FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

徒長した株のエダマメやいかに

種をまいたら腐らせて、双葉がでれば茎だけひょろ伸び、花が咲いても実はならぬ。そんなエダマメ栽培が得意なわたくしです。

こちら、6月20日に種まきしたエダマメの「湯あがり娘」は、案の定ヒョロヒョロに伸びて、茎はひとり立ちできず、上から紐で吊り下げるありさまでございまして。(撮影:8/28)
徒長したエダマメの栽培

そんなんでも、実はいちおう出来るもんなんですねえ。
エダマメ「湯あがり娘」の実

全部でこんだけありました。片手にこんもり。おお、わたくしにしては上出来。
収穫したエダマメ

塩ゆで完了。黄緑色がまぶしいから、湯あがり“息子”と呼ぼうじゃないの♪
ゆでたてのエダマメ「湯あがり娘」

おいしいねえ。こんなヒョロヒョロ株でも、食べられる実が出来るとは。

根は痛みもなく、わりと太めでしっかりしてました。培地の溶岩礫(ようがんれき)がいい仕事をなすったのかも。
水耕栽培のエダマメの根

今年何度が種まきしたエダマメでしたが、このたびの栽培が最もできが良かったです。
液肥はハイポニカ、容器は2リットルのペットボトルを使用。
めげずに、また来年も種まきしてみますかねえ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| エダマメとヒヨコ豆 | 16:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの「マンズナル」:第2弾はどうじゃろか?

この日は、し残していたベランダの片付け作業をあれこれ。まずは、フェンスに取り付けていたネットの片付けから。

強い日差しよけと鳥よけ用に取り付けていた目の細かいネットです。(撮影:8/23)
ベランダの手すりにネットを張ってある。

近頃は日差しも弱くなったことだし、気温が下がってアブラムシがうろつき始めたので、風通しよくしたほうがよろしかろうとネットをはずすことにしました。(8/27)
取り外したネット。

いやあ、ちょいと困りごと発生。このネットには等間隔に銀色をしたアルミ風の糸が織り込まれているんですが、古くなって劣化してきたせいか、ネットを洗ったら、この銀色の糸がパラパラとこぼれ落ちるんであります。床を掃除すればきれいになるんだけど、全部落ち切れていないから、持ち歩くたびにパラリパラリ。銀色の糸はアブラムシなどの虫除けらしいけど、うーん、悩ましや。
こうなったら、ネットを新調したほうがいいのかもしれませんなあ。

やっとこさ片付け終了。フェンスの向こう側がよお~~~く見えまあす♪ 心なしか涼しい風が通ったような?(8/27)
ネットがなくなったベランダの手すり。

さて、この葉っぱが茂っているのはインゲンの「マンズナル」です。第1弾に種まきし6月~7月にかけて収穫。7月末にはほぼ終わりって、引きつづき第2弾の種まきをして今にいたるわけですが、これが、ちょっと横着をいたしまして、まだ第1弾の古い茎や葉が残っている同じネットに第2弾もはわせたもんだから、どれが古いのやら新しいのやらごっちゃになってしまいました。

しかも、ネットは2重に張ってありましてな。室内側に緑色のビニールでできたネット。その向こう側にはたこ糸みたい糸でできたネットが張ってあるわけですよ。
ネットが2重に張られている。

なにゆえこうなっちまったかと申しますと、糸のネットでは柔らかすぎてたるむので、後からビニールの固いネットも追加したわけなんですが、その両方にインゲンのツルがまたがって這い回るという事態になっております。
しかも、前回栽培したインゲンの古いツルも混ざっているから、どこまで育ったんだか、育ってないのだか観察しにくいのなんの。

そこで、意を決し、古いツルをはずす作業に取りかかりました。これがなかなか…。じみーに、一つ一つハサミで切ってどけて。うっかり、ネットまでも切る失敗多発。ひえ~。
取り外したインゲンの古い茎や葉。

終わって、やれやれ。

根をのぞいてみると、まだそんなに育っていない株もあれば。
インゲンの水耕栽培の根。

かなり茂ってきゅうくつになってる株もあり。
インゲンの水耕栽培の根。

花芽は、ちらほら。
インゲンのマンズナルの花芽

もう秋の気配だけど、だいじょうぶかいな。夏に強いインゲンだそうだからなあ。どうじゃろか?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 16:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆類の腐らない種まき

インゲン「マンズナル」の種まきをしましたらば、根が出る前にくさってしまいました。(撮影:7/28)
腐ったインゲンの種

6粒まいたうち、2粒無事で残りはボツ。
発芽しなかったインゲンの種

薬剤をコートしてある種だけど、この暑さのせいですかねえ、むずかしかったみたいです。

よーし、かくなる上は、溶岩礫(ようがんれき)発芽作戦でまいろうぞ。
インゲンとエダマメの種まき(溶岩礫の上にまく)

キッチンネットの上に溶岩礫(小粒)を入れ、外側の容器に水をひたひたより下くらいまで満たしました。
発根にはネットなしでもいいだろうけど、用事がすんで溶岩礫を再利用する際、水道で洗うのにネットごとジャージャーできて便利なのです。目の細かいザルがないので、このネットがザルがわり。シンクに散らばるのを防ぐのでしたあ。

インゲンは種袋に残ってたのを全部まきました。ついでじゃ、エダマメもやっちまえー、というわけでこちらも2種類「湯あがり娘」(青いコート剤つき)と「いきなまる」の袋全部を種まきしちまった。
でも、種の上の方が乾きそうな気がするなあ。心配だから、ときどき水をスプレーしてみたよ。


2日後(7/30)。でましたぜ、根が。インゲン君、ごくろう!
発根したインゲンの種

エダマメも、こんにちは。
エダマメ「湯あがり娘」の発根

根がでたものから順にバーミキュライト入りのポットへ移動。
発根したインゲンとエダマメを植えかえる

この作戦、なかなかにいい具合です。
ま、ここまではね。エダマメは特にこの後、強烈な徒長をなさるでしょうから、水やりを少なめに、しばし室内で涼しく管理するつもりです。

なお、インゲンは前回種まきしたのがございまして。背丈が物干し竿ほどに伸び、花が咲き、実も出来はじめていたのですが、先日の台風で傷んでしまいました。

風に巻かれて葉っぱがカラカラに乾かされたり、縮れたり。そして枯れました。
台風の風にもまれて傷んだインゲンの葉

すかすかになったインゲンカーテン。
痛んだ葉っぱのインゲン

てなことで、このたび新しく種まきしたインゲンさんの成長に暑い、じゃなかった熱い期待がかかっとるしだいであります。

【追記】
溶岩礫は、「れきこう栽培ドットコム」のれき太郎さまよりいただきましたお品です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 19:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手乗りエダマメ

毎度失敗つづきのエダマメ。今年、一念発起し、絶賛エダマメ栽培がんばろうキャンペーンでスタートしました。栽培容器を百均屋さんで新調。肥料もエダマメ用に微粉ハイポネックスも調達し、いざ出陣!
だったんだけど、発芽するやことごとく、茎がろくろっ首みたい伸びてしまう憂き目にあい、あえなく撤収をくり返しておるしだい。

今、わずか3個のペットボトル分の株がかろうじて生息しております。

1個めのペットボトルのエダマメ。背丈もないのに横だおしになっておられます。(撮影:7/26)
ペットボトルで水耕栽培のエダマメ

根っこは傷んでるふうでもないんだけどねえ。
エダマメの根。

2個めのペットボトル。こちらも同じく茎が細くてぐらぐらなのだ。
エダマメの水耕栽培

根も同じくお変わりないようです。
エダマメの根。

ともかくも実が(やけにちっちゃいけど)できてはいるようですので、これにて収穫といたしましょうかいね。

ぜんぶかき集めて、この分量。手乗りエダマメ状態ですな。「わっ、かわいいねえ~♪」って、文鳥じゃないんだからさあ。
収穫したエダマメ。

小さなお鍋にほんのすこしの湯を沸かし、ゆでました。小皿に少々。どこぞの一杯飲み屋さんのつきだし、っぽいぞ。
ゆでたエダマメ

「薄甘く 香りはするが 歯ごたえの 弱々しきかな 若きエダマメ」。
ま、そんなところでござんした。

そして残り1個のペットボトル。これがですねえ、異様に節のあいだが伸びて伸びて、のたうち回っておるんですよ。しかたがないから上から紐で吊り下げております。骨折したときの三角巾みたいな風情で、ゆらゆらかぜでゆれてますのさ。
エダマメの水耕栽培

一応、花咲いてますけど。この一輪だけだったりして。ハハハ
エダマメの薄紫色の花。

お皿に山盛りドーンのエダマメへの道は険しいですのう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| エダマメとヒヨコ豆 | 16:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほそぼそとエダマメ

失敗に次ぐ失敗で、もはやいつ種まきしたかもさだかではないエダマメ。(前回の記事はこちらです。)

6月20日。
かろうじて残っているエダマメ苗。
6/20 みすぼなエダマメ

ちっとも大きくなれまへーん。容器の一画にはトマトが置き換わって植わってるし。

こんな小さな苗なのに、実をつけたりなんかして。しかも、葉っぱに細かい粉のようなものが付着しておるし。ダニか?
6/20 みのったけれどのエダマメ

あ~あ。しょうがないから、すこしはましな苗だけを集めて植えなおし、ベランダの陽当たりのいい場所に移動させました。

7月3日。
ちょっとは持ち直したかなあ。
7/3 生き残っているエダマメ

実をつけてたものの、ちっこいのだ。
7/3 生き残っているエダマメのちっちゃい実
やっぱりねえ。

じつは、この寄せ集めの苗がうまくいかない場合にそなえ、あらたに種まきをしておりますのさ。

それが、6月20日でありました。
種が腐ることがあるので、水はけのいい溶岩礫(ようがんれき)にまいてます。(青い種は「湯あがり娘」。おうど色が「いきなまる」。)
6/20 あらたに種まきしたエダマメ

6月30日。
無事発芽なさいましたが、茎がびよ~~んとやけに伸びております。わたくし得意の徒長させ事件発生ですな。
6/30 植えかえした枝豆(湯あがり娘)

こっそり引き抜いて、植え直し。溶岩礫をかぶせてインペイ工作でございます。溶岩礫がサラサラだから、根を引き抜くのがじつに簡単。いいですねえ、溶岩礫。根が太めでしっかりしているのもうれしいです。

7月3日。こちら青い色の種の「湯あがり娘」。徒長ぎみではありますが、無事4株がお育ち中。
7/3 植えかえ後のエダマメ(湯あがり娘)

こちらおうど色の「いきなまる」。
7/3 エダマメ(いきなまる)

2株OK。でも1株は失敗です。コーティングされてないこの種は、ほんとよくボツにおなりだ。
なお、このたびはペットボトル容器育てることにしました。大きな容器は床に置くしかないけれど、ペットボトルなら陽当たりのいいフェンスに取り付けられます。これで少しは改善されたかなあ。

ふう~~~。とまあ、ここまできたところ。エダマメ君は、なかなかにむずかしいぞい。

ところで、このたびエダマメを育てるべく、わざわざ新しくプラスチックの容器を買い(百円均屋さんだけど)、蓋にハンダごてで穴をあけて作っております。この記事の一番上の写真にもあります、薄茶色の容器です。
これにエダマメがた~くさんみのって、マメが揺れてるってシーンを願ってたんですがねえ。

今や、その影もなし。シソやらバジルやらトマトやら、ぜんっぜん別の苗が植わっとります。
エダマメ用に加工して作った容器には別の苗が植わってる。

まあねえ、苗を入れた穴鉢(黒いやつ)ごと入れ替えできる容器だから、無駄にはなっとらんのですが……。
蓋付き容器の蓋を加工して水耕栽培。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| エダマメとヒヨコ豆 | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT