園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

初めてのぷくぷく栽培:ベランダ設置作戦

2015.03.27.Fri
 エアーつきの水耕栽培装置・ぷくぷくは、室内にあります。これをベランダに連れ出そうじゃないの、という意欲がむくむく。といいますのも、すくすく水耕栽培のyaefit1500さんからコメントをいただき、なんだかやれそうかも、と思い始めたのです。いざ、ベランダ設置作戦開始。

まず立ちはだかる問題その1は、ベランダにはコンセントがないってことです。
ならばコンセントを作ればいいじゃないかというわけで、つけましたがな。エアコンの排気口というのがありまして、使っていない場合はパテという粘土みたいなやつで穴を埋めておくらしいです。その柔らかいパテを指でほじると、すき間が出現。その穴にコンセントのコードをつっこんだってわけです。
排気口につっこんだ電気コード
室内からベランダまでの距離40センチぐらい。ちょうどそれくらいの短いコードがあったんですよ。探したらウチの物置に。

コードは壁を抜けてベランダへ。
ベランダと室内の関係

ベランダ側から見ると、こうなっとります。
ベランダに出したぷくぷく
実際に作業してみたらじつに簡単。拍子抜けしました。なーんだ、もっと早くやっときゃよかった。
めんどくさい気がしてうまくいかない気がしてなかなかやってみる気持ちにならなかったのでした。yaefit1500さんの「ベランダだとぷくぷくできないのかしら?」とのお話に、そうだよなあ、どうしてできないんだっけと思いなおしてみることができたのです。うん、やればできるじゃん。

 たちはだかる問題その2、発生。ぷくぷくの鉢が重い。重すぎるんでございます。えーと何リットルはいるんだったか、調べたら9リットルだそうです。さらに2リットルの追加用ペットボトルがのっかってますから、10㎏はあるでしょう。しかも、鉢にはすでにトマトが植わってるので、これを押し倒さないように運ばねばなりません。まだ最低気温が2度だ1度だって日もあるので朝と晩の一日2回。よいしょっ。どっこいしょ。
でもさいわい、ガラス戸をはさんでほんの1メートルほど持ち上げればすむ距離。なんとかこぼさないで運べる……かあ?

それにしても、朝晩の運び出し物がけっこうあるもんですなあ。
こちらはわりあい小さい物がごちゃごちゃと。
ベランダから引っ越した室内の鉢、鉢、鉢

こっちも軽め。水耕栽培は、こういうとき助かるわあ。
水耕栽培のトマトとトウガラシ

問題なのがこれ。極めつけの重さを誇る恐怖の土栽培。(しかも畳の部屋に置いてるという…。)
トマトのつい栽培株
直径40センチくらいの鉢だとどれくらいの重さになるんですかねえ。なんかもう、ずっしりって感じ。鉢の下にビニールを敷き込み、ビニールごとひっぱって移動させてます。はあ、しんど。
あーあ、早くぽかぽか陽気にならんかねえ~。

あ、そうそう、ぷくぷくを外にだしたら、あんまりいいお天気なんでぐったりするかもと心配してたんだけど、杞憂でした。いやその反対。ものすごいピンピンに枝葉を張り勢いがいいのなんのって。食欲もわくんでしょうかね、液肥もがぶ飲み消費っぷりでした。なんだか、ほっとしました。yaefit1500さん、めんどくさがりの私にやる気をプッシュしていただきありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

初めてのぷくぷく栽培:トマトの種まきから3ヶ月 実がぶらぶら

2015.03.25.Wed
「ぷくぷく」という水耕栽培の用具(ホームハイポニカ)でお初に育てているミニトマトのネネ。背丈が1メートルをこしました。ひょろひょろですが。(撮影:3/23)
ぷくぷく栽培 トマトのネネ 全体像
いや~、春分の日もすぎ、室内栽培がきびしくなりつつあります。部屋が南向きゆえ、室内にはいる日射しがどんどんへっていくんですわ。窓ガラスにぴたっとはりつくようにしてるんだけどなあ。
ま、こうも大きくなってまいりますと、室内の鑑賞用植物としてもじつに見応えがありますんですよ、ええ。部屋がせまくなっとるけど。

実がつきはじめた1段目。15個ぐらいでしょうか。
ぷくぷく栽培 トマトのネネ 1段めの実

2段目。こちらも十数個。
ぷくぷく栽培 トマトのネネ 2段めの実
花芽はいまのところ7段めまでついているようです。

このほか同じ品種で、2リットルのペットボトル水耕栽培の株もあったんですが、なぜかしょぼーんとなえてボツ。

一方、土栽培のネネは健在。背丈は50センチほど。ぷくぷく栽培と比べると背丈が半分くらいでしょうか。
土栽培のトマト・ネネ

それでも花芽が2段めまでつきました。実は8個ぐらいかも。
土栽培のトマト・ネネの花

それにしても、ぷくぷく栽培と土栽培。これほど生育にひらきがあろうとは、です。
とはいえ、今後は日射しが入らなくなるだろうから、ぷくぷくの株が減退しそう。なんとかして外にだしちゃおうかなあ…と思ったり、7段めくらいで摘心し、栽培をおしまいにするという選択肢もあるかなあと思案中。うーむ悩ましい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

トマト:挿し芽の仕方2種類をためしてみる

2015.03.25.Wed
 挿し芽がうまくいくのは梅雨の6月あたりだろうと思うのですが、今頃の季節でもできるんでしょうか。
トマト(Mr.浅野のけっさく)の脇芽をとって始末しようと思ったけど、あまりに大きくていきがよく、もったいないからと水にさしておいたのが今月の13日。

その10日後。根がもじゃもじゃ~。(撮影:3/23)
挿し芽のトマト・ショコラの根

ひっくり返してみる。根は切断面を囲むようにはえるんだな。
挿し芽のトマト・Mr.浅野の根
それにしても、ずいぶんとピンピンな苗だこと。よしよし、バーミキュライトにさして育ててみるとしよう。
(ありゃ、またなんだか得体の知れない苗ができてしまったかも。)

 もう一つ、「胚軸切断挿し木法」なるものをためしてみた。種まきして本葉がでたあたりの小さい苗の根を切り、水にさしておくと根が出るんだそうである。

切り取ったトマト(ショコラ)の苗を、スポンジにさしておいたのが3月13日。
胚軸切断挿し木法のトマト・ショコラ2株

8日後。根がスポンジから飛び出していました。わーお、成功♪
胚軸切断挿し木法のトマト・ショコラの根

この2本の株のうち、1本の子葉が痛んでしまっていたので、どうせボツにするならとスポンジをどけて中のようすをみてみることにしました。どれどれ。
胚軸切断挿し木法のトマト・ショコラの根
ふむふむ、茎のところから根が生えてる~。

切断した株と同じ日に種まきした株はほかにも2株あり、それぞれ水耕栽培と土栽培をしています。
水耕栽培と土栽培、胚軸切断と普通の挿し芽の苗
これら3株はどれも同じ品種のショコラ。こうしてみると胚軸切断した株は小ぶりです。根が育つのに費やしていたんでしょうね。さあさあ、これからはどしどし大きくなっていただこうじゃないの。
…てなことを楽しんでいると、またもや実験的なアヤシゲ株がふえちゃうんだなあ。極小ベランダのどーこにおくんだか。

【胚軸切断挿し木法につきまして】
下記のブログにいらっしゃると、ちゃんとした詳しいお話をごらんになれます。
Sunday, Sunny day …記事「トマトの連続摘心栽培&胚軸切断挿し木法」
水耕野菜生活、イイネ!…記事「胚軸切断、うまくいきました^ ^」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

シソとバジルとパセリ:本葉登場

2015.03.21.Sat
 シソもバジルも本葉がではじめました。(撮影:3/21)
シソとバジル
種まきが2月23日で、発根は3日後の26日という、いたってすくすくな生長っぷり。

ことにシソ♪
シソ
去年の賞味期限だったにもかかわらず、どれもこれもビヨンビヨン発芽。毎年シソ栽培に苦戦してたけど、今年はうまいこといってくれるんじゃないかと、期待むくむく。

バジルは3種類植えました。葉の大きいのがボロッソ・ナポリターノで、小ぶりなのがマルセイユです。
バジルのボロッソ・ナポリターノとマルセイユ
去年栽培したときは、小さい葉がわりあい短命で、大きい葉のほうが丈夫な株になり収穫も長く楽しめました。もっとも、葉がやたら大きすぎて手に余る風情ではありましたが。今年もまた同じように育つのかなあ、どうなんでしょう。

3種類の中で一番繊細なのが、パープルバジル
パープルバジル
緑のバジルと比べると葉があまり茂らず、背丈も小さいのだなあ。しかあし、彩りが楽しく香りがしっかりしてるのがよろしい。なんとか大株になっていただきたいです。といっても対策はなにも浮かばんのですが。

そうそう、お初栽培のイタリアンパセリ。つやつやとした双葉になるんでしたか。
イタリアンパセリ
レストランなどで、ほんの数本とお目もじした程度のおつき合いしがありません。どんなお味だったかも覚えておらず、それだけに、どのように育つもんだか確かめてみたくなったのです。
丼に山盛りのイタリアンパセリのサラダって、どんなかしらねえ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村




エンドウ:お初収穫

2015.03.20.Fri
 去年の10月末に種まきしたエンドウ。もうそろそろ可食OKサイズと判断。スナップエンドウのジャッキーと絹サヤの貴笹。(撮影:3/18)
初収穫のジャッキーと貴笹

もぎ取った実を握りしめ、いそいそとベランダからキッチンに持ち運び、お味噌汁にトポン。ほんの浮き実ていどですな。
3本ってしかし、どう分けたもんだか。
エンドウが浮いてるお味噌汁
ジャンケンの勝者が2個入りを選ぶにしようと思ったのだが、不穏な空気に包まれる危険ありとみて中止。スナップエンドウは半分ずつに切り分け、平和に1個半ずついただきました。
プチッとはじけて美味しい。ああ、春じゃのう~♪

 ところで、つるのあるジャッキーの株は、こうしている間にも刻々と上へ上へ生長しているのだなあ。すでに天井に設置してあるエアコンの室外機にまで達しておるのでした。
天井の室外機に到達したエンドウ

しかも、株の下から1メートルくらいまで、なぜかほとんど実がつかないままです。(3/19)
エンドウの株の下半分に実はなし
ということはですよ、実がなるスペースはもうほとんど残ってないってわけです。初収穫して、もう撤収かいな。いやんもう、さびしい限り。

かくなる上は、次の手を考えねば。
そうそう、個数をまちがえてネット購入してしまった種がまるまる袋ごと残っているのでした。この2袋です。
袋ごとあまっている貴笹とジャッキーの種
これを新たに種まきするというのはどうだろう。もう時期的に遅すぎか?

それとも、近頃ちまたでみかける豆苗とかいうものに仕立ててみる手があるかも。なんでも同じ種で2回収穫できるんだとか。お得なんだろうか?
買ったジャッキーの種一袋は、約300円/20ml。スーパーで売っている豆苗は、1パック100円くらい。
さてさて、種1袋で何回分の豆苗が作れるのでしょう。
ありゃま、なにやら怪しげな皮算用にはまってしまったみたい。

まずは何よりエンドウの実を食べたいのか、茎を食べたいのか。うん、やっぱり実がうれしいぞ。とはいえ、実がなるまで5ヶ月もかかってたんでした。ふえ~、なんとまあ遠い道のり。悩ましいのう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

ナスとトウガラシ:てこずる種まき

2015.03.19.Thu
 2月にはいってからの種まきにてこずっているのは、ユーマイサイだけではありませんで。ナスやトウガラシもこれまた発芽せず、腐らせておりました。

しかしようやく、2月28日に種まきしたナスのカプリスが9日後に発芽。(撮影:3/9)
ナスのカプリス 発根
小さいけど、ハナクソ…じゃありませんぞ。

つづいて、スイートペッパーも、やっとやっと最後の1粒だけが発芽!(撮影:3/13)
スイートペッパー 発根
ああ、苦節?日。カンナンシンクは、いかばかり。2月の種まきはむずかしいなあ。寒いせいだろうか。タッパーに種を入れ、昼は日向におき、夜は布団の中で添い寝してたんですがねえ。

一方こちら、3ヶ月前(12/19)に種まきしたナスのロッサビアンコ。9日後に発根し、だいぶ苗らしくなってきました。
ナスのロッサビアンコ

これも同じ日に種まきした、トウガラシの伏見甘長
トウガラシの伏見甘長
まあまあ順調に育ってるように思います。

ただ、ナスはもう1本あった苗をダメにしてしまいました。風が当たる場所に置いたせいか、朝はなんでもなかったのに、昼に見たらフニャフニャにしなだれて、それっきり。
以来ナスは、風通しのいいフェンス下を避け、室内側の壁ぎわに置いて防御。ナスって、なんやら気を使いますなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

ユーマイサイ:発芽するとき しないとき

2015.03.17.Tue
 レタスなんて1日か2日ですぐ発芽すると思うのだか、3月6日に種まきしたユーマイサイときたら、10日たっても音沙汰なし。(撮影:3/16)
ユーマイサイ 10日後でも発芽せず
もしやと思いタネ袋を見ると、賞味期限が1月までとある。どうりで発芽しないわけだわ。ええい、だめもとじゃ、残ってるやつぜんぶ、まいちまえ-!

てなわけで、水にひたしたキッチンペーパーに、タネ袋ごとすべてぶちまけておいたのが13日。
それから6日後。ほとんどが発根しておった。(3/16)
ユーマイサイ 3日で発芽
どーなの、これって。

ありったけの種が発根ってですねえ、遠景からご覧頂くとこんなですよ、こんな。(写真上)
ユーマイサイ 発芽くらべ
12粒もあれば充分だったのに…。あーあ、もったいなあ。残しておけばまた次回の種まきに使えたのにさ。
なお、写真下は最初に発芽しなかった分で、その後もまったく動きがございません。
なんでかなあ? 近頃あったかくなったから? 最低気温4度で最高気温が18度とかいうしね。でも、それなら最初に種まきしたのだって発根してもよさそうなものではないか。さっぱりわかりませんわ。

理由はともあれ、この大量の発根した種をば、さてどうしたものか?
とりあえず、お茶パックに2粒ずつ並べて12パックこしらえる。ほんとは1粒でいいんだけど、2粒でも育つからよしとする。
これはのちにプラコップで水耕栽培にしよう。
お茶パックに種をうつしたユーマイサイ

それでもどっさり残っている。ええ、めんどうじゃ。土栽培の2鉢にバラバラっとちらしておしまい。おそろしくぎゅう詰め。もう、しらん。
土の鉢に種をうつしたユーマイサイ

去年の11月に種まきしたユーマイサイは、収穫しはじめたのが1月末頃。今も健在です。(3/16)
生長したユーマイサイ
おかげさんで虫にもまだ見つかってないらしく、傷みがほとんどありません。摘み取っては食べ、摘み取っては食べるお得野菜。このたび種まきした方々もぜひ、このように育っていただきたいと、校長先生は思ってますよ。
(←お隣に小学校があり、よく聞こえてくるんですよ、校長先生のお話が。つい口調をまねしたてみたくなりました。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

カリフラワーのカリブロ:最後の1個を収穫

2015.03.17.Tue
 この日収穫しようというカリブロは、前回のよりも小つぶ。小さい鉢だけのことはありますなあ。(撮影:3/16)
カリブロの株姿

もれなく葉っぱも頂きますのじゃ。
収穫したカリブロの花蕾と葉

ほほう、こんどの花蕾は、あまりとがってないというか、三角部分が丸っこい感じ。ロマネスコといっても、いろんなタイプがあるんだなあ。
カリブロのまるっこい花蕾

花蕾はチン♪ 
カリブロの花蕾と葉先の調理
しかし、チンしすぎたね。柔らかくて、なんだかなあの味になってしまった。うえーん、たった2個しかないカリブロのこれが最後なのにぃ、失敗しちゃうだなんて。ふてくされて、タッパーにいれただけのぞんざいな盛りつけになっておる。
葉っぱは、前回と同じく味噌味のゴマ油炒め。ゴマをふりかけたところが、ちょっいと進歩。

さて難関の茎ですな。この固い茎をどうしたものかと考えてみましたが妙案うかばず。結局、炒めてオイスターソース味にしました。美味しくいただけるのだが、固い! 切り方がまだ大きすぎました。いっそのこと、細かく刻んでふりかけ風にしたほうがよかったかもしれません。
カリブロの茎の炒め物
カミカミカミカミ。おかげさまで歯茎の鍛錬になりましたわい。はい、これにてカリブロ終了。あっというまでした、食べるのは。
ああ、それにしてももったいないのは大量の葉と茎。美味しさが生かせる調理法の開発を切に願ってやみません。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

カリブロ(土栽培)のお初収穫

2015.03.17.Tue
 カリフラワーのカリブロが、だいぶ大きくなりました。種まきは去年の9月2日ですので、半年あまりすぎたことになります。(撮影:3/13)
カリブロ 大と小の株
大きいといっても、葉っぱが、ですが。葉が横幅ったく広がってるわりに、中央の花芽が小さいんだよなあ。

左の大きい鉢のほうの花芽をのぞいてみました。
カリブロ 大きいほう
三角錐がいっぱい。整然として美しいなあと思います。でも反対に、この形や色が気持ち悪いとお思いの方もおられるそうです。なかなかなインパクトですもん、閲覧注意な植物かもしれません。

はい、ではその黄緑色の巨大なカタツムリを1匹食べることにいたしましょう。うひょひょ。(3/14)
カリブロの花蕾
たしかにカタツムリよりはでかいけど、1個100円もしない小ぶりなキャベツ程度でしょうかね。

で、残ったこの大量の葉っぱはどうすんだい?
カリブロの葉
ためしに茎をかじってみたら、キャベツの芯味がします。しかし、葉っぱは恐ろしく青汁味、だと思う。飲んだことないけど。
そういえばヒヨドリは、茎を残してこのまずい葉のほうを食べるんだよなあ。滋養強壮に効きそうではありますけど。あ、もしかすると、茎は固いから食べないのかも、と今思いあたりました。うんうん、そうかもしれない。

ともあれ、わたくしは頂きますぞ、全部ね。もったいのうございますからな、無理矢理にでも調理しようじゃないの。
花蕾と葉先と茎に分類し、それぞれ別々にレンジでチン。あれだけどっさりあった葉っぱだけど、ゆでれば花蕾と葉先と茎、だいたい3等分な感じになりました。葉と茎は水分が多いのかなあ。
カリブロの調理3種

主役の花蕾の味付けは、ポン酢をたらり。ほわんとした甘みがあって美味しいです。この味がたのしみなのだな。パクパクっと食べ終わってしまいますがね。

問題は葉と茎。葉先はごま油で炒めて、味噌と、酒、みりん、和風だしの素で調味しました。これがですねえ、あんがい美味しいのでした。ホウレンソウのような渋味もなく、濃い味の葉というか、おつな味。細かく切って食べやすくしたのもよかったかも。なお、茎はとりあえず斜めに切っただけで、考え中。やや筋張って固いので、さらに熱を通したほうがいいかもしれないなあ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

トマトの背比べ

2015.03.13.Fri
 ミニトマトのネネは3種類の栽培方法で育っています。(撮影:3/8)
左から土栽培、中央がぷくぷく(ホームハイポニカ)を使用した水耕栽培、右下がペットボトルの水耕栽培育ち。
ぷくぷく使用のトマト・ネネ
種まきはどれもみな昨年12月19日。お育ちにだいぶちがいがあるみたいで。

土栽培は背丈が20センチほどしかありませんが、花が咲いてます。
土栽培のトマト・ネネの花
これくらい低い位置だと、将来はずいぶんたくさんの段に実がつくんじゃないかと期待が高まりますなあ。

背高のぷくぷく栽培は、2月には花が咲き、実もつき始めました。
ぷくぷく栽培のトマト・ネネの花と実
ただし、花は下から50センチあたりと、だいぶ上。全体に茎と茎の間が間延びしてます。もうちょっとコンパクトにきりっと育っていただきたかったんですがねえ。室内栽培のせいかもしれません。
一番小さいペットボトル栽培の株は、だいぶ元気がありません。大丈夫かいな。

そうそう、ネネは受粉しなくても実がなる単為結果という性質だそうで。単為結果って、キュウリだけじゃないんだなあ。びっくり。それにしても、1つの品種で生長がこうも異なるとは。この品種がそうさせるのか、種による個体差なのか。興味深いです。

一方、他のトマト苗はといいますと、こんなふうです。
150308_tomato_2322.jpg
右下のネネは上のネネと同じ株で、これが一番小さいかな。その次に大きいのが大玉の麗夏。一番大きいのが中玉のMr.浅野のけっさく、でしょうか。中玉が大玉より小ぶりな株に育ってるって、なんだかおもしろいです。

こちらの水耕栽培でも、中玉の方が態度がでかいみたい。
水耕栽培の麗夏とMr.浅野のけっさく
中玉のMr.浅野は、ひょっとしたらゆっさゆっさ大株になるタイプなのかも?

そして、茶色のトマトになるというショコラは、本葉がでたばかり。左から3列目あたりです。
茶色トマトのショコラ
種は、すくすく水耕栽培のyaefit1500さんからいただいたもので、種まきが2/18。なんでも、大きくて美味しいトマトになるらしい。うふっ。
トマトの両脇のバジルやシソも発芽。春近し♪

トマト苗は、まだあります。去年、うちで育てた小さい苗がご近所の友人の畑で大きくなり、そのこぼれ種から育った苗をばうちにもらってきて年を越すという、長々しい経歴のトマトがまだご健在なんでございます。
去年の畑のこぼれ種トマト
品種は定かではありませんが、枝がやけに方々から生えたがるので、コストルートジェノベーゼじゃないかとにらんでます。
冬越しのトマトを育てるのは初めて。新しく種まきしたほうがよさそうな貧弱っぷりではありますが、ま、どこまで育つんだかどうだかお試し品ってことで。

ああそれにしても、土入りの鉢の重いこと重いこと。夜は室内にとりこんでるんですが、伸びた枝葉にも気を使いつつ運ばねばならず、あやうくこけそうになりました。先日は、うっかりして枝を2本も折ってしまう始末。このぶんでは、トマトが育つ前に、わたくしめの腰も折れそう…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村