ソラマメの「ファーベ」:水耕栽培の根を切り落としたら

2014.03.01 16:55 | EDIT

 去年にひきつづき、ベランダで野菜つくりブログのよっちゃんさんからいただいた種のソラマメ・ファーベを育てています。(発芽:昨年11/16)
しばらくは液肥を追加するくらいでつつがなく育っておりましたんですが、2月中旬ごろになって、なんだか様子が変なんです。(撮影:2/19)

葉っぱがしおれてます。さわるとカサカサして崩れおちちゃう。ベランダにおいていたから風にあたりすぎたんだろうか。雪もふったしなあ。でも同じ豆でも、エンドウはそんなベランダでも元気にしてるわけだし。

根を見たら黒くなっていたので、大急ぎで傷んだところを切断。残りがこんなちょびっとになってしまいました…。

だ、大丈夫だろうか。

つづいて、中央の一番長く育っていた茎を根元から切り落としました。

だって、根が少なくなったら茎を育てる余裕がなくなってしまうだろうし、ついては茎や葉をへらしてやれば他の茎や葉が生き残るのではないか、と思ったからです。

そうして切り取った葉と茎。

はたして、これでよかったんだろうか? 切り口がまだきれいなのを見ると、痛ましい気持ちになる。

その後は、とりあえず室内の窓辺におき、数日後からは昼間だけベランダに出すという方法でやってみました。

約1週間後。無事、生き残ってます。〈2/26〉


しかも、花芽ついてるし。


その花、咲いちゃったし。(2/28) 


いやいや、まだ根っこを見るまではゆだんなりませんぞ。根はどうなっておるのか。

おっ、新しい長い根が伸びつつあるようです。とはいえ、若干茶色の部分も見受けられます。水で洗いおとしておいたほうがいいかもしれません。

なお、下の方の葉に、焦げ茶色の怪しい斑点模様がついていたので、こちらもおおむね削除しました。

こんなもんでどうかわからんけど、ほかに思いつかないので、このまま様子をみることにいたしましょ。

じつは、ソラマメのファーベは、もう一鉢あります。こちらは生長が遅かった株なのですが、とくに傷んだようすもなく、花もすこし咲き始めました。(3/1)


では、先ほどの痛んだ株とのツーショット。

フサフサとスカスカが歴然ですな。厳しい現実。せめてスカスカには、育毛剤でもつけてやろうかしら。

あ、すっかり忘れていたけど、ソラマメって花が咲いても落ちまくってなかなか実らないことがあるのでした。そうそう、去年もだいぶおっこちてましたっけ。いやん、暗い過去を思い出しちゃったじゃないか。

 ま、とりあえず花は咲き始めたのである。満開になったら、花見で一杯を楽しもうじゃあーりませんか。
よっ、ソラマメ音頭でも歌って踊って、良い、酔い、宵となっ♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
 

Category: 豆類 - ソラマメ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

ソラマメの「ファーベ」:このたびは水耕栽培でやってみます

2014.01.04 16:14 | EDIT

 一昨年も栽培して美味しくいただいたソラマメのファーベ。引きつづき昨年も種まきし、11月16日に発芽しました。

種の発芽方法は、いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんから教えていただいたサイトで、めんどり育苗という方法をまねしました。種をキッチンペーパーにくるんでポリ袋にいれて発芽させるというものです。これがじつにうまいこといきました。簡単!
発根後は、すぐさまバーミキュライトを入れたペットボトルに引っ越し。なんせ、以前、ぐずぐずしてたらペーパーの中で根をのたうち回らせてしまった、という前科がありますのでね。

11月28日(発芽から12日め)。葉っぱがひらいてきました。よしよし。


けれども、もう1個の種が問題でして。根はでたけれど、上に伸びる芽が難産のようです。

頑丈な皮にはばまれ、なかなか這い出せぬまま数日が経過。
しかたがないので、わたくしが産婆役をやってみることに。
ハサミを取り出し、茶色の皮を指でつまみながら切り開くと、パラリと皮がはがれ落ちました。すぐさま、中から白く伸びきった茎がバネのようにびよ~んと飛びだし、無事誕生。やれやれ、ホッ。

12月7日。難産株だったけど、葉っぱが広がってきました。イエーイ!


とはいえ、通常分娩だった左の株と比べると、難産ものはだいぶ小ぶり。大丈夫かいな。


12月29日。2株ともどうやら無事に生長中のようで。


なお、通常分娩株の根元には、脇芽がでてきました。



 さて年が明けて、1月4日。通常株は、身長が30センチくらいになったでしょうか。
 

一方の難産株はといいますと、20センチくらい。


2株ならべると、まあこんな感じ。でこぼこコンビですな。

近づくと、ソラマメの香りがします。柔らかい葉っぱだから食べてみたくなるけど、がまんがまん。
花が咲くのは2月か3月か。実になるのは4月ごろ?
タンパク質を作るのって、時間がかかるんだなあ。あ~あ、私の首が徒長しそうです。

【ソラマメのファーベ:種をくださったのは…】
ベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんです。今回は、このあとゴミ箱での水耕栽培に移行しようと思っています。ソラマメを水耕栽培で育てるのは、じつは今まであまりうまくいっていないのです。それゆえに、挑戦してみたいのでした。どうなりますやら、ドッキドキ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 豆類 - ソラマメ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

ソラマメの「ファーベ」:お初収穫で最後の晩餐

2013.05.08 20:12 | EDIT

 秋の種まきから、ずーっと待ちに待っているソラマメのファーベ。
4/28 鉛筆サイズよりはふくらんできたような。


5/1 長さもちょいと伸びたような。


5/6 ああ、待ち切れん。もう食べちゃおうかなあ。


株元を見ると、下から葉っぱが枯れてきたみたい。

これまでは朝に夕に、あんなにも水をほしがっていたのにねえ。どうりで土が乾かなくなったわけだ。実をつけると株はいっきにおとろえていくものらしい。
このまま順に収穫していくまで、株の勢いがもたないかもしれんなあ。

 よしっ。未練をすてて全部収穫! 小さいのも残らずとっちゃった。

ファーベは長い鞘になる品種だそうですが、一番大きいのは20㎝あまりでしょうか。もう少し待てばもっと大きくなったかもしれないんだけど。小さいのはキヌサヤ並ですな。

大きいやつの中をのぞいてみる。

お豆がぷら~んとくっついてるぅ。へその緒みたいだ。

さて、調理。焼き網にのせます。

焼き網の目にのっかりそうな大きめの実だけ焼くことにします。

でけた!

お豆はしわしわ~。お塩をふっていただきました。ちょーやわらかいっ。きっとまだ収穫するには早かったのかもしれません。けれどおかげさんで薄皮もやわやわ。ほろにが味とほの甘味があり、「これがソラマメっつーもんか」と思ったしだい。鞘もかじってみましたらやわらかく、内側の白いスポンジ状の部分のざらつき感さえなければ鞘も食べるべきでしょう。お豆の数の少なさを鞘でカバーしちゃったりなんかして、ね。

 ところで、残った小さい方の豆はいかがいたしましょうかね。とりあえず鞘から生のままとりだしました。


お味噌汁の浮き実にポトン。数量が少ないから貴重な浮き実ですぞ。

ほとんど熱を加えないようにしてみました。ファーベは生食もできるソラマメだそうですので、生食感を生かしてみようと思ったのです。前歯で噛むとプッチプチ。小さくてもソラマメ味がします。
ぺろり。あーあ、食べたらしまいじゃ。

 あっというまでしたな、食べるのは。

 今度ソラマメを育てるときは、1株だけのひとりっこ栽培にしてはどうかしら。さらに、茎を3本立てぐらにへらして広い空間を保ち、下の段にも日があたるようにしたら、もうちょっと収量がふえるんじゃないかなあ。
「めざせ、たわわに鞘のついたる ただ一株のソラマメ!」 なーんちゃって。

【お礼】
ソラマメ・ファーベの種はベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんより頂戴いたしました。
おかげさま、青々とした色もうれしい春の味覚の初物をいただくことができました。ごちそうさまでーーーす。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 豆類 - ソラマメ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

ソラマメの「ファーベ」:実のなりかた

2013.04.16 13:03 | EDIT

 ベランダにあるソラマメの株に近づくと、なんとも美味しそうな香りがいたします。どっさりこと実っていそうだなあ。

土の袋栽培で2株あり。背丈は150㎝くらいでしょうか。そのままでは倒れてしまうので支柱とベランダの柵にひもを渡して防御。花はほぼてっぺんまで咲き終わりました。

 かんじんの実はいかに?

上のほうからの順にありましたねえ♪ 葉っぱの付け根ごとに1本ずつくらい。花は1段につき10個くらいは咲いていたように思いますが、実は1本だけなのかしらね。

収穫数の予想=(実が1本×20段くらい×茎が4本)×2株=160本!うひょひょ♪

 とまあそんなことを考えて、さらに下のほうをのぞいてみたら…。

1本必ずあるとは限らんらしい。しおしおしお~んと夢破れちまった。
株の下の方にいくほど日当たりが悪いからかもしれないなあ。

 そもそも、その1本が大きくなってくれるかはわからんわけで。

まあだインゲンにもみたない大きさ。先は長いのう。

 ところで、このファーベの種をくださった気ままにベランダで野菜つくりブログのよっちゃんさんのところでは、もうすでに完成品に近い大きさになったお姿がごらんになれます。
こちらのブログ記事→「こんなにながい?」(4月9日付け)
8粒くらいはあろうかという実入りのよさ。おいしそうですぞ~っ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 豆類 - ソラマメ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ソラマメの「ファーベ」:みのひとつだに…

2013.03.30 14:53 | EDIT

 ときは春爛漫の花盛り。ベランダのソラマメ「ファーベ」(種は、ベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんより頂戴のお品)も、ただいま花の真っ最中であります。

土の袋栽培で2株あり、それぞれ4本ぐらいずつの茎がついています。身の丈110㎝。
けっこう大きくなるもんなんですねえ。

 上の写真の右下。背の低い株もこれまた同じソラマメで、ペットボトルの水耕栽培でして、こちらも2株あります。近くで見るとこんな感じ。

草丈は30㎝くらいのこぶり。葉も花もミニチュアのよう。

 このソラマメ・ファーベの花ですが、そりゃあもう、どっさりどっさり咲いているんでございますよ。

しかし、実は、実は…。

 いつぞや、落語のお好きな方から、こんな和歌を紹介してもらったことを思い出します。
「七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞかなしき」

なんだか、「やーいやーい、ソラマメの実、なってないじゃん」ってはやされてるみたいな気がしてきたなあ。
ちっ、くやしいから、私もまねして歌ってやろうじゃないの。
「七重八重 花は咲けども 空豆の 実のひとつだに 無きぞ悲しき」
…ありゃま、いっそう悲しみがつのるっつうか。いやんもう、1個だけでもみのってくれいーー!!

 それがそれが、今朝ほど、よーく探したらばありましたのよ、マメらしきものが。これこれっ!

あたり一面に黒い花柄が落ちまくっているなかで、ひょっこりこの1本。期待の1本。1本でもソラマメはソラマメだかんね。待ちかねたぞーっ。1個は確保。らららんらん♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 豆類 - ソラマメ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード