お初栽培「コールラビ」:最後の収穫

2013.02.12 17:27 | EDIT

 記事にするのが遅れてしまったコールラビの話です。

寒さのせいでしょうか、なかなか大きくならんコールラビ。(撮影:1/31)

下の法の葉っぱも取り外して様子をみていたのですが、どうも変化がないようです。

 こちらは水耕栽培の株。

こちらも小ぶりのようです。ちょっと紫がかってもいるみたい。固そうだなあ。大丈夫か?

ええい、傷んでしまわんうちに食べちまえー、というわけで全部収穫。まずは葉っぱをむしってレンジでチンしました。

このあとどうしよう? 葉っぱはやや固いようなので、さらに熱を加える方がよさそうです。

ざくざく切ってオリーブオイルで炒めて塩胡椒。粉チーズをパラパラパラ。

かじると、やっぱり固いです。しかし味がある。甘味とちょっとの渋み。茹で時間をのばし、もう少し小さく切ったら食べやすかったにちがいない。

 ところで、全部で4株分の葉っぱが直径23㎝ほどの一皿にのるおかずになったわけですが、肝心のタマネギみたいなところはというと、皮をむいてスライスしたら、この上品さでござんす。


15㎝ほどの小ぶりなお皿にそそとしたいでたち。盛りつけの「分量」が、高級料理風ですな。
味付けはせず、ポン酢でいただきました。ふわりとした甘味がございます。美味しいなあ。

 あーあ、食べたら終わり、か。ちとさびしいのう。

 こんなにもたのしませていただいたコールラビ。種は脳天気な我が家のFOXさんからいただきました。FOXさん、ごちそうさまでーーーす!! あ、根っこだけは食べそびれました。煎じて飲めばよかったかも~♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 根菜類 - コールラビ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培「コールラビ」:試食しました

2012.12.15 19:33 | EDIT

 寒いせいでしょうか。なかなか大きくならないコールラビ。「ええい、食べちまえ」というわけで収穫してみることにしました。
でもその前に、一応身体測定をば。

だいたい5㎝。この前の11月24日には3㎝だったから、約20日で2㎝太ったことになります。

皮もむかずにそのままスライス。いざ試食!

皮がちーと固かったです。皮、むいた方がよかったな。しかし、かみしめるとふわっとあま~い。おいしいキャベツの芯味にもにてます。むっちりした感じ。
いいですねえ、コールラビ。種をくださった脳天気な我が家のFOXさん、ごっつあんです。

 さてさて、次なる収穫コールラビはどれかしらと物色してみる。

これは、みょうに紫めいています。

いやん、もしかして、固いんじゃない?

こちらはやけに土から浮き上がってるし。


水耕栽培のコールラビはというと。

育っちゃいるけど、これにも怪しい紫色が発生。

こちらなんて、どうにもこうにも。丸くなりそうもありません。

こうなったらしゃーない。葉っぱの方を茹でて食べちゃおかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 根菜類 - コールラビ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培「コールラビ」:目標は5センチ

2012.11.25 17:27 | EDIT

 脳天気な我が家のFOXさんからいただいた種で育てておりますコールラビ。カブの形に育ってキャベツ味になる野菜といいますか。いやちょっとちがいますな。うまく表現できませんわ。

 ともあれ、9月初めに種まきをして、約2ヶ月後には、茎の根元がふっくらしてきました。(撮影:11/12)

キャベツ色のカブみたいだなあ。

 株全体をみますと、横に30センチくらいの広がり方でしょうか。


 一方、水耕栽培の株はそれよりさらにちいそうございまして。

ようやく分岐してきたところでしょうか。

 全体の大きさも土栽培より小振りみたいです。土栽培も水耕栽培もどちらも同じ時期に種まきしてるんですけどね。



それから、1週間ほどのちの土栽培。こころなしか大きくなったような…。。(11/18)


水耕栽培もちょっぴりふくよかになったような…。


そして、昨日24日。ものさしを持ち出してみましたらば、直径3センチくらいでした。(11/24)

収穫めやすは、ネット情報によりますと5センチくらいとありましたので、まだあと2センチほしいところ。
あと何日かかるんだろなあ。お正月には食べられるだろか。おせちにコールラビ。いいかも♪

 こちらの水耕栽培株は、直径2センチくらい。まだまだじゃ。


 ところで、水耕栽培にこんな変わり者ができております。根元が丸くなってないんだなあ。

その気がないんでございましょうか? それともダイコン風に縦長になろうとしているのかい?
いや、ダイコンならいいんすけど、まさかゴボウじゃあ…。いやん。
可食部ゼロはさみしいぞ。とりあえず液肥を総とっかえしてみますか。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 根菜類 - コールラビ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培「コールラビ」:土栽培と水耕栽培

2012.10.12 14:00 | EDIT

 コールラビというカブの親戚みたいな野菜を、去年初めて食べました。サクサクとした歯触りとほんのり甘味があってなんとも美味しかったです。
 今年、あの美味しかったコールラビの種を、脳天気な我が家のFOXさんから頂戴することができ、さっそくにまいてみました。9月初めのことです。

 じゃーん、でました双葉と本葉がちょろりん。(撮影:9/5)

コールラビは、アブラナ科だそうです。なるほどリボンみたいな双葉になるんだなあ。

 ところでこちらは、同じコールラビの水耕栽培組であります。

カブのような根元がふくらむ植物(茎がふくらむんだそうな)なのに水耕栽培で育つんでしょうか、とも思ったんですが、ま、やってみようというわけです。

 約20日後の土栽培。(9/22)

葉っぱはすこし厚みがあり、とげもなくつるりとしてカリフラワーににた感じがします。この葉の厚みのせいでしょうか、アブラムシがあまりつかないみたい。助かるなあ。

 こちらは、同じ時期の水耕栽培です。(9/21)

ちっちゃ! やっぱり水耕栽培じゃだめなんだろか。


 種まきから約1ヶ月後の土栽培。(10/9)

ぶはーっと広がりましたなあ。ぼちぼち植えかえしてやらにゃあ。

 一方、水耕栽培はというと…。(10/9)

どーなんでしょうねえ。じつにゆっくり。土栽培より20日ぐらい遅れて育っている感じがいたします。まあ生長は止まってはいないようなので、時間はかかってもそのうち育つのでしょうか。
それとも、茎は肥大できずに、液肥やりも忘れられがちな観葉植物としてベランダの失敗作ゾーンに並ぶのでしょうか。乞うご期待。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 根菜類 - コールラビ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード