園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種から栽培のトウガラシ「伏見甘長」:もう今頃から収穫できるんですね

 夏野菜栽培で苦手なのがナス、ついでトウガラシです。ともにたいして実がならず、葉だけは大きくするのを得意としております。トウガラシの場合はさらにアブラムシとの格闘も加わり例年黒星続き。
ま、それでも暮れ(12/19)に種まきしました。2株のうち、1株はアブラムシのおやつにされてボツ。今1株だけ残っています。
品種は例年甘トウ美人だったのですが、今年は初栽培の伏見甘長にしてみました。初収穫はその約5ヶ月後(6/4)で、1本だけ。その後、ようやく2本とれ、小躍りして喜んでおるようなしだいです。

それがこの日、なんと4本も手にするなんて、ランララン。(撮影:6/17)
 伏見甘長 6月17日の収穫

5日後(6/22)。おやあ、やけにブラブラがふえてきましたぜ。
5日後(6/22) 全体の姿

一挙に11本。イエーイ!
5日後(6/22) 伏見甘長の収穫


さらに3日後(6/25)。ブラリン、ブラブラリン。
ぶらさがる実

このあたりなんぞ、ひとつところに3本もご一緒。たいへんけっこうな予感がいたします。
一カ所に3個の実がブラブラ

いざ収穫。片手に山盛りいっぱい。うほほ。
さらに3日後(6/25) 片手にいっぱいの収穫 

こうなりますと、がぜんかわいくなり、水耕栽培の容器を大きいのにとりかえてやったりなんかしましてね。
根のようす
プラスチックの飼育箱を改造してご提供申し上げました。養液が8リットルくらいはいるみたいです。

根のようすをのぞいてみました。
飼育箱を栽培容器にする
もっともモジャモジャしてるかと思ったけど、あんがいほっそり少なめ。大丈夫かいな。

本日分を収穫(6/30)。一緒にこぶりだけど大玉トマトのショコラも。
伏見甘長と大玉トマトのショコラ

また今朝ほどは、中玉トマトのMr.浅野のけっさくがとれたので、こちらは実家の母に送りました。
Mr.浅野のけっさく

うーむ、今年、わりあいうまく育っているのはもしかしたら、品種選びがよかったのかもと思ったりしています。
思えば甘トウ美人は、実が大きいぶん、株も大きくしないとたくさん実がならないのかもしれません。極小ベランダの当方には、小ぶりな枝葉に育つサイズが合う、ということになりますかねえ。
あーっ、ということは、ナス。まさに今年も失敗してるってことになりますなあ。ロッサビアンコとカプリスですもん。どちらも巨木でしたわい。

「食べてみたい野菜=うまく育つ野菜」とは限らないけど、食べてみたい野菜じゃないと栽培意欲が萎えるわけで。
かといって、うまく育たなければいじけます、わたしが。おっと、もうじき夕飯の時間。今宵は、伏見甘長炒めとショコラのポン酢サラダを肴に、ぐびっと炭酸水をいただきますかね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村
関連記事

| トウガラシ | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1006-57396e89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT