FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅くるりダイコンおしまーい

土栽培の紅くるりダイコン。まだもう少し大きくしたいけど、寒いからなかなかです。凍ってもいかんしなあと思い、とうとう最後の1本を抜きました。(撮影:1/29)
紅くるりダイコン最後の収穫
あはは、やっぱ、ちょっと小さめでしたな。尻尾が長くて笑っちゃう。
だけど、だからおもしろいのかもダイコン。抜くのがたのしいねえ。

・種まき:8月31日
・初収穫11月22日
直径40センチの鉢に、全部で5本の収穫だったと思います。

スライサーで千切りにしました。レタスのハンサムグリーンもちぎって、ディルとイタリアンパセリもそえて、一皿になりましたぞ。
スライサーで千切りにし、レタス(ハンサムグリーン)といただく

茎をかじってみたら甘みがありました。葉っぱはお味噌汁の具にしたら、おいしいにちがいない。
紅くるりダイコンは小ぶりでも、ちゃんとダイコンの味がします。こんなこぶりな鉢でも育てられるのがありがたいなあ。
というわけで、また秋に種まきしましょうぞ~♪

なお、種は、鳥取県岩美町のミーコ様からいただきました。ごちそうさまですm(_ _)m

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ダイコン | 20:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅くるりダイコンと葉物野菜あれこれ収穫

紅くるりダイコンの最後から3番目を収穫しました。(撮影:12/15)
12/15 紅くるりダイコンの収穫

残り2本かあ。名残惜しいのう。(種は、鳥取県岩美町のミーコ様から頂戴したお品です。)
12/17 紅くるりダイコン

せっかく貴重な1本をいただくのだから賑やかなサラダしようじゃないの、というわけでルッコラも摘みました。
ルッコラの収穫
ルッコラは、ときに「ごま風味」と表現されているのを見かけますが、なんかそんな感じ。辛みもあり、奥行きのある味わいの草ですな。

これらをざっと盛りつけて、おしまいっ。
紅くるりダイコンとルッコラ、スティッキオのサラダ
あ、細い針みたいな葉は、スティッキオ(フェンネルの改良小型版)。これも追加じゃあ。

豪華絢爛、どっさりの野菜盛り完成。
ちと盛りすぎた。お皿の余白がなくなっとるがなもう…。
(おいおい、青虫じゃないんだから、ベーコンとか生ハムとか、もっと筋肉になりそうなトッピングでいこうぜ、と、冷蔵庫をのぞいてみたんだか、な~んにもなし。)
(いや、これでいいのである。野菜の、野菜だけの魅力を存分にたのしめるんである、と思うことにしましょ。)

紅くるりダイコンは、甘みがあって美味しいです。
ミニのダイコンというのは、爽やかで若い感じがすることが多いけど、紅くるりはしっかりとした特徴をもってるように思います。
サイズは、いわゆるミニダイコンより大きくなるみたい。直径30㎝程度の鉢でもこれぐらい育ってくれるので、単位面積あたりの収量があがりお得かも。
あ、もしかして大きいぶん、普通サイズのダイコン寄りの味わいになるのかもしれないなあ、と思ったりしています。たとえば、ミニトマトよりも中玉トマトのほうが大玉トマトの味に近いというか、まあそんな感じかなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ダイコン | 10:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイコン2種(おいばね、紅くるり)の収穫

朝はいいお天気だったけど、午後はどんより曇り空にかわり、ぶるっと寒い寒い。ベランダにでるのがおっくうになりますなあ。
ま、でも思い切ってドアをあけましょう。空気の入れ換えはしなくちゃね。うー、寒い。

おや、ダイコンがふっくらしてきたみたい。どれどれ、抜いてみようじゃないの。

ミニダイコンの「おいばね」です。
ミニダイコンのおいばねを収穫
お初栽培です。どんなお味なんざましょ。

もう一本は、「紅くるり」。前回(11/24)につづいて2本目の収穫になります。
紅くるりダイコンの収穫

へっへっへ。いっぺんに2本も手に入れましたぜぃ。
おいばねと紅くるりの収穫

いつも思うんだけど、ダイコンて、洗うとピカピカになるんだねえ。
おいばねと紅くるりを洗う

スライスしました。添えてある葉っぱは、イタリアンパセリとディル。
おいばねと紅くるりをスライス


この2種類の葉っぱも、大きくなってきたので使ってみたかったんです。ディル(右)はたぶんお初収穫。
イタリアンパセリとディル

なんでもディルは魚料理などに供されることが多いのだとか。知らんかったなあ。見るのも食べるのも初めてなんですもん。
でも、ピクルスにも使われているそうなので、購入した瓶に入ってて気づかないまま食べているのかもしれません。
ふわっとした香りとちょっぴり苦いような味がしました。ふーん、こういうもんか。なんかよくわかりませんわ。あはは。

それにしても、この日の食事メニューは、収穫したダイコンサラダにポン酢をかけまわし、フランスパン(バケット)でいただくという和洋とりまぜ状態。あ、それにポークソテーとぬか漬けもおつけしました。なんともすごい取り合わせであります。
ダイコンのサラダをバケットでいただく

ま、何はともあれ、ダイコンが美味しい。白いダイコンの「おいばね」は甘みあり。ちょい辛かったけど、辛みの少ない「紅くるり」と一緒にいただくといい感じにほぐれてくれました。
残念なのは、焼いたバケット。ナイフで生地に入れる切れ目が毎度うまくいかないのだ。次、がんばろうぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ダイコン | 16:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイコン祭り その2「紅くるり」お初収穫

当ベランダ、ただいまダイコン祭り開催中! といっても、小さな鉢で数本ずつ育っているだけではありますが。

本日(22日)、朝は春京赤長水ダイコンを頂やしたが、さらに昼過ぎ、今度は「紅くるりダイコン」でござい。(たったの1本ですけどぉ。)
まあ見てやってちょうだいませ、この勇姿を。あ、ごっつい手じゃないよ、ダイコンにご注目くだされたし。
11/22 紅くるりダイコンの初収穫

なになに、「春京赤長水ダイコンと同じもんじゃないかい」とな?
まあ、見てなって。切ったらちがいがわかっていただけますって。

ほらね。断面がすべて赤いんでござんすよ。ぐるり、ぜーんぶ赤いんでさぁ。
11/22 紅くるりダイコン 断面の赤色

ではでは、いざ、スライス!
スライサーでシャカシャカ調子よくやってたら、お皿いっぱいになっちまった。
11/22 紅くるりダイコン スライスした

個体がバラバラになると見ための体積が増えるんだなあ、を味わう。重量は変わっとらんのにねえ。なにやらもうけた気分ざます。ほくほく。
でも食べきれるんですかい、こんなにてんこ盛りしちゃってからに。食べる。ご飯のかわりに食べるも~ん。

葉っぱは、チ~ン♪
紅くるりダイコンの葉 チン♪

おかかをかけて食べるもよし。お味噌汁にいれるもよしでしょう。
この日はお浸しでいただくことに。固いかなあと思ったけど、だいじょうぶ。青菜の美味しい味がいたしました。にんまり。

残るはあと3本。こちらは、もうちょっと大きくしてからとりますぞい。(と、よくばっておるしだい。)
紅くるりダイコンの土栽培

種をお送りくださった、鳥取県岩美町のミーコ様。ごちそーさまです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ダイコン | 16:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春京赤長水ダイコンの初収穫

えーっと、ダイコンなんですけど、長いなまえですねえ。春京赤長水=しゅんきょうあかながみず、と読むのでしょうか。いったいどんなダイコンになんだろう? なにしろお初栽培なもんですからワクワク。

それが、ようやくふっくら大きくなってきたみたいなんで、おためしに一本ぬいてみました。
11/21 春京赤長水ダイコンの初収穫

水道で洗ってみましたらば、色鮮やか! 一緒にトマトのMr.浅野のけっさくも収穫。
春京赤長水ダイコンと一緒にトマトのMr.浅野のけっさく収穫

調理は、スライサーを使い、2種類に切り分けてみましした。葉っぱは、細かく切って塩もみに。
春京赤長水ダイコンを盛り付ける
いやん、ダイコンに「す」あり。収穫するのが遅かったか。

辛みがちょいとあり、おいしゅございました。切り方は、円形よりも千切り風にしたほうがポン酢のからみがよく美味い。へー、そうなんだ。
ともあれ、残りのダイコンもさっさと収穫してしまわねば、ですわ。

翌朝、次の一本を収穫。
11/22  春京赤長水ダイコンの収穫

あと3本なんだけど、まだ細いみたいなんだなあ。
11/22  春京赤長水ダイコンの残り株
もうちょっとおいとくか。
それとも、抜いてしまったほうがよろしいのか。どーなんだろう。たのしく悩んでおります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ダイコン | 09:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT