園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2012.12.25.Tue

パープルバジル:めざせ、冬収穫。

 11月の始め頃まで収穫していたパープルバジル。その種をとろうと思って、葉っぱが育たなくなったあともそのままにしておりましたらば花が咲きました。

きれいだわあ。ベランダにいながら、ちょっとした野花をながめる気分であります。

しかし、いっこうに種になる気配はなく、寒さのせいかつぼみもろともしおれがち。あきらめて収穫してしまうことにしました。

こんだけとれました。はて、なにに使えるかなあ?

 ところで、この日は内藤トウガラシ(種は、はっぱの笑子らいふの葉っぱさんより頂戴のおしな)も摘み取りました。最初の収穫のあと、残りは枝ごと折り取り、しばらくベランダに干しておいたのです。

20個くらいあるでしょうか。ということは、前回の収穫と合わせて1本の苗からおよそ40本ほどとれたことになります。うれしいなあ。

 というわけで、バジル+トウガラシならパスタじゃん、となりました。

緑の葉っぱは、水耕栽培のレタス(ユウマイサイ)をちぎってちらしました。キリッと辛味が立ち、バジルも香りました。おいしいざます。花のバジルもぼりぼり食べましたとも。
なお、トウガラシは辛味が強く素手で種をとろうとすると指先がヒリヒリするほど。そこで種はとらずそのまま使いました。干したトウガラシは、生や冷凍したのとくらべるとちょっと辛味が薄れたような気もしますな。気のせいか?

 このパープルバジルを冬にもいただきたいものだというわけで、水耕栽培中なのでありますが…。

なんだか、ふにゃらけた姿なんだなあ、これが。しばらく前まで寒いベランダに出していたせいだか葉先が茶色になってるところもありまして、元気がありませんわ。

 一方、あとから種まきした株は室内のみで栽培していたせいだか、まあまあ元気なようです。

左隣のシソもそれなりに育ってるみたいだなあ。あ、このシソ、脳天気な我が家のFOXさんから頂いた「スプラウト用」の種でした。
あのう、スプラウト用の種では大きくならないものなのかどうかわからんのですが、無理矢理大きくしようとしているわけなんです。真冬なのに。ま、うまくいったらおなぐさみ~ってことで。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.12.24.Mon

種をいただく

 いずみのベランダ水耕覚え書きのいずみさんから、どどっといろんな野菜の種をいただきました。どれもみんな初めての種です。

【甘とう美人】…苗から育てたことはありますが、種から育てたことはなく、ドキドキ。発芽適温は18度~31度前後だそうで。じょうずに発芽させられるかなあ。お布団かぶっでだっこしてやったら発芽するかも?

【バナナピーマン】…形もバナナですが、色がクリーム色から赤に変化していくんだそうです。肉厚ですって。シュパーっと水分がはじける感じなのでしょうか? お楽しみであります。

【黄とうがらし】…果実は下向きにつく、とありました。そういえば、今年初めて育てた内藤トウガラシ(はっぱの笑子らいぶの葉っぱさんより頂戴の種)は上向きについてましたっけ。トウガラシもいろんなのがあるんだなあ。
【ひもとうがらし】…甘味のトウガラシ。奈良県のホームページにも紹介されていました。柔らかい実だそうです。なるほど、うねうねした楽しい形状は柔らかさを作ってるのかもと想像してます。
ネットにてあれこれ検索していましたらば「伏見とうがらしの仲間ですが、ほかのとうがらしで代用できません。全然違います。」との記述を拝見し(ブログ/マドモアゼルジジの感光生活/夏野菜ひもとうがらしの甘辛炒め)、ごっくんと唾を飲み込んでおるしだい。

【スープセロリ】…セリ科の二年草。セロリの原種だとか。外側の大きくなった葉を摘み取って収穫。中心から新しい芽が出てくるので長く収穫できるんですって。お得だあ!
なお、長く育ててもあのでかいセロリにはならんのだそうな。永遠にお上品なセロリ姫ってところでしょうか。

【バイアム】…真夏に収穫できるという、夏バテ救済みたいな頼もしいかぎりの葉物野菜。ジャワホウレンソウという名前もあるそうな。栄養がありそうだなあ。

【タイ・ピンク・エッグ】…このトマトの魅力。これはもう、種をくださったいずみさんのブログ記事「タイピンクエッグお味見しました」をご覧頂くのが一番でありましょう。本文の記事の中に「とろっとした高級な食感、酸味ありと聞いてましたが全然なし、ほのかなトマト味、皮は薄い。
美味しい!・・もっと食べたいとのお言葉あり。なにやらまったく未知のトマトの予感がいたします。むふっ。

 というわけでして、サンタさんのプレゼント袋、ならぬステキな種袋を広げてうっとりの、今宵はクリスマスイブ。
どちらのお家でも、どうぞあったかい夜をお過ごしになれますように。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.12.15.Sat

お初栽培「コールラビ」:試食しました

 寒いせいでしょうか。なかなか大きくならないコールラビ。「ええい、食べちまえ」というわけで収穫してみることにしました。
でもその前に、一応身体測定をば。

だいたい5㎝。この前の11月24日には3㎝だったから、約20日で2㎝太ったことになります。

皮もむかずにそのままスライス。いざ試食!

皮がちーと固かったです。皮、むいた方がよかったな。しかし、かみしめるとふわっとあま~い。おいしいキャベツの芯味にもにてます。むっちりした感じ。
いいですねえ、コールラビ。種をくださった脳天気な我が家のFOXさん、ごっつあんです。

 さてさて、次なる収穫コールラビはどれかしらと物色してみる。

これは、みょうに紫めいています。

いやん、もしかして、固いんじゃない?

こちらはやけに土から浮き上がってるし。


水耕栽培のコールラビはというと。

育っちゃいるけど、これにも怪しい紫色が発生。

こちらなんて、どうにもこうにも。丸くなりそうもありません。

こうなったらしゃーない。葉っぱの方を茹でて食べちゃおかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
2012.12.06.Thu

ソラマメの「ファーベ」:ちょいと育ちすぎかも

 ベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんから、ソラマメの「ファーベ」という種をいただき、種まきしたのが9月の末でした

 あれからもう2ヶ月あまりたってしまったわけですが、すでにもうにょきにょきと伸びております。

大きな鉢が出払ってしまったので、お米5㎏の袋に培養土を詰めて袋栽培。
下の方から新芽が3本くらい生えてきてます。いいんだろか、こんなに育っちゃって。

 こちらの水耕栽培のほうのソラマメも、葉っぱがにょっきりです。

ちょっと育ちが早いような気もしますが、おととしソラマメの「福ならび」を育てたときも12月にはわき芽がでていたので、まあこんなもんかなあと思うことにしましょう。

福ならびのときの記録によれば
・花が咲き始めたのが、1月中旬頃から
・実がつき始めたのが、2月末頃。
・初収穫は、4月初め頃とありました。

 うーむ、食べられるのはまだまだ先でしたわ。豆栽培って長丁場なんだね。まあ、豆はタンパク質だそうだもの、できあがるまでにいっぱい時間がかかるんでしょうねえ。
そういえば、私のお腹の脂肪なんかすぐできちゃうけど、筋肉はなかなかつかんもんなあ。
あれ? 話がちがっちゃったかも。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

 | HOME |