FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やわらかたけのこキャベツ最後の1個を収穫

とんがった頭みたいになる「やわらかたけのこキャベツ」の葉に穴があいてきました。(左上のあたり。)
やわらかたけのこキャベツの水耕栽培株

おそらくヤツの仕業と思われ、逮捕に乗り出した次第。がしかし、ちっともみつからんので、業を煮やして葉をむいて捜索。

はい、丸裸。
やわらかたけのこキャベツの水耕栽培

いました、犯人が。
キャベツにくっついてた青虫

やれやれ、一安心。じゃあ、まあ、こんな寒々しい姿ではなんですので、収穫ってことで。

全体に小ぶりで、体重が標準より250グラムほど足りなかったです。
たけのこキャベツの重さと長さ

断面をみると、すきまがありました。やっぱりちょいと早かったみたいですなあ。
やわらかたけのこキャベツの断面

さて調理。このたびは、最後の1個だし、とにかく全部を食べることにしようというので、やってみました。
外側の緑色の葉はジュースに。内側は千切りに。芯はそのままかじるおやつに。右下のものは根です。
やわらかたけのこキャベツの調理

だって、根がけっこうりっぱなんですもん。
やわらかたけのこキャベツの根

軽くゆでて、絞って、切って。どうですかしらね。
やわらかたけのこキャベツの根をゆでた
味がありません。シャキシャキ歯触りをたのしむ感じでしょうか。しかし、薄茶色の色あいがなんとも、食欲をそそりません。海苔の佃煮とかで和えていただくのがよろしいかと。

外側の葉のジュースは2種類、ご用意してみました。一つは、生のままジューサーに。2つめは、ゆでてからジューサーに。
お味は、図のとおりでございました。
やわらかたけのこキャベツの外側の葉のジュース

いや~、生のジュースは、壮絶。とてものことに「まずい~、もう一杯~!」なんて申し上げられまへん。
ゆでた葉のジュースですが、こちらはごくふつうの野菜の味で、バナナとかリンゴとかをミックスしたらイケるタイプかと。

…とまあ、8月19日の種まきから4か月あまりの長きにわたり栽培した「やわらかたけのこキャベツ」(全部で4個)は、これにておしまい。
なんか、たのしかったなあ。キャベツなんていつでもどこでも売ってる野菜なので、種まきして育てようなんて思わなかったんですが、たまたま種をいただき、それならまいてみましょうかとやってみましたら、あらおもしろい。小さな心もとない葉っぱが、そのうちちゃんとキャベツの形になってくるんだもんねえ。また、やってみよーっと♪

(種をくださった、サキさんへ:おかげさまで、すっごくたのしかったです。キャベツがいっそう大好きになりました。ありがとうございます。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 21:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たけのこキャベツ 3個め収穫

あけまして おめでとう ございます。

お正月というと、思い出すことがあります。ご近所にモンゴルからお嫁さんにきたかたがおられ、お国のお話をうかがうのがたのしみでした。モンゴルのお正月はヒツジを解体して大鍋で煮るのだとか。その料理がまあたいそう美味しいんだそうな。もうね、その様子をうっとりとしたお顔でお話なさるんですわ。いったいどんなお味なんでしょう。想像するばかり。

…てなわけで、わがやもまねして、ヒツジを一頭解体、とはいきませんけど、キャベツを一株解体しました。

種まき(8/19)から約4か月あまりたったキャベツ。全部で4株あり、今、2株残っているうちの1株です。

このキャベツ、写真ではすっくと立ち上がっているように見えるんですが。(撮影:12/29)
たけのこキャベツ

じつは壁に寄りかかっている、自立できないキャベツでありまして。

外側の葉をはずしていったら、すこしはわかりやすいかもしれんと思ったのですが、どうだろう。
たけのこキャベツの茎がぐらぐらする

いやん、これじゃあよくわからん。壁際から撮せばよかったなあ。

ま、ともかくも、このままじゃあ首が骨折してしまうかもしれんので、収穫することにしました。

身体測定をしてみましたら、標準よりちょいと小ぶりだったようです。
たけのこキャベツの重さと長さ

断面のようすはいかに。
たけのキャベツの断面

かなりむっちりと詰まった感じ、でしょうか。うーん、こんなに隙間がなかったら大きくなれんだろうなあ。きっとここまでが限界だったのかもしれません。

根はどうじゃろう? なんか分量がショボいかも。色も薄茶色がかってるし。
水耕栽培しているたけのこキャベツの根

ふと、「根はどんな味だろう?」てなことが気になったので、ひとつまみの根を洗って、食べてみました。
柔らかくてサクサクした食感です。もっと固いイメージだったんだけどなあ。味も匂いも特になし。これなら、さっと湯がいて酢醤油かなんかで食べられそうだけど…。
まあ今回は、色あいがみょうですので、食あたりして新年がぱあになってもいかん。あきらめることにしましょう。
次回の収穫、といってももう最後の1個ですが、もしも元気そうな根だったら「根っこのお浸し」とか「根っこの天ぷら」をためしてみようかと思ってます。

そんなこんなでございますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 20:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たけのこキャベツ 2個めの収穫

とんがり頭の「たけのこキャベツ」を水耕栽培しています。最初の1個を収穫したときは、標準サイズより小さかったようですが、2個めはどんなもんでしょうか。

全体像はこんな感じです。横幅が約60センチ。前回より10センチ大きい。(撮影:12/9)
たけのキャベツの株姿

これがけっこう場所をとってお邪魔。極小のベランダではぶつかって葉が折れてしまうんだなあ。
たけのこキャベツの外側の葉が折れました

しかも、本体が重くなるにつれ、ぐらぐら傾いてきちゃう。容器のゴミ箱に支柱をそえ、紐で支えてはみましたがね。さしたる効果がないような。支柱の本数をふやす手もあるだろうけど、この構造では茶色のお皿を持ち上げて液肥をいれる方法ゆえ、支柱がふえるとそれが邪魔になるし。
支柱をつけたとんがりキャベツ

そのお皿を持ち上げるのもむずかしいので、今は、キャベツ本体をむんずとひっつかむ。すると、茶色のお皿も一緒に持ち上がってくるから、そのお皿と容器のあいだにできたわずかのすきまに、液肥をじょうろで注ぐスタイルに落ち着いてます。

さて、気になる収穫サイズでありますが。

あらま、前回以上に葉っぱが割れてますがな。
割れたたけのこキャベツ

身長、21センチくらいだからOKかな。
たけのこキャベツの身長

横幅14センチ。まあ、これも合格でしょう。
たけのこキャベツの横幅

体重は1203グラム。ほ~、標準サイズって、こんな感じの姿だったんですねえ。
たけのこキャベツの重さ

ふと、芯の大きさも気になって調べてみましたらば、直径3センチほどでした。
たけのこキャベツの芯の直径
この大きさは普通なのかどうかよくわかりませんが、とりあえず記録しておくことにします。

さあて、中身はどんな感じだろう? 半分にバッサリ。
たけのこキャベツの断面
葉が折り重なっていて、かなり詰まった感じ。ふむふむ、これも標準サイズのありようなのかな。

いざ、調理。
いつものように芯をのぞいて捨てようと思ったけど、なんかもったいない気がしてちょっとかじってみたら、これがまあカリカリして美味しい。残らず食べつくしてしまった。キャベツの芯て、キャベツの味が凝縮されてる味なんだと知ったしだいです。
なお、とんがり本体の葉はパリパリして、じつによろしゅうございます。千切りにしたらタッパー4個分もあり、にやけますなあ。(ま、ちまたじゃあキャベツもお安い今日この頃ですがね。)

そうそう、根も調べておこう。
水耕栽培のたけのこキャベツの根
白くてお元気だったようです。めでたしめでたし。(あ、この根は食べられないのかしらね。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 19:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めて栽培のキャベツ収穫ドキドキ

キャベツは、どのあたりが収穫適期なのでしょう。(撮影:11月28日)
181128_kyabetu4.jpg

種のサイトさんによれば「球重は、一般に1.2㎏前後、肥培管理により1.5㎏程度」とのこと。えーっ、重さかあ。重さなんて切ってみなくちゃわからんしなあ。

てなことで、毎日ただ眺めるだけだったのであります。ところが、ふと見れば、葉に亀裂がはいってるじゃーないですか。
葉に亀裂がはいってしまったたけのこキャベツ

こりゃあもう収穫しろってことだよなあ、そうだよなあ、とせき立てる食欲の虫、鳴り止まず。
念のため、もう一度ネット検索にて収穫サイズを調べるてみると、「球高は20㎝、球径は15㎝程度」との記述を発見。
さっそく計測すべく、キャベツの鉢を室内に持ち込んで定規をあてがってみるのだが…

これがですねえ、外側の葉がお邪魔ではかりにくいのなんの。
たけのこキャベツ(水耕栽培)

ええい、めんどくせぃ。やっちまえ!! ってんで、外側の葉をへし折る。
外側の葉を折って収穫するたけのこキャベツ

茎も包丁でバッサリ。やれやれ、これでめでたく本体あらわる。
収穫したたけのこキャベツ
こうしてみると、だいぶ先端がとがってます。「たけのこ」感がいっそうましますなあ。
葉っぱがざっくり割れてるのもあらわだし。

どれ、身体測定にかかるとしよう。

まずは、身長から。20㎝だから、標準サイズで合格。
たけのこキャベツの身長

次に横幅。転がってはかりにくいから、横にしてみた。13㎝もないかも。うっ、早すぎたか。
たけのこキャベツの横幅

体重はいかに?
たけのこキャベツの重さ

約800グラムですと。標準より200グラム以上不足してますなあ。
ということは、だ。まだ、このまま植えといてよかったってことですかね。ふむふむ、おべんきょうになりました。

ほんじゃまあ、いざ、調理へ。
バッサリ半分に。ほ~、中身はこうなっとりましたか。
水耕栽培のたけのこキャベツの切断面

私じつは、中央の固い芯の部分がもっと上までいっぱいあるかもしれんと心配してたんですが、こんなもんですんだみたいで、ほっとしました。ちゃんと可食部分がある~、と喜んでおります。

千切りにして盛り付ける。一部は千切りにせず、固まりのまま盛り付けました。感じが異なってたのしいかなあ、と思いまして。
ベランダから、お飾り用に、スティックフェンネルとイタリアンパセリとトマトも調達。
たけのこキャベツを盛り付ける

とてもサクサクした食感。歯応えはあるから、春キャベツのふにゃっと柔らかいのともちがう。
芯のところが特に、ほわっとした甘みがあります。よろしいですねえ、たけのこキャベツ君。

そうそう、根も見ておこう。
水耕栽培のたけのこキャベツの根
白いから健康だったようです。さしたる世話もしてないけど。キャベツって水耕栽培できるんだねえ。いや、びっくり。

ところで、気になるのが、この残った大量の外側にあった葉っぱなんですけど。
収穫後のたけのこキャベツの外側の葉

全部で17枚ありました。その重さが495.5グラム。
キャベツの外側の17枚の葉とその重さ

キャベツの結球している本体が約800グラムでしたから、外側の葉はその半分以上もある重さだってわけです。これを廃棄するのは、なんかね、ひじょうにもったいない、と思ってしまうんですわなあ。
かじってみると、ちょっと苦いし、渋いし、でも歯切れはいいんです。うーん、どう調理したもんだか。思案中。

とまあ、なんじゃかんじゃとキャベツをたのしんでおるしだいですが、ちまたのキャベツのお安いこと、お安いこと。こんなにもごりっぱなのが1個150円ですってよ。さて、うちのちっこいキャベツなんぞは、おいくらになりますかねえ。
ちまたのキャベツと栽培したたけのこキャベツ

【業務連絡】
たけのこキャベツの種は、以前水耕栽培のブログを書いておられたサキさんから頂戴いたしました。サキさん、おかげさまで、お初のキャベツ栽培を堪能いたしております。あと3株ありますので、これからまたじわじわたのしみます。ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 19:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培のキャベツ:葉っぱ巻き巻き

「たけのこキャベツ」というものだそうで。ブログ仲間のサキさんから種をいただきました。

種まきは、8月19日。2か月半あまりたった今は、葉っぱがだいぶもっさりとしてます。(撮影:11/6)
たけのこキャベツ2株

中心部分をのぞいてみると、ツンと、とんがり頭あり。ほほう、これが噂の「たけのこ」でしょうか。
たけのこキャベツ ふっくらしてきましたぞ

栽培容器は、百均屋さんのゴミ箱容器と鉢皿、それと黒い穴あき鉢を合体させました。薄めた液肥(OATハウス1号+2号)で水耕栽培してます。

土がないので、根元がぐらぐら傾きます。大丈夫かいな。
どれどれ、健康診断をいたさねば。根をのぞいてみる。
水耕栽培のたけのこキャベツの根
なんかちょいと短いような気もするが、色が白いからお元気ってことでいいのかしらね。

早朝。ベランダをのぞくと、小さな露が葉先にいっぱいキラキラリン。
キャベツの朝露
なぜかアオムシが来ないんだけど。お、美味しくないんだろうか。ううっ…

****** ******

ご近所の方から「マメガキ(豆柿)」というものをいただきました。
マメガキをいただく。干してます。
枝ごといただいたので、花瓶に挿しておこうと思ったけど、葉がぽろぽろと落ちてしまうので、実をもいで干してます。

黒くなった姿はどうみても干しブドウ。でも、食べるとまさしく柿でござんす。なかなか美味しい。ヨーグルトにいれようか、それともパンに練り込もうか。なんか、もったいなくて決めかねてます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 16:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT