挿し芽の白ゴーヤ:初収穫のタイミング

2010.09.02 12:15 | EDIT

初めてのゴーヤ栽培。あれはたしか8月19日。めでたく、白ゴーヤの雌花が咲いた。


●2日後(8/21)。

花がしぼんで実の角度が直角から真下に向かう体勢に入る。どーんと重くなっておくんなさいまし。

●4日後(8/23)

薄黄緑色。表面がぼこぼこしてきた。彫りの深い面立ちなんだねえ。

●6日目(8/25)

色の白さがきわだつ。しかも横に肥えたんじゃないかい?(写真ボケててすみません)

●9日目(8/28):

ほんの~り黄色がまじってるような。たしか、どこかのサイトに「黄色くなる前にとりましょう」という記述があったなあ。だけど「…なる前」ってのが難しい。いつが「前」なんだろう。「黄色くなったら」だったらわかるのに。ベランダでひとり、とるべきかとらざるべきかで立ち往生。悶々とする。

●12日目(8/31)

もう、ガマンの限界。限界値超低い。

ええいっ、とにかく収穫してみようではないか。

身長…13センチ、太い胴周り…16センチ、体重…89グラム。
一緒にミニキュウリも収穫。

さてと、実の中はどうなっているんだろうか?

真っ白。種は数粒だけだった。やはりちと早かったなあ。
ま、いいさ食べようぜ!
「にがっ!」、生食は苦みありあり。やはり早かったか。そこで急きょブログカッパ日記のわらんぶ?さんちのまねをしてマヨネーズで炒めることにした。お味、美味しいっ◎。クリーミーってやつよ♪ 白と白で美しくもある。サクサクする食感は鮮度抜群の味わい。よーし、今度は竹輪も入れてみよーっと。(すみません、完食につき写真なし。)

その「今度」なるはずの実が、今これくらいになってますのよね。10センチくらい。


そして、「今度の今度」ってヤツもこちらにほら! 明日には花が咲きそうです。


さらにさらに、「今度の今度の今度」もあり。

こうして白ゴーヤ祭り(ゴーヤ狂ともいう)はまだまだ続く。
なーんて思ってるけど、もう9月であった。鈴虫も鳴いてるなあ。

----------------------
なお、この白ゴーヤの挿し芽苗は、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんから頂戴しました。ごちそうさまでーす♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - ゴーヤ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

白ゴーヤ(挿し芽):実

2010.08.23 10:41 | EDIT

先日の19日。白い実がなるというゴーヤに花が咲いた。


うれしくて反対側に移動して撮影したら、

ん? なんか花の根元がふっくらしてるんじゃなかろうか?

近づいて見た。

これって、雌花ですよね? 実になるんですよね♪

それから2日後の21日。真横にカーブして咲いていた雌花は、花びらがしぼみ、実は下に向かって垂れ下がってきた。


そして今日。中央部分がふっくらとしはじめている。

どうやらそれらしくなってきたみたい。うひょひょ。こう楽しくっちゃ毎日観察記録しそう。(学校の朝顔観察は苦手だったはずだが。)

いやあ、なんせ、初めて栽培するゴーヤ。しかも「白」のゴーヤ。緑と異なり、株全体が細く繊細で白味をおび、なんだか気むずかしそうではないか。しかも挿し芽だし。
どうなることやらと思いつつ、葉っぱさんから頂いたこの苗(当時の記録はこちらです)を植えて今日で1ヶ月と10日あまり。やきもきしたけど、日数からすると買った苗を植えるより早い生長になるかも。
そういえば、葉っぱさんが「挿し芽は“おませさん”なの」っておっしゃっていたが、なるほどその通りでありますなあ。

ところで、白ゴーヤというものはこんなふうに雌花が咲くのだと知ってみると、今まで見つけられなかった赤ちゃん雌花を発見できるようになった。

ほらね、ここにもあったよ。

いまのところこんなのがあと1個。ということは1株で3個は収穫保証(予定)ですな。


【おまけ】
ところで、昨日の収穫物をご紹介いたします。
こちらの、「キュウリペン」3本。

みずみずしい発色で、書くとノートに水滴がこぼれます。
このペンの発売元は「ときわ研究場」。こちらで販売している「ベランダミニきゅうり」という種をまきますと、こんな楽しいペンがいくつも実ります。おためしを!


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - ゴーヤ
Permanent Link | Comment(5) | Trackback(0) | PageTop↑

挿し芽:コップに水 白ゴーヤの場合

2010.07.21 18:35 | EDIT

すみません。こちらは21日に掲載するはずだった記事です。本日(29日)改めてアップいたします。
読みにくくてすみません。
----------------------------*--------------------------
前回、「コップに水をいれた中にミニキュウリを切り取った1輪を入れておいたら発根した」という記事を掲載いたしました。

さてさて、その同じコップに入れていたもひとつの白ゴーヤ2輪(わかりにくくてすみません)。

なんかもう、そうとう衰弱している風情なんですが、

それでもなんとか発根したんです! まずは上の写真のつるがでている白ゴーヤから。


遅れてもう一方の白ゴーヤからも。


もちょっと近くからみると。

うんうん、これでブログはっぱの笑子らいふの葉っぱさんからいただいた切り花じゃなくて切り野菜がみーんな発根したのでありましたあ♪

とはいえ、なんとそのうちの後から発根した白ゴーヤには生長点らしき芽がみあらたんのです。

おそらく持ち歩いている間に痛めてしまったのだと思われます。わき芽でも生えてきてくれたらいいんだけどなあ。まだしばらくこのま様子をみることにしますかね。

そして、残る1本の小さいけれどこれから葉を出しつるを出しする部分が、これかなあ。

なんとか期待がもてるかも~♪

ところで、これに先だって先日発根したミニキュウリ(ベランダミニQ)ですが、鉢に入れ、液肥の中に浸しておいたところ、いつのまにやら鉢の下から根っこがぴょんと飛び出してました。鉢から出してみたら、

もうかなり根が張っていてびっくり。植えかえしないといけませんな。

かくして「コップに水育ち」の挿し芽、白ゴーヤとミニキュウリ誕生なんであります。

お次は、花、見たいもんですがねえ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - ゴーヤ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード