FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の四季なりイチゴってどうなの

夏本番。トマトだ、ナスだ、キュウリだってこの季節に、場違いなイチゴの話で恐縮ですが、なにゆえか実ができてました。品種は四季なりイチゴの「めちゃウマ!」です。(撮影:7/9)

これはその3株あるイチゴのうちの一つ。
7月の四季なりイチゴのめちゃウマ

この株は、昨年買い求めた親株のランナーからできた苗の一つでした。しかしその後、春になっても実がならず、どーしたもんかなあと思ってんだけど、ようやく今頃になってスイッチが入ったということでしょうかね。

やたら花芽をだし、
7月の四季なりイチゴのめちゃウマ

葉もしげりまくってます。
実がたくさんついている四季なりイチゴのめちゃウマ
これじゃ栽培容器の2リットルのペットボトルがきゅうくつなような気もしますが。

反対に、春にはちゃーんと実をつけてひとしきり収穫し終えた株というのもありまして、それが今はどうなっておるかといいますと、これですわ。

実ができ始めたけど、葉っぱが風前の灯火状態。
葉がなくなってきた四季なりイチゴのめちゃウマ
だいぶとお疲れのようです。

そしてもう一株。こちらも、春に実をつけ収穫し、終わったところで、今度はランナー製造にとりかかっているもよう。
親株と子株の四季なりイチゴのめちゃウマ

この親株からは2本のランナーがでてまして。
ランナー育成中の四季なりイチゴのめちゃウマ

子株からはさらなるランナーがビューン。
ランナーがでている四季なりイチゴのめちゃウマ

やれやれ、おかげさんで来年用のイチゴ苗がとれそうです。はあ、よかった。

ところで、これら3株のイチゴは水耕栽培で育てていますが、根の元気度はどんなもんなんでしょう。この暑さですからねえ、ちょいと気がかり。

まずは、実だくさん、葉っぱいっぱいな株の根をみてみよう。
実がたくさんついている四季なりイチゴのめちゃウマ
わっ、黒い! ま、しかし若干白いところも残っているみたい。この白い根の部分でかろうじて花芽と実を作っているのでしょうな。

お次は、葉が少なくなって実をつけている株の根ですが。なんか、ぞーーーっとしそうな予感。
葉がなくなってきた四季なりイチゴのめちゃウマの根

やっぱり黒々してましたわ。
うーむ、今できている実を収穫したらおしまいでしょうねえ。

ではでは、ランナー製造中の株は、どうだろう。
ランナーがでている四季なりイチゴのめちゃウマ

白いところもあり、黒いところもあり。微妙ですな。
ランナーを出し終えるまでなんとかもちこたえてほしいんだが。
この暑さですからねえ、なるべく液肥は追加ではなく、新しく総取り替えてやることにしますか。(めんどうだけどさ…)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴがちょっぴり大きくなる

四季なりのイチゴに実ができつつあるけど、なんか、ちっこい。

ほらね。上のトマトは中玉トマトのMr.浅野のけっさく。(撮影:4/29)
4/29 収穫した四季なりイチゴのめちゃウマとMr.浅野のけっさく

いえね、実ができただけでもありがたいことではありまするが、「めちゃウマ!」というタイトルの品種なんだから、もうちょっとこう、なんとかならんもんかと思うわけですよ。
近頃売ってる巨大サイズは無理でも、せめて前歯の噛みあとがつくくらいになってくれたらと、七夕の短冊に書いてお願いしたき気分でおります今日この頃なんでございますよ。

それが、ひょこり、それらしき姿を目撃。(4/30)
四季なりイチゴのめちゃウマの株姿

近づいてみる。おおっ、ちょっとでかいじゃん。
4/30 四季なりイチゴのめちゃウマ

どれどれ、他にはないのかあ? と、株のまわりをぐるり見渡す。
四季なりイチゴのめちゃウマ:実は株の周りをぐるりとついている

ま、そうそうないわなあ。少し落胆。
でも、手前のやつなんかは、そのうち大きくなるかもよー、と期待ムクムク。

プチッ。どれどれ、デカサイズをいただこうじゃないか。
摘み取った四季なりイチゴのめちゃウマ

ちょっと待った。

せっかくだから、中玉トマトのMr.浅野野のけっさく様と並べてみようじゃないの。
ほほう、肩をならべましたね。(4/30)
摘み取った四季なりイチゴのめちゃウマとMr.浅野のけっさく
ほっくほく。にんまり。

さて、それから5日後(5/5)。またまた収穫。

ちっこいのがね。ハハハ
5/5 四季なりイチゴのめちゃウマ

デカサイズって、そうそうとれるわけではないんでしょうねえ。あれは奇跡だったかも。

ときに、この「めちゃウマ」のお味ですが、サイズにかかわらず概ね甘くて美味しいです。
ですが、お名前がねえ、「めちゃウマ」であると思うと、「めちゃ、というほどかあ?」という若干のわだかまりが残ったりして。
とはいえ、わがやでは、上々のできでございますです。はいもう大小にかかららず、ご機嫌さんでいただきまーす♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 16:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴのちょっぴり初収穫

ペットボトルによる水耕栽培のイチゴ(四季なり品種:めちゃウマ!/去年ランナーから取った株)が、そろそろいただけそうであります。

ぷらんぷらんが7個あり。(撮影:4/20)
ペットボトルで水耕栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ」に実

同じくペットボトル栽培だけど、こちらの株のほうには、えらくたくさん花が咲いてるものの、
華々しく花「だけ」は咲いてる四季なりイチゴのめちゃウマ

赤くなってるのは1個だけ。
ペットボトルで水耕栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ」に実

この花多き株で、次に赤くなりそうなのは、このあたりですかねえ。ちょっといびつだけど。
ちょっといびつな実(四季なりイチゴのめちゃウマ)

うーん、こうしてみると、花数を減らしたほうが美人の実ができそうに思えますなあ。

よしっ、思い切ってへらしますか。ブチブチちぎる。けっこう緊張しますな。
多過ぎる実を取った(四季なりイチゴのめちゃウマ)


イチゴは他に、同じ品種のゴミ箱容器の水耕栽培のもありまして。こちらものぞいてみました。

葉っぱは、よく茂ってるみたいだけど。
ゴミ箱による水耕栽培のイチゴ(四季なりイチゴのめちゃウマ)

上の写真の右側の株。葉をめくってみる。これも放射状の実のなりかたのようです。
円周を囲むように実がついている四季なりイチゴのめちゃウマ
これぜーんぶそれなりの実になってくれたらうれしいけど、どうですかねえ。

左側の株はいかに?
まばらな実のつきかたの四季なりイチゴのめちゃウマ
なんか、まばらですなあ。

しかも、いびつな実がたくさんあったとみえて、取ったあとの茎だけが残ってますわ。ハハハ
ほとんど傷んだ実しかできていない四季なりイチゴのめちゃウマ

まあなんといいますか、株によっていろいろあらーな、ってことですかね。

日にち変わって、今日は21日。最高気温が28度だとか。ずいぶん暑い日となりました。
おかげさんで、実が熟すのも進んだとみえ、いくつか収穫できました。

トマト(去年のさし芽苗/中玉:Mr.浅野のけっさく)も一緒に。(イチゴ、ちっこいですけど…)
四季なりイチゴのめちゃウマとMr.浅野のけっさくの収穫
お味のほどはどうなんでしょう。このあとちょっと野暮用ありで冷蔵庫へ。確認は明日になるかな。

なお、四季なりイチゴは他に土栽培のものがあります。品種は不明。
こちらも、葉がずいぶんと茂ってきました。
品種不明の四季なりイチゴ(土栽培)

そして、これまた小さい実がちょいちょい。
品種不明の四季なりイチゴの実(土栽培)

なるほど、イチゴが動き出す季節なんだなあ、ふむふむと思いました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴ苗のそうじと洗濯

この時期、花粉蔓延力がすごいですなあ。薄黄色になった車があっちにもこっちにも。
それは、当方の極小ベランダにさえ、もれなくふりかけられております。

こちら、四季なりイチゴの「めちゃウマ」の葉。花粉はまんべんなくまぶされてますから、即、唐揚げにできそうですがな。
イチゴの葉に積もった花粉

ちょっとあんまりなので、とりあえずゴミ箱の栽培容器ごとキッチンに運び、水道水をかけて洗いました。

ついでに根も点検しよう。
水耕栽培の根の様子。(四季なりイチゴのめちゃウマ)
うーん、薄茶色かあ。まあまあの健康状態ってところか。

4鉢全部の葉を洗い、液肥をとりかえて元のところにもどしました。ちょっとさっぱりしたかなあ。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ゴミ箱容器で水耕栽培。

あ、まだ用事がありました。こんもりした葉の茂みに隠れて見えなかったけど、下の方に痛んだ葉あり。
四季なりイチゴのめちゃウマ。傷んだ葉があちこちに。

摘み取ってポイポイ。けっこうあるもんだ。
イチゴの苗の傷んだ葉や実を取り除く

実もできてます。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花と実。

しかも、株のまわりをぐるりと放射状に。
四季なりイチゴのめちゃウマ。実が放射状にできている。

去年ランナーから苗をとったときは、たった一株だけを植えたはずなのに、穴あきの直径10センチの鉢がぱつんぱつんになるほど増殖したらしい。

ところで、イチゴは同じくペットボトルの水耕栽培でも3鉢育てています。
ペットボトルによる水耕栽培。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

こちらにも実ができていました。左の3個はへなちょこですけど。
ペットボトル栽培のイチゴにできた実

実の付き方は、ペットボトルの栽培でもおなじく放射状になってました。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ペットボトル栽培も放射状にできている。

ゴミ箱とペットボトル。どちらも同じように収穫できるんだったら、ペットボトルのほうが場所をとらくてうれしいがなあ。どんなもんでしょう。結果がたのしみであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四季なりイチゴ(水耕栽培)の株の「向き」

あったかくなりましたなあ。きょうのこのあたり・東京都青梅市の最低気温は2度で最高が20度の予定だとか。

おかげさんでだいぶイチゴ(品種:めちゃウマ!)が茂っております。去年ランナーから取り分けた株で、どれも1鉢に1株ずついれたもの。最初は葉っぱが3枚くらいだったのに、今やびっしり。(撮影:3/1)
四季なりイチゴのめちゃウマ(水耕栽培)

花も咲いてます。
四季なりイチゴのめちゃウマ 1株である

葉っぱをめくると、そこにも花が。
花が隠れている四季なりイチゴのめちゃウマ

花の茎が短いので、鉢のふちから垂れ下がるようなかっこいい姿にはなれず、葉に隠れてしまうのだ。葉をめくって花を表側にだしてみたりするが、いつのまにかまた埋もれてるんだよなあ。

根っこはどうなってるだろうか。のぞいてみる。
水耕栽培の四季なりイチゴのめちゃウマの根
わっ、なんか緑色っぽい。
藻がはえてしまった。取り替えてやらにゃあ。

こうしてベランダで花芽観察なんぞがゆっくりできるっていいなあ。頭にふりそそぐあったかい日差し。うとうとしそうです。

あらま、こちらの容器のイチゴにもいっぱい花芽がついてますなあ。
狭いところで花芽をつけている四季なりイチゴのめちゃウマ


でも、なんかへん。これは四角いゴミ箱で栽培してる株だが、箱の上の方にはだいぶ隙間があるのに、下側は葉と花芽がひしめいてきゅうくつそうじゃないか。
四角いゴミ箱栽培のイチゴ。花芽がきゅうくつになってしまった

原因は、つまりこういうことらしい。

写真では暗くてよく見えんのだが、人差し指のあたりに茶色のでっぱりみたいなもんがあるんです。これはかつて茎があったのでした。その茎は元は親株につながっていたはずです。たぶんだけど。
180304_metyauma_0372.jpg

で、この親株につながっていた茎のある側なんですが、こちら側からは『花芽はでない』んだそうです。
花芽というのは、親株側につながっていた茎ではなく、その反対側にできるランナーにできるんですってさ。

たしか、このことを最初に勉強して知っていたはずなんだけど、どうも株分けのときに間違えたらしい。
おかげで今、むだに空間のある鉢にしてしまったというわけですわ。んー、もう大失敗。

ま、やっちまったもんは仕方あるまい。きゅうくつさまですが、がまんしていただくこととし気を取り直しましょう。


花芽からさらに進んで実に変化しているものもございます。

ありゃ、なんだか真っ黒。たぶん失敗作だわ、これ。
実になるところが真っ黒の失敗作

こちらは、黒いところあり白いところもあり。微妙だ。
実になるところが白と黒の微妙な感じ

こいつは白いっ! 受粉がうまくいったかも。オホホ
実になるところが白っぽいから大丈夫そう

絵の具の筆による人工授粉作業は、いいかげんで、やったりやらなかったり。
そんないいかげんな栽培の仕方をしますとこうなります、というお見本がこちら。

おもいっきり不細工ちゃんなのだ。どうよ、これ。かわいいでございましょ。
不細工ちゃんなイチゴのめちゃウマ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 14:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT