園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

クウシンサイ(空芯菜)おしまーい

2016.10.02.Sun
お日さまカンカン、絶好の運動会日和。お隣の小学校もお賑やかです。ベランダはただいま32度。こりゃ暑いわ。
しまったなあ、これならまだクウシンサイをおしまいにしなきゃよかった。
でも、昨日は曇りで涼しかったんです。運動会が延期になったくらいですから。その涼しさにびびって、撤収しちゃったんでした。

クウシンサイ。2リットルのペットボトルで水耕栽培してます。(撮影:10/1)
10/1 水耕栽培のクウシンサイの株

まだいっぱい茂ってます。切り取って収穫した茎の横から、ひょいと脇芽がでる、でる、でる。
脇芽がでているクウシンサイ

おかげさんで、何度収穫できましたことか。ありがたや~。

しかし、涼しくなってくるとさっそくアブラ虫がうろちょろしはじめ、このところ一気に軍団化。もう手で始末する域を超えたので、茎ごとバケツにつっこみ、水責め! やったぜ。

だが、いっとき消えたかのように思えど、敵もしぶとく、またどこからともなくチョロチョロと現れるんだなあ。チッ。

いいもーん、まだきれいで美味しいうちに食べちゃうんだから。
えいやっ。ぜーんぶ収穫。しめしめ。
クウシンサイの最後の収穫

片付けながら根を見る。なんだ、まだこんなにきれいだったじゃないか。
水耕栽培していたクウシンサイの根

もったいなあ。
今日の暑いほどの秋空をながめていると、早まったかな感がいっそう増すんであります。
ま、すでに夏の間たっぷり頂いておるのだし、8月20日の初収穫から10月にかかるまで長いこと楽しんだんだから、となだめる。

このクウシンサイは、7月の末に畑をやっているご近所さんの友人からもらいうけた苗。畑育ちだけあって丈夫でしたなあ。うっかり水ギレをおこしても、液肥を追加すれば元気に復活。脇芽ぞくぞく。まさに打ち出の小槌的野菜であります。
おかげさまでこの夏は、いつになく裕福な緑黄色野菜生活を送ることができました。ありがとう、フーミンさん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

クウシンサイ(空芯菜)の出番

2016.08.26.Fri
7月の末に、畑をやっている友人から、クウシンサイ(空芯菜)がたくさん育ったからどうぞというんで、お裾分けをいただきました。ほとんどは調理して食べてしまったんですが、そのうちの小ぶりなものをペットボトルに入れて水耕栽培することに。
へへへっ、増殖させて、ひともうけしよーってわけですな。

なにしろ根がついたままいただいたので、植えつけは簡単、楽ち~ん。(撮影:7/29)
7/29 友人からもらったクウシンサイの苗

クウシンサイの苗は、一つのペットボトルに4株か5株を入れたら、全部で3個のボトルになりました。

8/19 (苗にしてから約20日後) こちらはその、1号ボトルです。
8/19 ペットボトル1号のクウシンサイ
うひゃひゃ♪ だいぶ、しっかりしてきましたなあ。

同じ日の、2号と3号のボトル。 ありゃ、ちょっと生育が弱々しいような。
8/19 ペットボトル2号と3号のクウシンサイ
特に右側がすかすかで茎ばかりが目立ちます。だ、大丈夫だろうか。

じつは、待ちきれなくて、たいして茂ってもいないのに、ちょっと大きくなったといっては、こんなふうに摘み取って食べてしまうという暴挙にでております。(8/21)
8/21 お初収穫のクウシンサイ
これじゃあ、なかなか大きな株にはなりませんわなあ。

つんでは食べ、つんでは食べのつまみ食いをしていたら、クウシンサイはいったいどうなるんでしょう?
丸坊主になって枯れてしまうんでしょうか。

8/26 こちら、1号ボトル。生存中。
8/26 1号ボトルのクウシンサイ

8/26 2号と3号ボトル。こちらもご存命なようで。
8/26 2号と3号ボトルのクウシンサイ

よく見ると、摘み取ったあとの茎には、新しい芽ができているようです。
8/26 脇芽ができているクウシンサイ

これは、わりと太い茎で元気だから脇芽ができるんだな、と思ったら。

こんなに細い竹串程度の茎からも、脇芽がにゅーっと。
8/26 細い茎からも脇芽ができているクウシンサイ

たいしたもんですなあ、クウシンサイ。外はかんかん照りなんだけど。

そういえば、一番最初にクウシンサイの魅力を教えていただいたのは、すくすく水耕栽培のyaefit1500のブログ記事でした。
(ブログ記事タイトル:「空芯菜」では、ベランダの手すりから脱走している姿がごらんになれます。)

真夏の暑いときだというのに、ペットボトルからあふれんばかりに茂っている野菜=クウシンサイ。
まねしてやってみたら(そのときは種からでしたが)、ほんとによく育つ野菜でした。満足◎の成功体験です。

そうだ、初めて水耕栽培をするなら、このクウシンサイがいいかもー、なんて思ったりしています。

なにせこのところ、トマトやナスなど、種まきから収穫まで半年もかかる長期戦栽培が続いてるもんですから、クウシンサイのあっという間の短期決戦野菜にいやされる思いがしてるんでございます。
長時間発酵ブレッドも美味しいけど、「玄関入って2分でご飯」という「さとうのご飯」もありがたいよなあ、みたいな、ね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

空心菜(クウシンサイ/エンサイ):いただき申す

2013.08.22.Thu
 水耕栽培でもしも液肥がついえたら、植物は生きてはいけないでしょう。それなのに、この空心菜は留守にしていた5日後もこのとおり生きのびていました。(撮影8/17

一度も液肥の追加がなされなかったらしく、ペットボトルの中はすっからかん。なのに、すごいな、おぬし。

 その頑丈さにあやかりたいもんだ、というわけで、さっそく摘み取って食べますぞい。(8/22)

一緒に四葉(すーよー)のキュウリ「パリQ」も収穫。みかけは曲がっちゃいるが、なーに、浅漬けにすりゃあ、曲がりも細い太いもかまやしねぇ。お味はきりっとしまってイケますがなもし。

 そうそう、今日は抜糸もしたことだし、ぐびっとビール……じゃあなくて、炭酸で乾杯。

キュウリは、塩とお酢ちょっとと、七味で軽く漬けました。空心菜は、薩摩揚げとの炒め物にしました。おいしいなあ。あたりまえだけど、食べ物が食べられるって、シヤワセ~♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

空心菜(くうしんさい):お初収穫

2013.07.23.Tue
 空心菜(商品名:なつサラダ/フタバ種苗)を種まきしたのが6月24日。28日までには発芽し、あれよあれよでペットボトルの水耕栽培に移行するまでになっちゃいました。(撮影:7月8日)


それから5日後(7月13日)。若干風にそよぐ程度には伸びたでしょうか。


前回から8日後(7月21日)。やれやれ伸びましたあ。そろそろ刈り取りしてもよろしいんじゃないかと思うのであります。


一握りの収穫。ついでに、甘とう美人1本とバナナピーマンも1本。


どれどれ、炒め物にしてみましょ。

小ぶりの一皿にはなりましたぞ。バナナピーマンの薄黄緑色が爽やかでよろし。空心菜は柔らかです。あっというまに食べちゃいました。美味しいなあ。夏の味。

そして、今日(7月23日)。もう「次の収穫は、まあだかな」と眺めてしまう。

ちょぼちょぼ生えてるくらい。まだ先だなあ。期待して待っているとなかなか大きくならんようで。

 株はペットボトルに4~5株程度植えたので、4株×6ペットボトルだから、全部で24本くらいはあるでしょうか。この分量だと、いったいどれくらいの間隔で収穫できるかなあ、と皮算用。
1週間に1度くらいか。2週間に1度か。いえいえ3週間も先だったりして。はあ~ぁ。
ビタミンを育てるのって、なかなかだなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

葉物野菜の「空心菜(くうしんさい)」:真夏用に種まき

2013.07.02.Tue
 バイアムと同じく、この空心菜(商品名:なつサラダ/フタバ種苗)も夏に元気な野菜です。去年はペットボトルの水耕栽培で育てたらとてもうまいこといったので、今年もやってみようじゃないの、というわけです。なぜか、土栽培の株より育ちがよかったです。

 種まきは、6月24日。28日に発芽しているのを見つけました。


 そして、今日7月2日。早くも芽が伸び上がってるものがあります。

頼もしい限り。
 とはいえ、中には同じ日に種まきしたけど、まだようやく種袋から根が出てきたという個体もあったりして、発芽状況はいろいろ。どうやら「ふぞろいの空心菜たち」のようです。個性色々だから観察がたのしくなっちゃうな。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村