FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風と甘とう美人(トウガラシ)

先週のことですが。台風の前日、甘トウガラシの「甘とう美人」に、一枝だけいっぱい実がついているのを発見。
トウガラシの甘とう美人

こりゃあもったいない、台風から守ってやらねば。というわけで、植わっているスチロール箱ごと室内に運び込みました。運ぶったって、身長160センチ以上だし、今までだって糸操りみたいに上から紐でつってどうにか枝葉を支えていたような軟弱な株なわけだし、往生しました。幸い窓にはカーテンレールがあるので、レールに紐で仮止めしながら少しずつ移動させ、無事避難完了。

あ、ベランダスリッパも忘れてません。
トウガラシの甘とう美人

ほかにも、ネギやらイチゴやら。
台風に備え、室内に運び込んだ野菜の苗

ルッコラやらレタスやら。
180930_taifuu4_2185.jpg

キャベツにバジル、ニンジン。大きすぎるトマトの2株以外はすべて室内に。やれやれ、ほっ。
台風に備え、室内に運び込んだ野菜の苗

そして台風が去った翌朝。またまたすべてをベランダに戻す。くだんの背高トウガラシも、えっさえっさ運びましたとも。この日は、ことのほか暑い日差しで、汗たらたら。

気温が上がったおかげか、夕方には甘トウガラシの実がいっそうふっくらしたみたい。よしよし、収穫だあ!
収穫したトウガラシの甘とう美人

が、おもいっきり激辛!!!どれもこれも、6本全部。壮絶、悶絶。
トウガラシの甘とう美人。激辛。


なんじゃなんじゃ。辛みというのは、どの時点で生成されるのかね。台風の前からすでに辛かったか。それとも翌日の非常に暑い気温のときか。今後、できる実がどれも辛いものだらけなんだろか。いやん、もう。ちっともかわいくないぞ、160センチのずーたい(ばかり)デカいトウガラシ「辛とう不美人」くん。どーするよ、これから。今度なにかあっても、室内にいれてやる気になれんぞ。おい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 10:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋トマトは、いかに?

6月29日に種まきした中玉のトマトの品種「Mr.浅野のけっさく」.。水耕栽培でして、一株はエアレーション「あり」。もう一株は「なし」です。
私の予想では、エアレーション「あり」だと、水の中に空気が送られるから根がよく育つと思われます。なにせ、装置の電気代が月100円(取り扱い説明書より)という元手がかかってるもんすから、出来の良さに反映していただかないことにはさびしいじゃーありませんか。そこんとこをしかと確かめたく、実験してみることにしました。はたして、どうなんざましょ?
(なお、エアレーション「あり」の栽培容器は「ホームハイポニカぷくぷく」ですが、モーターは別の会社の「水心」を使用。「なし」の容器は、20リットルくらい入るスチロール箱です。)

種まきから約3か月後(9/27)。左側がエアー「あり」。右側が「なし」。
水耕栽培のトマト。エアレーション「あり」と「なし」の2つの株。

エアー「あり」は、右側ににゅ~っと枝を伸ばすようにしました。
エアレーション「あり」の株の姿。

エアー「なし」は、左側に伸ばしました。
エアレーション「なし」の株の姿。

はてなあ、葉の茂り具合には、あまりちがいがないように思います。わき芽は、ほぼとらず。

肝心の実のつきかたはいかがなるや?
もっともよく実が連なってる房をくらべてみました。

エアー「あり」の房。
エアレーション「あり」のトマトの房

エアー「なし」の房。
エアレーション「なし」のトマトの房

8月頃は暑さのせいか花が落下することが多く、どちらにもあまり実がついてはいませんが、これを見る限り、エアー「あり」のほうが実の数は多そうです。なお、エアー「あり」には、一個だけすでに赤くなってる実がありました。
実ができたトマトの中玉「Mr.浅野のけっさく」

根はどうだろう。
エアー「あり」の根。
エアレーション「あり」の水耕栽培の根

エアー「なし」の根。
エアレーション「なし」の水耕栽培の根

分量は「あり」のほうがいくらか多い、かな。どちらもまあまあ白いから元気なのでしょう。よかったよかった。
それにしても、思いのほかちがいがないのには、びっくり。

ん?でも、まだ収穫してみるまではわかりませんぞ。
どれどれ、ひきつづき、観察していこうとぞんじます。って、もうじき台風が来るとか。まったくもう、こんなでかいなりのトマト。どーやって部屋の中に引きずり込んだものか思案中で~す、ハハハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種からお初栽培の水ナス終了

ぜんっぜん得意じゃないナス栽培。種まきは、3月29日でした。初収穫は、約3か月あまり後の、7月19日。そして、9月17日に最後の1個を収穫。一緒に甘とう美人も。
水ナスの最後の収穫(9/17)

調理は、炒めてオイスターソースで味付け。
最後の一個の水ナスと甘とう美人の炒め物。辛い。

だが、中に恐ろしく辛い甘とう美人が1本あって悶絶。たぶん、写真左端の曲がったヤツに相違あるまい。いやいや、辛いかどうかみかけでは判断がつかないとか。決めつけちゃーいかんな。

水ナスは、皮も果肉もとろりと柔らかく、じつに美味しゅうございました。ごちそうさまですっ。

さて、撤収作業をいたさねば。
その前に、根の点検をしよう。真っ白じゃないけど、茶色でもないから、そこそこ健康だったのかもしれません。
水ナスの水耕栽培の根

それにしても、水ナスの種袋には、実を手で絞ったら水がしたたっている、いかにも「水ナス」てな写真があったんですけど、かような姿をばついぞ見たことがないままで終わりましたなあ。(世界には存在するんだろうか。)
水ナスの株姿と水ナスのイメージ図

収穫合計は10個程度。液肥+水+種代+労力=どっさり。たいそう高級野菜だったです。
来年もナス、やるか、やらんか。ま、種まきまで間があることだし、ゆっくり考えるとしよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 16:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

拾う神あり、甘とう美人。

前回の記事のごとく、さして収穫もないまま終わろうとしている巨木のナスがあるかと思うと、いまだお元気達者な甘トウガラシ(品種:甘とう美人)もございまして、ちょいと救われてます。

背丈は、根元から160㎝。栽培容器はスチロール箱。エアレーションなしの水耕栽培です。
背丈が160センチになったトウガラシの甘とう美人。

8月の暑い盛りには実が焼けて茶色になったけど、涼しくなりましたらばすっきり緑色に戻りホッとしてます。(撮影:9/10)
甘とう美人。9月10日の収穫。

調理は、炒め物にすると色鮮やかでけっこうなもんでございますが、網焼きもよろしいですなあ、グビッ。
収穫した甘とう美人を網焼きにする。
このう、なんといいましょうか、ほどよい辛みと、甘さ、とろける食感、ですかねえ、グビッ。

種まきは、1月19日。初収穫は7月9日。だんだん収穫がある日が、間遠うになってきました。栽培は10月いっぱいが限度かなあと。よーし、最後は葉っぱも食べつくしてしまうぞ~!と、思うております。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水ナスの秋は

ナスは毎年悩ましい。今年は3月29日の種まきから始めて、夏にはりっぱな日陰を作る(得意の)観葉植物に育ちました。うれしいな(うれしいかあ?)
デカい葉の水ナス

いちおう、実もちらっとなるにはなりましたよ。
もっとも実がぶらさがっていたときがこちら、7月19日の勇姿。
7/19 水ナスの勇姿(最もよく実がなったとき)

しかしその後、葉の裏がテカテカするチャノホコリダニらしき病気にかかり、8月7日に傷んだ葉や枝の整をほどこし、小柄な株に。
はたして「秋茄子は嫁に食わすな」とかいう貴重な実に、お目にかかれるのでありましょうや。それから待つこと一ヶ月あまり。

ジャジャーン、なんと2個だけもできていましたぞ。しかし1個はカチカチの石ナスゆえボツ。
石ナスができた水ナス

残る1個は、お尻にざらつきはあるものの、可食OKの様相でございます。喜ばしいことで。
整枝後の水ナスにできた食べられそうな1個の実

とはいえ、他に花芽は見あたらず、これにて水ナスは終了の見込みです。終わったなあ、夏。

【追伸】去年の水ナスはまったく実がならなかったので、今年は進歩いたしました。(と思いたい。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ナス | 16:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT