園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

水耕栽培のエダマメ「秘伝」:やっとやっとの一粒

2016.07.15.Fri
種まきが4月24日だったエダマメの「秘伝」。ずっと2リットルのペットボトルで水耕栽培してました。(撮影:7/7)
7/7 エダマメの秘伝 2リットルのペットボトル水耕栽培

しかし、このところ液肥の消費が激しく、液肥供給が朝晩2回にもなってきたので、容器をゴミ箱に取り替えたほうがよさそうです。

ほい、これでどうだ!
うっそうとしているエダマメの秘伝

しかしそうなりますと、これまでのようにフェンスに取りつけたフックにつり下げて設置することができなくなるのでした。あ~ら、どうしましょ。これからしばし家を留守にしなくちゃだし、ことは急を要します。

ええいっ、鉢とかスチロール箱とか、なんでもいいから積み上げちまえ。そんでもってその上にゴミ箱容器をのっけちまえ。
陽射しがはいる工夫
ありゃ、なにやらぐらぐらしそう。

「突風と蹴飛ばし厳禁」の張り紙でもしておこうかしら。
でもまあ、ここならなんとかぎりぎり日光にあたる位置だし、他に日当たり良好地はないんだし。いいよね。

さて、そんなやっつけ仕事の養生をして留守にしたわけなんですが、その間、お天気はぐずぐずの雨続き。

家にもどりましていの一番、ゴミ箱容器の中をのぞいてみますと。
液肥は残っていたものの、根は、いかにも不調って顔つきの薄茶色に。(7/15)
ゴミ箱容器に移し替えたエダマメとその水耕栽培の根
や、やばいかも。

サヤには、あ~らま、ちっちゃい実ができはじめてるんですけどぉ。
エダマメの秘伝の最初の実
これが育つまで、薄茶色根っこどのは持ちこたえてくれるんかいなあ。もんもん…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

絹サヤエンドウ(貴笹)の収穫、おしま~い。

2016.03.20.Sun
絹サヤエンドウ(貴笹)は、2月半ばの初収穫から1ヶ月ほど、ちょいちょい摘み取ってはたのしんでます。それが近頃、下の方から葉が枯れてきました。(撮影:3/19)
枯れてきた絹サヤエンドウの貴笹
あ~あ、ぼちぼちおしまいかあ。

まだ、花が咲いてるのもあるんだけど。
まだ花が咲いてはいますが

曲がった実ができてるし。
曲がった実ができたりしている
でもでも、エンドウ豆のご飯が食べたいんだけど。あれ、美味しいんだもん。うじうじ。

えーいっ、撤収じゃ! 残った実をとりながら葉柄をかたづけました。

この絹サヤはペットボトルで水耕栽培なので、ペットボトルから取り出した根を見ることができます。さて、どんな具合になってるんでしょう。

のぞいてみました。ほえ~っ、茶色。
絹サヤエンドウ(貴笹)の水耕栽培の根
だいぶお疲れだったんですなあ。根が傷んだから葉も枯れてきたのか、それとも、もう役目を終えてご寿命だったのか。

ともあれ、最期の収穫。
収穫した絹サヤエンドウ(貴笹)

最期の一皿。
炒めた絹サヤエンドウ(貴笹)
噛むとプシュッと飛び散る水分。とれたてってこんなにも甘いのか。
あらもう食べちゃった。ごちそうさま。春が終わっちゃったかも。うっ、うっ…。

エンドウはこれまで何回か育てましたが、今回がもっとも収穫量がよかったです。(当ベランダ比)
茎が太くて丈夫でしたし、うどん粉病もずっと少なめでしたし。なんでかなあ。
思い返してみて、これまでの栽培の仕方と変えてみたところは、次の2点でした。

その1.種まきを以前(10月末)より早めて、10月14日にしたこと。
その2.絹サヤエンドウの品種を「貴笹」にしたこと。

なお、同じ貴笹でも、種まきをさらに早めて、8月19日にした場合は、あまり育たず失敗しています。
というわけで、来年も種まきしようじゃないの。
「貴笹が美味しいっていったから 10月14日は 絹ヤサ記念日」。

そして次回はできましたらば、エンドウ豆ご飯も食べたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

水耕栽培の絹サヤエンドウ(貴笹):珍しく好調です

2016.02.24.Wed
昨年10月中旬に種まきした絹サヤエンドウ(品種:貴笹)。ペットボトルの水耕栽培です。
絹サヤエンドウの貴笹 全身
ただ今身長90センチほど。もっと背が伸びるのかなあと思いましたら、この貴笹というのは、種袋の記載によれば「背が低い極早生種」とのこと。「背が低い」というのが何センチくらいなのかはわかりませんが、こんなもんなのかもしれません。

たぶん、密集させすぎでしょうねえ。ネットに寄りかかれなくて、はみ出してますがな。
狭いところに押し込めてしまったエンドウの貴笹
ネットの横幅は90センチ。

それに対して、ペットボトルの数が6個。それぞれ4粒ずつまきましたから、4粒×6個=24株植わってることになります。

ありゃ、4粒植えたつもりが、いつのまにか3粒になっておる。
エンドウの水耕栽培の根元
てきぎ減量されていましたようで。

大小いろいろの実があり、それぞれの生長のぐあいが眺められます。
大きくなりつつある実のそれぞれの風情

本日(2/24)の収穫。ほほっ、珍しく5個を越えておりますぞ♪
2/24 エンドウの貴笹を収穫
初収穫は2月16日でした。種まきから4ヶ月後になります。種のサイトさんには、種まきから50日で収穫という記載もありましたから、早いところはもっと早いってことかな。

そういえば、エンドウ栽培がこんなに楽ちんだったことは、まずなかったです。
このたびは、じつに楽ち~ん。いかにも風通しが悪そうな密集っぷりなのにもかかわらず、うどん粉病にはかかっていませんしね。この品種がうどん粉病に強いというのが本物だからか、はたまた、まだ寒いせいだか。たまにハモグリバエの痕跡が見つかったりするくらいです。

けれど、同じ品種でも9月に種まきした時には、立ち枯れたりしてこのたびほどにはうまくいきませんでした。
いい品種で、しかもその土地とか環境にあった種まき時期をみつけられとピッタリうまくいくのかなあ、と思ったりしています。
ま、どれがうまくいきますやら、あれこれ実験してみましょーってことで♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

絹サヤエンドウのお初収穫とソバのスプラウト記録

2016.02.16.Tue
 前日まではあんなにぽかぽか陽気だったのに、この日(2/15)は一転、みぞれ降る寒さ。
みぞれ降る寒い日
こりゃいかん、ベランダに出しっぱなしのトマトを取り込んでおかねば。明日はマイナス3度とからしいから、液肥が凍ってしまうかもしれん。大慌てで、ベランダから室内へトマト苗のお引っ越し。

ところが、寒いからと腰にダウンの腰巻きを巻いたままの着ぶくれた格好だったため、鉢を持ち上げる動作が甘かったんである。
バッシャーン! カーペットの上に、栽培容器のゴミ箱から液肥があぁぁぁ…
液肥を絨毯の上にまき散らしたの図
やらかしました。これでも乾いた雑巾で吸い上げたあとなんですけど、まだ痕跡ありあり。インペイしようにも、わがやには新聞紙がない。ネットで新聞を見るから不要にしていたのだ。こういうときのためにも新聞とれよ、である。
ともかくしょうがないので、このあと、洗濯したての乾いたタオルを何枚も使って吸い取るはめに。あ~あ、靴下も腰巻きもズボンも洗濯せにゃならん。この天気じゃ乾きが悪いだろうなあ。うつうつ。

本日の標語:「横着しないで腰巻きをとり、きびきび作業いたしましょう」と、いちおう書いておこう。

そうそう、明るいニュースもございます。
ペットボトルで水耕栽培しておりました絹サヤ(品種:貴笹)が、1週間ほど前からそろそろの雰囲気でありまして。(2/7)
2/7 ペットボトル水耕栽培の絹サヤエンドウ

それが、花いっぱい。(2/15)
絹サヤエンドウの貴笹は満開の花

本日15日、お初収穫。
絹サヤエンドウの初収穫
分量はスープの浮き実程度ですが、うれしゅうございます。

このたびの栽培は、種まき時期を早め(10/14)にしました。まだハモグリバエも活動してないし、ウドン粉病も発生が弱めだし。ベランダにだしっぱなしなのに液肥が凍らないのもありがたい。ん?凍ってるけど、平気なのかも、ですが。

この貴笹の種袋には「土壌を選ばず病気に強く、暑さ寒さにも強いので栽培が大変簡単です」とありましたので、この品種の恩恵かもしれません。


【ソバのスプラウトお初観察記録】←いつのまにかコーナータイトルになっておる。

〈特別な装置がなくてもスプラウトができます〉という、か~ちゃんさんのブログ「猫ごはんと5匹のギャング」の記事「スプラウト。(ブロッコリーの芽) 」を拝見して、まねして始めたソバのスプラウトのその後です。(最初の記事はこちらです。)

種まきから3日後。(2/14) もじゃもじゃ発芽してきましたぞ。
2/4 ソバの発芽

4日後。(2/15) 根っこが浮いてるのもあるみたいだけどお、大丈夫かいな。
2/15 ソバ

5日後。(2/16) おっ、芽が立ち上がってきておるかも。
2/16 芽が立ち上がってきておる

しかし、よく見えんので容器を遮光しているアルミホイルをどけてみた。

モヤシ、あらわる。
2/16 アルミ箔をとってのぞいてみたソバ
でも、このあとはどうするのかなあ? アルミホイルはいつどければいいんだろう?
不安になってしまうのでございます。

その解答はこちら→ か~ちゃんさんブログの記事「マロン!お前もか! 」にて、生長なすったブロッコリーのスプラウトの勇姿がご覧になれます。(あ、スプラウトのブロッコリーが可愛い猫さんに育つわけではないようです。念のため。)

おしっ、うちのソバもあんなふうに、みごとに生えそろったマッチ棒頭になってくれる、にちがいない。しかも、色はピンクだそうで、〈カイワレのような苦味?辛味?が少なく、食べやすいらしいです 〉、とも教えていただきました。
やれやれ安心。では、いましばらくアルミホイルをかぶせて待つといたしましょう~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

絹サヤエンドウ(貴笹)の花と実

2016.01.27.Wed
 昨年の10月14日に種まきした絹サヤエンドウ(商品名:貴笹)。約3ヶ月後の今、身長が80センチくらいになりました。(撮影:1/27)
絹サヤエンドウ(貴笹)の草丈は60センチくらい
2リットルのペットボトルで水耕栽培をしています。最低気温がマイナスになる日もしばしばなのに、よくまあ凍らないもんだなあと思います。
そして、この絹サヤは、ただ今花が真っ盛り。上の写真ではぜーんぜん見えないんですけどね。

どのあたりに咲いてるかともうしますと、てっぺんから下の20センチメートルくらいの間。
絹サヤエンドウ(貴笹)の花盛り

しかも、ぎっしりと固まって咲いています。おお、頼もしい!
絹サヤエンドウ(貴笹)の花数が多い


でもね、花があるのはその辺りまでで、中間から下は葉っぱだけ~。
絹サヤエンドウ(貴笹)の根元の傷み具合
下の方は日陰になりやすいからかなのか。花は上の方にだけ咲くものなのかよくわからんのですが。

根元部分がちょっと枯れてきてはいるけれど、進み方はとてもゆっくりみたい。
じつは、先月まで育てていたスナップエンドウ(商品名:ジャッキー)の場合は、ウドン粉病の勢いが激しく、あっという間に下から葉が白くなって枯れてしまったので、このたびもびくびく心配していたのでした。絹サヤは、スナップよりも丈夫なのか、それとも寒さのせいでウドン粉の勢いが弱まっているのやら。なんにしても、丈夫なのはありがたいです。

それでそれで、最初の実を発見。でかした! 節分には収穫できるかも?
絹サヤエンドウ(貴笹)の花と実

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ