FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初めて栽培のキャベツ収穫ドキドキ

キャベツは、どのあたりが収穫適期なのでしょう。(撮影:11月28日)
181128_kyabetu4.jpg

種のサイトさんによれば「球重は、一般に1.2㎏前後、肥培管理により1.5㎏程度」とのこと。えーっ、重さかあ。重さなんて切ってみなくちゃわからんしなあ。

てなことで、毎日ただ眺めるだけだったのであります。ところが、ふと見れば、葉に亀裂がはいってるじゃーないですか。
葉に亀裂がはいってしまったたけのこキャベツ

こりゃあもう収穫しろってことだよなあ、そうだよなあ、とせき立てる食欲の虫、鳴り止まず。
念のため、もう一度ネット検索にて収穫サイズを調べるてみると、「球高は20㎝、球径は15㎝程度」との記述を発見。
さっそく計測すべく、キャベツの鉢を室内に持ち込んで定規をあてがってみるのだが…

これがですねえ、外側の葉がお邪魔ではかりにくいのなんの。
たけのこキャベツ(水耕栽培)

ええい、めんどくせぃ。やっちまえ!! ってんで、外側の葉をへし折る。
外側の葉を折って収穫するたけのこキャベツ

茎も包丁でバッサリ。やれやれ、これでめでたく本体あらわる。
収穫したたけのこキャベツ
こうしてみると、だいぶ先端がとがってます。「たけのこ」感がいっそうましますなあ。
葉っぱがざっくり割れてるのもあらわだし。

どれ、身体測定にかかるとしよう。

まずは、身長から。20㎝だから、標準サイズで合格。
たけのこキャベツの身長

次に横幅。転がってはかりにくいから、横にしてみた。13㎝もないかも。うっ、早すぎたか。
たけのこキャベツの横幅

体重はいかに?
たけのこキャベツの重さ

約800グラムですと。標準より200グラム以上不足してますなあ。
ということは、だ。まだ、このまま植えといてよかったってことですかね。ふむふむ、おべんきょうになりました。

ほんじゃまあ、いざ、調理へ。
バッサリ半分に。ほ~、中身はこうなっとりましたか。
水耕栽培のたけのこキャベツの切断面

私じつは、中央の固い芯の部分がもっと上までいっぱいあるかもしれんと心配してたんですが、こんなもんですんだみたいで、ほっとしました。ちゃんと可食部分がある~、と喜んでおります。

千切りにして盛り付ける。一部は千切りにせず、固まりのまま盛り付けました。感じが異なってたのしいかなあ、と思いまして。
ベランダから、お飾り用に、スティックフェンネルとイタリアンパセリとトマトも調達。
たけのこキャベツを盛り付ける

とてもサクサクした食感。歯応えはあるから、春キャベツのふにゃっと柔らかいのともちがう。
芯のところが特に、ほわっとした甘みがあります。よろしいですねえ、たけのこキャベツ君。

そうそう、根も見ておこう。
水耕栽培のたけのこキャベツの根
白いから健康だったようです。さしたる世話もしてないけど。キャベツって水耕栽培できるんだねえ。いや、びっくり。

ところで、気になるのが、この残った大量の外側にあった葉っぱなんですけど。
収穫後のたけのこキャベツの外側の葉

全部で17枚ありました。その重さが495.5グラム。
キャベツの外側の17枚の葉とその重さ

キャベツの結球している本体が約800グラムでしたから、外側の葉はその半分以上もある重さだってわけです。これを廃棄するのは、なんかね、ひじょうにもったいない、と思ってしまうんですわなあ。
かじってみると、ちょっと苦いし、渋いし、でも歯切れはいいんです。うーん、どう調理したもんだか。思案中。

とまあ、なんじゃかんじゃとキャベツをたのしんでおるしだいですが、ちまたのキャベツのお安いこと、お安いこと。こんなにもごりっぱなのが1個150円ですってよ。さて、うちのちっこいキャベツなんぞは、おいくらになりますかねえ。
ちまたのキャベツと栽培したたけのこキャベツ

【業務連絡】
たけのこキャベツの種は、以前水耕栽培のブログを書いておられたサキさんから頂戴いたしました。サキさん、おかげさまで、お初のキャベツ栽培を堪能いたしております。あと3株ありますので、これからまたじわじわたのしみます。ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 19:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培のキャベツ:葉っぱ巻き巻き

「たけのこキャベツ」というものだそうで。ブログ仲間のサキさんから種をいただきました。

種まきは、8月19日。2か月半あまりたった今は、葉っぱがだいぶもっさりとしてます。(撮影:11/6)
たけのこキャベツ2株

中心部分をのぞいてみると、ツンと、とんがり頭あり。ほほう、これが噂の「たけのこ」でしょうか。
たけのこキャベツ ふっくらしてきましたぞ

栽培容器は、百均屋さんのゴミ箱容器と鉢皿、それと黒い穴あき鉢を合体させました。薄めた液肥(OATハウス1号+2号)で水耕栽培してます。

土がないので、根元がぐらぐら傾きます。大丈夫かいな。
どれどれ、健康診断をいたさねば。根をのぞいてみる。
水耕栽培のたけのこキャベツの根
なんかちょいと短いような気もするが、色が白いからお元気ってことでいいのかしらね。

早朝。ベランダをのぞくと、小さな露が葉先にいっぱいキラキラリン。
キャベツの朝露
なぜかアオムシが来ないんだけど。お、美味しくないんだろうか。ううっ…

****** ******

ご近所の方から「マメガキ(豆柿)」というものをいただきました。
マメガキをいただく。干してます。
枝ごといただいたので、花瓶に挿しておこうと思ったけど、葉がぽろぽろと落ちてしまうので、実をもいで干してます。

黒くなった姿はどうみても干しブドウ。でも、食べるとまさしく柿でござんす。なかなか美味しい。ヨーグルトにいれようか、それともパンに練り込もうか。なんか、もったいなくて決めかねてます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 16:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培:たけのこキャベツ

キャベツなんてお店でお安く買えるじゃん、なにゆえ育てますかねえ。
とまあ、そう言ったら身も蓋もない、極小ベランダ菜園のあれやこれやでありまするが…。
見慣れた野菜だけど、そういえばどんなふうに育つもんだか知らんなあと思い、種まきしたのが8月19日。(種は、ブログのお仲間のサキさんから頂戴いたしました。)

種まきから19日目。品種は「たけのこキャベツ」。
たけのこキャベツの株

22日目。ポットをひっくり返したら根が飛び出してました。いかん、植え替えせねば。
たけのこキャベツの株。根がポットからとびだしている。

あわてて、2リットルのペットボトル容器に引っ越しさせたしだい。
ペットボトルに植え替えたたけのこキャベツ。

それにしても「たけのこ」だなんて、どんなキャベツかしらんらん。サカタのたねのサイトさんによれば「早く収穫でき家庭菜園向きです。球は1.2kg前後、鮮緑色の葉はやや厚めでやわらかく、生食でも甘くておいしい品種です。」だそうな。
わーお、そりゃうまそう!わがノー味噌は、もっか、期待のたけのこでいっぱいなんであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒キャベツ:お初物の収穫

キャベツとはとても思えないのがこの黒キャベツ(アブラナ科/カーボロネロ・トスカーナ)でありまして。(撮影:2/13)

なんともユニーク。縮れた葉っぱがおもしろいです。
とはいえ、なにやら葉っぱが黄色になってきました。もっとふさふさになったら収穫しようと欲ばっておったのですが、これはもう大急ぎで食べたほうがよさそう。

洗ってお皿にポン。

全長25㎝くらいでしょうか。ちゃーんとじょうずに育てれば60㎝にはなるそうです。

うちのは小さい鉢でしたからねえ。しかも種まきが10月で遅かったかも。
ま、いいのいいの、食べられるんだから。

さて調理法ですが、なまと茹でるのと、2種類をためしてみることにしました。

上がなまで、下がさっとお湯で茹でたもの。熱を通すと霞がかった色が消えて鮮やかに変身って感じでしょうか。

葉の裏側もご覧あれ。

茎もつやっと鮮やかなのでありました。

それではいざ試食タイム。

といっても、左のなまは千切りに、右の茹でたのはちょっと小さく切っただけ。それにお醤油やら白だしやらをかけていただきました。

予想としては、キャベツの外側の葉っぱみたいに固くて渋いにちがいないと思ったのですが、固くはなく、どちらも甘みがあってそれぞれに美味しい。
なまの方は、いくぶん青い味というか、野趣がある感じ。茹でたのは、その青い味がなくなって甘みがくっきり。それぞれ使い分けると楽しめそうです。緑の色濃いこのキャベツ。どんなにか栄養があることでしょう。美容と健康の誉れ高いかも? いいわあ、これ。

この黒キャベツの種は、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからいただいたのですが、じつはまだたっぷり種を残してあるのでした。ありがとうございます葉っぱさん。おかげさんでこの春にもまいて楽しめますよーっ。

 ところで、ふと、あらためてこの黒キャベツをネット検索していたら、こちらの解説に、「収穫は…伸びた若葉や脇芽を随時します。」とあるのを発見。
こ、この収穫は「随時」ってところに、ドキッ! ワナワナと震えがきちゃったのだ。
だって、私ぜーんぶ撤収しちゃったんだもん。もうないの、黒キャベツ。一本も。
あ~あ、外側の葉っぱだけつんで食べればよかった。ガックリよ。

まあ、しかたあるまい。春はもうじきじゃ。
次回こそは、身の丈60㎝の大株にして、がばちょとせいばいしてくれようぞ。


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| キャベツ | 10:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |