1月種まきトマト:一部分おしま~い

2017.07.20 16:51 | EDIT

中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」の葉っぱがなんだかおかしい。なんで葉っぱがうなだれてるんだろう。(撮影:7/17)
Mr.浅野のけっさくの葉がうなだれておる

葉に触れてみると、ふにゃふにゃ~。
Mr.浅野のけっさくの葉 さわるとふにゃふにゃ

液肥が足りなくなったんだろうか。といってもこの株はエアレーション付きである。前日の夕方には液肥を追加したばかりなわけだし。
エアレーション付きの株だったんだけどなあ

ともかくも、根元をのぞいてみた。
根は色もいいし、問題ないみたいなんだが。
液肥はたっぷりあるし、根も白いから痛んでるわけじゃないらしい。

うーむ、となるとエアコンの風にあたって弱ったのかも。連日の暑さですからなあ、トマトの株の上は天井にエアコンの室外機がとりつけてあるので、稼働すると風が吹き出して株の上部に直撃なのです。うん、きっと原因はそんなところでしょう。あ~あ、もうこうなるとおそらく復活はできますまい。

まだ、実のついた房があったのに。
まだ実もついておったのに、株が弱ったらしい

ややっ、もう一種類、ミニトマト「ブラッディタイガー」の様子も怪しい。
実はごくふつうに見えるんだが。
7/13 ブラッディタイガーの実

根が茶色。
ブラッディタイガーの根

暑さが災いしましたかねえ。仕方がありません。傷んだ株はおしまいですな。
Mr.浅野のけっさくは、3株のうち1株、ブラッディタイガーは3株全部を撤収しました。

でもでも、株についていた実はもったいないですからねえ、救出いたしましたですよ。
撤収したMr.浅野のけっさく1株とブラッディタイガー3株の実。

実の分量を一応記録しておこうと思います。個数を数えるのがめんどうなので重さを調べました。

Mr.浅野のけっさくの赤くなっている実の重さは、476グラム。
Mr.浅野のけっさくの赤い実の重さ。

Mr.浅野のけっさくの青い実の重さは、568グラム。
Mr.浅野のけっさくの青い実の重さ

ブラッディタイガーの赤い実の重さは、672グラム。
ブラッディタイガーの収穫した実の重さ

ブラッディタイガーの青い実の重さは、398グラム。
ブラッディタイガーの青い実の重さ

…というわけで、それぞれ約1キログラムずつあったことになります。青いのはそのままおいといて追熟。赤い実は冷蔵庫に保管しといて、ぼちぼちといただくことにしますかね。

さて、とりあえず赤い実も青い実も水で洗いましょうと、ボールに入れましたらば、なんだかおもしろい現象を発見。

Mr.浅野のけっさくの赤い実を水につけると、沈みました。
Mr.浅野のけっさくの赤い実を水につけると沈む
ふむふむ、そういえば水に沈むのは糖度が高いとかなんとか、そんな話をどっかで聞いたような気がするなあ。
Mr.浅野のけっさくって、糖度が高い方になるのかも?

次に、Mr.浅野のけっさくの青い実を水につけると、浮きました。
Mr.浅野のけっさくの青い実を水につけると浮く
Mr.浅野のけっさくといえども、青い実は糖度が低いということですかねえ。

それなら、ブラッディタイガーはどうでしょう。
ブラッディタイガーの赤い実を水につけると、沈みました。
ブラッディタイガーの赤い実を水につけると沈む

ほほう、これも糖度が高いめなのかしらねえ。


ではブラッディタイガーの青い実はいかがなるや?
ブラッディタイガーの青い実を水につけると沈む

ん? 数個は浮いてるけど、ほとんどは沈んでる。えっ、青くても糖度が高いってこと?
うーん、糖度計がないので実際のところはわからんのですが、ブラッディタイガーは、なかなかの高糖度なのかも。
青いブラッディタイガーを一粒食べてみましたらば、渋いけど食べられなくはないようです。
ちなみに、青いMr.浅野のけっさくを食べてみましたらば、ぺっと吐き出したいレベルでございました

みためは茶色でまずそうな色だし、味的にも一般受けしないブラッディタイガーですが、じつは秘めた魅力があるのかも?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(1) | Trackback(0) | PageTop↑

水耕栽培トマトの収穫量:ピークと下降

2017.07.15 14:32 | EDIT

トマト2種類、中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」とミニトマト「ブラッディタイガー」をそれぞれ3株ずつ育てております。
連日暑い暑いお天気の毎日。灼熱ベランダのトマトの収穫量はうなぎ上りかそれとも夏バテなさるのか、はたまたさしたる変化はないのやら。
前回のトマト収穫量に関するブログ記事は7月2日まででしたので、このたびはその翌日からのものです。
以下、数量の記録としての写真がおもです。

7/3 なんと珍しく日に2回も収穫あり。ブラッディタイガーは裂果しまくりですが、屋根の下なので雨は入らんからまあいいか。
7/3 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/3 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/4 
7/4 トマト(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/5 2回の収穫
7/5 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/5 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/6
7/6 トマト(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/7
7/7 トマト(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/8
7/8 トマト(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/9 2回の収穫
7/9 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/9 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/10
7/10 トマト(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/11 2回の収穫
7/11 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/11 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/12 2回の収穫
7/12 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/12 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/13 2回の収穫。ブラッディタイガーばっかりというのは初めてかも。よくとれるトマトのようですな。
7/13 トマト1回(ブラッディタイガー)

7/13 トマト2回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

7/14 よっ、浅野のけっさく君、オンリーです。がんばってますねえ。
7/14 トマト1回(Mr.浅野のけっさく/ブラッディタイガー)

…と、ほめたたえておりましたらば、尻腐れ病の実出現。
7/14 トマト(Mr.浅野のけっさく)尻腐れ病

てっぺん近く10段目付近に発生。尻腐れ病は、カルシウム不足によるものだとか。(ネット検索より)
対策として、お薬もあるようですが、「花やつぼみの反対側にある葉を一枚切り落とす」という作戦もあるそうです。理由は「切り落とされた葉が消費するはずだったカルシウムを、近くの花や果実のほうに消費してもらうため」なんですと。
ほほう、なるほどねえ。でもうまくいくのかしら?
ま、ともあれためしにやってみることにいたしましょう。

おっと、写真の実の数を数えてみました。7月3日~14日までの12日間で、
Mr.浅野のけっさく…合計78個。
ブラッディタイガー…合計68個。

【一日あたりの収穫量】
・Mr.浅野のけっさくは、78個÷12日=6.5個/日
・ブラッディタイガーは、68個÷12日=5.6個/日

【一株あたりの収穫量】
・Mr.浅野のけっさくは3株ありますから、78個÷3株=26個/1株…とれた計算になります。
・ブラッディタイガーも3株ありますから、68個÷3株=22.6個/1株…とれた計算になります。
-------------------------
ちなみに、前回6月24日~7月2日までの8日間で、
・Mr.浅野のけっさくは、合計45個でした。
・ブラッディタイガーは、合計38個でした。

グラフでいえば今は、収穫量がだんだん増えているから上り坂のような気もしますが、どうなんでしょう。
現在の収穫地点は、4段目~5段目あたりです。実の房は、一番てっぺんが8段目~10段目くらいでしょうか。
ということは、段数で考えるとちょうどまん中だけど、でもでもこの暑さですからしおれたりして一気に下降線に向かうのかも。

ま、ともあれ、緑のトマトカーテンはありがたいこってす。傷んだ下葉を刈り取ったのでだいぶスカスカですけどね。
ベランダのトマト

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

うどん粉どんどん

2017.07.04 17:49 | EDIT

はいっ、やってきましたうどん粉さーん。
うどん粉病と思われる白い斑点

おかげさんで、スーパーの買い物袋にぎっしり「収穫」しましたよ、傷んだ葉っぱをね。
どっさりとったトマトの葉っぱ

うどん粉さんがお越しくださったのはトマトの株。下の葉を取り去ったのでスカスカになりました。むこうの景色がよおく見えますなあ。
下葉をとりさったトマトの株

ついでにトマトの実のつき具合もよおく見え、収穫時期がひとめでわかるから助かってます、はい。
どれどれ、せっかくだから、じーっと観察してみようじゃないの。

この株のみ、エアレーションつき(ホームハイポニニカぷくぷく)の水耕栽培です。
下のほうが涼しくなったトマト(Mr.浅野のけっさく)の株

1段目と2段目がとても長い房になったので株が傾いてしまうほどでした。さすがぷくぷく育ち。今は実が少なくなったので取り外していますが、房の下にスチロール箱を置いて房をのせ、重さを調節してました。(撮影:6/30)
6/30 台を置いて実の重さを分散させている


台を置いてるのは、こちらの株も同じくです。こちらは、虫の飼育箱による水耕栽培。
6/22 トマトの房が重いので下に台をおく

一段目の房が先のほうで二つに分かれ、それが全部赤くなろうとしており、このままでは枝が折れてしまいそうです。
そこで、スチロール箱と鉢とザルを重ねてしのごうってわけですな。畑ならしっかり支柱を立てられるのだろうけど、ベランダだし水耕栽培なので上から紐でつるか、下に受け皿をおくことになっちゃいます。

この飼育箱育ちの株はエアレーションがないのですが、それでもけっこう元気に実をつけているようです。
こちらも長い房(虫などの飼育箱での水耕栽培株)


もう一株。こちらは、飼育箱よりは大きいスチロール箱育ち(エアレーションなし)の水耕栽培です。
スチロール箱で水耕栽培のトマトの株

幹というか茎が太いです。そのせいかどうか、連続している実も大きく、房のあいだが詰まってるみたい。(4段目の房)
長い房になったMr.浅野のけっさく(スチロール箱の水耕栽培株)

ともあれ、エアレーションなしでもなんとかなっているのは、今頃の時期がわりに涼しいからかも。真夏だとまたちがった結果になるのかもしれませんが。

ところで、トマトは全部で6株(Mr.浅野のけっさくとブラッディタイガー各3株ずつ)ありますが、いずれもてっぺんを摘心し、背丈はすでに天井に達しています。
天井に届いたMr.浅野のけっさくの株。

どの株も房はだいたい10段目くらいまでできていますが、下からはうどん粉さんがやってきているのでおそらく全部は収穫できんでしょう。はて、いつまで楽しめますかねえ。なんだかさびしいぞ。

おーし、それならと新たに種まきしました。
新たにトマトの種まき。(Mr.浅野のけっさくとブラッディタイガー。)

当方は、秋冬から日当たりが上向きになる南向きベランダなので、今種まきすれば12月頃にちょいと収穫できるような感じに育ってくれるのではないかと思うのでありますが、どんなもんでしょう。うまくいったらおなぐさみ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

トマトの収穫量の変化

2017.07.02 15:35 | EDIT

そういえばこのところ、トマトのことはあまりブログ記事にしていませんでしたが、少しずつ収量が上向きになってきているようです。


6月24日 この日、友人の畑でジャガイモ掘りをさせてもらうというんで、おやつ用に持っていきました。(赤い注玉がMr.浅野のけっさく。緑と茶色のしましまがミニトマトのブラッディタイガー。)
6/24 トマト(Mr.浅野とブラッディタイガー)の収穫

6月27日 ミーママさん(ブログ:まりちゃんのベランダ水耕栽培)のところへお裾分けでお送りしました。ちょいと実が割れてきてます。大丈夫かいな。
6/27 お裾分け

6月28日 特にブラッディタイガーの実割れが激しいぞ。
6/28 トマト(Mr.浅野とブラッディタイガー)の収穫

6月30日 Mr.浅野のけっさく、にしては小ぶりな実です。
6/30 トマト(Mr.浅野のけっさく)の収穫

7月1日 午前の部。
7/1 トマト(Mr.浅野とブラッディタイガー)の収穫

7月1日 午後の部。
7/1 トマト(Mr.浅野)の収穫

7月2日 いつになく大量収穫あり。
7/2 トマト(Mr.浅野とブラッディタイガー)の収穫

おや、Mr.浅野のけっさくは特に、大小さまざま。大きさに違いがあるみたいですわ。
そこで、この日(7/2)の一番大きいのと小さいのを比べてみました。
一番大きいのと一番小さいのの大きさ比べ(Mr.浅野のけっさく)

大きいのはなるほど中玉サイズのようですが、小さいのはミニトマかなあ。
せっかくなので、Mr.浅野のけっさくの大きめ8個をご近所さんにお裾分けしました。
(なお、ブラッディタイガーは、たぶん好まれんだろうなあと忖度(そんたく)し、自宅でひっそりいただくことにしました。
(私としては、このグニッと固めの歯ごたえが好きなんですけどねえ。)

かくして、じわじわとふえつつあるトマトの収穫量でありますが、ふえつつあるのは、うどん粉さんもでした。むむう。
べつにこちらさんは来て頂かなくてもいっこうにかまわんのですけど。いやん、もう。これについては、次号にて。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ミニトマトのブラッディタイガー:しげしげと眺める

2017.06.20 20:02 | EDIT

お初栽培のブラッディタイガー。種まきは1月。一房は、こんな感じです。(撮影:6/20)
ブラッディタイガーの房の様子

緑と茶色の縞模様。玉虫色のギラリとした不気味な輝きがあります。

全部で4株あり、そのうちこの2株は今6段目まで実がつきました。
2株のブラッディタイガー

ブラッディタイガーは、わりと実のつきがいい品種なのかもしれません。
上の写真の右側の株の一段目と2段目を見ると、塊のように実がついていました。
ブラッディタイガーの一段目と二段目の実

さらに、左側の株ものぞいてみました。2段目は房の先のほうで2つに分かれて実がついたようです。
3株めのブラッディタイガーの一段目と二段目の実

そういえば、ミニトマトってこんなだったかも。去年は中玉と大玉だったので、これほどには実がつかなかったように思います。
なーんかミニトマトって、お得感がありますなあ。

ただし、ちょいと不穏な様子もあり。

葉の先が黒くなってそのうちカサカサと乾いて落ちていくんです。
ブラッディタイガーの傷んだ葉

この症状は、ブラッディタイガーの苗が小さいときからみられ、そうしょっちゅうではないからいいようなものの、じわりじわりと下の方の葉から順に進行しているみたいなんだなあ。
他のトマト(Mr.浅野のけっさく)には今のところまったくそんな様子はないので、このトマト特有のお病気なのかもしれません。
あまり進まないうちに、それなりの収穫ができるといいがなあ。

さて本日は、ブラッディタイガーを1個収穫。
収穫したブラッディタイガー

断面はこんな感じです。赤黒いというか、なんというか。
ブラッディタイガーの実の断面

たいがいのトマトは、噛むとプチューッとつぶれる柔らかさがあると思うんですが、このブラッディタイガーは、歯ごたえといいますか、グミのような弾力があって、ちょっとびっくり。そして、甘いです。「甘いでしょ」っていってるみたいな甘さというか。すっぱさはほとんど感じられません。

ちなみに、友人にも試食してもらい、「忌憚のない感想を教えてね」と申したところ、「これ、たしかに甘さはあるけどさ、断然〈Mr.浅野のけっさく〉のほうが美味しいよ」とのたまうのでした。

私が今まで育てた黒トマトや茶色トマトの中では(って、たいした数じゃないが)、一番美味しくできたと思うんだけどなあ。むむう。プレゼントしても、あまり食べてもらえないかも…。
味ってむずかしい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード