FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トマト3種の特徴あれこれ

きょうは雨降り日。早朝、散歩したけど、歩いている人はおらず。いつも見かける猫がやってきて、しばらく膝の上に滞在。傘をさしたまま、かがんだ姿勢でいたのですっかり足がしびれてしまいました。椅子を持ち歩いたほうがいいかもしれないなあ、なんて思ったり。

さて、1月1日に種まきしたトマト3種類は今、花盛りです。さらに少し進んで実もできつつあるようで。

【プチぷよ】写真は2株だけど、全部で3株あり。お初栽培。

根の育ちがよろしくなく、葉も小ぶりだし背丈も低い。一番心配なミニトマトです。
プチぷよ。エアレーション無しの水耕栽培。

でも、花芽はわりとたくさんついてるみたい。まあよかった。
プチぷよの花芽。意外にたくさん。

ありゃ、もう実もできておる!
プチぷよの実。

なんじゃいな、意外に早いお育ちではありませんか。いやびっくり。
てっきりろくに育たないに違いないと予想して、根元にできた脇芽もとらないで育てようとしてましたけど。大きなお世話だったかねえ。

こんなに下の脇芽なんだが、すでに花芽装着。むげにできない状況です。
プチぷよは背丈が低くて小ぶりなので、脇芽を増殖中。

【キャロルパッション】全2株。

3種類のなかで、最も育つ勢いが早いというか上に伸びてるというか。
キャロルパッション。エアレーション無しの水耕栽培。

花数も多し。いったいいくつ実をつけようというのか。ミニトマトってこんなだったかしら。
キャロルパッションの花芽がたくさん。

一番下の段はやけに長い。
キャロルパッションの花芽が長い。

実の形は、やや長細い感じになるらしい。
キャロルパッションの実。

じつはこのキャロルパッションですが、去年初めて植えたけど、やたら細い茎でふにゃふにゃ。実もさして実らず、お味も特には。印象の薄いミニトマトでした。
でもタネが残っていたので、もったいないからまあ今年もやってみるかの投げやりスタートだったのでした。
「去年がうまくいかなくて、今年はわりといい感じ」ということになりそうですが、去年と今年のちがいがわからないので、次回は再現できないでしょう。

【Mr.浅野のけっさく】写真は3株。予備に1株あり。

この種類は中玉なのでスチロール箱にて栽培。予備の株と他のミニのトマトは小さいゴミ箱容器にしています。
Mr.浅野のけっさく。3株、エアレーション無しの水耕栽培。

太くてガッチリとした体格ですな。枝が横にでっぱってかさばるもんだから、狭いベランダにはきびしいです。

花芽はミニよりは少なめですかね。
Mr.浅野のけっさくの花。

実はまだ綿棒の先くらい。ゆっくり育つのかもしれません。
この品種はそういえば、もう何度も育てているけど、いったいつごろから始めたんだっけ?
調べてみたら、2014年が最初なので今年で6回めになるみたい。わーお、長いお付き合いですねえ。
そのわりにはちっともうまくいきませんなあ。梅雨頃になると葉が茶色になって枯れさせてばかり。毎度この時期を越すのがむずかしい。
ま、それでもできた実はおいしいので、懲りずに今年もタネまきしちゃったのでありました。
そして、この夏はぜんぶエアレーションも無しでやってみようと思ってます。はたして、どこまでいけますやら~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨とベランダとトマト

朝からけっこうな雨降り。傘をさして散歩にでると、木々の葉っぱのまあきれいなこと。黄緑色のシャワーに洗われるようでした。行き交う人もなく、一人占めして眺め歩くのがもったいないような。

昼過ぎ。暗い空が少し明るくなり、どうやら雨はやみそうだ。ベランダから青空がのぞく。
雨上がりのベランダ。

鉄筋の手すりにミニトマトの苗を設置しているのだが、ちょうどその根元付近に、なにやらキラキラ光りもの。
ミニトマトと雨上がりの空

なんだろなあと思ったら、手すりに取り付けたネットに、雨しずくがいっぱいいっぱい。おお、きれい。
雨のしずく。

空はしだいに明るさがまし、トマト苗姿がくっきり見えてきた。
ミニトマトの「プチぷよ」3株。水耕栽培。

おや、花数がふえている。いつのまに。
ミニトマトの「プチぷよ」の花。

花の向こうに黄緑色の木。
トマトの花と木。

もうすこしたら鮮やかな緑色にかわりそうである。
新緑間近の木。

家にいるのがふつうの日々になりつつある。ベランダにでて空気を吸い、空を見上げ、街並みを眺めている。
かわりばえしない景色のようでもあり、こんな暮らしでもあんがい何か新しいたのしみ方を見つけられるかもしれないじゃないかと思ってみたりしているきょうでありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベランダでちょい花見のはじまり~

いいお天気続きのおかげか、けさ、トマトの「プチぷよ」に一番花が咲きました。(撮影:4/9)
ミニトマト「プチぷよ」の一番花

1月1日にタネまき。苗はまだ小さくて身長は30センチもないくらい。
ミニトマト「プチぷよ」3株

ペットボトルによる水耕栽培で、なかなか大きくならんのが気がかりですが、ま、花咲いたからこんなもんでいいのかな。

一方、同じ日にタネまきした中玉の「Mr.浅野のけっさく」の花は、もうあとちょいってところだろうか。
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」の花芽

今年のMr.浅野さんは、いつになく茎が太め。ガッチリ体型に育っているようです。
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」2株

そしてもう1種類、ミニトマトの「キャロルパッション」もわりとしっかり太め。
ミニトマトの「キャロルパッション」2株

暖冬のおかげでしょうかね。あ、キャロルパッションの花芽の写真とるの、忘れちまった。浅野さんと同じくらいでした。

あと数日たって桜も終わる頃。今度はこのトマト軍団でパーッと花見でもどうですかねえ。
トマト2種

だいぶ地味ですけど、ハハハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト苗の植えかえ

雨降りですし、修理修繕の作業でもいたしますかね。というわけで、とりいだしたるスチロール箱3個。毎年水耕栽培用に便利に使ってるんですが、箱の外側に銀色のシート(アルミ蒸着)が痛んできたので張り直すことにしました。箱の内側にはさらにアルミホイルも重ね張りしました。光の透過を厳重に防ごうってわけです。
スチロール箱にアルミ蒸着のシートを貼る。

また、スチロール箱の内側が液体肥料で痛まないよう、ビニール袋を張りました。ぜんぶセロテープでペタペタ貼るだけだから簡単だあ。
スチロール箱の内側にビニールを貼る。

お次は、いよいよこの新装開店のスチロール箱にトマト苗をお連れして引っ越しです。

こちら引っ越し前の苗。右側にある中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」4株のうち、3株がそのターゲットでして。
ゴミ箱で水耕栽培しているトマト苗

はい、引っ越し完了。
スチロール箱に植えかえたトマト苗

いやじつはこれ、けっこう大変な作業でした。液体肥料を1箱につき12リットル分計量してキッチンからえっさえっさ運びましたもん。
われながらよくがんばった、○。

あらま、いつのまにか苗の枝振りがスチロール箱の横幅を越えそうになっておったとは。
スチロール箱に植えた中玉トマトのMr.浅野のけっさく

種まきしたのが1月1日だから約3か月たったことになります。

花芽がだいぶくっきり大きくなったみたい。
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」の花芽

根は、こんなです。まあまあお元気そうかな。
スチロール箱の中のトマト苗の根

なお、残りのトマト苗3株ですが、スチロール箱の在庫がなく、スペースもないからそのままゴミ箱でずっとお暮らし願おうと思ってます。

あ、トマトはまだあと3株あるのでした。ミニの「プチぷよ」で、いまだにペットボトル生活なのだ。
ミニトマトのプチぷよ。ペットボトルの水耕栽培。

他のと同じ日に種まきしてるのに、ちっとも大きくならんのだ。ま、花芽はついてはいるようです。
こんな感じの種類なのですかねえ、お初栽培なのでさっぱりわからんです。

明日は久しぶりに晴れの予報だとか。
発芽したインゲンやらレタスをベランダに出せるかなあ。お洗濯物も干したいので、からーっといいお天気をどうぞよろしくです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト苗の背くらべ

トマトは1月1日に3種類を種まき。全部で9株育ってます。(撮影:3/15)
ゴミ箱による水耕栽培のトマト。

こちら、中玉の「Mr.浅野のけっさく」なんですが、中心部になにやら丸い粒が。花芽ですかねえ。(撮影:3/15)
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」に花芽3/15

いや、びっくり。暖かいから成長が早まったのかもしれません。

3種類の株の大きさをくらべてみました。
中玉の「Mr.浅野のけっさく」が一番大きくて、その次がミニの「キャロルパッション」。右はじの「プチぷよ」もミニだけどなんかやけに小さいです。
中玉とミニのトマトの比較。

しかもこのプチぷよ、どの株の葉っぱにも、怪しい茶色の斑点ができてますのさ。
ミニトマト「プチぷよ」の葉にあやしい斑点

なんだか病弱な感じなので、夜はプチぷよだけ室内に取り込んでますが、ぶじ育ってくれるんじゃろか。お初栽培の品種なので、ドキドキ。お~い、たのんまっせ、!


ところで、近所に友人たちと一緒にお借りしている畑がありまして。先日そこへジャガイモをまくために耕してまいりました。

ジャーン、人生初の耕運機操作でござんす。なんだかおぼつかない手つきの青い人が私。友人が写真をとってくれました。(撮影:3/13)
耕運機デビュー

畑の管理人さんが機械を貸してくださり、操作の仕方をおしえてくださったのですが、いやもう大変。まっすぐ進まんし、方向を変えるのがこれまたむずかしい。
さらに、回転する刃を地面の中にたくさん入れるためには、ハンドルをぐぐっと下に押さえつけねばならず、かつ、進行方法も見極めつつ進まねばなりません。
あっちへグネグネ、こっちへヨロヨロ。この日に畑の全面を終わらせようと思ったけど、半分ほどでタイムアウト。翌日は腕がパンパンでありんした。ああ、耕運機を動かしてくれるロボットさんがほしいなあと思ったことでした。
耕運機、なかなかに手強いやつと知る。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT