FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

葉物野菜の成長期かしら

葉物野菜の栽培時期ですが、春は虫だらけだし、夏は暑すぎだし、秋のはじめも虫だし、となると秋の終わりから冬だろうといけで、あれやこれや種まきしたのが9月19日と10月8日でした。

こちら10月10日当時のレタス軍団。((ほとんどの種は、ブログ「息を止めた未来へ」のサキさんから頂戴いたしました。))
10/10 発芽しはじめたレタスや青物野菜

同じく、菜っ葉軍団。(種はすべて、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんより頂戴のお品。)
10/10 種まきした葉物野菜


さあて、あれから2か月とか1.5か月ほど。いつのまにか、ぶわーーー!

レタス類は、結球する「オンタリオ」、半分結球する「美味タス」、細長い「ロマリア」。
レタスの美味タス他

「美味タス」と「ロマリア」は、もう少しありました。
レタスのロマリアと美味タス

そして、ギザギザの珊瑚みたいな「ハンサムグリーン」。種まきが他より早いだけあって、一番育ってますな。
レタスのハンサムグリーン

なぜか、なかなか大きくならん「ニュー赤サラダ」。
レタスの赤サラダ

あれ? 「炒チャオ」という品種もあったはずなんだけど、どっかへいっちゃったみたい。

さらに、菜っ葉軍団もありますです。

「しろな」。(←菜っ葉は、ひらがなにしちゃいます。わかりやすような気がして。)
しろな

「黒わかな」。ちょっぴりだけど。
黒わかな

「みやこ べかな」。
ベかな

まだ、ありまして。

10月20日種まきの「オーライほうれんそう」。
ホウレンソウ

「なばな」。
菜花

「アスパラ菜」。
アスパラ菜

この「ほうれんそう」と「なばな」と「アスパラ菜」は、近所で友人たちと一緒にお借りしている畑にすでに種まきしているのですが、時期が遅かったので育つかどうかわかりません。そこで、万が一育たなかった場合の保険用に、うちでも同じ種をまいてお育て申し上げておるしだい。

とまあ、あれやこれやの葉物野菜を狭いベランダに詰め込んでるんですわ。

ベランダのはしから順にこんな光景になっとります。キャベツとチコリもお変わりなく生存中。
ベランダの野菜。

そのとなりで、もしゃもしゃした葉っぱをしてるのが、スティックフェンネル。
ベランダの野菜。

そのまたとなりの、ハサミが置いてある白くて丸いところが、エアレーション付き水耕栽培装置(ホームハイポニカぷくぷく)です。
ベランダの野菜。

装置の上、エアコンの室外機付近に、中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」が、ぼちぼち赤くなってきました。冬までに間に合ってくれよ!
ベランダのトマト。

この秋はずっとバタバタしていて、液肥の追加ぐらいしか世話らしいことはしてないけど、野菜はわりに元気なようです。そういえば、アブラムシもみかけないなあ。お会いしないからってちっともさびしくはありませんので、どーぞお気づかいなく。
おそらく、野菜にいい具合の季候なんでしょう。

週末あたりのお天気予報を見ると、気温が下がりそうなので、夜はレタスを室内に取り込もうかと思ってます。(内心、めんどくさ~、なのだ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 14:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉物野菜種まき祭り

せっかくこんなに種があるんである。まくなら、今だ!(撮影:10/8)
葉物野菜の種いろいろ

2日後。根がでましたねえ。レタスは5種類。
レタスの種まき
ほとんどは半結球で、一つだけ結球するタイプだそうですが、今までレタスを「結球」させることができたためしがないので、これも葉っぱヒラヒラの全開になることでしょう。

他にも菜っ葉のたぐいを3種、まきました。こちらはみなお初栽培です。
菜っ葉の種まき

ところで、このたびまいた種のほとんどは、ブログで知り合ったミーママさん(まりちゃんのベランダ水耕栽培)とサキさん(旧ブログ:かなたの日記)からの頂き物であります。
こんなふうに「よかったらどうぞ」な感じで頂く種は、スリル満点。自分では選べなかった、魅力を知らない種だから、「えっ? どんな野菜?」「うちでも育てられるんだろか?」と、ドキドキ、未知の世界であります。

そういえば、当ベランダでわりあいうまくいっていて、くりかえし栽培している野菜のほとんどは、頂いた種じゃなかろうか。
中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」も、トウガラシの「甘とう美人」、ロマネスコ型になるカリフラワー「連山2号」、子持ち高菜「つぼみっ娘」、「ちゃんこネギ」、「紅くるりダイコン」もそうでしたなあ。

あ、自分で選んで気に入ってる野菜もあるんです。「チコリ」ですけど。
でも、これは気の置けない友人たちに収穫をおすそ分けしようとすると、「それ、苦いんでしょ。いい。いらない。」って断られるシロモノだったりします。あら残念。

ともあれ秋冬の栽培は、これらお初もの多しの葉物野菜オンパレードでたのしみますぞ~い。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 15:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まきシーズン「レタス」と二十日大根」

レタス(ハンサムグリーン)と二十日大根(ビットリア)の種をまきました。種はスポンジの上におき、お皿には水を満たしています。
レタスのハンサムグリーンと二十日大根のビットリアの種まき

翌日にはでましたぜ、芽が。あ、これは「根」か。
二十日大根のビットリアが発芽した

いつもなら、このまま双葉がでるまで見守るのですが、このたびは発根するやいなや、ただちに黒ポットにお引っ越し。
ポットにうつしかえた二十日大根のビットリア

だってですねえ、スポンジがもったいないんだもん。これなら洗ってまた使えますしね。資源はだいじにしようキャンペーンなのだ。

なお、黒ポットの下には、キッチン用の水切りかご一式(by百均屋さん)。ザルの下は今は水だけど、本葉が出るあたりには液肥を満たして水耕栽培で参ろうと思ってます。
栽培容器は台所の水きりかご

こちら、8月19日に種まきしたチコリ2種類(プンタレッラ/パラロッサ)とルッコラです。
チコリとルッコラの苗(水耕栽培)

ルッコラはぼちぼち収穫できそう。こんなに茂ってくれたらいいなあと期待してますんですが、どうでしょう。

それにしてもこれ、どーみても草でしょう。「草」と「野菜」はどこがちがうんだろうか。踏んづけてるのが「草」で、「摘んでる」のが
野菜かなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 20:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタス栽培おしまーい

1月に22日種まきしたレタス2種類。4月ごろからぼちぼち収穫をはじめ、その後少しずつとう立ちして撤収する株がでてきてましたが、このたびとうとう残り全部の株が花咲きモードに切り替わったようです。

こちらその、最後の収穫となりました、やわらかな葉の「美味タス」。となりのギザギザは一緒にとった「ハンサムグリーン」。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

刈り取ったあとをみると、なんだかさみしい。
レタスの美味タスを収穫したあと

もうあとはギザギザのハンサムグリーンだけが頼りなんだけど。
レタスのハンサムグリーン

こちらもなんだかなあ。いつまでも葉が広がったまま。冬に栽培したときみたいにキュッとしまった結球姿にはなりませんでした。
ハンサムグリーンの株 葉が広がっている

翌々日(5/25)。美味しいうちに食べてしまったほうがよかろうと、ようやく決心がつきました。
ハンサムグリーンもおしまいにする。
最後の収穫 レタスのハンサムグリーン

水につけておいたら、ボールいっぱいになりました。なんか得したみたい、ホホホ。
ボールに入れたレタスのハンサムグリーン

名残惜しいのう。だいじに味わっていただきますです。

ところで、このたびのレタス栽培でとてもうまくいったなあーと思ったのは、液肥が緑色に「ならなかった」ことです。今までは栽培中にかならず藻がはえてきて、一度や二度は全部取り替えたり、容器を洗ったりしなければなりませんでした。
ところが、今回は最後までなにもしていません。上の写真の刈り取ったあとの容器の底が透明なんですが、ご覧いただけますでしょうか。ずっとこんな感じでした。
これはおそらく、栽培容器にしているキッチンの水きりかごの周りをアルミホイルとアルミシートでおおっていたからじゃないかなあと予想しています。この方法は、まりちゃんのベランダ水耕栽培のミーママさんのブログ記事で紹介されていたのをまねさせていただきました。(「美味タス」の種もミーママさんにいただきました。)
これ、なかなかの威力かと。

レタス栽培が苦手だったけど、ちょっぴり希望がもてました。また秋になったら栽培スタートしたいなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 20:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタスのとう立ちする・しない株

春になると葉物野菜は花が咲くからとう立ちするものらしいが、当ベランダのレタスはどうもその気がないと思っておったらば、もれなくやって参りましたとさ。

こちらそのレタスの「ハンサムグリーン」。茎がみょ~んと伸び上がってきてますねえ。
ハンサムグリーンのとう立ちした株
まだ花芽らしきものは見えないけど、じきにお花が咲くんでしょう。

しかしすべての株がとう立ちしているわけではないようで、11株中3株がとう立ちだけど、残り8株はフサフサ。
ハンサムグリーンのとう立ちしてない株
まだなんとかもちこたえているのかもしれません。

ともあれとう立ちした株はおしまいにするしかないでしょう。
ぜんぶ収穫じゃ~。花束ならぬ、葉束ができそうな感じですな。
撤収のため収穫したハンサムグリーン

刈り取った跡地。つんつんしてるところがなんだか稲刈り後の田んぼみたいです。
レタスのハンサムグリーンを収穫・撤収したあと


ところで、レタスはもう一種類あるんでございますよ。こちらはどうなってるかなあ。調べてみよう。

いやん、「美味タス」(種は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんより頂戴いたしました)にも不穏なみょ~ん茎あらわる。
美味タスのとう立ちした株
5株中3株がとう立ちでした。

大丈夫だった2株は、こんな感じによく茂ってこんもりしてます。
美味タスのとう立ちしてない株

かくして、残りのレタスはこんだけ↓となりました。

この水きり容器には、ハンサムグリーンが6株。
レタスのハンサムグリーン

こちらはハンサムグリーンが2株と美味タスが2株。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

どういう条件でとう立ちするのかわかりませんけど、そのうち残りのレタスにもやってくるんでしょうね。

そういえば、友人の畑にもレタスの苗をおすそ分けしましたらば、見事に結球しそうな勢いで育っていました。あっぱれあっぱれ。ただ、ナメクジがうろついているのが悩ましいみたいです。梅雨も近いとみた。

よーし、うちのレタス。虫より先に、ムシャムシャ食べてやりますぞーい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT