FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

モロヘイヤが終わる

一株のモロヘイヤから、ちょっぴりずつ収穫しております。(撮影:9/11)
モロヘイヤの収穫

けれど、なにやらぷっくりふくらんだ芽のようなものがお出まし。
モロヘイヤの花芽と思われる

花芽、かなあ、たぶん。なんでも実には毒があるとか聞いたけど。
ウィキペディアによれば、「種子を摂取したウシやブタの死亡例が日本及びオーストラリアで報告されているが、これまでヒトにおける中毒例は報告されていない」とありました。はて、どーなんですかねえ。
まあ、人体実験はどなたか他の方にお願いするとして、栽培終了といたしますか。

お、そうそう、根っこも観察しておこう。

2リットルのペットボトルから引き出してみる。びろ~~ん!
水耕栽培のモロヘイヤの根

若干焦げ茶色だけど、まあまあ元気だったようです。よしよし。
種まきは7月21日なので、52日で撤収したことになりますか。なんか、収穫時期が短かったなあ。次回はもっと早めに種まきしとこーっと。

さて、モロヘイヤ最後の調理ざます。
ゆでて水に放してきざんでお醤油たらり。

食べるどーーーーっ。
ゆでたモロヘイヤ

ほんのふたくちで完食よ。あっちゅうまでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 16:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モロヘイヤのお初収穫

モロヘイヤは、種まきがいつだったか記憶にも記録にもありません。なかなか大きくならないのだけは感じておりました。が、このたびようやく葉を摘み取ることができました。

ほんの片手分ほど。(撮影:8/21)
収穫したモロヘイヤの葉。

ゆでてきざんだら、さらに小規模、小皿にちょい。
ゆでたモロヘイヤ
瞬時に完食。さびしいですのう。

お次の収穫は、いつになるやら。こんな坊主頭さんですからねえ。
モロヘイヤの収穫後。

たったの一株だけだものしかたないか。もっと植えりゃあよかった。
あ、これ去年も同じことを書いておりました。記録(こちらです)を見返して今気がついたしだい。
夏野菜は植えるものがたくさんありすぎて、忘れちまうんだなきっと。次回こそたっぷり植えてやるぞーーー!、と肝に銘じた。(つもり)

さて、根はどんなだろう?
ペットボトル容器から引き出してみると、けっこうな長さに育っていました。
モロヘイヤの水耕栽培の根。

へえー、すごいね。木なんだろうかモロヘイヤって。調べてみましたらば、
種の名前がシマツナソ(縞綱麻)。一年草木だそうで。社会の授業でみかけた、あの繊維の原料となる「ジュート」だったとは、知りませんでしたなあ。お勉強になりました。

【おわび】
上の写真にうつっている腕に、若干赤い筋がありますが、これはパンを焼くときにできたオーブンの鉄板あとです。お見苦しくてすみません。もう痛くもかゆくもなくなりましたのでご安心くだされたし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 18:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のんびりなモロヘイヤ

モロヘイヤというと、葉をつみとっては食べ、つみとっては食べ、どんどん育ってくれるタイプの野菜だと思ってたんだけど。
実際に育ててみると、これがなっかなか成長が進まないのですわ。
種まきは、6月17日でした。

それから1か月半ほどのちの8月3日。これくらいでございました。
8/3 モロヘイヤ

収穫は、まだ2~3本を切り取ってお味噌汁に浮かせるほど。うえーん、これっぽっちじゃ、お味がわからんではないか。

さらに日が進み、種まきから2か月あまりのち。やっとこさひとかたまり程度摘み取ることができましたあ!(8/21)
8/21 モロヘイヤを収穫

ゆでてきざむ。ごくごく小さいお皿にちょこんとのっかってる。飲み屋さんの「つきだし」ですな。
8/21 収穫したモロヘイヤをゆでた

いいのいいの。これだってりっぱな一品ですもん。
はて、飲み屋さんならお値段はいくらぐらいですかねえ。
えーと、せめて500円は欲しいところですわ。育てた身としては。

それにしても、大株に育つまで、あとどれくらいかかるんだろう。おいしいもんは、時間が長くかかる(と感じるだけで、じっさいにはこれくらい普通なのかも)なあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お初栽培のモロヘイヤ 種まき軍団とさし芽組

モロヘイヤはこんな猛暑の夏にこそどしどし生長する野菜にちがいない、と思っていたのですが、首をながーーーくして待っておるせいだか、そうそう大きくなるもんでもないようで。
種まきが6月17日だったモロヘイヤは、47日後、かような姿になっております。

モジャモジャヘアーになっとるかと思ったんだけど…(撮影:8/3)
6月17日に種まきしたモロヘイヤ(46日後)

まあもっとも、先端の芽を1度摘んでさし芽に使ってしまったということもあるんでしょうけれど。
その、さし芽用に切り取ったものはその後、水にさしておいたらうまいこと(といっても、発根まで1週間ほどかかった)根がでてくれましたのさ。(撮影:8/2)
モロヘイヤのさし芽
こちらはさっそく、ポットにいれてみることにします。

一方、モロヘイヤはもう一つ、さらに新しく種まきしたグループもございまして。

それがこの一軍。7月16日に種まきして、21日後、本葉がちょいちょいでてきたところです。(撮影:8/1)
種まきが7/16のモロヘイヤ(21日後)

さらにその5日後。
モロヘイヤのさし芽の苗と種からの苗

左の種まき軍団は、だいぶりっぱなオトナの葉になってきたような?
右は、さし芽組のほうだけど、葉の色がしっかりしてきたような?

やれやれ、これなら容器に1株ずつ植え替えしてもいいんじゃないですかねえ。

そういえば、モロヘイヤと同じように夏にいただく空心菜(くうしんさい)というのがあるけど、あちらは育ててみると断然生長が早い植物って感じがいたします。さし芽を水にさしてもすぐに根をだすし、切り取り収穫しても数日後にはビヨ~ンと次の芽が長くなるし、太くて固くなっちまうしで慌てます。

じつは下のこの空心菜。近所で友人たちとお借りしている畑で収穫したものですが、一度にこんなにたくさんですのさ。
畑で収穫した空心菜

これ、すでに友人と収穫を分配したあとでこれですもん。
空心菜といえば炒め物しか調理法を思い浮かばず、ひたすら炒めていただいてますけど、なんとなーく、もてあましぎみになりそうな予感。(←ぜいたくな喜びではあります。)

その点、モロヘイヤは、どうなりますかねえ。
今のところ一人前の株に育つまで時間がかかってるけど、いっぱしに収穫できる野菜になってくれるんでありましょうか。
お初栽培は、なにかと気がもめますわあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 22:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モロヘイヤ 2回目の栽培

今年、お初栽培のモロヘイヤです。前回6月17日に種まきした苗は、まだこれくらいでして。(撮影:7/20)
6月17日に種まきしたモロヘイヤの一ヶ月後

なんでも、生長すると1メートルほどにもなるらしいですが、当極小ベランダではせいぜい50センチくらいだろうと予想しております。収穫は、背丈が40センチくらいになった頃、先端の15センチくらいを摘み取るのだとか。

それなのに、それなのに、私ったらすでに先端をポキッと折ってお味見してしまったんである。そのままかじったわけだが、やわらかくてぬめりもあり、いやー美味しいのなんの。

いーんじゃないの、モロヘイヤ。

すでに第2弾の種まきはすましておる。遠慮無く、どんどん大きくなってくれたまえ!
7/20 新たに種まきしたモロヘイヤ

でも、9月には花が咲いてしまうのだとか。花が咲いてできる莢や種には毒があり、もうそうなると食用にはできんらしい。
急げ、モロヘイヤ! (どうかまにあいますように~♪)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |