お初栽培のブロッコリー:手のひらサイズの収穫

2017.03.01 16:12 | EDIT

ちょいとちょいと、いい感じにふくらんできたんじゃございませんこと?(撮影:2/27)
ふっくらつぼみのすずなりブロッコリー

昨年9月、苗をわざわざネットで手に入れたというなんとも『高級』な、すずなりブロッコリーであります。(後日、ご近所で大安売りされてると知り、地団駄踏んだ思い出あり。)

茎はまだそんなに長くはなっていないみたい。
2/27 すずなりブロッコリー

まだ早いのかもしれないけど、収穫してみました。
すずなりブロッコリーを10本収穫

手のひらの上にこんもり。これ全部で10本。
苗に入っていた名前の札には「1株で40本(目安)」とありましたから、あと30本くらいは収穫できるかも?できないかも?

思わず、収穫後の茎の数を数えてみたくなりますがな。(3/1)
3/1 10本を収穫したあとのすずなりブロッコリー

ときに、収穫したけど残っていた花芽はその後、どうなるんでしょう。

左右に2本、小さいのがちょこんとあるんですけど、これ。
3/1 残っている左右2本の小さいブロッコリーは大きくなるんだろうか?

たぶん、上に伸びたりせずこのままなんでしょうねえ。もっと茎の下のほうを切り取るべきだったのかもしれん。もったいないことをしたなあ。

収穫したすずなりブロッコリーは、レンジで弱めにチンしました。左は最後の収穫のルッコラ(コルチバータ)。
最後の収穫のルッコラと、チンした最初の収穫のすずなりブロッコリー。

色味がなんかさびしいので、ベランダから四季なりイチゴをつんでのっけてみた。

ブロッコリー、美味しいです。ちゃんと味があるんだね。甘みやらちょっとした苦みやらなんやらの味がするんだなあ。
ムシャムシャしながら、にやつく、にやつく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - ブロッコリー・カリフラワー
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培ブロッコリー:立ち上がれ茎!

2017.02.21 17:26 | EDIT

わざわざネットで苗をお取り寄せした「すずなりブロッコリー」。直径30㎝の鉢で土栽培です。真ん中の花芽が大きくなったので収穫しました。

それが、しばらく前の2月1日。
2/1 すずなりブロッコリーの中心部分を収穫
な、なんか、ちっさ。手乗り文鳥ならぬ、手乗りブロッコリーですがな。

はは~ん、この切り取ったあとの周囲にできてる新芽が育ってくれば、次の収穫ってわけだ。
2/1 切り取った後のすずなりブロッコリー
待ち遠しいぞ。

とりあえず、手にしたちびブロッコリーをチ~ン♪
2/1 すずなりブロッコリーをチンしていただきました。

小皿に盛るまでもないような一口サイズ。パクリといただきました。
う~ん、なんかあんまり味がしません。期待しすぎちゃったかなあ。ま、もう少し待つとしよう。

2月18日。どれどれ、どうなってるかしらねえ。ぱっとみたところ、かわりばえしないけど。
2/18 すずなりブロッコリーの株姿

中はどんな?
2/18 脇芽がぼちぼちでています
あるある、小さい芽がプチプチと。これを収穫すればいいのかな。

さあ、どうなんでしょう。苗についていた札を株の隣に並べてみた。
2/18 苗札と比べて眺めてみるすずなりブロッコリー

ん? 札の写真では、花芽が葉っぱよりつんつんと突き出た感じになってるじゃないか。うちのは、葉の中にめり込んでるもん。
ということは、まだまだってことだわね、きっと、たぶん、おそらく。
は~あ、先は長いわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


Category: 果菜類 - ブロッコリー・カリフラワー
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培ブロッコリー、ぶふっ。

2017.01.30 20:00 | EDIT

昨年9月の始めに苗をネット買いしたすずなりブロッコリー。はてどんなもんでしょうかねえ。

こちら、12月25日の株姿。
2016年12月25日 すずなりブロッコリー
まだ小さい身長20センチ程度の苗がこれくらいになるまでは、どんどん大きくなってくれたような気がするんですわ。

どれどれ、中央部分の花芽のぐあいはどうかしら。
2016年12月25日 すずなりブロッコリーの中央部分
おっ、なにやらこんもりとしておるわい、とわくわくしておったんです。

しかし、ここからは、ずーーーーーとそのまんま。ちっとも代わり映えせんのですわ。
一ヶ月ほどたちました。

1月20日。はい、葉の茂りぐあいにさしたる変化はございません。
1/20 すずなりブロッコリー

中をのぞいてみると。ややっ、くっきりとした花芽ができておるではないか。
1/20 すずなりブロッコリーの中心部の育ちぐあい

茎の側面にも、ふつふつと小さな花芽。
1/20 側面の芽の育ちぐあい

それから10日後の1月30日。葉っぱに変化はないようです。
1/30 すずなりブロッコリー

どれ、上からのぞいてみようじゃないか。真ん中につぶつぶ密集地帯発生!
1/30 上から見たすずなりブロッコリー
 
おお、まちがいなく、ブロッコリーじゃ。
1/30 頂上にできた花芽

もう、収穫してもいいのかな?

しかしだ。つぶつぶ密集地帯の下にも、まだつぶつぶが続いてて、茎が見えない。
1/30 頂上の下側は芽が密集している

これじゃ、いったいどこから切り取っていいものかわからんではないか。もうすこし待っていれば、花芽が持ち上がってくるんだろうか。お初栽培なもんで、わからんことだらけです。

そうそう、側面の花芽も調べておこう。
1/30 側面の花芽のようす
こちらも小さいながらブロッコリー感がでてまいりましたようで。

どうしよう。明日あたり、てっぺんの花芽を収穫みようかね。うかうかしてたら花咲いちゃうかもしれんしな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - ブロッコリー・カリフラワー
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

ブロッコリーを苗から:ただいま身長60センチほど

2016.10.31 19:57 | EDIT

この秋のベランダは、毎年のように育てていた子持タカナ(タケノコのような小さな新芽を食べるカラシナ)もカリフラワー(黄緑色の渦巻きになるロマネスコ)もなし。6月に種まきしたトマトにスペースをさいているからなんですが、ブロッコリーを一株だけ育てています。

9月はじめに苗をネット買いして約1ヶ月ほど。商品名は、すずなりブロッコリー
16年10月30日 すずなりブロッコリー

病気もなくすんなり育っているようです。ただ鉢が小さめなのか、土の渇きが早く毎日のように水やりに気を使うのがちとめんどうかな。あ、水じゃなくて液肥でした。肥料をやっていないのでそのかわりに水耕栽培の液肥を小ぶりなじょうろで一杯。
まだ花芽もなく、ひたすら葉をもりもりと茂らせておいでのようだ。苗についていた説明書を読んだら、収穫は来年の2月頃からですってさ。なあんだ、まだまだじゃないか。長いみちのりじゃのう。

でもね、お楽しみなことも書いてありましたですよ。
「茎まで甘みがあって美味しく、ビタミンC・カロテンなどの栄養豊富!通常のブロッコリーと違い葉もたべられます。」とさ。
そして「脇から側花蕾がどんどん出て1株で約40本収穫できます!」ってよ。ほんとかいな。

ま、期待しちゃいましょ。冬は長いんだもの。ワクワク時間もたっぷりあるってことですし。

【今日の収穫】
大玉トマトの麗夏。左端のがそろそろよろしいんじゃないでしょうか。
大玉トマトの麗夏

ハサミでチョキンとしてみましたぞ。
収穫した麗夏
持ってみたらカチッと固い感じ。ありゃ、まだ早すぎたかも。

割ってみる。ま、ふつうにトマトですわな。
切ってみた麗夏
いただく。ひゃー、今までで一番美味しい麗夏かも。今まで収穫したものは、わりとぼんやりした味だったんだけどなあ。このところのからっとしたお天気のしわざでしょうかね。かっちりとした実と甘酸っぱさと。にやけます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - ブロッコリー・カリフラワー
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

スプラウトのブロッコリー

2016.03.18 21:30 | EDIT

この前、スプラウトのソバを育てて気をよくしたもんだから、またやってみようってわけで冷蔵庫に保管している種袋を探していると、宝物を発見!

スプラウト用のブロッコリーの種です。わーい、ブログ「猫ごはんと5匹のギャング」のか~ちゃんさんとおんなじ種がある~、と、小躍り♪

それはいいとして、こんなていねいな栽培メモがついておったのです。ん?こ、これは?!
3/4 スプラウト用ブロッコリーの種と解説メモ
すみません。お、思い出しました。

このメモは、以前脳天気な我が家のFOXさんが書いてくださったもので、種と一緒に送ってくださったのでした。あれはいつのことだったろうと調べてみましたらば、2012年5月18日。3年以上も前ってことになります。(当時のブログ記事はこちら)

どうやら私、いただいた種をだいじにしまいんでいたらしい。なんてこった…。おおボケである。

ともかくも,種まきしよう。発芽してくれるかどうか、まいてみなくちゃわからんのだから。
とまあこれが、3月4日のことであります。

でる、でない、でる、でない……悶々として待つ。

種まきから5日後(3/9)。ふっ、ふっ、ふっ。でましたぜ、でましたぜ。
3/9 スプラウト用ブロッコリー
3年も前の種だけあって、さすがに手ごわかったけど、ご無事でありました。

種まきから12日後(3/16)。コップからはみ出ておりますな。そうそう、その調子♪
3/16 スプラウト用ブロッコリー
もうそろそろお日さまにあててもいいかしらね。窓越しの明るい場所にうつします。

種まきから14日後(3/18)。イエ~イ、スプラウトのブロッコリー、一丁あがり!
3/18 スプラウト用ブロッコリー

ほほ~う、ブロッコリーはソバよりもほっそり繊細な芽になるのでしたか。こんな小さくてもなかなか滋養のあるもんだそうです。詳細は、か~ちゃんさんのブログ記事「スプラウト=ブロッコリーの芽。【本日の投稿=その2】 」を、どうぞご覧くだされたし。
なお、か~ちゃんさんは、お豆腐の水切り容器で栽培なさっておられ、完成品は、ブロッコリーの密林のようなお姿です。圧巻!

それにしても、スプラウトは楽ちんでたのしいなあ。今度はぜひ、種をドーーーーンと買いこんで、たっぷり頂きたいもんであります。まあコップ一杯の栽培でも、ワンカップ大関をぐびっとひっかけた風な感激はありますんですけどね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - ブロッコリー・カリフラワー
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード