ミニトマト「エイミー」と「千果」:水耕栽培装置を作る

2012.07.29 07:59 | EDIT

ミニトマトを初めて種から育てております。しかも水耕栽培というのも初めて。しかもすっかり遅くなった今頃(種まき6月10日)に、です。さあてうまくいきますかどうですか。

それがですねえ、案外楽勝のようなんです。(撮影:7/22)

こちらは「千果」です。ね、間延びはしてるけどまあまあ元気そうでございましょ。
しかし、ペットボトルじゃちょっと狭くなってきましたな。

というわけで、大急ぎで新しい水耕栽培の装置をこしらえることにしました。
作り方は、ベランダ水耕菜園のruneさんの記事「ゴミ箱水耕丸型+穴鉢」をほぼそっくりまねさせていただきました。(鉢皿に穴をあけるところだけ、ホットカッターがないので、ハンダごてを使用。)

そうそう、runeさんは、このミニトマト「千果」と「エイミー」の種をくださった方でもありまして、何から何までお世話になっておるしだい。ありがとうございます。

ジャーン、できあがりましたのがこちら。

じつに簡単に作れました。うれしいなあ。材料はダイソーさんだから、お財布的にもありがたや~♪

だがしかし、一つ、うっかりしておりました。
それは、この根っこ。

私は、上の写真のごとく、キッチン用ネットの中にバーミキュライトを入れただけの横着な装置で栽培していたのです。
ところが、このたび新しい装置に移行するにあたって、この長い根っこを穴鉢に入れなくちゃならんのですよ。



つまり、最初から穴鉢に入れて育てればよかったものを、ぼやぼやしているうちに根が伸びてしまい、伸び過ぎた根が穴鉢の小さい穴から出せなくなったというわけです。
まるで小説の「山椒魚」みたいだわさ。うーむ…。

どーしよう? どうしようもありません。そのまま折りたたんで(無理矢理つっこんで)穴鉢に収めてしまいましたとさ。

まったくもって後の祭り。どうなるんでしょうねえ。

その後。26日の姿は、こうなっております。

どうやら、しおれてはいないみたい。ホッ。左がエイミーで右下が千果です。

肝心の根っこを検査。

新しい根がつんつんとつき出てました。環境に対応して根をはやすんでしょうか。いやはやたいしたもんですなあ、ミニトマトって。
そして、液肥の吸い上げがうまいことできてる水耕栽培装置に乾杯だあ!
液肥を吸い上げる布(青いリボンみたいなやつ)を穴鉢からつり下げる工夫をなさったのは、どなたなんだろう? お見事なり。
おかげさまにて、なんとかなりそう。一安心でございます。

【蛇足】
昨日もですが、今日(29日)これから、新宿まで行ったり来たりです。車で片道2時間近く。渋滞あり、迷子ありです。日中の移動なので恐ろしく暑いのなんの。
そこで大活躍するのが保冷剤でありまして。保冷剤をハンカチに包んで首の後ろにぶら下げるようにあててみましたらば、これが…とんでもなく苦しい!
保冷剤が木綿豆腐なみにでかかったために、首元にゆわえたハンカチの端が喉に食い込んでしまうのでした。大失敗。

でも大丈夫。喉はあきらめて、太ももの付け根付近にその木綿豆腐なみの保冷剤をのせたらば、あ~ら涼しい♪
太もものこの部分は動脈があるそうだから、そのせいで涼しく感じるのでしょうか。
名付けて「動脈効果」作戦なり。
今日は2個持って出かけることにしよーっと♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ミニトマト「ココ」:おしまーい

2012.07.26 16:09 | EDIT

葉かび病に見舞われたミニトマトのココ。それでも、なんとか収穫はつづいておりました。(撮影:7/19)

完熟する前に実が割れやすく、甘味も少なくなりました。さびしいなあ。でもでも毎日収穫できてるんだからよしとしましょう。

しかしです。葉かび病がどうやらほかのミニトマトの苗にまで蔓延しているようなので、これはもうあきらめるよりほかありますまい。

断腸の思いにて撤収。こちらが最後の収穫。(撮影:7/24)

白い容器に入れた比較的赤いのはそのまま食べるとして、問題は青い実なのさ。

全部で124個。どうするよ?

とりあえず冷蔵庫に入れて待機中。私にできそうな簡単料理はというと、ピクルスあたりかなあ、とクックパッドを検索しつつ思うのであります。

【ミニトマト「ココ」個数の集計】
このミニトマトは2株あり、個数をかぞえたところ、全部で465個とれたようです。1株当たり200個ほどとれたことになります。

JAさんで苗を買い植えた日:4月21日
最初の実を収穫した日:6月23日
撤収:7月24日
…それにしても、あっという間に終わってしまいましたなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

グラパラリーフ:苗をいただく

2012.07.26 15:18 | EDIT

ベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんより、食べられる多肉植物「グラパラリーフ」の苗をいただきました。専用の土もご一緒に。

「まあ、なんて美味しそうなんでしょう」と思ったのは私だけでしょうか。
暑いさなかにもかかわらず、とてもぷっくりしっかりしたお姿で到着なさいました。きっと、よっちゃんさんが、切り取った苗の水揚げや梱包をじょうずに工夫してくださったのだと思います。ありがとうございます、よっちゃんさん!!

さっそく植えましょう。鉢にいただいた土を入れ、水を入れ、そこに切ってくださったこの苗を差し込むだけでいいのだそうです。ほらね。

簡単! びよーんと首が伸びちゃって楽しいわあ。さあさあ根っこどの、すこやかに伸ばしておくんなさいましよ。ぜひぜひ、でっかく育っていただきたいです。


ところで、こちらは挿し芽にしてみました。

この葉っぱはどうしたかというと、ついうっかり、その、つまりその手がぶつかったりしたときにおっこちちゃったわけで。すまん、もうしわけない。
そのうちの一枚をかじったら、シューッとお水が出てきて「おおっ、これがグラパラリーフというものか。砂漠でこれを食べたらさぞや感激するにちがいない。」などと味見をしてしまったことは、ナイショです。

 ときに、きょうは36度の灼熱ベランダ砂漠。ちょっと一枚、かじりたくなるなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 観葉植物と多肉植物
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

いただきもの:早起きは三文の得、とやら。

2012.07.17 20:49 | EDIT

 朝6時頃、ご近所を散歩していたら、畑仕事の帰り道だという方に、たった今収穫なさったばかりのミニトマトをいただきました。「トマトベリー」という品種だそうです。

うちのミニトマト「ココ」直径2.5センチと一緒に並べてみましたが、大きいですねえ。初めて見ましたわ、こんなミニ(ミニ?)トマト。ネット検索によればトマトベリーは3センチ位になるそうですが、これは4センチ以上ある大物のようです。

 お話を伺ったら、きょうがお初収穫とのこと。そして、「畑を27年やってるんだが、毎年ミニトマトが赤くなると梅雨が明けるんだよなあ」とおっしゃってました。まさにぴんたんこ。本日梅雨明け宣言でありましたあ。さすがベテランのお百姓さんなり。

 その貴重な収穫第一号のトマトベリーですが、ミニトマトというよりもトマトの味がいたしました。「まだ早いけど」と、おっしゃっていた通り甘味はそんなになかったけど、果肉がしっかりしていて、きゅーっとするトマトの旨みがあったなあ。
ああ美味しかった! どうもごちそうさまです。

 さらに、今度は同じマンションにお住まいの方からベランダ栽培なさったシソもいただいたんであります。

こんなにどっさり。なんでもプランター2個を使って育てていらっしゃるんですって。それがとてもとてもたくさんできたんですって。すごいなあ。
小さくきざんで、朝昼晩、ご飯にかけたりパンに挟んだりしてすべて完食。こんなに思いっきりもりもりシソが食べられるなんて、シヤワセ~♪

 本日は、暑い暑い最高気温35度(ベランダは36度)の一日でありましたが、ビタミンたっぷり滋味豊かにて、体内は元気力が充実しているにちがいありません。ありがたや。

なお、このほか、スイカとかき氷と梅ジュースと氷入り炭酸水もいただき、さらに今夜は氷枕も所望しましたことを申し添えておきます。(←夏ばてへの道かしら)

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ミニトマト「ココ」:収穫と撤収 どっちが早い?

2012.07.16 03:10 | EDIT

じつに美味しくいただいておるミニトマト「ココ」であります。(撮影:7/3)


ほぼ毎日10個程度収穫。なんともありがたや~♪(撮影:7/5)



ところが、ここにきてどうやら葉かび病というものにかかったらしく、葉に白い点々がついてるんですわ。

葉かび病というのは、湿度が高くて風通しがよろしくないようなときに発生するらしいです。また、こういう梅雨の時期なので水やりしすぎてもいかんのだとか。
なるほどねえ。3本立てにしていたから、風通しが良かったとはいえませんわなあ。
しかも、私が留守にしている間、家人がせっせと水やりだけは朝晩欠かさずなさったそうなので、見事に水分過剰になったものと思われます。あららん…。

そして、この葉っぱの白点々が進行すると、葉が縮んだようになって枯れてしまうんだなあ、これが。


おかげさんで、下の段、とくに右側の葉なんかすかすか。

でもまあ、かえって風通しがよくなっていいんじゃございません?

それにほら、実は赤くなってくれてるんだからまだまだいけるんじゃありませんこと。(撮影:7/8)

うれしいな。ありがたくいただきましたとも。


とはいえ、葉カビ病の猛威は衰えず、もはや中段の下あたりにまで押し寄せています。(撮影:7/12)


でもでもまだ、実は赤くなりにけり。(撮影:7/9)


この日は20個あまりとれたので、お隣さんにお裾分け。うれしいなあ。(7/10)


次の日(7/11)だってとれてるし。


その次の日(7/12)もとれてます。元気じゃん♪

冷蔵庫に入れてキンキンに冷やしたので、器も実も白くなってます。右上の小さい実たち。君たちもぜひこのような赤い実になっていただきたいぞ。

だがしかし、病魔はさらに進行。中段はすでにすっからかん。(7/15)

ね、こんなふうに実だけがついていると熟した実が探しやすくて便利でしょ。…と思うことにしようじゃないの。

ああしかしこうなりますと、光合成の頼みの綱は上段の葉だけでありましょう。
その上段はどうなっとるかともうしますと、

葉はついてはいますが、すでに白点々が蔓延。あららん、なのです。

これは昨日(7/14)の収穫でございます。

これまでの収穫数は、2株で160個ほどですが、今日のぶんは無し。不穏な感じ。だ、だいじょうぶか? 

それにしても、実が熟すためにはいったい何が必要なんでしょうねえ。
根と茎さえあれば、葉はなくてもなんとかなるんだろうか。最後の一葉がなくなっても実が赤くなっていくのだとしたら、残りの青い実も楽しめるというわけで、心配せんでいいのかもしれません。
だがしかし、葉っぱがなくなると青い実の生長も停止するのだとしたら、青ミニトマトが100個余り、むなしくお残りになるというわけで。
ま、それならそれで、ミニトマトのお酢がとれるんじゃないでしょうか。作ったことはないですけど。
たぶん、思いっきり酸っぱいにちがいない。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

ミニトマトの「エイミーズ シュガージェム」と「千果」:種から栽培スタート

2012.07.13 06:13 | EDIT

初めてなんです、ミニトマトの種から栽培。どうなるんでしょう?
ベランダ水耕栽培runeさんから種をいただき、来年のチャレンジでもよかったんだけど、種を見たらやってみたくなっちゃって。なにより、お味見してみたかったのであります。無謀かしらラララン♪

種まきは、6月10日。種の種類は「千果(チカ)」と「エイミーズ シュガージェム」の2種類です。ミニトマトの「エイミーズ」と「千果」

翌々日の6月13日にはもう発根しちゃってる。早いなあ。


6月15日。双葉登場。

エイミーが4株あるのは誤算なのです。種が1個だと思ったら、2個がくっついていたみたいなのよね。したがって4株にもなっちゃった。どーすんだ、こんなに…。ま、育てるしかあるまい。

7月5日。土栽培の「千果」です。


同じく5日。土栽培「エイミーズ」。

くらべてみると、エイミーズの方が背が高いみたい。ゴルフボールサイズのミニトマトになるそうなので、株も大きめなのかな。

こちらは水耕栽培組。左が千果。右がエイミーズ。土栽培と同じく身長の差がみられます。



7月9日。千果です。根がポットから出てきたので少し大きめの鉢に植えかえました。

エイミーズより小さい苗だけど、根はちゃんと発達しているんだなあ。

こちらエイミーズ。これも植えかえました。


水耕栽培組もすくすくお育ち。左が千果。右がエイミーズ。

やれやれようやく苗らしくなりましたがな。ここまで種まきから約1ヶ月。
この後は花がつくかどうかってとこでしょうかねえ。せめて、一個だけでも食べてみたいぞよ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

お初栽培「ストロベリートマト(食用ホオズキ)」:食べられるのはいつ?

2012.07.12 16:30 | EDIT

ストロベリートマトは食べられるホオズキなんだそうです。どんなものかしらん。ワクワクします。種をくださったのは脳天気な我が家のFOXさん。そのFOXさんのブログ記事「食用ほおずき」(6月23日付け)に、とてもたのしい紹介をなさっていました。
そうだ、私もあの楽しい雰囲気をまねしてみたいなあ。

-*-*-*-*

初めまして。ワタシ、食用ホオズキです。FOXさんのところの食用ホウズキのお裾分けだから姉妹かも、です。

5月18日に種まきして、発芽したのがそれから二十日ほどたった6月8日でした。バンザーイ!

しかしです。その後なかなかめぼしい変化もなくすっかり忘れ去られてベランダ放置。
ああ、ワタシのこの初々しい時代の写真は一枚もなく、ようやく次に撮影してもらったのは、本葉が数枚でてからでした。発芽から16日目のことです。(撮影:6月24日)

ちょっと変わった本葉のでかたをします。FOXさんがおっしゃっていたとおり、双葉のあと本葉が茎に放射状につくのでした。ホオズキはナス科の多年草だそうです。(ふむふむ、勉強になるなあ。)


ところで、ワタシの仲間は全部で3株。(7月5日)

ね、すこーしずつだけど大きくなったでしょ。直径6センチの鉢です。


このところぐぐっと生長。直径9センチの鉢に替えしてもらいました。(7月9日)

以前の鉢から根が飛び出していたのに気づかれず、このたびようやく見つけてもらえたのでした。これでゆっくり根を伸ばせます。やれやれ新米栽培員のともこ君、よろしくたのみまっせ ε=( ̄。 ̄;)フゥ

-*-*-*-
…というわけでして、どうもおそまつさまでした。つたない表現におつきあいいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 それにしても、ここ数日の間で急激に大きくなりました。
FOXさんのブログ記事「目覚ましい生長」(7月8日)によりますと、どうやら短期間で葉っぱが手のひらサイズにまでおおきくなられたそうです。
ときに、今ちょいと調べたら草丈150センチにもおなりになるそうな。ドキッ!
3株はよくばりすぎちゃったかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - 食用ホオズキ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

初めて栽培「パープルバジル」:香り高きバジル

2012.07.11 14:43 | EDIT

緑色のバジルは栽培したことがあるのですが、紫色というのは初めてです。こんな珍しい種をくださったのは、けちょさん。はてさて、どんなふうに育ちますやら。

発芽は4月21日。

双葉にうっすら紫色が混じってました。


5月8日。本葉がすこーし見えてきました。(左下と右上はたぶんコリアンダー。)



5月17日。土だけでなく水耕栽培の株もあります。紫色全開!



5月21日。ちょっと見たところ、シソに見えなくもないなあ。
(赤いポットは、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんより種を頂戴した「内藤トウガラシ」。)


おなじく、5月21日。水耕栽培組もお元気です。



5月31日。本葉がぐっと大きくなりました。

おや、左側に一鉢増えてますね。じつは水耕栽培組がなにゆえか消滅し、一鉢だけ残ったので土栽培に移行したのでございます。この夏は、バジルに限らず、水耕栽培した野菜があまりうまいこといきませんわ。


6月8日。いっそう背丈も伸びたようで。そろそろ鉢が手狭な感じ。植えかえどきでしょうかね。



6月25日。鉢もとりかえてぐぐっと生長。紫色がくっきりの株です。


とはいえ、全部の株が紫色というわけでもないようです。

こんなふうに緑色がかった葉になっているものもあり。どうやら、紫色の濃度は株によってそれぞれみたいだなあ。


7月5日。左が緑色っぽい株で、右がほぼ紫の株です。

だいぶ茂りましたし、ぼちぼち収穫しちゃってもいいかしらん♪

…というわけで、ぷちぷちと摘みとりましてございます。

それがですねー、もう大変香り高いバジルなんでございますよ、これ。摘み取るまでもなく、株に近づいただけでもふわーっと香ってくるんですなあ。ふだんの水やりが楽しくなります。緑色のバジルよりずっと香りがいっぱいな感じ。お得なり。

さっそくスパゲッティーに、盛大に。

「入れすぎだってば!」とおっしゃられそうですな。またしても、ふわーっと、香り、香り、香り…♪ なんとも、ぜいたくな感じがいたします。

緑色のバジルを栽培した年はアブラムシに悩まされましたが、今年はトウガラシに集中攻撃を受けているせいかこのパープルバジルには寄りつかず、こうして美しい葉をいただけそうです。けちょさん、豊かな「イタリアのかほり」をありがとうございます。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 葉菜類 - シソとバジルとパセリ
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(1) | PageTop↑

初めて栽培「アイスプラント」:若干の収穫

2012.07.11 14:40 | EDIT

お暑うございます。午後3時。戸外は32度、室内でも29度に達しました。お昼寝するよりほかないような気候でございますなあ。

 さてさて、こんな暑いさなかですが、アイスプラントっちゅうもんが、びろーんと伸びておりました。こちらは、5月に買った苗から育てている株です。

鉢からはみ出て垂れちゃいました。こりゃあおそらく食べてもいいってことではなかろうかと思うのですがいかがなもんでしょう。

というわけで、鉢から出た部分を切り取ってみました。

手のひらいっぱい。うれしさいっぱい。いただきまーす。シャリシャリとした歯ごたえを楽しみましてございます。そうだ、氷の上に並べてもよかったかなあ。この次やってみましょーっと。

ところで、種から育てております株もあるにはあるんでございますよ。
ジャジャーン!

株っちゅうかなんちゅうか…。なんともはや、ちいそうございましょう?
4月の末ごろに種まきしたんですがねえ。ちっとも大きくなりません。いやはやなかなかです。3鉢ありましたけど、いつしか消滅し、この一鉢だけになりました。夏に向けての栽培は難しいのかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 葉菜類 - アイスプラント
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(1) | PageTop↑

ミニトマト「ココ」:下葉が枯れてきちゃったけど

2012.07.06 04:08 | EDIT

しばらく外出しているあいだに、ミニトマトの下葉が茶色くなっておりました。

水やりだけは相方が続けていたそうなので、水涸れとも思えません。となると、肥料不足かも?草勢がいい品種ということだから、肥料もいっぱい必要なのかもしれません。おまけに欲ばって3本立てにしているしねえ。液肥でもぶっかけてみますかな。
それにしても、下葉がこんなふうなのに、収穫は私がいない間、2株から毎日2個~4個とれていたそうです。(うーん、ぜんぶ食べられちゃったのよね。←よくばり)

こちらは7月3日の収穫。

この日は甘とう美人も一緒に。甘とうもこれぐらい大きくなると味がのってきますなあ。網焼きにして食べましたが、やわらかくて甘味がありうまいです。

これはその翌日(4日)の収穫。


そのまた翌日(5日)。また10個。よっ、いい調子。

大小さまざまだけど、じつに美味しいミニトマトであります。果肉がたっぷりとしていて、噛み応えがある感じ。甘味と酸っぱさもありました。。
今まで栽培したミニトマトの美味しさ度を比べたら、シシリアンルージュ<アイコ<ぺぺ<ココの順でよろしいように思います。

計算してみらた、今日まで2株で61個とれたようです。この調子で毎日10個ずつぐらいとれたらうれしいんすけど。ま、そううまい具合にはいかんじゃろなあ。お天気が下り坂だそうですしね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(1) | PageTop↑

岩手県陸前高田市の初夏

2012.07.06 03:10 | EDIT

ここしばらく実家の陸前高田市に行っておりました。
実家の畑は先の震災で塩をかぶったのですが、母が春にジャガイモを植えてみたらどうやら育ったようです。(撮影:6/27)

葉っぱが白くなっているのは農薬。まあ虫がはびこっているので仕方ないか。草もだいぶ茂ってますなあ。遠くには海が見えています。

ジャガイモは、花も咲いていました。


おや、実もついているようです。

ジャガイモの実を写真では見たことがありすが、実物を見たのは初めて。さわってみると、けっこう固いのでした。この中には種が入ってるんでしょうねえ。もう少し熟させて種とりしてみたくなっちゃいますな。

さてと、肝心のジャガイモはどうなんだろうと思ってちょいとばかり土を掘ってみましたらば、この通り。

大小の芋ができてました。どうやら順調のようです。美味しいといいなあ。
母に「芋できてたっけよー」と報告すると、「ほんと?! そりゃあよかった。ふかして食べたら、塩をつけなくても食べられるべねえー」というので大笑いになりました。おいおい…。
畑には他にも、ネギやカボチャ、スイカが育っていました。夏の準備ができてますわあ。


 海は、この日とても穏やかでした。


砂浜には、木の枝やプラスチックの破片、コンポストらしきものなど、様々なものが流れ着いています。

子供の頃だったら、この木片を集めて飛行機とか刀とか、なんじゃかんじゃ作って遊んだだろうなあ。そういえば、あの頃はめったに買えなかったグリコのお菓子のおまけもここで拾ったんだっけ。ミニチュアの車でしょ、戦車とねえ、あといろんな動物もあったよ。なかなかうれしいもんが流れてきてたんだよ。

隣の市の大船渡には、おさかなセンターという鮮魚の直売所があります。そこで地元でとれたばかりの魚を買いました。

上がカレイでたしか600円。下がソイ800円。カレイは煮付けに。ソイの頭はおつゆに、身は焼いて。これがまあ、めっちゃくちゃうまいのだ。からみつくような旨み。骨までシーシーいわせながら猫みたいにいつまでもしゃぶってしまいました。
とはいえ、うちでもこれは高級魚の部類なので、めったに買いません。珍しく母と兄と私、家族みんながそろったので、お祝いムードを盛り上げようってわけでした。

そして、こちらはご近所の方からいただいた梅干し。

シソの葉だけで漬けたのだそうだが、こんなにも赤々とした見事な漬けあがりです。
東京もこれから暑くなるだろうし、この梅干し食べて元気でいてね、とのこと。
おばちゃん、ありがとうございます。酸っぱさが、ぐぐっとしみますぜ~。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

Category: 未分類
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード