園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「は~るがき~た♪」と歌ってみたい:花の話(ムスカリ、花ショウブ、セイロンベンケイ)

 インフルエンザの検査キットとタミフルのおかげで、劇的に回復。そして本日(2/11)めでたく出勤等が解禁となりました。大手を振って散歩もできます。ありがたいもんですねえ。

 このあいだ片付けものをしていたら、去年の秋、、掘り起こして新聞紙にくるんでおいたムスカリの球根から芽がでておりました。(撮影:1/31)

いやあ、来てますねえ小さい春が。暖かい室内においていたからかもしれません。
これは、おととしの冬、けちょさんから頂いた球根です。今年うまいこと咲いたら2年目になるんだなあ。

ポットに植えましたらば、さらにぐぐっと伸びました。(撮影:2/12)
よーっと
今年も、よろしくたのむぜ!


 ところで、先月の末(1/21)に、ご近所で花ショウブを育てておられる方(ブログ:そまのほ)からいただいた苗というのがありまして、このポットからも10日ほどのちに芽がでておったのです。(撮影:1/31)


それが、今や、びよーん、ですわ。(撮影:2/12)

背丈が30㎝くらいになってますな。10日で30㎝とすると、あと10日したら60㎝になる計算?たしか花が咲くのは4月頃だとかいうお話だったですが。早まるんだろうか。
しかしこれ、花が咲いても実がなるわけでなし、食べられるわけでもないんだよなあ。

 そうそう、やはり食用じゃないこんな植物もご近所さんからいただいたのでした。(撮影:1/10)

セイロンベンケイ(又はハカラメ、マザーリーフなど)というものだそうです。この植物をくださった方が、私に「たとえしくじっても大丈夫よ。この葉っぱを一枚机の上においとくだけで、葉っぱのふちから芽が出てくるから、安心して育ててね」とお教えくださったのです。お花は枯らしてしまうのがいやで育てたがらない私を、おもんばかってのことでしょう。
 しかしですねえ、もしもこんなにも頑丈なやつさえも枯らしてしまったとしたら、なんといえばいいか、そのあの、ドンクサいにもほどがあるといえるでしょう。かえってみょうにプレッシャー。しくじりそうな予感いっぱい。

 しかしまあ、なんとか今のところはまだ生きのびているようです。(撮影:2/12)

1ヶ月後の姿としては、全体に身長が伸びてるようですし。40㎝くらい。

 根元からは新芽がでてますし。

新芽はこれまでも何本かでていたのですが、全部かき取りました。この小さな鉢では新たな芽の栽培まではむずかしいような気がしたのです。なんとなく。
それにしても、しぶとく元気。水やりもさぼることがままあるというのに。
 なお、花を咲かせるためには、ネット情報によると「短日処理」というのが必要だとか。とりあえず夜は暗い場所に移動させているのですが、これがめんどくさいんだなあ。一人で歩いて行ってよー、と思ってしまうのだった。いっそのこと、しくじり「たい」かも…。(アクマのささやき)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| ムスカリ | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムスカリ:栽培初めての花が咲きました

食欲優先につき野菜だらけのベランダにあって、数少ない花の一つ、ムスカリが花開いたんでございます。昨年11月に、イタリアのけちょさんからいただいた球根です。(撮影:4/15)

ひゃあ、かわいいもんですなあ。よそのお宅のお庭に咲いているのをちらっと拝見することはありましたが、こうしてまじまじと見るのは初めてです。ブドウのようなころんとした花をそーっとさわったら、案外しっかりした固さがあるのにびっくり。
これならもうちょっとなでなでしてみてもいいかも、と、ついついあちこち触れてみたくなる。(でも大丈夫、つまんで食べたりしませんから。)

そして、かようなつぶつぶが連なったのが全6房、じゃなかった6株。

左はしの株は、花芽がまだ5ミリほど出たところ。どうやらのんびり屋さんらしい。


花のみならず、葉っぱもよーーーくお育ちになりました。

緑色のそうめんみたいでもあり。(いや、ですから食べませんってば。)
そうだ、せっかくの長い葉だから、きっと吊り鉢にでも入れ替えてやるほうがいいかもしれませんなあ。

というわけで、狙われている吊り鉢がこちらなんでありますが…。

先客あり。冬の間はしょぼしょぼだったミツバがこれまた元気にしげりだしているのでした。まずはこのミツバの引っ越し先をみつけなくっちゃね。
どうやらベランダの春も引っ越しの多い季節のようで。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| ムスカリ | 03:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花「ムスカリ」:いただいた種と球根

昨年の11月、イタリアにお住まいの「けちょさん」から、春先に可愛いお花が咲くムスカリの球根をいただきました。けちょさんがお庭でお育てになったムスカリのおすそわけなのであります。
ムスカリは、初めて栽培の植物でありまして、ドキドキ。うまく育ってくれるといいんですが。

あれはたしか、土に植えたのが、だいぶ後になって新年になってからだったでしょうか。
どうなるかなあと心配だったのですが、無事発芽したのでしたあ!(撮影:1/19)

にゃははっ。にょっきり出てきた芽。うれしいもんですねえ。外は寒いだろうと、室内で管理。といいましても、水やりぐらいで、たまに水耕栽培用の液肥(ハイポニカ)をあげているぐらいであります。

それから9日のち。(撮影:1/28)

葉っぱがぴろ~りんと伸びてきたようです。お天気のいい日中はベランダにだして日光浴をさせてみましたが、寒くなかったかしら。

さらに1ヶ月ぐらいのちです。(撮影:2/22)

葉の数が増えておりますなあ。お元気ってことでしょうか。うれしいです。ちと、葉が長くなっておるのが気がかりではあります。これまで、夜は室内にとりこんでいたのですが、なんとなく暖かすぎるのかもしれないと思い、終日ベランダに置くようにしてみました。

2週間くらいのち。(撮影:3/6)

あら~ん、みごとなロングヘアーじゃありませんこと。でもまあ葉色は傷んでいるふうでもないので、きっと大丈夫ではないかと。

花芽はおでましかしら、とのぞいてみました。

「まあだだよ」とお答えいただいた、ように思います、はい。

この葉っぱが長く伸びることについて、けちょさんから先日コメントにて「」とのお教えいただきました。わあ、安心。

そして、けちょさんからは、左上のステキなお魚カードとともに、こちらの種もいただきました。(チョコや飴のお菓子はすでに当方の胃袋の中におさまってましたので写真にはありませーん。)

お庭で育てられたズッキーニとパープルバジルの種、そしてコリアンダーの袋入り種です。
ズッキーニの種って、大きい! なるほど、カボチャの仲間ってわけですね。
パープルバジルは、こんな感じになるらしいですよ→「園芸ナビショッピング」より
コリアンダーで、エスニック料理っちゅうもんを作ってみたいなあと、思ったり。ほとんど食べたこともないのですが。なにやら、新しい味がたのしめそう。
うふふっ。春、待ち遠しいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| ムスカリ | 14:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |