種から水耕栽培の枝豆「秘伝」:収穫おしまーい

2016.09.05 15:20 | EDIT

枝豆の秘伝。大きくなった実から順にちょっとずつ収穫しておりましたんですが、急に葉が茶色になり始めました。もうおしまいにしなくちゃらなんのか。あ~あ、まだ未熟な豆が残ってるのに。

しかたあるまい。
ついてる実はすべてはずし、茎を工作ハサミで切ろうとしたけど、固いのなんの。けっきょく植木鋏を持ち出し、腕力にものをいわせました。
枝豆の秘伝 枝葉

根をのぞいてみました。
枝豆の秘伝 水耕栽培の根
さわってみましたらば、固くてごつい。キュウリやナスの根はとろけてしまったりするけど、丈夫なのかな枝豆の根って。
ぎゅうぎゅうと、わが怪力をふりしぼって切断。指が真っ赤です。ハサミの豆ができそうでしたけど。
それにしても、この根っこがもったいないなあ。「きんぴら大豆」にでもならんのかいな、とぞ思う。

最後の収穫はこんだけ。未熟でひらべったいのもまじってますが。
収穫した枝豆の秘伝

フライパンでフタをして炒り煮にしました。盛りつけたら、中皿にいっぱい。
中皿に盛りつけた枝豆の秘伝

これが最後か。噛みしめていただきます。豆は甘く、カチッとしっかり固めです。うまいなあ。
あっという間になくなりました。食べるのって早いわ。
育てるのは長いことかかるのに。
秘伝の種まきは、4月24日で、数えてみたら今日で133日めでした。約4ヶ月半の栽培だったことになります。種袋の標準とほぼ同じ。へー、同じなんだ。みょうに感心してしまいました。

あれ? 〈そんなに長いことボツにしないでよくまあ栽培できたもんだ〉でしたわ。だって去年は、3ヶ月くらいで枯れさせてましたから。

おっ、ということは、今年はなにか栽培の仕方がちょっとましになったんのかも~。

どれどれ、今年はどんな工夫をしたんだか、思い出してメモっておくことにしましょ。

そうそう、まず株の置き場所を考えたのでした。秘伝の身長は90センチほど。でかいです。ベランダには、大きな株になるトマトやナスもベランダにあり、どうレイアウトしたら身長のでかい秘伝も設置できるのか悩ましかったのでした。

そこで、コンクリートフェンスに鉢を置いても日があたるよう、株の下に箱などを組み合わせて置き台にしたんでした。
しかし、そのままでは背高の株がぐらぐらするので、上のもの干し竿からひもで吊るす作戦。
ゴミ箱で水耕栽培の株姿 エダマメの「秘伝」
うん、これで、フェンス下の床に鉢をおくよりはましな日当たりぐあいになったかと。
こんなてきとうな土台でも倒れなかったのが不思議ですが。

高い土台のおかげで、鉢の位置も高くなり、腰をかがめずに液肥の追加ができました。楽ちーん。

来年もぜひ、枝豆の秘伝、やってみたいですぞ。
今年は黒豆系のたんくろうという品種も初めて栽培しましたが、収穫までが早かったけど収量が少なめでさびしゅうございました。
秘伝は大きすぎる株だし、時間もかかるけど、株は上に伸びるのでわりあい場所をとらずにすみましたし、お豆が大きいので満足度大。時間が豆を大きくする、ってことでしょうかね。
そうそう、一鉢に2株一緒に植えても育ちが悪くならなかったので、次回もぜひその線で!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 豆類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

水耕栽培の枝豆「秘伝」:収穫と栽培株数

2016.08.29 20:20 | EDIT

 枝豆(「秘伝」)をようやく収穫しました。でもでも、いっきに全部収穫はいたしません。ちびちび、食べる分だけにしました。
大きそうなサヤだけとった枝豆の秘伝

ブログKの 鉱物採集記録 + αのkasugai90さんがコメントにて、「自家栽培ならば、食べごろの莢だけを収穫。こうして永くたのしめますよね~」とお教えくださり、おお、そりゃあいい、ってなわけで、かような少量つみとり方式にしたしだい。

フライパンに、洗った枝豆と塩を振り入れてもみもみ。フタをして蒸し煮。
蒸し煮にした枝豆の秘伝

ぷははは。思わず笑みがこぼれます。いや、ヨダレかもしれんです。
涙もでそう。なにせ、種まきから、苦節127日目。やっといただけるんでございますから。

旨し。豆がみずっぽくありません。ピシッとつまった感じ。前回収穫した枝豆は、黒豆のたんくろうという品種だったんですが、この秘伝はそれよりだいぶ大きいみたい。ひとサヤが大きいって、満足度高いんだなあと思ったり。
久しぶりにビールをいただきました。グビッと美味しかったです。


ところで、このたび水耕栽培した秘伝は、ゴミ箱容器に1株だけ植えたものが1鉢と、2株一緒に植えたものが2鉢あります。実がたくさんついたのはどれだとお思いでしょうか。
私の予想は、「とうぜん1株だけ植えたやつにたくさん実がついている」です。

どれどれ、1株だけ植えた鉢の実のつきかたを見てみよう。
枝豆の秘伝 1株だけ植えた実のつきかた
ざっと、20サヤくらいかなあ。もうさっき収穫してから数えてるんで、だいぶいいかげんですが。

2株一緒に植えた鉢の1号。
枝豆の秘伝 2株一緒に植えた実のつきかた(その2)
40サヤくらい?

こちらも、2株一緒に植えた鉢の2号。
枝豆の秘伝 2株一緒に植えた実のつきかた(その1)
うーん、50とか60サヤでしょうか。

こうしてみると、1株だからたくさん実がつくというわけでもなさそうです。2株一緒に植えてもだいじょうぶなような気がするなあ。実験例が少ないのでなんともいえませんが。

ともあれ、狭いベランダですので、2株を1つの容器で栽培できるってのはうれしいです。よーし、次回の栽培はぜひ、2株一緒でまいりましょうぞ♪…と、取らぬ狸の皮算用。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


Category: 豆類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

エダマメの「秘伝」:収穫サイズの「巾」って?

2016.08.28 13:18 | EDIT

ゴミ箱で水耕栽培をしている、エダマメの「秘伝」

実がプランプランしてきました。ぼちぼちかなあ。(撮影:8/26)
ごみ箱で水耕栽培 エダマメの「秘伝」の実

種まき(4/24)からきょうで126日。種袋によりますと、「6月初旬の播種で、120~130日位で収穫期に達します」とありますから、日数的にはほぼOKなようです。

いえね、収穫も気がかりなんですが、背丈が80㎝ほどもあり、葉も茂っているので鉢ごと倒れそうな塩梅なんですわ。
ゴミ箱で水耕栽培の株姿 エダマメの「秘伝」
あれこれ重ねた上にのっかってますからなあ、早く収穫して栽培をおしまいにしないと総崩れしそうな予感。

ところが、収穫時期がわからんのですわ。

種袋には、「莢は巾2cm長さ7cm位の白毛の大莢でボリュームが有り、市場性にすぐれ、濃緑色の莢で風味と甘味に富み食味最高です。1株あたりの莢付きも70前後と多く、収量性が抜群に高い。…」

…とありましたので、とりあえず実の大きさを測定してみることにしました。

まずは、さやの「長さ」。「7㎝」が種袋推奨サイズのようなんですが。

この3粒入りは、約8㎝あります。おお、合格かも。
エダマメの秘伝 3粒サヤの長さをはかる

それなら、実が2粒のさやの場合はどうなんでしょうねえ。うちではこのタイプが一番多いんですけど。

だいたい7㎝。 あらま、こちらさんも合格。
エダマメの秘伝 2粒サヤの長さをはかる

お次は、推奨「巾2cm」だそうですけど、どんなもんですかねえ。

ん?「巾」って、どこだ? 巾って厚みのことかなあ。うん、厚みだよ、厚み。だって豆の太り具合が気になるんだから、厚みを調べるんだな、きっと。

というわけで、サヤの厚みを調べましたんですが。

なにっ、1㎝しかないじゃん。
エダマメの秘伝 サヤの厚みをはかる
こんなに固くてごっつい豆になっていそうなサヤでも1㎝ほどしかないよ。

厚みを「2㎝」にしようと思ったら、あとどんだけ待ちゃあいいんだあ? だいたい、2㎝もある豆になったら、それ、オバケ豆じゃん。なんか、へん。

あーーーーっ、もしかして、「2㎝」は、「厚み」じゃなくて「横幅」のことだったりして。いやん、もう一回調べ直してみようじゃないの。

再度測定。19ミリありました。あらま「2㎝」って、横幅のことだったみたい。きゃー、お恥ずかし。
エダマメの秘伝 サヤの幅をはかる

なんとまあ、もうとっくに収穫してよい、ってことでありました。いやそれどころか、とうにすぎてしまってたかもよ、さわってみると豆がやけに固かったりしてるもん。

とっとと収穫したいけど、きょうはこれからでかけねばならず、明日にならんと作業はできませんのじゃ。

は~、おそらく、エダマメとしてゆでても、固い固いもんが仕上がることでしょう。なんなら、このまま完熟させて乾燥大豆にでもしたほうがよかったりして。うっ、それ、ちっともありがたくないぞ。

いかんいかん、それよりなにより、台風10号が気がかりです。またまたベランダの鉢を部屋にとりこむ作業をいたさねば。
この作業、今度で3回目になるんですけど。(ブツブツブツブツ)
とはいえ、大豆になりかけのエダマメまでもふっとんじゃったら元も子もありゃしませんからな。片付けきちんと、戸締まりしっかり、窓には板を打ちつけて(そういえば、今頃、こういうのしないなあ。)備えましょうぞ。

みなさま、どうぞ、ご無事で!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 豆類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

エダマメの「秘伝」:種まきから97日目がこんな感じ

2016.07.30 15:25 | EDIT

エダマメは種まきからどれくらいで収穫できるもんなんだろう。
この前収穫した「たんくろう」は、早生品種だそうで、種まきから67日で収穫でき早くていいなあって思いました。といっても、3株でほんの少量、小皿1個分でしたけどね。
さて今、ベランダで育っておるのは「秘伝」という中晩生(ちゅうばんせい)の品種だそうな。たんくろうと同じく4月24日に種まきして今日で97日目。

ただ今、こんなです。葉がうっそうとしてて、背丈が約96センチ。もの干し竿についちゃうよ。
エダマメの「秘伝」種まきから97日目の株姿

ゴミ箱で水耕栽培してるんですが、日当たりをよくしたくて、ゴミ箱の下に台などをおいて高くしてあります。
それにしても、エダマメがこんなにのっぽ君になるもんだったとは。グラグラするから、ひもで上のさおにくくりつけました。。

さてさて、肝心の実はどうなってるやら。
秘伝の実のなりぐあい
ややっ、日頃貧相な収穫のわがやには珍しく、ブラブラつらなっておる。うひょ~♪

しかも、ひとさやがでかいんじゃなかろうか?
秘伝のさやの大きさ

あ、けど薄っぺら~。まだまだじゃん。
エダマメ秘伝のさやの横幅

調べてみたら、うまいこと育てますと秘伝の実は、長さ7センチ、厚み2センチになるんだとか。あくまでも成功例でしょうけどさ。

へー、まだ花が咲いてるんだ。実ができつつ花も咲くんだね。
秘伝の花

収穫時期も調べてみましたら「6月初旬の播種で、120~130日位で収穫期に達します」ですって。うち4月種まきだもんねえ、早すぎて温度が上がってない時分だったから、こりゃ当分収穫できっこないみたい。うう~、長いなあ。
じつは、このエダマメを育てているスペースに、だいぶ大きくなったトマト苗をおくつもりだったので、まいったなあ、なのでした。

さらにエダマメのお勉強をしましたらば、エダマメも「摘心」すると枝数がふえて実もふえるという記述を発見。いやん、知らんかったわ。もうここまで育っちゃうと時すでに遅しだそうです。お勉強はしておくべしですなあ、早めに。

おっと、忘れるとこでした。根のご健康も検査しておかねば。
水耕栽培しているエダマメ・秘伝の根
うーん、これってどうよ? 

根がだいぶ絡まってるみたいだし、やや薄茶色だし。もしやゴミ箱じゃ容器が小さかったのかしら。ということは、エダマメ育てるのに、でっかいスチロール箱を用意せにゃならんのか? トマト以上の待遇を必要とするエダマメ・秘伝。おそるべし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 豆類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

4月末種まきのエダマメ:「たんくろう」収穫

2016.07.07 18:34 | EDIT

エダマメ2種類を、2リットルのペットボトルで水耕栽培しています。4月に種まきしてかれこれ2ヶ月あまり。株の背丈にだいぶちがいがでてきました。

左が「秘伝」で、右が「たんくろう」。(撮影:6/30)
6/26 エダマメの「たんくろう」と「秘伝」の株の大きさくらべ
ひえーっ、倍ぐらいちがうんだあ! 

その背の低いたんくろうには、ふっくらした実がついちょります。
6/30 エダマメのたんくろう 実の付き具合

よし、収穫。おっとその前に、根はどんな感じだろう。のぞいてみる。
エダマメのたんくろう 水耕栽培の根
薄茶色でした。健康状態は、まあまあかな。

3本のペットボトル分を全部収穫して蒸し焼きにしたら、お皿にこれぐらいになりました。
6/30 収穫して蒸し煮にしたエダマメのたんくろう
ははは、少量ですな。しかーし、お味は良好、バッチリ。あ~、うめえ♪

さあて、次なる「秘伝」の収穫が待たれます。

背丈はいまや60センチあまり。でかっ!
もの干し竿にひもで固定してますが、もうそれも越えていきそう。(7/7)
7/7 エダマメの秘伝 背丈は60センチくらい
まあ、これも緑のカーテンといえるでしょう。この一角は涼しいですから。

こんなですから、液肥は毎日補充しないと間に合いません。そりゃあそうだ、たった2リットルのボトルですもんね。しかも、1ボトルに2株はいっています。この程度の容器でも収穫できるんでしょうか。

実は5ミリ程度になりました。待ってま~す♪
7/7 エダマメの秘伝の実

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

Category: 豆類 - エダマメとヒヨコ豆
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード