種から栽培のトマト:うどん粉に強いのは?

2015.06.29 18:26 | EDIT

 このあいだ、大玉・ショコラの鬼花の実が2個つながっていたので、赤くなった1個だけ収穫し、残りの青い実はそのままにしておきました。(前回の記事はこちら。 撮影:2/22)
切り離した片割れの青い実

5日後(6/27)。そのもいだあとの傷口に薄い膜ができて傷がふさがってました。(撮影:6/27)
大玉トマトのショコラ 傷口にできたかさぶた
へー、植物もかさぶたができるもんなんだ。か、かゆくないんだろうか(^_^;)

ショコラはほかにも2個ほど、色づきつつあるようです。(6/27)
大玉トマトのショコラ 色づく

6月27日。かさぶた付きとツルツル顔の2個ともに収穫。ちょっとすっぱくてジューシー、おだし味付き。柔らかめの実でした。
大玉トマトのショコラの収穫

全身像はこちら。右がそのショコラで、左が大玉の麗夏(土栽培)です。すきっと爽やかに刈り上げてあるのがごらんいただけることでしょう。
ショコラ(土栽培)と麗夏(水耕)

この土栽培の麗夏もほとんど棒だけ。暑苦しい梅雨にふさわしいこざっぱりかげんでございましょう?
大玉・麗夏(土栽培)の実

ことほどさように、ほとんどのトマトがうどん粉に可愛がられておる当ベランダでありますが、1つ、中玉・Mr.浅野のけっさくだけは、いたってお元気。
中玉・Mr.浅野のけっさく  1~8段めあたりの実
右は水耕栽培株。これは他のトマトよりずっとあとになって感染しました。左の土栽培株は、なにゆえかほとんど無傷のまま推移しています。

お元気すぎて、天井に届きそうだったため、エアコンの室外機に支柱をとりつけ、枝を横に這わせることに。
中玉・Mr.浅野のけっさく ブドウ棚風に横に誘導

ブドウ棚風ですな。実がついた房の数を数えてみたら11段ありました。一房に10個ぐらいできるので、10個×11段=110個という勘定になりそうです。
Mr.浅野のけっさく ブドウ棚風に
直径30センチほどの小さい鉢にもかかわらず、よくまあもちこたえていること。水やりはせず液肥だけを注入。おそらく栄養ドリンク(ヤク?)漬けになってるかもしれません。
そしてときどき、〈根元に竹のお箸を数カ所刺して古い根を切り、新しい根の発根を促す〉とかいう作業(テレビでみた)をまねしています。役に立ってるといいんですが。

先端にはまだ花が咲いています。しかしいずれ下葉から老化してくるでしょうから、摘心せずに残しておき、最後の砦となってもらおうかと。
中玉・Mr.浅野のけっさく 先端にはまだ花

6月28日の収穫。上3個の大玉は麗夏。中玉がMr.浅野のけっさく。茶色の大玉がショコラ。
6月28日 トマト3種収穫
毛が三本の葉っぱでも、棒だけになっても、実は赤くなるのだなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

梅シロップのレシピ有難うございました。

梅シロップのレシピ有難うございました。とってもとっても美味しそうで唾、否涙が出そうです(笑)。今年は冷蔵庫が手狭なもので、来年試したいと思っています。
で、その冷蔵庫なんですが、何かエラー表示で温度ヒューズが破断しており自分で交換しました(笑)

うどんこ病の件ですが、水耕土耕の違いで発症するしないの一因に、根圏の酸度調整能の差がありそうですね。
家の水道水のpHが7,5ほどです。高いわ。水耕栽培に使うにはpHダウンが必要ですね。pH5,0~6,0で当初供給しても
エアレーションや時間の経過による構成成分の変化でpHが1,0~1,5程度アップしていきます。
細かい説明は省きますが、pHが高い状態が続きボロンの効きが弱まってくると、維管束を構成する細胞層が死に、その枝分かれ先の葉にも
細胞の死として表れ、それを餌にするうどんこ病の糸状菌が繁殖すると言われています。
樹体の老化を遅らせ若さを保ち続ける為にはpHの目標値を6~6,5程度で管理する必要があります。
土耕でしたら、未調整のピートモスで増し土すれば酸度矯正できます。鉢底に溜めた水のpHを測定して目標値なら一安心(笑)
なお、草木灰の主成分は重炭酸カリで腐植質に容易に取り込まれ、多く与えると土壌の酸度が上がってアルカリ障害が
多発することがあり注意が必要です。ジャガイモのそうか病(アルカリ障害)なんかが有名ですね。
例のレシピでも連用に注意したいのはその点で、連用する場合はアルカリ分を抜いても構いません。否是非抜いてください。あ、水耕には使用しないでね(笑)

osa | 2015.07.02(Thu) 02:34:30 | URL | EDIT

osa さんへ:六甲の水だけじゃなくて、お水にもタイプがあるのでしたか

えっ、ヒューズの交換をなさったよし。まさにこの時期の冷蔵庫ときたら超満員電車状態ですもんね。願わくば、私も入りたいです。ヒューズどろこか、機械が暴発しそうですが(笑)

うどん粉病は、水やりするときの水のpHが関係する場合があるということですね。ふむふむ、酸度計かせめてリトマス試験紙を手に入れねば。あ、解決策のピートモスは手元にありますので、なんとかなりそうです。

どうやって土の酸性ぐあいを調べるのかと思ったら、「鉢底に溜めた水」で調べるのでしたか。なあるほど、と思いました。器具をいきなり鉢につっこむのかと思ってましたもん(笑)

お教えいただいたレシピはお薬同様、「使用上の注意を守り、容量に注意してご使用下さい」というわけですね♪
はーい、数日間隔をあけてから使うようにいたします。「えっ、水耕に使用しちゃだめでしたっけ?」なんてことのないよう、レシピのペットボトル容器には「水耕使用厳禁」と赤字で書いたシールを貼りました。忘れっぽいもんでー(笑)
お教えいただきありがとうございます! 

ともこ | 2015.07.03(Fri) 19:14:02 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード