最後の2本一挙収穫、紅くるりダイコン。

2017.02.05 10:25 | EDIT

休日。あったかいお日よりです。のんびりゆったりしてましょうと思ってたんですが、こうも暖かいと、ダイコンがとう立ちし始めるかもしれません。だいじに温存していた残り2本の紅くるりダイコンもあやういかもというわけで、ベランダへ。

直径40センチほどの鉢で土栽培している、紅くるりダイコンです。(撮影;2/4)
紅くるりダイコンの残り2株

抜こうか、抜くまいか、抜こうか、どうしよう。

ええい、やっちまえ!
引っこ抜いた紅くるりダイコン
赤と白。めでたしめでたし。

土を落とし、水でよーーーーく洗って、アブラムシもはねのけて。

トレーに並べてみました。
洗ってトレーの上の紅くるりダイコン
ああ、手がちめたいっ! 

けっこう大きいなあ。今までで一番大きな紅くるりダイコンになったかもです。

うねうねしている根っこ。なんかすごいわ。
紅くるりダイコンの根

とりあえず紅くるりの赤いのを1本、例によってスライスしました。
てんこ盛り。
スライスした紅くるりダイコン、てんこ盛り。

ついでにネギ(ちゃんこネギ)も2本とってきて。
ちゃんこネギ

なにを始めたかといいますと、手打ちうどんを作ろうってわけですのじゃ。
だって、せっかくネギがいっぱいあるし。だからってうどんをこねるかあ、ではありますが。こねたのはホームベーカリーで、私は切るだけ。簡単!…でもなかったです。切ったやつが、くっついてくっついて。うどんの生地を折りたたんで切るのはあきらめました。スケーパーで1本ずつ切り取り、指ではがす作業でなんとか乗り切るという荒技。
そこそこ食べられる雰囲気にはなりましたけど。

麺が広すぎて、きしめん状態ではあります。お湯につけた湯おけうどんとダイコンサラダ、ネギ付きです。
ネギも収穫したから、きょうは手打ちうどんでダイコンとネギパーティー
あ、油揚げの網焼きも作りったのに、写真忘れてた。

うどん、旨し。ダイコンサラダ、うまし。ネギ、よろし。ごちそうさんです。

最後の1本。白い紅くるりダイコンは、夕食に。

前回の記事へのコメントで、ミーママさん(ブログ:まりちゃんのベランダ水耕菜園)から「辛み餅」とのアイデアをいただき、さっそく試してみることにしました。

まずは、大根おろし作りですな。
紅くるりダイコンの「白い大根」をおろす
ほ~、白が混じると赤がやんわりした感じになるんだね。

では、餅を焼くとしよう。それなら、先日家でついた餅を冷凍庫からだしておかにゃあ、と思っていたのですが。
おりしも、この紅くるりダイコンの種をくださった鳥取県岩美町のミーコさまから、お餅が届いていたのでした。夕方郵便受けをのぞいたら、手編みのお帽子やらと一緒にです。

それが、こんなお餅でした。「かきもち」というのだそうで、なんともカラフル。
餅は「かき餅」。
鳥取県八頭郡智頭町でお作りになっている特産品ですと。急いで地図を検索しちゃいました。(こんなサイトがありました→鳥取県智頭町観光協会)

左下の小皿にあるのは、軽くあぶってみた、かきもちです。

おろし大根をのっけてみました。
かき餅に紅くるりダイコンの大根おろしをのせていただく
薄いのでカナッペみたいな感じがいたします。

うま~し。お餅は甘すぎることはなく、なにもつけないままでいただけました。この赤白の紅くるりは、甘さもありますが珍しく辛みがあり、「辛み餅」にぴったり。
これ、いけますわ、酒のつまみに。こりゃあビール、開けませんと。冷蔵庫から持ってこなくちゃ、ですな。

この日の夕食は鍋でもありましたので、おろし大根はうまいぐあいに薬味にもなりましたとさ。まことに贅沢な夕食で。ほんにほんにごちそうさまです。これにて、紅くるりダイコン様おしまい。一件落着~! ポン

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 根菜類 - ダイコン
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

「白い」紅くるりダイコン

2017.02.03 18:43 | EDIT

紅くるりダイコンは、外側も内側も全部が赤いダイコンなんだそうですが、このたびは、なにゆえか色白になって登場なすった。(撮影:2/1)
2/1 収穫した紅くるりダイコン

真っ白じゃあないけど、赤ともいえないような微妙さです。

これって、中身はどうなんだろう? 赤か? 白か? マーブルか?、まったく別の色だったりして?
私の予想は、白です。なにか栄養が足りなかったかなにかで色がほとんど抜けてしまってったんじゃないかと思うんだなあ。

はたしてどうなんでしょう。スライサーでおろしてみました。
外は白っぽいけど、中身は赤の紅くるりダイコン
なんと、紅白入り交じっておるではないか。

これ一本で、紅白なますのできあがり~、とな。

盛り付けてみました。せっかくだから、葉っぱも塩もみして周りにあしらって。
スライスして、葉っぱもあしらったら、紅白のダイコンになった紅くるりダイコン。

白っぽいのも甘みあり、シャキシャキ感ありで、ちゃんと美味しかったです。
5本あったうち、残り2本。ああ、もうたった2本しかないんである。ううっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 根菜類 - ダイコン
Permanent Link | Comment(10) | Trackback(0) | PageTop↑

紅くるりダイコン2本目の収穫

2017.01.24 21:44 | EDIT

お初収穫(1/14)から6日後、2本めの紅くるりダイコンをよっこらしょ。抜きました。(撮影:1/20)
1/20 ぬいたばかりの紅くるりダイコン

土を水で流し、葉とわけてトレーの上にならべてみました。ピカピカ~!
紅くるりダイコンの葉と根

どういうわけか、下半身がふくらんでおる。
しっぽ付近がなぜかふくらんでおる

調理します。前回は銀杏切りみたいにしたけど、このたびはスライサーで細切りにしてみました。
スライサーで細切りにした紅くるりダイコン

お皿にいっぱい! ふえたぜ。お得だぜ。ウホウホ。
葉っぱは、塩もみしてぎゅーっとしぼったら少量になっちまった。そんした気分だぜ。シュン。
でもお味は、たいへん結構でおました。茎が固いかもと思ってたけど、ぜーんぜん。シャキシャキの域でございました。

スライサーを使ったのはよかったみたい。とても食べやすいです。若干の辛みがあり、甘みもあり。
かけた調味料は、つぶした梅干しの実と醤油、お酢、おだしを混ぜ混ぜ。細切りのダイコンとよくからんでおいしかったです。

残りは、あと3本。たったの3本。3本しかないんだなあとぞ思う。
紅くるりダイコン 残りは3本

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ




Category: 根菜類 - ダイコン
Permanent Link | Comment(8) | Trackback(0) | PageTop↑

紅くるりダイコンのお初収穫

2017.01.04 15:29 | EDIT

やっとやっと、ふつうの(ふつうだった)パソコンを使える暮らしになりました。
暮れにパソコンとモニタが壊れ、新しいのを探し、配達をお願いして野暮用の遠出。元旦の深夜に帰宅、翌日は荷物を受け取り(佐川急便さんありがとうございます)、組み立て、アプリを入れたりLANの接続をしたりの作業。で、ようやっと今になりましたとさ、です。

まだ痛んだモニタを修理にだすというような用事もあるのですが、机の上の配線がぐちゃぐちゃになったままだったりしますが、年賀状関連もこれからだですが、ともあれお家にぱっと電気がついたみたいな心地。うれしいなあ。やっとゆっくりおとそがいただけるっちゅうもんです。

それはそれとして、ベランダにてお正月らしい収穫ができました。

真っ赤なダイコンの紅くるりです。9月はじめに種まきしました。(撮影:1/2)
1/2 収穫した紅くるりダイコン

これは土栽培。直径40センチメートルほどの鉢で4株植えたうちの1本です。

土を洗って落としました。全体像はこんな感じ。
洗って土をおとした紅くるりダイコン

ちょっと下ぶくれになったようです。
紅くるりダイコンの表面

茎と葉は塩もみし、根はスライサーで薄切りにしたら、お皿にいっぱい。けっこうありますなあ。
スライスした紅くるりダイコン

ポン酢をかけていただきました。うはは、甘いです。おいしい。ダイコンだけど辛みはほとんどありません。根に近いところが若干辛いかもという程度。こぶりだからカブみたいな雰囲気だけど、ざらっとした食感はダイコンですわ。
あ、ダイコンおろしにしてみてもよかったなあ。次回はそれでいってみよ~っと。

次なる収穫ターゲットは、中央のこれ!
紅くるりダイコンの株

なお、このダイコンの種は、鳥取県岩美町のミーコさまからいただきました。お初栽培で収穫もできて、とってもうれしいんであります。特に悩ましいこともなく育ってくれました。ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 根菜類 - ダイコン
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

ダイコンとビート:赤々

2016.12.02 21:34 | EDIT

お初栽培の紅くるりダイコンは土栽培。
紅くるりダイコンの株

このところ葉がよくしおれるなあ、水やり(もっぱら液肥ばかりです)がひんぱんになってきたなあと思ったら、根元に赤いもんがおでましでした。
紅くるりダイコンの直径3㎝

直径3㎝くらいでしょうか。むふむふ。もうじき、もうじき。

紅くるりは、外側のぐるりだけじゃなくて中味もぜんぶ赤くなるダイコン。色をめでるお楽しみもうれしいんですが、小ぶりに育つこともありがたいです。なんでも800グラムぐらいになるそうですので、長さ15㎝直径4㎝よりちょいと大きいくらいでしょうか。
これなら、ベランダの鉢でもなんとか栽培できそうですもんね。

その隣は、ビートです。こちらも土栽培。
ビートの株

さて、根元はどんな塩梅になっとりますかねえ。
ビートの根

く、黒いっ! 赤を通り越して黒になっておるんだろうか。なんともすごい迫力ですなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 根菜類 - ダイコン
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード