園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつのまにかインゲン

急ぎで図版を描く仕事あり。家にこもりっぱなしです。散歩と買い物、ベランダ野菜の液肥やりぐらいはしていますが。
そんなお粗末お世話程度にもかかわらず、収穫はぼちぼちできていてうれしい限り。

5月30日。インゲンは、フェンス下に空き地がなくなったので、ベランダの壁づたいに這わせています。
5/30 インゲンの「成平」の株
ペットボトルの容器2個に、それぞれ2株ずつ入れました。

ちょいとブラブラ。
5/30 インゲンの「成平」の実

収穫しました。キュウリ(ドカナリ千成)とトウガラシ(甘とう美人/冬越しの株より)、シソとイチゴ(めちゃウマ)もちょいと。
5/30 インゲンの「成平」とイチゴ、キュウリの収穫

ま、インゲンはこんな感じで、たまに数本とれるぐらい。もうね、だいじにだいじにいただいておりますですよ。

それが、どういうわけだかこの日(6/5)はドーン! インゲン18本なり~。
6/5 インゲンの「成平」の収穫

キュウリもなんだかはりきってる。カッパになりそ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 20:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの花と実

エダマメとくらべると、インゲンは地味な豆類って感じがいたします。ビールの友ってわけでもなし。あってもなくてもいいような。
それなのに、なんで育てたんだっけなあ。
そうだそうだ、いつだったか収穫したてのを食べさせてもらったことがあって、それがたいそう美味しかったのだ。ゆでただけなのに甘くてねえ。あの味をもう一度、というわけで種を買ったのだった。

トマトとトマトの株のあいだで1本の支柱にからまってるのが、くだんのインゲン「成平(なりひら)」なんですが、ごらんになれますでしょうか。
インゲンの成平

根元はペットボトルで、水耕栽培です。
インゲンの成平

てっぺんは物干し竿付近に達し、成長点は摘み取りました。
インゲンの成平

茎の途中からぴろぴろとわき芽がでてくるのですが、ネットを張って横にはわせることはせず、みな一本の支柱に絡めて終わりにしちゃってます。
インゲンの成平

じつは去年もこのインゲンを育てたのですが、感激するほどのお味には至らず、数量も少なかったので期待薄。こんなおざなりの装置でいいことにしてますのさ。

それでも、花芽はついたようで。
インゲンの成平

実もおつけ遊ばしておられます。
インゲンの成平
あーっ、いたいた、ここにも。もれなくアブラムシの運動会会場となってますがな。

このところ液肥の消費量があがってきて、ペットボトルでは間に合わなくなってきてます。となると、インゲンにも豪華別荘地(ゴミ箱容器)をご用意いたさねば。
おいしくなってくださるのでしたら、いそいそ準備するんですけど、それなりだったら、どーしましょ。うーん、悩ましい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 16:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲンの支柱だけ作戦

ツルのでるインゲン(品種:成平/なりひら)がだいぶ伸びてきたので、そろそろネットを張る準備をしようと思っていたのですが、ちょっと待てよと。ひょっとして、ネットなしの支柱だけでやってみたらどうだろうと考えたのです。こんな感じで。

液肥の入った2リットルのペットボトルに、支柱を紐でくくりました。
インゲンの栽培容器に支柱を取り付けた
その支柱には、ここにじっとしておれよ、とばかりに、インゲンの苗を紐でくくりました。

さらに、支柱の先は天井に設置してあるエアコンの室外機に紐で誘導。あいにく支柱が短くて固定はできなかったもんで。
支柱を天井(エアコン室外機)に紐で取り付ける

うん、これなら、苗の位置を変えたくなったときに、わりと簡単にペットボトルごと移動ができそうです。
なにしろベランダの野菜は株の大きさが色々。うまくいかなければ撤去したりして、レイアウトを変えたくなることがたびたび。そんなときに、ネットにはわせた苗があると、移動させるのかなり手間がかかるのでした。
てなことでして、苗の移動を簡単に、が、とても重要なのであります。

さらに、それぞれの苗の置き場所もちょっぴり工夫してみました。

インゲンは全部で3パック(1パックに2株入ってる)ありまして。それぞれ、別々のところに設置。
背の高い野菜と低い野菜を交互に並べる

トマトだけとかイチゴだけをまとめて並べることはせず、背の高い野菜のとなりに背の低い野菜、というぐあいにしてみました。、
インゲンの株の設置場所
隙間の有効利用と、このほうが風通しがいいかもと考えまして。

さて、このインゲンの支柱だけ作戦と、鉢の凸凹並べ作戦は、はたしてうまくいくでしょうか。期待してるんだけどなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 20:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インゲン(成平)最後の収穫

もう日差しが弱まり寒くなりつつあるというのに、(無駄に)緑のカーテンがはびこってるベランダです。

左側がインゲンの成平(なりひら)の株で、右側が甘トウガラシの甘とう美人の株。
10/17 インゲンの成平の株とトウガラシの甘とう美人

さてきょうは、友人宅へのお土産に、このインゲンとトウガラシを持っていこう思います。
さっそくに収穫。
10/18 朝。インゲンと甘とう美人の収穫(友人へのお土産用)

珍しくちょいと大きめのがとれました。たぶん取り忘れてほっておいたせいでしょう。
珍しく大きな実がなったわい。

夕方になり、再びベランダをのぞいたら、まだ実が残っているではありませんが。ありゃあ、みな取ったはずなのに。急いでいたから見逃しがあったんだなあ。

どれどれ、残りもとっておこうかね、と集めたら、あらま、こんなにもありましたがな。
10/18 夕方の収穫。インゲンの成平はこれが最後。
あーあ、もうちょいと落ち着いて収穫すれば、この残り分も持って行けたのに。

とはいえ、残り物の実は朝の収穫分より小さいみたいなのだ。うーん、そろそろおしまいなのかも。

インゲンの根をのぞいてみました。
水耕栽培のインゲンの根。
白くはなくて薄茶色。しかも先の方が柔らかくふにゃふにゃになってました。うん、これはもう撤収のサインでしょう。
というわけで、インゲンの成平はこれにて終了とあいなりました。

【栽培メモ:インゲンの成平】
種まきは7月31日。初収穫は57日目の9月26日でした。ということは、それから約3週間のあいだ、ぼちぼちだけど収穫を楽しめたことになります。
極少量収穫を得意とする当ベランダですが、インゲン・成平はじつに好成績な野菜でした。いいですねえ、インゲンて。
来年もぜひぜひやりましょうぜ~♪(←「柳の下にはいつもドジョウがいる」と思ってる。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 17:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胚軸切断栽培法 インゲンの結果

胚軸切断栽培法を試みました。でたばかりの本葉と根を切り落とし、双葉と茎だけにして植える方法なんですが、エダマメはうまくいったけど、インゲンはなんだかねえ。

インゲンの成平(なりひら)。2リットルのペットボトル(水耕栽培)に1株ずつ植えてあります。茎が細いし、葉もまばらだし。
インゲンの胚軸切断栽培法 ペットボトルによる水耕栽培

葉におおど色の点々が広がってる雰囲気は、ハダニの仕業でしょうかねえ。
インゲンの胚軸切断栽培法 葉が傷んでます

根をのぞいてみる。左はまあまあ茂ってるけど、右はスカスカだなあ。
インゲンの成平 胚軸切断栽培法を施した根

それでも実はついたのです。ついたけど、これっぽっちなのだ。
インゲンの胚軸切断栽培法 実があまりつきませんでした

これっぽっちでも、お味噌汁の具になるんである。いただきますぞおっ。
胚軸切断栽培法のインゲン 初収穫

一方こちら、胚軸切断栽培法なしのふつうに育った株です。よく実がついてますわ。
インゲン(成平)真っ盛り。実がよくついてます。

まあねえ、種まきして徒長してしまったから胚軸切断栽培法をほどこしたわけで、これは弱っているときの救助法として一か八か試してみる心臓マッサージみたいなもんなのかもしれません。
ま、これからもいざというときは胚軸切断栽培法におすがりしてみましょーっと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| インゲン | 17:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT