FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四季なりイチゴ「めちゃウマ」のめちゃ花芽

いやびっくり。4月に雪。うちのすぐ裏手の景色です。こういうのを、『桜隠し』というそうな。(友人に教えてもらいました。)
桜隠し。4月10日に雪が降る。

その前日・9日は、いいお天気だったんでございますよ。「ほら、ベランダのイチゴがこんなです~」とご報告しようと思ってたんですから。

こちら、9日の昼。2リットルのペットボトルで水耕栽培している四季なりイチゴの「めちゃウマ」全6株。
四季なりイチゴのめちゃウマ。水耕栽培。

なぜかこの品種は花芽がごっそりできてしまうタイプのようで。
花芽がびっしりできた四季なりイチゴのめちゃウマ。

これ、ぜ~んぶが実になってくれたらいいのになあ。

なんだかね、黒くなったり、いびつになったりしてるので、だいぶボツにしました。
イチゴの実。黒くて小さい実を取り去る。

こんなに大量に花芽がついた株の根っこは、いったいどんなふうになってるんでしょう?
引っ張り出してみた。ゲゲッ、薄茶色!
たくさん花芽がついたイチゴのめちゃウマの根
だいじょうぶかいな。だいぶ、お疲れのようでございます。

他に、中くらいの数の花芽がついた株もあります。
中くらいの数の花芽がついたイチゴのめちゃウマ。

この中くらい花芽の根は、どうか? 
中くらいに花芽のついたイチゴのめちゃウマの根
まあまあお元気といっていいかも。

さらに、これより少なく花芽がついてる株もあります。
これくらいだとちょうど良さそうなイチゴのめちゃウマ。

少ない花芽の根はどうかな?
すくなめに花芽のついたイチゴのめちゃウマ
あんりゃま。根もごく少量でござんした。

花芽の数が異なるのは、ランナーから切り離したときの最初の株(一郎)なのか、それともずっとあと(三郎とか四郎)なのか、が関係あるのかもしれません。ちゃんと記録していたら、どれがどの株だったか判明するのになあ。
ま、それはまた今度ってことで。(←やる気は、ひじょうに薄い。)

なお、この四季なりイチゴの「めちゃウマ」(デルモンテ社)は、2016年9月にホームセンター(カインズ)で苗を2株(200円くらい?)手に入れたものです。ということは、今年3年目になろうってわけか。思いのほか長持ちしてますなあ。
お味も「めちゃウマ」かどうかは、どうもときによるみたい。今年は、さて、どんなもんざまさしょ。うす~く期待して待つことにいたしましょ。

【おまけの話】
雪が降った日。タイヤ交換はめんどくさくてまだやってなかったのは、正解。よかったです。
ですが、いつになく気を利かし、冬物のダウンや厚手のコートをクリーニングにだしてしまっていたのだな、これが。
吹雪く中、スプリングコート一丁ででかけるしかなかったのでありました。鼻、ズルズル。

『教訓』
「春だけど、ゆっくりしまおう、ダウンコートとスタッドレス」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 16:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ早いと思うけどイチゴの花

ペットボトルの水耕栽培で育てている四季なりイチゴの「めちゃウマ」です。(撮影:3/12)
水耕栽培のイチゴ「めちゃウマ」

真冬に何本か花芽がついては枯れてましたけど、いつのまにかぎっしり。
水耕栽培のイチゴ「めちゃウマ」の花芽

これぐらい大粒ですと、うまく実になるかしらね。
水耕栽培のイチゴ「めちゃウマ」の花

とはいえ、まだまだ寒いんだが、だいじょうぶかいな。

めちゃウマは、2株の苗を2016年9月に買ったのがスタートでした。あれから2年と半年。当初は株数もふやし、容量の大きいごみ箱容器を使って大株にしてみたり。
さて今年ですが、増やさずにこの5株程度でいこうと思ってます。容器もペットボトルですと、ベランダのフックに取り付けておけるので陽当たり良好だし、ごみ箱のように床面積をたくさん使いませんし。ランナーをとるのも、ぶら下がったのをポットに受けるだけなのでこれまた楽ちん。ま、収量はほんのちょびっとでしょうけれど。ベランダ作業のときの、おつまみになってほしいですなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 17:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地味にイチゴのランナー誘導中

四季なりイチゴの「めちゃウマ」からランナーがでてきたのが7月の初めでした。(撮影:7/9)
7/9 ランナーをとっているイチゴのめちゃウマ

けれども、親株の根っこがどうも怪しい。真っ黒なんだもん。
7/9 根が黒く変色してきたイチゴのめちゃウマ

あーあ、こうなっては仕方あるまい。こっそりとゴミの日にお出ししてしまいました。すまん。

ただ、親から切り離した子株のいくつかはその後も生息しており、ランナーをだすようになりました。

そして、気がつけば、子株から次の子株ができてというふうに、全部で4株に増殖中。
イチゴの子株を育てる

4株めからもランナーがでているので、どうやら5株まではいきそうな勢いです。
よくぞまあ、この暑いさなかにねえ。親株はなくとも子株は育つ、でしょうか。

4株めのヤツは、今日容器に植えたばかり。
こちらは↓、植え替える前の容器の中です。
ペットボトルでイチゴの子株を水耕栽培

白いキッチンネットの中の培養土は、バーミキュライトです。
穴あき鉢の底を切り取り、荷造りひもを十文字に渡してストッパーにしてみました。黄色いのはポリエステルのフェルト。液肥を吸水するよすがになればというわけでして。

こんなおおざっぱな装置でなんですが、なんとか育ってもらいたいです。

一郎株に、いつの間にか花が咲いていました。「おお、さすが“四季なり”どの!」と、ほめてみましたが、聞こえてるんだかどうだか。
ひそかに秋の収穫に、期待しております。(花が、ちょっと不格好だけど。)
四季なりイチゴのめちゃウマの花(9/3)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 21:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の四季なりイチゴってどうなの

夏本番。トマトだ、ナスだ、キュウリだってこの季節に、場違いなイチゴの話で恐縮ですが、なにゆえか実ができてました。品種は四季なりイチゴの「めちゃウマ!」です。(撮影:7/9)

これはその3株あるイチゴのうちの一つ。
7月の四季なりイチゴのめちゃウマ

この株は、昨年買い求めた親株のランナーからできた苗の一つでした。しかしその後、春になっても実がならず、どーしたもんかなあと思ってんだけど、ようやく今頃になってスイッチが入ったということでしょうかね。

やたら花芽をだし、
7月の四季なりイチゴのめちゃウマ

葉もしげりまくってます。
実がたくさんついている四季なりイチゴのめちゃウマ
これじゃ栽培容器の2リットルのペットボトルがきゅうくつなような気もしますが。

反対に、春にはちゃーんと実をつけてひとしきり収穫し終えた株というのもありまして、それが今はどうなっておるかといいますと、これですわ。

実ができ始めたけど、葉っぱが風前の灯火状態。
葉がなくなってきた四季なりイチゴのめちゃウマ
だいぶとお疲れのようです。

そしてもう一株。こちらも、春に実をつけ収穫し、終わったところで、今度はランナー製造にとりかかっているもよう。
親株と子株の四季なりイチゴのめちゃウマ

この親株からは2本のランナーがでてまして。
ランナー育成中の四季なりイチゴのめちゃウマ

子株からはさらなるランナーがビューン。
ランナーがでている四季なりイチゴのめちゃウマ

やれやれ、おかげさんで来年用のイチゴ苗がとれそうです。はあ、よかった。

ところで、これら3株のイチゴは水耕栽培で育てていますが、根の元気度はどんなもんなんでしょう。この暑さですからねえ、ちょいと気がかり。

まずは、実だくさん、葉っぱいっぱいな株の根をみてみよう。
実がたくさんついている四季なりイチゴのめちゃウマ
わっ、黒い! ま、しかし若干白いところも残っているみたい。この白い根の部分でかろうじて花芽と実を作っているのでしょうな。

お次は、葉が少なくなって実をつけている株の根ですが。なんか、ぞーーーっとしそうな予感。
葉がなくなってきた四季なりイチゴのめちゃウマの根

やっぱり黒々してましたわ。
うーむ、今できている実を収穫したらおしまいでしょうねえ。

ではでは、ランナー製造中の株は、どうだろう。
ランナーがでている四季なりイチゴのめちゃウマ

白いところもあり、黒いところもあり。微妙ですな。
ランナーを出し終えるまでなんとかもちこたえてほしいんだが。
この暑さですからねえ、なるべく液肥は追加ではなく、新しく総取り替えてやることにしますか。(めんどうだけどさ…)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴがちょっぴり大きくなる

四季なりのイチゴに実ができつつあるけど、なんか、ちっこい。

ほらね。上のトマトは中玉トマトのMr.浅野のけっさく。(撮影:4/29)
4/29 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマとMr.浅野のけっさく

いえね、実ができただけでもありがたいことではありまするが、「めちゃウマ!」というタイトルの品種なんだから、もうちょっとこう、なんとかならんもんかと思うわけですよ。
近頃売ってる巨大サイズは無理でも、せめて前歯の噛みあとがつくくらいになってくれたらと、七夕の短冊に書いてお願いしたき気分でおります今日この頃なんでございますよ。

それが、ひょこり、それらしき姿を目撃。(4/30)
四季なりイチゴのめちゃウマの株姿

近づいてみる。おおっ、ちょっとでかいじゃん。
4/30 四季なりイチゴのめちゃウマ

どれどれ、他にはないのかあ? と、株のまわりをぐるり見渡す。
四季なりイチゴのめちゃウマ:実は株の周りをぐるりとついている

ま、そうそうないわなあ。少し落胆。
でも、手前のやつなんかは、そのうち大きくなるかもよー、と期待ムクムク。

プチッ。どれどれ、デカサイズをいただこうじゃないか。
摘み取った四季なりイチゴのめちゃウマ

ちょっと待った。

せっかくだから、中玉トマトのMr.浅野野のけっさく様と並べてみようじゃないの。
ほほう、肩をならべましたね。(4/30)
摘み取った四季なりイチゴのめちゃウマとMr.浅野のけっさく
ほっくほく。にんまり。

さて、それから5日後(5/5)。またまた収穫。

ちっこいのがね。ハハハ
5/5 四季なりイチゴのめちゃウマ

デカサイズって、そうそうとれるわけではないんでしょうねえ。あれは奇跡だったかも。

ときに、この「めちゃウマ」のお味ですが、サイズにかかわらず概ね甘くて美味しいです。
ですが、お名前がねえ、「めちゃウマ」であると思うと、「めちゃ、というほどかあ?」という若干のわだかまりが残ったりして。
とはいえ、わがやでは、上々のできでございますです。はいもう大小にかかららず、ご機嫌さんでいただきまーす♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 16:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT