FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甘トウガラシ、とりあえず復活

先日、トウガラシの「甘とう美人」の実が茶色に変色するヤマイ発生…というような内容の記事を書きましたが、どうやら危機を脱したみたいであります。太陽がよくあたるベランダ側の実が普通の緑色になってました。しかも、陽当たり良好のおかげですか、その辺り一帯、よく実がついていいぐあいになっとります。
甘とう美人。陽当たりのいい側面に実がたくさんついている。

日中は相変わらず30度ごえで暑いけど、朝晩は涼しくなりましたものねえ。

そして、本日の収穫ブツ。
収穫した甘とう美人とミニキュウリ・ドカナリ千成、シソとバジル。

ミニキュウリ「ドカナリ千成」は、24本目。でも、もうあまりとれないでしょう。アブラムシが蔓延し、葉も茎も気持ち悪いほどにべたべたしてきちゃいましたから。
シソとバジルは、もうしばらくはもちそうかなあ。

さてと、調理。いつもどおり、甘とう美人は、空心菜と一緒にごま油で炒めものに。調味料は毎度のオイスターソースで。
甘とう美人と空心菜のオイスターソース炒め。

じつは先日、たまには調理法を変えてみようと思い立ち、ナムルに挑戦。ナンプラーで味付けしてみたのだが、これが、えらくしょっぱ~~っ。ナンプラーって、薄口醤油ににて、分量のかげんがむずかしいですのう。(空心菜は、お借りしている畑で収穫しました。)
ま、そのうち数をこなせばじょうずになるでしょう。(なるのかあ?)

ご近所さんから、お初ものをいただきました。サンマ!
岩手県大船渡市から送られてきたのだそうです。鮮度抜群。

お刺身に。
ご近所さんからの頂き物サンマ。刺身にする。

塩焼きに。
ご近所さんからの頂き物サンマ。塩焼きにする。

とってもとってもシヤワセにいただきました。満足、満腹。
はて、お値段はどれくらいなんだろう…あ、いや、考えないことにしよーっと。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 18:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新芽ぞくぞく

まだ暑い盛りではありますが、先日(8/19)野菜の種をまきをしました。(撮影:8/28)

【ミニニンジン】
ニンジン数種類は土栽培しようと思っていたのだが、ミニサイズばかりなので、ひょっとしたら水耕栽培でもいけるかもと方針を変更。
とはいえ、まるで培養土がないというわけにもいかんだろうと、穴のあいたザルのような容器にキッチン用の不織布ネットをしきこみ、バーミキュライトをいれた装置にしてみた。
ザル型の容器で水耕栽培するミニニンジン

これなら、培養土部分の深さが10㎝くらいはあるので、なんとかなるんじゃなかろうか。

さてと、種まき、種まき。
種まきをしたミニニンジン

あ、すみっこのほうにはすでに双葉がでているのが数本あるかと。
これは、先に発芽テスト用としてスポンジに種まきした苗を、この容器に植えたものであります。

ニンジンの双葉、ピロピロと長いんだねえ。
ミニニンジンの双葉

たけのこキャベツ(右)と、チコリ(左)のプンタレッラ。
キャベツとチコリのプンタレッラ。

キャベツはお初栽培なのだ。ドキドキ。(種は、サキさんからの頂き物です。下のルッコラもです。)
キャベツの双葉。

ちこりのプンタレッラは、もう本葉もちろっとでてるよ。
チコリのプンタレッラ。

こちら、同じくチコリのパラロッサ。紫色と白のまだら模様になるらしいが、当ベランダでは緑色で終わることが多いです。
チコリのパラロッソ。

ルッコラの双葉。
ルッコラの双葉。

これぜーんぶ、ルッコラ。どんだけ食べるんだルッコラ。
ルッコラ。

最後に、ネギ。ちゃんこネギと鳥取県岩美町のミーコさんからいただいたネギの2種類。
ネギ(ちゃんこネギ他)

てなことで、ほんにまあお暑いなか、よくぞ芽をだしてくださった。このうえは、すくすく育ちますよう液肥やりおこたりなくお世話をしていくしょぞんです。と、いいつつも、日中は暑すぎてグダグダ。なえますなあ。エアコン様に頼る日々であります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ニンジン | 20:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

炎天下 驚異のベランダジゴク

いやあ、昨日おとといのなんとまあ強烈な暑さだこと。昼間外をうろつく用事がありましたもので、だいぶ身にこたえました。
さて、帰宅してベランダの野菜に液肥やりをいたさねばと、のぞいてみると。

トウガラシの「甘とう美人」なんですが…
なんじゃこれは?!
8/27 たぶん暑さで火傷したと思われる甘とう美人

実の内側が茶色。新種の病気だろうか?
だが、よくよく観察してみるに、この現象はすべての実に当てはまるものではないようで、どうも株の外側・お日様のよくあたる側にできている実がこんな具合になってしまったようなんである。

甘とう美人の株は、こんなふうにベランダの手すり付近に設置してまして、スチロール箱の水耕栽培です。
甘とう美人

その手すり側にできた実に、先ほどのような茶色現象がみられたのでした。

ちなみに、室内側にできた実は無傷なのだなあ。
甘とう美人の実
ということは、はは~ん、火傷かあ。なんか痛そう…

さらに夕飯用にとシソの葉を取りに行けば。

おぞましい色味の葉に出くわす。これは…!
8/28 たぶん暑さで火傷したと思われるシソ

接近して観察。
こ、焦げてる!
8/28 たぶん暑さで火傷したと思われるシソ

恐るべし、太陽エネルギー。
こしゃくなあ。かくなる上は、こちらから打って出るしかあるまい。

ニンジンとかジャガイモとか薄切りにして、物干し竿に吊してやろうじゃあないの。
さすれば、たちまち焼けて、これぞ天然バーベキュウーのできあがりー、ってもんよ。
太陽熱でバーベキューを作ると、妄想の図。

暑さに浮かれてしょうもないことを妄想してましたらば、夕方はぐぐっと涼しくなりにけり。虫の声がすごいです。秋かあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 19:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

のんびりなモロヘイヤ

モロヘイヤというと、葉をつみとっては食べ、つみとっては食べ、どんどん育ってくれるタイプの野菜だと思ってたんだけど。
実際に育ててみると、これがなっかなか成長が進まないのですわ。
種まきは、6月17日でした。

それから1か月半ほどのちの8月3日。これくらいでございました。
8/3 モロヘイヤ

収穫は、まだ2~3本を切り取ってお味噌汁に浮かせるほど。うえーん、これっぽっちじゃ、お味がわからんではないか。

さらに日が進み、種まきから2か月あまりのち。やっとこさひとかたまり程度摘み取ることができましたあ!(8/21)
8/21 モロヘイヤを収穫

ゆでてきざむ。ごくごく小さいお皿にちょこんとのっかってる。飲み屋さんの「つきだし」ですな。
8/21 収穫したモロヘイヤをゆでた

いいのいいの。これだってりっぱな一品ですもん。
はて、飲み屋さんならお値段はいくらぐらいですかねえ。
えーと、せめて500円は欲しいところですわ。育てた身としては。

それにしても、大株に育つまで、あとどれくらいかかるんだろう。おいしいもんは、時間が長くかかる(と感じるだけで、じっさいにはこれくらい普通なのかも)なあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| モロヘイヤ | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2弾のキュウリの結末

6月17日に種まきした2種類のキュウリ。

左がイボイボの実になる「多福四葉(たふくすうよう)」で、右がミニの「ドカナリ千成」です。(撮影:8/15)
8/15キュウリの四葉多福とドカナリ千成の株

お盆すぎあたりからもうあまり実ができなくなり、葉も痛んできたのでおしまいにすることにしました。

ところで、この2株はともに栽培容器が、2リットルのペットボトル→ゴミ箱→大きなスチロール箱へと転居しています。例年はゴミ箱までしか使ったことはなく、スチロール箱は今回が初めて。ちょっとドキドキでした。

なにしろ、ゴミ箱のときは暑さのためか根がとろけてしまうことが多々ありまして。それなら、でかいスチロール箱にすれば液肥の量が多いから水温も上がりにくいだろうし、との思惑でのぞんだわけなんであります。
でもねえ、「こうして大がかりな設備にしたけど、やっぱり根はとけました」になったらがっかりだよなあ…とも思うわけで。

さて、どんなもんでしょう?

【多福四葉の根】(8/20)
8/20 キュウリの四葉多福 水耕栽培の根
ほ~~、根はとけてない。液肥も、一度もとりかえたことがなかったけど、よどんでない。なかなかにいいじゃん。

【ドカナリ千成の根】(8/22)
8/22 ドカナリ千成の水耕栽培の根
上に同じく、お元気な根であります。イエ~イ!

けっこうですなあ。箱いっぱいにすべく、液肥をキッチンからベランダへ何回も運んだ甲斐があるってもんです。

なお、もう一つ、根の部分をいれている穴のあいたザルのような黒い鉢(穴鉢)がありまして。これを少し加工したものがあります。

どんなもんかといいますと、これですわ。
穴鉢の底を切り取り、紐を渡してストッパーにした。

これはその改造した鉢をトマトに装着したときの写真ですが、要は、鉢の底を切り取ってなくしたかわりに、紐を十文字に渡してとりつけてただけのものです。鉢の底の穴より、渡した紐のほうが根が広がりやすいのではないか、と思ったのでした。

で、この紐付き鉢を、今回、キュウリにも試してみたというわけです。
結果は、これだけではわかりませんでした。底がついたままの鉢も同時に栽培していなかったですもんね。まあ、根がお互いに絡まって根詰まりしてはいないので、なんとなーくうまくいったような気はしてます。(当社比ってやつですな。)

それともう一つ、便利なことがありました。底がついたままの鉢ですと、根が鉢に食い込んでなかなか取り外せないことがあるんだけど、紐付きに加工した鉢だと、紐をはさみでプチッ。

切り取れば、根が簡単にとりだせて楽ちん。いいなあこれ。
8/20 キュウリの四葉多福 水耕栽培の根

ただし、今度新しく苗を鉢にいれるときには、紐をつけ直さなくてはならんのが、ちとめんどう。うーん、どっちもどっち、かなあ。


さて、株の撤収と同時に、最後の収穫もちょっぴりだけどできました。

イボイボの多福四葉は…ちっさ!
8/20 キュウリの四葉多福 最後の収穫

この中の2本をカウントすると、四葉の全部の収穫合計数は、な、な、なんと、8本
ショボいですな。しかしゼロよりはよろしいわけで、なんともはや…。
もったいないから、ごく小さいのもすべていただきましたぞ。洗って塩をまぶしてな。ポクポクした歯応えがあり、ま、これはこれでおもしろかったです。

一方、ミニのドカナリ千成の最後の収穫。
8/22 キュウリのドカナリ千成 最後の収穫

ミニの全部の収穫合計数は、61本でした。これを多いとみるか、少ないとみるか。
ちなみ、1回目のドカナリ千成の種まきでは…42個(エアレーションありは37個)でしたから、それよりも19本多くとれたってことで、わたくしとしては大満足であります。(「千成」にはほど遠いですけどぉ。)

最後に、第2弾撤収記念として、最もにぎやかな彩りのシーンを記して、ゆく夏を懐かしみゴックンすることにしたします。

8月18日の収穫。オレンジ色のパプリカは、この2個が最後の収穫でした。
8/18 収穫した多福四葉とドカナリ千成とパプリカ

切って塩をふり、ちょっぴりレモンもいれて浅漬け風にしてみたです。冷蔵庫で冷やして、旨し。ごちそーさまでした。
8/18 収穫した多福四葉とドカナリ千成とパプリカの塩もみ

さて、キュウリは今、第3弾の種まき組が育ちつつあります。

そうそう、朝の散歩の道すがら拾ったドングリ。(8/22)
8/22 ドングリ

近所でお借りしている畑でひろったクリ(8/23)
8/23 クリ

キュウリに浮かれているけど、じわり、秋が近づいているのだなあ。だ、だいじょうぶか?

【栽培記録自分用メモ】
ドカナリ千成:
・1回目が3/29…………初収穫:5/25………撤収:6/27…収穫合計:42本/A株(エアなし)、37本/B株(エアあり)
・2回目が6/17………初収穫:8/2………撤収:8/22…収穫合計:62本/株

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 19:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト不調

トマトは、6月27日に第2弾の種まきをしました。エアレーションありとなしの2種類の株があり、ともに背丈は今、フェンスの手すりの高さを超えたところです。

こちら、エアレーションありのトマト株(中玉:Mr.浅野のけっさく)。
エアレーションありのトマト・Mr.浅野のけっさく

エアレーションなしのトマト株。
エアレーションなしのトマト・Mr.浅野のけっさく

ざっと見た感じ、エアの有無によってちがいはないみたいです。なんかヒョロヒョロですけど。

さて、肝心の花芽がどうなってるかしらねえ、とのぞいてみましたらば。

エアーレーションありの株の、1段目の花芽。ないっ!!!
Ⅰ段目の花芽はことごとく落下

ガビーーーン。一個もないんであります。あんりゃま、ですわ。

2段目はどうじゃろか。たのむぜ、ほんと。
2段目の花芽はとこどころ落下
ううっ、根元に近いところのが3個、欠落してましたがな。あとのは咲いているけど、受粉できずにそのうちこれもみな、ボツになっちゃうんだろか。

3段目。
3段目の花芽はいまのところついてはいるが…
とりあえず、みな咲いてはいるみたいです。ホッ

エアーなしの株も、ほぼ同じような状態でした。

うーむ、Mr.浅野のけっさくは、今まで何度か栽培していますが、こうもたくさん花芽が落ちてしまったことはなかったようが気がします。そういえば、この花が咲いてる頃は、ちょうど暑い盛りでした。トマトも熱中症にかかりましたかねえ。

ま、落っこちちゃったもんはしょうがありません。
これからの朝晩の涼しさに、ぜひぜひ期待したいしたいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の種まきしてみる

涼しくなったらげんきんなもんで、身体がウロチョロ動き出しますなあ。なんと、ベランダの片付けをして、種まきまでやってしまいました。

「やわらかいタケノコキャベツ」、チコリの「プンタレッラ」と「パラロッソ」、「イタリアンパセリ」と「ディル」です。(撮影:8/19)
キャベツとチコリ、パセリ、ディルの種まき

キャベツはお初栽培。なんでも、とんがった形のタケノコみたいになるんだとか。種のサイト「サカタのたね」の、ホームページ記事によれば、「早く収穫でき家庭菜園向きです。球は1.2kg前後、鮮緑色の葉はやや厚めでやわらかく、生食でも甘くておいしい品種です」ってさ。

ま、どーせ私なんぞが育てても結球なんてしないだろうけど、葉を1枚ぐらいずつ摘み取るような収穫ならいけるんじゃないかと願っておるしだいです。(種は、ブログ仲間のサキさんより頂戴いたしました。)

ルッコラもまきました。
ルッコラの種まき
みんな同じようにみえる種だけど、メーカーがちがってたり有機の種だったりしてます。
ただ、このたびはセルバチカ(=ワイルドルッコラ)はあきらめました。ルッコラは1年草。セルバチカは宿根草で長く栽培でき、お味も好みなのですが、これがちっともうまいこと育ちませんのさ。身長は低いし、まばらにしか生えてこないし。
無念なれど育てやすさ優先で、ルッコラにいたしました。

ネギもまきました。「ちゃんこネギ」と鳥取県岩美町のミーコさんからいただいたネギの2種類。
ネギの種まき

こちらは、2リットルのペットボトルで水耕栽培にする予定です。去年も冬中たのしめましたので、「柳の下のドジョウ」ってヤツを期待してますのさ。


もう一つは、あやしい実験ものの種まきです。

二十日大根とミニニンジンを培養土ではなく、「スポンジ」にまいてます。
実験的に、二十日大根とミニニンジンの種まき

根っこのある野菜をスポンジにまくのはいかがなものか、ではあるのですが。
いったいどんなふうに発芽するもんだかのぞいてみたかったもんで。発根しそうになったら、即、培養土に引っ越しさせるつもりです。

さて、種まきの翌日(8/20)、諸々の種をのぞいてみましたらば。

キャベツとチコリが、もう発芽しかかってましたぞ。イタリアンパセリとディルは、まだですな。
キャベツとチコリの発芽

ルッコラ、ほぼ全員発芽。
ルッコラの発芽

二十日大根も、こんにちはしてる。さすが「二十日」。名に値しますなあ。ニンジンはし~ん、ネギもでした。
二十日大根の発芽

こうもはやばや芽がでるもんだとは。植物にとっては今、よほどいい気候なのでしょう。調子にのって、他にも紅くるりダイコンとかブロッコリーとかまいちゃおうかしら。ホホッ
(とかいって、狭いベランダのどこにまくんですかねえ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 21:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリの種まき時期をみあやまる

キュウリをたくさん食べたいもんだと欲ばって、種まきを分けてみることにしました。(品種は:ミニのドカナリ千成。)

・1回目が3/29…………初収穫:5/25………撤収:6/27
・2回目が6/17………初収穫:8/2………

で、この2回目の株がまだあるけれど、

3回目の7/17……に種まきしたわけなんですが。これがまあ、生長が早いこと早いこと。フェンスの手すりに達する背丈になっちゃいましたがな。
3回目に種まきしたドカナリ千成の花芽

しかも、すでに実。
3回目に種まきした株・ドカナリ千成の実

種まきから一ヶ月でこうなりますかねえ。キュウリ、恐るべし。

ですが、喜んでばかりもおれんのです。根がこれまた大きくなってました。
3回目に種まきした株・ドカナリ千成の根

これじゃ栽培容器がゴミ箱だもん、きゅうくつでしょう。ああ、もっと大きなスチロール箱に引っ越しさせてやらにゃあいかんのですが、
あいにく使用中なんでございますよ。

2回目に種まきしたキュウリ様がご健在なもので。
2回目に種まきした株・ドカナリ千成

2回目の株の下の方にはもう実はないのだけど、上の3分の1ぐらいにはまだぶら下がっておるのです。
2回目に種まきした株・ドカナリ千成の株の上部

しまった、しまった。3回目のやつの種まき時期が早すぎました。あと2週間くらいあとにしときゃあよかったのにぃ…
種まきって、むずかしいなあ。

ところで、きょうの気温の涼しいこと。このあたり最高が27度でございましたよ。こりゃあ、あっというまに秋風ピープー吹いてきて、キュウリなんか2番目も3番目も一挙店じまい、ってことになっちまったりしてー。ううっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2弾のキュウリ 成功と失敗

ミニのキュウリ「ドカナリ千成」の初収穫は、たしか8月2日でした。それからぽつぽつとれ始め、今、最盛期にはいったみたいです。(種まき/6月17日)

8月14日。イボイボのは四葉多福(すうようたふく)。こちらはめったにとれませんなあ。
8/14 収穫したドカナリ千成と四葉多福

8月15日。おっ、5本も。珍しや。
8/15 収穫したドカナリ千成

左が四葉多福の株で、右がミニのドカナリ千成の株です。どちらもスチロール箱による水耕栽培で、エアーレーションなし。
8/15 ドカナリ千成と四葉多福の株

ミニのドカナリ千成は、株の根元付近にもまだ数個実がついてますが、
ドカナリ千成の株の根元付近

中間あたりが一番ブラブラしてますなあ。
ドカナリ千成の株の中間あたり

でもでも、よーく見るとしなびてしまった雌花もあるんですねえ。青い×印のとこ。
ドカナリ千成のしなびた実と、元気な実

こういう失敗作は、数えてみると数本はあったりするので、うまく育っていくのはそう簡単じゃないのかもと思いました。

なかには、ヒョウタンというかラッカセイ型の実もあるようです。キビシイ猛暑環境ゆえ、やせ細ったか?
8/14 ドカナリ千成のひょうたん型になった実

キュウリがまっすぐに育つということは、ミニでも難しいのかもしれませんなあ。

一方、イボイボのキュウリ四葉多福にも、ふにゃふにゃになってる雌花が数本ありました。
8/13 四葉多福のしなびた実

四葉多福は、そもそも実の数が少ないので、こういうボツの雌花があるとガクッと収穫量が(気分も)落ちますわ。
だから、雌花ができていもハラハラドキドキ。

実がこれくらいの長さにまでくなってくれると、ホッとします。
四葉多福のしおれていない実

曲がっていてもいいのだ。できてるだけでうれしいですぞぅ。
四葉多福の株の根元付近

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キュウリ | 16:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

背高のっぽの甘とう美人

辛くないトウガラシ(だけどたまに激辛)の「甘とう美人」。1月19日に種まきして半年あまりたち、ようやくちょいちょい収穫しています。

8月12日に収穫した甘とう美人。
8/12 収穫した甘とう美人。

8月13日に収穫した甘とう美人。ちょっと小さめ。
8/13 収穫した甘とう美人。

炒めて美味しくいただきました。このなんともいえんお味、好みです。

ときに、収穫して気になったのは、実がつく場所のことでありまして。なんかどうも枝の先端にばかりできているみたいなんだなあ。

こういう、下のほうの枝分かれしているあたりには実ができてないのだ。
甘とう美人。株の下や中間には実がならんのだなあ。

枝の先端の細くなってるあたりとか。
甘とう美人。おもに枝の先端に実ができる。

ほら、こっちのもそう。
甘とう美人。おもに枝の先端に実ができる。

てっぺんにばかり花芽が集中してる気がする。先っぽのほうが、陽当たりがいいんだろうかね。
甘とう美人。おもに枝の先端に実ができる。

まあ、どこに実ができていようといいじゃないか、実ができてたら御の字じゃろう。ではあるのですが…。
なにゆえそんなことが気になるかと申しますと。
あのですねえ。この甘とう美人の株ときたら、背丈がすごくでかいんですよ。

たぶん、160㎝ぐらい。
甘とう美人の株姿

なお、横に張り出しそうな枝も上に紐で持ち上げてしまってます。ベランダの奥行きからはみ出してしまいますんで。

それでですねえ、こんな背高トウガラシの実ができるところが、枝のほぼ先端に集中しているのです。つまり、株の背の高さの3分の2から下には、実がなーんにもない地帯なのだ。枝の先端は物干し竿の高さをこえそうだというのに。

ああ、だからこうなる前に枝の剪定するんでしょうね。さすれば「コンパクトな株姿で実だくさん」が実現!なわけだ。
どうやら、わたくし、無駄にもったいない空間を作っちゃったみたいです。

ま、こんなのっぽさんのおかげで、緑のカーテンのお役には立ってますがね。

【おまけ】
ご近所さんからお魚をいただきました。近くの川で釣ったばかりのニジマスだそうです。
釣ったばかりのニジマス
エラも内臓もじつにきれいにはずして持ってきてくださいました。お見事!
塩焼きにしましたらば、これがうまいんだ。わたくし、海育ちなもので、川魚はさして味がないからどうもね、と思ってたけど、たいへん失礼しました。今日からは川魚も大好きに変身します。釣れたてって凄いなあ、とカミカミ噛みしめたことでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トウガラシ | 21:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT