園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2010.10.31.Sun

ニラ:久々のおめもじ

今年の3月で種まきから一年たったニラ。4月に初めてうれしい収穫。(撮影:4/16)


「こりゃあちょくちょく食べられるわい」と喜んだのもつかの間、夏には黒いアブラムシに襲われて激しく衰弱。

他の植物へのアブラー転移を恐れベランダの僻地に隔離。
このような日影で、埃にまみれ、水やり程度の世話だけで細々と生きながらえておりました。
(撮影:9/13)

それが秋になりいつの間にかすこしずつフサフサになって、


このたびようやく収穫の運びとなりました。ざっと一握りでしょうか。(撮影:10/26)

かなり細めのできですが、アブラーもつかずすがすがしい限り。さっそく晩の餃子に入れて食べました。大判20枚の皮で作るのには充分な量でありました。うれしいなあ。

種をくださったプチガーデンのか~ちゃん、おかげさんでシャキシャキのうまいニラが食べられるようになりました。ありがとうございます。

そうそう。夏に植えかえしたとき、ニラの根っこはとても長いのだと知りました。洋蘭の鉢が空いていたのでそれに植えているのですが、根は深さ25センチの鉢底を突破。おそらくもっと深い鉢に植えるべきものなのでしょう。というか、浅い鉢で育てるのはキビシイのかもしれません。

さてさて、次の餃子曜日は2週間後ぐらいを予定しております。それまでにぜひ再び生えそろっていただきたいと願っておるのですが。(撮影:10/31)

切り取ってから5日間で5センチほど伸びていました。2週間で14センチかあ…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.29.Fri

ミニダイコン「ころ愛」:ミニなのにこんな鉢植

しまった!! ミニだけど大きめのダイコンになる「ころ愛」を、脳天気な我が家のNORFさんより頂戴したる貴重な種のこのお大根様を、こんなちっぽけな鉢に植えてしまっていたのです。

身長18~20センチになろうというのに、鉢の背丈が12センチくらいしかないのでした。
同じミニダイコンの「雪美人」(身長10センチ)と勘違いして植えてしまったらしい。いいや、雪美人だってこんな小さい鉢じゃキビシイんでありました。まったくもう…。

太さはといいますと、ただ今4センチくらいでしょうか。

ころ愛は7センチになるといいますから、まだ半分ほどです。
あ~あ、上に10センチ突き出て伸びてくれんかなあ。
このままじゃ可愛いカブになっちゃいそう。

それにしても、このミニダイコン。いかにもダイコンな感じの葉っぱだし、ダイコン部分も首がずっしり太めです。茎の色が紫がかってるもの特長なのかなあ。
うふふ。早くすぽっと抜いてみたいぞっ。

【ちょこっとひとりごと】
今月は各地のステキなブログを拝見にいくことがまったくできませんでした。でもでも、明日の仕事が終わりましたらば、あちらこちらを回ってうーんとお楽しみができそうなんであります。ああ楽しみ♪
あまりに久しぶりで、拝見に伺ったらば、きっと浦島太郎さんになるんだろうなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.29.Fri

ミニダイコン「雪美人」:土栽培の収穫

記事のご報告がだいぶ遅れてしまっております。ミニダイコン「雪美人」の収穫模様です。
こちらが20日にとれたお笑い系のお大根様。

腰部のくびれは、ここから下に何か太れなかったわけでもあったのでござりましょう。

全身像はといいますと、

たっぷりの葉っぱが食べ放題でございます。葉の数は大きいのが15枚くらいだったでしょうか。ということは、15枚ぐらいになったら収穫時って考えてもいいのかなあ?

この雪美人の種をくださったSunday, Sunny dayのNaomiさんに「お鍋のおろし大根に」とのご助言をいただき、さっそく試してみましたらばピリリとした辛味効果で、じつに美味でございました~♪

つづいて23日のものがこちらでございます。大きさは、右端で9センチくらい。

鉢には全部で6本植わっていたのですが、これで全部収穫終了です。このあと鉢を別用途に使うため左端の小さいダイコンも無理に収穫したのでした。ちーともったいなかったなあ。

なお、ミニダイコンはもう一鉢に寄せ植えといいますか、寄り合い所帯となって植わっています。

こちらは雪美人がたぶん2本と、ころ愛が…おそらく数本です。すみません、こんがらかっておって確認できておりません。ころ愛の方が大きいダイコン(直径7センチ、身長18~22センチ)になるらしいというのにこんなに混み合っちゃあいかんですなあ。間引きしなくちゃですね。

…というわけで、ミニダイコンはまだもうしばらく楽しめそうなんであります。うれしいなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.29.Fri

インゲン「ジャンビーノ」:もう最後の収穫

珍しくどっさりとれました。(撮影:10/25)


しかしであります。右端の4本に怪しい黒い点々が。


犯人はこやつじゃ!→
フキノメイガの幼虫
こやつめ、水を入れた器に怪しいインゲンを漬けたら、にょろんと這い出てきましたがな。
「ものどもであえ~」とばかりに狼藉者は引っ捕らえたものの、貴重な実はとうに食後の抜け殻。いたしかたなくこの4個は生ゴミ方面へ葬る。

また、株の方はまだ小さい実がついてはいるものの葉っぱの痛みがひどく、初収穫(10/15)からたった10日であえなく撤収。4株全部で30個ほどとったでしょうか。
おいしかったんじゃがのう…。

では、最後になってしまったジャンビーノの勇姿をもう一度。(撮影:10/15)


さあて、このあとはソラマメ「福ならび」と紫エンドウをこの鉢に植えかえて次なる収穫のお楽しみに期待することにいたしましょうかのう。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.25.Mon

ミニダイコン:水耕栽培の根っこ その2

前回の記事が長くなったので分割いたしました。読みにくくてすみません。

さてその後のミニダイコン水耕栽培でありますが、「雪美人」はといいますと、本葉7枚ぐらいでしょうか。(撮影:10/23)


その根元の具合は、

ほんのちょっぴり白大根のお出まし。キャッ、うれし♪

一方、「ころ愛」ですが、

こちらも本葉は8枚ぐらいでしょうか。

根元はというと…。

傾いてはおりますが二十日大根ぐらいには育ったでしょうか。
ぜひぜひコップいっぱいのミニダイコンにお育ちいただきたく願っておるしだいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.25.Mon

ミニダイコン:ペットボトルの水耕栽培 その1

このところなんじゃかじゃでばたばたしてベランダ作業がはかどらんのですが、それでも植物は日々大きくなっておってありがたいです。(撮影:10/17)

ミニダイコンやらミニハクサイ、イチゴ、ブロッコリー、エンドウなどなど。

空中にもぶらぶらりん。頭上注意のしようもないありさま。


ところで、ミニダイコンは土の栽培と同時に水耕栽培もためしてみています。それもらくして育てようというわけでプラコップ栽培。種まきは9月11日。
約1ヶ月後の10月7日現在はみごとな葉大根。

そりゃあそうですよねえ、ダイコンはまずまっすぐな細い根っこが伸びてから太ってくるんだそうですもん。プラコップじゃ根っこは伸びようがないってもんでありましょう。
この水耕栽培では2種類のミニダイコンをためしているのですが、こちらの3株、「雪美人」も葉っぱのみ。


残り3株の「ころ愛」にも根っこの兆しは見えないようです。。


それから10日後の17日。ますますもって葉がしげってます。こちらは真横から見た感じ。おーっと、うっかり液肥をぶちまけてしまってベランダが水浸し。

培地のベラボンまでこぼれてしまった。もったいな~。こういう失敗が多々あります。室内でもじゅうたんが浸水したりなんかして、ヒエーッですわ。

さて、雪美人の根元をのぞいてみたら、なにやら白いものが…。


一方、ころ愛の根元にもそれとおぼしき白。

こ、これはもしや白いダイコン登場?! 
ということは、このまま白いのが伸びて長くなってくれるってこと? それとも丸まって二十日大根もどきで終わったりして…。 
ん~もう、期待しちゃうなあ♪

土栽培の方のミニダイコンは初収穫まで種まきから2ヶ月半あまりでした。
それならこの水耕栽培はいつごろ収穫できるものなんでしょう。もしも土と同じくらいだとしたら、11月末頃に収穫できることになるんですけど、そううまくいくんでありましょうか。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.22.Fri

ナス:ごちそうさまでした

挿し芽のナスは、先日最後の収穫を楽しみ店じまいをした。(撮影:10/18)

普通サイズから超小型までさまざまでおもしろい。上段左は皮色消失ナスだし、右から3個目は双子ちゃんナス。皮が黄土色のものはてっきり石ナスかと思ったら、チャノホコリダニの仕業だったようで、皮をむくと中は薄黄緑色のきれいな果肉。みかけはナンともはやであるが可食充分OKだった。なーんだこういうのだって食べられるんだと知る。
この極小規模のナスは味噌汁の具としていただく。実は堅めで噛むとじゅわーっとうま味がしみ出す。
ほほ~っ、これが秋ナスっちゅうもんでしたか。
下段の大きめナスは一度に食べきれないので、2回に分割使用。贅沢だなあ。

この日はミニダイコン「雪美人」も1本収穫して一緒に記念撮影。

イワシの刺身のつけ合わせでおろし大根に。ピリッと辛味が効いてます。
なお、うれしいことにその活きのいいイワシは1尾78円。きゃ~お得! 満足満足な晩餐でした。 

巨木ナスはベランダのシンボルツリーだった。挿し芽の苗がこんなにも立派な大木になるとは。はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからその苗をいただいたのは7月10日。水と液肥をどっさり吸い込んですくすく生長。猛暑の夏は石ナスができて慌てるも、その後は盛り返して秋ナスのプレゼントあり。こうして3ヶ月あまりも楽しんだわけだ。

なんだか物足りない空間がぽっかりあいてしまった感じ。夏が終わったなあ。

それにしても、このナスの葉はことのほか大きかったのなあ。しまった、むざむざ捨ててもったいないことを。あの葉っぱ、おひたしにして食べてみればよかった。
あらっ、葉っぱって食用じゃなかったかしら?。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.17.Sun

ミニダイコン 雪美人:お初収穫

あれこれしてたら、どんどん時間がたってしまっておりました。大急ぎでひきつづきミニダイコン話です。

雪美人を昨日思いきって1本抜いてみました。

根っこは身長9センチほどですが、葉っぱが30センチ以上はありました。こりゃあどうみてもカブですな。それにしても、カブとダイコンとはいったいどこがどう違うのだろう? 

まあ、それはともかく、肝心のダイコン部分をごらんくだされたし。

なんとまあ白くなめらかなお肌だこと。「雪美人」のお名前はこの美肌が由来でありましょうか。ただ、ちょっとばかり気になるのは根元付近のへこみですが…。

調理してみたらわかりました。

たぶん虫がほおばったんでしょうな。スライスしたら、一部分ドーナツ型になってましたがな。(ムカッ)
そうそう、お味。じつにようございました。ふっくらした下の部分がピリッとします。一方上部はカブに似た甘味があるんだなあ。さすが虫が食っただけのことはありますわ。
なお、どっさりあった葉っぱも塩もみにしましたらば、これもまたシャキシャキしてけっこうなお手前でありました。ああ、シヤワセ~♪

さて、1本食べちゃったから残りは5本。

お天気がいいとこんなふうに葉っぱがぐたぐたして周りの野菜に寄りかかってくれちゃうのですが、日がかげってから水やりすると、一変、シャキーン!! 立ち上がりますっ。

さてさて、お次はどのダイコンをばゴチになろうかとつまんでみるのでありました。

二十日ダイコンもでしたが、このミニダイコンも地面からせり上がってきます。まるで地面が産み落としてるみたいだ。卵かあ?!

なお、このおいしいミニダイコンの種は、Sunday, Sunny dayのNaomiさんより頂戴いたしました。
Naomiさん、いいわあ、このミニダイコン!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.17.Sun

ミニダイコン:「雪美人」と「ころ愛」の葉っぱ

すこし前のできごとです。
ミニダイコンの「雪美人」ですが、どうみてもこれはダイコンに見えないんでございますよ。(撮影:10/7)

葉の形が丸いからでしょうか。鉢からあふれるというか、垂れ下がってる葉並び。直径35センチ位の鉢に欲張って6本も植えてしまったこともお化け葉っぱにさせてしまった原因なのかもしれません。

それでもなんとか根元に白いダイコンらしきものがちらり。(撮影:10/7)

収穫目標の大きさは、直径3~4センチ、長さ10センチだそうですが、このときは直径は3センチくらいでしょうか。長さは不明。どうやって調べるんだかなあ。

一方、同じミニダイコンでも「ころ愛」のほうはいかにもダイコンらしい葉の形。(撮影:10/17)

根っこはころ愛の方が大きなるそうで、直径7センチ、長さ18~22センチとあります。
ころ愛は、よりダイコンに近いから葉っぱもダイコン似なのかなあと思ったりしています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.15.Fri

雲南百薬:開花

野菜として葉っぱを食べていた雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)の花が咲いた。


とてもとても小さな花。


お客さんを発見。アオマツムシのオスだろうか。じっとしていてあまり動かない。


この雲南百薬、なぜか昨年は花が咲かなかった。どうしてだろうと思っていたのだが、そのわけが今ようやく見当がつく。
花は、株の先端の生長点付近(床から180センチぐらい)のところに集中して咲くもののようで、

去年はこの先端部分がうっそうとして陽当たりが悪かろうと思い上部の葉っぱを全部散髪してしまっていたのだった。惜しいことをしたなあ。ほっとけばよかった。

しかし、放任もまたイカンのでした。このつるの勢いはすさまじく、天井にまで達し、


その天井に設置されている室外機の横腹を出入りしてさらに上へ上へ。

室外機を縫ってしまうおそるべき雲南怪獣。さあ、これを食べて怪獣になり、一花咲かせようではないか!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.15.Fri

インゲン ジャンビーノ:収穫

つるなしインゲンジャンビーノ。種袋には「種まき後55日前後で収穫」とあったが、ほぼ記載どおりに収穫できそうな実ができた。(種まき:8/26)


どんな案配だか指で押してみたりなんかして。

さわっても、私にはよくわからんのですが、感触をたのしんでおりますです。

一方、こちらは最初の本葉が欠ける事故にあい、双葉のつけ根からでてきた本葉が育って2本立てになってしまった株。

これにも実ができてはいるのだが、実の長さがほとんど短いものばかり。
花は1本立てよりたくさん咲いたので、「こりゃあ2本立ての方がたくさん実がついてお得にちがいない」としめしめ顔だったのだが、花は落下するものが続出し、できた実の数も1本分より少ない感じ。断然2倍お得かと思ったのに、2分の1に減りましたがな。ガクッ。

まあともあれ実はできてはいますんで双方から大きいのを1本ずつ収穫。

種袋推薦のサイズは1.5センチ×14~15センチだそうですので、この2本だけは優良ボディといえましょう。
さっと茹でてたべました。美味しかった! あっという間の完食。あとにはインゲンの筋もなく、「全然食べ足りん」というキョーレツな食欲だけが残りましたとさ。

ところで、このインゲンの株は全部で4本です。

左の1号と2号は今回収穫したもの。右の3号と4号は種まきを1週間あまり遅らせたものです。こうしてみると、2本立ての2号は株の背丈も短いのでした。3号と4号は日光不足で徒長してしまったのですが、それでも真っ直ぐな実がたくさんできつつあります。

なお、このジャンビーノですが、種まきの頃は猛暑で種が腐ってしまい何度も種まきしたけれど、発芽してしまえばすくすく生長君でじつに楽ちん。草丈は40~50センチほど。横広がりとかのお邪魔にもならずたいへんよい子のインゲンであります。
そうなの、2本立てにしなければねっ。(だれもしませんてば)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.14.Thu

挿し芽ナス:秋の陣

こちらは挿し芽のナスの近頃の姿。(撮影:10/11)

夏にはみごとな石ナスがいくつもとれた巨木のナス。その後はさしたる収穫はないものの、ベランダを圧倒する(圧迫ともいう)存在感から観葉植物として見る者を笑いの渦にしてくれているナス。そして暑い日にはベランダの眩しい光をさえぎって心地よい日影をもたらす孝行者のナス。

そんなアイドル野菜だとばかり思っていたナスに異変あり。なんと石ではない本物の実をつけ始めているのだった。(撮影:10/11)

おおよそ10個ほどもあろうか。どうやら鑑賞用アイドルを脱し、野菜として本格的に秋ナスをやる気になられたらしい。
ああ、苦節何日になろう。石ナス発生事件以来、この日が来るのを待っておったぞよ。

ところが、このめでたい千載一遇のチャンスに、チャノホコリダニのやつがナスのお尻を茶色にしてくれちゃっているのだ。許せん! せっかくできた10個のナス姫を守らねば。とりあえず疑わしい葉や枝を切り落とし、水をかける。(撮影:10/13)

はい、こちら床屋帰りのこざっぱりした姿。チャームポイントのうっそうとした面影が消え失せてしまったのは残念な気もするがこの際いたしかたあるまい。

散髪したおかげで、つやピカとしたナスの行列が浮き彫りになり、いかにもナスの株らしい風格を感じるではないか。

ナスの株にナスがなる。
普通のことだけどうれしい。

そして数日前にまずは2本の収穫。お次は4本! (撮影:10/13)

ダニの爪痕は可愛い星模様だと思うことにしよう。ぷっくり紫つやつやお肌に思わずほおずり。イデッ! しまった、トゲがあるんだった。さすがバラ科じゃ。うれし泣き。

塩もみにて食す。実は果肉がしっかりとして弾力があり、歯に皮があたってキシキシと音を立てるほど。なんて美味しいんだろう。挿し芽苗をくださったはっぱの笑子らいふの葉っぱさん、ごちそうさまです。あ、ごめん4本全部食べちゃいました。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.10.Sun

レタス・サンチュ・ターサイ:主食野菜の収穫

わーい、サラダ用の葉物野菜ができてきたあ!


左がチマサンチュ。右がグレートレーク。


奥がターサイ、真ん中がレッドマスタード、手前がグリーンマスタード。

いつもながらグリーンはお育ちが遅いようです。

壬生菜。左後方の葉っぱがチリチリなのは緑さんご。

壬生菜はすでに何度もつみ取り収穫中。緑さんごは収穫までまだあとすこしだなあ。

こういう簡単にできてたくさん食べられる基本の主力野菜がないとなあ、うんうん。

さっそく収穫。一緒に少しだがナスと二十日ダイコンもとれた。

こちらはほんの微力野菜。うちのベランダでは栽培が難しくてめったにとれないから幻の野菜だろうか。主力も微力もどちらもうれしい収穫です。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.10.Sun

エンドウとソラマメ:ときめきの春

Sunday, Sunny dayのNaomiさんからお豆さんの種をいただいた。まずは、その美しくみやびなパッケージをご覧くだされたし。

二つの袋にはそれぞれ腰帯に、『そらまめ「福ならび」』、『紫エンドウ』と書かれています。

ぷっくりとしたお豆の絵柄を眺めつつ、「はは~ん、こういう美しいお豆さんができるのねん♪」とわくわく。袋の上から指で触るとゴロゴロした手触りが…。この中にたぶんそのお豆が入っているらしい。
それにしても、この封書はなにやら不思議な折り方になっているようだがいったにどうなっているんだろう?

中を開けてみると、

お豆の種が入った袋と共に、種袋の表裏がプリントされた一枚の紙になっていたのです。おもしろくて何度もとじたり開けたり。折り方の番号もプリントされているからすぐに再現可能。ね、感心しちゃうでしょ。このステキな遊び心。心意気っていうんですかね。
種まきしようじゃないのって気持ちがぐぐっと盛り上がるってもんです。

で、すぐさま種まき開始。(種まき:10/8。撮影:10/10。)

収穫は春の花見どきでしょうか。ソラマメで一杯、エンドウでもう一杯ぐびーっといきたいもんであります。

そうそう。ソラマメもエンドウも発芽のシーンが面白いんですよね。大豆は豆の部分が葉っぱになってひらくけど、ソラマメもエンドウも豆部分はそのままで、本葉がにょきっと飛び出してくるんであります。前回(09年2月)はそれとは知らず、なにかまちがった栽培をしたからにちがいないと思い何度も種まきしましたっけ。生長、じゃなかった成長しましたなあ自分。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2010.10.08.Fri

チコリ:怖いものみたさで買った種

こんなど派手な色柄の葉っぱの種を買ってしまった。
「リーフチコリー」(キク科)だそうである。

初めてこのパッケージ写真を見たときは毒キノコじゃないかと気味悪がっていたのに、妙に気になり、何度も見ているうちに強烈な色にも慣れ、いつしか美しいとさえ思うにいたり、ついにはどんなものやら育ててみようとまで思う勇気がわいてきてしまった。

大きな球形の品種だそうだが種袋によれば「葉っぱが10枚以上になったら下葉からかきとって使用します」とあるので、大玉にしなくてもよさそうなのが気楽でうれしい。
もしかすると水耕でもできるかもしれないなあ。

これと一緒に、「プンタレッラ(アスパラガスチコリー)」(キク科)も購入。

こちらのアスパラガスの方は葉ではなく、ブロッコリーのように葉の内側にできた花芽を食べるものだそうだ。
うーん収穫までたいそう時間がかかりそう。しかしまあ冬にベランダ栽培できるものがたいしてないので、気長に楽しむことにしようと思う。

一つ気がかりなのは「若葉には苦みが少しあります」の表示。「少し」ってどのくらいだろう? こういう場合、「耐え難いほど苦い」ような気もするし。ゴーヤ以上か以下なのか。不気味な不安がよぎる…。
でもねえ、こうも書かれてあるのですよ。
「サラダはシャキシャキとした食感がローマっこに人気です」って。
このフレーズにぐぐっとくるね。これはぜひローマっこ気分になってみたいじゃないの♪
まてよ、ローマっこって苦みにたいする耐性が抜群だったりしてなあ…。

ところで、種袋、開けてびっくり玉手箱。種がどっさり6000粒!

一緒に買った三陸つぼみ菜は5.7ミリリットルだそうだから500粒位はあるのだろうか。だが、チコリの種は…。どーしよう。頭痛の種!(こんな変わり種でもよかったらお届けいたします。要らんといわれそうですが。)

…とまあ、そんなチコリは心配の種になりそうなので、失敗した場合にそなえ、こちらの美味しさ折り紙付き野菜「三陸つぼみ菜」を補充。
あら、よく見たらこちらも生産地はイタリアですって。
販売元はサカタのタネだそうですが、種を作った会社は宮城県の渡辺採種場だそうです。

さてそのお味ですが、種袋にも「甘味が多く大変おいしい」とあり。以前畑で採れたのをいただいたときも、ほんにほんに美味しゅうございました。
チコリが万が一苦かった場合のお口直しにもなる?(とはいえ500粒でも恐怖)





にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村


 | HOME |  OLD »