園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2017.01.10.Tue

種から栽培のちゃんこネギ:ご活躍のシーズン

きょはわりあいあったか。しかし、来週からはぐぐっと寒くなるんだとか。うー、ブルブル。
ベランダの野菜は生き延びてくれるだろうか。ちと心配ではあります。

そんななか、当ベランダにおいてもっとも高い収穫高を誇るのがこちらの、ちゃんこネギでございまして。(種まき:9/2 。撮影:1/6。)
さかんに新芽をだし、収穫しているちゃんこネギ
毎朝、2本折って納豆に添えてます。まな板も使わず、キッチン鋏でチョキチョキと簡単に。

ま、たった2本ではありますが。「毎日」収穫できているってところがありがたい。
栽培容器は、2リットルのペットボトル。水耕栽培です。

なんですかねえ、さかんに新芽をだしてるんです。ちゃんこネギは、「分けつ」するネギの種類だそうで、新しい芽が皮を突き破るようにして、横からニョッキリ。今が成長期なんでしょうか。
1/6 ちゃんこネギの新芽

こちらは、おなじくちゃんこネギなんですが、同じ日に種まきしたにもかかわらず、右端は割り箸くらいの太さで、左側はストロー程度なんですわ。
割り箸サイズの太さになったちゃんこネギ

これでも大きくなってきたんであります。
じつは、種まきのときに種をまきすぎて混み合ってしまったのです。こりゃいかん、株分けせねばと、絡まった根をはずしながら別の容器にうつしかえてやると、すーっと伸びてくれるようになりました。なーんだ、です。

一方、ネギはネギでもこちらは、ヤグラネギ。苗から育てています。根元から折って食べたあと、なかなか新しい芽があらわれず心配しておったんですが、はい、ちゃーんとお出ましになりました。ほっ。
ちょっと心配なヤグラネギ

左が土栽培で、右が液肥を下に満たしている養液土耕栽培です。どちらもおんなじような育ちっぷりかな。
収穫は少なめだけど、春には、このネギのとがった先端にヤグラのような固まりができるんだそうです。その新しいネギをとって植えれば増殖、増殖…。なが~くたのしめるネギですってさ。なんともお得なおネギさん。ほほほ、これまたたのしみ、たのしみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2016.11.16.Wed

ちゃんこネギもお元気

ちゃんこネギはベランダのはしっこにあります。2リットルのペットボトルで水耕栽培。種まきは9月2日です。
ちゃんこネギ

根元には、キッチン用の不織布でできたゴミ袋をまき、ホッチキスでとめました。おかげさんで倒れずにすんでます。
ちゃんこネギは割り箸のふとさ

葉の太さは、割り箸くらいでしょうか。近頃、ぐんと伸びてきたような気がして喜んでます。

問題はこちら。上記の株より1週間おそい9月10日に種まきしたんですが、これがなかなかお育ちになりませんでねえ。それでもやっと15㎝くらいになりました。
ちゃんこネギのまだ小さい苗

ひょっとして密集させすぎちゃったかも。一度、半分ずつに分けて植えかえしたんだけどなあ。まだまだたりないのかも。さらなる植えかえをいたさねば。あらまたおネギの鉢が増えちゃうわん。
この冬はベランダにびっしり、ネギがつんつんしている光景がみられそうであります。

ベランダにはすでに、イチゴとチコリとイタリアンパセリも植わっているというのに。このあと、チコリとルッコラのちび苗もペットボトル栽培で参入させるつもりだし。さらにレタスの種を注文し、ひさしぶりにレタス栽培をがんばろうと思ってもいるわけで。
とまあ、じつに賑やかなベランダになりそう、なるはず、なってほしいと願っておるしだい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2016.11.11.Fri

苗から栽培のヤグラネギ:お初収穫

9月9日にネット買いして届いたヤグラネギの苗。だいぶお育ちになりました。

左が土栽培。右が養液土耕栽培です。(撮影:10/30)
10/30 ヤグラネギ

ネギの大きめの葉の巾が1.5センチくらいでしょうか。

ヤグラネギのお師匠さんでありますミーママさん(ブログ:まりちゃんのベランダ水耕栽培)に、もう食べてもよろしい頃とお教えいただきましたので、さっそくに、はさみでチョキンと3本収穫。にんまり。
10/30 ヤグラネギの初収穫

まな板にのせて刻んだら、即、香りがほわほわ~ん。新鮮ピチピチのおかげさんでありましょう。納豆と味噌汁にいれていただきました。うまし。

なんだかもったいなくてねえ、ヤグラネギはもちろん毎日はいただきません。超高級おネギ扱いで、ここぞというときの薬味用に1本か2本、押し頂くように収穫しますのじゃ。
鍋など、ふんだんにネギを使いたいときは、3本300円のスーパー購入品でまかなっておるしだいです。ううっ、お高いなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2016.10.21.Fri

ちゃんこネギとヤグラネギ:のびのびフニャフニャ

9月2日に種まきしたちゃんこネギ。45日たちました。(撮影:10/17。)
種まきから45日目のちゃんこネギ

白いおおいは、キッチン用の不織布。ネギも徒長するのか、葉が細く、ふにゃふにゃと垂れ下がってきてしまうので、支柱がわりに不織布を巻いてホッチキスで止めてみました。この不織布は2重に折って巻いてあるので、さらに葉の背丈が伸びたら、不織布を1重にして上に広げてやろうと思います。

さて、その中はどうなってるかいなと、のぞいてみる。
不織布のおおいをつけたちゃんこネギ

ありゃ、お互いに絡まってますなあ。ま、でも激しく折れてはいないのでよしとしましょう。

一方、こちらは、8日遅れの9月10日に種まきした、同じくちゃんこネギ。
種まきから37日目のちゃんこネギ

まだ細い細い。成長が遅いのは、密集しすぎているからだろうか。植えかえてやらにゃあいかんでしょう。

ネギは、もう1種類、苗を買ったヤグラネギが2株あり。

こちらがその、9月18日のお姿です。
右が土栽培のヤグラネギで、左が養液土耕栽培(土栽培の鉢の底が液肥を入れた容器に浸かってる感じ)です。
左が養液土栽培で、右が土耕栽培のヤグラネギ

それから約4週間後。

左が土栽培のヤグラネギ。右が養液土耕です。(10/17)
苗を買ってから38日目のヤグラネギ
どちらも、葉数がふえ、だいぶ太めになったようです。なんかネギらしくなりましたなあ。葉っぱ、折れてますけどね。わはは。

あ、土栽培の茎が伸びすぎて傾いてきてるがな。また土寄せしなくちゃね。でももう鉢の上部には土を入れる余裕がおません。
またプラスチックの板を丸めて鉢に差し込んで、その中に土を押し込んでおこうかしらね。

せめて20㎝くらいは白いところがあるネギにしたいですぞ。
そうして、春には葉の先端にヤグラみたいな小さいネギがにょっきりと生えてくる、はず。
そのヤグラをはずすと、分家がいっぱいできて、大所帯のヤグラネギ群団になる、はず。
ほほほ、たのしみじゃのう~。(ほくそ笑んでおります。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2016.09.18.Sun

ネギの栽培方法3種

9月始めに、ヤグラネギというネギの苗を2株、ネットで買いました。(これに関する過去のブログ記事はこちらです。)
苗が届いた当初は、一株は土を入れた鉢で、もう一株はペットボトルの水耕栽培にしたんですが、これがですねえ、なんかどうも不安だったんです。なにしろ春から夏にかけて同じくヤグラネギを初めて栽培したとき、ペットボトルの水耕栽培には失敗した前科がありますので、どうしたもんかと。

すると、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんに「ヤグラネギですが、長期間の栽培になるので、養液栽培よりは養液土耕栽培の方が適していると思います。 」とのコメントをいただきました。ミーママさんは、この栽培方法で3年も育てていらっしゃるそうです。そもそも、春にいただいたヤグラネギの苗もそのミーママさんが育ててくださった苗でした。(そんな貴重な苗だったのにい、ボツにしてしまった、わたくし。)

おーし、ネギの「養液土耕栽培」、やってみようじゃないの。って、ネギの養液土耕はお初挑戦でして。で、できるかしら…。

えーっと、まず、栽培容器を用意。古びたプラ鉢でもいいかなあ。これにハンダごてで穴をあけ、苗と培養土(バーミキュライトにした)をいれ、さらに、その穴あき容器がはいる入れ物を用意し、中には液肥を入れるんでしたよね。

こんな感じかしらねえ。
ヤグラネギの養液土耕栽培 外側の容器に液肥を入れる

左がくだんの「養液土耕栽培」。右は土栽培。
左が養液土栽培で、右が土耕栽培のヤグラネギ

あ、遮光をしてませんでした。鉢をおおっておかないと、液肥に藻がはえるんでした。あとでやっておこう。


ところで、9月始めに近所のホームセンターで買ったアシタバの苗もじつは養液土耕栽培にしています。

こちらが、買った当初のアシタバ。(撮影:9/11)
9/11 アシタバの養液土耕栽培

約一週間後のアシタバ。(9/18)
9/18 アシタバの養液土耕栽培
新しい葉がでてきました。いい感じみたい。

なお、この内側の白い穴あき容器は、ミーママさんからいただいたヤグラネギの苗がはいっていたもの。出自が由緒正しい容器ですので、きっとうまいこと育つでしょう。

そうそう。ネギはもう一種類育てています。こちらはヤグラネギより栽培期間が短くて、来春くらいまでで収穫が終わるちゃんこネギ

ちゃんこネギは、2リットルのペットボトルで水耕栽培しています。
ペットボトルで水耕栽培のちゃんこネギ

このちゃんこネギの種まきは、9月2日でした。
9/2に種まきしたちゃんこネギ
まだ木綿針程度の太さかなあ。
だいぶ混み合っているんで、そのうち株分けしなくっちゃだわ。

その年の気候などによって、全部同じ栽培方法だったら全滅してしまうかもしれないけど、ちがった栽培方法の株があったら救われることもありそうな気がします。
ま、土栽培、ペットボトルの水耕栽培、養液土耕栽培のどれもみ~なお元気ピチピチでお育ちってのが、一番うれしいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

 | HOME |  OLD »