園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2017.02.22.Wed

種から水耕栽培のトマト:それぞれの成長

1月20日に種まきしたトマトとペッパーとナス。
2/12 トマト他の双葉・本葉がでたところです

トマトは翌々日には発根し、約30日ほどで本葉が2枚になりました。ゆっくりなんだなあ。(撮影:2/20)
培養土はバーミキュライト。ときどき水やりして、お日様がよくあたるガラスごしのところに置いてました。

本葉が4枚になったらポットが手狭な感じなので、大きい容器に植え替えました。ここから水耕栽培スタートです。

2月18日。こちらがその植え替えた3株で、みな中玉トマトになる「Mr.浅野のけっさく」です。
3株のトマト(Mr.浅野のけっさく)

そのうちの2株は、エアーなしのゴミ箱容器に植え替えました。培養土ごとの引っ越しなので簡単でした!
2/18 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱による水耕栽培)

1株だけ、エアー装置がついているホームハイポニカぷくぷくで栽培してみることにしました。
2/18 Mr.浅野のけっさく(ホームハイポニカぷくぷく使用の水耕栽培)
でも、このぷくぷくで栽培している株だけが、なんか弱々しい感じ。

これは思うに、ぷくぷくの装置に引っ越しする際、株の根についた培養土を水で洗い流してから設置したので、根が弱ったんじゃないかと思います。このぷくぷくの装置は、培養土なしの液肥だけで栽培するもののようなので、洗うしかなかったんですわ。
ま、しばらくは遅れをとるかもしれないけど、そのうち根が液肥だけの水耕栽培に慣れてきたら追い越すだろうと予想してるんですが、どんなもんでしょう。

ところで、なんかちょっとずつ暖かくなってきてるなあとか思ってたら、こんな気温の日もあるんですなあ。

ベランダの温度計が27度って…。(2/20)
2/20 ベランダの温度が30度に迫ろうとしておる
当方のマンションのベランダは南向きです。北風があっても建物にさえぎられているせいでしょう。

あれから4日後の2月22日。
そんなあったか気温のせいかトマトは、じわり、大きくなったような気がします。

エアーなしのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ゴミ箱栽培)

エアーありのトマト(Mr.浅野のけっさく)。
2/22 Mr.浅野のけっさく(ぷくぷく栽培)
おやあ、エアーありのほうが葉の色が濃い緑色になってるみたい。色黒さんだあ。液肥の濃度が異なるのかもしれません。といっても、濃い方がいいのか、薄い方がいいのか、よくわかりません。大丈夫かいな。

ところで、その他にも上のトマトと同じ日に種まきした苗があるんですが、成長具合にだいぶ差ができているようです。

中央のミニトマト「ブラッディー・タイガー」(茶色と緑のしましま/糖度が9~11度だそうな)は、ようやくポットの直径6センチ幅くらいになったところだし、左側の「水ナス」と右側の「甘とう美人」(辛みのないトウガラシ)なんて、まだ双葉なんすよ。
2/22 ミニトマトのブラッディと水ナスと甘とう美人

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.02.21.Tue

お初栽培ブロッコリー:立ち上がれ茎!

わざわざネットで苗をお取り寄せした「すずなりブロッコリー」。直径30㎝の鉢で土栽培です。真ん中の花芽が大きくなったので収穫しました。

それが、しばらく前の2月1日。
2/1 すずなりブロッコリーの中心部分を収穫
な、なんか、ちっさ。手乗り文鳥ならぬ、手乗りブロッコリーですがな。

はは~ん、この切り取ったあとの周囲にできてる新芽が育ってくれば、次の収穫ってわけだ。
2/1 切り取った後のすずなりブロッコリー
待ち遠しいぞ。

とりあえず、手にしたちびブロッコリーをチ~ン♪
2/1 すずなりブロッコリーをチンしていただきました。

小皿に盛るまでもないような一口サイズ。パクリといただきました。
う~ん、なんかあんまり味がしません。期待しすぎちゃったかなあ。ま、もう少し待つとしよう。

2月18日。どれどれ、どうなってるかしらねえ。ぱっとみたところ、かわりばえしないけど。
2/18 すずなりブロッコリーの株姿

中はどんな?
2/18 脇芽がぼちぼちでています
あるある、小さい芽がプチプチと。これを収穫すればいいのかな。

さあ、どうなんでしょう。苗についていた札を株の隣に並べてみた。
2/18 苗札と比べて眺めてみるすずなりブロッコリー

ん? 札の写真では、花芽が葉っぱよりつんつんと突き出た感じになってるじゃないか。うちのは、葉の中にめり込んでるもん。
ということは、まだまだってことだわね、きっと、たぶん、おそらく。
は~あ、先は長いわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


2017.01.30.Mon

お初栽培ブロッコリー、ぶふっ。

昨年9月の始めに苗をネット買いしたすずなりブロッコリー。はてどんなもんでしょうかねえ。

こちら、12月25日の株姿。
2016年12月25日 すずなりブロッコリー
まだ小さい身長20センチ程度の苗がこれくらいになるまでは、どんどん大きくなってくれたような気がするんですわ。

どれどれ、中央部分の花芽のぐあいはどうかしら。
2016年12月25日 すずなりブロッコリーの中央部分
おっ、なにやらこんもりとしておるわい、とわくわくしておったんです。

しかし、ここからは、ずーーーーーとそのまんま。ちっとも代わり映えせんのですわ。
一ヶ月ほどたちました。

1月20日。はい、葉の茂りぐあいにさしたる変化はございません。
1/20 すずなりブロッコリー

中をのぞいてみると。ややっ、くっきりとした花芽ができておるではないか。
1/20 すずなりブロッコリーの中心部の育ちぐあい

茎の側面にも、ふつふつと小さな花芽。
1/20 側面の芽の育ちぐあい

それから10日後の1月30日。葉っぱに変化はないようです。
1/30 すずなりブロッコリー

どれ、上からのぞいてみようじゃないか。真ん中につぶつぶ密集地帯発生!
1/30 上から見たすずなりブロッコリー
 
おお、まちがいなく、ブロッコリーじゃ。
1/30 頂上にできた花芽

もう、収穫してもいいのかな?

しかしだ。つぶつぶ密集地帯の下にも、まだつぶつぶが続いてて、茎が見えない。
1/30 頂上の下側は芽が密集している

これじゃ、いったいどこから切り取っていいものかわからんではないか。もうすこし待っていれば、花芽が持ち上がってくるんだろうか。お初栽培なもんで、わからんことだらけです。

そうそう、側面の花芽も調べておこう。
1/30 側面の花芽のようす
こちらも小さいながらブロッコリー感がでてまいりましたようで。

どうしよう。明日あたり、てっぺんの花芽を収穫みようかね。うかうかしてたら花咲いちゃうかもしれんしな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.01.16.Mon

種から栽培のトマト4種:めでたくおしまい

お寒うございます。当方の15日の気温は-4度だったそうな。おかげさまでトマトは見事に凍りついてしましました。葉っぱがだらりとしなだれています。(撮影:1/15)
葉がしなだれたトマトの株

さわると、ふにゃふにゃ~。
ほとんどの葉に黒い点々ができています。

こりゃもう撤収でしょう。これらのトマトは、去年の6月に種まきしたので、約7ヵ月すぎたことになります。お疲れさんでした。全部の枝葉を小さく切って袋にいれました。すべて水耕栽培なので、あとは容器を洗って乾かしておしまい。

そうそう、あまり話題にしてなかったんですが、一鉢だけエアレーションを使用した水耕栽培の株がありまして。(機材は、ホームハイポニカぷくぷく。)
その株を取り出すのは、ちょっとおうじょうしました。

これですわ。中玉トマトのMr.浅野のけっさくで、けっこう大株になってました。これが容器からでている茎の部分。
ホームハイポニカ

ずーっと伸びて、物干し竿に吊していました。
「Mr.浅野のけっさく」の枝振り(ホームハイポニカぷくぷく使用)

で、その根っこをぬきとるんだけど、なぜか抜けない。なんでだろう?

ふたの部分を持ち上げると、放射状にひろがった根があります。でも、これはべつに問題ないよなあ。
Mr.浅野のけっさくの水耕栽培の根

さらに、下の白い中かぶたを持ち上げようとしたんですが、これがなかなかとれんのです。

なんだか左下のあたりにひっかかってるみたいなんだなあ。
Mr.浅野のけっさくの水耕栽培の根

穴ぼこに手を突っ込んでひっぱってみることにしました。(水、つめたーっ!)

力まかせにぐいぐいひっぱると。びろろ~ん。
「ハイポニカぷくぷく」の容器の中でながく伸びた根

どうやら、この長く伸びた根っこがひっかかっていたようです。すごいもんですなあ、根の繁殖ぐあい。中ぶたの上の空間だけじゃあ足りなかったとみえて、穴ぼこからさらに成長させていたってことでしょう。
いやはや、エアレーション力に脱帽。

これ以外のトマトはみなゴミ箱容器での水耕栽培なんですが、その根っことくらべてみましょう。

こちらその、ゴミ箱容器で育ったトマトの根です。(左からコストルート・ジェノベーゼ、Mr.浅野のけっさく、ブラック・ゼブラ、麗夏。)
ゴミ箱容器で栽培したトマト4種類の根

なんか、しょぼいでしょ。でも、こんなもんでもけっこう収穫できたので、ゴミ箱だってすてたもんじゃないんだよなあ。電気代いらないし。(ハイポニカぷくぷくは、一ヶ月あたり100円とのこと。)

さてさて、ひろい集めた実をぜんぶならべてみました。

左上から、ブラック・ゼブラ、コストルート・ジェノベーゼ、Mr.浅野のけっさく、麗夏。
最後の収穫のとまと4種類

大玉トマトになるはずのコストルートとか麗夏は小さいけど、ブラック・ゼブラは中玉なんですが、なぜか大きいのもありました。どうしてかなあ。おもしろいです。

ではでは、ボールにいれといて、しばしこのまま保管しますかね。そのうち、ちょっとずつ色づいてくるでしょうから、そしたらソースにしようと思います。たのしみ、たのしみ。
ざるにいれて追熟を待ちましょうかね

ところで、熟したトマトの実も先日(1/13)収穫しております。Mr.浅野のけっさくと、麗夏(右はじ)です。
1/13 じゅくしたトマトの実としてはこれが最後の収穫

これがベランダでできたまっかなトマトの食べ納めとなりました。ごちそうさーん。美味しかったです。

今年はまだ種をまいていません。それどころか、注文するのも忘れてまして、だいぶ出遅れそうであります。
今年は(今年こそは)、種類を少なくして少数精鋭でまいろうぞ、と固く決心しております。(たぶん。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
2017.01.06.Fri

トマトの傷跡

去年の6月に種まきしたトマト。久しぶりに収穫できそうな感じです。

中玉トマト、Mr.浅野のけっさくに、赤いのがちらほら。あら、うれしい。(撮影:1/6)
1/06 中玉トマト・Mr.浅野のけっさく

うぬっ。なんじゃこりゃ。手にとってみると、左端の実になにやら傷跡あり。
収穫したMr.浅野のけっさく。左端の実に異変あり

ほかにもありましたぞ。これこれ、大玉トマト・麗夏(れいか)のお尻にも、くっきりと。
大玉トマトの麗夏。これにも傷あり。鳥の仕業か?

さいわい傷は外側のみで、内部までは達しておらんようです。しかし、なんだろうなあ。よくみると三角形の穴ぼこに見えなくもないが。
は、は~ん、犯人は鳥か? 鳥のくちばしのあとかあ?

トマトの株は、物干し竿やエアコンの室外機に取り付けた支柱にそわせているので、鳥はその枝にとまって実をついばもうとしたのかもしれぬ。

こちら、大玉・麗夏のあるあたり。ネットを張ってはあるけれど、天井部分と横はすかすかですからねえ。
ベランダのトマトの株(麗夏のあるあたり)

そしてこちらは、中玉・Mr.浅野のけっさくがあるあたり。ビニールでおおってあるとはいえ、これも物干し竿から上と横、下もがらあきである。しまった、とうとう見破られたか!
ベランダのトマトの株(Mr.浅野のけっさくのあるあたり)

すでに鳥たちの回覧板には、「ここんち、赤いのがあるぜ。網とか張ってるつもりらしいが、上と横から出入り自由。しかも家主はボンクラ&ノーテンキ。こたつで昼寝してやがる。超安心して喰えるぜ~♪」とか書かれてでまわってるんじゃなかろか。

いかん、あともうちょいで赤くなりそうな麗夏の実を守らねば。
大玉トマトの麗夏

な~に~っ、葉っぱに黒い点々発生だとお?
霜枯れたのか黒い点々ができつつあるトマトの葉
も、もしや、このところの寒さでとうとう霜枯れが出始めたか。

いや~ん、中玉・ブラック・ゼブラ(赤茶と緑のしましま)なんか、まだまだ青くて堅いっつーのに。
中玉トマトのブラック・ゼブラ

ま、こんなもんでしょう。冬ですもん。

それにしても、収穫したMr.浅野のけっさくさんはじつに美味しゅうございました。
鳥さんよりお先にいただきましたぜ~。ごちそうさん!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

 | HOME |  OLD »