FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失敗作のレタス

レタスの「ハンサムグリーン」。冬に育てたときは、もっさりと葉がしげって珊瑚礁みたいになったんでございますよ。(撮影:1/27)
1月に栽培したときのレタスのハンサムグリーン。

それが、4月13日にタネまきしてから1か月半。待てど暮らせどこのありさま。ぜんっぜん茂りません。スッカスカのパッサパサ。(撮影:5/30)
レタスのハンサムグリーン。葉がちっとも密集しない。

どーなんてんだあ? 根元をみてみたら。あんりゃ、中心の芽が持ち上がってとうだちしてましたがな。
レタスのハンサムグリーン。とうだちしてました。

あ~~あ、もう、これだもん春は。日が長くなるこの時期の葉物栽培はむずかしいのだとつくづく思う。「もーっ、春にレタスとかルッコラみたいな葉物なんかぜったいにやんないから!」と、プンプンしてしまう。

これが最初で最後の収穫。なんとか約1回分のサラダの「足し」にはなろうか。
レタスのハンサムグリーン。最初で最後の収穫。

そして、残ったレタスを取り去ったあとのバーミキュライト。けっこうな分量があるんだけど、これを捨てねばならんのだ。
水耕栽培をしたあとの用土。廃棄がもったいないんだが。

もったいないっ。本体の野菜もさしたる収穫でなかった上に、少量の葉っぱしか育てていない用土をむざむざ廃棄せねばならんとは。いかにももったいない。
よーし、とりあえずポットから出して広げ、乾かしてみよう。サラサラになったら再利用できるんじゃなかろうか。
ま、どうなりますやら、やってみましょ。

きょうの格言:「レタスは冬に育てよう」と覚えておこう。あ、レタス「も」であった。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あっさりサラダ野菜の収穫

レタスの「パリグリーン」が、だいぶ大きくなってきました。
パリグリーンの水耕栽培

でもねえ、のぞいてみたら茎が伸びてます。たぶんとうだちしちゃったんでしょう。
パリグリーンがとうだちしてきた

日が伸びてきたし、暑い日が続いてますもんね。しかたないです。とっとと収穫してしまいましょ。
パリグリーンの収穫

葉が柔らかくて「ふわふわ」。ほんとは「パリグリーン」というぐらいだから固めでしっかりした葉になるんでしょうけど、うちでは軟弱に育ったようです。

そうだ、せっかくだから他の葉物も一緒につんでサラダにしましょ。

ルッコラがぼちぼちとってもいいかもです。
ルッコラ

ほいっ、こちらも初収穫。ピリッとした辛みがたのしみであります。
収穫したルッコラ

エルバステラも。サクサクとした歯触りがおもしろい葉っぱです。
エルバステラ

チコリのベェネチア。こちらは根元から切り取りました。
チコリのベェネチア

紫色のキャベツみたいにはるはずだった野菜ですが、うちではレタスみたいなやわやわ葉物状態。たぶんこのままおいとくと、どんどん緑色になりそうだから、思い切って全部とっちゃったというわけ。

葉の内側をみると白や紫色になってました。かじってみたら、あら、苦みがほとんどない。ほ~、そうなんだ。
チコリのベェネチア。内部は苦みが少ない。

今まで、外側の葉ばかりをつんで食べていたんだが、かなり苦くて残念な野菜だとばかり思ってました。
これはぜひチコリ「ベェネチア」の名誉のために、「内部は美味しい」とお伝えいたしておかねば、ですな。

さて、調理。葉っぱをぜ~んぶ切ってお皿に盛り、焼いたお揚げを千切りにしてのせました。
サラダにした葉物野菜

ポン酢で頂きました。いたくあっさり味。
チコリは、ほんとは生ハムなんかがあいそうだけど、うちにはなかったもんで。
あ、ルッコラにはびっくり。ちっとも辛みがないんである。どうしちゃったかねえ。なぞですわ。
まあ、そんなサラダとなりました。

レタスはまだもう少し残っているので、次回はナッツを入れるとかなんとか、もうちっと賑やかなサラダにしたいもんであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:59 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葉物野菜増殖作戦

レタスとカラシ菜系は先日ほとんど全部収穫してしまったのだった。すると、キャベツの千切りサラダに入れる緑色のものがな~んにもない。チコリはあるけど、エルバステラもあるけど、スティッキオ(フェンネルの小型版)もあるにはあるが、どれもみな個性がありすぎてたくさん入れると、苦すぎ甘すぎ、バランスがよろしくないのである。
あ~あ、もっと早くふつうのレタスみたいなのを育てておくんだったなあ、と後悔。

なにしろベランダの葉物等は今、まだこんな小さいんである。
双葉がでてきた葉物と小カブの水耕栽培。

黄色い小カブ(味こがね)は本葉がでたとこ。モロヘイヤとバジル(ボロッソナポリターノ)は、双葉さん。
モロヘイヤ等の水耕栽培。

ルッコラは発芽率よろしく元気ではある。レタス(パリグリーン)もまあまあお元気。
レタスとルッコラの水耕栽培。

ネギ(ちゃんこネギ)もそろいがいいなあ。
発芽したネギ。

とはいえ、収穫にはまだ遠い道のりじゃわい。

そこで、今更ながら、遅ればせながらですが、レタスを増殖すべくタネまきいたしました。こちらは同じレタスだけど、別の品種のハンサムグリーンです。丈夫で発芽もよろしいので、頼りになる(はず)ですんで。
レタスのハンサムグリーン。発芽。

すでにみな発根。よーし、いいぞう!
とはいえ、食べられるのは6月ぐらいだそうですから、まだまだまだまだですわなあ…。

と、そのとき、ご近所さんがピンポーン。なんと今、畑でとってきたとおっしゃって、おすそ分けですと。

シンクに対角線状でしかはいりきらん巨大ホウレンソウとノラボウ菜がドーン!
ご近所さんからのおすそ分け。ホウレンソウとノラボウ菜。

とうだちしてしまったというホウレンソウだそうだが、なんのなんの柔らかくて渋みのないお味でござんす。ノラボウ菜極上。
まことにもうかたじけなく。ご馳走になります。
ながらく殺風景なキャベツばかり。色のある葉に飢えておりましたが、今夜からは真緑の濃いアオムシになれそうであります。ニンマリ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 16:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レタスとカラシ菜系ほぼ終了

1月9日に種まきしたレタスの「ハンサムグリーン」とカラシ菜系の「パーマグリーン」。初収穫は11月頃でしたか。外側の葉をすこしずつとって食べてます。

3月30日。1回の分量はだいたいこんな感じ。
3/30収穫したレタスとからし菜系、チコリなど。

4月2日の収穫。今頃の間隔は3日おきぐらいでしょうか。
4/2収穫したレタスとからし菜系、チコリなど。

4月3日。まだ花芽がでてきたわけではないけれど、すこしずつ茎が伸び上がってきてました。

同じく、レタスの「ハンサムグリーン」も、下の写真の右下のごとく、茎が伸びてきたようです。
レタスのハンサムグリーン。水耕栽培。

よしっ、カラシ菜系もレタスもここらでおひらきにしましょうかね。全部切り取って最後の収穫。
4/3収穫したからし菜とレタス。

カラシ菜系をとったあとは、棒だけになりました。
からし菜系のパーマグリーンを撤収。

ポットをはずすと、根がびっしり。ずいぶんと細かいんだなあ。
からし菜系のパーマグリーンの根。

ザルのほうに植えた根も、やっぱり細かい。アブラナ科って細かいのかも。
からし菜系のパーマグリーンの根。

はい、これにてからし菜系の「パーマグリーン」の終了。

と、思ったら、まだペットボトルの株が残ってました。花芽がつきそうな茎を折ってとってしまったのに、横から新しい葉がもじゃもじゃいっぱいでてきているのです。
からし菜系のパーマグリーン。茎を切り取ったら脇芽がたくさんでた。

かじると、柔らかくてピリリと辛みがあっておいしい。

こんなのがあと4株もありました。へえ~、カラシ菜タイプは脇芽も楽しめるとはねえ。知りませんでしたわ。
4/4 パーマグリーン。茎から脇芽がいっぱいでておる。

オホホ。せっかくだから、これは温存してちびちび頂くことにしましょう。わーい、もうけたあ!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 19:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はやいぞ、春レタス。

レタスを3種類、水耕栽培で育てています。種まきは2月13日でした。ちょいちょい収穫してましたんですが、「美味タス」がみょうに大きくなったような気がするんだなあ。

となりのハンサムグリーンと比べると、ほら、なんかふくらんでいるといいますか、はみ出しているといいますか。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

ポットを1個持ち上げてみた。
レタスの美味タスが徒長
ふえっ、徒長してるじゃあーりませんか。

あ~あ、もうおしまいにいたさねば。
ハサミでチョキン。全12株終了。
レタスの美味タス。収穫とそのあとのポット。

そうだ、ポットの根っこを確認しておこう。
レタスの美味タス。収穫したポットの根。

ぐるぐるの、とぐろ巻きでした。痛んでいるふうでもなし。
なお、容器のザルにはポットを無造作に置いただけで、遮光のための工夫をしてなかったけど、緑色の藻は生えませんでした。なんでかなあ。レタスの葉が広がって、それが遮光の役目をしたのかもしれません。

残るレタスは、上の写真の「ハンサムグリーン」と、もう1種類、「ニュー赤サラダ」です。
レタスのニュー赤サラダ

こちらは今のところ徒長問題は発生していないようです。がしかし、これも時間の問題か?
もうちょいと長持ちしてほしいんじゃが…。
どうもレタスは冬に栽培するほうが長く収穫をたのしめるみたい。うーん、さっさと終わる春レタス、かな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT