FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

絶望のアスパラ菜

「アスパラ菜」は、収穫したものを以前近所の友人からいただき、サラダでもゆでてもとってもおいしい葉っぱでした。そこで昨年(11/6)、その種を少しまいてみました。黒いポットに植え、下に液肥を満たしての水耕栽培でスタート。お初栽培、オホホ♪

2018年12月30日。葉っぱがぴよ~んとでてますなあ。
アスパラ菜の水耕栽培

それらしい本葉がでそろってきたと喜んでおりましたらば、中央に怪しい固まり発見。
アスパラ菜の花芽

これ、花芽ですよねえ、まちがいない、花芽だわ。ということは、葉っぱがふえなくて、茎が上にどんどん伸びて花咲いて終わり。ガーーーーン!! 
そういえば近頃、夜は室内にとりこんだりしてあったかくしてたからなあ。春だと思ってしまったかも。

まあ、こうなってはしょうがない。全部収穫じゃい。
収穫したアスパラ菜

サラダにしていただきました。若い葉のせいか、なんかあっさりした葉っぱのお味だったです。

ところで、この収穫した記事をかきながら、ふと、アスパラ菜ってなに科ろうアブラナ科だと思うのだが、というのでネットで検索していたらですねえ…。「旬の食材百科」さんの記事に↓
------------------------------------------
「アスパラ菜は見た目が菜の花に似てはいますが、菜の花のような苦味は無く、花芽を食べるというより、花芽が付いた若い茎を食べると言った感じで、クセも無くほんのりと甘みがあり、味、食感ともアスパラに似た感じがします。」……
------------------------------------------

なにい~~っ!?「花芽が付いた若い茎を食べる」とな?!
じゃあ花芽がでてきてよかったんじゃん。バンザーイって喜ぶべきだったんじゃん。

むざむざ切り倒して、しかも一つ残らず食っちまったわたくし。1株でもあれば、何本も食べられたであろうに。
もはや絶望しかありません。(アホです)

アスパラ菜の失敗の図


【新年の誓い】
今年こそ「種袋は、よおーーーく読もう!」(←前にもいったような…)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| アスパラ菜 | 12:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アスパラ菜:ちょびっとずつの収穫

 アスパラ菜の前回の記事で、収穫量がわずかずつだと嘆いておりましたが、その後もあいかわらずの少量っぷりでおます。(撮影:2/13)
こちらは、その13日の収穫。下の方に黄色の花が咲いている4本くらいのものがそのアスパラ菜でございまして。
アスパラ菜他 13日の収穫
そこで、左側のカラシナのシャキットと真ん中のミブナも混ぜてサラダにしちゃおってわけ。こうすれば、まあまあ満足な分量に水増しできるってもんです。

少量なのは、もっともなことではあるのです。アスパラ菜は、4株をこの一鉢につめこんでおるので、量を望むのはなかなかにむずかしいのでございましょう。しかも根元には、かき菜だのカラシ菜だのも生えてるし。
アスパラ菜の全身の姿

それから5日後の本日・18日の収穫。合計8本。前回より4本増量。思わず喜んじゃったりなんかして。
アスパラ菜 18日の収穫
ここ数日寒い日が続いているというのに。それでも、春はちゃーんと近づいてるってことでしょうか。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

| アスパラ菜 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アスパラ菜:ながーーーい目でみるのじゃ

 アスパラナは、次から次へと新芽がでてくれるかと思いきや、たまーにしかはえぬみたいで。この日の収穫は、一握りほど。(撮影:1/17)
アスパラ菜 収穫
これでも、成績よろしいほうなんですよ。1本とか2本てのが相場ですな。

全体の株姿は、このようになっております。株数は4本。鉢は、直径40センチくらいの大きさです。
アスパラ菜 収穫と全体の姿
でもでも、少量ではあるけれど、ながーーーーく収穫できているのはまちないないなあ。11月1日からとれ始めていますから。1週間に1回くらいの収穫ですけどね。甘みがあってシャキッとした歯応え。美味しいです。だいじにだいじに食べよーっと。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| アスパラ菜 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めて栽培の「アスパラ菜F1」:お初収穫

 アスパラ菜F1のタネまきをしたのが、たしか8月の末だったように思います。こちらはその約2週間後。(撮影:9/16)
アスパラ菜 タネまきから約2週間後
タネは、たしか2年ほど前に、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからいただいたものです。

大きな鉢に植えかえまして、約1ヶ月あまりのち。茂った茂った。(10/6)
アスパラ菜 タネまきから約1ヶ月後

この鉢には、アスパラ菜だけではなく、他の場所に植えきれなかった残りのカラシ菜やカブも混ざってます。どれがどれやらわからんようになってしまったなあ、と思ってましたら、アスパラ菜だと思われる葉だけは、さわるとつるっつるでした。
アスパラ菜 タネまきから約1ヶ月後

そして、タネまきから約2ヶ月後。鉢が隠れんばかりに茂りました。(10/25)
アスパラ菜 タネまきから約2ヶ月後の全身
こんなに大きな葉っぱになるもんだったとは知りませなんだ。しまったなあ、この直径30センチ程度の鉢に、5株も植えてしまってからに。うーん、間引きせにゃならん。苦手です、この作業。ま、ほっといてみよう。

それから数日後。花が咲いてしまってました。あわてて収穫。(11/1)
アスパラ菜 初収穫
といいましても、中心部分のたった1本ですからねえ、お浸しにでもしようもんなら、ほんのひとつまみになっちまいそうです。そこで、ざっと切って生でいただくことにしました。噛むとシューッと汁が口中に。みずみずしい。苦味もなし。美味しいです。よおし、これからも、生でいただこうじゃないの。次なる収穫が待ち遠しいです。

白い矢印付近の芽が、おそらく次期収穫箇所かと思われます。おーい、まだかいなあ。(11/4)
アスパラ菜 次の収穫予定箇所

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| アスパラ菜 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めて栽培「アスパラ菜F1」:早めの収穫撤収もいいな

 以前近所の友人が育てて収穫したアスパラ菜をもらって食べたことがあり、これがとても美味しかったのです。そうしたら偶然にもその後、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからその種をいただきいただきました。わーい、種まいてみようじゃないの!と相成りました。

4/21 発芽。菜の花軍団らしい、まあるい双葉登場。


途中写真がありませんが、

6/8 あらま、葉っぱが数枚。それらしくなりましたがな。


花も咲きました。葉も大変美しく、つるつるピカピカ。



6/13 お初収穫。生でかじってもほんのり甘味がある葉です。


しかし、暖かくなってきたからでしょうか、アブラムシとハモグリバエがはびこる様相に。

6/18 ぜーんぶ収穫。

まだ今なら、きれいな葉をたっぷり食べられるなあと思ったのです。虫が食べる前に私が食べちゃおうというわけですな。

レンジでチン。

若い葉じゃないところもあったから、ちと筋張ってましたけど、つるりとした葉の感触でクセのない上品な青菜の味でありました。
ああ、久しぶりだなあ、苦くない青菜を食べたの。なんせ、青菜といえば、ふだんは当ベランダでとれたチコリばかりを食べておりますもんで。


栽培の仕方を検索してみると、とう立ちした茎や葉を順次かきとりながら長く収穫できるらしいのですが、それは虫の活動が減ってくる秋に種まきした方がうまくいきそうな気がします。うふっ、まだ種は残ってますしね。

 他にも早めの収穫でよかったことといえば、根があまり張っていないので、撤収の際、土から根っこを掘り出すのが簡単だったことです。また鉢があいたので、次の野菜を植え付けることもできそうです。
というわけで、何を植えようかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| アスパラ菜 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |