園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シュンギクの収穫つづくよどこまでも~♪

お初栽培の中葉シュンギクは、いまだご健在でございます。
シュンギクの収穫
種まきは去年の10月なかば頃で、その1ヶ月後から収穫を始め、それから5ヶ月ほども長生きしておいでというわけです。
こうして、ちょこちょこ摘み取って食べられるという、まことにありがたいことで。

それにしても、シュンギクって、春になったら花が咲くんじゃないのかなあ?

つみとった軸の中心部分をよーく見ると、わずかにつぼみらしきものができてはいるようです。
シュンギクの花が咲くと見られる中心部分
もしかすると、つぼみがまだこんな小さいうちにつんでしまうから、花が咲くまでにはいたらないのかもしれません。

同じく、キク科のチコリも、そういえばまだ花が咲いてません。こちら土栽培の株。
土栽培のチコリ

こちらもチコリ。ペットボトルの水耕栽培株です。
ペットボトルによる水耕栽培のチコリ
どちらも、びろーんびろんと葉がよく茂ります。もう赤い色の葉はなくなって緑に変わってきました。

収穫できて長持ちするのはうれしいのだけれど、プランターがあかないので、次の野菜の種まきができないでおります。
お次は、ラディッシュとクレソンとシソとバジルをと思ってるんだけどなあ。へへっ、よくばってますな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シュンギク | 18:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地道な野菜とお派手な野菜

 当方のベランダに占めるシュンギクの面積は、少ない方だと思います。写真手前下の長さ60センチのプランターに植えてあるのがシュンギク。その上方で、どでーーんと大きな葉を広げている子持タカナとくらべると、こじんまりです。
シュンギクと子持タカナと右端がイチゴ

そんなちょっぴりな面積にもかかわらず、まめに収穫できるシュンギク。
2/16 収穫したシュンギク

また、こちらのちゃんこネギもしかり。ペットボトル容器6本でほっそり栽培。
2/7 ちゃんこネギ

だいぶ長くなったので、収穫いたしました。根元を10センチくらい残し、再生させてからも収穫しようという作戦。
2/16 収穫したちゃんこネギ
ネギとかシュンギクとかありふれた野菜だけど、ちょいちょい収穫できる野菜はありがたい。地道な野菜が一番ですぞ、と思うのであります。

それにくらべ、子持タカナなんぞは、まだ一度も収穫することなく、ますますでかい図体になりベランダを狭く狭くしてしまってからに。ほんのわずかしかできない新芽を食べたいがために、種まきから6ヶ月も待ちに待っておるという、一発勝負のお派手な野菜。こちらもまたすてがたい。

地道とお派手。そのどちらもたのしみたいのだなあ。うんうん。


【ソバのスプラウトお初観察記録:7日後】

 昨日は出張でスプラウトのソバを観察しそびれました。今朝ほど、どうなってるかしらねえ~♪てなもんで、うきうきして容器をおおっていたアルミホイルをどけてみたら、これですわ。
2/18 容器のふちから上に出たソバのスプラウト
プラスチックの「コップのふちより背が高くなっている」のです。つまり、生長しすぎて折れ曲がりつつホイルの中におったわけですなあ。こんなんで大丈夫かいな。

ほ~、種の茎がうっすらピンク色。
種帽子の下のあたりがうっすらピンク

おや、種帽子があと少しで脱げそうになっておる。
脱ぎかけている種帽子

お節介ですが、種帽子取りをやってみた。へへっ、ぶじにとれましたぜ。
スプラウトのソバと、脱がせた種のから
これってソバのカラだから、集めれば枕になるんじゃなかったっけ? スプラウト何回分で枕一個ができるんだろう?

そういえば近所のJAさんで、蕎麦殻一袋(枕1個が充分できる分量)を700円で売っていたみたいなんだが。
なにやら気が遠くなるような皮算用である。

ま、そういうことで、スプラウトにして食べる、だけにしましょ~っと♪

ではでは、二重窓の中で、ナスと一緒に日光浴。双葉になっとくれ。
二重窓のあいだでナスと一緒に日光浴

〈注〉
なお、ちゃんとした美味しそうなブロッコリーのスプラウト栽培はこちらでごらんになれます。
か~ちゃんさんのブログ「猫ごはんと5匹のギャング」にて
スプラウト。(ブロッコリーの芽)
「マロン!お前もか!」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シュンギク | 16:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初 シュンギクのお浸し

 お初栽培のシュンギク。珍しくたっぷりめに収穫ができました。
12/30 収穫したシュンギク
わりあいお天気がいいせいか、この冬は青物野菜がよく育っているなあとは思っていたのだが、慌ただしくて収穫できずにいました。すくすく育ってくれてありがたや。

ではでは、お浸しにいたしましょう。
ゴマ和えできるほどにありました
いつもはお鍋にちょっとばかりでしたからねえ。うまし、うまし。ゴマ和えにしようかと思ったけれど、これもまたよし。

収穫後のプランター。もうしばらくしたら、また収穫できそうな感じです。うれしいな♪
収穫したあとのシュンギク
それにしても手前の子持タカナがやけに茂っておるではないか。大きな鉢にうつしかえてやらねば。
ああ、これから京都。時間切れ~。出先から帰ってきてからになりますなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シュンギク | 06:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培のシュンギク:種まきから2ヶ月後

 中葉シュンギクの種を友人からもらってまいたのが10月16日。それから1ヶ月あまり後、間引きもかねてお初収穫してみました。(撮影:11/23)
種まきから1ヶ月あまり後に初収穫
なかなかにうれしい! とっても柔らかいので、そのままサラダに添えていただく。はい、菊の味がいたしました。

プランターで育てている株も、上の方の茎を取り去ったのですっきりです。
収穫後のシュンギク
あー、でもでもこのあと、ちゃーんと脇芽がでてくれるんだろうか? かき取りの時期がよくわからんままやっちゃったからなあ。ちと、心配です。

お初収穫から10日後(12/5)。若干ふさふさしてきたようではあるが、どんなもんじゃろのう。
12月5日 プランターのシュンギク

近づいてのぞいてみる。
脇芽がでてきたシュンギク
おっ、分岐してるって感じ? やれやれ一安心。

鉢栽培のシュンギクはどうだろう? こちらものぞいてみる。
鉢のシュンギクにも脇芽
あら、OKそうです。でも混み合っているみたいなんで、このあと少し間引きました。

その後、だいぶ間があきまして、初収穫から約1ヶ月後(種まきから2ヶ月後。)。鉢栽培はこのようになっておりました。
種から栽培して2ヶ月後の鉢のシュンギク
へーっ、よく育つもんなんですねえ。

プランターのシュンギクは、こんな塩梅。
種まきから2ヶ月後(12/17)のシュンギク
鉢の中の土が見えませんなあ。さらに間引きをしたほうがいいのかもしれません。 いやはや、びっくり。頼もしい限りです。
例年、冬は室内でレタス類を栽培してましたけど、今年は種まきしそこなったので、冬野菜がないなあとさびしくしてたんですが、この元気なシュンギクのおかげで葉物野菜がたのしめそうであります。わーい♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| シュンギク | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドキドキのお初栽培「シュンギク」

 まだ一度も育てたことがない野菜がいっぱいあるんですが、そのうちシュンギクをお初栽培しております。種は、畑をやっている友人から頂戴したんですが、はたしてうまく育つんでありましょうか。

種まきしたのが10月16日。それから10日後。本葉がでてきました。中央の上です。(撮影:10/24)
種まきから約10日後のシュンギク

種まきから約3週間後。ポットからはみ出そう。(11/7)
11月7日 本葉が出てしっかりしてきたシュンギク
液肥を入れるくらいで何もしてないけど、なんとかなってるみたい。ホッ。植えかえしたほうがいいかしらねえ。

というわけで、翌日プランターにお引っ越し。培養土は、ヤシの実のチップでできているという「土ブロック」という商品。
11月8日 定植したシュンギク
下はチコリのベローナレッド。種まきがシュンギクより1ヶ月ほど早いので、だいぶでかくなってました。このチコリも一緒に植えかえたんですが、土ブロックというお品で植えるとき、ちょっとむずかしたかったです。材質が軽く、フワンフワンしているので、根をおさえこみにくいのでした。そこで、水をかけながらやってみたら、だいぶ落ち着きがいいようです。

 でもでも土ブロックのいいところは、手洗いが簡単なところ。手についても上から水をかければすーっと流れ落ちていきます。絨毯にこぼしても、掃除機でかんたーん。爪の間にもはいらず、ホコリも舞い上がらず。なるほど、ベランダ作業にはありがたいことで。
さあ、あとは大きくなって収穫までいけますかどうか、です。シュンギクって、寒さには弱いのかしら?
この辺りは、最低気温がマイナス5度ぐらいまでにはなるので、そのなったらネットをかけようかと思ってます。
お鍋に入れられるほどに育ってくれたらいいなあ。たのしみ、たのしみ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ


| シュンギク | 17:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |