FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

じわりトマト祭はじまる

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」。ゴミ箱容器で栽培している3株は、こんな感じに並んでいます。(撮影:12/1)
ベランダのMr.浅野のけっさくの3株。

室内側からのぞくと。(12/3)
室内側から見たトマトの株。Mr.浅野のけっさく。

今、実が出来ている位置は、下のほうにはほとんどなくて、株の背丈の中間あたりでしょうか。
株の中間あたりにできているトマトのMr.浅野のけっさく

ゴミ箱という小柄な容器で水耕栽培しているし、エアレーションも使ってないし、こんな寒い時期だから実はあまり大きくならんだろうなあと思っていたのですが、直径3~4センチくらいあり。ふつうに「中玉」らしい感じには育っているようです。
ゴミ箱容器で水耕栽培のトマト、Mr.浅野のけっさく。

前回の収穫記事(11/22)からその後は、一日2個ぐらいずつとっていたかなあ。記録がなくてさだかではありません。

その後、11月28日の朝、2個の収穫。
11/28 朝に収穫したMr.浅野のけっさく

同じ日に、訪ねてきてくれた友人にもらってもらった10個。
11/28 友人にもらってもらったMr.浅野のけっさく

11月29日、4個収穫。
11/29 収穫したMr.浅野のけっさく

12月1日、4個収穫。
12/1 収穫したMr.浅野のけっさく

12月3日の今日。6個収穫。
12/3 収穫したMr.浅野のけっさく

おや、ちょっと増量してますわと、にやけている。しかも、甘み上々、味わいよろし。この調子で今後もぜひ。

けれど寒さもましてきているようで、お天気予報を見るとこれから最低気温が2度とか3度の日が続くんだとか。ううう…

株の上のほうにある青い実軍団まで、ああどうか、無事に収穫できますようにおねげえしますだ、お代官様!…とひれ伏しておるしだいであります。
まだ青いMr.浅野のけっさく

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋のトマトと葉物あれこれ

この日(11/22)は雨。ずっと雨。
11/22 雨降りの風景。

こんなお天気にもかかわらず、トマトがだいぶ赤くなりまして。こちらは、エアレーション無しの3株です。
11月のMr.浅野のけっさく

こちらはベランダの横から見たところ。上記の写真にある3株が奥のほうにあり、手前の1株だけがエアレーションありです。
エアレーションありと無しのトマトの株

エアレーションありの株には1房だけみょうにたくさん実がついてしまいました。重さで折れてはいかんだろうと、ネットで吊りあげているしだい。ネットをはずしてみたら、この中のも色づいてるのがあります。
11月のMr.浅野のけっさく。1房にたくさんの実。

あちこちから赤みの濃いものを選んで6個収穫。しめしめ。
11/22 収穫したトマトのMr.浅野のけっさく。

せっかくだから葉っぱものほしいなあと、物色する。

エルバステラ。ほとんど草にしかみえない葉っぱです。
エルバステラ

スティッキオ。フェンネルという根元が白くふくらむ野菜の小型版だそうです。今期初収穫になります。
スティッキオ(フェンネル)

パーマグリーン。高菜+カラシナだそうな。かなり伸びてきたので3枚くらいちぎってもいいかしらね。
パーマグリーン

ハンサムグリーン。珊瑚みたいなレタスです。こちらも今期初収穫。
ハンサムグリーン。

ルッコラ。以前より葉色が濃くなってました。おそろしく渋い味になってしまう前に、液肥を薄めてやりましかね。
ルッコラ

これらをざっと集合。これでなんとか一皿にはなるかしら。
収穫した葉物野菜。パーマグリーン他

葉っぱはちぎって盛り付けた。トマトは洗ってお皿にポン。イナダが1尾440円とお安かったので刺身に作ってこちらもポン。
葉物野菜と一緒に収穫したトマトのMr.浅野のけっさく。

いや~、こんな寒い日に刺身だ、トマトだ、レタスサラダだって、ねえ。ぶるぶるします。おまけに葉っぱもののサラダは食感がゴソゴソ。どれもとがった葉っぱでしたからねえ。葉のふんわり柔らかいレタスなどにちょいと混ぜるくらいがよかったみたい。まことに大失敗な献立でござんした。
それでも、イナダの頭やら骨やらを集めたおつゆを作ったのは幸いでした。ようやくあったまったまりました。

なお、トマトの糖度は8度でした。数値的にはまあまあになるんでしょうか。食べた感触からするとたいへん美味しかったので、今後がたのしみになりました。期待度は右肩上がりですぞ~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト収穫までもうあと何日?

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」が収穫できそうな色合いになってきました。(撮影:11/15)
もう収穫OKそうなトマト

でもこの房なんか、まだもうちょっと待ったほうがよさそうだ。
もうあとすこしで収穫のトマト

あ、こっちもまだみたい。
もうあとすこしで収穫のトマト

今か今かと待ってるんですが、やっぱり夏頃のようにはいきませんなあ。まだほとんどが青い実なんですわ。
まだ青い実がいっぱい
う~ん、もうしばらくお待ちを、ですかねえ。

ところでこの秋、トマトの苗はフェンスのすぐそばではなく、室内側に寄せて設置しています。夏はフェンスのところまでしか日が差さないけど、秋からは室内のほうまで日が当たるので、この位置でもいいかなあと。ここなら霜にもあたりにくいかなあと思いましてね。
ゴミ箱による水耕栽培のトマト苗2株

この位置にある3株は、どれも7月頃に植えた挿し芽の苗です。

根っこの育ちぐあいはどうでしょう?
ゴミ箱による水耕栽培のトマトの根
 うーん、挿し芽だからこんなもんですかねえ。

もう一株ありまして。こちらは7月に種まきしたもので、その根元からでた脇芽が3本だてになっとります。栽培容器はスチロール箱でエアレーションも装着の豪邸でございまして。
スチロール箱による水耕栽培の株

そのおかげかどうか、とにかくたくさん実がついた房があり、重くて折れそうなので上から網で吊ってますのさ。
ネットにのせて上から吊ってるトマトの実

網の中には実が14個。
ネットの中に14個の中玉トマト

網にうまく収まりきれなかったのが10個ほどはみでています。
ネットからはずれて10個のトマト

根っこは暗くてよく見えないんだけど、40センチくらい伸びてるでしょうか。
スチロール箱による水耕栽培のトマトの根

液肥は、ベランダの他の野菜も含めて12リットルくらい追加。4リットル入りのペットボトルに入れて3回えっさえっさ運んでます。なにかとめんどくさがり屋の私なのに、なんとまあまじめなことで。
「は~やくう こいこい収穫日~♪」ですぞぉ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマトの実がじわりふくらんどる

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」。夏に脇芽をとったのが3株育っています。ごみ箱容器でエアレーション無しの水耕栽培。
挿し芽のトマト苗。

苗のてっぺんは摘心し、支柱が足りないので上から紐で吊しました。
トマト苗。上からひもで吊っている。

実は、まだ赤くはなっていないようです。
脇芽のトマト苗の実。

一方、こちらは5月10日に種まきし、その後葉っぱが縮んで枯れてきたので根元から全部茎を切り落としたんだけど、その根元から新しい芽がでてきましてね。(中央が切り落とした古い茎です。)
根元の脇芽が育ったトマト苗。

今じゃ根元が2本だて、途中の脇芽も合わせて3本だてに賑やかな苗にお育ちになりました。エアレーションありで、大きめのスチロール箱育ちです。(左下がその箱です。)
脇芽のトマト苗。エアレーションで水耕栽培。

やけに実がつき折れそうだったもんで、タマネギの入っていたネットをハンモックを考案。その上に横たわっていただく。
脇芽のトマト苗。ふっくらしてきた実。

今のところ鳥が来てないみたいなので、まあこんなのんきな姿になっております。
頼む、ヒヨドリ、見逃してくれい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト復活の苗:実ができつつあり

種まきが5月10日の苗が徒長しすぎてヒョロヒョロになったんですが、その脇芽(1株)がなんとか育っています。
また、そんなヒョロヒョロ苗からとった挿し芽(3株)もなんとか無事です。

トマトの脇芽と挿し芽の苗。

上の写真右はじの脇芽がそのまま育った株ですが、ちょっと心配。根元の茎は鉛筆みたいに細いのです。
根元の茎が細いトマト。

でも、その根元から1メートルくらい上の方の茎は太くなり、私の指をこえそうな勢い。
上の方の茎は太いトマト。

根元が細くて上が太い茎ってバランスが悪いと思うんだが、だいじょうぶかいな。とりあえず上から紐で吊っているおかげか、今のところ折れてはいないんですけど。

脇芽の株の根。どうなってるかしらね。
実生のトマトの根。エアレーションを使用。

けっこう茂ってました。種から育っただけはあるなあ。

この株は脇芽が1本ではなく、よくばって2本立て。そこで、栽培容器も4畳半のごみ箱→スイートルームのスチロール箱に昇格。さらに先日からエアレーション(商品:「水作 水心」SSPP-3S)も完備という、豪華客船にお泊まりになるVIP扱いとさせて頂きました。
といいますのも、この株の品種は「Mr.浅野のけっさく」。去年の秋冬に栽培したおりはたいそう甘く美味しかったので今年もぜひに、という熱い期待がかかっておるのでございます。

その期待の固まりこちらでして。
脇芽が大きくなった苗。実ができた。

一方、残り3株(1番上の写真の左側)は挿し芽で、品種が何だったか思い出せません。夏に栽培していた苗だってことはたしかなんですが。はたしてどのミニトマトがでてきますやら。

挿し芽の株の根はお元気のようです。
挿し芽のトマトの根。

実もつきました。
挿し芽が大きくなった苗。実ができた。

.ということは、収穫スタートはどれも一か月後の11月初めくらいでしょうか。まだまだ先ですなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT