園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トウガラシの「甘とう美人」:枝を切る? 切らない?

 「夏に茂った野菜の枝を切ってやると秋にはいい収穫がみこまれる」…てな話をどこかで聞いたような気がして、7月の末にトウガラシの「甘とう美人」をえいやっとカットしてやりました。(撮影:7/31)

左がそのショートカット姿の株。右はそのままの株。
はたして、その成果やいかに?

約1ヶ月後のカットされた株姿。どんなもんでしょうねえ…。

ちっとも伸びておらんではないですか!

しかも新芽のあたりの葉っぱがちりちりと縮れておるし。

それでもぎっしりと花芽がついてはいるようなのですが、こんなに混み合ってたらうまく育たないんじゃないだろか。危険な予感。いやんもう枝なんか切るんじゃなかったわ。

 一方、枝を切らずにそのままにしていた株は、どんどん大きくなってます。横幅60㎝くらいでしょうか。(撮影:8/28)


暑いさなかで数日おきくらいですが収穫もできてます。(撮影:8/5)


この日(8/15)の収穫は、さすがに暑すぎたか、いずれもピリカラ味ぞろいではありましたが。

まあ、おかげさんで強烈な暑気払いにはなっておりましたです、はい。ゴホゴホッ。


 そして9月にはいり、朝晩涼しくなり始めた今日この頃。
くだんのショートカットした株に、やや変化が見られるんだなあ。(9/14)

なんとなーく枝が伸びて、横に広がってきたような気が。

実もそれなりについてきたような気が。(9/17)


実の付き方は、やっぱり1カ所にかたまってついてしまうみたい。(9/19)

コンパクトでありがたいような気もしますがねえ。栄養が行き届いてんだろかしら。

 さてと、ではではお久しぶりのシュウカーーーーク!!(9/19)

枝切りから苦節2ヶ月ほど。やっとやっとですわ。なお、上の小さい実は、うっかりつまんでしまったんでありんす。
心配した激辛味はなく、ほどよいかげんの美味しさでござんした。ほっ。


 そうそう、枝切りしていない株はこのようになっております。(9/14)

横幅80㎝、高さ90㎝くらいでしょうか。
カットした株は高さと横幅ともに60㎝くらいでしたから、切らない方が枝振りは大きいです。なお、こちらは夏から今までときどきではあるけど実ができていたわけで、収穫量の軍配は「枝を切らない」に上がるでしょうなあ。
とはいえ、ベランダの横幅がわずか1メートルなものですから、枝切りしないと横切るときに枝を持ち上げねばなりませんけどね。

 あ、でももしかしてこの秋から後の収穫量では枝切りした方がよかったりして? 
どうなんでしょう。それもまたお楽しみかな。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| トウガラシ | 20:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミブナ:生長早っ!

お鍋の季節はまだまだですが、ちょとつまんで食べる葉物野菜がほしくてミブナの種蒔きをしたのが8月の末でした。(撮影:8月28日)

たしか2~3日で発芽したように思います。

9月2日。ぴろりーんと本葉登場。


3日後(9月5日)。本葉があっちにもこっちにも。


9月14日。もじゃもじゃー。


9月17日。そして初収穫。わーい!

発芽から約20日ほどで収穫できたことになります。こんなにも早いのは、夏の余韻が残る暖かさのおかげでしょうか。このぶんなら数日おきに摘み取ることができそうです。

 調理は、そのまま切ってお醤油をかけて食べるのですが、なんというか味があるんだなあ、この葉っぱ。
一昨年だったかな、Sunday, Sunny dayのNaomiさんに種をいただいて以来、お気に入りになった野菜です。
よーし、冬のお鍋にそなえて2回目の種蒔きもしよーっと♪

| ミブナ | 09:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミョウガ:今頃ですが初収穫

 夏も終わろうかという今時分に、なぜかこんなのがとれましてん。(撮影:9月15日)

ちいさめだけど、一人前の姿してるわ。うふふ。
このミョウガは、2011年1月に脳天気な我が家のFOXさんから苗をいただいたき、土に植えて3ヶ月後の5月に新芽登場。あれから本日まで1年と4ヶ月ほどたったことになります。

 じつはこれ、収穫しようと思ったわけではなくて、たまたま長さ65㎝のプランターが窮屈そうだったので苗を植えかえようとして掘り返したら見つけちゃったのでした。
株全体の根っこはこんなでしたよ。

ぎっしりと絡まった根のかたまり。初めて見ました。こんなふうにがっしりしてるから頑丈なんだろなあ。しかもとなりとなりと新芽が出ているから株の増殖も進みそうです。なるほど、ミョウガは隣家との境目に植えちゃいけないわけだわ、ふむふむ。

 手にしているのは収穫対象と思われる芽です。さっそく、お味噌汁に入れていただきました。お初収穫、うまし。なお、この夏はミョウガを頂いたり買って食べたりもしてなかったので、わがやでは初物でもあったのです。いやあ、じつにしあわせでござりました。
ありがとうございます、FOXさん。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| ミョウガ | 08:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食用の多肉植物「グラパラリーフ」:かろうじて生息

 いやあ、まいったです。7月にベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんからお分けいただき、ふっくら美人でお越しくださったグラパラリーフの挿し芽用苗4本。(撮影:7/24)


それが、1ヶ月後にはこのような憐れな姿になりましたのじゃ。(撮影:8/21)

4本のうち1本はしなびて消失。残る3本もすっかりやせ細ってしまってからに…。しかも中央上の苗なんて、茎がほとんどありゃしません。だって、下の方からしなびてしまうもん。だから切り詰めては挿し芽をしなおしてたらこうなってしまったのでした。

しかしです。うれしいことに、かくもショボイ姿になってはいるものの、どうやら根は張り始めているみたいなのです。さわるのとね、葉っぱがしっかり固くなってるんだなあ。

しかも、この茎の途中をご覧あれ。(撮影:9/5)

ぷっくりと新芽登場でございます。ほっ。


 一方、うっかりおっこちてしまった葉っぱだけを挿し芽にしてみたのはどうなったかといいますと、最初は元気な5枚。(撮影:7/26)


いつしか2枚。(撮影:8/16)

こりゃいかん。水やりをしすぎたのかもしれないと思い、土をサボテン用のものからバーミキュライトだけにし、ごくたまに水をやるという方法に変更してみることにしました。

だがしかし、とうとう最後の1枚に…。
でも、よーくみると、ちょろっと、なんだか出てるんでした。(撮影:8/29)


そして本日12日。

新芽がふくらんで花形になっておりました。うひょーっ。食べられる予感。その調子でどんどんいちゃってくださいましよ。
 それにしても、葉の付け根が薄くちぎれそうになってるんですけど、それでも息づいていたんですなあ。

 グラパラリーフの挿し芽は、なかなかにデリケートでありました。水やりの具合がわからず、どうしてもやりすぎてしまった感があるようです。「心配なら水やりしない」ぐらいがまだましなのかもしれないなあと思ったりしています。
それにしても、かわいいわ、多肉植物。食べちゃうぞーっ!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| 観葉植物と多肉植物 | 20:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おまけの話:鉄棒でけんすいをする場合について

 園芸とはなんの関係もないんでございます。ちょっとよりみちということで。

 先日、いつものように散歩しておりました。散歩コースに鉄棒があるもんですから、運動力増進のために少し高いけどぶら下がって懸垂めいたことをするのを日課にしております。
 この日も例によってぶらーんとつかまり、ただぶら下がってばかりいるのも芸がないから、「大車輪」と「月面宙返り降り」までは無理でも、せめて膝を上に持ち上げたりおろしたりするという小技にこのところ挑戦しているのでした。

この上下運動も、なかなかにむずかしく、最初は2回くらいしかできませんでした。しだいに最高9回までできるようになったのは継続の成果なり。
「石の上にも3年」、「鉄棒ぶら下がりも3ヶ月」といったところでしょうか。

 さて、この上下運動。膝だけを上下に動かしているはずが、なぜかほどなく身体が前後して振り子運動に変化してしまうのです。

このとき、握力のある人は親指でしっかりと棒を握りしめられるんでありましょうが、その握力・19キロの低記録を持つ私の手の握り部分というのはすき間が開いた状態となります。
そして、そのすき間部分が振り子運動によってしだいに真上の空を向き、ついには指が鉄棒から外れる瞬間がやってくるのでした。

かくして、160㎝47キログラムが1メートル下の地面に突進。「お尻の地面落下直撃降り」をはたしました。

 幸い、そろそろと歩いて帰宅。しばらく布団の住人になっておりましたが、ふたたび散歩できるまでに復活。

 
 公園のあの鉄棒を見ながら、こやつにぶら下がる前に、まずは握力をつける運動をせねばなるまいと思うておるしだい。
そうだ! 胡桃でもころころにぎってみましょうかのう。


【本日の収穫】
 9月にはいり、元気をもりかえしてきた甘とう美人。だんだんととれてまいりました。
甘とう美人、辛くない?
ややほっそり体型ですな。夏の間は激辛に涙を流しましたが、このたびはどんなもんでしょう?
今晩のおかずにて、その真価が問われる! 乞うご期待もんです。

結果:右から2本目の大きめなやつが少々辛味が強かったぐらいで、じつに美味しくいただきました。辛いかどうかは姿形というより、朝晩涼しくなってきたこの頃の気候が関係あるのかもしれないなあと思ったりしています。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

| 未分類 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |