FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お初栽培チコリ「ベェネチア」:キャベツ風になれるかな

チコリの「ヴェネチア」を種まきしたのが、9月6日。最初は緑色のホウレンソウみたいだったけど、ようやく色がついてきたようです。(撮影:12/31)
チコリの「ヴェネチア」。

中心部分がすこ~し巻いてきたような気がするんだけど、どうかしらね。
チコリの「ベェネチア」。葉が紫色になってきた。

このチコリというのはなんでも、紫キャベツみたいに巻いてころんとした形になるらしいのだ。がしかし今のところ、毒々しい草にしかみえんのである。

とはいえ、タネのサイトさんには「…他のラディッキョよりも比較的葉が柔らかいので、オリーブ油とワインビネガーで和えたサラダで生食されることが多い。」とありましたので、そのお味のほうを期待したいところです。

あ、極早生タイプだそうで、種まきから70日で完成するらしいです。ハハハ、とうに116日にもなっちゃってますわなあ。当ベランダではのんびり屋さんで育つもよう。まあ、しょーがない、ゆっくり待ちますかね。

もうあと4時間ほどで今年が終わりますなあ。おでんは仕上がったし、お飾りも作ったし。あとは、ごろんと寝正月ですかね。
そうだそうだ、元日にはトマトの種まきをしよう。収穫は6月頃をめざしてみようと思いますが、さていかがなりますやら。
今宵は風が強く、冷たいです。あったかくなさってくださりませね。(じつは、毎夜、電気毛布のお世話になっとるお年頃のわたくしです。)
どうぞ、よいお年を!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末のベランダ風景

仕事やら用事やらあれこれ終わったのがおとといの28日。たまっていた家の用事を片付けたのが昨日(29日)。そして突如壊れたテレビの録画機器とカメラ。新規購入のための検索と購入手続きが終わったのも昨日。

きょうは朝、お借りしている近所の畑に行き、正月用のダイコンを抜いてきました。
畑のダイコン

なかなかにりっぱにお育ちです。きょうはこれでおでんを仕込もうかと。

そうそう、お餅は昨日つきました。といっても、わたしではなく、ホームベーカリーの餅つき機能さんです。
一升(1400グラム)は多かろうと、9合(1260グラム)分にしてみました。余らず不足せず、ちょうどだといいんですが。
餅つき機でついた餅

この餅、じつは一つ失敗しています。餅用の羽根(へらのような形をした小さい器具)を装置につけるのが正しい使い方なんですが、うっかりパン用の羽根のままこねさせてしまいました。気がついたときにはもう最後の餅をこねる作業がはじまってて、今止めたらこの工程を復活させることはできないわけで、しかたなくそのまま続行。
ガタビシ、ガタビシ、ものすごい音を立てて餅をぶん回して終了のブザーが鳴りました。壊れたかもと心配だったけど、見たところだいじょうぶそう。しかし、たぶんどこか痛めているんだろうなあ。
どうかどうか次回、無事に動くことを願ってやみません。

まあ、餅はふつうに出来上がったようなのでうれしいです。

また、久しぶりに少しのんびりベランダ野菜見回りをしました。

先っぽがとんがる「やわらかたけのこキャベツ」が少し巻いてきたようです。
水耕栽培の「やわらかタケノコキャベツ」

全部で6株あるんですが、1番小さいこの株もキャベツらしくなってきたようで、オホホ。
水耕栽培の「やわらかたけのこキャベツ」1番育ちが遅い株

レタスのハンサムグリーンは茂りっぱなし。
第1弾のレタスのハンサムグリーン。

その後に種まきした第2弾のハンサムグリーンもすっかり大きくなって、最初に種まきしたものと見分けがつかない感じです。
後から種まきしたレタス第2弾の「ハンサムグリーン」

こちら、からし菜と縮みと高菜の辛みを合わせ持つという「パーマグリーン」。ペットボトルの水耕栽培です。
パーマグリーンの最初に種まきした一群。

ゆっくりお育ちのようで、次に葉を摘み取るまで数日かかってるかなあ。それでも液肥の消費がわりと多く3日に一度くらいは追加してます。

こちらは、同じくパーマグリーンの第2弾。密集しちゃってました。植えかえいたさねば。
パーマグリーンの第2弾。

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」を収穫。ずっととってなかったから、いつになくいっぱい。
12月29日。収穫した中玉トマトのMr.浅野のけっさく。

だいぶ葉が紫色やら茶色やら…。痛んできてるようです。
12/29 Mr.浅野のけっさく。だいぶ葉が痛んできた。

6月に種まきしてできた苗の挿し芽が今にいたっているわけだが、あとどれくらい持ちますかしらね。
たいそう美味しくて、一粒をじんわり愛おしむように食べておるしだいです。

【おまけの話】
このブログの写真は今、カメラがないからタブレット(iPad Pro )で撮影しています。しかし、タブレットで撮影すると持ちにくくて狭いベランダでは落っことしそうになり、使いづらいのなんの。しかも撮影した写真の色味はカメラとはだいぶ異なるので、Photoshopでふつうに見えるよう修正が必要だったり。なかなかに手強いものだと知る。うーむ、写真関係の勉強をいたさねば。
あーあ、
「は~やく、こいこい、お正月~、じゃなかった、カ~メ~ラ~♪」と思うんでありました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 19:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト後半の収穫やいかに

いいお天気だったり雨降りで寒かったり。ベランダのトマトが霜枯れてしまわぬかとハラハラしている今日この頃であります。

こちら、エアレーション無しで水耕栽培しているトマト3株(中玉品種:Mr.浅野のけっさく)です。(撮影:12/20)
もう、株の下に実はなく、中間から上のほうにあるばかりとなりました。
3株のエアレーションなし水耕栽培のトマト(Mr.浅野のけっさく)

これがねえ、心配ではあるんですよ。いつヒヨドリに見つかるだろうかってね。一応フェンスの手すりから下にネットを張っているので今までは見えなかったと思うのですが、ネットの枠から上は丸見えなのでやばいです。

横方面からもご覧下されたし。ほらね、フェンスのあるあたりから上のほうの実が赤くなってきていますのさ。
中間から上のほうにできているトマト(Mr.浅野のけっさく)。
むむぅ、危険です。極めて危険です。

あ~あ、めんどくさいけど、フェンスより上にもネット張りしますかあ。

ところで、どの野菜もみな水耕栽培なんですが、エアレーションありと無しの2種類がございまして。上の写真のトマト3株はみなエアレーション無しで、実の大きさはこんな感じです。
エアレーション無しのトマト(Mr.浅野のけっさく)

一方、エアレーションありの株。下の左はしのスチロール箱がそれです。
手前の1株がエアレーション有りの水耕栽培トマト。

このエアーありの株の実がこちら。
エアレーションありのトマト(Mr.浅野のけっさく)

あまりちがいがないかなあ。きょうの収穫ブツでくらべるとこんなです。
左の縦の2個がエアレーションあり。右がエアレーション無し。
エアレーションありと無しの実をくらべる

色味は熟し方で異なるかもしれんのですが、大きさ的にはにたようなもんですかしらね。

エアレーションありの株は欲ばって3本立てにしてるんですが、ここまで育っておるので、まあそれなりにエアーの効果がでているのでしょう。

そうそう、ときには4センチ5ミリという大きな実ができていたりします。(撮影:12/11)
12/11 収穫したMr.浅野のけっさく(エアレーションあり)

これもエアー効果の恩恵、と思いたいです。だって、電気代100円/月、ですから~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 19:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チコリの植えかえ

お初栽培のチコリの「ヴェネチア」。紫キャベツみたいに育つらしいですが、どうなんでしょう。うまく巻いてくれるといいんだけど。葉が開いたまま、ホウレンソウみたいにヒラヒラじゃさびしいがのう。

種まきは9月6日でした。

約2か月半あまりのちの11月29日。まだ青いところが多くなんだかなあなです。
11月29日のチコリ。ヴェネチア

上の写真ではよくわからんのですが、直径9センチほどのポットに植えて、キッチン用の水きりかごに並べて水耕栽培しています。
そのままほったらかしにしていたら、いつのまにやら根が伸びて水きりかごの網にからまって持ち上げられないほど。
いかん、このままでは密集しすぎだろう。

おおあわてで本日12月14日、植えかえ作業をする。

まずは5株を四角い箱(100均屋さんの蓋付きボックス)にお引っ越し。
チコリのヴェネチア。植えかえした。
おお、色がやっとそれらしい紫になってきたようで。

根はバーミキュライトを入れた水きりネットに埋め込み、穴あきの黒い鉢(底を取ってしまったので十文字に紐をかけた)に入れ、さらに四角い容器の蓋(穴を5個開けてある)にセットしました。
チコリのヴェネチア。水耕栽培の根っこ。
緑色のひもは、フェルト(ポリエステル)です。液肥の浸透がよくなりますようにと思って。

残り3株は、個別に入れられるペットボトル容器が出払ってしまっていたので、しかたなくみんないっしょくたにザルに入れ、さらに丸いゴミ箱容器にセット。ザルの中には、バーミキュライトがこぼれないように不織布の水きり袋を敷きました。
ゴミ箱容器にて水耕栽培。チコリのヴェネチア。

ほい、これでどうじゃな。
ゴミ箱容器にて水耕栽培。チコリのヴェネチア。

ヴェネチアは、「夏場も発色鮮やかな早生品種」だそうな。ということは、冬ならなお紫色濃く仕上がるんだなろうなあと期待してるんであります。
さあて、あとは液肥をきちんとあげればいいやね。ほい、終了。

ふう~、きょうは他にレタスも植えかえ、玄関の片付けやら掃除やら、縫い物のつづきと年賀状もすこし。
あ、ベランダの掃除が(も)まだだった。まあ、それはまた今度。(って、いつになったらやるんだか…)へへっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| チコリ | 21:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒々しいけどサラダ

鍋とかおでんとか、あったか料理が楽しみなこの時期になんでございますが。

からし菜系の「パーマグリーン」が元気でして。(以下の撮影:12/6)
パーマグリーンの水耕栽培

レタスの「ハンサムグリーン」もじわりじわり育ってます。
レタスのハンサムグリーン

スティックタイプのフェンネル(=スティッキオ)は、すこし間引いたほうがよさそうだなあ。
スティックフェンネル

ルッコラは茎の背が伸びてきて花が咲きそうな雲行きだから、もうおしまいだろうに、まだご健在。
冬のルッコラ

トマト(Mr.浅野のけっさく)もちょこちょこ。
12/6 中玉トマトのMr.浅野のけっさくを収穫

それぞれ少しずつ収穫したら、けっこうな分量になりました。
葉物野菜を収穫

ほんとは毎日食べる分だけとるほうがいいんだろうけど、年末のばたばたでままならず、気がついたらけっこう伸びててまとめどりするはめになっちまいました。

とりあえず、葉物はすべてきざんでタッパーへ収納。小出しにして、キャベツの千切りと混ぜていただいてます。
レタスやらパーマグリーンやらを小さく切ってタッパーに保存。

あまりに時間がないときは、このままポン酢をかけてかっ込んだりして。ハハハ
スープの具にするとか、お浸しにする手もあるんだろうなあと思いつつ、めんどくさがってそのまま食べてしまうのでありました。
いちおう、夕食用としてシチューやおでんなどを作ってあるので、冷たいこんなサラダでもまあいいやね、ってことで。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| マスタード・パーマグリーン | 15:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じわりトマト祭はじまる

中玉トマトの「Mr.浅野のけっさく」。ゴミ箱容器で栽培している3株は、こんな感じに並んでいます。(撮影:12/1)
ベランダのMr.浅野のけっさくの3株。

室内側からのぞくと。(12/3)
室内側から見たトマトの株。Mr.浅野のけっさく。

今、実が出来ている位置は、下のほうにはほとんどなくて、株の背丈の中間あたりでしょうか。
株の中間あたりにできているトマトのMr.浅野のけっさく

ゴミ箱という小柄な容器で水耕栽培しているし、エアレーションも使ってないし、こんな寒い時期だから実はあまり大きくならんだろうなあと思っていたのですが、直径3~4センチくらいあり。ふつうに「中玉」らしい感じには育っているようです。
ゴミ箱容器で水耕栽培のトマト、Mr.浅野のけっさく。

前回の収穫記事(11/22)からその後は、一日2個ぐらいずつとっていたかなあ。記録がなくてさだかではありません。

その後、11月28日の朝、2個の収穫。
11/28 朝に収穫したMr.浅野のけっさく

同じ日に、訪ねてきてくれた友人にもらってもらった10個。
11/28 友人にもらってもらったMr.浅野のけっさく

11月29日、4個収穫。
11/29 収穫したMr.浅野のけっさく

12月1日、4個収穫。
12/1 収穫したMr.浅野のけっさく

12月3日の今日。6個収穫。
12/3 収穫したMr.浅野のけっさく

おや、ちょっと増量してますわと、にやけている。しかも、甘み上々、味わいよろし。この調子で今後もぜひ。

けれど寒さもましてきているようで、お天気予報を見るとこれから最低気温が2度とか3度の日が続くんだとか。ううう…

株の上のほうにある青い実軍団まで、ああどうか、無事に収穫できますようにおねげえしますだ、お代官様!…とひれ伏しておるしだいであります。
まだ青いMr.浅野のけっさく

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たけのこキャベツ苦戦

いや~、寒くなりましたなあ。マグカップのお飲み物の冷めるのが早いこと早いこと。保温付きのが欲しいと思うこの頃でございます。
空気の入れ換えのためにベランダの掃き出し窓をあけるなんて、ブルブル、とーんでもないと震えてしまうんでありました。
ま、それでも一度出てしまえばついつい、野菜の出来具合を観察して長居してハクション大魔王になっておるしだい。

さてと今、キャベツが気になるのです。品種は「みさきやわらかたけのこキャベツ」(販売:サカタのタネ)。全部で6株あり。

下の2株のうち、左のは育ちが遅くて穴ぼこだらけ、右は穴あきがあるけどわりとすんなり育ってます。
やわらかたけのこキャベツ2株。

この株も、よろしいほうでしょう。
やわらかたけのこキャベツ。虫食いが少なめだった株。

こちらの3点は、よろしいのと怪しいのとがございます。
やわらかたけのこキャベツ3株。

右はじ×印のこちらさんはレース編み状態。まあなんとも風通しがよろしいようで。北風ピューピュー吹き抜けてますがな。
やわらかたけのこキャベツ。虫食いだらけの株。

ピンセット片手に入り組んだ葉をめくってますと、いたいた、ついに犯人確保。
たけのこキャベツについてたアオムシ

うーむ、こんなに寒くなったとういのに、まだウロウロしておったとは。でも、さすがに動きは鈍く、持ち上げても丸まったままで脱走する気配なし。それとも死んだふりをなさっておいでか。
なんにせよ食欲旺盛とみえ、葉っぱの被害は甚大、今後も油断はできません。見回り怠りなくですわねえ。ベランダ寒いけど。

おや、この1株はわりとまともじゃないですか。
やわらかたけのこキャベツ。上出来な株。
…もしや、おいしくないのかも。いやん!

いずれもゴミ箱容器で水耕栽培しています。根はどうでしょう?
やわらかたけのこキャベツの水耕栽培の根。
ほう、痛んでるふうでもなし。よかったよかった。


ところで、このたけのこキャベツは昨年の2018年に初めて育てました。そのときは、全部で4株。
・種まき→8月19日
・初収穫→12月1日
・最後の4個めの収穫→1月1日

今年は、
・種まき→8月31日(去年より12日遅れ)
・初収穫→はて、いつになるんでしょう?

ちなみに、昨年の場合、12月1日はこんな感じ。
2018年12月1日に収穫した、たけのこキャベツの姿。
ちゃんとキャベツになってる~。しかも虫食いなしだし。

去年とは天候が異なるのか、それとも12日遅れの種まきがひびきましたか。
ま、お天気のことはどうにもなりません。気長に首なが~~~~くして待っていましょうかね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| キャベツ | 15:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |