園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2017.03.10.Fri

1月に種まきしたトマト:苗らしくなったかな

中玉トマトのMr.浅野のけっさくです。だいぶ苗らしくなってきました。種まきから46日経過。(撮影:3/7)
3/7 Mr.浅野のけっさく
あれま、脇芽ができておる。

いかんいかん、つまんでしまいましょう。
脇芽ができてました。

それから3日後。さしてちがいはないだろうけど、こころもち株が大きくなったような?
3/10 あらま、一段と大きくなったようなのMr.浅野のけっさく
この2株はともに、ゴミ箱容器を使った水耕栽培です。

一方、こちらは同じくMr.浅野のけっさくですが、エアレーション(ホームハイポニカぷくぷく)使用。
エアレーションのぷくぷく使用、Mr.浅野のけっさく。
かような高級ベッドでお育ちにもかかわらず、なぜか小ぶりな株に育っております。とはいえ、茎や葉の色はエアレーションなしよりも濃い色あいなので、案外がっちり育っているのかもしれません。

そしてこちら。同じ日に種まきしたミニトマトのブラッディータイガー。緑と茶のしましま柄になるそうな。
ブラッディー・タイガー(ミニトマト)の株
3株ともゴミ箱容器の水耕栽培。浅野さんよりだいぶゆっくりな生長のようです。

ところで、トマトの水耕栽培ではこのたび、ちょっとだけ工夫してみました。
穴鉢(あなばち)という穴のあいた鉢を使っているんですが、その穴を大きくしたのです。
穴鉢の一部を切り取って、根が出る部分を増やしてみた

黒い縦の線になっているところを1本おきに合計4本切り取ったので、根が出やすくなるんじゃないかと思うのですが、どんなもんでしょうか。まあその分穴鉢の強度は落ちるかもしれんのだけど。
なにしろトマトやナスときたらものすごく根が張るもんだから、この穴鉢がパッツンパッツンになって割れんばかり。それなら最初から鉢の穴を広くしておこうってわけです。

でもなんか今見ると、まだ穴が小さいような気がしてきました。もうあと1本ずつ切り取ってしまったほうがいいかもしれません。
穴鉢の材質はプラスチックのようですが、キッチンばさみで切ることができました。案外かんたーん。
こうやって調子にのって切ってたら、穴鉢の底がぬけ、苗がスポッと抜け落ち、一巻の終わりだったりして…。うっ。

ところで、思いっきり生長がゆっくり組なのが、このナス(水ナス)とトウガラシ(甘とう美人)。いやもうなんちゅうか、かんちゅうか…。
水ナスと甘とう美人
トマトと同じ日に種まきしたとは思えませんわなあ。一応本葉がでてますけどもぉ。

こうも小さいとベランダに出すべきかどうか悩ましい。しかし、ビシバシ鍛えたほうが丈夫になるだろと(予想し)、日中はトマトと一緒にベランダへ。なんだかまるで、「ウサギ跳び10周してこーいっ!!」とかいう、某体育会系みたいですが。
まあ痛んでいるふうでもなし。気長にまつことにいたしましょ。

【おまけ】
ちょいと野暮用で岩手県盛岡市に行ってまいりました。帰りに盛岡駅にてお弁当を買いましたんですが、なんとお弁当を新聞紙でくるんで売ってたんです。現物写真はとりそこなったので、右上の図をごらんあれ。こんな感じで包んであったんです。
「にぐさがな弁当」。その中身が新聞の記事。

最初この新聞包みを見たとき、だれかさんの忘れ物かいなと思いましたがな。
しかし、きれいに包装された普通のお弁当の隣にこの新聞にくるんだ包みもうずたかく積んであったので、これはまさしくお弁当であると認めざるをえませんでした。

しかも、お弁当のタイトルが『にぐさがな弁当』。
濁点付き。なまってます。書き間違いではないようです。
にぐさがな弁当の包み紙=新聞紙

おもしろいなあ。こんな変わったお弁当をお求めになるのは、いったいどんなお客さんなんでしょう。

あ、きっと新聞紙でお弁当を包んだ暮らし(お手洗いの紙でもある)に思い当たる人々かも。
それか、「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」てなお気持ちで、故郷に思いをはせる人々かも。
でも案外、新聞紙活用世代でもなく、故郷ではない方も、退屈しのぎにもなりそうな読み物付きお弁当としてお買い求めになるのかもしれない、と思ったり。

なお、製造者は、(有)幸福の寿し本舗。青森市油川柳川92-6とあり。へー、盛岡駅で青森市の弁当を販売しているんでしたか。お値段、1300円。お味は…、食べてのお楽しみってことで。
にぐさがな弁当の内容

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.03.05.Sun

ルッコラあれこれ

ルッコラは、ついこの間花が咲いたので収穫を終わりにしたんですが、またもや種まきをしました。今度は、全部で3種類。みな在庫の種です。(撮影:3/4)

左が葉っぱが広がってるタイプのコルチバータ。中央と右が葉がほっそりしたタイプで、ワイルドとセルバチカエクストラという名前だそうです。舌かみそうですが。
3/4 ルッコラの3種類の種まき

葉っぱの見かけもちがってるけど、他にも種の大きさにちがいがあるようです。

左端と比べると、中央と右端はずいぶんと小粒でした。
種の大きさがちがう

調べてみましたらば、左の葉の広いやつは一年草(キバナスズシロ属キバナスズシロ種)で、葉の細いのは多年草(エダウスチナズナ属ロボウガラシ種)だそうです。植物学的には別のものとして扱われているんだとか。

どっちも風味がにてるし辛みがあるから、なんとなく「ルッコラ」だろうと思ってたけど、なかみはちがってたんだねえ。ふむふむ。

それなら、中央の「ワイルド」と右端の「セルバチカエクストラ…」では名前は異なるけど、どこがどうちがうんだか、あるいは同じなんだか? 
ま、それは食べてみてのお楽しみ♪ってことで、じわじわ~んと待つことにいたします。

【おまけ】
レタス(炒チャオ)を収穫するにあたり、せっかくだからサンドイッチにしたく思いました。

そこでまず、パンを焼く。バケット作製。
3/1 バケットを焼く
焦げたけど、切り目がずれてるけど…と、はんせー、しちゃう。

切断面を見る。気泡の大きさがいろいろだあ。水分が多すぎたかも。ま、ともかく食べられそうでよしよし。
3/1 バケットの断面

ベランダからレタスをちぎってきてパンに挟む。ベーコンもチンして挟む。
バケットにレタス(炒チャオ)をはさむ
うまっ!

【自分メモ】-------------------------------
・フランスパン用準強力粉 トラディショナル…300グラム
・ホシノ天然酵母フランスパン種…36グラム
・塩…7.5グラム
・水…150ミリリットル(+レモン汁+モルトパウダー1.8グラム)

《作った感想》 酵母が通常より10グラム多めであった。水多し、あと10グラム減らしてみよう。しょっぱいので塩も6グラムにすべし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.03.01.Wed

お初栽培のブロッコリー:手のひらサイズの収穫

ちょいとちょいと、いい感じにふくらんできたんじゃございませんこと?(撮影:2/27)
ふっくらつぼみのすずなりブロッコリー

昨年9月、苗をわざわざネットで手に入れたというなんとも『高級』な、すずなりブロッコリーであります。(後日、ご近所で大安売りされてると知り、地団駄踏んだ思い出あり。)

茎はまだそんなに長くはなっていないみたい。
2/27 すずなりブロッコリー

まだ早いのかもしれないけど、収穫してみました。
すずなりブロッコリーを10本収穫

手のひらの上にこんもり。これ全部で10本。
苗に入っていた名前の札には「1株で40本(目安)」とありましたから、あと30本くらいは収穫できるかも?できないかも?

思わず、収穫後の茎の数を数えてみたくなりますがな。(3/1)
3/1 10本を収穫したあとのすずなりブロッコリー

ときに、収穫したけど残っていた花芽はその後、どうなるんでしょう。

左右に2本、小さいのがちょこんとあるんですけど、これ。
3/1 残っている左右2本の小さいブロッコリーは大きくなるんだろうか?

たぶん、上に伸びたりせずこのままなんでしょうねえ。もっと茎の下のほうを切り取るべきだったのかもしれん。もったいないことをしたなあ。

収穫したすずなりブロッコリーは、レンジで弱めにチンしました。左は最後の収穫のルッコラ(コルチバータ)。
最後の収穫のルッコラと、チンした最初の収穫のすずなりブロッコリー。

色味がなんかさびしいので、ベランダから四季なりイチゴをつんでのっけてみた。

ブロッコリー、美味しいです。ちゃんと味があるんだね。甘みやらちょっとした苦みやらなんやらの味がするんだなあ。
ムシャムシャしながら、にやつく、にやつく。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.02.22.Wed

種から水耕栽培のトマト:それぞれの成長

1月20日に種まきしたトマトとペッパーとナス。
2/12 トマト他の双葉・本葉がでたところです

トマトは翌々日には発根し、約30日ほどで本葉が2枚になりました。ゆっくりなんだなあ。(撮影:2/20)
培養土はバーミキュライト。ときどき水やりして、お日様がよくあたるガラスごしのところに置いてました。

本葉が4枚になったらポットが手狭な感じなので、大きい容器に植え替えました。ここから水耕栽培スタートです。

2月18日。こちらがその植え替えた3株で、みな中玉トマトになる「Mr.浅野のけっさく」です。
3株のトマト(Mr.浅野のけっさく)

そのうちの2株は、エアーなしのゴミ箱容器に植え替えました。培養土ごとの引っ越しなので簡単でした!
2/18 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱による水耕栽培)

1株だけ、エアー装置がついているホームハイポニカぷくぷくで栽培してみることにしました。
2/18 Mr.浅野のけっさく(ホームハイポニカぷくぷく使用の水耕栽培)
でも、このぷくぷくで栽培している株だけが、なんか弱々しい感じ。

これは思うに、ぷくぷくの装置に引っ越しする際、株の根についた培養土を水で洗い流してから設置したので、根が弱ったんじゃないかと思います。このぷくぷくの装置は、培養土なしの液肥だけで栽培するもののようなので、洗うしかなかったんですわ。
ま、しばらくは遅れをとるかもしれないけど、そのうち根が液肥だけの水耕栽培に慣れてきたら追い越すだろうと予想してるんですが、どんなもんでしょう。

ところで、なんかちょっとずつ暖かくなってきてるなあとか思ってたら、こんな気温の日もあるんですなあ。

ベランダの温度計が27度って…。(2/20)
2/20 ベランダの温度が30度に迫ろうとしておる
当方のマンションのベランダは南向きです。北風があっても建物にさえぎられているせいでしょう。

あれから4日後の2月22日。
そんなあったか気温のせいかトマトは、じわり、大きくなったような気がします。

エアーなしのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱栽培)

エアーありのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ぷくぷく栽培)
おやあ、エアーありのほうが葉の色が濃い緑色になってるみたい。色黒さんだあ。液肥の濃度が異なるのかもしれません。といっても、濃い方がいいのか、薄い方がいいのか、よくわかりません。大丈夫かいな。

ところで、その他にも上のトマトと同じ日に種まきした苗があるんですが、成長具合にだいぶ差ができているようです。

中央のミニトマト「ブラッディー・タイガー」(茶色と緑のしましま/糖度が9~11度だそうな)は、ようやくポットの直径6センチ幅くらいになったところだし、左側の「水ナス」と右側の「甘とう美人」(辛みのないトウガラシ)なんて、まだ双葉なんすよ。
2/22 ミニトマトのブラッディと水ナスと甘とう美人

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.02.21.Tue

お初栽培ブロッコリー:立ち上がれ茎!

わざわざネットで苗をお取り寄せした「すずなりブロッコリー」。直径30㎝の鉢で土栽培です。真ん中の花芽が大きくなったので収穫しました。

それが、しばらく前の2月1日。
2/1 すずなりブロッコリーの中心部分を収穫
な、なんか、ちっさ。手乗り文鳥ならぬ、手乗りブロッコリーですがな。

はは~ん、この切り取ったあとの周囲にできてる新芽が育ってくれば、次の収穫ってわけだ。
2/1 切り取った後のすずなりブロッコリー
待ち遠しいぞ。

とりあえず、手にしたちびブロッコリーをチ~ン♪
2/1 すずなりブロッコリーをチンしていただきました。

小皿に盛るまでもないような一口サイズ。パクリといただきました。
う~ん、なんかあんまり味がしません。期待しすぎちゃったかなあ。ま、もう少し待つとしよう。

2月18日。どれどれ、どうなってるかしらねえ。ぱっとみたところ、かわりばえしないけど。
2/18 すずなりブロッコリーの株姿

中はどんな?
2/18 脇芽がぼちぼちでています
あるある、小さい芽がプチプチと。これを収穫すればいいのかな。

さあ、どうなんでしょう。苗についていた札を株の隣に並べてみた。
2/18 苗札と比べて眺めてみるすずなりブロッコリー

ん? 札の写真では、花芽が葉っぱよりつんつんと突き出た感じになってるじゃないか。うちのは、葉の中にめり込んでるもん。
ということは、まだまだってことだわね、きっと、たぶん、おそらく。
は~あ、先は長いわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


 | HOME |  OLD »