけど、おかげさんでしばらくはレタス三昧できそうであります。よしよし。

がしかし、食べたらおしまい。

残っているレタスは、この「ハンサムグリーン」の6株だけとなりました。
レタスの「ハンサムグリーン」。穴鉢で水耕栽培。

このレタスもアブラムシがうろついているんですが、葉が固めで丈夫なので、水道水でジャージャー洗ってもへたりません。そのまま夜もベランダに放置してるんですが、それでもおかわりなくお過ごしのようです。
このハンサムグリーンだけは、栽培容器を黒いポットではなく、穴あきの鉢にしていました。草姿が広がるタイプなので倒れないようにと思ってのことなんですが。これも何かの役に立っているのかも、と思ったりしています。

さてと、保存したレタスも食べたらなくなりますんで、次なる種まきをいたさねば。あ、もっと早くまけばよかったと、今頃気がついたりなんかして。ハハハ

【種、ありがとうございます】
オンタリオの種は、サキさんから。
ニュー赤サラダと美味タスは、ミーママさん(ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」)から頂戴いたしました。ごちそうさまでーす!!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT