園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

食べたキンカンの種をまいて 6ヶ月

仕事先の保育園さんの給食でキンカンをいただきました。たいそう美味しいキンカンでして、もったいなくてその種をまいたらば芽がでました。(ここまでの記事はこちらです。)

種まきから6ヶ月。

ちょいとなんか盆栽のような風格がでてきたような?(撮影:9/26)
種から6ヶ月のキンカン
それじゃ、もうじき実がなるかも~、なんてね。
ハハハ、いくらなんでも早すぎますか。

半年で身長がただいま25センチ。ということは、1年で50センチ、2年で1メートルになる計算です。わっ、大木になりそう。どんだけたくさんの実がつくことやら。
いえいえ、まだ花さえ咲いていませんから~。

身長だけでなく、横幅も大きくなったようです。中央の茎がまっすぐ1本だけだったのに、枝がはえてきてました。
種から6ヶ月のキンカン 枝ができました

枝は全部で4本あり。この横の枝のおかげでちょっとばかり樹木の趣が感じられるのもしれません。
幹の太さは竹串程度ですけどね。
それでも、丈夫みたいで、けっこうな風が吹いているときでも、しなりながら体勢を保っています。なるほど、野菜の茎とはちがうもんなんですね。
世話としては、液肥を少しやってるぐらいで何もしていません。寒くなったら厚手の布団でもかけてやりますかねえ。

【ちょこっと お知らせ】---------------------------

ときに、ネット世界にこんなタイトルの記事ができたんだそうです。できたて、ほやほや~。

・記事のタイトル:『すくすくと育つ花や野菜に癒やされそう♪介護施設でも楽しめるガーデニング&家庭菜園特集』
・サイトさんのトップページ:介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」
・記事を発信なさっておられるところ:レバレジーズキャリア株式会社

こちらの特集ページには、植物栽培にまつわるいろんなお話が10コマ掲載されています。介護にたずさわる方がおもにご覧になるページなのかもしれませんが、拝見していると、なるほど、こんなふうにしたら窓辺やベランダがあったかい感じになるかも~って気持ちになります。
また、実家の母が介護施設で過ごしているので、そんな母のおたのしみ事のアイデアもあるかも、と思いつつ眺めております。

そして、まことに恐縮ですが、当方のブログが上記の特集ページに紹介されております。しばし前に、担当の方から掲載のお話をいただき、担当の方が掲載文をお書きになり美しい記事にしてくださいました。
(お読みくださった方はどのような感想をお持ちだろう。ドキドキ…)

それにしても、なんかびっくりです。
じつは、私はこのような介護に関する情報を発信なさるサイトさんがあることを、初めて知ったしだい。思わず、会社概要とか拝読してしまいました。いろいろに勉強になります。あ、勉強苦手だけど、こういう勉強ってたのしいなあと思うのです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キンカン | 16:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食べたキンカンの種をまいて5ヶ月

あれは3月2日。仕事先で給食をいただいたとき、キンカンが2個ほどデザートについてまして、それがまあとっても美味しかったんです。瓶詰めかなにかに入ってる煮たキンカンは食べたことがあるけど、生で丸かじりしたのなんて初めてでした。皮がプシューっとはじけて、ジュースがじゅわじゅわ。「あま~~い」となりましてねえ。

その種を持ち帰り、ためしに植えてみたら一ヶ月あまりで発芽。←これに関する当時の記事はこちら。(撮影:4/18)
4/18 発芽したキンカン

じわじわと大きくなり、5ヶ月後、かような大きさになりました。(撮影:8/3)
種まきしてから5ヶ月のキンカン

身の丈20センチくらいでしょうか。つやつやの葉が美しゅうございます。
木になっているのも、木を見るのも初めてなもんですから、興味津々。

この木、キンカンはキンカンだろうけど、いったいなんていう品種なんだろう?

調べてみると、食用のキンカンは「ネイハキンカン(寧波金柑)」というものがほとんどなんだそうで、ああ、うちのもそれに違いないと思ってたら、ちがうみたいな気もするんですわ。

それは、この「とげ」。
「とげ」あり。

「枝にとげがある」と記されているのは「マルキンカン」というものらしいんですが、マルキンカンというのは「実が非常にこぶり」とも書かれてあって、私がいただいたのは3センチくらいはありそうな、「小ぶり」とはいえない大きさだったんです。

はて、いったいどれがうちのキンカンちゃんなんでしょう。同定するって、なかなかにむずかしいもんですなあ。
あ、心配には及びませんぞ。なーに、育てて実がなればわかりますってことですかね。

そうそう、キンカンは実が小さいから50センチくらいの木になるもんだと思っていたら、「樹高1メートルか2メートル」もあるんですってさ。いやん、もう、盆栽程度になるとばっかり思ってたんだもん。あらら、でした。(どーしましょ、ハハハ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キンカン | 21:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芽でたい芽でたい

ありゃあ、なんじゃこりゃ?!
4/8 キンカンの発芽だと思う
うん、たぶん、あれかも。

あれは2月28日。仕事先の保育園さんでいただいた給食の果物にキンカンがまるごと2個ついてまして、皮ごと丸かじり。それがまあめっぽう美味しかったんです。
果肉には種がいくつもはいっており、ティッシュペーパーにくるんで持ち帰りました。家のゴミ箱にいれようとして、ふと、そばに栽培用のプラスチックの黒いポットが。ああこれ、だいぶ前に種まきしたものが発芽しないからとほっておいたのでした。中にはバーミキュライトが入ったままです。ええい、こんなかに突っ込んじまえ。どうせ芽なんか出るはずもないだろうけどさ。種をぐいっと押し込んでおしまーい。それっきれ忘れてましたんですわ。

でもねえ、あのときのキンカンかどうかはわかりませんがな。だって、それより前に何かを植えたあとのポットに埋め込んだんですから。トマトかもしれないしナスかもしれんわけだし。

よしっ、それならほじって根っこをのぞいてみればいいじゃないか。

芽がでているのはもったいないのでそのままにし、あたりの土をほじほじほじ。
でてきましたぜ、ほれっ。
キンカンの種から根が伸びておる

固い皮とこの淡い灰色の色味、この形状。そうだそうだこんな感じの種だったぞキンカン。
ほ~、けっこうしっかりした白い根なんですねえ。

この割れて黄緑色がのぞいてるやつ。これもこれから根がでるんだろか。でないのかなあ。
これから発芽するのか、もうしないのか、このキンカン。

キンカンてどんな木なんだろう。身長が50センチくらいだったらうちのベランダでも育てられるかもだわ。盆栽にしたら小さくおさまってくれるかもしれん。実だって一つくらいはついてくれるんじゃなかろうか。むふむふ。たのしくなってきましたぞい。膨らむ妄想。私のノーミソは只今、キンカンの花が満開です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キンカン | 21:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |