園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風邪の効用

ベランダからの風景。

あっちも
雪の朝その1

こっちも
雪の朝その2
まんべんなく雪。美しいのう~♪

おかげさまで、このあたりでは珍しい積雪風景をたのしむことができました。

はい、そのあとはもちろん雪かきいたしましたですよ。マンションまわりの歩道と駐車場などなど。
その際に、なくてはならんお道具=スコップですが、4年前の大雪で即刻壊れたプラスチックの緑色スコップを教訓とし、苦労して探し当てた軽くて丈夫なアルミ製が役に立ちました。なにしろ当時、売り切れとか入荷不明とかでなかなか売ってなくて、翌年になってようやく入手した(雪がないから売れ残ってた)秘蔵の逸品。じつに3年越しのご活躍でございましたぜ。

いや、スコップのことはともかく、あたり一面真っ白風景になりますとですねえ、気がかりなのがベランダでございます。

緑色がきわだってしまうのだ。
雪の朝 ベランダの野菜

ほどなくヒヨドリが嗅ぎつけるにそういない。たとえこんなちっぽけなベランダでも、ヤツらは見逃さんのである。
となれば、野菜にネットをかけておおいつくさねばならんでしょう。
となれば、夜、水耕栽培のおおかたの鉢は室内に運びこむわけで。それにはまず、ネットをどけてから鉢を運び、朝は鉢を運びだして並べて上からネットをかける作業。
ああ、めんどくさ、めんど草、草、草、草がいっぱいはえそうです。
雪、はやくとけてくれんかなあ。

ところで、ここ数日風邪っぴきで布団生活だったわけですが、そのおかげで種の発芽が早まりました。
種はキッチンペーパーにはさみ、タッパーにいれてお布団の中にころがしといたもんですから、そりゃあもうほっかほか弁当状態であったかと。

こちら、最後の一粒が残っているタッパー。(種まきは、1/16。)
タッパーに入れて布団の中で発芽

中身を点検し、発根したらすぐさまバーミキュライトを入れたポットに移動させました。

トップバッターは、ベランダパプリカのコロル。トウガラシ類が一番だなんて、珍しいです。(2粒とも発根:1/19)
ベランダパプリカのコロル

2番めが、中玉トマト・Mr.浅野のけっさく。(1粒発根:1/19、もう1粒発根:1/21)
中玉トマトのMr.浅野のけっさく

3番めが、ミニトマトのピッコラカナリア。(2粒発根:1/20)
ミニトマトのピッコラカナリア

しんがりは、トウガラシの甘とう美人。(1粒発根:1/22)
トウガラシの甘とう美人

それぞれ2粒ずつ種まきして、甘とう美人の一粒を残し、すべて発芽しました。なんとまあいつになく早い、たいへん成績よろしいスタートであります。布団暖房力すごいわあ。(わたくしの39度2分もだいぶ加勢したかと。)

は~、きょうは晴れて雪かきもしましたし、風邪も退散したことですし、めでたしめでたし、芽、でたし!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 14:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏野菜などなどの種をいただく

ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんからいろんな種をいただきました。
ミーママさんからいただいた種

・レタスの「ニュー赤サラダ」…赤紫の柔らかな葉色になるレタスだそうです。美人系ですな。
・レタスの「美味タス」…外側が濃い緑色のひらひら。内側が結球するタイプ。

みやこべかな…色が緑じゃなくて黄緑色なんですねえ。小ぶりなうちに収穫するので、何度も栽培できるそうです。
黒わかな…「夏の高温時にも生育はじっくり型で収穫期の幅が広く、栽培しやすい良質の小松菜。」(中原種苗さんより)
大晩成しろな…「トウ立ちが特に遅く、周年栽培可能!」(タキイ種苗さんより)

葉物類は、たいがい「周年栽培可能」だそうで、こりゃあありがたい。思い立ったが吉日。いつでもスタートできますもんね。


ピッコラカナリア…「橙色ミニトマト、高糖度(Brix9~11%)、濃厚でとろける食感。一般のオレンジ種よりもベータカロテンを2.5倍も多く含有(女子栄養大学調べ)。←マロウの地中海トマトさんより
なんかすごい栄養満点の感じでございます。元気ピンピンになりそ♪
栽培はむずかしいのかなあと思ったら「花粉の発生が良いので、実の付きが良いです。」とも紹介されていました。ほっ、よかったあ。

ベランダパプリカ コロル…「コンパクトな株で色の変化が楽しめるパプリカ。」←園芸ネットさんより
過日、ミーママさんより現物もお送りいただきました。肉厚で甘みありありだったです。こんなのが育てられたらうれしいなあ。が、がんばろう。コンパクトな株で色の変化が楽しめるパプリカだそうです。

さあて、蒔かぬ種は生えぬ、ですもんね。さっそくに種まきいたしました。

まずは、トマトとトウガラシ類から。ピッコラカナリアとMr.浅野のけっさく、コロルと甘とう美人。
1/16 ミニトマトとトウガラシ類の種まき

水でぬらしたキッチンに種をはさみ、ジップつきのビニールにいれ、タッパーへ。
タッパーは、机にいるときは足温器の上に、寝るときは布団の中にもちこんであっためてます。発芽してくれるといいがなあ。
ときに、私のお行儀がよすぎてけとばし、あらぬところに転がって、ひや~っと冷たくなっていたりしますがね…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 14:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユメとキボウの夏野菜タネ

そろそろ夏野菜の種まき時期であろうと、あれやこれや妄想しつつ、お財布をのぞきつつネット注文。
メモ用紙には夢と希望の品をたくさん書きだしてましたが、手にしたのはこの3袋だけ。

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」。ミニキュウリの「ドカナリ千成(せんなり)」。葉を摘み取って食べる「モロヘイヤ」。(購入先:高木農園さん)
夏野菜の種。Mr.浅野のけっさく、ドカナリ千成り、モロヘイヤ。

【モロヘイヤ】
モロヘイヤはお初栽培の実験です。
なにしろ当方のベランダは南向きゆえ、夏はお日様が入りません。住人にはありがたいけど、夏野菜には乏しい直射日光です。
なお、日陰であっても気温は一丁前。コンクリートの照り返し満載で、30度を超える灼熱気温となりますのさ。

こんなベランダ環境でもどうにか育ってくれそうな野菜としてモロヘイヤを推薦・選択してみたんですがどんなもんでしょう。種袋によれば、丈夫だから栽培は容易だっていうし、秋に花芽ができるまで長ーくちまちま摘み取っていけるとありました。
でも、風通しをよくしないとハダニやうどん粉になるおそれありだとか。株数を少なくしたほうがよさそうです。

【ドカナリ千成】
キュウリは、キュウリだけはもう育てたくありません、と固く誓ったのですが、今年ももれなく手にしてしまいましたなあ。毎年できが思わしくないのは品種選びがよろしくないのだ。今度こそうまく育つキュウリに巡りあえるかもしれん。蒔かぬ種は生えぬのだし。と、思い直し、こりずに実のなるキュウリを求めてジプシーの旅をつづけることにしました。

ドカナリキュウリさんに期待しておりますのは、種袋解説の「着果は旺盛」と「主枝、側枝とも完全節成+房成りで、1節に1~3果以上着果する」でございます。(ちなみに去年は「なるなるキュウリ」。めったなにならないキュウリさんでしたなあ…)

そうそう、キュウリさんだけにお任せせず、わたしも栽培方法を改善してまりましょう。

その1.液肥をまめにとりかえます。これまで、根がとけて傷むことが多々ありましたので、新しく総入れ替えをしましょう。
その2.キュウリの根は短いので、うっかりすると液肥がへって足りなくなっていたりします。それゆえ、液肥の水位は高めに満たしておこう。
…思いつくのはこれくらいのもんですが。

【Mr.浅野のけっさく】
わりとよく実をつけ、寒暖や水やりの量にかかわらずおいしく育ってくれるのが魅力です。けれども、梅雨時はうどん粉やらサビダニにやられがちなので、株数を少なくして風通しよくするといいかなあと思ってますのさ。

ナスやトウガラシも気になりますが、ベランダに空き地が残ってますかどうですか。
こうして種を手にしたときだけは、未来は明るくたのしいのだな、毎度。取らぬ狸の皮算用はつづく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 14:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2種類のルッコラ

この間の台風が来そうだという日(21日)、ベランダから室内にとりこんだルッコラです。
10/21 ルッコラの株

だいぶ茂っていたので、お初に収穫してみました。
ルッコラの収穫

これがまあなんと、意外や意外、美味しいじゃあ~りませんか、なのでした。
なにゆえ意外かと申しますと…

ルッコラはこのたび収穫した「宿根草」のものと、「一年草」のものと2種類あるんだそうで。

左側が「宿根草」の品種で、「セルバチカ」とか「ワイルド」という呼び名がついていたりするもだそうな。
右側が、「一年草」で、「コルチバータ」とか「ロケット(←イギリス名)」と呼ばれているようです。
ルッコラの宿根草と一年草の種袋
それぞれ別の属だそうな。(ネット検索による情報。)

じつはわたくし、ずーっと今まで「宿根草」タイプの種ばかりを植えてきました。だって種袋には「一般的なルッコラよりも辛みが強く、野生的な風味がある」みたいなことが書かれているんだもん、なんかすっごく美味しそうじゃないですか。美味しさが濃い感じがするじゃないですか。

それがそれが、このたびの「一年草」のほうのルッコラを食べてびっくり、美味しいのでした。味や香りにちがいも感じませず。
しかも、宿根草タイプのルッコラをうちで育てた場合、発芽率が低くて、なかなか大きくならず、背丈は低く、収量も少ないのでむずかしかったです。
このたびの一年草タイプはその点、早々と背丈が15センチくらいになり、楽に育っています。
なーんだ、これならもっと早く一年草タイプのルッコラを育ててみればよかったなあ。食わず嫌いというか、育てず嫌いとでもいいますか。

てなわけで、ルッコラ・一年草はたいそう魅力的でありますゆえ、新たに種まきいたしました。

こちら、その2日後。(撮影:10/27)
ホウレンソウと小カブとルッコラの種まき
手前がルッコラ(ロケット)。他にも、小カブ(あまうま)とホウレンソウ(強力オーライ)を種まき。

ルッコラ、発根。
ルッコラの発根

小カブ、双葉登場。
小カブ(あまうま)の発芽

たのしみ、たのしみ。

ところで、宿根タイプのルッコラの種がたーーーーくさん残ってるんでした。もったいないよなあ、これ。ええいっ、これも種まきしておくことにしましょ。背丈が低くしか育たなくても、「小さいままに収穫・再び種まき」をくり返すって作戦でこちらもたのしもうじゃないの~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 10:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろいろな種をいただく

少し前に、ブログ「かなたの日記」の かなた さんから、いろんな野菜の種をいただきました。(撮影:10/21)
こちらがその全貌です。
かなたさんからいただいた種の全貌

ん? 種の入った袋が切手シートみたいになってるのかな? とお思いかも。

そうなんです、こんなふうに袋をずらして並べてくださっているのです。
ジップの袋に入った種が並んでいる
おー、なるほどかさばらずに、しかもどんな種か見やすいです。

そして、袋にはそれぞれ種の「名前」とその種の「特長」、「発芽適温、生育適温」などの部分を種袋から切り抜いて貼ってくださってました。
袋には、種袋の「特長」や発芽適温などが書かれている

おー、おー、種まきの仕方が一目瞭然。種袋は、こういうふうに整理すればよいのだなあと感動。
そして、種がビニール袋に入ってるから、いろんな形や色が見えてたのしい~♪

さてさて、どんな野菜の種なんでしょう。

【レタス】--------------
オンタリオ レタス…トウ立ちが遅く、高温結球性のすぐれた極早生種です。暑さに強く、丈夫でつくりやすいレタスです。コンパクトな草姿は密植に適します。球は鮮緑色の中球でよくまとまります。
ブラック シーデッド シンプソン(緑)…黒い種が珍しいことで有名なリーフレタス(非結球)で、葉色は綺麗な淡緑色です。成長が非常に早く、根元数センチを残して収穫すれば、勢いよく次の葉が育ってくれます。複数回の収穫が楽しめるので、家庭菜園に最適です。
リーフレタスグリーン…葉は鮮やかなグリーン。ちりめん状になり、つくりやすく家庭菜園に向きます。苦みがなく、やわらかくておいしいレタスです。サラダや料理の添え物として利用します。

【カブ】--------------
小かぶ たかね…金町系小カブの極早生種で、春のトンネル栽培や夏まきに適した暑さに強い品種です。葉は小さめで草丈が伸びすぎず、形のよい腰高球で光沢があり、ス入りや裂根がほとんどありません。

あまうま小かぶ あやめ雪…紫と白の色合いがきれいな小カブです。盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり、紫色も入ります。ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。

【ニンジン】--------------
ベビーキャロット…ソーセージ型の極早生ミニニンジンで、家庭菜園向きです。根はやわらかくて、甘みがあり、そのままの形で野菜スティックやサラダに手軽に利用できます。

ミニニンジン ピッコロ…ウインナーソーセージの形に似た小型の極早生種。肉質は歯切れがよく、やわらかで甘みに富み、生食に向く。

【ハーブ類】--------------
ルッコラ ロケット…古くからビタミンC源として食されてきました。ピリッとした辛みとゴマの風味が日本人の味覚によく合うハーブです。キノコとあわせたサラダなどイタリア料理の定番です。

サラダ ロケット…ルッコラやアルグラとも呼ばれ、地中海原産の栄養価の高い葉野菜です。背丈の低い一年草で、葉は柔らかく、ゴマのような香りとほろ苦さが特徴です。

【ホウレンソウ】--------------
強力オーライ…生育が旺盛で、栽培容易な秋冬どり種。株張り・株ぞろいともに良好で、葉は広葉で葉肉が厚く、収量性がよい。
根際の赤い色付きがよく、食味もすぐれ良質。耐暑・耐寒性にすぐれ、栽培適応幅が広く栽培しやすい。べと病レース1・3に抵抗性。

【キャベツ】--------------
やわらかたけのこキャベツ…タケノコ型のキャベツで、早く収穫でき家庭菜園向きです。球は1.2kg前後、鮮緑色の葉はやや厚めでやわらかく、生食でも甘くておいしい品種です。(萎黄病抵抗性)

--------------以上、全11袋。どっさり。

さあて、みなさまでしたら、種まきはどれから着手なさいますでしょうか。

私ですが、うれしく悩みましたのち、まったくお初栽培になるホウレンソウをやってみようかと思ってます。発芽のさせ方とか、ちょいとむずかしいところもありそうなので、まずは要勉強ですな。

それにしても、かなたさんの見事な種コレクション。種袋の解説には「育てやすい」「家庭菜園向き」というフレーズが書かれていて、ほっと安心。
それでも私、失敗したりして、いやん…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 16:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT