FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤツガシラの収穫

昨年から友人たちと近所の畑をお借りしてまして。きのうはヤツガシラを収穫しました。畑のすぐ横を流れる小川で泥を洗い流す。ちょっと寒かったけど、水流できれいになりました。(関連する当ブログ記事はこちらです→「秋だショウガとサトイモ収穫」

朝、いいお天気なのでベランダに並べて干してました。(撮影:11/4)
ヤツガシラの収穫

でもねえ、このまま貯蔵するより加熱してしまったほうが調理がしやすいと思い直しまして、とりあえず蒸すことにしました。

親芋を1個、まな板におく。こんな武骨な姿をしてるけど、これのいったいどこからどこまでが「芋」の部分なんですかねえ。

バッサリ切ってみたら、茎はほんの少しであとはみな芋になってた。
ヤツガシラの親芋はどこまでが茎でどこから芋か。

この境目のところでなにかがおこって、茎と芋とに別れるんだろうか。なんか不思議である。

さて、蒸します。圧力鍋で5分ほど加圧してみました。小芋は、皮が簡単にペロリとむけてたのしい。手がかゆくならないのもうれしい。
ヤツガシラの親芋と小芋を蒸した。

さあてこの後、どんな調理にしようか。とりあえず、今日はビーフシチュー(といっても、シチューの素だけがビーフで豚肉が主役)に入れることにします。

そうそう、ヤツガシラは茎も食べられるんだそうで。
ブログ「須賀利第二の農業生活」の中井農園さんに教えていただいたレシピをもとに、ぬか漬けをいたしてみようと思います。

二度漬けするんだそうで、まずは最初の塩漬けに。ちゃんとした漬物用の容器や重しがないので、即席漬けの容器を使用。650グラムほどあったので、250グラムの塩をふってみましたぞ。
ヤツガシラの茎。塩漬けしてのち、ぬか漬けにするのだ。

明日までにおいておき、水が上がったら、今度はぬか床に入れて漬けるという工程になるみたいです。

茎は、皮をむきました。これがじみ~に、手間がかかるもんなんですねえ。そして、爪に皮がつまり指が芋色に染まっております。
ヤツガシラの茎と格闘した結果。

どーかうまいこと漬かってくれますように。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 八つ頭と里芋 | 16:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋だショウガとサトイモ収穫

近所にお借りしている畑で、友人2人といっしょに菜園をたのしんでます。というか、野獣と虫さんたちにほんろうされてるような気もいたしますが。

10月13日。左端がショウガ。うまく育っているといいんですが、どうでしょう。
10/13畑のショウガ

同じく10月13日。こちらはサトイモ。なんだか倒れちゃってるんですけどだいじょうぶかいな。
10/13畑のサトイモ


10月21日。収穫の日。雨がふらないうちに急げ~!

ショウガは、どうかな? おっ、でかい! ちょっといいかも。
収穫したショウガ

堀あげ終了。ランララン♪
10/21収穫したショウガ

サトイモも掘る。近くの川で洗い、ショウガの葉の上に並べて水を切ってます。さっぱりきれい。まぶしいねえ。
10/21収穫したサトイモ

あ、そうそう、この川で芋の子洗濯がこれまたたのしかったんですが、この話は長くなるのでまた後日。

さて、自転車の前と後ろのかごに詰め込み、ぐらぐらふらつきながら家にもどる。
サトイモは、乾かしたいからベランダの床に並べた。
ショウガは、甘酢漬けにしょう。レシピを検索。白ごはん・comの「新生姜の甘酢漬け(ガリ)のレシピ/作り方」を参照。

それにしても、でかいです。去年は小粒の品種だったので下ごしらえになんぎしましたからねえ。これなら簡単らくちんだあ。苗は友人が「近江ショウガ」を選んで買ってきてくれました。いい品種をありがとうさんです。
近江ショウガ

洗ってスライサーでシュッシュッ。毎度手のほうを切っちまうので、このたびはちゃんと軍手使用。
ショウガをスライスする

全部で 2,405グラムもあり。固まりが大きいと可食部分も多いのだなあ、うんうん。
スライサーで切ったショウガ

スライサーで切れないくらい小さくなったところや茎の赤いところは包丁でちまちま切る。
包丁で切るショウガ

でけた!
ショウガを甘酢に漬ける

茎の赤いところは固いけど色出しになるそうなので、お茶パックに入れてのせてみた。うまく色がうつってくれたらうれしいな。
ショウガの茎の赤いところをいれる

半日後から食べられるそうで、保存は冷蔵庫で2か月とか。たぶんほどなく食べきってしまうにちがいない。なにせお刺身でなくても、パンであろうがうどんであろうが箸休めにもれなくいただくつもりですんで。

それにしても、ショウガのいい香りに包まれ、掘るのも調理するのもシヤワセな気持ちでござんした。

【10月24日:追記】

畑の隣りでサトイモとショウガを洗う。いい具合の水流で、芋をふりふりするだけ、ゴシゴシやらずとも泥が落ちていきます。
小川でサトイモとショウガを洗う

あたりにはショウガのいい香りが漂い、うっとり。
安心してると、お尻が水に濡れて、「ひえっ!」ですが。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 八つ頭と里芋 | 17:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

畑のヤツガシラ

友人たちと一緒に近所にお借りしている畑の草取りをしてきました。暑かったけど、曇り空のちょうどいいお天気でした。

ヤツガシラがだいぶ茂っております。わーい、なのだ。手前の一列は他の方のです。(撮影:9/1)
畑のヤツガシラ

それにしてもなんで中央だけ背高に育ちましたかねえ。背の高いところはきっと、肥料を(めんどくさがって最後に)どっさりぶちまけたからじゃないかと話してますが、どうなんでしょう。
左端の株が低いのは、イノシシにかっぽじられて、慌てて埋め戻しています。それでもまあよくここまで育ったもんだと、感心、感心。

なお、ヤツガシラの茎はお漬物にできるそうで。ブログ須賀利第二の農業生活の中井農園さんからレシピの資料をいただきました。
茎漬け、甘酢漬け、ぬか漬けなどなど。ホホホ、今から楽しみにしておるしだい。まーだ、収穫もしておらんのに、ですが。

そうそう、カマキリが私の帽子にとまったといって、友人がパチリ。カマキリの後方に草取り用の鎌も配置して。
帽子にとまったカマキリ

カマキリさん、あせってますがな。
バッタもたくさん。歩くたび、いっせいに飛び立つ。

先週畑に行ったときは、ショウガにセミがとまっておられました。脱皮した直後だろうか。
ショウガにとまってる蝉。

畑は、まだ実のついたナスも、実のできていないカボチャも、花咲いてるだけのインゲンも植わってるけど、そろそろダイコンやシュンギクなどの種まきをする予定。秋がどんどん追いかけてくるなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 八つ頭と里芋 | 17:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤツガシラ芋の盆栽と冬

ブログ須賀利第二の農園生活の中井農園さんからいただいたヤツガシラ(八頭)の小さい芋。それをば湯飲み茶碗くらいの盆栽に仕立てて楽しんでおりましたのが夏。秋になり、だんだんしおれてきたので、そろそろ終わりだろうからと室内にとりこんだのが10月末頃でした。
10/24 ヤツガシラの盆栽

いずれ枯れてしまうんだろうなあと思ってましたらば、12月もなかばにですのに、まだまだご健在でございまして。(撮影:12/14)
12/14 ヤツガシラの盆栽

それどころか根元には、新しい小さな葉がいっぱいできておるんですわ。
新しい葉がいっぱいできてます

ヤツガシラって冬越しするんだろうかと調べてみましたら、サトイモというのは多年草なんだそうで。ということは、うまくすると来年もお元気かもしれないわけですよねえ。わーお、びっくり長生きさんだあ。
だいじにして来年もぜひぜひたのしもうじゃあないの~♪
もしかして来年、この小さな芋を畑に植えたら大木になったりして? ならんかなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 八つ頭と里芋 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八つ頭イモ:畑栽培の収穫(その2)

友人の畑で収穫させてもらったのは八つ頭イモの他に、サトイモ、ミズナの間引き菜、最後のクウシンサイ、落花生。それと畑のそばにあったザクロもです。

あまりにたくさんで、シンクがギシギシ。
収穫した、八つ頭とサトイモとミズナ、ザクロなど。

サトイモの親芋を洗って分解。親芋は固いイメージがあるんだけど、これはぜんぜん。蒸して食べてみたらむっちりとして美味しい。
サトイモの親芋

あ、八つ頭イモの親イモですが、根の方からの写真を掲載しそびれたので、今、ここに。名前どおりゴツゴツしてますなあ。
八つ頭イモの親芋


ざっくり切れてるザクロ。
ザクロの実

割ると、真っ赤な粒々あり。
割ったザクロの実

そのままカプッとかぶりつきました。粒々からシュワーっと甘酸っぱい汁がほとばしる。種を口からしごいてだそうとすると、しぶしぶな味が残る。でもまたカプッとかみつくと甘ずっぱい汁が広がって、またしぶしぶになって…いつまでやってるんじゃ。

ザクロは高い木の枝にできていたので、友人の一人は高枝切り鋏で切り落とす役、もう一人は受け止める入れ物をかかえて待機。私は友人のワンちゃんと見守り係という3人と一匹の連携プレーにて無事収穫できたというしだい。

これはそのときのイメージ図。
ザクロとり

果物とか山菜採りって、そのときの収穫風景がいつまでもリフレインしますなあ。みな、ガキンチョになっておる。

そうそう、友人から珍しいものをいただきました。お家の庭にできたナツメとムベ。
ナツメとムベ

ナツメは生と乾燥させたもの。生のナツメは、リンゴみたいなお味なのだ。
でも、「ムベ」ってなんだろなあ、「むべなるかな」はなんとなく知ってる言葉だけど、まさか植物に「ムベ」というものがあろうとは、であります。
お味は、ふわ~っとした甘み。アケビより種が大きいからぺっぺと出しやすいです。


ところで、うちのベランダでも八つ頭イモを育てておるんでございますよ。

5/5 八つ頭の「盆栽」ですが。ちいちゃくても、ちゃーんとサトイモの葉っぱ。
5/5 八つ頭の盆栽

6/9 もりもりと茂ってきました。
6/9 八つ頭の盆栽

7/26 肥料をやりすぎたためか、背高のっぽになっちゃった。
7/29 八つ頭の盆栽

10/24 まだまだご健在。枯れたかも、と思ってもまた新芽がでてきます。丈夫だなあ。
八つ頭イモの鑑賞用鉢植え

そういえば、この茎も食べられますよねえ。皮むくのがたいへんそうですけど。
あ、子芋は、さすがにこの株サイズではできておらんようです。寒くなったら室内にいれてやろーっと。

なお、この八つ頭イモは、友人の畑で育ったのと同じおイモで、須賀利第二の農業生活の中井農園さんからいただいたきました。盆栽の育て方もお教えいただきました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 八つ頭と里芋 | 14:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT