園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2015.02.27.Fri

子持タカナ:タネまきから6ヶ月近し

 子持タカナは今年で4年連続で栽培しています。収穫時期は例年、タネまきからほぼ6ヶ月後でした。
さて、このたびのタネまきが2014年9月2日だったので、その6ヶ月後というと、3月2日頃。このあたりが収穫の時期と予想されるわけですが、はたしていかがなるや?

2/23 画面右側のうっそうとしたハクサイみたいなあたりが、子持タカナエリアでございます。
2/23 子持タカナ全4株

その中心部分をのぞいてみました。
2/23 子持タカナ
おほっ、三角の子持部分があらわれてきたような?

2/27
2/27 子持タカナ
うん、まちがいない、子持ができてるっ! 7個くらいはありそうです。一人3個は食べられるぜ~。
ほくほくな面持ち。長かったなあ、苦節6ヶ月。って、さしたる世話もしてませんが。
なにしろ株が大きすぎて、当極小ベランダの場所取り王でしたからねえ。

株と株の間なんか、ぎゅうぎゅう。
2/27 子持タカナ2株

それが全4株、フェンス下の一番陽当たりのいい場所を占領してしまってます。
2/27 子持タカナ全4株
はあ、でもこれでやっと食べられます。片付きます。その空きスペースに夏野菜苗がおけます。わーい、めでたし。

しかしですねえ、4株ともほぼ同じ生長ぐあいなんですわ。全部いっぺんに食べるわけにもいかず。せめて数日ずらしてタネまきすべきであったと、今頃になって気がつきました。しかも、明日から数日間外出多しで、ベランダ作業ができそうにありません。まずいです。子持部分が盛り上がって花が咲いちまう。子持の酢味噌和えが、サラダがあ、天ぷらがあ、このぶんでは、ただの菜の花のお浸しごときになってしまうではないか。
よーし、こうなったら早起きするしかあるまい。朝ご飯に天ぷら作ってやろうじゃないの。決意!
(天ぷら、作るの苦手なんだけど…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
2012.03.17.Sat

アブラナ科「つぼみ菜」:一株あたりの収穫本数

秋に種まきし、ようやっと収穫時期になった三陸つぼみ菜。
一番最初に真ん中の一本をつんだのは、2月19日でした。

2回目は、15日のち、3月5日。

何本ぐらいつめるかなあ?

全部で8本つみました。


お皿に上品に(少量しかない)盛りつけ。

大きいお皿のようですが、直径15㎝。あっというまにたいらげましたぜ。


さて、3回目に摘んだのは、前回から6日後。(撮影:3/11)

つぼみ菜というだけありますなあ、ぜーんぶつぼみ。あたりまえか。

収穫数は16本。片手にこれぐらいです。

この前は8本だったから、ちょうど倍ですな。

この前と同じお皿に盛りつけました。

わはは~、ちょいとばかり、こんもり~♪
2人前か3人前か、いや、全部独り占めにしちゃおうか。
「白だし」をかけていただく。柔らかく甘みありのじつに美味しい青菜でございました。

さてさて、そうすると4回目の収穫はいつ、どのくらいになるのでしょうか?
前回から8日後の今日(17日)。1本→8本→16本、ときたから、今日あたりは32本でしょうか?
いやいや、欲ばっちゃいかんな、プラス8本で、24本ぐらいでしょうかね?

現実は、いかがなるや?(撮影:3/17)

いやんもう、たったの2本。厳しいですなあ。寒かったし。収穫疲れでいったんお休みしているのかもしれない。
も、もしかして、もうこれでおしまいっ? うーむ。

さあて、こういった摘み取りタイプの野菜一株から、いったい何本ぐらいとれるものなんでしょうねえ。

ところで、このつぼみ菜の根元のあきスペース(上記とは別の株)に、じつはミニキャロットを植えておりまして。脳天気な我が家のNORFさんからいただいた種ですのじゃ。
今まではさして大きくならなかったのですが、このところすこーしずつ育っておるようなのです。

ニンジンどの、なのんまっせ。もはや、あんただけが頼りでおます。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.02.19.Sun

「つぼみ菜」と「つぼみっ娘(こ)」:葉物野菜、好投!(なげませんが)

今朝のこのあたり青梅市は、最低気温がマイナス7度の予報だったそうです。早朝散歩をしましたが、なるほど顔が痛いほどでございました。お昼頃には4度だそうで、本日の青梅マラソンは無事開催されたようであります。

とまあ、そんな寒さが続いておるなか、つぼみっ娘(アブラナ科)の黄緑色の葉っぱがね、ぐーんと広がってきて、じつにおいしそうなんであります。

葉物野菜高騰、品薄とかいう昨今ですものね。ありがたき幸せなんざますのよ。

ところがです。つぼみっ娘というのは、この葉っぱを食べるわけではないのだそうで。

葉っぱの間からでる芽をつんでいただくのだとか。矢印のあたりをじーっと見つめてみたけど、まあだだよ。
うーん、もう待ちきれん。いっそ、この旨そうなでかい葉っぱを食べちゃおうかしら…と、誘惑の魔の手が忍び寄る。いかんいかん。がまんである。
初めての栽培。種は、がぶちのべらんだのがぶちさんより頂戴のお品。
ドキドキ・ワクワク。それはもう待ち遠しくしておるしだいなのであります。


さて、こちらは「つぼみ菜」(アブラナ科)。

葉がかなり茂ってまいりました。さすが「三陸 つぼみ菜」と銘打ってあるだけあって、寒さにめっぽう強いようですなあ。

しかも、真ん中に花芽がにょっきり。

これは早めに収穫してもいいんだよなあ、たしか。後からわき芽が出てくるはず。

うん、ポキッ!

本年初のお浸しにいたしましょう。
これっぽっちじゃきっと飲み屋さんのつきだしみたいに、小皿にちょびっとにちがいないのだが、うれしい貴重なビタミン。

仲居さーん、おかわり山盛り一丁、よろしくお願いしまーす♪

【お味見しました】
あっというまでしたよ、お箸でひとっぱさみ。それでも、歯でキュッとかみしめると甘みあり。もぐもぐしたかったけど、すぐさま喉の奥に消えていきましたとさ。

おそらく「つまみ菜」とか「かき菜」とかいう葉物野菜とおなじ種類なんだろうと思います。青菜の味。早春のお楽しみだなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村



2011.12.30.Fri

つぼみっ娘とつぼみ菜と黒キャベツ:みんなアブラナ科

ぶるぶるっ。お寒うございます。鼻水がでますなあ。

はて、この寒さの中、とうだちした花芽(茎とその上についた花)を食べるつぼみ菜とつぼみっ娘(こ)を植えているんですが、どんなもんでございましょう。

こちら、つぼみ菜です。


真ん中から花茎が立ち上がってくるはずなんだけど、今は音沙汰無し。葉っぱばかりだと、ダイコンに見えてしまうなあ。このつぼみ菜ですが、「三陸つぼみ菜」というのが種袋にあった名前でした。わざわざ「三陸」とついているぐらいですから、寒さには強いってことでしょうかねえ。ありがたいなあ。
そうそう、ヒヨドリの真冬の餌食にされます。好物なんだろうか。要注意。

こちらが、つぼみ娘。がぶちのべらんだのがぶちさんからいただいた種です。7号の鉢植え。

びろーんと葉が広がってきました。この鉢じゃ小さかったかも。

同じくつぼみっ娘で、プランター植えのもの。

つぼみっ娘はどうも大きくなるタイプのようで、上の65㎝長さのプランターを一株で占領しそうな勢い。どんなふうになるんだろうなあ。お初栽培なのでとっても楽しみ。

お初といえば、こちらも初めて種まきした黒キャベツ(カーボロネロ)。はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからいただいた種なんでございます。

茎のあたりが間延びしています。なーんか徒長した感じがいたしますなあ。だいじょうぶなんだろうか。

もう一株は、ちょっとましかも。

10月の始め頃に種まきしたので、遅かったかもしれません。
それでも、なんとなく葉が黒っぽくなってきた感じがするような、せんような。

どんなふうに育ってくれる植物だったかと調べてみましたら、結球しない葉キャベツだそうです。
種を販売するサイトの記述に、「ビタミン・ミネラル等豊富で、オリーブオイルとの相性も抜群、炒め物、スープ等トスカーナ料理には欠かせない高級食材。」とありました。
「トスカーナ料理」って、どんなんだろうなあ?
「高級食材」ということは、栽培が難しいんだろうか? 
ちょいと不安になってきすなあ。だいじょうぶかい。

まあ、肥料好きな植物だということですので、せっせと液肥を流し込んでみるとしましょう。どうか、ぶわーっと茂ってくださいませよ~。

【ちょこっと】
北へ帰る人あり、西へも帰る人あり。年の瀬ですねえ。
私は、明日京都にまいります。相方の実家で、おとうさんと年越しなのでありました。
帰宅は元日。遅くなりますが、それからお年賀の記事をかくことになるかなあと。
ん? お餅も買ってないし、数の子もなし。お正月セットの用意もまだなんですけど…。
まあ、いいかあ。あとは帰ってきてからで。
今年は、いや、今年も、いっぱいお世話になりっぱしの年でした。

どうぞ、あったかいお年を! m(_ _)m

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2011.10.26.Wed

つぼみ菜とつぼみ娘:ゆっくりだけど育ってる

このところ、遠方への出張が続き、朝は3時や4時に起床して出発。帰宅は2時とか4時。寝るのが8時や9時という生活時間であります。こういう場合、ベランダの水やり時間がむずかしゅうございまして、いったいどの時間にやったらいいものやら。早朝ではご近所様にご迷惑ですし、夕方の水やりは控えた方でいいような気もいたしますし。
まあ、とりあえず帰宅してすぐにという頃にしております。

その点、まだ小さい苗などは水やりの心配が少なく、ありがたいです。
こちら22日のつぼみ菜(黒いポット)とつぼみ娘(つぼみ菜)。


本日26日。

うわっ、ポットからはみ出してますわ。もう植えかえすべきときかもしれませんな。
明日は一日お休みなので、植えかえやっちゃおーっと。

【本日の収穫】
お天気が続いたせいでしょう、収穫もちょいとありました。
25日。水耕栽培のキュウリ(霜知らず)。

水耕栽培にしては、長いキュウリとなりました。

26日。これも水耕栽培のキュウリ、トウガラシの「甘とう美人」、モロッコインゲン。

留守をしていても野菜は育つ、かな。ありがたや~!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

 | HOME |  OLD »