園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

期待してないけどトマト

去年の秋だったろうか、さし芽にしたトマト(中玉:Mr.浅野のけっさく)。ゆっくりゆっくり、じみ~に育ってるんですよね。
さし芽のトマト・Mr.浅野のけっさく

花芽なんかつけちゃってからに。
さし芽のトマト・Mr.浅野のけっさく 花が咲く

でも、根をのぞいてみると身長のわりにはさして伸びているわけでもないのだ。
さし芽のトマト・Mr.浅野のけっさく 水耕栽培の根

だからぜんぜん期待してませんのさ。実がなるとか、いっぱいできすぎちゃったらどうしようとか、そんな巨大大株をベランダのどこに配置しようとか思えんのだけど、ま、いちおう植え替えしておこうじゃないの。いくらなんでも、こんな4リットルのペットボトルじゃ根元がふらふらして安定しないし、支柱が1本だけなのでよく倒れてるし。

そこで、ゴミ箱にね、引っ越しさせて、支柱も1本ふやしたわけよ。
さし芽のトマト・Mr.浅野のけっさく 植え替えた
いやもうほんと期待してませんて。

…とまあここまでが昨日のことでありまして。

けさほど観察してましたらば、これ、実だよなあ、たぶん。
さし芽のトマト・Mr.浅野のけっさく 実ができた(1/30)

その気になっちゃうじゃないですか。
せっかくだから、ちょっと高級にエアレーションとか使いますかねぇ。オホホ

一方、先日種まきしたトマトは今、双葉をだし小さい本葉も製造中らしい。
種まきしたトマト2種 双葉になってます

トマトは元気だ。

なお、ピッコラカナリアはブログまりちゃんのベランダ水耕栽培のミーママさんからいただいた種です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 11:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマトひとまず終了

エアレーションありのおかげか、長持ちしているトマト(中玉:Mr.浅野のけっさく/種まき:昨年の1月)ですが、雲行きが怪しくなってきました。

葉っぱにビニール袋をかぶせてはいたんですがねえ。
エアレーションのトマト(Mr.浅野のけっさく)の株

下のほうに新しくはえてきたわき芽が、なんだかたら~っとしてるみたいなんですけど…
ビニールをかぶせていたけど、中の枝葉がへんなのだ

げっ、しおれてますがな。
ビニールの中でしおれているトマトの苗

てっぺんのあたりの葉はどうだろう? ビニール袋広げてのぞいてみる。
ビニールの中で葉が変色しているトマトの株
うーん、かろうじてしおれてはいないけど、紫色が進んでる感じ。

実が赤くなるまで、もうあとすこなんだけどなあ。
実がついているトマトの株

しかし、決定的にだめそうな症状を発見。

実にさわるとやわらかく、表面から液体が染み出ておるのさ。
実の表面から水がしみでている(凍傷か?)
しもやけ、みたいなもんかしらねえ、これ。

はーい、観念しました。おしまいにしましょ。全部とっちゃいます。
最後に収穫したトマトの実
赤みのあるを食べみましたが、甘みが薄くぼんやりしてました。往年の甘酸っぱい美味しさはありませんなあ。
残りの青いのは追熟させてソースにしますかね。

根もいちおう点検してみよう。
エアレーション付きのトマトの根
薄く茶色がかってはいるけど、固い根なのでまだ元気はあるのかもしれません。

とりあえず枝葉を落とし、棒だけにして、液肥を満たしたゴミ箱容器にいれました。
棒だけにしたトマトの株
余生はこちらで送っていただくこととします。長生きなすって、新しいわき芽をだすかもしれませんしね。

とかいいながら、じつはすでにそんな余生組のトマト株がすでに2株、わりと元気にしておりまして。

こちらも昨年種まきしたトマトの株の分身で、左がさし芽、右がわき芽です。
わき芽とさし芽のトマトの株
この2株はエアレーションをしていた株とちがって、ずっとこぶりなもんですから、夜間は室内に取り込むことができます。そのおかげでしょうかね、長生きさんなのは。

わき芽の株には花芽ができていましたわ。
さし芽の株に花芽ができたトマト(Mr.浅野のけっさく)

ま、この寒さですもんねえ。ひょっとしてうまくいったらおなぐさみ~で、まいろうとぞんじます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年 あけましたなぁ

2018年トマトとお飾り


お寒うございます。
例年自宅にいることがなかった暮れ正月でありますが、今年はベランダ野菜を眺めつつごろ寝をするお正月を迎えております。
なんかのんびり。

今年は、どんな野菜を作ってみたいかしらねえ、と夢想。

一つは、食用ホオズキが気になりますなあ。4年前に一度やってみたことがありました。そのときは、水耕栽培でスタートし、途中からマンションの共用花壇に移植してしまったので、自分で育てた感じがいたしませず、よくわからないままになっています。
あれをもう一度確かめてみたいもんだが、どうだろう。

夏野菜では、
・キュウリはやりませんぞ。失敗つづきですから。
・トマトは、天候によらず美味しい中玉のMr.浅野のけっさくと、あともう1種類をなにか。ミニのピッッコラルージュティンカーベルピンキーなんてどうだろう。水分を減らすとかなんとかの栽培技術がなくても育つ品種ですとありがたいのですが。
なお、黒トマト系は、しばしお休みしよう。
・トウガラシは、今年も甘とう美人で。
・エダマメは、…うーん、栽培容器の数の割に収穫量少なしでしたからなあ。
そのてん、昨年インゲンはよくとれましたので、印象がよろしいです。
・ナスも悩ましいところ。イタリア系のカプリスやロッサビアンコは美味しかったけど、ごく少量で終わったっけ。日本発の製品で作りやすい品種を選んでみるといいかもしれん。

…てなことをぽつぽつと考えてみたり。
まあ、ゆるゆると野菜作りをたのしんでいけたと思うております。

かようなつたないブログにお越しいただきましてありがとうぞんじます。
なにかしら、おたのしみいただけましたらと思いつつ。
今年も、どうぞよろしゅうお願い申し上げます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「さし芽」のトマト 現役続投

本日31日。もう一丁記事を書きます。

長生きなトマト(品種:Mr.浅野のけっさく/中玉)のもう一つの株がこちらです。

この株は、元は「さし芽」です。1月に種まきした株で、9月にそのわき芽を水に入れたら根がでた(=さし芽)のでそのまま継続しているというもの。エアレーションありで、スチロール箱による水耕栽培です。
さし芽のトマト:エアレーションあり水耕栽培

しかし、古い葉にはしもやけのような赤い斑点ができ、しだいに枯れ落ちていきます。まだ若い葉はしっかりしてるけど、全体の葉数がだいぶへりましたわなあ。

こんなさびしいなりですが、下の方の実はだいぶ赤くなってきました。
さし芽のトマトの実:エアレーションありの水耕栽培


上の方の実は、やっとうっすら赤みをさしてます。もうね、ほんとゆっくりゆっくりな進展っぷり。
さし芽のトマトの実:エアレーションあり水耕栽培

そして、根元には…。これまた「わき芽」登場、なのでありました。
さし芽のトマトからわき芽:エアレーションありの水耕栽培
どこまーでも、どこまでも、生き延びんとする植物。すげーなあ。

さてと、このさし芽の長生き株をば今後、いかように扱ってまいりましょうかねえ。
まずは、葉っぱがあまりないので、なるべく実の数をへらして負担を少なくしたほうがいいかもしれません。

では、さっそく赤き実を収穫しよう。
収穫したトマトのMr.浅野のけっさく

ついでだから身長測定をしてみる。一番大きいので4センチほど。
収穫したトマトのMr.浅野のけっさく 直径4㎝

体重は、47グラム。
収穫したトマトのMr.浅野のけっさく 体重47グラム

へー、中玉の品種であればこれくらいは当然の大きさなのかもしれませんが、当ベランダの中玉トマト史上最高サイズです。でかしたぞ。

さ、せっかくめでたい収穫であります。ピザを作ってトマトパーチィーをばいたしましょうかいね。
張り切ってなんと前夜から仕込んだピザ生地。冷蔵庫で寝かしてましたのさ。
トッピングの野菜はベランダで調達じゃ。

ピーマンはないけど、トウガラシの甘とう美人があったなあ。
甘とう美人(さし芽)

いくつか実ができてました。
甘とう美人の実

まだ小さいけど収穫しちゃおう。
12/31 収穫した甘とう美人

ほいっ、できたあ!
ピザを作った

なになに、トウガラシはどこに入ってるかって? 虫眼鏡にてよーくご覧下されたし。ちいさ~~く切った破片がちらっと散らばっておりますですよ。
葉物は、ディルとイタリアンパセリ、ルッコラ。

ピザを作ったのは久しぶりです。おいしかったなあ。生地がパンじゃなくてちゃんとピザ味になってました。小麦粉をピザ用のもの(カプート サッコロッソ タイプ00)にしたのがよかったかも。

がんばりましたピザ作り。
珍しく、お正月を迎えるお仕事をした感がありますなあ。
とはいえ、大掃除はせず。ホウキは放棄しましたとさ。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「脇芽」のトマトは、ひとまず引退。

当ベランダには今、たいそう長生きなトマト(品種:Mr.浅野のけっさく/中玉)が2株ありまして。その一つがこちら。ゴミ箱によるエアーなしの水耕栽培です。

1月に種まきし、夏に収穫したのち枝葉が痛んできたので、8月末に切り取って棒だけ残したら、その脇から芽がでてきました。(撮影:8/24)
8/24 根元にできたトマトの脇芽

その脇芽が大きくなったというがこれですわ。(12/30)
脇芽が伸びたトマトの株(Mr.浅野のけっさく)
てっぺんが欠けているのは、不注意で折れてしまったからです。

この房の実は、あとすこしで全部赤くなりそうだなあ。
実が赤くなりつつある。

けれども、葉っぱが、だらり。どれもこれもくにゃくにゃしているのだ。
脇芽の葉がぐったり
このところ最低気温が-2度とか-3度とかですからなあ。葉が霜枯れてしまったのでしょう。しかたありません。

茎を落として始末しようと思ったら、根元に新しく脇芽ができてましたがな。
根元には新たに脇芽ができておる
どーしましょ。ボツにするにはもったいないような元気な脇芽です。花芽もできてるし。

根はどうじゃな?のぞいてみる。
脇芽の株の根(水耕栽培)
茶色になってない。お元気そのものですなあ。

よしっ。とりあえず、痛んだ本体の茎は切り落としましょう。
2本目の脇芽を切り取る。さらに3本目が育っている。

この株はひとまず現役引退ってことで、今後はご隠居さんとして、昼はベランダの片隅、夜は室内でお暮らしいただこうと思います。お元気であれば、花が咲いて実もつくかもしれませんしな。

そういえば、この脇芽の株はですね、てっぺんが欠けていると申し上げましたが、そのてっぺん部分もいまだご健在なのです。
折れたてっぺん部分を水にさしたら根がでて、今花芽をつけているのですわ。
折れた枝を水にさしたら根がでたトマト(Mr.浅野のけっさく)

なんともはや、クローンな株ですこと。いつまで生きておいでになるのやら。もしや来夏まで持ち越し、てなこともあり?
まさかねえ。でもトマトは多年草だそうですから、可能性はゼロともいえないだろうし。
ま、いかがなりますかおたのしみに~ってことですかね。

さてさて、収穫したトマト。
収穫したトマト(Mr.浅野のけっさく)

赤いのはこのまま食べることにして、青いのはほっといて追熟しましょう。
青い実と赤い実にわけた(Mr.浅野のけっさく)

丸ごとポイとお口に。完熟とはいえない色味にもかかわらず、あまい、あまい。最高のごちそうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 09:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT