FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

菜花の短い茎と長い茎

窓越しの暖かいおひさまが、なんともありがたい。もうね、くた~っととけて眠くなってしまいますがな。

ベランダの菜花にも春の気配ありあり。11月6日に種まきした株の中央が、にゅーっと盛り上がってきました。
でもね、茎の長いのと短いのがあるんだなあ。
菜花の水耕栽培。茎の長い株と短い株。

茎の長い株のは、すでに花が開きかかってました。
菜花の水耕栽培。茎の長い株の花が咲きました。
ヤバい、収穫、急がねば。

しかし、どのあたりを折ればいいのやら。ま、てきとうでいっか。プチッ。
菜花の水耕栽培。中央の花芽と茎を折り取った場所。

やったぜ、1本。
菜花の水耕栽培。折り取った菜花1本。

では、お次の株へ参ろう。

がしかし、こんな短いもんのどこを折るんだあ?
菜花の水耕栽培。茎の短い株にも花芽ができました。

茎が伸び上がるまで待ったほうがいいんだろか。いや、そもそも、この株の茎は伸びるのか?
いやあ、なんとなく、短いままで推移しそうな気もするし。


ところで、菜花はこの他にも、ペットボトルで栽培している株がありまして。

こちら、ペットボトルバーションの1月30日のようすですが、やはり茎が短めに育ってしまったんです。
菜花の水耕栽培。

しかも、花芽できてるし。
菜花の水耕栽培。花芽ができた。

しょうがないから、花芽のところだけを折りました。ちっさ!!
菜花の水耕栽培。花芽を折り取る。

花芽を取った残りの株姿でおます。いっそう短い茎になりましたわ。
菜花の水耕栽培。花芽を折り取った直後の株。

さてその後。この短い茎の株はどうなるんでしょう?
茎はこのままずっと短いままなのか、少しは伸びるのか。脇芽とかでてくれるといいがなあ、と気をもんでおりましたらば。

14日後の2月13日のお姿がこちらでございまして。
ペットボトルの菜花の水耕栽培。花芽をとったら、脇芽ができてました。

背丈は変わりませんが、脇芽らしきものがあらわれたようです。やれやれ、よかったあ、ホッ。
ということは、「茎が短くても花芽をとったのちは、ちゃーんと無事脇芽がおでましになる」と思っていいのではないかと。

…というわけで、「菜花は、短い茎のままでも、とにかく花芽をとってよし」の方針でまいろうと思っております。

そうそう。たった1本だけ収穫した菜花ですが、ゆでてヤツガシラの茎の煮物に添えました。なかなかに美しい。春のかほり、です。
収穫した1本の菜花をズイキの煮物にあしらう。

なお、ヤツガシラは、去年近所でお借りしている畑で収穫したものです。どっさりあった茎の皮をむいて干したのは、一緒に畑をやっている友人で、(めんどくさがりの)私ではありません。おかげさまで、(ちゃっかり)おいしくいただいてます、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 15:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しろ菜全7株収穫

日中、お日様が照っているときは、ベランダの温度が30度近くになることがあるようです。
ベランダの温度(1/8)

南に向いたマンションなので、北風をさえぎるからだろうと思われますが、いや、びっくり。
そのおかげでしょうね。葉物野菜に花芽ができてしまい、次々と栽培が終わっていってます。
「黒わかな」「べかな」につづいて、「しろ菜」にも花芽がお出ましになっちゃいました。(花芽の写真をとりわすれてます。)

こんなにもっさり茂って、これからってときに、ぜんぶ撤収かあ。(撮影:1/31)
水耕栽培のしろ菜

今までも少しずつは外側の葉を収穫していたので、まったく初めてじゃあないから、まあいいか。

一株の大きさはこれくらいでした。けっこうデカいんですね、しろ菜って。(撮影:2/1)
収穫した「しろ菜」

全部で7株。直径6センチほどの小さなポットに入れ、水耕栽培してました。
水耕栽培のしろ菜の根

ゆでましたぞ。
ゆでた「しろ菜」

お皿に盛り付ける。ほ~、けっこうな分量になりましたなあ。何回かにわけていただくことにしましょう。
お皿に盛り付けた「しろ菜」

「しろ菜」というだけあって、ハクサイ(白菜)ににてます。茎もやわらかく、やんわりしたお味。葉っぱが大きくてお得感ありあり。
なかなかうれしい野菜です。またぜひ、栽培しよーっと!

しろ菜をはじめ、いくつもの菜っ葉類の種をくださったのは、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさん。
(ミーママさん、ごちそうさまで~す。)

ところで今日は、最高温度が-1度。夕方から雪が降り始めました。う~、寒っ。どうか、あまり積もりませんように。
ベランダから見える風景。雪景色(2/9)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培「黒わかな」ごちそうさまでした

葉物野菜のなかでも、ひときわ濃い緑色の一群あり。(中央の奥)
緑の色濃い「黒わかな」

10月18日に種まきした「黒わかな」であります。
全部で7株の黒わかな

一株はこんなかんじで、ポットにはいってます。
黒わかなの一株

ポットをはずすと、根っこがぐるぐる~。
とぐろを巻いている根(黒わかな)

ゆっくり伸ばせるような装置にするといいんだろうけど。大がかりにはしたくないし。ま、こんなもんかな。

さてさて、茂った葉の中央に花芽ができてましたのさ。
黒わかなの花芽

花芽を食べるのなら折り取って、次にでてくる脇芽も食べようとなるのでしょうが、葉っぱを食べてみたいんですなあ。「黒わかな」は小松菜に分類するそうですし。

花より葉っぱ。急いで収穫したほうがよさそう。根を切り離して、「チン」ではなく、お湯でゆでてお浸しに。そのほうがおいしいんですってよ。種をくださったミーママさん(ブログ:まりちゃんのベランダ水耕栽培)に教わりましたぞ。

でけた! 全7株。大皿盛り。てっぺんには、これもベランダで咲いてた菜の花をちょこんとあしらいに。
黒わかなのお浸し

ひじょーに濃い緑色です。じゃっかん筋張ってしまったけど、旨し旨し。一度では食べ切れん分量であったというのが、かなりうれしい。かようなことは、めったにありませんからなあ。

ああ、しかし食べたらおしまい。種まきは10月18日でしたから、収穫まで約3か月。育てるのは長く、食べるのはあっちゅうまですわ。

お次の全収穫は、この「しろな」かと。(だんだん、食べるもんがなくなっていきますなあ…)
しろな

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 11:08 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「みやこべかな」収穫・撤収

葉物野菜は昼間、ベランダにならべています。(撮影:1/19)
ベランダの「みやこべかな」

けれども夜間は、ベランダが-2度とかになったりするので、室内に取り込んでいます。
おかげで、移動の作業はめんどうだけど、机に置いてあるので間近で観察ができるのがよろしいところ。

こちらは、水耕栽培をしている「みやこべかな」なんですが、なんかどうも葉の色が変なような…(1/21)
みやこべかな(水耕栽培) 夜間は寒いので室内に取り込んでいる。

特に、中央付近の葉の色が白いというか色が抜けているというか。
みやこべかな(水耕栽培) 中央の葉が白くなってなんだかへんです。

さらに、その色変わりの葉をめくってみると、花芽ができていました。
みやこべかな(水耕栽培) まん中に花芽ができていました。

花芽はともかく、白くなる症状が広がっては元も子もないので、全部収穫してしまおうと思います。

傷んでいるところを取り除き、洗って、レンジでチン♪(1/22)
レンジでチンした「みやこべかな」

ことのほかおいしい箇所がありました。中央の花芽のところで、ほわっと柔らかくてとても甘みがあるのです。他の部分は筋張っていたり、やや苦みがあったりもするんだけど、花芽がとびきりおいしい。全部で8株ありましたので、8回おいしかったです。

そういえば以前、畑をやっている友人が、冬にハクサイを育てたものの虫にやられて散々だったけど、春にでてきた新芽を食べたらこれがとてもおいしいと話してましたっけ。はは~ん、これはそういうことなんだなと思う。

それにしてもおいしかったなあ。でももう、食べちゃったし。

次なる花芽がでそうな葉っぱものは、どれだろう? じろりじろじろ。葉っぱ本体よりたのしみな花芽の登場であります。(写真は1/17)
1/17 アブラナ科の花芽をたのしみにしているの図


にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 11:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「しろ菜」の初収穫

2度つづけてひいた風邪のため、年末から寝るか仕事に行くかですぎていきましたが、ようやく復活。まあ、まだ鼻腔内にヘルペスが2個滞在してはいますが、お顔の外観には影響しない位置なので、めでたしめでたしです。

さて、久しぶりにベランダ野菜の見回ると、お初栽培の葉物野菜「しろ菜」がだいぶ茂っておりました。

1月8日に、ベランダに置いてあったときからこんもりしてはいたのですが。
1/8 ベランダのしろ菜

9日たった昨日17日。外は寒いから室内に栽培容器を持ち込んで観察。ぐちゃぐちゃしてて、なんかよくわからん。
しろ菜。水耕栽培中。

一株、取り出してみた。けっこうデカい。
しろ菜。1株取り出してみた。

上から見ると。10枚くらいの葉っぱがあるようです。広がったらこんなだったんですねえ。
上からみたしろ菜の株。


こんなもんが何株入ってるんだっけ、と数えてみたら、全7株。だいぶ、つめこみましたなあ。
しろ菜。水耕栽培の容器の中をのぞく。

じつはこの茶色の桶みたいな容器ですが、元々はエアレーションでトマトなどの大物を育てる装置(ホームハイポニカぷくぷく)の部品なんだけど、深さがあり、頭でっかちで倒れやすいしろ菜をいれるのにピッタリではないかと採用したしだい。なかなかに具合がよろしいです。さらに、容器には段がついてるから滑りにくく、軽くて持ち運びもしやすい。こりゃあ今後も背高のっぽ野菜の水耕栽培用にもおおいに活用したいもんだと思ったしだいです。

身長をはかったら、約30センチメートルありました。
しろ菜の身長をはかる。

収穫サイズがわかりませんが、たぶんこんなもんでよろしいのではないかということにして、今回は一株全部とってみることにしました。

さっとゆでて、しぼって盛り付け。ポン酢でいただきました。
しろ菜。お浸し。

茎がチンゲンサイみたいで、噛むと水分がぷちゅっと飛び出し、甘みがありました。あら、たのしい。
葉はやや固かったので、次回はもうちょいゆで時間をかけてみようと思います。

なお、「しろ菜」の種は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんより頂戴いたしました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 18:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT