FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

じみ~にお部屋で種まき

29日(日曜)。外では雪がふってますけど、部屋の中は24度。ウナギの寝床とはいえ、マンションという構造のありがたさでしょう。

3月25日に種まきした諸々が2日後にはもうこんなです。(撮影:3/27)
3/27モロヘイヤも発芽

スポンジから根がにょろりとはみ出てました。
3/27 小カブの味こがね。発芽。

ルッコラとカブの「味こがね」は、まあ春に芽をだすもののような気がするからいいとして、夏に食べる印象がある「モロヘイヤ」(下記右はじ)までが発芽するとはねえ。いやびっくり。
3/27バジルの発芽

根が隣同士からまったりしてもイカンだろうから、植えかえることにしよう。

3月29日。ポットにバーミキュライトを入れてスポンジ苗のお引っ越し。
3/29 植えかえた葉物野菜やカブなど

リボンの形をした双葉のレタス「パリグリーン」。お初栽培です。
レタスのパリグリーンの芽

黄色のカブになるという「味こがね」。ハート型の葉が2枚なんだ。こちらもお初栽培。
カブの「味こがね」の芽

モロヘイヤは双葉なんだね。調べたら、モロヘイヤ=ジュートなんですと。知らんかったなあ。
モロヘイヤの芽

つるありインゲン「ケンタッキー101」。首を持ち上げたとこ。もうちょいで双葉のお目もじだ。
インゲンの「ケンタッキー101」の発芽

バジルとシソはまだスポンジの上ですが、左のバジルからは根がではじめたようです。
バジルが発根した。

なんかもう、育つのが早くてあわてます。苗は今はまだ室内ですが、晴れたらベランダに出そうと思ってます。

そしてこちら、本日(30日)収穫した葉物野菜。(左からチコリのベェネチア、からし菜系のパーマグリーン、レタスのハンサムグリーン。)
3月30日収穫した葉物野菜

ほくほく喜んでますけど、これらの葉物の収穫を終わらせないと上の種まき野菜が並ばない極小ベランダであります。
うえーん、まだ楽しめそうなんだけどなあ、これなんか。

からし菜系のパーマグリーンです。
脇芽が育ったからし菜系のパーマグリーン。

とうだちして花芽になりそうな茎を切り取ったら、脇芽がでてきましてな。この若い葉っぱが柔らかくてとてもおいしいのだ。未練たらたらざます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 16:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急げ急げネギ

ネギの根元を厚紙でおおい、白いところを伸ばす作戦を継続中。
ちゃんこネギの根元を紙でおおって栽培


ちょいとのぞいてみると、ネギ坊主登場ですがな。
花芽がでているネギ(水耕栽培)

ヤバいじゃん、花咲いて固くなっちまうがなもし。

とりあえず、厚紙をどけてみるか。他にもうネギ坊主ないだろうなあ、おいっ。
ちゃんこネギの根元をおおった紙をはずした

しらみつぶしに点検。よし、今のところ大丈夫。
ほ~、紙の高さぶんくらいまでは白くなっている。よしよし、でかしたぞ。
この調子でよろしくお願いしまずぜ。

このネギ坊主はとっていただくとしよう。ついでだ、他の葉物野菜も一緒に収穫。
ちゃんこネギと葉物野菜の収穫

今一番収穫に励んでいるのがチコリ(品種:ヴェネチア)。冬場は鮮やかな紫色だったが、だんだん薄れて緑色が台頭してきており、いずれ緑一色になってしまうにちがいない。味に変化はないのかもしれんが、なんかこう、ありがたみが薄まるような気がして収穫を急いでおるわけです。とはいえ、苦みのある野菜だからそうたくさんは食べられず、焦ります。

カラシ菜系の「パーマグリーン」は、今まで生で食べるかゆでてお浸しにしていたのですが、初めて炒め物にしてみました。
からし菜系のパーマグリーンを炒め物に

なかなかに美味しいです。葉にパーマがかかっているためか弾力があり、炒めてもあまりへたりません。ちょっとクセというか風味があり、おもしろいです。加熱すると辛みが薄れるのが残念かなあ。
あ、ネギは納豆の味噌汁にいれましょう。

そうそう、先日(3/25)新しいネギの種をまきました。
3/25に種まきしたネギ。

すると、もう根がでてきたみたいです。(撮影:3/28)
3/28 根がでてきたちゃんこネギ。

まいた種の「ちゃんこネギ」は夏用のネギの種類ではないから、あまりうまく育たないかもしれが。ま、いけるとこまでなんとか育っておくんなさいまし。

さてと、きょうは今外の気温は14度ぐらいだそうな。こんなに暖かいのに明日は「雪」の予報ですってよ。「マジか」です。
ご近所さんの桜は今まさに満開なんだけどなあ。ありゃ、雨が降ってきたみたい。
ここ東京都は外出がはばかられる事態ゆえ、桜見物は人気の無い時間帯の散歩ついでにちらっと眺めて、「おお、きれい!」。しばしの憩いのひとときです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| ネギ | 16:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

種まきでもしてみるか

「そうだ、こんなときはとりあえず種を買おう!」。そう思ってネット注文。すぐさま届きました。

インゲン「ケンタッキー101」、黄色い小かぶ「味こがね」、葉ゴボウ、そしてレタスの「パリグリーン」です。(撮影:3/22)
種4種類を注文。ケンタッキー101、葉ゴボウ、味こがね、パリグリーン。

【種の傾向と対策】

インゲン「ケンタッキー101」
ベランダでも作るけど、おもにお借りしている畑で育てるつもりです。去年は平べったい実の「マンズナル」にしたのですが、あれは畑で栽培すると実が固くなりがちだったので、今年は丸さやのものにしてみました。
「草勢旺盛、低節位から実がつく」のだそうな。期待してますぞ。

・黄色いカブ「味こがね」
タネ袋の解説には「甘みがありたいへん美味です」ってさ。まことたしかだろうなあ。疑いの気持ちを抱きつつも清き一票をいれちまった。アブラムシの巣窟にならんよう、株と株の隙間を多くして蒸れないようにいたさねば。

・「葉ごぼう」
初めて栽培。見たことも食べたこともありませぬ。が、茎と葉と小さな根も全部食べられるというお得な野菜だそうで、各地のブログ記事を拝見いたしまするに、たいそう美味しいとの評判ゆえ、我も試してみようと思ったしだいです。
種まきは本来9月頃で春に食べるものらしいのだが、お試しでこれから少しばかりまいてみようと思うのであります。どんなもんですかねえ、たのしみざます。

・レタスの「パリグリーン」
「とにかく味にこだわった美味しいリーフレタス!」がウリですと。ホンマかいな。まいどその手のフレーズに浮かれてうかうか買ってしまってる気もするがな。ま、ともかくやってみるべし。

……さて、種まきするにあたり、用土がちょうどなくなってしまってることに気づく。前回はヤシの実をチップ状にした「ベラボン」を使いましたが、これはネットでしか手に入らないので、近所のホームセンターでも売っている「バーミキュライト」に戻ることにしました。

さっそく、はい、ドーンとお買い上げ。
バーミキュライト18リットル入り

写真は1袋だけど、実際は2袋を自転車の荷台にのっけてきました。いやあ、車で行かなくてよかったです。ホームセンターの駐車場はたいそう広いのに行列ができてましたもん。
休日とはいえなにゆえこんなに激混みかしら。野菜苗はまだブロッコリーぐらいしか置いてないのになあ。ああ、花の苗はいっぱいあったから、それがお目当てなのかもしれません。それと、お出かけに制限があるご時世ゆえ、ホームセンターは貴重な娯楽施設かもと思ったり。

さあさあ、種まきランララン♪ すべて水耕栽培でいきますぞ。(撮影:3/24)
種まきいろいろ

調子にのって、冷蔵庫から在庫の種を取り出し、シソ、バジル、ルッコラ、モロヘイヤもまいちまったぜ。

じつは今年、夏野菜は、今、身長30センチほど育っているトマト8株だけで、キュウリもナスもトウガラシも大物はやる気無し。ネットの種屋さんをのぞいてみるんだけど、やってみたいなあと思うもんがみつからず。ま、そんなときもありますわね。
……という気持ちだったのだ。
がしかし、こうして種まきしてみると、おや、ちょっとニンマリするじゃないか。明日あたり芽がでるかなあと思うわけで。どんな味がするかいなと思うわけで。

種まきには、どうやら未来を想像して(妄想して?)たのしみになる効果があるらしい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 種と発芽 | 18:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト苗の背くらべ

トマトは1月1日に3種類を種まき。全部で9株育ってます。(撮影:3/15)
ゴミ箱による水耕栽培のトマト。

こちら、中玉の「Mr.浅野のけっさく」なんですが、中心部になにやら丸い粒が。花芽ですかねえ。(撮影:3/15)
中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」に花芽3/15

いや、びっくり。暖かいから成長が早まったのかもしれません。

3種類の株の大きさをくらべてみました。
中玉の「Mr.浅野のけっさく」が一番大きくて、その次がミニの「キャロルパッション」。右はじの「プチぷよ」もミニだけどなんかやけに小さいです。
中玉とミニのトマトの比較。

しかもこのプチぷよ、どの株の葉っぱにも、怪しい茶色の斑点ができてますのさ。
ミニトマト「プチぷよ」の葉にあやしい斑点

なんだか病弱な感じなので、夜はプチぷよだけ室内に取り込んでますが、ぶじ育ってくれるんじゃろか。お初栽培の品種なので、ドキドキ。お~い、たのんまっせ、!


ところで、近所に友人たちと一緒にお借りしている畑がありまして。先日そこへジャガイモをまくために耕してまいりました。

ジャーン、人生初の耕運機操作でござんす。なんだかおぼつかない手つきの青い人が私。友人が写真をとってくれました。(撮影:3/13)
耕運機デビュー

畑の管理人さんが機械を貸してくださり、操作の仕方をおしえてくださったのですが、いやもう大変。まっすぐ進まんし、方向を変えるのがこれまたむずかしい。
さらに、回転する刃を地面の中にたくさん入れるためには、ハンドルをぐぐっと下に押さえつけねばならず、かつ、進行方法も見極めつつ進まねばなりません。
あっちへグネグネ、こっちへヨロヨロ。この日に畑の全面を終わらせようと思ったけど、半分ほどでタイムアウト。翌日は腕がパンパンでありんした。ああ、耕運機を動かしてくれるロボットさんがほしいなあと思ったことでした。
耕運機、なかなかに手強いやつと知る。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 20:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よくばり栽培ネギの結果

8月に種をまき、ペットボトルで水耕栽培していた「ちゃんこネギ」が、けっこうな大きさになりました。(撮影:3/11)
根元をおおったネギの水耕栽培。

そして、よーくみると、花芽がこんにちは。
ネギにつぼみができた。

あちゃー、もうこうなったら収穫しなくちゃね。
白いところを長くすべく、厚紙を巻く作戦を企てておったわけですが、これもおひらきになりますわなあ。

さて、どれくらい白くなっとりますかねえ? ジャーン、一挙公開。
ネギの根元の白を伸ばす作戦の結果

厚紙の長さぶんだけ白くなっていた、といえるんですかねえ、これ。上のほうの葉が分かれているところも加えればまあまあそんな結果でしょうけれど、完全に白いところは全体の3分の一ぐらいなので、3分の一ということになるのでしょうか。

ま、ともかくそれなりには伸びてくれたようです。しめしめ。

ネギは2株あり、右の1株はすでに一度収穫。今は細いですが中から新しい芽がひょろっと伸びていました。
種から栽培したネギ。

根はどうなっとりますやら。引っ張り出してみました。
水耕栽培のネギの根。
先端が若干茶色っぽくなってましたが、おおむね元気そうな白です。

ボトルの中の液肥をのぞいてみると、混濁もなく透明感ありあり。
火山礫で水耕栽培したネギの液肥が透明感ありあり

ほう、なかなかこうはいきません。他の野菜の最後は、濁っていたりするんですがねえ。
このネギは、培養土が「溶岩礫(ようがんれき)Sサイズ」です。みため、黒いサラサラした粒状のものでした。水はけがよく、液肥もちもいいのかもしれません。

根の砂を振り落としてみたら、根は太くてクネクネと曲がってました。
火山礫で水耕栽培したネギの根。

なんかちょっと“モヤシ”にみえなくもない。食べられそうだなあ。
根元の直径は4センチほど。ずいぶんぶっとくお育ちのようで。こんなにでかいのは初めてです。
そりゃあまあ、2リットルペットボトルに、たった2株だけお住まいの豪華客室ではありましたからねえ。

こちらは、根を抜き取って残った溶岩礫。
水耕栽培したネギの根と培養土の火山礫。

これはきれいに洗えばまた使えるのだそうです。
ですが、水で洗い流すのに、ちとおうじょう。当マンションで洗い場といえば、おもにキッチンの流しなわけで。ああ、外の広い洗い場で思いっきりジャージャーやれたらなあ。
あ、マンションには共用の洗い場があり、みなさん、車を洗ったり網戸を洗ったりしてますけど、ネギとかダイコンを洗ったりする方はお見かけしませんし。
となると、培養土はゴミの日に収集してもらえるバーミキュライトとかヤシの実チップが使いやすいということになりますかねえ。

それはそうと、こちらも本日の収穫。
3/11 収穫した葉物野菜。

葉物はサラダに。ネギは水炊きにいたそうかと。「昼間、17度もある暖かい日なのに鍋ですかい」ではありますが。ハハハ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| 未分類 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

は~るがき~た~

去年ランナーをとったイチゴ(めちゃウマ)。ペットボトルにて水耕栽培をしております。ずーっとベランダにおきっぱなし。たまに液肥を追加するくらいだったかなあ。(撮影:3/6)
水耕栽培のイチゴ

ちらほら、花が見え隠れ。咲くにはさいたが、実になるやら、ならんやら。
イチゴの花

フェンネルのミニ版「スティッキオ」も、冬中ちょこちょこ折り取って食べて、いまだご生存中。
スティッキオ

根元から新しい芽がでてきました。
スティッキオの新芽

調べたら、フェンネルって多年草だったんですねえ。このままおいといたら花が咲いて実もできるらしい。長持ちしそうです。

からし菜系の「パーマグリーン」は、茎がビヨーンと伸び、とうだちしていたのが2月22日。
2/22 とうだちしたパーマグリーン

上の方の茎をちょん切ってほっといたらば。その下から新しい芽がにょきにょき。(3/6)
からし菜系、脇芽登場

新芽も食べられそうだ。へへっ、もうけた気分。

こちら、ずらりとならんだトマト軍団。
トマト苗

よしよし、元気でけっこうけっこう。

が、よーくみると、脇芽がでておるではないか。
トマトの脇芽登場

いくつもいくつも。集めたらこんなだ。天ぷらにできそうじゃないか。
トマトの脇芽

多少の苦みは春のお味、だったりして。(どなたか、食べてみた方がいらっしゃるかねえ?)

季節はどんどん進んでるんですね。
あ、花粉もよく飛んでるらしく、ベランダの床がうっすら灰色?うす黄色?。触れるとサラサラした感じ。歩けばスルスル滑るんであります。あぶねえ、あぶねえ。「気をつけよう、甘い言葉と花粉床」。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマト、青少年期でしょうか。

今年の元日に種まきしたトマト。

1月22日。双葉がぴろり~ん。
1/22 元旦に種まきしたトマト

2月12日。本葉がふんわり柔らか。黄緑色も鮮やかな、ご幼少のみぎり。このあたりがもっとも美しい気がします。
2/12 ちょっぴり苗らしくなってきたトマト

2月23日。植えかえして、1株ずつそれぞれ一軒家住まいに。
2/23 トマトの苗あれこれ

「1番大きな株は、中玉の「Mr.浅野のけっさく」。本葉にしわができて、にわかに「なんだよ、うっせ~」とかいいそうなオトナ感ただよう。
2/23 中玉トマトのMr.浅野のけっさく

「Mr.浅野のけっさく」の根っこ。白い根が横にピーンととがってます。元気そうだ。
2/23 中玉トマトのMr.浅野のけっさくの根

ミニの「キャロルパッション」。去年お初に栽培しましたが、実の一つだにできず。どんなお味なんでござんしょう?せめて、1個はつけておくれ。
2/23 ミニトマトのキャロルパッション

「キャロルパッション」の根っこ。細いねえ。
2/23 ミニトマトとのキャロルパッションの根

そして、同じくミニトマトなんだが、やけに小さい「プチぷよ」。上記のようにゴミ箱で育てるほどでもないから、まだペットボトルに入れてます。
2/23 ミニトマトのプチぷよ

「プチぷよ」の根っこ。これっぽっち…。だいじょうぶかいな。
2/23 ミニトマトのプチぷよ

こちらはまったくのお初栽培です。他の苗とくらべてずいぶんと小ぶり。あまり実がつかない品種だろうか。たしか、種は9粒で550円だったような…。
550円あったら、いったい何個のミニトマトが買えるますかねえ、と思ってしまうぞい。

そして、きょうはもう3月。トマトはこれまで、夜は室内にとりこんでいましたが、きのうから外置きにしています。
おかげさんで、ずいぶん楽になりましたわ。
なにしろずっと毎朝毎晩、容器を持ち上げて運んで置いて、持ち上げて運んで置いて、腰があやういでござるぞ。液肥もタポンタポン、いっぱい入ってるからこぼれそうだし。
もうすこし根がはってくれば、液肥の水位を下げられるんだけどなあと思っていたことでした。
いいお天気つづきのおかげで、腰も伸びます。

それにしても、こうしてのんびりベランダ観察できる日々がありがたいなあと思う、けふこのごろであります、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

| トマト | 16:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |