FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四季なりイチゴのランナー祭り

7月だそうで。きょうは、雨が降ったりやんだり、風がピューピューだったりのお天気で、背の高い苗が倒れかけてます。あわてて支柱をつけました。
さて、イチゴなんてもうとっくに終わりだろうと思いきや、どっこい収穫待ちのがありました。(撮影:7/1)
7月1日。まだ実がついてる四季なりイチゴのめちゃウマ。

小粒が得意な当ベランダ産ですが、珍しくちと大きめ。そういえばこの苗、たしか一番最後のランナーからとった苗で、育ちが遅くて葉ばかり。実なんかつけないだろうと思っていたのでした。どうやら今が一丁前になる時期だったようです。

さらに、ぶっといランナーも放出。たいそうお元気みたいですわ。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ランナーがでてきた。

根をのぞいてみました。
水耕栽培の四季なりイチゴのめちゃウマの根。

白くて長いのがすーっと伸びてます。いいですねえ。

一方、こちらは最初1株だったのが根元から新芽をだし、合計3株にふえた貫禄もんです。
イチゴのめちゃウマ。

ランナーを出すだけでなく、こうした増え方もするのが四季なりイチゴの特徴なんですかねえ。よくわかりませんが。
ともあれ、こうなると根が混み合ってしまうので、ほんとは株分けしたほうがいいのかもしれません。

でも、めんどくさくてそのまま育ててます。
すると、根が容器に対して多くなりすぎるのでしょう。
かような暗黒時代がおとずれるのでした。

真っ黒。ギョエッ!
四季なりイチゴのめちゃウマ。根が傷んできた。

あ~あ、毎度こうなってしまうんだよなあ。必然ですな。ま、こんな悲惨な苗でもランナーはだしてくれるので、この苗がボツになっても次世代にはなんとかつながるんだからヨシとしよう。

さて、ランナーですが、普通は親株とつながったまま、新しい株の根が出てから切り離すんだと思いますが、当ベランダでは、わりとすぐに親株から切り離してポットに植えてしまってます。
ランナーを切り離して植えた。

こうすると、親株のすぐ近くにランナーが着地するポットを置いておかなくてもいいので、ベランダの場所をとらずありがたいのでした。

ただし、ポットに入れたこの苗は直射日光と風に弱いみたいで、窓際の暑いところにおいとくとフニャフニャになります。(去年、これやらかしちゃいました。反省。)
そこで、根が出て苗がしっかり立ってくれるようになるまでは、室内の涼しいところに置いておこうかと。
なお、液肥は水を通常の2倍くらい多めにいれ、薄めに保つようにしてみるつもり。

あ、そうだ、今年はランナーからできた新しい苗だけを育てることにし、すでに実をつけた苗はおしまいにしましょ。
そして、育てるのは「全部で6株だけにすること」を、ここに誓います。
(例年、ランナーとりがおもしろくて、ついつい増やしてしまう病にかかりますんでね。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 14:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴの5月6月

今年で苗を買ってから3年目の四季なりイチゴの「めちゃウマ」。エアレーションなしで水耕栽培しています。今期はどんなもんでがしょう。

【5月の記録】

5/7 ずらり、ならんだ赤い実。
5/7 四季なりイチゴのめちゃウマ

収穫。当ベランダ産にしては整った形であります。
5/7 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫

5/12 ちーと数が増えたか。けっこうですねえ。
5/12 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫

5/15 にんまり。
5/15 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫

5/22 若干サイズアップしたような?
5/22 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫

5/26 今期最大に実がお並びした光景かと。
5/26 収穫ピークの四季なりイチゴのめちゃウマ

こちらは小さなポットに植えただけの水耕栽培ですが、これにもちらほら連なる実。
5/26 収穫ピークの四季なりイチゴのめちゃウマ

収穫量も片手にいっぱい。小さいのもありましてよ。
5/26 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

5/30 ちょいとあいだがあいて、収穫。
5/30 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

【6月の記録】

6/5 だいぶあいだがあきましたなあ。実の形も凸凹感がましたような…。
6/5 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマ

6/16 根が黒く傷み始めました。暑くなってきたせいですかねえ。ペットボトル栽培の6株のうち2株とポット栽培のをすべてボツにしました。残りはこの4株のみ。
6/16 四季なりイチゴのめちゃウマ。全部で4株。

じつは、痛んだ株をすぐに処分したわけではなく、実もたまには1個か2個できているのがもったいなくてしばらく保留にしていたのでした。で、ようやく処分する決心がついたのは、このランナー。
6/16 ランナー今期初。四季なりイチゴのめちゃウマ。

「さあ次世代を育てる時期ですぞー」と、合図されたみたいな感じがしました。

花もまだ咲いていますので、いくらか収穫しつつも、今後はランナーを育てるほうに切り替えていきますかね。
6/16 まだ花が咲いている四季なりイチゴのめちゃウマ。

それにしても、だいぶユニークな形の実が多くなりました。
6/16 四季なりイチゴのめちゃウマ。実の形が台形風に変わった。

じつは、この記事には載せていませんが、受粉に失敗した黒い実がたーーーーーーくさんあり、だいぶだいぶすててます。特に5月末以降が多かったなあ。

庭でじょうずにイチゴを育てている友人が「受粉作業をいっぱいやってるよー」というのを聞き、ちっともやらないわたくしは、反省しきり。(なにせ、この友人宅のイチゴはうちのイチゴ苗をおわけしたものだが、たいそう旨いんである。同じ苗とは思えんできのよさ。)

てなことで、心を入れ替え、まじめに筆の受粉作業を開始。おかげさんでか(?)、まあようやく今も少し収穫できているところです。
でも、実がいびつなのは、たぶん筆でてきとーになでるもんだから、成功したりしなかったりした結果だと思われます。ハハハ。

さてと、ランナーとり。どうかしらね。うまく育ってくれるとうれしいですぞお。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 15:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴでちょい花見

ペットボトルで水耕栽培している四季なりイチゴの「めちゃウマ」。全部で6株あり。(撮影:4/9)
水耕栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ」。ペットボトル植え。

たくさん花芽ができているものの、どうもちゃんとしたのがあまりないような気がするんだなあ。
ペットボトル植えの花芽。四季なりイチゴのめちゃウマ。

そこで、小さすぎるのや黒くなってる実は摘み取ってボツにし、まともそうなのを残す作戦を試みることにする。
そういえば、当ベランダのイチゴは毎度、「葉の茎」が短い。ふつうはもうちょっと背丈があるんじゃないかい?
まあ花芽の茎は伸びてることだし、問題ないのかもしれん。

きょう(13日)は朝から雨。ときおり強く降ってます。ベランダの手すりにも雨があたり、
ペットボトルで水耕栽培のイチゴ。花と実。

花にもしずくがポタポタ。だいじょうぶかいな。
ペットボトルで水耕栽培のイチゴ。花咲いてます。


ところで、ペットボトルがたりなくてポット植えにしている株もありまして。こちらさんです。
水耕栽培の四季なりイチゴのめちゃウマ。ポット植え。

このお弁当箱みたいな容器には6株(6ポット)入居中。ポットの下に液肥を2センチくらい満たしています。

ポットを取り出してみた。ほう~、実がついておる。
ポットで水耕栽培のイチゴ。

しかも、数は少ないけど粒がそろってるじゃないか。ということは、ペットボトルよりポットのほうが居心地がよろしいってわけですかい?
まあま実が赤くなってみないと、たしかなことはわかりませんけど。

ところで、このイチゴは、2016年9月にホームセンターで2株200円くらいで買った苗がスタートでした。ということは、今年の9月で4年目か。おー長持ちしてますなあ。
さて、おいしさは「めちゃウマ」なるか?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 15:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴ:葉を取った苗はどうなる?

9月16日のこと。四季なりイチゴの「めちゃウマ」からいくつかのランナーがでました。通常はランナーをそのままにし、親株のとなりに子株が着地できるように植えるのですが、このたびはそのスペースがありません。どうしましょ?

ええい、めんどうだ、ランナーから切り離してそれぞれ1株ずつポットに植えちまえ~。
9/16ランナーをはずしたイチゴ苗

親株と一緒にじゃないので、ひとまとめにボールにおいとける。こりゃあもう、らくちんらくちん。

ただ、ちょっと気がかりなのは、子株に根がでてきていないことである。
9/16 イチゴ苗の根がまだでていない

9月19日。不安的中。ぐったりしておる。ヤバい。
9/16 しおれたイチゴ苗

水が全身にまわっていかないにちがいない。とりあえず、それぞれの大きな葉を切り取ったんだが。
9/16 大きな葉をとったイチゴ苗

あ、全部切り落とすほうがよかったかも。でも、それもまた心配だあ。丸坊主ってのは、どうなんだろう?
やっぱり、せめて小さい葉は残すことにしよう。

さて、10月10日。その後のイチゴ苗がこちらです。
10/10 親株のランナーを切り離して育てた子株。

この4株だけが生き残り、3株はボツになりました。生き残った4株はいずれも3枚以上の葉がでていた株です。1~2枚だけしか葉がなかった小さな株ではうまくいかないのだなあと知る。お勉強になりましたわい。

ところで、その他の株ですが、今、さかんにランナーをお出しになっていますのさ。
10/10 今年できた子株から、さらにランナーがでる。

こちらの株は、今年の春夏にできたばかりの子株だったものなんですが、こんどは親株となり、子株をつけようということのようです。

それにしても、このできたて新米の親株というのは、来年、花芽をつけるんでしょうか?
う~ん、なんかもう、どれがどうなるもんだかよくわからんです。

ま、ともかく、今度はちゃんと子株のランナーを「切らずに」育てることにいたしましょう。バジルが片付いてスペースもできたことですしね。

左が親株。
10/10イチゴの親株から子株、そしてランナーがでる

右に子株を並べました。親からも子からもランナーがでてます。うまく根をはってるれるといいなあ。
10/10子株からもランナーがでる。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴ:ランナー切り離し栽培のその後

8月5日。イチゴ(四季なり「めちゃウマ」)からランナーがでたので、苗を作ることにしました。

一郎株と三郎株は、すでに培養土に着地させています。(培養土は溶岩礫。「れきこう栽培ドットコム」のれき太郎さんより頂いたお品です。)
イチゴのランナー。実験前の状態。

二郎株はランナーが短すぎてペットボトル容器に移せそうもありません。そこでランナーから切り離し、単独で葉っぱも取って植えることにしました。
ランナーから切り離したイチゴの苗。大きい葉も切り落とす。

はたして、こんなほとんど茎ばかりのやつで育ちますかねえ。

8月18日(13日後)。二郎株さんは、葉が開いてご健在。あら、この作戦いけるかも。
イチゴ苗。ランナーを切断して植えても育つ。

調子にのって四郎さんも五郎さんもランナーから切り離して植えてみました。小さい葉っぱは、もったいな気がして取らずにつけたまま。容器の下にはハイポニカの液肥を満たしました。培養土は、バーミキュライトでもうまくいくのかお試しです。

それにしても、ランナーをつけたままだと親株のまわりに子株を配置しなければならず、設置場所に悩みますけど、早々に切り離してよいのなら、レイアウト簡単。こりゃ便利。
とはいえ、切り離した苗はまだ充分に葉が出そろっているわけではありません。今は室内で管理していますが、ようすをみながらベランダにだしてみようと思ってます。

さて一方、ランナーからふつうに育った一郎株と三郎株のその後です。(親株のほうは根が傷んだので処分しました。)

一郎株。葉が茂っていっぱしの株っぽくなっとります。
イチゴの苗、一郎さんに花芽。

しかも、この暑いさなか、花が咲いて実をつけようとした形跡あり。受粉に失敗したのでしょう、黒いのでボツにいたしましたが。
花芽が傷んでいる。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

三郎株。ちょっとヒョロヒョロ。がんばれ~。
イチゴ苗、三郎さん。


ところで、この四季なりイチゴのめちゃウマには、これらの株とは別に、まったくランナーを出していないのが一株あるんでございます。

こちらさんですわ。お盆も過ぎたというのに、実をつけておるという。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマ

だいぶユニークな形ではありますがね。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマの実

花も咲いてるからまた実をつけるらしい。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマ。花が咲いている。


この株は春からずっとこんな感じで、ときどき花を咲かせて実をつけて。ランナーをお出しになるおつもりはないのかしら。
四季なりのイチゴといっても、ありようはいろいろなんだなあ。

マンション6階の当ベランダに来客あり。こんな麦茶みたいな色のカマキリもいるんですねえ。
ベランダに来たカマキリ

バジルにいるアオムシを食べていってくださるとうれしいんですけど。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT