FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ネギの交代

去年の8月31日にタネまきしたした「ちゃんこネギ」(分けつタイプ)。ペットボトルによる水耕栽培で、根元の白いところを伸ばすべく、厚紙を巻きました。

5月1日。背丈が高く、そのままでは倒れるので、大きな鉢に入れてみました。2個のペットボトルだけに見えますが、全部で3個あります。
ちゃんこネギ。紙を巻いて白いところを増やす作戦。

厚紙の高さは30センチくらいです。
ちゃんこネギ。紙を巻いている。

厚紙を引っ張ると、ジャーン、白くなっているのでした。(しめしめだぜ。)
ちゃんこネギ。根元に巻いた紙をどける。

5月1日。
がしかし、いかんせん背丈が高すぎて、よくお倒れになります。そこで今度は、3個のペットボトルをひもでまとめて縛ってみました。

これでどうかな。
ちゃんこネギ。ポット1本だけでは倒れるので、3ポットまとめて縛る。

うまくいきました。そそり立つネギ連山。いい眺めですなあ。

ですが、一難去ってまた一難。液肥をペットボトルに入れるときがめんどうです。ひもをほどかないとそれぞれの容器にうまく入れられないことが多々あり。うーむ、まあこれくらいは仕方ないか。しぶしぶ継続…。

ところで、収穫ですが、花芽ができてしまった株優先で、根元から3センチ上あたりを切り取って使用。
そういえば、花芽をこの頃見かけないがと思っていたら、葉の先端にこんな小さな白い物が見受けられるようになりました。

これもやっぱり花芽だろか?
ネギの先端を拡大。花芽あり。

たぶんそうでしょう。となれば、収穫を早めたほうがいいかも。

はい、ばっさり、全部やっちゃいました。(撮影:5/21)
収穫した「ちゃんこネギ」

わりと細めのネギでした。ぎゅぎゅうに詰め込んでましたからねえ。
でもそのおかげか、固くもならず食べ頃でいただけそうです。(って、こんなにたくさん、どーすんだか、ではありますが。)

根を見てみよう。
水耕栽培の「ちゃんこネギ」

いくらか茶色にはなってるけど、まあまあ元気だったようです。ネギのペットボトル水耕栽培、なかなかによいかも。


さて、去年のネギはこれにておしまいですが、じつは今年(3/25)新たに、タネまきしておいたもんがありまして。

約2か月後の本日5月26日、かような密集地帯になっとります。
5/26のちゃんこネギ。3月25日タネまき。

根元をおおっているのはキッチン用のネット。ちょっと頼りないけど、風によるお倒れ防止であります。
じつは例年、夏にむかって栽培するネギを厚紙でおおうと、黒いアブラムシが発生したり、蒸れて腐ってボツになることがよくありました。こんな風通しのよいネットならいいかなあと思いまして。
あ、タマネギとかミカンが入ってるオレンジ色のネットもいいかもしれん。ふむふむ、ためしてみよう。

おっと、根っこも観察。
水耕栽培のネギの根。

まだ短いですね。液肥をいっぱい満たしておかないと、根に届きませんなあ。忘れないようにいたさねば。
そうか、せっかく短いのだから、今のうちに植えかえしたほうがいいのかもしれません。う~ん、めんどくさ…。
ま、そのうちに、ね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急げ急げネギ

ネギの根元を厚紙でおおい、白いところを伸ばす作戦を継続中。
ちゃんこネギの根元を紙でおおって栽培


ちょいとのぞいてみると、ネギ坊主登場ですがな。
花芽がでているネギ(水耕栽培)

ヤバいじゃん、花咲いて固くなっちまうがなもし。

とりあえず、厚紙をどけてみるか。他にもうネギ坊主ないだろうなあ、おいっ。
ちゃんこネギの根元をおおった紙をはずした

しらみつぶしに点検。よし、今のところ大丈夫。
ほ~、紙の高さぶんくらいまでは白くなっている。よしよし、でかしたぞ。
この調子でよろしくお願いしまずぜ。

このネギ坊主はとっていただくとしよう。ついでだ、他の葉物野菜も一緒に収穫。
ちゃんこネギと葉物野菜の収穫

今一番収穫に励んでいるのがチコリ(品種:ヴェネチア)。冬場は鮮やかな紫色だったが、だんだん薄れて緑色が台頭してきており、いずれ緑一色になってしまうにちがいない。味に変化はないのかもしれんが、なんかこう、ありがたみが薄まるような気がして収穫を急いでおるわけです。とはいえ、苦みのある野菜だからそうたくさんは食べられず、焦ります。

カラシ菜系の「パーマグリーン」は、今まで生で食べるかゆでてお浸しにしていたのですが、初めて炒め物にしてみました。
からし菜系のパーマグリーンを炒め物に

なかなかに美味しいです。葉にパーマがかかっているためか弾力があり、炒めてもあまりへたりません。ちょっとクセというか風味があり、おもしろいです。加熱すると辛みが薄れるのが残念かなあ。
あ、ネギは納豆の味噌汁にいれましょう。

そうそう、先日(3/25)新しいネギの種をまきました。
3/25に種まきしたネギ。

すると、もう根がでてきたみたいです。(撮影:3/28)
3/28 根がでてきたちゃんこネギ。

まいた種の「ちゃんこネギ」は夏用のネギの種類ではないから、あまりうまく育たないかもしれが。ま、いけるとこまでなんとか育っておくんなさいまし。

さてと、きょうは今外の気温は14度ぐらいだそうな。こんなに暖かいのに明日は「雪」の予報ですってよ。「マジか」です。
ご近所さんの桜は今まさに満開なんだけどなあ。ありゃ、雨が降ってきたみたい。
ここ東京都は外出がはばかられる事態ゆえ、桜見物は人気の無い時間帯の散歩ついでにちらっと眺めて、「おお、きれい!」。しばしの憩いのひとときです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よくばりネギ増産中

数日がかりだった長丁場の仕事が一区切りつき、ベランダで液肥を補充していたらおおあくび。きょうはあったかくていいおひよりでした。

8月に種まきしたネギがだいぶ大きくなっとります。といってもペットボトル容器に植えた2本だけですが。

こちら少し前の1月19日のネギ。とんがり葉っぱがびよ~ん。
1/19 ペットボトルで水耕栽培のネギ2本植え。

2本のうちの1本だけを収穫。けっこう太くなっとりました。うへへ
1/19 ペットボトルで水耕栽培のネギを収穫。

だがしかし、ぜんぶ抜いちゃったわけではありませぬ。よくばりともこさんは、根元を若干残しておりましてな。ここから新しく上に伸びてくるのを待とうという魂胆ですのさ。
1/19 根元を残したネギの収穫。

…とまあ、ここまでが1月19日のようすです。

それから幾年月、ほどじゃあなくて13日後。はたして、切り取った残りはどのくらい伸びたでしょうか。7センチくらいはいってるかなあと、紙のおおいをはずしてみた。(撮影:2/1)
2本植えのネギ。

ちっさ~。3センチくらいですかね。
根元の少し上を収穫した残りのネギの生育ぐあい。

おや、となりのネギはけっこう太くなっとるじゃあ~りませんか。この白いところ伸ばしたら、さらにバージョンアップなネギにおなりかもよ。

さっそくに、おおいの紙を広げて伸ばす。
紙のおおいを増やしてネギの白いところも伸ばそう作戦。

これでどうだ!乞うご期待よ。

ときに、ネギは他に密集して育っているタイプもございまして。

こちらさんです。同じく根元に紙のおおいを伸ばしたのが1月9日でした。(2/1)
2/1 密集した水耕栽培のネギ。

あれから25日後(2/3)。さあて、白いところはどうなっとるんでしょう。紙を持ち上げてみる。そろりそろり~
密集しているネギの白い根本付近。

紙の長さの半分よりちょっと上くらいですかね。なーんだ、もっともっとできてるかと思ったのに。
2/3 ネギの白いところの伸びぐあい

なかなか伸びないもんですなあ。冬だもんね、しかたないか。よくばりネギを作るのはなかなかである。
今、ちまたじゃあぶっといネギが一束10本入りくらいで300円とういお安さですってよ。じみ~に育ててる場合じゃあござんせんわよねえ。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギの白いののび~る作戦

そういえばその昔、「鉄棒にぶらさがると身長が伸びる」とかなんとかいうウワサがありましたっけ。うそかまことか、なんでも試してみないことにはわかりません。
このたびは、9月に種まきしたネギ。水耕栽培です。その白いところを伸ばしてみようともくろんでおりますが、はてどんなもんでしょうか。

まずは、厚紙でネギの根元付近をおおってみましたのが、11月4日でした。

それから2か月後。(撮影:1/3)
密集栽培のネギと1本栽培のネギ

その厚紙をどけてのぞいてみたら、ネギの白いはちょうど厚紙の長さぶんだけ伸びてました。やったぜい!(1/9)
11月4日から約2か月後の1月9日。ネギの白いところがふえた。

すると、よくばりともこさんは考えました。「厚紙の長さを2倍にしたら、白いところも2倍になるにちがいない」と。
ネギの白いところをさらに伸ばすべく、厚紙を伸ばしてまく。

さっそく実行。厚紙ですが、じつは今まで、1枚の紙を半分に折って使っていたので、それを広げて元の長さに戻して再利用。でも、この1枚だけでは強度がたりないだろうと、もう1枚プラス。2枚重ねて巻くことにしました。

紙はホッチキスで紙の上と下のあたりをパチンパチン、2カ所止めただけ。おお、簡単。
ネギの厚紙はホッチキスで留めつけた。

できました!ネギがキリッとそそり立ってますなあ。
厚紙を伸ばしてまいたネギ。

しかーし、こんなに背高のっぽになってだいじょうぶかい? 風が吹いたら一気に倒れてしまいますぜ。
なにせネギを入れている容器は2リットルのペットボトルで、ベランダに取り付けた簡単なフックに引っかけてあるだけなんですから。
ベランダの手すりにフックをつけて装着したネギ。

ま、これまでの経験上、こうしたものは倒れるのはまちがいありません。認めましょう。がしかし、風の強い日は、フックから取り外してベランダの床に移動しますのでご安心くだされたし。

あ、でもこれ、いつもうちにいればの話でした。外出中に突風が吹いたら…。バッシャーン!お倒れになってますなあ、たぶん。
いきなりの春一番とかないことを願ってやみません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネギ育つ

年末、鍋用に泥ネギを買いました。一束10本ほどで300円。お安ですなあとホクホクしておりますんですが、ネギはうちにも育ってるのがあるのになあ、とも思うわけで。

7月に種まきしたネギ(ちゃんこネギ)がこちらです。
ペットボトルで1本だけのネギ

ペットボトルのお住まいに1株だけでお住まいの優雅なお暮らし。まわりにいろんな野菜が迫ってきてるから敷地はせまいですがね。

一方、それより2か月近くあとに種まきした同じ品種のネギもありまして、くらべてみるとこんな感じです。
左はしがくだんの一軒家一株住まいのネギで、右側が10株ぐらいのぎゅう詰め大部屋育ちです。
密集栽培のネギと1本栽培のネギ

1ペットボトルに1本だけ育てたのは初めて。いやあ、こんなにもふつうに大きくなるネギだったとは知りませんでした。ぎゅう詰めでした育てたことがなく、細いから薬味用なんだなあと思ってたもんで、びっくりです。ちゃんこネギは、ちゃんと育てれば「ちゃんとネギ」だったんですねえ。オホホ

一軒家育ちで1本だけの苗の根はこんなでした。
1本だけ栽培のネギの根

大部屋育ちの根は、こちら。
ペットボトルに数本密集の水耕栽培のネギ

詰め込まれたわりには太いもんですなあ。

白いところを伸ばそうと思い、根元付近にボール紙を11月14日から巻いてるんですが、はたして、どれくらい白くなってますやら。

1本だけの株のボール紙を持ち上げてみました。
ペットボトルに1本だけの水耕栽培のネギ

ほうほう、15センチくらいはあるでしょうか。

大部屋のやつのボール紙をどけたら。
白いところが伸びてきたネギ

こちらも同じくらいに白くなってるようです。どちらもボール紙の高さくらいになってるので、今後はさらにボール紙を継ぎ足してやれば、さらに白いところが伸びそうですな。
でもねえこれ、苗の背が伸びるとぐらぐらして、ペットボトルが不安定になるんですよねえ。
よくばっちゃあいかんのでしょう。白いところ伸ばし作戦はこのくらいにして、ぼちぼち収穫していこうと思います。

といっても、このネギは「分けつ」するタイプのネギなので、1本ばっさり抜いてしまわずに、横に分かれた1枚をはがしとりながら収穫していけば、なが~~~くたのしめるお得なネギさんざます。こうして春までじわじわたのしむことにいたしましょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT