FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

のらぼう菜:5回目の収穫にておしまーい

のらぼう菜は、今が収穫のピークのようで、立て続けに折り取らないと花が咲きそうでした。

こちら昨日、14日の分です。
4/14 のらぼう菜の収穫

そしてきょう。
180415_norabou_0776.jpg

でもって、撤収。
180415_norabou_0775.jpg

いえね、まだ待っていたらいくらか収穫できそうなんだけど、茎がだんだん細くなってきており、細いうちからもう花が咲いてしまいそうなのです。
液肥を日に2回もやらねばならないほど乾いているところをみると、鉢の中は根が満員御礼なのでしょう。おそらくこのあたりが鉢栽培の限界であろうと思い、鋭意決断したっちゅうわけでして。

さて、このあとは鉢から株を取り出して周辺を片付けるわけですが、この作業に時間がかかりました。
まずは、アブラムシがだいぶ付着していたため、ベランダ床がアブラーまみれのテッカテカなのだな。
ブラシで床に水をまきつつ洗い流しましたですよ。ああよかったー、今日は雨模様で。ご近所さんに気兼ねなく(とはいえ、少しずつだけど)水を流せますもんね。
そのあとは、雑巾がけ。水がついままだと滑ってあぶないあぶない。
そして土。うちでは狭くて再利用の作業がしにくいので袋に入れ、マンションの土置き場に運びます。いずれ共有の花壇に使うことになるでしょう。
やれやれ終わったぜぃ。ゼイゼイゼイと息切れしてしまいました。あ、まだありました。着ていた服の洗濯もいたさねば。鉢をひっくり返したら土をかぶっちまったもんで。

ではいざ、のらぼうの最後の晩餐(昼食だけど)。かみしめていただくとしよう。
180415_norabou_0777.jpg
歯触りシャキッと、甘みあり、旨し。どうもどうもごちそうさまでした。

さてさて、ベランダはようやく春から夏の装い変わりました。

びふぉー:まだのらぼう全盛だった春。(4/8)
4/8 のらぼう菜が茂っていた頃

あふたー:掃除した床に移動させた、イチゴ、トマト、トウガラシ、ヤグラネギの苗などなど。
のらぼう菜の跡地には夏野菜がならぶ

今はまだベランダにお日様がはいりこんでますが、南向きなので日が高くなると、フェンス下付近にしか日が差さなくなることでしょう。それまでに、どうかすこしでも大きくなっておくれ~っ。とまあ願っておるしだいなのだ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 15:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のらぼう菜の3回めの収穫

昨日は、のらぼう菜を収穫。
のらぼう菜収穫
あ、どこからどこまでが収穫したものやら、ベランダの作物やら、判別しがたい写真ですみません。
片手でつかめる分量で、約30本ほどでした。

レンジで加熱してお浸しに。
のらぼう菜のお浸し

前回よりいっそう甘みがまし、美味しくなってました。へー、なんでだろう。不思議だ。

そして今日。近所で友人たちと一緒に借りている畑のすぐそばで、セリを摘みました。菖蒲の畑があるので、そこにたーーーくさん生えているんです。セリを摘むのって、何年ぶりだろう。子どもの頃以来かも。
足元が泥だけになって、オタマジャクシが売るほどいっぱいいて、ちっとも逃げなくて、なんかすごかったなあ~。

で、その戦利品がこちら。
セリをつんできた

けれども、夕食時間はあれこれ大忙しで、セリを料理する時間がなく、作って焼いたピザにちょろとセリをのせただけになっちまった。
ピザにセリを散らす

残りはゆでておいたから、明日はごま和えにしようぞ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴ苗のそうじと洗濯

この時期、花粉蔓延力がすごいですなあ。薄黄色になった車があっちにもこっちにも。
それは、当方の極小ベランダにさえ、もれなくふりかけられております。

こちら、四季なりイチゴの「めちゃウマ」の葉。花粉はまんべんなくまぶされてますから、即、唐揚げにできそうですがな。
イチゴの葉に積もった花粉

ちょっとあんまりなので、とりあえずゴミ箱の栽培容器ごとキッチンに運び、水道水をかけて洗いました。

ついでに根も点検しよう。
水耕栽培の根の様子。(四季なりイチゴのめちゃウマ)
うーん、薄茶色かあ。まあまあの健康状態ってところか。

4鉢全部の葉を洗い、液肥をとりかえて元のところにもどしました。ちょっとさっぱりしたかなあ。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ゴミ箱容器で水耕栽培。

あ、まだ用事がありました。こんもりした葉の茂みに隠れて見えなかったけど、下の方に痛んだ葉あり。
四季なりイチゴのめちゃウマ。傷んだ葉があちこちに。

摘み取ってポイポイ。けっこうあるもんだ。
イチゴの苗の傷んだ葉や実を取り除く

実もできてます。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花と実。

しかも、株のまわりをぐるりと放射状に。
四季なりイチゴのめちゃウマ。実が放射状にできている。

去年ランナーから苗をとったときは、たった一株だけを植えたはずなのに、穴あきの直径10センチの鉢がぱつんぱつんになるほど増殖したらしい。

ところで、イチゴは同じくペットボトルの水耕栽培でも3鉢育てています。
ペットボトルによる水耕栽培。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

こちらにも実ができていました。左の3個はへなちょこですけど。
ペットボトル栽培のイチゴにできた実

実の付き方は、ペットボトルの栽培でもおなじく放射状になってました。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ペットボトル栽培も放射状にできている。

ゴミ箱とペットボトル。どちらも同じように収穫できるんだったら、ペットボトルのほうが場所をとらくてうれしいがなあ。どんなもんでしょう。結果がたのしみであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 四季なりイチゴ | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本葉をめでる

最低気温が4度になるらしいというので、急きょまだ小さな苗を室内にとりこむ。(撮影:4/8)
室内にとりこんだ苗いろいろ

ちょうど今、本葉が出たての一皿がこちら。
本葉がではじめたトマトとパプリカ

お初栽培のパプリカ「コロル」。黄緑色がなんとも美しい。(種は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんからいただきました。)
パプリカのコロル
だが、さっそくアブラムシがとりついておるではないか。即刻除去。

ミニトマトのピッコラカナリア。小さくてもトマトの香りがしてます。
ミニトマトのピッコラカナリア

中玉トマトのMr.浅野のけっさく。中玉だけあって、子葉もでかい。
中玉トマトのMr.浅野のけっさく

こちらは、ミニキュウリのテンクワ。去年お初に栽培したけど、うまくいかなくて食べそこなってますのさ。美味しいんだろか。
キュウリのテンクワ

イボイボのキュウリになるF1四葉(すうよう)多福。種まきした4種類のキュウリの中で一番遅い発芽でした。
四葉(すうよう)のキュウリの双葉
残りものの種だけど無事発芽しましたなあ。このキュウリは、前にも栽培ており、ことのほか美味しかったのです。でもねえ、収穫数量が少ないのが残念なのだ。美味しいものってのは、そうそうたくさんできませんよ、みたいなお品物ですかね。

発芽の遅いタイプといえば、水ナスものんびりさんで、やっと双葉が持ち上がったところ。
水ナスの双葉

さらなるのんびり屋は、トウガラシの甘とう美人。ようやく発根。
トウガラシの甘とう美人の発根
間に合うんだろか。実がつくころには、冬になってたりして。ちょいと急いでおくんなさいまし。


シソは青と赤を種まきしました。
名札がないので、どれがどれやらわからんけど、本葉がでれば一目瞭然。

中央にちろっと黄緑色が見えるから、青シソでしょう。
芳香アオシソ

ということは、こちら赤シソですな。
赤い天神シソの双葉

薬味のシソとして、赤と青を取り合わせたらいっそう彩りが美しいだろうなあと思いをはせておるしだい。
…とまあ、あれこれいっぱい種まきしたけど、はたしてうまくいきますやら。

恐怖のうどん粉病とか、おぞましいサビダニ一族とか、敵さんがわんさと押し寄せてくる梅雨時分がもうすぐやってくるんだけど。
ま、そこはなんとか持ちこたえておくんなさいましよ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のらぼう菜をちびりちびり

のらぼう菜は、昨年の12月にご近所の方から苗をいただきました。それがまあとてもよくお育ちで、私が何度か種から育てたときよりはるかにはるかに立派に育ってますのさ。いい苗って、ほんと、いいなあと思うんであります。

で、そののらぼう菜の本日の収穫であります。
本日の収穫

一番最初の収穫が、3月14日で11本。2回目は15日後の29日で26本でした。それからは、きょうみたいに2本とか3本をときどき折り取るくらいだったでしょうか。
まとまってドーンと取れるのはいつかしらねえ、と眺めております。

こちらその、ベランダ面積の4分の1ほどを占めるのらぼう軍団。
のらぼう菜 4鉢

一鉢をじーっとみつめていたら、新芽が放射状にできているのを発見。
放射状に新芽ができていた

ほ~、こういうふうに芽はつきますか。なるほどなるほど。(なにがなるほどなんだかわかってませんけど。)
とにかく、みな同じくらいの生長具合みたいですので、まとまっていっせいに収穫できる日も近いのではないかと予想しています。むふふ。

なお、のらぼうは土栽培の鉢植えで、1鉢かくれるけど全部で4鉢あり。
のらぼう菜が植わっている鉢

間引きしそこねたため、一鉢に3株とか4株植わってます。しかも、隙間にワケギまで植えちゃってからに。
おかげさんで、日々液肥やり奴隷と化してますのさ。こうお天気がいいと、すごい飲みっぷりで、日に2回も要求される始末。
なかなかに元気もののようですわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| かき菜・菜花・のらぼう菜など | 16:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤグラネギのヤグラ

ネギはネギでもヤグラネギ。冬のあいだは葉が枯れて地上にはなにも見あたらなかったのに、今や栽培容器からあふれんばかり。
水耕栽培のヤグラネギ

かきわけたら、ネギ坊主あらわる。
水耕栽培のヤグラネギ

ネギ坊主は坊主なんだけど、よーく見ると、坊主の中身が坊主じゃなくて、紐というかヘビみたい。
水耕栽培のヤグラネギ

これなんか、今にも突き破りそうである。
水耕栽培のヤグラネギ

尻尾でた。残りのとぐろもほぐれて、じきに、ニョロニョロと這い出てくるんだろうか。
水耕栽培のヤグラネギ

このヘビみたいなのはじつは新芽で、そのうちポロリととれ、植えればそのまま育って一人前のネギになるんですぜ。なんかすごいな、ヤグラネギって。

【おまけ】
昨日の記事にありましたトマト(中玉:Mr.浅野のけっさく)の、冬越ししたさし芽の苗にできている実が気になります。
もうずいぶん赤くなってると思うんですわ。
冬越ししたさし芽のトマト苗(Mr.浅野のけっさく)の実

と思ってたらつい、プチッと。今年第一号の収穫となりやした。
冬越ししたさし芽のトマト苗(Mr.浅野のけっさく)の実を収穫

中玉なんだけど、これは小さくてイチゴかと思うくらいだわ。
あま~~~っ!! 
ごちそうさまです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 19:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

去年のトマトと今年のトマト

去年種まきしたトマト(中玉:Mr.浅野のけっさく)が冬をこし、いまだ元気でありまして。

左が、わき芽の株。右が、さし芽の株です。
わき芽の株とさし芽の株(トマト:Mr.浅野のけっさく)

どちらも花が咲き、実がつき始めました。

さし芽の株の実は、ちょいと色づいてきたようです。右の下ほうにできた1個はすでに真っ赤。
去年の株のトマトに実ができる
しめしめ、ようやく食べられそうですぞ。冬のあいだ、夜はせっせとベランダから室内に運び込んだ甲斐があるってもんですわい。

一方、今年1月に新たに種まきした株も、もうだいぶ大きくなってきておるんであります。

ミニトマトのピッコラカナリア(種は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんから頂戴いたしましたお品)も育ってます。
今年種まきしたトマト2種

へへっ、たのしみ、たのしみ。
しかしなあ、トマトの株が合計6株って…。
このちっぽけなベランダじゃあ、なんかすごすぎる分量ですぜ。

いいのいいの。
この夏、トマトで埋め尽くされたジャングルベランダのおかげさまにて、涼しくすごせるかもぉ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発芽どき

3月29日に種まきしたキュウリが発芽しました。

普通サイズの「なるなる」と、ミニの「どかなり千成(せんなり)」です。
キュウリの発芽 ミニと普通サイズ

なにゆえか、ミニのほうが双葉が大きい。なんでだろう。ミニのほうの名前がいかにも態度でかそうな「どかなり」だから、かしらね。なんかおもしろいです。
あ、ほんとはキュウリは種まきするはずじゃなかったんでした。毎度ちっともうまく育たないんだもん、金輪際やるもんかと固く誓っておったのになあ。でもせっかく種が残っているし、どーせ去年の古い種だし発芽せんじゃろうと高をくくってたら、こうなっちゃったわけで。まあ、あまり期待せずにやってみましょうかね。

インゲンも去年の残りの種ですが、元気ですな。
インゲンの成平 発芽

早々と本葉もでてきましたぞ。
インゲンの成平 本葉がでた

シソは3種類。芳香青ジソと、大葉シソ、天神赤シソです。
シソ(3種類)の発芽
こちらはなかなか発芽せず、やきもきしました。

バジルは、ボロッソナポリターノの1種類だけ。
バジルのボロッソナポリターノ
今まで育てたなかで一番大きな葉になるタイプです。茎も大きく丈夫で長く収穫できるのでお得なバジルであります。

ほかにも、なんじゃかじゃと芽がでてますなあ。
その他あれこれの発芽
散歩していると、あちこちに黄緑色がいっぱい。いい季節になったんだなあとしみじみいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 20:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味つけかえて、ネギ。

先日ワケギを収穫したのだが、まだその半分が調理しないまま残っています。なんにしようかなあ。
うーん、なんにも思いつかんから、また炒め物にしよう。

こちら、そのお残りもののワケギさん。けっこうな分量ですわ。(撮影:4/2)
収穫したワケギ

お揚げも切ったぞ。
小さく切ったワケギとお揚げ

中華鍋にザザーッと入れました。こんもり~。
ワケギを炒める

けど、盛り付ける頃にはぐっとかさがへりました。味付けは、オイスターソースにいたしましたぞ。
お揚げとワケギ

お味は、前回のお醤油味よりずっと美味しい。オイスターソース、いけますなあ。

この日は、本をみながらパンも作りました。「チャバタ」というイタリアのパン。
パンのチャバタを焼く
どこがイタリアだあ、ですが、材料の粉が「サッコロッソ」という一応イタリアの粉ではあります。ピザを作るときの粉でもあるそうな。
「チャバタ」とは、「スリッパ」とか「靴の中敷き」って意味で、平べったい形だからみたいです。おもしろいなあ。スリッパ、食べるかあ、ですが。

サラダは、ベランダのレタスとチコリです。
お揚げとワケギの炒め物+レタスとチコリのサラダ+パンのチャバタ

あらま、お肉もオーブンで焼いたのに、写ってませんでしたわ。牛乳も飲みましたから、おかげさんで、整った食事ができました。ごちそうさまです。
でもね、ネギといい、チコリといい、繊維が多くてあとの歯磨きがたんへんでした。ハハハ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 20:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花は咲いてないけど撤収のレタス

花という花が咲き誇っている今日この頃。ベランダのレタスだって花芽がでるよなあとヒヤヒヤしてるわけですが、いっこうにその気配はなく。
こちら、キッチンの水切りかごで栽培しているレタスのハンサムグリーンです。
レタスのハンサムグリーン

こちらは、ゴミ箱容器にザルをのせて上記と同じく水耕栽培の株。
レタスのハンサムグリーン

だいぶ食べ尽くして、葉が少なくなりました。
レタスのハンサムグリーン

それでもこのままほおっておけば、また上の方の葉が大きくなってくるのかもしれません。
でもねえ、のらぼう菜が幅をきかせ、トマトの背丈が伸び始めたりして、ベランダが手狭になってきています。
それに、次世代のレタスを1月26日に種まきしていて、こちらがだいぶそれなりの格好になってきましたのさ。

ほらあ。
レタスのハンサムグリーンと美味タス

もさもさといかにものハンサムグリーンらしくなってきましたし。
レタスのハンサムグリーン

初めての栽培になります「美味タス」も、ふんわり葉が広がってきましたのさ。
レタスの美味タス

これなら、もうじき収穫もできるようになるんじゃなかろうかというわけで、おしまいにする決断がついたしだい。
はーい、収穫とお片付けをしましょう。
といっても、キッチンで仕分けして洗うだけなので、作業はわりに簡単。小規模の水耕栽培は楽ちんでいいですなあ。

それにしても、ハンサムグリーンは収穫期が長く、葉は弾力のあるフリルゆえ、食べ応えありありの優秀レタスでした。
これからもすえながーくお付き合いさせていただきたいレタスでございます。今後ともよろしく、です!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| レタス | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT